ファクタリングおすすめ優良16選!即日利用できる会社も比較【11月版】

今すぐお金が欲しい…

銀行に融資を断られた…

借金せずに、資金調達したい…

とお悩みの方、多いのではないでしょうか。

このような状況を打開したい方には「ファクタリング」の利用がおすすめです。

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避できるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます。

ファクタリングを検討して試算だけでもしてみたいならまずは30秒診断!

ファクタリングを検討する場合は、初めに30秒診断を利用するべきです。

ファクタリング診断とは、融資額希望額などたった6項目を入力し、診断ボタンを押すだけで、あなたに合ったおすすめのファクタリング会社がわかります。

30秒で調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討している方だけでなく、少し気になっている方も気軽に30秒診断を活用しましょう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断
おすすめのファクタリングは…
  • ファクタリングとは売掛金の債権をファクタリング会社に譲渡して現金を調達するおすすめの方法
  • ファクタリングを行えば、売掛金の回収期間よりも早く資金調達ができる!
  • ファクタリングを行えば早く資金調達ができるだけではなく、貸し倒れリスクも減らせる!
  • ファクタリングは売掛債権を譲渡して現金を得る方法だから借金もなし!
  • ファクタリング会社は複数社あってそれぞれ手数料が異なる!

失敗しない為のファクタリング会社の選び方やおすすめのファクタリング会社16選、個人事業主も利用可能なファクタリング会社などについて徹底解説していきます!

目次

ファクタリングとは?|仕組みを徹底解説!

ファクタリング(factoring)は売掛債権に保険をかけることによってリスクを回避したり、未回収の売掛金を買い取るおすすめのサービスです。

日本では、企業間取引の場合基本的には商品やサービスを先に提供して、のちに代金の回収を行う「信用取引」が一般的に行われています。

しかしこうした信用取引の場合、売掛金の入金が遅延したり、最悪の場合貸倒れになってしまい、資金難に陥ってしまう可能性があります。

ファクタリングを行えば、取引先の倒産による貸倒れの可能性がある際にあらかじめ保険をかけたり、売掛金を売却して、売掛金回収よりも早く現金化できるので非常におすすめです。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングには5つの仕組みがあります。

ファクタリングの5つの仕組み
  1. 買取ファクタリング
  2. 保証ファクタリング
  3. 一括ファクタリング
  4. 国際ファクタリング
  5. 医療ファクタリング

買取ファクタリングとは、早急に現金を得るために、売掛債務をファクタリング会社に売却して現金化する取引のことをいいます。

保証ファクタリングとは、売掛金が回収できなくなった場合に、保証会社が代わりに保証金を支払ってくれる保険のような機能を持ちます。

売掛債権の貸倒れリスクのある信用力が低い会社との取引で使われるのが一般的です。

一括ファクタリングとは、手形の代わりに導入されます。

金融機関が支払いを保証してくれることから、信用力の高い企業でないと導入できません。

国際ファクタリングとは、輸出業者が海外企業との取引時に利用するファクタリングです。

導入することで確実に売掛債権を回収できたり、取引先の与信調査になったりします。

医療ファクタリングとは、診療報酬を早期回収するためのファクタリングです。

基本的には、買取ファクタリングと同じような仕組みになります。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは上述の通り、売掛債務をファクタリング会社に売却し、その手数料を差し引いた額を現金で得ることが可能です。

買取ファクタリングは銀行での融資と違い、担保提供の必要もなく、審査対象は売却する取引先の信用力のみになります。

そのため、大企業だけではなく、中小企業や個人事業主でも審査に通りやすいためおすすめできます。

ポイント

売掛金と現金は同じくらいの価値がある為、信頼性も高いからファクタリング会社も安心して買い取れる!

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、買取型とは違い資金調達を目的として行うものではありません。

保証ファクタリングは信用力に不安がある企業との取引で売掛債権の貸倒れリスク回避のために行われます。

取引先の倒産等、予測がしづらい事態で売掛金が回収できなくなった際に保証会社が保証金を支払ってくれる仕組みです。

保証ファクタリング提供会社が取引先の信用力を調査して、保証枠を決めその範囲の金額であれば、売掛債権を保証してくれます。

ポイント

保証ファクタリングは貸倒れリスク回避で行われる「保険」のような仕組み!

一括ファクタリング

一括ファクタリングは納入企業、支払企業、金融機関の3社間で取引されるファクタリングです。

このシステムは一般的に手形の代わりに導入されます。

手形を決済手段として導入することで、代金の支払いを先延ばしできるというメリットがあります。

しかし手形の発行には印紙税がかかるほか、複雑な事務手続きも必要です。

その点、手形の代わりに一括ファクタリングを導入すれば、金融機関が支払いを保証してくれ、印紙税も複雑な事務手続きも不要になるのでおすすめです。

ポイント

導入することで、高い保証が得られるほか、経費や事務作業の削減にもつながる。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、輸出業者が海外企業との取引で安全に売掛債権を回収するために使われる取引のことをいいます。

また、輸出取引を行う海外企業の与信調査も兼ねて国際ファクタリングが利用されます

ポイント

輸出業者は国際ファクタリングを利用することで、安心して海外企業と取引できるようになる。

医療ファクタリング

医療ファクタリングとは、診療報酬債権を早期回収するためのファクタリングです。

診療報酬債権を利用した取引であることから、診療報酬ファクタリングと呼ばれることもあります。

ポイント

上記で紹介した買取ファクタリングとほぼ同じ仕組み。

ファクタリングの種類|2社間ファクタリング or 3社間ファクタリング

ファクタリングには2種類の取引方法があります。

1つ目は「利用者」と「ファクタリング会社」の2者のみで行われる「2社間ファクタリング」。

もう1つは「利用者」と「ファクタリング会社」に加え、「売掛先企業」の3者で行う「3社間ファクタリング」です。

2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」それぞれの特徴やメリットを解説していきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは早く売掛け債権を現金化したい場合におすすめできます。

2社間ファクタリングは利用者(債権者)とファクタリング会社の”2者”で完結する取引です。

2社間ファクタリングは取引先から金額が振り込まれたら、ファクタリング会社に振り込みます。

2社間ファクタリングのメリット!
  • 2社間ファクタリングは、取引がスムーズでスピードがかなり早く最短即日利用が可能!
  • 2社間ファクタリングは取引先 (取引先)に債権を譲渡したという通知や承諾が無用であり、取引先や第3者に知られることなく、資金調達が可能!

即日で資金調達がしたい!という方向けに以下の記事で即日資金調達可能なファクタリング会社を紹介しています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは上述の通り「利用者」と「ファクタリング会社」に加え、「売掛先企業」の3者で行う取引です。

3社間ファクタリングは3社合意のもとで契約が成立します。

ファクタリング会社が債権を全て買い取るため、債権の回収やリスク等は全てファクタリング会社へと移行されます。

基本的に3社間ファクタリングの方が2社間よりも手数料を安価に済ませられます。

しかし、3社間取引は2社間取引よりも取引速度は遅い上に、取引先に資金繰りが苦しいと言ったよくない印象を持たれてしまう可能性があることを留意しておきましょう。

3社間ファクタリングのポイント
  • 3社間ファクタリングのおすすめポイントは2社間ファクタリングよりも手数料が安いこと!
  • 3社間ファクタリングは取引速度が遅く、取引先に良くない印象を与える可能性もあることは注意!

ファクタリング会社の失敗しない選び方!【ポイント解説】

近年、活発化して認知度が高まってきたファクタリングは、借金をせずに資金調達をできたり、最短即日の現金化が可能と、かなり高い利便性があります。

一方、詐欺被害や多くの損失を出す人が増加しているという事実もあります。

ファクタリング取引は同じ会社や業者をずっと使い続けていく方が多いため、どこのファクタリング会社を選ぶかは非常に重要なポイントです!

ここでは、以下のようなファクタリング会社で失敗しないおすすめの選び方をご紹介します。

最適なファクタリング会社を選ぶ上で重要なポイントは、上記の4つになります。

しかし、初めてファクタリングを利用する事業者が全ての条件を満たした会社を探し出すのは至難の業です。

そこで、下記のファクタリング診断を活用されることをおすすめします。

自社に最適なファクタリング会社がすぐにわかるようになりますよ!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

手数料

ファクタリング会社を選ぶときに、損はしたくないはずです。

損をしないために「手数料」の相場を比較することをおすすめします。

ファクタリングの手数料の相場は以下のようになっています。

2社間ファクタリング手数料相場 15%〜30%
3社間ファクタリング手数料相場 1%〜9%

つまり、2社間ファクタリングは利用者が取引先から売掛金を回収し、その後ファクタリング会社に渡すため、ファクタリング会社は未回収リスクが大きく、手数料が高くなります。

3社間のファクタリングはファクタリング会社が直接代金を回収するため、手数料が安くなります。

売掛金の「最小・最大買取額」

売掛金の最小・最大買取額はそれぞれファクタリング会社によって異なります。

最低数10万円から売掛金を買い取ってくれる会社もあれば、最低100万円という会社もあります。

上限金額についても、最大1000万円の会社や最大1億円以上の売掛金売却が可能な会社もあったりと、それぞれ対応金額は違うので、ご利用希望額に沿ってファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

おすすめの主なファクタリング会社の最小買取額と最大買取額をまとめて記載いたします。

ファクタリング会社 最小買取額 最大買取額
ベストファクター 25万円〜 〜1億円
アクセルファクター 設定なし 〜1億円
ビートレーディング 設定なし(実績3万円〜) 設定なし(実績7億円)

出典:ベストファクター公式|よくある質問
出典:ビートレーディング公式|よくある質問
出典:ファクタリング活用術|アクセルファクターの概要

個人事業主でファクタリングの利用を検討しているのであれば特に、最大買取額ではなく、最小買取学に注目しましょう!

償還請求権の有無

3社間ファクタリングの場合、売掛金の回収がファクタリング会社に移行します。

しかし、利用者が最も多い2社間ファクタリングの場合、利用者が売掛金を受け取り、その後にファクタリング会社へと引き渡す形になっています。

この2社間取引で問題になるのが、取引先が倒産などしてしまった場合に売掛金が利用者に入金されない場合です。

ここで「償還請求権」を求められるファクタリング会社と求められないファクタリング会社が存在します。

償還請求権とは

償還請求権とは支払い義務者によって売掛金が支払われなかった場合に、ファクタリング会社の利用者から直接代償(代金)の返還を請求する権利のこと。

つまり、2社間ファクタリングを行なった際に掛け金回収ができなかったら、利用者がファクタリング会社にお金を支払わなくてはいけなくなる権利。

償還請求権が有りの場合、ファクタリング会社は損失を被る可能性がかなり低くなるのでその分、手数料は安くなります。

償還請求権が無しの場合、もし貸し倒れが起きた場合、ファクタリング会社が全て損失を被ることになる為、その分手数料は高くなります。

償還請求権を有りにしている場合、悪徳なファクタリング会社かもしれません。

安全に契約するためにも、償還請求権無しのファクタリング会社との契約がおすすめです。

入金スピード

ファクタリングの魅力はやはり本来回収に30〜90日前後は必要な売掛金を、ご自身の好きなタイミングで現金化できるということですね。

そのため、ファクタリング会社の入金スピードが早ければ早いほど、好きなタイミングで現金を得られます。

一般的に取引者が多い3社間ファクタリングの場合、現金化に数週間はかかってしまうのに対し、2社間ファクタリングは最短数時間で現金化が可能です。

会社の信頼性

ファクタリング会社を選ぶポイントで大事なのが「会社の信頼性」です!

ファクタリングは直接金銭のやりとりを行う取引のため、トラブルが起こらないことが第一事項です!

過去には「ファクタリングを使ったと思っていたら詐欺だった・・・」というような事件もあったほどなので、しっかりと会社の信頼性を確認してからファクタリングを行いましょう。

おすすめは、ネットで気になるファクタリング会社の名前を検索することです。

公式ホームページ以外から口コミを拾うことで、リアルな評価がわかるでしょう。

会社の信頼性からファクタリング会社を選ぶならGMO BtoB 早払い(ファクタリング)がダントツでおすすめです。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)はインターネット大手のGMOグループが運営しているファクタリング会社です。

GMOグループが運営しているから、しっかりと信頼できる大手ファクタリング会社といえます。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は信頼性だけではなく、手数料も1%〜12%と業界最高水準で低いので要チェックです!

ファクタリング会社の失敗しない選び方⑥債権譲渡登記の有無

取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合は、債権譲渡登記の有無を確認しましょう。

債権譲渡登記とはわかりやすく言うと、債権が譲渡されたという事実を登記することをいいます。

わざわざ債権譲渡登記をすることで、その債権に対数する所有者を明確にできるのです。

債権譲渡登記は法務局に申請することで行われますが、公の情報となるため誰でも簡単に閲覧できてしまいます。

ここで仮に取引先が売掛債権が債権譲渡登記されているか調べた場合、ファクタリングの利用を知られてしまう可能性があるでしょう。

わざわざこのような情報を確認する会社はそれほど多くないものの、ファクタリングの利用を知られると関係が悪化してしまいそうな場合など注意が必要です。

ファクタリング会社によっては債権譲渡登記無しで、利用できるので気になる場合や慎重に取引したい場合は確認してみましょう。

おすすめファクタリング会社一覧のランキング比較!

今回は日本国内で優良と評価されているファクタリング会社16社を「取り扱いファクタリング」「手数料」「入金スピード」「買取可能額」の4点で比較していきます。

会社名 取り扱いファクタリング 手数料 入金スピード 最大・最小買取額
ビートレーディング 2社間・3社間・医療・介護 2%〜9%(3社間)・5%〜(2社間)最大20% 最短即日 最小買取額・最大買取額無し
ベストファクター 2社間・3社間 2%〜20%(2社間・3社間) 最短即日 最小30万円〜1億円
日本中小企業金融サポート機構 2社間・2社間・医療 3%〜9% 初回最短1営業日 上限無制限
QuQuMo(ククモ) 2社間 1%〜 最短2時間 制限なし
FREENANCE即日払い 2社間 3%〜10% 最短当日 1万円〜
anew 2社間 2%〜9% 最短当日 制限なし
GMO BtoB早払い 2社間・3社間 1%〜12% 2営業日程度 100万〜1億円
アクセルファクター 2社間 2%〜20% 最短即日 最大1億円まで
トップマネジメント 2社間・3社間 2社間3.5%〜12.5%
3社間3.5%〜12.5%
最短即日 30万円〜3億円
えんナビ 2社間・3社間 5%〜 最短即日 30万円〜5000万円
オルタ(olta) 2社間 2%〜9% 最短即日 非公開
ファクタリングのTRY 2社間・3社間 5%〜 最短1日 非公開
株式会社ウィット 2社間・3社間 5%〜 最短2時間 30万円〜500万円
PMGファクタリング 2社間・3社間 不明 最短即日 最大2億円まで
ジャパンマネジメント 2社間・3社間 3%〜10%(3社間)・10%〜20%(2社間) 最短1日 最大5000万円まで
三共サービス 2社間・3社間 2社間
5%〜
3社間
1.5%〜
最短2日 50万円〜3000万円

それぞれファクタリング会社には取引内容に差があり、それぞれのメリットデメリットなどは存在します。

買取可能額だけをみても、ファクタリング会社によって差があることがわかります。

日本ではすでにファクタリング会社が数多くあり、それぞれサービス内容が異なります。

自社にとって最適なファクタリング会社と契約するためにも、数社を比較することがおすすめです。

最適なファクタリング会社がわからない場合は、本記事で紹介している「ファクタリング会社診断」を活用すると、たった30秒でおすすめのファクタリング会社がわかりますよ。

ここからは、入金スピード・手数料・買取可能額などを総合的に判断して、優良ファクタリング会社をランキング形式で16社ご紹介していきます。

おすすめで優良のファクタリング会社ランキング16

ここからは、おすすめのファクタリング会社を「特徴」「評価」「会社概要」まで詳細にご紹介します。

数あるファクタリング会社から安心して利用できる会社を選びましょう。

ビートレーディングは最短5時間で資金調達

ファクタリングおすすめのビートレーディング

ファクタリングのおすすめ会社第1位は、ビートレーディングです!

ビートレーディングの詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権・介護報酬債権
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 3万円~7億円までの買取実績あり
手数料 2%〜9%(3社間)・5%〜(2社間)最大20%
入金スピード 最短即日(12時間)
対応エリア 全国訪問対応可能

ビートレーディングの最大の特徴は、最小買取額、最大買取額の設定がないという点です。

ビートレーディングは現在累計買取債権額900億円と非常に資金力に優れたファクタリング会社で、取引の多さや額面の大きさから信頼性の高い会社ということがわかります。

会社規模や買取実績からビートレーディングは業界最大手のファクタリング会社だといえます。

2022年度におけるビートレーディングの実績
  • 申し込みから入金まで最短5時間
  • 最大買取率98%
  • 月間契約件数800件

この中でも注目したいのは、最大買取率が98%という点です。

他社と比較してもかなり高い数値となっています。

そんなビートレーディングでは、他社でファクタリングの審査に落ちたことがある場合や、税金滞納、赤字がある場合などでも相談可能です。

個人事業主のファクタリングにも対応しているため、少しでも気になったら問い合わせてみることをおすすめします。

ビートレーディングの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

ビートレーディングの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社ビートレーディング(Be TRADING)
代表取締役 佐々木 英世
資本金等 資本金:7,000万円
資本準備金:5,000万円
所在地 ◉本社:東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F
◉大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室
◉福岡支店:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室
営業時間 09:00〜18:00(年中無休)
事業内容
  • ファクタリング事業
  • コンサルティング事業
  • 各種在庫買取サービス業
  • 広告代理事業
無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

ベストファクターは平均買取率92.2%の柔軟審査

ファクタリングおすすめのベストファクター

ファクタリングのおすすめ会社第2位は、ベストファクターです!

ベストファクターの詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・医療債権ファクタリング
利用可能対象者 法人宛の売掛債権を持つ法人・個人事業主(業種等問わず)
買取可能額 最小30万円〜1億円
手数料 2%〜20%(2社間・3社間)
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国訪問対応可能
営業時 平日10:00~19:00(土日・祝祭日を除く)

ベストファクターは業界でも屈指の手数料の安さと入金スピードを誇っており、企業だけではなく、個人事業主にも利用可能と非常に優れており、評判も良いファクタリング会社です!

審査通過率も業界ではトップクラスの92.2%を誇っており、資金調達のしやすさはダントツで高いおすすめのファクタリング会社です。

柔軟な審査が話題のベストファクターなので、一度他社で断られている場合でも相談してみると良いでしょう。

また、公式ホームページでは7つの項目に答えるだけで、手数料のわかるシミュレーターが公開されています。

検討段階で詳しく手数料を知りたい場合は、上記のシミュレーターを利用してみましょう。

ベストファクターの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

ベストファクターの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社アレシア
代表者名 班目 裕樹
設立 不明
資本金 不明
事業内容
  • ファクタリング
  • 資金コンサルティング
  • 投資コンサルティング
  • 経営コンサルティング
住所 〒162-0801
東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F
営業時間 平日:10:00~19:00

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のファクタリングサービス

ファクタリングおすすめの日本中小金融サポート機構

ファクタリングのおすすめ会社第3位は、日本中小企業金融サポート機構です!

日本中小企業金融サポート機構の詳細は以下の通りです!

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 上限無制限
手数料 3%〜9%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

日本中小企業金融サポート機構は上述のベストファクターやビートレーディングよりも更に安い手数料を誇っており、業界屈指の安値です。

日本中小企業金融サポート機構は営利目的ではなく、一般社団法人として経営されているファクタリング会社です。

営利目的ではない為、特徴としては手数料が安いという点と経営改善や資金調達のサポートなども行なっているファクタリング会社です。

日本中小企業金融サポート機構の評価
手数料
(5.0)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

運営会社 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
代表者名 谷口 亮
設立 2017年5月
資本金 不明
事業内容
  • 資金調達に関する斡旋及び仲介業務、並びに資金調達、資本政策
  • 企業の財務及び事業再生等に関するアドバイザリー及びコンサルティング業務
住所 〒105-0011
東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階
営業時間 平日:9:30〜16:00

QuQuMo(ククモ)は最短2時間で入金かつ最低手数料は1%

ファクタリングおすすめのククモ

ファクタリングのおすすめ会社第4位は、QuQuMoです。

QuQuMoの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 制限なし
手数料 1%〜
入金スピード 最短2時間
対応エリ 全国対応可能

QuQuMoはオンライン型のおすすめファクタリングサービスです。

オンラインで全ての手続きや契約が完了する分、スピーディーな資金調達に適しています。

なんとQuQuMoでは、申し込みから最短2時間で入金される事例が多いなど、本当に資金調達に困っている場合におすすめできるファクタリング会社と言えます。

オンラインの取引だと個人情報などの漏洩が不安になることがあるかもしれませんが、QuQuMoでは弁護士ドットコムが監修したクラウドサインを導入しています。

業界でのシェアは80%を超えていて、知名度もあるサービスなので安心して利用できます。

そんなQuQuMoでのファクタリングは、買取可能額に制限がなく、債権譲渡登記は不要です。

取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合でも、安心して契約できるでしょう。

なお取引先が倒産してファクタリング会社が売掛金を回収できなくなった場合も、償還請求権なしのいわゆるノンリコース契約となるため、利用者が損をする心配がありません。

安心してファクタリングを利用したいのであれば、QuQuMoがおすすめです。

ただ、公式ホームページでは手数料の最大値について記載がない点に注意しましょう。

必ず契約前に見積もりを取るなど、手数料がいくらになるのか確認してから契約に進む必要があります。

QUQuMoのサービスの評価
手数料
(3.0)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

QuQuMoの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社アクティブサポート
代表者名 羽田 光成
設立 2017年9月
資本金 10,000,000円
事業内容
  • ファクタリング事業
  • 各種コンサルティング事業
住所 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
営業時間 平日10:00〜17:00

FREENANCE(フリーナンス)即日払いは個人事業主やフリーランスに特化したサービス

ファクタリングおすすめのフリーナンス即日払い

ファクタリングのおすすめ会社第5位は、FREENANCE即日払いです。

FREENANCE即日払いの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 個人事業主・フリーランス
買取可能額 1万円〜
手数料 3%〜10%
入金スピード 最短当日
対応エリア 全国対応可能

FREENANCE即日払いはGMOグループが運営する「FREENANCE(フリーナンス)」というフリーランスや個人事業主に向けた保険やお金に関するサービスです。

そんなFREENANCEでは、ファクタリングに該当するFREENANCE即日払いを展開しています。

個人事業主やフリーランスに特化したファクタリングサービスで、利用手数料は3%〜10%に設定されています。

そんなFREENANCE即日払いをスムーズに利用するためにも、FREENANCEに登録し口座を開設しておきましょう。

登録料は無料で、会費はずっと0円です。

ファクタリング以外にも個人事業主やフリーランスに向けた保険などを展開しているため、該当者は一度ホームページを確認してみることをおすすめします。

FREENANCE即日払いの評価
手数料
(3.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

FREENANCE即日払いの会社概要は以下の通りです。

運営会社 GMOクリエイターズネットワーク株式会社
代表者名 伊藤 毅
設立 2002年4月
資本金 9,165万円
事業内容 フリーランス向け金融支援サービス
住所 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
営業時間 不明

anewは2社間ファクタリングに特化したサービス

ファクタリングおすすめのanew

ファクタリングのおすすめ会社第6位は、anewです。

anewの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 制限なし
手数料 2%〜9%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

anewはオルタと新生銀行が運営するクラウドファクタリングです。

オルタ同様、すべての契約がオンラインで進むため手続きや面談などに時間を取られません。

そんなanewは法人の2社間ファクタリングに特化したファクタリング会社です。

買取可能額に制限はなく、最短即日での資金調達が可能です。

手数料は2%から最大でも9%に設定されているため、業界の中でもかなり安い方だと言えるでしょう。

クラウドファクタリングに興味があり、2社間ファクタリングを利用したい法人はanewに問い合わせてみることをおすすめします。

anewの評価
手数料
(4.0)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

anewの会社概要は以下の通りです。

運営会社 OLTA株式会社
代表者名 澤岻 優紀
設立 2017年4月14日
資本金 25億4,361万円
事業内容
  • クラウドファクタリング事業
  • 与信モデルの企画・開発・提供
住所 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山II 3階
営業時間 平日10:00〜18:00

GMO BtoB早払いは最大手数料が12%で注文書買取にも対応

ファクタリングおすすめのGMOBtoB

ファクタリングのおすすめ会社第7位は、「GMO BtoB 早払い(ファクタリング)」です!

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)の詳細は以下のようになっています。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人
買取可能額 最小100万円〜1億円
手数料
  • 1%〜12%(2社間・3社間)
  • 注文書買取:2%〜12%
  • 請求書買取:1%〜10%
入金スピード 2営業日程度
対応エリア 全国インターネット対応可能

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)はインターネット大手のGMOグループが運営しているファクタリング会社です。

信頼のできる大手が運営している安心感は他のファクタリング会社より完全に優位性を持っています。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は運営主体の信用性が他のファクタリング会社よりもダントツ高い上に、手数料が業界屈指で低いファクタリング会社です。

ファクタリング 手数料の相場は10%〜25%ですが、GMO BtoB 早払い(ファクタリング)なら1%〜10%までとしっかりと上限が定められており、上限手数料ですら相場を大きく下回っています。

さらに、大手では珍しく、GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は2社間ファクタリングにも対応しているので、取引先に知られることもなくファクタリングを行うこともできます。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)は最短即日で資金調達ができるファクタリング会社もある中、調達まで最短4日とやや入金スピードが遅い点が気になります。

しかし、裏を返せばそれほどしっかりと審査を行なっているということ。

業界トップクラスの手数料や安心感を誇っています。

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)の評価
手数料
(4.0)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(3.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

GMO BtoB 早払い(ファクタリング)の会社概要は以下の通りです。

運営会社 GMOペイメントゲートウェイ株式会社
代表者名 相浦一成
設立 1995年3月
資本金 133億23百万円
事業内容
  • 決済関連サービス
  • 金融関連サービス
住所 ◉東京
フクラスオフィス(本社)
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(総合受付15階)
ヒューマックスオフィス 〒150-0043 東京都渋谷区道
◉大阪
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 23階
◉九州
〒810-0001 福岡市中央区天神3-4-7 天神旭ビル 5階
営業時間 不明

アクセルファクターは建築業や運送業の入金サイクルに詳しいファクタリング会社

ファクタリングおすすめのアクセルファクター

ファクタリングのおすすめ会社第8位は、アクセルファクターです!

アクセルファクターの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 最大1億円まで
手数料 2%〜20%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

アクセルファクターは手数料が最低2%と非常に低く、取引の半分以上が即日での入金と、手数料や入金スピードの観点から優れたファクタリング会社です。

また、30万円〜3000万円と比較的少額の取引に特化したファクタリング会社です。

あまり大きな額の取引ではない方におすすめです。

なおアクセルファクターは建築業や運送業のファクタリング取引事例が豊富で、工事の遅延などにより請求書が未発行の場合でも相談できます。

天候などに左右される建築業や運送業などでは、売掛金の未払いが発生しやすいため、該当する場合は問い合わせしてみることをおすすめします。

アクセルファクターの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

アクセルファクターの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社アクセルファクター
代表者名 本成 善大
設立 不明
資本金 1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
事業内容 ファクタリング事業
住所 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場 1F
営業時間 平日:9:30〜19:00

トップマネジメントは最大手数料が12.5%で顧客満足度の向上に努めている

ファクタリングおすすめのトップマネジメント

ファクタリングのおすすめ会社第9位は、トップマネジメントです!

トップマネジメントの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 30万円〜3億円
手数料
  • 2社間ファクタリング3.5%〜12.5%
  • 3社間ファクタリング3.5%〜12.5%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

トップマネジメントは買取可能額の広さが魅力的なファクタリング会社です。

また、最低から最高の手数料も明記してあり、最大でも2社間で12.5%です。

2社間で20%以上取る会社もあるので手数料は比較的良心的といえます。

なおトップマネジメントは公式ホームページで社員の顔写真を公開するなど、信頼度向上に努めているファクタリング会社です。

どんな担当者がいるのか確認してから契約したい場合には、最適なファクタリング会社だと言えるでしょう。

トップマネジメントの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(4.5)
入金スピード
(2.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

トップマネジメントの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社トップ・マネジメント
代表者名 大野兼司
設立 2009年4月
資本金 5000万円
事業内容
  • ファクタリング業務
  • 経理・財務・経営に関するコンサルティング業務
  • 企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託並びにリスクの評価及びリスク回避の相談の受託業務
  • 担保不動産の調査及び評価業務
住所 東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
営業時間 平日9:00〜19:00

えんナビは24時間365日対応している

ファクタリングおすすめのえんナビ

ファクタリングのおすすめ会社第10位は、えんナビです!

えんナビの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人
買取可能額 50万円〜5000万円
手数料 5%〜
入金スピード 最短1日
対応エリア 沖縄県を除く全国46都道府県

えんナビの最低手数料は、5%と明記されています。

最大手数料は明記されていないものの、他社と比較してみても最低手数料は安い部類に入ります。

なお償還請求権なしの契約となるため、取引先に万が一のことがおきた場合でも利用者が損をする心配がありません。

えんナビの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(4.5)
対応エリア
(4.0)
総合評価
(4.0)

えんナビの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社インターテック
代表者名 伊藤公治
設立 不明
資本金 不明
事業内容 ファクタリング業務
住所 〒110-0015
東京都台東区東上野3丁目5-9 本池田第二ビル4階
営業時間 24時間365日

オルタ(olta)は2社間ファクタリングに特化していて最大手数料は9%

ファクタリングおすすめのオルタ

ファクタリングのおすすめ会社第11位は、オルタです。

オルタの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 制限なし
手数料 2%〜9%
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

オルタの取り扱いファクタリングは2社間取引に限られています。

手数料は2%〜最大でも9%とホームページに明記されていて、最大値が明らかになっているため安心して利用できるでしょう。

そんなオルタの最大の特徴は、オンライン型ファクタリングであるということです。

オンライン型ファクタリングとは、申し込みから書類の提出、審査、振り込みまで全ての手続きがネットから完了するファクタリングのことをいいます。

そのためわざわざ店舗に来店したり、担当者と直接顔を合わせて面談をしたりする必要がありません。

オンライン型ファクタリングだと安全面が不安な方もいるはずですが、オルタはMUFGやSMBCなどの大手銀行共取引のあるファクタリング会社です。

社会的信用力もあるファクタリング会社なので、安心して利用できます。

オルタ(サービスの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(3.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

オルタの会社概要は以下の通りです。

運営会社 OLTA株式会社
代表者名 澤岻 優紀
設立 2017年4月14日
資本金 25億4,361万円
事業内容
  • クラウドファクタリング事業
  • 与信モデルの企画/開発/提供
  • 入出金管理プラットフォームINVOYの運営資本金
住所 〒107-0062
東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山II 3F
営業時間 平日10:00〜18:00

ファクタリングのTRYは最小10万円から買取対応のファクタリング会社

ファクタリングおすすめのファクタリングのtry

ファクタリングのおすすめ会社第12位は、ファクタリングのTRYです。

ファクタリングのTRYの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 10万円〜5000万円
手数料 5%〜
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国対応可能

ファクタリングのTRYは、2社間ファクタリングをメインに取り扱う会社です。

利用可能対象者は、法人と個人事業主の双方となります。

そんなファクタリングのTRYでは、10万円〜5000万円までのファクタリングに対応していて、最短1日で資金を調達できます。

10万円から利用可能ということで、多くの個人事業主にとっても利用しやすい金額となっていると思われます。

手数料の最小値は5%からに設定されていて、2社間ファクタリングの手数料としては低めに設定されていると言えるでしょう。

しかし、ホームページには手数料の最大値について記載がない点に注意が必要です。

そのため契約前に必ず見積もりを依頼するなど、最終的な手数料がいくらになるのか確認しましょう。

ファクタリングのTRYのサービスの評価
手数料
(3.5)
売掛金の最小最大買取額
(5.0)
入金スピード
(3.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

ファクタリングのTRYの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社SKO(ファクタリングのTRY)
代表者名 木村 良太(Ryouta Kimura)
設立 2018年2月5日
資本金 10,000,000円
事業内容
  • ファクタリング事業
  • 営業コンサルティング事業
住所 〒110-0015
東京都台東区東上野2-21-1-4Fケーワイビル
営業時間 平日09:0018:00

株式会社ウィットは30万円から500万円と少額の資金調達に特化

ファクタリングおすすめのウィット

ファクタリングのおすすめ会社第13位は、株式会社ウィットです。

株式会社ウィットの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 30万円〜500万円
手数料 5%〜
入金スピード 最短2時間
対応エリア 全国対応可能

株式会社は法人と個人事業主の双方に対応しているファクタリング会社です。

取引可能額は30万円から最大でも500万円と、他社と比較すると小口専門で取引を行うファクタリング会社と言えます。

なお資金調達は電話1本で完了するため、忙しい業務の合間を縫って株式会社ウィットの事務所に訪れたり、担当者と面談したりする必要はありません。

非対面で成約できるため、最短2時間で資金調達が可能です。

30万円から500万円の間で資金調達をしたい場合や、とにかく早く成約したいときは株式会社ウィットに相談してみましょう。

なお株式会社ウィットは、ファクタリング事業のほかにコンサルティング事業も行なっているため経営や資金に関する相談もできます。

ファクタリングで資金調達をして終わりではなく、根本的に経営の課題を改善したい法人にも利用をおすすめします。

また手数料の最小値は5%ですが、最大値についての記載がありません。

そのため必ず見積もりを依頼するなど、手数料がいくらになるのか確認してから契約しましょう。

株式会社ウィットのサービスの評価
手数料
(3.0)
売掛金の最小最大買取額
(3.5)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

株式会社ウィットの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社ウィット
代表者名 佐野 俊亮
設立 2016年11月4日
資本金 不明
事業内容
  • 経営コンサルタント
  • 営業業務に関するコンサルタント
  • インターネット、印刷媒体等に対する広告の企画、立案、制作業務
  • デザイン、広告宣伝の企画及び仲介及び請負
住所 〒141-0022
東京都品川区東五反田1-6-3いちご東五反田ビル3F
営業時間 平日09:00〜18:00

PMGファクタリングは最大2億円までの売掛債権の買い取りに対応

ファクタリングおすすめのpmg

ファクタリングのおすすめ会社第14位は、PMGファクタリングです。

PMGファクタリングの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 最大2億円まで
手数料 不明
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応可能

PMGファクタリングは、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングそれぞれ利用可能な会社です。

さらに法人にも個人事業主の取引にも対応しています。

買取可能額は最大2億円までに設定されているため、規模の大きい法人でも利用できるでしょう。

入金スピードは最短即日となります。

そんなPMGファクタリングですが、公式ホームページには手数料が記載されていません。

しかし、売掛金の金額によってだいたいの手数料と買取率を確認できるシミュレーションが公開されています。

一般的に2社間ファクタリングの方が手数料が高くなることが多いですが、契約前にしっかりと手数料がいくらになるのか確認しましょう。

PMGファクタリングの評価
手数料
(2.0)
売掛金の最小最大買取額
(4.0)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

PMGファクタリングの会社概要は以下の通りです。

運営会社 ピーエムジー株式会社
代表者名 佐藤 貢
設立 2015年6月
資本金 9,000万円
事業内容
  • 売掛債権早期資金化サービス事業(企業様が保有している売掛金を償還請求権無しで完全に買取るサービス。三社間契約・二社間契約対応)
  • コンサルティング事業(資金調達コンサルティング、経営コンサルティング)
住所 〒163-0806
東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル6階
営業時間 不明

ジャパンマネジメントは3社間ファクタリングの最大買取手数料は10%

ファクタリングおすすめのジャパンマネジメント

ファクタリングのおすすめ会社第15位は、ジャパンマネジメントです。

ジャパンマネジメントの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 最大5000万円まで
手数料 3%〜10%(3社間)・10%〜20%(2社間)
入金スピード 最短1日
対応エリア 全国対応可能

ジャパンマネジメントは東京と福岡を中心に、日本全国の事業者のファクタリングに対応しています。

法人にも個人事業主にも対応していて、買取可能額は最大5000万円までです。

2社間ファクタリングも3社間ファクタリングも利用できるため、好きな取引の種類を選べます。

手数料は2社間で10%〜20%、3社間で3%〜10%と、他社と比較しても平均的な数値となっています。

どちらの取引の種類が良いのかわからない場合は、選択肢のあるジャパンマネジメントに相談してみると良いでしょう。

ジャパンマネジメントの評価
手数料
(4.0)
売掛金の最小最大買取額
(3.5)
入金スピード
(4.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

ジャパンマネジメントの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社ラインオフィスサービス
代表者名 宮坂博志
設立 2016年6月
資本金 不明
事業内容
  • 資金調達支援・ファクタリング業務・在庫買取
  • 経営コンサルティング
  • 店舗開業支援
  • ウェブコンサルティング及びマーケティングリサーチ
住所 【福岡オフィス】
〒810-0042 福岡市中央区赤坂1丁目14-22センチュリー赤坂門ビル8F
【東京オフィス】
〒113-0033 東京都文京区本郷3-37-8 本郷春木町ビル
営業時間 平日09:00〜19:00

三共サービスは最短翌日入金対応のファクタリング会社

ファクタリングおすすめ三共サービス

ファクタリングのおすすめ会社第16位は三共サービスです!

三共サービスの詳細は以下の通りです。

取り扱いファクタリング 2社間・3社間ファクタリング・診療報酬債権、介護報酬債権
利用可能対象者 法人
買取可能額 50万円〜3000万円
手数料
  • 二者間ファクタリング5%〜
  • 三者間ファクタリング1.5%〜
入金スピード 最短翌日
対応エリア 全国対応可能

三共サービスは最低手数料がかなり低いことが特徴的なファクタリング会社です。

とはいえ上限は公開されていないので、実際にはもう少し高いと思われます。

そのため申込前に、必ず手数料がどのくらいになるのか確認しましょう。

三共サービスの評価
手数料
(4.5)
売掛金の最小最大買取額
(3.0)
入金スピード
(3.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(3.5)

 

三共サービスの会社概要は以下の通りです。

運営会社 株式会社三共サービス
代表者名 飯村 雅
設立 2001年7月
資本金 1000万円
事業内容 ファクタリング業務
住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階
営業時間 平日9:00〜19:00

ファクタリングは個人事業主でも可能?個人事業主におすすめのファクタリング会社!

中小企業だけではなく、資金調達をしたい個人事業主の方もファクタリングを行うことは可能です。

以前は個人事業主の方はファクタリングの審査に通りづらかったものの、現在は少額から個人事業主の方でも最短即日でファクタリングできます!

個人事業主の方にオススメのファクタリング会社は「olta(オルタ)」です!

olta(オルタ)

ファクタリングおすすめのオルタ

olta(オルタ)は2017年に創業してからクラウドファクタリングの実績は既に900億円を超えており、経営基盤もしっかりしている安心のファクタリング会社です。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 非公開
手数料 2%〜9%
入金スピード 最短即日
対応エリア web申し込み

オルタの最大の特徴は「手続きがインターネットで全て完結する」という点です。

インターネットで手続きが完結し、最短24時間での入金が可能であるスピード感も持っています。

さらに、ファクタリングにかかる手数料が業界最安水準の2〜9%を実現しています。

オルタの手数料の安さは、審査にAIを導入していることによって審査コストが削減されていることが要因です。

また、オルタは2017年に設立された会社ですが、三菱UFJグループからサポートを受けている企業であり、信頼性はかなり高いです。

olta(オルタ)の評価
手数料
(5.0)
売掛金の買取額
(3.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(4.5)
総合評価
(4.5)

個人事業主の方がオルタを利用する際に揃えるものは以下のようになっています。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート)
  • 請求書
  • 屋号及び個人名義の口座の直近7ヶ月分の入出金明細
  • 昨年度の確定申告書Bと青色申告決算書(または収支内訳書)

入金が最も早いファクタリング会社はどこ?入金スピードから選ぶ!

少額からいいから即日でファクタリングがしたい!

そんな時は一刻でも早く審査を終えて入金までのスピードが早いファクタリング会社の方が良いですよね!

入金までのスピードでファクタリング会社を選ぶなら「ファクタリングのTRY」がおすすめです!

ファクタリングのTRY

ファクタリングおすすめのファクタリングのtry

ファクタリングのTRYは即日で売掛金を現金化でき、365日24時間対応可能というのが強みです。

取り扱いファクタリング 2社間ファクタリング
利用可能対象者 法人・個人事業主
買取可能額 非公開
手数料 5%〜
入金スピード 最短即日
対応エリア 全国対応(電話・web申し込み可能)

ファクタリングTRYは「24時間電話対応OK」を宣言するファクタリング会社であり、入金スピードは業界でも屈指のものです。

全国への出張対応を始め、土日問わず365日審査が早く、顧客のことを最優先で考えている会社です。

TRYは可能な限り”即時入金”を貫いており、他のファクタリング会社とは一線を画しています。

ファクタリングTRYの評価
手数料
(4.0)
売掛金の買取額
(3.0)
入金スピード
(5.0)
対応エリア
(5.0)
総合評価
(4.0)

ファクタリングで資金調達するメリットとは?

ここまで紹介してきたファクタリングによる資金調達ですが、利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

資金調達が必要な場合に、ファクタリングを利用するメリットを6つお伝えしていきます。

個人事業主やフリーランスも審査に通りやすい

「個人事業主やフリーランスの資金調達ってどうなっているの?」

「なんとなく法人でないと相手にされない気がする」

このように思っている方は多いでしょう。

銀行での融資やビジネスローンなどを個人事業主もしくはフリーランスが申し込むことは可能です。

しかし、法人と比較すると信用力の観点から審査通過の難易度は高く、銀行などの融資に限っては審査通過が相当難しくなるでしょう。

その点ファクタリングであれば、個人事業主、フリーランス向けのサービスも多数展開されていて、審査通過する事例も少なくありません。

また、必要書類なども少ないため気軽に利用できるというメリットがあります。

こういった理由から、個人事業主やフリーランスの資金調達にはファクタリングの利用がおすすめです。

借入にならない

「自社は無借金経営を目指している」

「金利や毎月の返済を考えてはならない借り入れはできることなら利用したくない」

こんな事業者は少なくないはずです。

借入するということは、返済義務が発生します。

つまり金利が発生するのはもちろん、毎月の返済を考えながら会社の資金繰りを考えなくてはなりません。

しかし、ファクタリングであれば売掛債権の売却なので借入とは異なります。

MEMO

売却になるため、金利が発生することもないのです。

そのため、毎月の返済を考える必要もありません。

借入したくない事業者や、今以上に借入を増やしたくない事業者はファクタリングを利用した方が良いでしょう。

取り立てにあう心配がない

先ほど「ファクタリング会社の失敗しない選び方」でもお伝えしたように、ファクタリング会社を選ぶ際に償還請求権の有無を確認することが重要です。

償還請求権無しのファクタリング会社と契約すれば、取引先が倒産してファクタリング会社が売掛金を回収できなくても、取り立てにあう心配がありません。

ファクタリングの需要はここ数年一気に高まっているため、中には「取り立てにあうのでは?」と不安に思われている事業者もいるでしょう。

しかし、安全に契約できるファクタリング会社と契約すれば、取り立てにあう心配は不要ですよ!

審査から入金までがスピーディー

資金調達を検討しているということは、不測の事態が発生しすぐにでも現金を確保したい状況にあるのでしょう。

そのような中で銀行などの融資に申し込んでも、支払いに間に合いません。

というのも、融資は申し込みから入金まで1ヶ月以上かかることも珍しくないのです。

その点ファクタリングを利用すれば、最短即日で入金を確認できます。

審査から入金までが他のどの資金調達方法よりもスピーディーなのも、ファクタリングを利用するメリットです。

担保や保証人が不要

先ほどお伝えしたように、ファクタリングとは売掛債権を売却する取引です。

借り換えではないため、契約時に担保や保証人を要求されることはありません。

事業者によっては、担保になる資産や保証人を頼める親戚などがいないこともあるでしょう。

また、親戚との関係悪化を恐れて保証人になってほしいと頼めないということも珍しくないはずです。

そういった意味でも、誰にも知られずに契約できるファクタリングは非常に利用しやすい資金調達方法だと言えるでしょう。

オンラインで契約が完了する

多くのファクタリング会社は東京など大都市に集中しています。

そのため遠方の事業者によっては、契約手段がネックになることもあるでしょう。

しかし、最近ではオンライン契約を導入するファクタリング会社が増えたため、日本全国どこからでも利用できます。

またオンライン契約することで、資金調達をスピーディーに行えるというメリットもあります。

遠方の事業者だけではなく、すぐに現金を確保したい事業者にもオンライン契約がおすすめですよ!

ファクタリングで資金調達するデメリットとは?

メリットの多いファクタリングですが、もちろんデメリットも存在します。

ここからはファクタリングで資金調達する前に知っておくべき3つのデメリットについてお伝えするので、参考にしてください。

3社間ファクタリングは取引先に通知する必要がある

買取ファクタリングには2社間と3社間という取引手段が存在することをお伝えしました。

手数料が低くなることから人気のある3社間ファクタリングですが、利用するためには取引先に通知しなければなりません。

取引先に通知することで発生するデメリットは、以下の通りです。

取引先に通知することで発生するデメリットとは?
  • 資金繰りが苦しいと思われてしまう
  • 契約を縮小される恐れがある

簡単に言うと、3社間ファクタリングの利用を通知された取引先が資金繰りの悪化を懸念して、取引を縮小したり打ち切られたりする恐れがあるのです。

資金繰りが苦しくなければファクタリングを利用することもないため、当然といえば当然でしょう。

そのため手数料が低くなるという理由だけで安易に3社間ファクタリングを利用することはおすすめできません。

しかし、どうしても3社間ファクタリングを利用したい場合は、取引先に詳しく事業を伝えるなど、今後の取引に差し支えないよう根回ししておくことが重要です。

取引先の信用力が低いと審査に通過しない可能性がある

ファクタリングの審査基準は、申し込んだ事業者の財務状況よりも取引先の信用力にあります。

つまり、取引先の信用力が高ければ申し込んだ事業者の財務状況が良好でなくても審査に通過する可能性が高いのです。

しかし裏を返せば、取引先の信用力が低いと審査に通過しない可能性があるともいえます。

ファクタリング会社が売掛金の回収リスクが高い企業と取引したくないと考えるのは当然のことでしょう。

審査通過に疑問が残る場合は、少しでも信用力の高い企業との取引で発生した売掛債権を売却するなど、何らかの対策が必要です。

手数料が高い

資金繰りが苦しい事業者にとって一番のデメリットともいえるのが、手数料が高いことです。

入金までに時間のかかる銀行などからの融資は、金利が低いことで知られています。

しかしスピーディーに取引できるファクタリングの場合、手数料が高くつくため最終的に入金される金額が少なくなってしまうのです。

売掛金から手数料を引いた金額が入金されることになるため、契約前にきちんと最終的な手数料が何%になるのか確認しておく必要があるでしょう。

ファクタリングの申し込みから契約までの流れ

ファクタリングを利用するメリットとデメリットについてわかったところで、申し込みから契約までの流れについてお伝えしていきます。

どのような流れで契約が進むのか知っておけば、スムーズに取引できるでしょう。

なお、ここでは利用者の多い2社間ファクタリング利用時の流れをお伝えします。

STEP.1
売掛金が発生する
取引先にサービスなどを納品して売掛金が発生します。
STEP.2
ファクタリング会社の選定
条件に合うファクタリング会社の中から契約先を選定します。
STEP.3
審査と見積もりを依頼する
契約したいファクタリング会社が決まったら、審査と見積もりを依頼します。
STEP.4
審査結果の通知
ファクタリング会社から審査結果が通知されます。
STEP.5
契約を締結する
ファクタリング会社と契約を締結します。
STEP.6
入金を確認する
契約締結後にファクタリング会社から入金があったか確認します。
STEP.7
取引先からの入金を確認してファクタリング会社に送金する
入金日に取引先から入金があったら、そのお金をファクタリング会社に送金します。

これで契約が終了です。

売掛金の発生

通常通り、取引先にサービスや商品などを納品します。

ここで売掛金が発生したことになります。

ファクタリング会社の選定

自社の条件に合うファクタリング会社を選定しましょう。

このとき個人事業主やフリーランスの場合は、法人以外とも取引可能な会社なのか確認することが重要です。

なおこの段階では一社に絞る必要がありません。

気になるファクタリング会社を数社ほど選定しましょう。

審査と見積もりの依頼

気になるファクタリング会社に審査と見積もりを依頼します。

このとき数社に見積もりを依頼することで、好条件で契約できる会社がわかります。

自社にとってより良い条件で契約するためにも、数社に見積もりを依頼することが重要なのです。

審査結果の通知

審査結果の通知と同時に見積もりが提示されるはずです。

一番良い条件で契約できるファクタリング会社はどこなのか比較してみましょう。

契約の締結

一番良い条件で利用できるファクタリング会社と契約を締結します。

遠方の事業者はオンライン契約を選ぶとスムーズに契約できるはずです。

入金の確認

契約を締結したらファクタリング会社から入金されるはずです。

振込先として指定した口座を確認してみましょう。

ファクタリング会社に送金

支払日がきたら取引先から売掛金が入金されているか確認しましょう。

無事、売掛金が入金されていたらそのお金をそのままファクタリング会社に送金します。

これにて、一連のファクタリング契約が終了します。

ファクタリングに違法性はなし!悪徳会社には要注意

ここまでおすすめのファクタリング会社や、失敗しない選び方などをお伝えしてきました。

一体どんな仕組みの資金調達方法なのかおわかりいただけたでしょう。

しかし、

「ファクタリングって本当に安全なの?」

「まだ認知度が低い気がするけれど、違法性はないのだろうか?」

と不安に思われている事業者もいるでしょう。

そこで、ここからはファクタリングの安全性についてお伝えしていきます。

ファクタリングに違法性はないが悪徳会社に要注意

ファクタリングに違法性がない根拠とは?

まず結論からお伝えすると、ファクタリングに違法性はありません。

その根拠は民法第555条と民法第587条にあります。

(売買)

第五百五十五条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

引用:明治二十九年法律第八十九号 民法|e-Gov法令検索

(消費賃借)

第五百八十七条 消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

引用:明治二十九年法律第八十九号 民法|e-Gov法令検索

このように、きちんとした法的根拠があります。

そのため、違法性がある取引なのか心配する必要はないのです。

ファクタリングを謳う悪徳会社に要注意

ファクタリングの取引自体に違法性はありませんが、悪徳会社には注意する必要があります。

注意
悪徳会社とはヤミ金のことで、契約してしまうと違法な金利を要求されたり、担保を要求されたりするかもしれません。

ここからは、安全にファクタリングを利用するためにも注意したい悪徳会社の特徴についてお伝えします。

下記の特徴にあてはまらないかきちんと確認してから契約を締結しましょう。

悪徳会社によくある特徴とは?
  • 契約段階になっても最終的な手数料を提示しない
  • 公式ホームページなどに事務所の住所や固定電話の番号が記載されていない
  • 契約書自体が用意されていなかったり、控えを渡されなかったりする

最終的な手数料を提示されない

契約段階でも最終的な手数料を提示しないファクタリング会社とは契約しないようにしましょう。

手数料が最終的に何%になるのかわからないまま契約するということは、あとで法外な手数料を請求される恐れがあるということです。

悪徳会社に騙されないためにも、きちんと手数料を確認する必要があります。

事務所や固定電話がない

公式ホームページのつくりがしっかりしていたとしても、安全な会社とは限りません。

一見きちんと情報が記載されているように見えたとしても、悪徳会社かもしれないのです。

安全に契約できるか見極めるためにも、公式ホームページに事務所の住所や固定電話の番号が記載されているか確認しましょう。

悪徳会社は足が付くことを恐れ、事務所や固定電話をそもそも契約していないことが多いのです。

契約書や契約書の控えがない

契約段階でも気を抜かず、契約書が用意されているか、控えを渡されるかを確認しましょう。

たとえ契約段階だったとしても、契約書が用意されていないことに気がついた段階で、契約を取りやめる必要があります。

また契約書の控えを渡されない場合、勝手に手数料を高くされる可能性があるでしょう。

このような場合、第三者機関に相談するなど何らかの対策が必要です。

給与ファクタリング

給与ファクタリングとは、個人を対象にしたファクタリングサービスです。

給料日前に給与を債権として買い取ってもらい、現金化することを言います。

そのため法人や個人事業主が利用する機会はありません。

しかし、給与ファクタリングを謳う会社が給与を担保に高金利で貸し付けを行うケースが相次いで摘発されています。

金融庁が給与ファクタリングに関する注意喚起をしていることからも、法人や個人事業主の場合も気をつけておくに越したことはないでしょう。

悪徳会社には主にこのような特徴があります。

安全な会社を見分けられるか心配な場合は、本記事で紹介したおすすめの16社の中から自社に合う会社を選んでみましょう。

ファクタリング診断を利用すれば、最適な会社がわかるはずですよ!

ファクタリングに関して気になるQ&A

即日で現金を得られるなど様々なメリットがあるファクタリングですが、認知され始めてからまだ日も浅いため、読者の皆様が疑問に思っていることにお答えしていきます!

ファクタリングを行う為の審査で必要な書類は何ですか?

ファクタリングを行う際の必要書類は、ファクタリング会社毎に異なります。

また、取引者様が個人事業主か法人かによっても変わってきます。

法人の場合、基本的に会社概要を説明する為の資料と売り上げを示す請求書等を要求されるのが一般的です。

個人事業主の方は、本人確認書類と請求書、確定申告書と青色申告決済書が必要とされるのが一般的です。

上述しましたが、個人事業主の方にオススメのolta(オルタ)でファクタリングを行う場合、以下が必要となります。

個人事業主の方がオルタを利用する際に揃えるものは以下のようになっています。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート)
  • 請求書
  • 屋号及び個人名義の口座の直近7ヶ月分の入出金明細
  • 昨年度の確定申告書Bと青色申告決算書(または収支内訳書)

どんな業種でもファクタリングを行うことはできますか?

ファクタリングは、職種に制限はなく、どの職種でも簡単に資金調達が可能です。

建設業やアパレル業、人材派遣業と幅広くファクタリングは利用されています。

しかし、ファクタリング会社によっては風俗業界やナイトワーク系は不可にしているところもあるので、該当する業種の方はファクタリングを行う前に要確認です。

銀行融資とファクタリングの違いは何ですか?

大まかにいうと、取引手段が異なります。

異なる取引手段とは?
  • 銀行融資の場合は、借入
  • ファクタリングの場合は、売却

銀行融資は借入になるため、負債が増えます。

ファクタリングは売却になるため、資産が増えます。

これが二つの取引の大きな違いです。

また、入金スピードに関しても明確な違いがあります。

申し込みから入金まで1ヶ月以上かかることが多い銀行融資に対して、ファクタリングは最短即日で入金されます。

そのためこの記事でもお伝えしてきたように、借入を増やしたくない事業者やすぐに資金調達しなければならない事業者には、ファクタリングの利用をおすすめします。

既にファクタリングを1社から行なっていますが他社からも調達できますか?

ファクタリングを既に1社のファクタリング会社から行なっていても他社から調達することは可能です。

ただ、既に取引している会社の売掛債権を複数会社に売却することは、二重譲渡に該当するので注意が必要です。

ファクタリングにおすすめの会社まとめ

ファクタリングは借金せずに最短即日で現金を得ることが可能な、画期的なシステムです。

実際年々ファクタリングの取引件数は増えてきており、今後今よりもメジャーな資金調達手段になる可能性が非常に高いです。

黒字倒産という事態を避けるためにも、ファクタリングによる資金調達を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介した16個のファクタリング会社はどれも、安心して利用できます。

ご自身に合ったファクタリング会社をぜひ見つけて、資金調達しましょう!

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断