即日で資金調達するならファクタリング!おすすめの優良ファクタリング業社10選とは?

「売掛先からの入金に3ヶ月もかかっていて、資金繰りがどんどん悪化しています……。」

「請求書は発行できているのに、入金までに時間がかかるのが非常にもどかしいです。」

「仕入れなどもあるので、すぐにでも資金を調達したいのですがどうにかならないでしょうか……?」

こんな風に、資金繰りに困っている法人や個人事業主におすすめの資金調達法があります。

その方法とは、ファクタリングといい、請求書を即日現金化できるサービスとして話題になっています。

この記事ではそんなファクタリングの利用をおすすめする理由や、さまざまな資金調達法、おすすめのファクタリング業社10選について紹介します。

借入にならない方法で、現金を得たい方は必見です。

即日の資金調達についてざっくり言うと
  • 即日で資金を調達したいなら、ファクタリングが最適な方法
  • ファクタリングは借入にならないため、信用情報に傷をつけない資金調達法
  • 即日で資金を調達したい場合は、2社間取引を選択すると良い
  • いくら即日で資金を調達したくても、手数料について確認を怠ってはいけない
  • ビートレーディングやOLTAを利用すれば、即日の資金調達に対応してもらえる可能性がある

目次

即日で資金調達する方法5選!

「大きな案件が決まったため、急遽仕入れが必要になりました。
即日で資金調達できる方法はないのでしょうか……?」

「入金サイトが長いため資金繰りが悪化しています。
給料の支払いのために、すぐにでも現金が必要です……。」

こんな風に、事業の規模や法人、個人事業主問わず急に資金が必要になることがあります。

とはいえ、即日で資金を調達する方法を知らずに困っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、法人や個人事業主向けに即日で資金を調達できる方法を5つほど紹介します。

どんな方法があるのか、参考にしてみてください。

①ファクタリング

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に売却し、最短即日で資金を調達する方法のことをいいます。

簡単に言うと、まだ入金されていない請求書を売却し、手数料を引いた金額が最短即日で入金されることになります。

つまり、売掛先からの支払いを待っている間に、現金を手に入れられる方法なのです。

日本では一般的に先に商品やサービスを提供して、後からお金が支払われる信用取引が行われています。

そのため、

「請求書を発行してから3ヶ月後にやっと入金される……。」

「売掛先からの入金を待っている間に、家賃の支払日や給料日がやってくるから大変……。」

と、お悩みの事業者も多いのではないでしょうか?

そんな時にファクタリングを利用すれば、請求書をすぐに現金化できるため資金繰りが安定するでしょう。

特に急な出費があるときや、支払いが困難なときなどに利用すると便利です。

②カードローン

消費者金融や銀行が提供する個人向けの融資サービスのことをカードローンといいます。

似たようなものにクレジットカードのキャッシング機能がありますが、二つのサービスには違いがあります。

カードローンの方が利用限度額が高めに設定されているのにもかかわらず、金利は低めです。

なおカードローンは、限度額の範囲内であれば何度でも借入できます

要するに、借入する使用目的を問われないため、さまざまな用途に使用可能です。

ここで注意したいのが、カードローンで借入したお金を事業に回すのは不可能だということ。

カードローンの利用方法
事業用に資金調達をしたいのであれば、生活費にカードローンで借入したお金を回し、もともと生活費のためにとっておいたお金を事業用に回しましょう。

また即日で資金を調達したい際は、銀行系のカードローンではなく、消費者金融系のカードローンをおすすめします。

利用には審査が必要ですが、信用情報に傷が付いていない限り、特に心配する必要はないでしょう。

カードローンを利用するメリットとは?
  • 限度額の範囲内であれば何度でも借り入れできる
  • 消費者金融系の商品であれば、即日で資金調達ができる
  • コンビニや銀行のATMなどから借り入れできる
  • インターネットからでも借り入れできる

③ビジネスローン

事業のための資金として借り入れするのが、ビジネスローンです。

消費者金融などから借り入れた場合、即日で資金調達できる場合があります。

なお契約は無担保かつ無保証なので、担保がなかったり、身近に保証人になってくれる知人がいなかったりしても利用可能です。

このようなメリットのあるビジネスローンですが、デメリットもあります。

ビジネスローンのデメリット
  • 審査に通過しなければ利用できない
  • ビジネスローンを利用したことが知られると信用を落としてしまう
  • 金利が高いため長期間の利用には向いていない

どんなローンを利用するにしても同じですが、審査に通過しなければなりません。

税金の滞納や融資を受けている場合は、審査に通過できない可能性があります。

また決裁書にビジネスローンの借入先が記載されます

そのため、金融機関に消費者金融から借入した事実を知られてしまう可能性があるのです。

消費者金融から借入しているということは、資金繰りが著しくないのでは、と疑われる要因になり得ます。

なお通常の融資を比較すると、金利が高いため長期間の利用はおすすめできません。

返済期間が長くなればなるほど、資金繰りが悪化する恐れがあります……。

そのため資金が必要だからと、すぐに手を出さずにデメリットについても検討した上で利用するのか決断しましょう。

④親戚や知人などから借入する

身近にお金を貸してくれる親戚や知人がいる場合は、そこから借入するという方法もあります。

しかし、いくら近しい間柄でもお金の貸し借りが原因で、人間関係が崩れてしまったという話は後を絶ちません……。

そのため、安易に親戚や知人に頼るのではなく、他の方法を検討した上でどうしても借入できなかった場合に、最終手段としてとっておくことをおすすめします。

なお、親戚や知人などから借入する場合、必ず借用書を作成しましょう

借用書とは、返済期限や誰が誰にいくらお金を貸したのかということが記載された書類です。

口約束ではなく、書面に内容を残すことでトラブル防止にもつながります

身近な間柄だからこそ、借入が原因で人間関係が壊れないように念には念を入れることが大切なのです。

⑤手形割引

会社が手形を所有している場合、第三者に買い取ってもらうことができれば、最短即日で資金調達が可能です。

もっとわかりやすく言うと、手形割引とは手形を担保にした融資ということになります。

そのため審査に通過する必要があり、会社の社会的信用度が低い場合は、取引に応じてもらえないこともあるでしょう。

即日で資金調達するならファクタリングがおすすめの理由

「どうやら即日で資金を調達する方法はたくさんあるのですね……!」

「5つの方法の中で、どの手段がおすすめなのでしょうか……?」

たくさんの資金調達法がありますが、おすすめなのはファクタリングの利用です。

というのも、ファクタリング以外の方法のほとんどは、借入に該当します。

借入に該当するということは、返済と金利がセットでついてきます。

要するに、借入した直後は金銭的な余裕が出ても、返済を繰り返すうちにまた資金繰りが悪化してしまうというのはよくある話です。

ここでは、即日で資金を調達したいならファクタリングをおすすめする理由を解説していきます。

①売掛債権を売却するだけなので借入にならない

売掛債権を売却して、即現金化するのがファクタリングの仕組みなので、借入とは異なります

つまり、返済義務もなければ、金利を請求されることもありません。

カードローンを利用した場合など、信用情報機関に融資を受けた事実が記載されてしまいます。

しっかり期限通りに返済していたとしても、銀行融資よりも金利の高いカードローンなどを利用しているということは、相当経営が危ない状態だと判断されてしまうのです……。

その点、ファクタリングであれば信用情報に影響がありません

借入とは異なるため、基本的には会社に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

②2社間取引なら売掛先に知られずに取引できる

ファクタリングの取引には、2種類あります。

2種類の取引
  1. 2社間取引
  2. 3社間取引

2社間取引とは、申込者とファクタリング会社の間で行われる取引のことをいいます。

基本的に、売掛先にファクタリングの利用を通知されることはないため、秘密裏に取引可能です。

3社間取引とは、申込者、売掛先の企業、ファクタリング会社の3社で行う取引のことをいいます。

2社間取引と比較すると、資金を調達するまでに時間はかかるものの、手数料を安く抑えられるというメリットがあります。

とはいえ、ファクタリングの利用を知ると資金繰りがうまくいっていないのでは?と考える企業も多いため、慎重に話を進める必要があるでしょう。

その点、2社間取引であれば売掛先に知られずに、最短即日で資金を調達できます

2社間取引をおすすめする場合とは?
  •  すぐにでも資金を調達したい場合
  • 売掛先にファクタリングの利用を知られたくない場合

③審査が柔軟なので資金調達しやすい

銀行や消費者金融から融資を受ける場合、申し込んだ会社の信用度で判断されます

しかしファクタリングの場合は、売掛先の企業の社会的信用度で判断されるため、審査の範囲度は比較的優し目だといえます。

たとえ申込者が税金を滞納していたり、赤字が続いていたりしても、ファクタリングなら利用できる可能性があります。

売掛け債権を売却するという観点から、売掛先に信用度があれば申込者の状態がどうであれ、無事に資金を調達できる確率が高いのです。

なお一つのファクタリング業社で審査落ちした場合は、他の業社に相談してみましょう。

中には対面契約を重視していて、実績などの数字よりも人柄で判断してくれる業社もあります

④担保や保証人は不要

銀行の融資とは異なり、ファクタリングは担保や保証人不要で利用できます

そのため担保にできる家がなかったり、保証人になってくれる知人がいなかったりする場合でも、気軽に利用可能です。

このように、売掛債権さえあれば気軽に利用できるという点もファクタリングのメリットだといえるでしょう。

⑤個人事業主も即日で資金調達が可能

ファクタリングを利用できるのは、法人だけではありません。

業社を選べば、個人事業主でも利用可能です。

しかし、売掛先が個人ではなく法人である場合に限ります。

そのため、法人と取引のある個人事業主であれば、ファクタリングを利用して即日資金調達できるでしょう。

中には、法人専門でファクタリング取引を行っている業社もあります。

個人事業主がファクタリングを利用したい場合は、最初に個人事業主の取引に対応している業社なのか確認されることをおすすめします。

ファクタリング業社を選ぶ際のポイントとは?

「なぜファクタリングによる資金調達がおすすめなのかわかりました。」

「ファクタリング業社によっても特徴などが異なるのでしょうか?」

「たくさんある業社の中から、自社にとって最適な1社を見つけるポイントがあれば知りたいです……!」

最近ファクタリングは、手軽な資金調達法として注目を集めています。

そのため、さまざまな業社が存在しています。

そこでここからは自社にとって最適な1社を見つけるために、ファクタリング業社を選ぶ際のポイントを解説するので、参考にしてください。

①申し込みから資金調達までにかかる日数はどのくらいか

この記事を読んでいる方は、即日で資金を調達するための方法を調べている方がほとんでしょう。

ファクタリング業社を選ぶ際に、申し込みからどのくらいで資金調達できるのか確認することが重要です。

ホームページに最短即日で対応と記載していても、実際には資金調達に2日から3日かかるケースは少なくありません。

多くの取引で、本当に即日対応しているのか見極める必要があります。

②取引形態は2社間なのか3社間なのか

先ほどお伝えしたように、ファクタリングの取引には2種類あります。

それぞれの取引のメリットとデメリットは、以下の通りです。

2社間ファクタリングのメリットとデメリット

メリット

  • 売掛先に知られずに取引できる
  • 最短即日で売掛債権を現金化できる

デメリット

手数料が高め(一般的に10%から30%程度)

続いて3社間ファクタリングのメリットとデメリットについてです。

3社間ファクタリングのメリットとデメリット

メリット

  • 手数料が安め(一般的に1%から10%程度)
  • 売掛先の信用度が高ければ審査に通りやすい

デメリット

  • 売掛債権を現金化するまでに時間がかかる
  • 売掛先によっては、印象が悪くなってしまう

どちらの取引にもメリットとデメリットが存在します。

自社にとってどちらがいいのか検討した上で、取引形態を選択しましょう。

取引先との関係悪化を恐れているのであれば、多少手数料が高くついたとしても、2社間取引の利用をおすすめします。

③手数料はどのくらいなのか

続いて、手数料はどのくらいなのかということも確認しましょう。

ファクタリング業社や、取引の種類によっても手数料は異なります。

なお手数料を調べるときに、各ファクタリング業社のホームページを閲覧することになりますが、下限ではなく上限に注目しましょう。

よく「手数料は業界最安値」や「手数料1%から」といった表記を目にしますが、上限が何%に設定されているかの方が重要です。

ホームページに手数料の上限について明記している業社であれば、安心して申し込めるでしょう。

④買取可能額の範囲は適正か

買取可能額の範囲が自社に適しているのかも確認が必要です。

ファクタリング業社によっても、100万円までの小口取引を専門としていたり、最小500万円から最高1億円までの大口取引を専門としていたり、買取可能額が異なります。

特に、個人事業主であれば小口取引を専門に行っている業社を選ぶと良いでしょう。

なお業社によっては、買取可能額に下限も上限も設定していないところもあります。

いくらの売掛債権を売却したいのかということで、ファクタリング業社を選びましょう。

⑤個人事業主にも対応しているか

ファクタリングで資金調達したい個人事業主は、法人との取引を専門とした業社でないかの確認も必要です。

特に大口取引専門の業社などは、個人事業主の取引に対応していないこともあります

意外と、法人専門で取引を行う業者もあるので、最初に確認しておきましょう。

悪質なファクタリング業社の特徴とは?

「どんな風にファクタリング業社を選ぶべきなのかわかりました!」

「業社の中には、利用者を騙すような悪徳ファクタリング業社もあるのでしょうか……?」

「念の為、悪質な業者の特徴についても知っておきたいです……!」

全体的な取引の数から言えば、悪質なファクタリング業社による被害件数はそこまで多くありません。

しかし、一部の悪質業社の罠にはまらないためにも、悪徳業者の特徴を押さえておきましょう。

ここからは、悪質なファクタリング業者の特徴を紹介していきます。

①手数料が高すぎる

他の業者と比較したときに、あまりにも手数料が高すぎる業者には注意しましょう。

先ほどもお伝えしたように、一般的な手数料の相場は下記の数値が目安になります。

ファクタリング手数料の目安
  •  2社間取引:10%から30%程度
  • 3社間取引:1%から10%程度

上記の数値を大幅に超えた手数料を取られる場合は、すぐに契約せず他の業者にあたってみましょう。

きっと、相場の範囲内で取引してくれるファクタリング業社が見つかるはずです。

②償還請求権ありの契約

契約段階になって、償還請求権ありの契約だと言われたら、その業社を利用するのはやめておきましょう。

というのも、償還請求権とは万が一、ファクタリング会社が売掛債権を回収できなかったときに、申込者にその金額を請求できる権利のことをいいます。

あまり無いでしょうが、もしも売掛先が倒産してしまった場合、請求書通りの金額を自分で支払わなければいけなくなってしまうのです。

償還請求権ありのファクタリングに注意
償還請求権ありのファクタリングということは、担保を売掛債権とした融資ということ。

要するに、ファクタリングのメリットである無担保という観点から逸れるため、利用するメリットがないどころか、デメリットしかないのです……。

善良なファクタリング業社であれば、償還請求権なし(ノンリコース)での契約を行なっています。

その中でわざわざ償還請求権を設定しているということは、悪質な業者だということです。

③事務所が存在しない

悪質な業者は摘発されることを恐れています。

そのためl、ホームページに住所が記載されていても実際は事務所が存在しなかったり、固定電話を敷いていなかったりと、実態を明らかにすることを嫌っているのです。

特に事務所が存在しない、固定電話がない、毎回同じ従業員が電話に出るといった場合には、悪質な業者である可能性が高まります。

善良なファクタリング業者はいくらでもあります。

わざわざ事務所が存在しない業者と契約するのはやめましょう

④契約書の控えを渡してくれない

善良なファクタリング業社であれば、契約書の控えを申込者に渡します。

しかし、悪質な業者は契約後に自社にとって都合の良いように内容を書き変えるなど、申込者の負担になるような契約を敷いてきます。

どんな契約でも、両者に契約書が渡されるものです。

お金が絡むファクタリング契約で、契約書の控えを渡さない業者に遭遇したら100%悪質業者でしょう。

⑤ホームページに記載されている情報と異なる

後からさまざまな理由でお金を請求されるなど、ホームページに記載されている情報と異なる場合も悪質な業者の可能性があります。

なお取引が完了したにもかかわらず、融資を勧められる場合も注意が必要です。

このような悪質業社を見分けるためには、ネットで気になるファクタリング会社の口コミを検索してみましょう

その業社のホームページ以外の口コミサイトなどの書き込みを調べることで、リアルな実態がわかります。

特に初めてファクタリングを利用する場合は、口コミを調べて評判の良い業社に相談することをおすすめします。

即日で資金調達可能な優良ファクタリング業社10選!

「どのように悪質な業社を見分けるべきか、よくわかりました……!」

「ファクタリングの利用が初めてなのですが、おすすめの業者はありますか……?」

先ほどお伝えしたように、割合は少ないものの悪質な業者も存在します。

そこで、ここからは安全なファクタリング業社を10社ほど紹介していきます。

それぞれの業社の特徴や、資金調達までにかかる日数などもお伝えします。

ここで紹介する業者はどれも口コミ評判の良いところばかりです。

どのファクタリング業社に相談しようか迷っている方はぜひ、参考にしてください。

①ビートレーディング

ファクタリングおすすめのビートレーディング

入金までにかかるスピード 最短12時間
取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリングなど
手数料 2社間:10%から20%
3社間:5%から9%
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 30万円から3億円まで
対応エリア 全国

「とにかく即日で資金を調達しなければならない……!」

そんなときにおすすめな業社がビートレーディングです。

申し込みから最短12時間で、入金まで対応してくれます。

月間に行う契約数は約400件、最大買取率は98%なので、実績も豊富な業社といえます。

なお各取引の最大手数料についてもホームページに記載されているため、実際のどのくらいの費用がかかるのかわかりやすいのもビートレーディングのメリットです。

審査に必要な書類は申込書と請求書や注文書、通帳のコピーと3点だけなので、急いで資金を調達しなければならないときでも利用しやすいでしょう。

契約方法に関しては、対面、出張、郵送の中から好きな手段を選択できます。

東京、仙台、大阪、福岡に店舗を構えているため、近隣の方であれば即日での資金調達も可能でしょう。

個人事業主や税金滞納、赤字などがある場合でも、まずは相談してみることをおすすめします。

②OLTA(オルタ)

ファクタリングおすすめのオルタ

入金までにかかるスピード 最短24時間
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2社間:2%から9%
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 下限も上限もなし
対応エリア 全国

「地方に住んでいるため、契約のために都心に出向くのは大変……。」

「できれば対面契約無しの業社にお世話になりたい……。」

このような方におすすめなのが、クラウドファクタリングのOLTA(オルタ)です。

書類の提出から審査、契約、資金調達までがオンラインで進むため、わざわざ時間を取る必要がありません。

オンライン完結型のため、2社間ファクタリングであるにもかかわらず手数料は2%から最大でも9%です。

他の業者と比較すると、OLTAの手数料の安さは群を抜いています。

また必要書類を提出後、24時間以内に見積もり結果を提示してもらえるため、即日での資金調達も可能です。

買取可能額の下限も上限も設定されていないため、どなたでも利用しやすいのもOLTAならでは。

オンラインの手続きに慣れている方には非常におすすめできる業社です。

③アクセルファクター

ファクタリングおすすめのアクセルファクター

入金までにかかるスピード 最短即日
取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリングなど
手数料 2%から
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 下限なしから1億円まで
対応エリア 全国

「売掛債権が少額なことを理由に他社で取引を断られてしまった……。」

「天候などの影響で工事が遅延しているため、請求書が発行できていない……。」

このようなときは、建築業や運送業に強いアクセルファクターの利用がおすすめです。

買取可能額の下限は設定されていないため、他社で断られた場合でも相談できます。

なお入金サイトが長い建築業や運送業の事象に詳しい業社なので、諸事情で請求書の発行がされていない場合でも、ヒアリングした上で解決策を提示してくれるでしょう。

そんなアクセルファクターの手数料は、買取額によっても異なります。

アクセルファクターのファクタリング手数料とは?
  • 100万円まで:10%から
  • 101万円から500万円まで:5%から
  • 501万円から10000万円まで:2%から
  • 1001万円以上:別途相談が必要

このように、買取額ごとに手数料が分かれているので、だいたいどのくらいの料金になるか計算しやすいでしょう。

なお原則で即日対応をモットーに営業しているため、依頼の約半数以上は即日資金調達に成功しています。

そのため、とにかくスピード感のある業社にお願いしたいという方にもおすすめです。

契約は来店やメール、FAXでも可能なため、遠方からでも安心して契約できるでしょう。

④ベストファクター

ファクタリングおすすめのベストファクター

入金までにかかるスピード 最短24時間
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2%から20%
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 30万円から1億円まで
対応エリア 全国

「できれば平均買取率の高い業社に相談したい……!」

「小口取引にも対応してくれる業社があれば嬉しい……!」

こんな方におすすめなのが、ベストファクターです。

平均買取率は92.2%で、即日に振り込みを実行する確率は77.8%と、ほとんどのケースで即日資金調達できていることがわかります。

なお最低30万円から最高1億円までに買取に対応しているため、どなたでも利用しやすい業社だといえるでしょう。

2社間取引をメインに対応している業社なので、取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合でも安心して利用できます。

会社の資金繰りを相談できる財務コンサルティングサービスも展開しているため、ファクタリングの利用を機に、キャッシュフローを安定させたい法人にも利用をおすすめします。

⑤ファクタリングのTRY

ファクタリング TRY

入金までにかかるスピード 最短1日
取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料 5%から
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 非公開
対応エリア 非公開

「赤字決算が続いているが、資金調達をする必要がある……。」

「さすがに銀行は融資に対応してくれそうにない……。」

こんなときにおすすめなのが、ファクタリングのTRYです。

法人、個人事業主両方の取引に対応していて、赤字決算でも相談できます。

急に資金を調達しなければならない際も、24時間365日ウェブから問い合わせ可能です。

赤字だけでなく、税金を滞納している場合でも相談可能なので、当てはまる場合はまずファクタリングのTRYに問い合わせてみましょう。

⑥ピーエムジー株式会社

ファクタリング PMG

入金までにかかるスピード 最短1日
取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料 非公開
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 最大2億円まで
対応エリア 全国

「1億円以上の取引に対応している業社に相談したい……。」

「できれば、実績の豊富な業者にファクタリングの相談をしたい……。」

こんなときにおすすめなのが、ピーエムジー 株式会社です。

買取可能額は最高2億円までですが、それ以上の金額も相談できます。

なお申し込みから資金調達は最短で1日で完了するため、取引にスピード感を求める方にもおすすめです。

法人にも個人事業主にも対応しているため、まずは一度相談してみましょう。

⑦anew

ファクタリングおすすめのanew

入金までにかかるスピード 最短12時間
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2社間:2%から9%
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 下限も上限もなし
対応エリア 全国

「取引先の通知されない2社間取引を利用したい……。」

「契約の方法にはこだわらないので、とにかく手数料の安い業社を探している……。」

こんな方におすすめなのが、anewクラウドファクタリングです。

新生銀行とこの記事でもお伝えしたOLTAの共同事業として誕生しました。

そのため、サービス内容としては、OLTAと特に変わりありません。

全てがオンライン上での手続きとなるため、2社間取引で手数料が2%から9%と、かなり低い数値に抑えられています。

なお特筆すべきは、anewでは請求書の一部の金額のみの資金調達が可能な点です。

請求書の請求金額は1000万円。

そのうちの500万円のみファクタリングで資金調達。

このようなことが可能なため、柔軟に対応してくれる業社を探している方にもおすすめです。

もちろん、売掛債権の金額内であれば、資金調達する金額を自由に設定できます。

⑧QuQuMo

ファクタリングおすすめのククモ

入金までにかかるスピード 最短2時間
取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリングなど
手数料 1%から
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 上限無し
対応エリア 全国

「とにかく早く資金を調達したい……!」

「即日と言っても、申し込みから数時間で入金してくれる業社を探している……。」

こんな方におすすめなのが、QuQuMoです。

なんと申し込みから最短2時間で入金という驚異的なスピード対応をしてくれる業社なのです。

そんなスピード対応の秘密は、オンライン手続きにあります。

全ての取引がオンラインで進むため、タイムラグ無く取引が進んでいきます。

必要書類は請求書と通帳の2点のみなので、本当に急いでいるときの強い味方だと言えるでしょう。

なお業界シェア80%超えの電子契約サービスを導入するなど、セキュリティ体制も万全です。

⑨トップ・マネジメント

ファクタリングおすすめのトップマネジメント

入金までにかかるスピード 最短12時間
取引の種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリングなど
手数料 2社間:3.5%から12.5%
3社間:3.5%か12.5%
対象者 法人
個人事業主
買取可能額 30万円から3億円まで
対応エリア 全国

「できればどんな業社なのか知るためにも、担当者と面談のある業社を利用したい……。」

「対面契約ありで、即日の資金調達に対応してくれる業社を探している……。」

こんな方におすすめなのが、トップ・マネジメントです。

対面契約もオンライン契約も可能で、最短即日の資金調達にも対応しています。

また担当者が出張することも可能なので、自分にあった契約方法を選択可能です。

これまでに45,000件を超える買取実績のある業社なので、安心して契約を任せられるでしょう。

⑩フリーナンス即日払い

ファクタリングおすすめのフリーナンス即日払い

入金までにかかるスピード 最短即日
取引の種類 2社間ファクタリング
手数料 2社間:3%から10%
対象者 個人事業主
買取可能額 非公開
対応エリア 全国

フリーランスや個人事業主の特価したサービスを提供するFREENANCE。

そんなFREENANCEが提供するサービスが、フリーナンス即日払いです。

取引先にファクタリングの利用を知られたくないフリーランスが多いため、2社間取引に特化しています。

なお手数料は3%から10%なので、2社間取引としては低い数値に抑えられていると言えるでしょう。

申し込みから最短即日に資金調達が可能なため、フリーランスや個人事業主には特におすすめできる業者です。

ファクタリングを利用して即日資金調達するためのポイント

どんなファクタリング業社が安心かつ、おすすめなのかよくわかりました……!
早速気になる業社に相談してみたいと思います。
そこで、少しでも早く資金を調達するために知っておくべきことがあれば教えてください。

「どんなファクタリング業社が安心かつ、おすすめなのかよくわかりました……!」

「早速気になる業社に相談してみたいと思います。
そこで、少しでも早く資金を調達するために知っておくべきことがあれば教えてください。」

ここからは、即日で資金を調達するために知っておくべきポイントを3つほど紹介します。

まだファクタリングを利用しようか検討中という方も、ぜひ参考にしてみてください。

①申し込み前に必要書類を準備しておく

申し込み前に必要書類を準備しておけば、素早く審査に取り掛かってもらえます。

一般的にファクタリングの審査時に必要になる書類は、下記の通りです。

ファクタリングの審査時に必要にな書類
  • 業社指定の申込書
  • 身分証明書
  • 売掛金を証明する書類
  • 通帳のコピー
  • 印鑑証明書
  • 法人登記簿謄本
  • 確定申告書類

基本的には上記の書類が必要ですが、法人なのか個人事業主なのかによっても異なります。

準備に時間のかかりそうな書類ほど、ファクタリングの利用を検討し始めた段階から準備しておくと良いでしょう。

なお業者によっては、審査時に必要な書類をホームページに明記していないところもあります。

そのような場合は、早い段階から問い合わせてみましょう。

②オンライン完結のファクタリング業社を選ぶ

ファクタリング業社によっては、対面で契約しなければならないところもあります。

担当者と対面することで安心感は増しますが、即日で資金を調達したい際には、時間がかかってしまいます。

また業社が遠方だった場合、担当者が出張してくれることもありますが、担当者を待つ時間が生じる分、素早く資金を調達することは難しくなるでしょう。

その点、申し込みから資金調達までがオンライン完結の業者を選べば、タイムラグが生じません。

どうしても即日で資金を調達しなければならいないときは、オンライン対応のファクタリング業社を選ばれることをおすすめします。

③午前中に申し込む

業社によっても審査にかかる時間は異なりますが、午前中に申し込むことをおすすめします。

というのも午前中に申し込むことで、その日中に審査してもらえる可能性が高まるでしょう。

なお銀行に売掛金が振り込まれる場合、銀行の営業時間中に契約する必要があります。

余裕を持つという意味でも、平日の10時くらいまでに申し込むと良いでしょう。

即日で資金調達するならファクタリングを利用しよう

この記事では資金調達を即日で達成する方法についてお伝えしてきました。

ビジネスローンやカードローンなど、さまざまな資金調達法がありますが、どなたにでもおすすめできる方法はファクタリングです。

他の方法とは異なり、ファクタリングの利用は借入になりません

そのため信用情報を傷つけることもなく、2社間取引であれば売掛先に知られずに取引できます。

悪質な業社に気をつけながら、契約する業社を選びましょう。

なお、どの業社がいいのかわからない場合は、ビートレーディングやOLTA、アクセルファクターなどの利用がおすすめです。

資金調達のスピードや、最大手数料の安い業社ランキング

資金調達までのスピードが早い業社

  1. QuQuMo(最短2時間)
  2. ビートレーディング(最短12時間)

2社間取引の最大手数料が低い業社

  1. OLTA(2%から9%まで)
  2. anew(2%から9%)
  3. フリーナンス即日払い(3%から10%まで)

資金調達までのスピードなのか、手数料の安さなのか、それとも総合的な満足度の高さなのか、何に重点を置いて取引したいのか検討しましょう。

この記事が、資金調達に興味のある方の参考になれば幸いです。