【長野県】ファクタリング会社おすすめ優良13選!即日対応でオンライン契約できる会社とは?

発行した請求書が入金されるまで60日もあります……

入金サイトが長いせいで、滞りなく支払いすることに精一杯です……

借り入れ以外の方法で、資金を調達できないのでしょうか?

こんな風に資金繰りに悩む事業者は多いでしょう。

売掛債権が発生しているのであれば、売却することで現金を調達できるファクタリングの利用が最適です。

この記事では資金繰りに悩む長野県の事業者向けに、おすすめの優良ファクタリング会社13選や13社の比較ランキングなどを紹介します。

長野県で資金調達したい事業者は必見です。

長野県でファクタリングは…
  •  長野県だけでなく日本全体でもファクタリングのニーズは高まっている
  • 売掛債権を売却して、最短即日で現金を調達できるのがファクタリング
  • 入金サイトが長く資金繰りが悪化している長野県の事業者は、ファクタリングの利用を検討する
  • 長野銀行はファクタリングサービスを展開していないため、民間の会社と契約する
  • 借り入れにならない資金調達方法を探している長野県の事業者には、ファクタリングが最適

目次

長野県で資金調達するならファクタリングが最適

「まとまった資金を用意するためには、融資を受けるしかりませんか?」

「将来的に銀行で融資を受けたいので、他の資金調達方法を探しています」

「借り入れにならない方法があると嬉しいのですが……」

こんな風に資金調達に悩む事業者には、ファクタリングを利用した資金調達がおすすめです。

入金前の売掛債権を持っている法人や個人事業主であれば、どなたでも申し込みできます。

社会的な信用が低いと言われるフリーランスの売掛債権を積極的に買い取っている会社もあるため、手軽に利用できるでしょう。

そんなファクタリングには、2種類の取引があります。

ファクタリングの種類
  • 2社間取引
  • 3社間取引

2社間取引とは申し込んだ事業者とファクタリング会社の2社間で完結する取引です。

取引先に通知されることもないため内密に利用でき、個人事業主から特に人気のある取引となっています。

続いて3社間取引とは、申し込んだ事業者とファクタリング会社、取引先の3社間で取引します。

取引先を間に挟む分、売掛債権を売却することへの同意を得る必要があり、取引の時間がかかります。

なおどちらの取引にも手数料がかかります。

一般的な手数料
  •  2社間取引で10%から30%ほど
  • 3社間取引で1%から10%ほど

ファクタリング会社のリスクが高くなる2社間取引の方が手数料が高くなり、取引先を含む分、信用度の上がる3社間取引の方が手数料が安くなります。

ファクタリングを利用する4つのメリット

ファクタリングという資金調達方法があるのですね!

売掛債権さえあれば利用できるということは、気軽に利用できそうです。

そんなファクタリングを利用するメリットについて教えてください……!

ここからは、ファクタリングを利用する主なメリットを4つほどお伝えします。

長野県で資金を調達しなければいけない事業者はぜひ参考にしてください。

1.最短だと即日で売掛債権を現金化できる

最大のメリットは、最短だと即日で売掛債権を現金化できることです。

長野県の事業者で、入金サイトが長いことに頭を抱えている方は多いのではないでしょうか?

長野県に多い製造業や建設業などは、請求書を発行してから実際に現金が振り込まれるまでの期間が長いことで有名です。

そのような売掛債権を抱えていると、急な支払いが発生したときに対応できなかったり、資金ショートしてしまったり、最悪の場合黒字倒産してしまうこともあるでしょう。

資金ショートしそうなことに気が付いたときに、急いで銀行融資に申し込んだとしても審査に通過する保証はありません。

無事審査に通過したとしても、実際に入金されるまで1ヶ月以上かかるなど、緊急時には向かない資金調達方法です。

その点ファクタリングを利用すれば、申し込んだ当日に現金を振り込んでもらえることがあるなど、利便性に優れています。

2.保証人も担保も不要

売掛債権をファクタリング会社に売却することで、入金日前に現金を確保できるのがファクタリングという資金調達方法です。

銀行融資やビジネスローン などとは異なり、借り入れではありません

そのため保証人も担保も不要で利用できます。

もちろん家族や従業員などに知られることなく、資金調達が可能です。

3.銀行融資に通らなくても利用できる可能性がある

これまでに銀行融資に申し込んだことがあるものの、審査に通過しなかった事業者も多いでしょう。

数ある資金調達方法の中でも、銀行融資の難易度は断トツで高く提出書類も多いため、気軽に申し込めません。

しかしファクタリングは売掛債権さえあれば申し込み可能で、審査通過率が80%以上の会社が多いなど、難易度が低めです。

なお銀行融資ではまず考えられない赤字決算や税金滞納、債務超過などがあっても申し込みできます。

申し込んだ事業者の経営状況に重点を置かれた審査が行われる融資と、取引先の信用度に重点を置いた審査を行うファクタリングとでは、審査基準が異なるのです。

取引先の信用度が高ければ自社の経営状況が良好でなくても、審査に通過する可能性があります。

赤字決算などに当てはまり売掛債権を抱えている事業者は、ファクタリングに申しみましょう。

4.信用情報に影響しない

先述したように、売掛債権を売却するのがファクタリングという資金調達方法です。

当然借り入れとは異なるため、信用情報に影響することはありません

将来的に大きな金額が必要になることが予想される事業者や、銀行で融資を受けたい事業者は信用情報に影響しないファクタリングの利用が最適です。

ファクタリングを利用する3つのデメリット

どんなメリットがあるのか具体的にわかりました!

念のためにデメリットについても知っておきたいです!

ファクタリングのメリットだけでなく、デメリットについても知った上で利用するのか決定しましょう。

ここでは、3つのデメリットをお伝えします。

1.手数料がかかる

どんな取引でも手数料や金利はかかりますが、ファクタリングの手数料は融資と比較すると高めです。

その分、素早く資金調達できるというメリットもあります。

メリットとデメリットを比較した上で、ファクタリングの利用を検討しましょう。

2.取引先の信用が低いと審査に通過しない

先ほど審査で取引先に信用があるかが重要だとお伝えしました。

そのため信用のある取引先であれば問題ありませんが、信用力がない場合審査に通過しない可能性があります。

複数の売掛債権を抱えている事業者は、なるべく信用力のある取引先の売掛債権を売却するようにしましょう。

3.取引先からの信用を失う恐れがある

3社間取引を利用する場合、取引先の同意を得たり通知したりしなければなりません。

付き合いが長く信頼関係が築けている取引先であれば事情を理解してくれるかもしれませんが、信頼関係が築けていない取引先だと経営がうまくいっていないのではと疑われるなど、信用を失う恐れがあります。

なお資金繰りの悪化を恐れた取引先が、今後の付き合いを躊躇する可能性もあるでしょう。

手数料の安さだけで3社間取引を選ばないことが重要です。

なお2社間取引を利用する場合、債権譲渡登記の有無を確認しましょう。

というのも、登記情報は誰でも閲覧できるため可能性は極めて低いと言えど、取引先にファクタリングの利用を知られてしまう恐れがあります。

絶対に取引先に知られたくないのであれば、2社間取引で債権譲渡登記不要のファクタリング会社を利用しましょう。

ファクタリングを利用すべきタイミングとは?

「きちんとメリットとデメリットを理解した上で、申し込みたいと思います……!」

「それではどんなタイミングでファクタリングを利用すべきなのでしょうか……?」

ここからは、ファクタリングを利用すべきタイミングについて解説していきます。

どんなときに利用すべき資金調達方法なのか参考にしてください。

1.予期しない出費が発生して支払いが遅れそうなとき

事業の規模に関係なく予期しない出費が発生することがあるでしょう。

そのようなタイミングで、手元に現金がないために支払いが遅れそうなのであれば、ファクタリングを利用すべきタイミングだと言えます。

一度でも支払いが遅れると、信用を失ってしまいます。

そのような事態を回避するためにも、売掛債権を売却して現金を回収しましょう。

なおビジネスローンなど各種ローンは、借り入れです。

借り入れにならないという意味でも、ファクタリングを利用した資金調達が最適でしょう。

2.銀行融資を待っていたのでは間に合わないとき

厳しい銀行融資の審査に通過する自信がある事業者でも、早く現金を確保したいことがあるでしょう。

そのようなタイミングでファクタリングを活用すれば、申し込みした当日中に現金を確保できる可能性があります。

素早く現金を確保したいのであれば、ファクタリングの利用が最適でしょう。

3.銀行融資に通らないとき

銀行融資に通らないときもファクタリングを利用すべきタイミングです。

先ほどもお伝えしたように、自社の経営状況などがあまり審査に影響しません

そのため銀行融資に通らなかった事業者でも、資金を調達できる可能性があります。

4.資金がショートしそうなとき

入金サイトが長く資金ショートを起こしそうなのであれば、ファクタリングを利用しましょう。

信用取引が一般的に行われている日本では、入金サイトの長さに頭を抱える事業者が少なくありません。

黒字倒産を引き起こさないためにも、売掛債権を売却して現金を確保しましょう。

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社13選

どんなタイミングで利用すべき手段なのかわかりました……!
長野県の事業者におすすめの会社を教えてください……。

ここからは、長野県の事業者におすすめの優良ファクタリング会社をお伝えしていきます。

なお長野県に本社を構える会社がないため、東京など遠方の会社を利用することになります。

そのため東京に出向く時間がない事業者は出張サービスのある会社かオンライン契約可能な会社と契約するのがおすすめです。

それぞれの会社ごとに手数料や取引の種類などと合わせて契約方法も解説していくので、参考にしてください。

1.ビートレーディング

ファクタリングおすすめのビートレーディング

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
3社間
手数料 2社間:10%から20%
3社間:5%から9%
利用可能額 最小30万円から最高3億円
最短入金スピード 最短12時間
債権譲渡登記の有無 選択式
契約方法 オンライン
来社
出張

ファクタリング業界の中でもっとも知名度がある会社といえば、ビートレーディングです。

30万円以上3億円以下の売掛債権がある事業者が利用対象となります。

取引の種別や、債権譲渡登記の有無が選択可能です。

なお申し込みから最短12時間で入金してくれるなど、スピードにも優れています。

契約に関してもオンライン、来社、出張の中から選択できるため、長野県の事業者でも利用しやすいでしょう。

オンラインでの契約が不安でも、電話で問い合わせできるビートレーディングなら安心です。

アフターフォーロも充実していて、資金繰りに関する相談ができます。

大手ならではの安心感を求めている事業者にも、ビートレーディングがおすすめです。

2.株式会社No.1

ファクタリングおすすめのナンバーワン

対象となる事業者 法人
個人事業主
フリーランス
取引の種類 2社間
3社間
手数料 1%から15%
利用可能額 最小10万円から最高5,000万円
最短入金スピード 最短30分
債権譲渡登記の有無 選択式
契約方法 オンライン

オンラインで完結するファクタリング会社を探している事業者は、株式会社No.1の利用を検討してみましょう。

法人や個人事業主、フリーランスが対象で好きな取引手段を選択できます。

なお最短30分で振り込んでもらえるなど、オンラインならではのスピード感が魅力です。

審査通過率は90%以上なので、他社で断られた売掛債権でも買い取ってくれる可能性があるでしょう。

また審査時の必要書類が決算書、請求書、通帳コピーの3点のみなので、気軽に申し込めるのも良い点です。

3.QuQuMo

ファクタリングおすすめのククモ

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
手数料 1%から
利用可能額 上限なし
最短入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 オンライン

オンライン契約が可能な2社間取引を検討中の事業者には、QuQuMoもおすすめです。

全ての取引がオンライン上で完結し、最小手数料が1%と他社と比較しても安く設定されています。

なお利用可能額の上限は設定されていません。

そのため、売掛債権が高額な事業者も利用しやすいでしょう。

入金スピードに関しても最短2時間と、申し分ありません。

4.フリーナンス即日払い

ファクタリングおすすめのフリーナンス即日払い

対象となる事業者 個人事業主
フリーランス
取引の種類 2社間
手数料 3%から10%
利用可能額 最小1万円から
最短入金スピード 最短当日
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 オンライン

個人事業主やフリーランスが利用しやすいサービスを探しているのであれば、フリーナンス即日払いが最適です。

法人以外を対象にしたサービスで、他社では買取を行なっていないフリーランスの売掛債権も買い取ってくれます

取引種別は2社間取引限定です。

取引先にファクタリングの利用を知られたくない対象者が多いため、フリーランスなどの需要を理解したサービスだと言えるでしょう。

一般的に信用されにくいフリーランスなどを対象にしたサービスであるのにもかかわらず、最大手数料が10%に抑えられているのもフリーナンス即日払いの魅力です。

オンライン契約に抵抗がないのであれば、同サービスの利用をおすすめします。

5.ベストファクター

ファクタリングおすすめのベストファクター

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
3社間
手数料 2%から20%
利用可能額 最小30万円から最高1億円
最短入金スピード 最短1日
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 来社
出張

30万円以上1億円以内の売掛債権を抱えている事業者には、ベストファクターの利用をおすすめします。

手数料が2%から20%に設定されていて、好きな取引種別を選択可能です。

最短1日での振り込みに対応しているため、入金スピードに関しても申し分ないでしょう。

なお契約方法は来社や出張を選択できます。

出張を選べば長野県の事業者でも負担なく利用できるでしょう。

6.日本中小企業金融サポート機構

ファクタリングおすすめの日本中小金融サポート機構

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
3社間
手数料 1.5%から10%
利用可能額 上限なし
最短入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 郵送
オンライン

日本中小企業金融サポート機構は、民間の企業ではなく一般社団法人です。

利益を追求しないため、手数料が非常に抑えられている点が特徴だと言えます。

さらに利用可能額についても上限がないため、高額の売掛債権を抱える事業者も利用しやすいでしょう。

オンライン契約を選択すれば負担が少ないだけでなく、最短1日での資金調達が可能になります。

7.OLTA

ファクタリングおすすめのオルタ

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
手数料 2%から9%
利用可能額 上限なし
最短入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 オンライン

最大手数料が明記されたファクタリング会社を探しているのであれば、OLTAが最適です。

2社間取引で最大手数料が9%と、他社よりも安く利用できます。

さらに利用可能額は上限が設けられていません。

そのため売掛債権が高額な事業者は利用しやすいでしょう。

なおOLTAのファクタリングを利用するためには、会員登録を済ませておく必要があります。

見積もりを依頼すれば24時間以内に回答してもらえるため、他社と比較しやすいでしょう。

8.Smart Factor(スマートファクター)

ファクタリングおすすめのスマートファクター

対象となる事業者 法人
取引の種類 2社間
3社間
手数料 2社間:5%から15%
3社間:1.5%から9%
利用可能額 最小30万円から最高5,000万円
最短入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 来社
出張
電話
メール
FAX

30万円以上5,000万円未満の売掛債権を抱えている法人には、Smart Factorの利用がおすすめです。

2社間取引、と3社間取引を利用でき、最短即日での資金調達に対応してくれます。

なお契約方法を対面から電話、メール、FAXなどから選べるため、長野県の法人でも利用しやすいでしょう。

出張契約にも対応しているため、ファクタリングの利用が初めてのケースでも安心です。

審査時の必要書類は、通帳コピー、成因証明書、決算書の3点のみなので、急いで資金調達しなければならない法人でも負担が少ないでしょう。

なお成因証明書として利用できる資料は、請求書や注文書、納品書となります。

9.トップ・マネジメント

ファクタリングおすすめのトップマネジメント

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
3社間
手数料 2社間:3.5%から12.5%
3社間:3.5%から12.5%
利用可能額 最大3億円まで
最短入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 来社
出張
オンライン

オンライン契約に興味がありつつも不安を拭えない事業者は、トップ・マネジメントの利用が最適でしょう。

公式ホームページ上で営業マンの顔写真を公開しているため、安心感があります。

なおオンライン契約の際に、ZoomやMeetを利用したオンライン面談を導入しています。

そのため、どんな営業マンと話しているのかわからないということがありません。

透明感のある取引ができるでしょう。

利用可能額は最大3億円までで、個人事業主やフリーランスも利用可能です。

専属スタッフが経営状況を見極めた上で、最適な取引を提案してくれるでしょう。

なおファクタリングを利用すれば、無料でコンサルティングサービスを受けられます

助成金や補助金に関しても相談できるため、興味のある事業者は必見です。

10.株式会社ウィット

ファクタリングおすすめのウィット

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
手数料 5%から
利用可能額 最小30万円から最高500万円
最短入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 電話

小口取引に特化したファクタリング会社を探している事業者には、株式会社ウィットがおすすめです。

30万円以上500万円未満の売掛債権を買取可能で、最小手数料が5%に設定されています。

他社で断られやすい少額の売掛債権でも、株式会社ウィットであれば対応してくれるでしょう。

なお小口取引専門という強みを生かして、電話での資金調達が可能です。

さらに最短2時間で振り込みしてくれるなど、スピード感にも優ています。

11.アクセルファクター

ファクタリングおすすめのアクセルファクター

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
3社間
手数料 2%から
利用可能額 最高1億円まで
最短入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 対面
電話
メール

建設業や運送業など従事する事業者に特におすすめなのが、アクセルファクターです。

天候に影響される建設業でよくありがちな、工事遅延による請求書が未発行の売掛債権でも買い取ってくれます。

他社ではこのような売掛債権を積極的に買取するところは、なかなか見当たりません。

何らかの事情で請求書が発行できていない売掛債権を抱える事業者は、柔軟な審査を行う同社に相談してみましょう。

なお入金サイトが180日以上の売掛債権に困っている事業者にも、同社の利用をおすすめします。

他社で審査落ちしやすい180日以上の売掛債権でも、買い取ってもらえる可能性があります。

柔軟に審査をしてくれるファクタリング会社を探しているのであれば一度、同社に相談してみてください。

12.GMO BtoB 早払い

ファクタリングおすすめのGMOBtoB

対象となる事業者 法人
取引の種類 2社間
3社間
手数料 注文書買取:2%から12%
請求書買取:1%から10%
利用可能額 最小100万円から
※スポットタイプの場合は最小300万円から
最短入金スピード 最短2営業日
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 オンライン

GMOグループが運営する法人向けのファクタリングサービスが、GMO BtoB 早払いです。

ほとんどのファクタリング会社では、請求書を成因資料として提出しなければならないことがほとんどですが、同社では注文書での買取にも対応しています。

請求書ではなく注文書を買い取ってもらうことで、入金サイトを大幅に短縮できるでしょう。

入金サイトの長さに頭を抱えている事業者は必見のサービスです。

なお担当者のサポートが必要な際は、オンラインを含めた対面サポートも実施しています。

そのため売掛債権が高額な法人でも安心して利用できるでしょう。

2019年の実績においてはリピート率86%以上と、多くの法人に支持されているサービスだということがわかります。

13.JTC

ファクタリングおすすめのjtc

対象となる事業者 法人
個人事業主
取引の種類 2社間
3社間
手数料 不明
利用可能額 最小100万円から上限なし
最短入金スピード 最短1日
債権譲渡登記の有無 選択式
契約方法 面談
※出張サービスあり

JTCは名古屋、東京、大阪に拠点を持つファクタリング会社です。

出張サービスも行なっているため、長野県の事業者でも問題なく利用できるでしょう。

利用可能額は最小100万円からで上限は設定されていません。

個人事業主も利用可能ですが、売掛債権が高額な法人の方が利用しやすいサービスだと言えるでしょう。

債権譲渡登記に関しては、申込者が選択できます。

公式ホームページで売掛金などを記入すると、いくらで買い取ってもらえるのかわかる診断が公開されています。

まずは診断を利用して、実際に買取額を確認してみましょう。

長野県の事業主必見!おすすめの優良ファクタリング会社を比較

長野県から利用できるファクタリング会社はたくさんあるのですね……!
情報が多すぎて、会社選びに迷ってしまいそうです……。
長野県の個人事業主にはどこの会社が一番おすすめですか……?

このように選択肢がありすぎて、どこの会社と契約すればいいのかわからないと感じる事業者も多いでしょう。

そこでここからは、多くの事業者がファクタリング会社を選ぶ際に重視する項目ごとにおすすめの会社を紹介します。

この記事で紹介した全13社を比較していくため、ファクタリング会社選びに迷っている事業者は必見です。

13社を比較した項目
  • 入金までのスピード
  • 最大手数料の安さ
  • 個人事業主・フリーランスに最適
  • 高額の売掛債権
  • 少額の売掛債権

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社:入金スピード

各種融資よりも高い手数料を払ってファクタリングを利用するため、入金スピードの早さを気にする事業者は多いはずです。

長野県の事業者はほとんどの場合、東京に本社を構えるファクタリング会社と契約することになるでしょう。

来社や出張などにかかる移動時間を短縮するためにも、早く資金調達しなければならないのであればオンライン契約の利用がおすすめです。

オンライン契約なら移動時間を短縮でき、スマートフォンさえあればどこからでも契約できます。

長野県から利用できるおすすめのファクタリング会社を入金スピードが短い順にランキングすると、以下のようになりました。

長野県で入金スピードが早い会社

順位 会社名(サービス名) 最短入金スピード
第一位 株式会社No.1 最短30分
第二位 QuQuMo
株式会社ウィット
最短2時間
第三位 ビートレーディング 最短12時間

法人、個人事業主、フリーランスが利用可能な株式会社No.1は、最短30分という驚異的な早さで入金に対応しています。

どの形態の事業者も利用できるため、相談しやすいでしょう。

なおQuQuMoや株式会社ウィットでは、最短2時間での資金調達が可能です。

どちらもオンライン契約となる分、無駄な時間を削減できるのでしょう。

ビートレーディングは最短12時間での振り込みに対応しています。

アフラーフォローが充実している会社なので、一度の契約で終了するのではなく、経営状況を改善するまで長期的なサポートが必要な事業者は、同社に相談してみましょう。

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社:最大手数料の安さ

最小手数料の安さを大々的に宣伝するファクタリング会社が多いため、最小の数値に目がいきがちですが、最大値にも注目しましょう。

公式ホームページに最大手数料の数値を明記しているファクタリング会社であれば、安心して契約できるはずです。

長野県で最大手数料が安い会社

順位 会社名・サービス名(取引の種別) 最大手数料
第一位 ビートレーディング (3社間)
OLTA(2社間)
Smart Facotr(3社間)
9%
第二位 フリーナンス即日払い(2社間)
日本中小企業金融サポート機構
GMO BtoB 早払い(請求書買取)
10%
第三位 GMO BtoB 早払い(注文書買取) 12%

2社間取引で手数料の安い会社を探しているのであれば、OLTAが最適でしょう。

一般的に手数料が高くなりがちな2社間取引で、最大手数料が9%に設定されています。

なお法人で注文書買取を希望するのであれば、GMO BtoB 早払いが最適です。

最大手数料が12%と、ランキング外の会社と比較してもお得に利用できることがわかります。

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社:個人事業主・フリーランス対象

法人の売掛債権を積極的に買い取るファクタリング会社が多いものの、個人事業主やフリーランスとなると、信用の観点から積極的に買い取りしていない会社が増えます。

そのため該当者が審査に通過するためには、積極的に取引してくれる会社に申し込む必要があります。

長野県の個人事業主やフリーランスにおすすめのファクタリング会社は、下記の通りです。

長野県で個人事業主やフリーランスが利用できる会社

順位 会社名(サービス名) 手数料
第一位 フリーナンス即日払い 3%から10%
第二位 株式会社No.1 1%から15%
第三位 トップ・マネジメント 3.5%から12.5%

フリーナンス即日払いは、個人事業主とフリーランスに特化したサービスなので、該当者が申し込みやすくなっています。

なお最小1万円から買取してくれるため、少額の資金調達にも最適です。

手数料が最大10%ということを考えても、利用しやすいサービスだと言えるでしょう。

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社:高額の売掛債権

銀行融資とファクタリングの大きな違いとして、高額の資金調達に対応しているかどうかという点があります。

高額を調達したいのであれば銀行融資の方が使い勝手は良いものの、ファクタリング会社の中にも数億円以上の債権を買い取ってくれるところも存在します。

長野県で高額な売掛債権を抱える事業者は、下記の3社に相談してみましょう。

長野県で大口取引を得意とする会社

順位 会社名(サービス名) 最大利用可能額
第一位 ビートレーディング
トップ・マネジメント
最大3億円
第二位 アクセルファクター 最大1億円
第三位 QuQuMo
日本中小企業金融サポート機構
OLTA
JTC
上限なし

3億円以内の売掛債権を売却したいのであれば、ビートレーディングかトップ・マネジメントを利用することになるでしょう。

なお第三位の4社は、上限が設定されていないため3億円以上の債権も買取している可能性があります。

上限を気にせず利用したいのであれば、第三位の4社に問い合わせてみましょう。

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社:少額の売掛債権

少額の売掛債権を買い取ってもファクタリング会社の利益になりにくいため、少額債権は敬遠されがちです。

そのため売却したい債権の金額が少ない場合は特に、小口取引を歓迎してくれる会社に申し込む必要があります。

その方が審査通過率も高くなるでしょう。

この記事で紹介した長野県の事業者におすすめのファクタリング会社の中で、小口取引を得意とする会社を比較すると以下のようになりました。

長野県で小口取引を得意とする会社

順位 会社名(サービス名) 最小利用可能額
第一位 フリーナンス即日払い 最小1万円
第二位 株式会社No.1 最小10万円
第三位 ビートレーディング
ベストファクター
Smart Factor
株式会社ウィット
最小30万円から

第一位のフリーナンス即日払いは、フリーランスなどを利用対象に絞ったサービスなので、1万円という少額の取引でも対応してくれます。

第二位の株式会社No.1は個人事業主やフリーランスのファクタリングにも対応している分、10万円という小口債権でも買取しているのでしょう。

第三位は4社同一で最小30万円からの買取が可能です。

長野銀行でファクタリングの利用はできる?銀行系ファクタリングの注意点を解説

最適なファクタリング会社を選ぶための基準がわかりました……!
民間の会社ではなく、銀行でファクタリングを利用することはできますか……?
長野銀行と取引できれば安心なのですが……。

こんな風に、地元の長野銀行でファクタリングの利用ができれば安心だと思う事業者も多いはずです。

そこで長野銀行がファクタリングサービスを展開しているのかということから、銀行系ファクタリングサービスの利用に関する注意点についてもお伝えしていきます。

長野銀行でファクタリングの利用はできる?

既に取引のある事業者も多いはずの長野銀行ですが、ファクタリングサービスは展開していません

ファクタリングは利用できないものの、各種融資制度は充実しています。

とはいえ、融資制度を利用すると借り入れに該当するため金利を支払わなくてはなりません。

売掛債権をお持ちの事業者は、手数料を払っても借り入れにならないファクタリングを利用した方が良いでしょう。

銀行系ファクタリング利用時の注意点とは?

将来的に事業を拡大したり、銀行融資を利用したりしたい場合は、銀行系のファクタリングサービスを利用しない方が賢明かもしれません。

というのも、ファクタリングの利用を銀行に知られるということは、資金繰りが悪化していることを知られてしまうということです。

その結果、将来的に融資を利用したいときに審査で不利になってしまうことがあるかもしれません。

悪徳業者に引っかからないために気をつけたい5つのこと

「銀行というだけで安心感がありますが、デメリットもあるのですね……!」

「今回は民間の会社を利用したいと思います……。」

「中には、利用者を騙そうとする悪徳業者も存在するのでしょうか?
その辺りが心配です……。」

この記事で長野県の事業者向けにお伝えした13社は、どれも優良なファクタリング会社です。

しかし中には、異常に高い手数料を取る悪徳業者もいるので、注意するに越したことはありません。

ここでは、悪徳ファクタリング業者に引っかからないために気をつけたい5つのことを解説していきます。

安心して契約するためにも、ぜひ目を通してみてください。

1.ノンリコースの会社と契約する

一つ目は、ノンリコースの会社と契約するということです。

優良なファクタリング会社であれば公式ホームページに記載していたり、担当者から事前説明があったりするはずです。

しかし悪徳業者は、償還請求権ありの契約となるため気をつけましょう。

償還請求権ありの契約を結んでしまうと、取引先が倒産したときに売掛金をファクタリング会社に支払わなければならなくなります。

つまり利用者が損する可能性が大きく、大変危険なのです。

2.固定電話がある会社と契約する

二つ目は、固定電話がある会社と契約するということです。

ファクタリング会社の公式ホームページに固定電話の番号が記載されているか確認しましょう。

悪徳業者は住所を知られることを恐れるため、固定電話を持っていないことがほとんどです。

3.契約に関する事前説明がある会社と契約する

三つ目は、契約に関する事前説明がある会社と契約するということです。

どんなに資金調達に急いでいたとしても、適当にファクタリング会社を選んではいけません。

なお契約を急かしてくる会社とも契約しない方が良いでしょう。

契約前に最終的な手数料や入金スピードをきちんと確認し、納得した上で契約してください。

4.担保や保証人を要求する会社とは契約しない

四つ目は、担保や保証人を要求する会社とは契約しないということです。

というのもファクタリングの契約に担保も保証人も必要ありません。

つまり、上記二つを要求されるということは、その契約はファクタリングではなく借り入れということになります。

5.契約書の控えを渡してもらう

五つ目は、契約書の控えを渡してもらうということです。

悪徳業者の場合、契約書を利用者に手渡さず、手数料などを改ざんする恐れがあります。

そのような被害にあわないためにも、必ず契約書は手元で保管しておきましょう。

長野県でおすすめの優良ファクタリング会社13選まとめ

この記事では長野県の事業者向けに、おすすめの優良ファクタリング会社を13社紹介してきました。

きっと会社によって、特色もサービス内容も異なるということがお分かりいただけたでしょう。

入金サイトの長さに悩む事業者は、売掛債権を売却して資金調達できるファクタリングの利用がおすすめです。

借り入れにならない方法なので、融資よりも気軽に利用できるでしょう。

資金ショートする前にファクタリングを利用して、黒字倒産のリスクに備えてください。

この記事が、長野県の事業者の参考になれば幸いです。