【山梨県で即日ファクタリング】おすすめ優良会社12選の比較ランキング!

山梨県で運送業を営んでいますが、入金日がまだまだ先で資金ショートしてしまいそうです。

銀行の融資に申し込みましたが、審査落ちしてしまいました……。

何か他に手立てはないのでしょうか……?

このように、資金調達に悩む山梨県の事業者は少なくありません。

法人との取引で売掛け債権が発生しているのであれば、売掛け債権を売却して、売掛金を早期回収できるファクタリングの利用をおすすめします。

本記事では、山梨県の事業者向けに、おすすめの優良ファクタリング会社12選や、比較ランキング、ファクタリングを利用すべき事業者の特徴などを紹介していきます。

資金繰りに悩む山梨県の事業者は必見です。

山梨県でファクタリングは…
  • 山梨県の事業者がファクタリングを利用する場合、都内の会社と契約することになる
  • 山梨県の事業者におすすめの優良ファクタリング会社は、全部で12社
  • 早く売掛金を回収したい山梨県の事業者には、オンラインファクタリングがおすすめ
  • 山梨中央銀行の一括ファクタリングとは、債務者向けのサービス
  • 山梨県の事業者に総合的におすすめなファクタリング会社は、ビートレーディング

目次

【山梨県で即日ファクタリング】おすすめ優良会社12選

「支払いサイトの長さに悩む事業者は、ファクタリングを利用すると資金繰りが改善されるようですね。」

「しかし、山梨県からでも利用できるファクタリング会社はあるのでしょうか……?」

「検索すると、都内の会社が目立ちます……。」

このように、どのファクタリング会社を利用すべきかわからずお悩みの事業者は多いでしょう。

山梨県に拠点を持つファクタリング会社は存在しないため、多くの場合は都内の会社を利用することになります。

そこでここでは、山梨県の事業者におすすめの優良ファクタリング会社12選を紹介します。

それぞれの会社ごとに特徴や契約条件などを紹介するので、参考にしてください。

1.ジャパンファクター

ファクタリングおすすめのジャパンファクター

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小30万円から最大1億円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間取引
債権譲渡登記あり:3%から10%
債権譲渡登記なし:5%から18%
3社間取引
債権譲渡登記あり:1%から3%
債権譲渡登記なし:5%から10%
入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 選択可能
契約方法 オンライン
郵送
電話

ジャパンファクターは、契約内容にこだわりたい山梨県の事業者におすすめのファクタリング会社です。

好きな取引種別を選択可能で、債権譲渡登記の有無も事業者が決定できます

特筆すべきは、債権譲渡登記の有無によって手数料が異なる点です。

他社と同じように、登記した方が手数料を抑えた契約ができます。

契約方法に関しては、オンラインや郵送、電話に対応しています。

オンライン契約であれば移動する時間がかからないため、山梨県の事業者も利用しやすいでしょう。

なお現在新規申し込みした場合、最大手数料が50%OFFになるキャンペーンが開催されています。

いつまでキャンペーンが開催されているか不明なため、気になる場合は早めに問い合わせてみましょう。

2.トップ・マネジメント

ファクタリングおすすめのトップマネジメント

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小30万円から最大3億円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間:3.5%から12.5%
3社間:3.5%から12.5%
入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 対面
オンライン

トップ・マネジメントは累計買取額が100億円を超える実績豊富なファクタリング会社です。

そんな同社の特徴は、安心感のあるサービスを提供している点にあります。

公式ホームページで営業スタッフの顔を公開していたり、オンラインファクタリングではZoomなどを使用したオンラインミーティングを導入したりしています。

そのためファクタリングを初めて利用する山梨県の事業者にもおすすめです。

なお、オンライン契約を希望しない場合は、対面での契約も可能です。

その際、担当者が事業者に訪れる出張を選択できるため、移動時間を確保できない事業者も利用しやすいでしょう。

3.株式会社No.1

ファクタリングおすすめのナンバーワン

対象となる事業者 法人
個人事業主
フリーランス
利用可能額 最小10万円から最大5,000万円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間:5%から15%
3社間:1%から5%
入金スピード 最短30分
債権譲渡登記の有無 留保可能
契約方法 オンライン
対面
電話

株式会社No.1は全国対応のファクタリング会社です。

法人だけでなく、個人事業主、フリーランスの資金調達にも対応していて、最短30分での即日振込にも対応しています。

事業形態別に特化したファクタリングサービスがあるため、他社では審査通過の難しいフリーランスにもおすすめです。

事業形態別に見る審査通過率
  • 法人:90%以上
  • 個人事業主:90%以上
  • フリーランス:79%以上

どの事業形態でも、オンライン完結のファクタリングを利用できます。

そのため山梨県の事業者も申し込みやすいでしょう。

10万円から5,000万円の資金調達に対応しているため、事業形態にかかわらず利用しやすい会社だと言えます。

4.うりかけ堂

ファクタリングおすすめのうりかけ堂

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小30万円から最大5,000万円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2%から
入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 オンライン
対面

うりかけ堂は山梨県で年間150件以上のファクタリングに対応しています。

そんな同社で資金調達している事業者の約5割は赤字決算を抱えているなど、柔軟な審査で話題になっています。

会社の設立から間もない場合も、法人相手の取引で売掛け債権が発生していれば申し込み可能です。

30万円以上5,000万円未満の資金調達に対応しているため、該当する山梨県の事業者は必見です。

5. OLTA

ファクタリングおすすめのオルタ

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 下限、上限なし
取引の種類 2社間取引
手数料 2%から9%
入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 オンライン

OLTAはオンライン完結に特化したファクタリング会社です。

法人も個人事業主も利用可能で、利用可能額に下限も上限も設定されていません。

2社間取引で手数料が2%から9%に設定されているのも、同社の大きな特徴です。

通常、3社間取引の方が手数料が低く設定されていることが多い中で、同社の手数料の低さはかなり優れていると言えるでしょう。

2社間取引を利用したい山梨県の事業者は必見です。

6. BEST PAY

ファクタリングおすすめのベストペイ

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小100万円から最大3億円程度
取引の種類 2社間取引
手数料 5%から
入金スピード 最短1日
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 対面

BEST PAYは注文書や発注書の買取に特化したファクタリング会社です。

通常の請求書を提出するファクタリングとは異なり、仕事を受注した時点でファクタリングを利用できるため早い段階で現金を調達できます。

注文書買取のファクタリングを利用するメリットとは?
  • 請求時よりも格段に早い段階で資金調達できる
  • 資金繰りの改善に役立つ
  • 案件の着手前に資金調達することで、外注費や仕入れ費を確保できる

このように、注文書買取のファクタリングを利用するメリットはたくさんあります。

受注時点でのファクタリングが可能になったことによって、資金繰りを大幅に改善できるでしょう。

支払いサイトの長期化で資金繰りが悪化している山梨件の事業者は必見です。

7.株式会社ウィット

ファクタリングおすすめのウィット

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小30万円から最大500万円
取引の種類 2社間取引
手数料 5%から
入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 オンライン

株式会社ウィットは電話1本で資金調達ができるファクタリング会社です。

法人、個人事業主の取引に対応しています。

そんな同社最大の特徴は、最小30万円から最大500万円という少額の資金調達に特化している点にあります。

小口取引を専門とした会社のため、非対面でのファクタリングが可能です。「税金滞納があるため、融資は受けられない……。」

「用情報に問題があるため、金融機関には相談できない……。」

このような山梨県の事業者は、同社に相談してみましょう。

8.日本中小企業金融サポート機構

ファクタリングおすすめの日本中小金融サポート機構

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 上限なし
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 1.5%から10%
入金スピード 最短即日
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 郵送
オンライン

日本中小企業金融サポート機構は、零細企業や個人事業主の資金に関するサポートを行う一般社団法人です。

サポート内容としてはファクタリングをはじめ、M&Aや事業マッチングなどを行なっています。

そんな同機構のファクタリングは、2社間取引と3社間取引の好きな方を選択可能です。

どちらの取引種別を利用しても手数料は1.5%から10%に設定されていることを考えると、手数料を少しでも抑えたい山梨県の事業者に利用をおすすめします。

以前は郵送契約がメインでしたが、現在はオンライン契約にも対応しています。

そのため山梨県の事業者も利用しやすいでしょう。

なお、発生している売掛け債権の金額に関係なく申し込み可能なため、小口もしくは大口となる場合にも利用をおすすめします。

9. PAY TODAY

ファクタリングおすすめのpaytoday

対象となる事業者 法人
個人事業主
フリーランス
利用可能額 最小10万円から最大5,000万円
取引の種類 2社間取引
手数料 1.5%から9.5%
入金スピード 最短45分
債権譲渡登記の有無 不要
契約方法 オンライン

PAY TODAYはAIを用いたファクタリングを展開しています。

2社間取引に特化しているため、内密に取引したい山梨県の事業者は必見です。

そんな同社の特徴は、法人、個人事業主だけでなくフリーランスの取引も対応している点にあります。

なお、開業したばかりの事業者やスタートアップの資金調達にも対応しています。

一般的に他社でのファクタリング利用が難しい事業者でも、利用しやすいと言えるでしょう。

また最短45分での即日入金に対応しているため、急ぎの場合にもおすすめです。

手数料が1.5%から9.5%に設定されていて、他社と比較しても手数料を抑えてファクタリングを利用できるでしょう。

10.けんせつくん

ファクタリングおすすめのけんせつくん

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 上限なし
取引の種類 2社間取引
手数料 5%から
入金スピード 最短2時間
債権譲渡登記の有無 不明
契約方法 オンライン

名前からもわかるようにけんせつくんは、建設業界のファクタリングに特化したサービスです。

請求書や注文書で資金調達できるため、支払いサイトを短縮したい建設業者に最適なサービスだと言えるでしょう。

特に、

「受注できそな案件があるにもかかわらず、手元に現金がないため対応できない……。」

「入金までに時間がかかりすぎている……。」

「銀行の融資は時間がかかるため、間に合わない……。[」

このような悩みを抱える建設業者は必見です。

同サービスには建設業界に詳しい担当者がいるため、建設業者ならではの悩みに応えてくれるでしょう。

11.ビートレーディング

ファクタリングおすすめのビートレーディング

対象となる事業者 法人
個人事業主
利用可能額 最小30万円から最大3億円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 2社間:10%から20%
3社間:5%から9%
入金スピード 最短12時間
債権譲渡登記の有無 選択式
契約方法 オンライン
対面

ビートレーディングはファクタリング会社の中でも知名度があり、実績の豊富な会社です。

2021年度の月間契約件数は400件で、最大買取率は98%となっています。

2社間取引、3社間取引のどちらにも対応しているため、事業者が好きな取引種別を選択可能です。

なお最短12時間での即日入金に対応しているため、すぐに現金が必要な場合にもおすすめできます。

アフターフォローの手厚さにも定評があり、ファクタリング利用後の資金繰りに関する相談を受け付けています。

一度ファクタリングを利用しただけでは資金繰りが改善しなそうな場合や、事業の資金調達に関することをプロに相談したい山梨県の事業者は必見です。

ビートレーディングは入金スピードや手数料、調達可能額など総合的に優れているファクタリング会社だと言えるでしょう。

12.株式会社イディアル

ファクタリングおすすめのイディアル

対象となる事業者 法人
個人事業主
フリーランス
利用可能額 最小10万円から最大5,000万円
取引の種類 2社間取引
3社間取引
手数料 1%から10%
入金スピード 最短30分
債権譲渡登記の有無 留保可能
契約方法 オンライン

株式会社イディアルは法人向け、個人事業主(フリーランス)向けのファクタリングサービスを展開しています。

10万円から5,000万円までの資金調達に対応していて、最短30分での入金に対応する会社です。

利用可能額を考えると、個人事業主やフリーランスが利用しやすい会社だと言えるでしょう。

取引種別に関しても好きな方を選択できます。

2021年9月時点では、審査通過率が92%ということを踏まえても、ある程度柔軟な審査をする会社だと言えるでしょう。

債権譲渡登記は留保可能なため、内密に取引したい山梨県の事業者は必見です。

山梨県の事業者向け|ファクタリング会社の比較ランキング

「様々な特徴を持つファクタリング会社があるのですね!」

「山梨県の事業者が利用できるファクタリング会社がたくさんあると知り、安心しました。」

「そこで、12社の比較ランキングについても知りたいです……。」

ここからは先ほど紹介した12選のファクタリング会社を、項目別に比較したランキングを紹介します。

契約先を選ぶ上で重要な項目に厳選して紹介するので、参考にしてください。

山梨県の事業者向け|ファクタリング会社の比較ランキング
  1. 即日対応で入金スピードの早い会社ランキング
  2. 手数料の低い会社ランキング
  3. 個人事業主(フリーランス)向けランキング
  4. 少額取引が得意な会社ランキング
  5. 高額取引が得意な会社ランキング

1.山梨県のファクタリング会社比較ランキング:即日対応

ファクタリングの利用を検討する事業者の多くは、支払いサイトの長期化に悩んでいたり、急な支払いが発生していたりします。

そのため銀行融資では間に合わず、ファクタリングの利用を検討していることが少なくありません。

そのような場合、即日対応してくれる会社に申し込むべきです。

この記事で紹介した12社の中で、入金スピードに優れている会社をランキングすると下記の通りになります。

即日対応する会社ランキング
  1. 株式会社イディアル:最短30分
  2. PAY TODAY:最短45分
  3. うりかけ堂、株式会社ウィット、けんせつくん:最短2時間

契約条件によっても異なりますが、一番入金スピードに優れているのは株式会社イディアルとなりました。

続いて、二位のPAY TODAYは最短45分での入金に対応しています。

どちらも資金調達を急ぐ山梨県の事業者におすすめです。

なおここで紹介したランキングは全て請求書を買い取るファクタリングですが、中には注文書や発注書を買い取ってファクタリングしている会社もあります。

先述したように、注文書買取が可能な会社と契約すれば案件が始まる前に現金を回収できるでしょう。

この記事で紹介した12社の中で、注文書買取に対応しているのは、BEST PAYとけんせつくんの2社です。

外注費や仕入れ費などが膨大になる業種の方は、注文書買取に注目してみましょう。

2.山梨県のファクタリング会社比較ランキング:手数料

銀行融資と比較すると対応スピードに優れたファクタリングですが、かかる手数料は大きくなります。

ファクタリングの利用を検討する事業者の中には、資金繰りが悪化している企業や個人事業主も少なくありません。

手数料が1%でも高いと、資金繰りが余計に悪化する恐れがあります。

いくら資金調達を急いでいたとしても、なるべく手数料の低い会社を利用しましょう

同じ条件で少しでも低い手数料で契約できる会社を見つけるために、複数の会社に見積もりを依頼することをおすすめします。

この記事で紹介した12社の中で、手数料の低さに優れている会社をランキングすると下記の通りになります。

手数料が低い会社ランキング
  1. ジャパンファクター:3社間取引で1%から3%(債権譲渡登記ありの場合)
  2. 株式会社No.1:3社間取引で1%から5%
  3. OLTA:2社間取引で2%から9%、ビートレーディング:3社間取引で5%から9%

ジャパンファクターでは債権譲渡登記ありの3社間取引を利用した場合、最大手数料が3%に設定されています。

他社と比較してもかなり手数料が抑えられているため、3社間取引を利用できる山梨県の事業者にはおすすめです。

全体的に3社間取引の方が手数料が低くなる傾向にありますが、2社間取引に特化したOLTAでは最大手数料が9%となっています。

そのため2社間取引を利用したい山梨県の事業者は必見です。

3.山梨県のファクタリング会社比較ランキング:個人事業主(フリーランス)

どのファクタリング会社も法人の売掛け債権の買取に対応していますが、個人事業主のファクタリングには対応していないことがあります。

特にフリーランスの場合は契約できる会社が限られてくるため、注意が必要でしょう。

そのため個人事業主やフリーランスに該当する山梨県の事業者は、事前に申し込み可能な会社なのか確認することが重要です。

この記事で紹介した12社の中で、個人事業主やフリーランスが利用しやすい会社をランキングすると下記の通りになります。

個人事業主やフリーランスが利用しやすい会社ランキング
  1. PAY TODAY
  2. 株式会社イディアル
  3. 株式会社No.1

上記の3社は全て、個人事業主とフリーランスの資金調達に対応しています。

その中でもPAY TODAYはオンラインに特化したファクタリングで、最大手数料が9.5%となっているため、利用しやすいでしょう。

入金スピードに関しても、最短45分で振込完了と非常に優れています。

株式会社イディアルは最大手数料が10%に設定されているため、一位とそこまで変わりまりません。

株式会社No.1は2社間取引利用時の最大手数料が15%となっています。

3社間取引であれば最大手数料が5%に抑えられているため、3社間取引を利用できる個人事業主やフリーランスにはおすすめです。

4.山梨県のファクタリング会社比較ランキング:少額取引

この記事では山梨県の事業者におすすめのファクタリング会社を12社に厳選して紹介してきましたが、会社によっても対応可能な金額が異なります。

この記事で紹介した12社の中で、少額の資金調達に対応する会社をランキングすると下記の通りになります。

少額の資金調達に対応する会社ランキング
  1. 株式会社No.1、PAY TODAY、株式会社イディアル:最小10万円から
  2. ジャパンファクター、トップ・マネジメント、うりかけ堂、株式会社ウィット、ビートレーディング:最小30万円から
  3. BEST PAY:最小100万円から

一位の3社は個人事業主とフリーランスのファクタリングにも対応しているため、小口取引にも対応しています。

10万円以上の売掛け債権が発生している場合は、上記の3社に相談してみましょう。

5.山梨県のファクタリング会社比較ランキング:高額取引

業種によっては発生する売掛金が高額になることもあるでしょう。

必要な資金を調達するためには、高額取引に対応するファクタリング会社を選ぶことが重要です。

この記事で紹介した12社の中で、高額の資金調達に対応する会社をランキングすると下記の通りになります。

高額の資金調達に対応する会社ランキング
  1. トップ・マネジメント、BEST PAY、ビートレーディング:最大3億円
  2. ジャパンファクター:最大1億円
  3. 株式会社No.1、うりかけ堂、PAY TODAY、株式会社イディアル:最大5,000万円

一位の3社は最大3億円までの資金調達に対応しています。

発生している売掛金が高額な場合は、上記の3社に相談してみましょう。

なおOLTAや日本中小企業金融サポート機構、けんせつくんは、利用可能額の上限が設定されていません。

場合によっては3億円以上の資金調達にも対応している場合があるため、該当者は必見です。

山梨県の事業者向け|失敗しないファクタリング会社の選び方

「12社の中で入金スピードなどに優れた会社がよくわかりました。」

「比較ランキングを参考にどの会社に申し込むか検討したいと思います!」

「そこで、ファクタリング会社選びに失敗しないコツがあれば知っておきたいです。」

ここからは、山梨県の事業者向けに失敗しないファクタリング会社の選び方をお伝えしていきます。

どれも重要なポイントとなるため、下記の選び方を参考にしてください。

1.自社の調達希望額から選ぶ

事業者によってもどのくらいの金額を調達したいのか異なります。

また先述したように、ファクタリング会社によっても対応できる金額はそれぞれです。

そのため自社が調達したい金額に対応するファクタリング会社なのか必ず確認しましょう。

特に発生している売掛け債権が少額もしくは高額の場合は、調達希望額に対応していない場合もあるため注意が必要です。

2.即日対応してくれるか入金スピードで選ぶ

急な支払いが発生している事業者は、即日対応してくれるファクタリング会社の中から選びましょう。

少しでも早く売掛金を回収するためには、オンラインファクタリングに対応する会社に申し込むことがポイントです。

山梨県の事業者が入金スピードにこだわる場合は、対面契約を避けましょう。

対面契約ということは、事業者が都内に移動するか担当者が山梨県に出張するのを待たなくてはなりません。

その分、タイムロスが発生するためどうしても入金スピードが遅くなってしまうことが一般的です。

3.手数料から選ぶ

資金繰りの悪化に悩む山梨県の事業者は特に、手数料が低いファクタリング会社を選びましょう。

手数料の高い会社と契約するということは、それだけ本来入金されるはずの売掛金を手数料としてファクタリング会社に支払うことになります。

つまり、入金日を待たずに現金を確保できたとしても余計に資金繰りが悪化してしまう恐れがあるのです。

そのような事態に陥らないためにも、複数の会社を比較することがポイントになります。

先述したように、気になるファクタリング会社を3社ほどピックアップした上で、見積もりを依頼しましょう。

そうすれば、一番良い条件で契約できる会社がどこなのかすぐにわかります。

4.契約条件から選ぶ

入金スピードや手数料以外に、契約方法や債権譲渡登記の有無などの契約条件にも注目しましょう。

特に2社間取引を希望していて、内密に取引したい場合、債権譲渡登記は不要で利用できるファクタリング会社で契約することをおすすめします。

基本的に債権譲渡登記の有無を確認する企業の方が少ないものの、万が一のリスクを考えるのであれば登記不要で利用できる会社に申し込むに越したことはありません。

申し込み前に、債権譲渡登記の扱いを質問してみましょう

5.担当者や会社の対応から選ぶ

最後に、担当者や会社の対応から選ぶこともポイントです。

ファクタリングとは、自社にとって重要な売掛け債権をファクタリング会社に売却する取引です。

そのため担当者の対応から信用できると判断した会社と契約しましょう。

なお、不明点を質問する度に丁寧に回答してくれる会社かどうかも確認してみてください。

その都度丁寧に回答してくれる会社であれば、安心して契約を締結できるでしょう。

山梨中央銀行の一括ファクタリングを解説

「失敗しないファクタリング会社の選び方がよくわかりました!」

「しかし、銀行でファクタリングを利用できれば安心です…」

「山梨中央銀行でもファクタリングを利用できると聞いたのですが、利用条件などはどのようになっていますか?」

このように、銀行でファクタリングを利用できれば安心だと考える事業者は多いでしょう。

山梨県の事業者にとっては馴染みのある山梨中央銀行では、一括ファクタリングというサービスを展開しています。

ファクタリング 山梨

ここでは、山梨中央銀行の一括ファクタリングについてどのようなサービスなのか解説していきます。

一括ファクタリングとは?
一括ファクタリングとは、支払い企業と納入企業、金融機関の3社で締結するファクタリングで、手形の代わりに使用される取引です。

山梨中央銀行の一括ファクタリングを利用することで、印紙税を削減できたり、複雑な事務作業を軽減できたりするため注目を集めています。

なお買取型ファクタリングとの大きな違いは、契約の中心人物が誰になるのかという点にあります。

買取型ファクタリングの場合、売掛金を請求する債権者が中心となり契約を締結します。

しかし一括ファクタリングの場合は、売掛金を支払う企業である債務者が中心となって、契約を締結することになります。

なお一括ファクタリングを取り扱う会社は、銀行系の金融機関に限られているのも大きく異なる点です。

つまり、この記事で紹介してきたファクタリングと、山梨中央銀行の一括ファクタリングは全く異なる取引となる点に注意しましょう。

資金調達したい山梨県の事業者(債権者)は、この記事で紹介した買取型ファクタリングを利用することになります。

ファクタリングを利用すべき山梨県の事業者とは?

「どうやら山梨中央銀行の一括ファクタリングとは、早く売掛金を回収したい事業者が利用できる取引ではないようですね。」

「12社の中から自社に最適な会社を選びたいと思います。」

「そこで、どんな会社がファクタリングを利用すべきなのか詳しく知りたいです……!」

ここからは、ファクタリングを利用すべき山梨県の事業者の特徴を紹介していきます。

下記で紹介する特徴に当てはまる事業者は、ファクタリングの利用を検討しましょう。

1.予期しない支払いが発生した事業者

業種によっては急に予期しない支払いが発生することもあるでしょう。

予期しない支払いの例
  • トラックの故障で早期に修理しなければならない運送業
  • 工場の設備が壊れたため、他の設備を導入しなければならない製造業

など

上記はあくまでも一例ですが、素早く対応しなければならないタイミングで現金が足りないのであれば、売掛け債権を売却して資金を調達しましょう。

融資とは異なり、借入にならないため信用情報を傷つけることもありません。

2.支払いサイトの長期化で資金繰りが悪化している事業者

日頃から長期に渡る支払いサイトに頭を抱えている事業者も、ファクタリングを利用するべきです。

業種によっては、支払いサイトが長期化しているせいで他の案件を受注できず、資金繰りが余計に悪化している可能性もあります。

そのような場合は、発生している売掛け債権を売却して、資金繰りの改善を試みたり、他の案件を受注できる状態を整えたりしましょう。

ファクタリングの利用を検討する事業者の多くは、支払いサイトの長期化に頭を抱えています。

そのためファクタリング会社に担当に支払いサイトで悩んでいることを伝えれば、最善策を提案してくれるでしょう。

3.資金ショートしそうな事業者

資金ショートしそうな事業者は、資金ショートを起こす前にファクタリングを利用すべきです。

一度資金ショートを起こしてしまうと、信用がなくなるため黒字倒産するリスクが限りなく高まります。

支払い遅延などに発展しないよう、資金ショートしそうなことが判明した段階で、すぐにファクタリングを利用しましょう。

なお資金ショートを起こさないためにも、日頃から資金繰り表を作成するなど、会社の収支をきちんと把握しておくことが重要です。

4.銀行融資に通らない事業者

資金調達のために銀行融資に申し込んだものの、審査に通らない事業者もファクタリングの利用を検討しましょう。

多くのファクタリング会社では審査通過率が90%を超えるなど、法人との取引で発生した売掛け債権さえあれば、申し込めます。

銀行融資の審査に通過できない条件が揃っている事業者は特に、最初からファクタリングに申し込めばタイムロスがないでしょう。

銀行融資の審査に通過できない条件とは?
  • 赤字決算の連続
  • 債務超過している
  • 税金を滞納している

このような条件でも契約できるファクタリング会社はたくさんあります。

ファクタリングでは、取引先の信用力を重点的に審査されるため、申し込む事業者に税金滞納などがあっても審査に通過することが多いのです。

審査通過率を上げるため、信用力の高い取引先の売掛け債権を売却するようにしましょう。

山梨県の事業者がファクタリングを利用するメリットとデメリット

「どのような会社がファクタリングを利用すべきかよくわかりました!」

「最後に、ファクタリングで資金調達するメリットとデメリットについてお教えてください。」

ここからは、山梨県の事業者がファクタリングを利用するメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

メリットだけでなく、どのようなデメリットがあるのか理解した上で申し込みましょう。

山梨県の事業者がファクタリングを利用するメリット

まずは、山梨県の事業者がファクタリングを利用するメリットについてお伝えしていきます。

山梨県の事業者がファクタリングを利用するメリット
  1. 担保や保証人が不要
  2. 信用情報に傷をつけない
  3. 最短即日で入金を確認できる
  4. 取引先に知られずに資金調達できる
  5. 融資よりも審査通過率が高い

1.担保も保証人も不要で契約できる

ファクタリングは担保も保証人も不要で契約できる資金調達方法です。

融資に申し込みたい事業者の中には、担保や保証人を用意できないため、ハードルの高さを感じている方もいるでしょう。

誰にも迷惑をかけずに資金調達できるファクタリングは、他の資金調達方法と比較しても利用のハードルが低いはずです。

2.信用情報に悪影響を及ぼさない

融資と異なり、ファクタリングは借入に該当しません

そのため信用情報に悪影響を及ぼすことはありません。

将来的に、銀行で融資を受けたい事業者はファクタリングを利用することで自社の信用情報を守れるでしょう。

3.最短即日で入金してもらえる

最短即日で入金してもらえるのもファクタリングを利用するメリットです。

銀行融資は、振込実行までに1ヶ月以上かかることも珍しくありません。

つまり、資金ショートしそうな場合や、急な支払いが発生した場合に適した資金調達方法とは言えないのです。

その点、ファクタリングであれば、対応の早さを売りにした会社も多いため、支払いに間に合うスピードで資金調達できるでしょう。

4.取引先に内密で資金調達できる

2社間取引を利用すれば、取引先に知られずに資金調達できます

支払いサイトが長いせいで資金繰りが安定しない場合でも、取引先に入金を早めて欲しいと相談できる事業者は限られているでしょう。

そのような場合にファクタリングを利用すれば、取引先との関係を悪化させずに売掛金を早期回収できます。

5.審査通過率が高い

銀行融資と比較すると、審査通過率が高いのもファクタリングを利用するメリットです。

先述したように、ファクタリングの審査通過率は90%を超えている場合がほとんどです。

自社の条件が不利な場合でも、信用力のある取引先の売掛け債権を売却すれば審査に通過する可能性が高くなるでしょう。

山梨県の事業者がファクタリングを利用するデメリット

続いて、山梨県の事業者がファクタリングを利用するデメリットについてお伝えしていきます。

山梨県の事業者がファクタリングを利用するデメリット
  1. どうしても手数料がかかる
  2. 取引先に誤解されないよう、慎重に通知する必要がある

1.手数料がかかる

ファクタリングに限ったことではなく他の資金調達方法でも同じことが言えますが、必ず手数料がかかります

資金繰りが悪化している事業者がファクタリングの利用を繰り返した場合、余計に資金繰りが悪化する可能性も否定できません。

このように、ファクタリングは長期的な資金調達には向いていないというデメリットがあります。

余計に資金繰りが悪化しないよう、契約前に担当者に最適な資金調達プランを相談してみましょう。

2.3社間取引の場合、取引先との関係が悪化する可能性がある

3社間取引を利用する場合、取引先に通知する必要があります。

取引先との関係性によっては資金繰りの悪化を懸念され、関係が悪化する恐れがあるでしょう。

そのようなことにならないよう、3社間取引を利用するのであれば付き合いの長い取引先の売掛け債権を売却するなど、何らかの工夫が必要です。

なお資金繰りの悪化を懸念した取引先に取引を解消されないよう、ファクタリングを利用したい事情を説明するなど、フォローも忘れないようにしましょう。

ファクタリングに関してよくある質問

最後に、ファクタリングの利用に関してよくある質問に回答していきます。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点とは?

なるべく信用力のある法人との取引で発生した売掛け債権を売却しましょう。

審査通過率を少しでも上げるために、信用力のある法人との取引で発生した売掛け債権を売却することがポイントです。

なお、いきなり高額の売掛け債権を売却するのではなく、ファクタリング会社のリスクが軽減される少額の売掛け債権を売却するのも良いでしょう。

先述したように、個人事業主の資金調達に対応していない会社もあるため、個人事業主との取引実績が豊富な会社に申し込むことも一つのポイントです。

手数料を抑える方法とは?

信用力のある取引先の売掛け債権を売却しましょう。

ファクタリングの手数料を決めると言われる項目は複数あります。

ファクタリングの手数料を決める項目とは?
  • 取引先の信用力
  • 取引の種別
  • 支払い期間
  • 売掛け債権の金額
  • 利用したことのある回数

このように、複数の項目からファクタリング利用時の手数料が決定します。

取引の種別に関しては2社間取引よりも3社間取引の方が、手数料を抑えられます。

なお支払い期間の短い売掛け債権を売却した方が、手数料を抑えられるでしょう。

また、何度かファクタリングを利用する場合、同じ会社に申し込むことで初回よりも手数料を抑えられる可能性があります。

ファクタリング会社のリスクが軽減される条件が揃えば揃うほど、手数料が低くなる可能性があるのです。

 

悪徳な業者の見分け方や特徴とは?

償還請求権を要求してきたり、手数料が相場より高い業者に気をつけましょう。

上記の特徴に当てはまる場合、悪徳業者である可能性が高まります。

他にも下記の特徴に当てはまる業者とは、契約しないようにしましょう。

悪徳業者の特徴
  • 担保や保証人を要求してくる
  • 契約書を用意していない
  • 事務所が存在しない
  • 固定電話がない

担保や保証人を要求されたら、その取引はファクタリングではありません。

悪徳業者である可能性が高いため、絶対に契約しないでください。

なお、事務所が存在しなかったり、固定電話がなかったりする業者にも要注意です。

悪徳業者は実態を知られることを恐れて、住所などを公開していないことが多いのです。

 

山梨県でもファクタリングを利用する事業者は多い?

山梨県の限らず、全国でファクタリングを利用するケースは増加しています。

従来の資金調達方法であった融資と比較すると、手軽に利用できるのがファクタリングという資金調達方法です。

そのため全国でファクタリングを利用して資金調達する事業者が増加しています。

法人との取引で売掛け債権が発生しているのであれば、入金スピードに優れていて借入にならないファクタリングの利用を検討しましょう。

山梨県で即日ファクタリングまとめ

この記事では山梨県の事業者向けにおすすめのファクタリング会社を12社紹介してきました。

ファクタリング会社によっても特徴は様々で、利用条件も異なります。

自社に最適な1社を見つけるためにも、比較ランキングや失敗しないファクタリング会社の選び方を参考にしてください。

売掛金を早期回収したい山梨県の事業者は、ファクタリングを利用して資金ショートに備えましょう

この記事が資金調達したい山梨県の事業者の参考になれば幸いです。