資金ショートとは?意味や原因、対策のまとめ!黒字倒産しないための経営法

会社の経営状態が悪化していて、このままいくと資金が足りなくなってしまうかもしれない……。
黒字経営なのに資金ショートが起こる原因とは、何だろうか……?

この記事では、会社を倒産させる引き金となる資金ショートについて、その意味や、原因、対策などを解説します。

最後までお読みいただければ、資金ショートさせない経営の仕方についてもお分かりいただけるでしょう。

資金ショートをざっくりいうと
  •  資金ショートとは会社の現金が不足してしまうこと
  • 会社にとって予想外の大きな出費があると資金ショートを引き起こす場合がある
  • 資金ショートするということは、倒産してしまう恐れがあるということ
  • 資金ショートに悩んでいるのであれば、ファクタリングで手元に現金を調達するのがおすすめ
  • 資金ショートに悩む会社にはビーファクタリングの手厚いサポートがおすすめ

資金ショートにお悩みの方に朗報です!

資金ショートの打開策として近年注目を集めているのがファクタリングという資金調達方法になります。

ファクタリングは、会社のキャッシュフローを大幅に改善し、貸し倒れリスクを回避することができるため、近年利用されることの増えてきた資金調達方法です。

ファクタリングで調達できる金額を複数のファクタリング業者に連絡や訪問をしたり、調達額を試算する手間がハードルとなり、諦めてしまうケースも見られます。

ファクタリングを検討して試算だけでもしてみたいならまずは30秒診断!

このファクタリング30秒診断を使えば、たった6項目を選択するだけで調達額の目安がわかり、必要に応じて申し込みをすることも可能です。

ファクタリングを検討する場合は、まず初めに30秒診断を利用することが大切です。

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

無料かんたん診断

資金ショートの意味とは?

資金ショートとは、どういう意味なのでしょうか……?

資金ショートとは、手元の資金が不足し運転資金が足りなくなってしまうことを意味しています

英語でショートとは、「短い」の他にも「不足して」や「低い」という意味も現します。

つまり資金ショートとは言い換えると、手持ちの現金が不足したために社外に払うべきお金を払えなくなる状態のことを言います。

資金ショートと債務超過や赤字の違い

「債務超過」や「赤字」は資金ショートとは、また異なるのでしょうか……?
資金ショートと債務超過、赤字との違いについて知りたいです。

資金ショートと似たような状態に「債務超過」と呼ばれるものがあります。

ここでは、資金ショートと債務超過の違いや、資金ショートと赤字の違いについても解説します。

債務超過の意味と資金ショートとの違い

資金ショートとは手元の資金が不足することを指しています。

それに対して債務超過とは、会社の抱えている負債総額が資産総額を超えている状態のことを意味します。

債務超過の例

在庫を全て売ることができても、地代家賃や固定費、借金などの支払いを合計した金額に届かない。

つまり債務超過を賃借対照表で現すと、資産よりも負債の方が状態ということになります。

一見、かなり悪い状態のように聞こえますが、債務超過の状態になったとしても、即座に会社が倒産してしまうわけではありません。

その一方で資金ショートとは、今すぐに運転資金として使える現金や預金がない状態を言います。

つまり、資金ショートを起こしている方が、より危機的な経営状況にあると言えるのです。

赤字の意味と資金ショートとの違い

まず、赤字とは売上から必要経費や原価を差し引いたときに、利益がマイナスとなった状態のことを意味しています。

赤字の例

商品Aの売上が50万円。

消費Aを仕入れるためにかかった必要経費や原価の合計は60万円。

つまり、利益は−10万円。

このように利益の方が少なくなった状態を赤字と言います。

しかしながら、赤字が出るというのはよくあることで、赤字を出したからといってすぐに会社が倒産するわけではありません。

そのため、資金ショートと赤字の状態を比較しても、資金ショートの方が経営に悪影響を及ぼすと言えるでしょう。

資金ショートを引き起こす原因

それでは会社が資金ショートしてしまう原因とはどういったことなのでしょうか……?
資金ショートを引き起こす原因を知って、健全な経営を心がけたいです。

ここでは、会社が資金ショートする原因をお伝えします。

どんなことが引き金となって資金ショートを起こすのか知っておくことで、安定した経営を心がけられるでしょう。

資金ショートする4つの原因
  1.  売上やシェアの急激な減少
  2. 会社が予測していなかった大きな出費
  3. 売掛金の入金遅延や取引先の倒産
  4. コロナウイルスや自然災害などの外的要因

①売上の減少

売上が突然減少することで、資金ショートしてしまう可能性があります。

また会社に何らかの不祥事が生じて評判が落ちたり、競合の売上が上がったりしたことが原因で資金ショートする場合もあるでしょう。

会社の売上が急激に減少した際に考えらる理由
  •  会社や商品の評判が急激に落ちた
  • 競合の売上が急激に伸びた
  • 会社が個人情報保護などに関わるトラブルを起こしてしまった
  • 会社で不正があるなど消費者からの信頼を損ねてしまった

会社はこのような不足の事態に備えて普段から、資金を蓄えておく必要があります。

②予想外の大きな出費

急激な売上の減少の他にも、会社にとって予想外の大きな出費があった場合も資金ショートに陥る可能性があります。

会社にとって予想外の大きな出費の例
  •  設備の修繕費用
  • 営業などに使う車の購入費用
  • 訴訟費用
  • リコール費用
  • 損害賠償の支払い

このような大きな出費の他にも、大規模な受注があったために売掛金の入金に先駆けて先行投資が必要になった場合も、資金ショートとなる可能性があります。

特に建設業界や建築業界は、上記のような大規模受注をきっかけに資金ショートすることが少なくありません

本来であれば喜ばしいはずの大規模受注が引き金となり資金ショートしないためにも、余裕を持って現金を蓄えておきましょう。

また共済や保険などにあらかじめ加入しておくことも重要です。

③売掛金の支払い遅れや取引先の倒産

会社の経営が順調にいっていたとしても、売掛金の支払い遅れや取引先の倒産などによって、思うように売掛金を回収できなくなることがあります。

本来なら仕事を受注したことで手元に現金が入るはずなのに、未入金の状態が続いてしまうと、資金ショートという事態になりかねません。

いくらコンスタントに仕事を受注できていたとしても、売掛金を回収できないということは、手元に現金が入らないということです。

また建設業界では、一つの会社が倒産すると取引先も相次いで倒産するという「連鎖倒産」は珍しくありません。

自社がこのような状態に巻き込まれないためにも、与信管理をきちんと行う必要があります。

与信管理とは?
その企業と取引を行っても問題ないかというに加え、いくらまでであれば取引しても大丈夫なのかということを設定することを言います。

なお、与信管理を一度しただけで安心せず、定期的に金額を設定し直したり、見直したりすることも大切です。

④コロナや自然災害など

新型コロナウイルスや地震、家事、水害、サイバー攻撃などによって会社の経営状態に多大なダメージを与えることがあります。

新型コロナウイルスによって会社の経営状態にダメージを与えられた例

時短営業や種類提供禁止により、営業利益が大幅に減少……。

しかし、地代家賃や人件費などのコストはかかり続けるため、手元の資金がショートしてしまう。

このような例があります。

資金ショートするとその後どうなる?

会社が資金ショートを起こすと、その後どうなってしまうのでしょうか……?

会社が営業を続けていくにあたって、人件費や税金、売掛金の支払い、地代家賃など毎月多くの経費がかかります。

資金ショートを起こすということは、隔たりなく支払わなければいけない必要最低限の経費すら支払えなくなるということ。

つまり、資金ショートするとその後、会社は倒産するケースも存在します……。

なお資金ショートで銀行から融資を受けられる場合もありますが、全てのケースで融資が降りるわけではありません。

また半年間の間に2回ほど手形の不渡りが発生した場合、銀行の取引が停止されます。

銀行の取引が停止されるとは、実質的な倒産を意味します。

資金ショートした後に早急に見直すべきこと
  1. 余剰資金をただちに売却する
  2. 迫っている支払いに優先順位をつける

もちろん資金ショートしないように務めるのが最善の策です。

しかし、もしも資金ショートを既に起こしてしまったのであれば、上記のように余剰資金をすぐに売却したり、支払いに優先順位をつけたりして、手元に現金を確保する必要があります

このような努力をしてもどうしようもないのであれば、より会社の倒産を視野に入れて検討する必要が出てくるでしょう。

資金ショートしないためにできる対策

資金ショートとは突発的に起こるもので防ぎようがないのでしょうか……?
資金ショートしないために日頃からできる対策があれば、ぜひ教えてください!

ここまでお読みいただいた方の中には、資金ショートとはある日突然起こるもので、対策のしようがないのでは、と思われている方もいるでしょう。

しかし、日頃から会社の収支をきちんと把握するなど、資金繰りを把握しておけば、資金ショートと防ぐことができます

日頃の努力で資金ショートを免れることができるのであれば、きちんとした対策を取っておきたいですよね。

そこで、そもそも資金ショートを起こさないためにはどうしたらよいのか、その対策についても解説します。

資金ショートしないためにできる対策
  1. 資金繰り表を作成して、会社の収支を把握する
  2. 取りこぼしている売上がないか確認する
  3. 在庫を抱え続けないようにする
  4. 営業コストに無駄がないか確認する
  5. 保険料や税金などの支払いを延長させてもらう
  6. 銀行をリスケジュールする
  7. 取引先への支払いなどを延長できないか相談する
  8. 銀行で融資を受けられないか相談する
  9. ファクタリング業社に相談して、すぐに資金を調達する

①会社の収支を把握する

まず第一に、日頃から会社の収支をきちんと把握しておきましょう。

具体的には、資金繰り表を作成しておく必要があります。

資金繰り表とは
資金繰り表とは、会社の現金収支をまとまた表のことを言います。

ある一定期間における全ての現金収入と現金支出を分類したり集計したりすることで、現金の動きを把握することが可能になります。

なお資金繰り表を常に作成しておくことで、あらかじめ資金が不足することを予測することができます。

また会社によっても、資金繰り表を使って現金収支を把握する区分や科目は異なります。

一般的な資金繰り表の使い方

基本的には月単位で作成し、利用します。

しかし、資金に余裕がなかったり、現金収支の動きが激しかったりする場合は、1週単位や1日単位など、細かく作成し利用することもあります。

メリットだらけのように聞こえる資金繰り表ですが、毎月コンスタントに資金繰り表を作成している会社はそう多くありません。

とはいえ、日頃から資金繰り表を作成しておくことで、資金ショートを防げるようになります。

会社を倒産させないためにも、資金繰り表をきちんと作成しておきましょう。

資金繰り表を作成するメリット
  •  資金繰りが悪化している根本的な原因がわかる
  • 会社の収支予定を可視化できる

②売上の請求漏れがないか確認する

売上の請求漏れがないか一度、確認してみましょう。

取引先が多い会社ほど、今一度売上の請求漏れがないのか確認されることをおすすめします。

また、取引先の入金の前倒しができないか相談してみるのも一つの手です。

注意
とはいえ取引先との信頼関係に響く可能性もあるため、長期的に付き合いのある会社に限定するなどのさじ加減は必要でしょう。

さらに後払いで受注していた案件がある場合は、前入金に切り替えてもらえないか打診してみたり、手付金をもらえないか相談してみるという手もあります。

③不要な在庫を抱えないようにする

不要な在庫を抱え続けるということは、それだけ赤字を出し続けているということです。

どの会社でも在庫の仕入れにはコストがかかっています。

つまり、在庫を売ることができてはじめて現金が会社に入ってくるのです。

在庫を抱えていればいるだけ、資金繰りが怪しくなるという点に気をつける必要があります。

なお在庫を抱えている期間だけに注目するのではなく、どのくらいの量の在庫を抱えているのかという点にも注意しましょう。

抱えている在庫が多い場合は、セールを行うなどまずは在庫を売りさばくことに注力していくべきです。

④コストを見直す

会社にとって不要なコストがないか確認しましょう。

会社にとってコストとなるものの例
  •  家賃
  • 通信費や水道光熱費
  • 人件費
  • 交通費
  • 仕入れ費
  • 税金
  • 保険

このような出費は、どの業種の会社にも共通するコストです。

いきなり人件費を大幅に削減するために、リストラを行うことは非常に危険です。

まずは人件費以外のコストで削減できそうなものがないのか、洗い直してみましょう。

通信費に関してはどの会社と契約するかでも、料金プランや割引などが大きく異なります。

なおどうしても人件費以外でコストカットできる項目がないのであれば、役員報酬を減らすなど管理職の報酬から減らしていきましょう

たとえ資金繰りに苦労していなかったとしても、定期的に会社にとって不要なコストがないか確認することで、現金が不足する事態を避けることができます。

⑤保険料や税金などの支払いを延長してもらう

会社の現金や預金が不足してしまったら、資金ショートを起こす前に保険料や税金などの支払いを延長させてもらえないか相談しましょう。

税金の支払いが滞ると、すぐに差し押さえされると思われている方もいます。

しかし、税金の滞納があってからすぐに差し押さえされるわけではなく、会社に通知が届きます。

その通知を無視し続けていると、差し押さえということになります。

税金の支払いを延長してもらう方法

自治体や税務署など、その税金を管理している窓口で、会社の資金繰りが悪化していることを説明します。

なおその際に、支払いできる目処を伝えたり計画を伝える必要があります。

そうすることで、支払いを分割できたり、一時保留としてもらえたりする場合があります。

⑥銀行にリスケジュールを依頼する

金融機関からお金を借りている場合、銀行融資のリスケジュールを依頼するという手もあります。

リスケジュールとは
リスケジュールとは、銀行から借りているお金を返済するスケジュールを見直すことを意味しています。

このリスケジュールを行うことで、返済金額や返済期間を設定し直すことができるため、毎月の支払い金額を少なくすることができるのです。

銀行にリスケジュールを依頼する際のポイント
  •  返済計画を丁寧に説明する
  • 返済金額をどのように確保するのか、その目処について丁寧に説明する

⑦取引先への支払いを延長させてもらう

取引先との信頼関係に大きく響くことになるため、あまりおすすめできる方法ではありませんが、取引先への支払いを延長させてもらえないか相談するという手もあります。

この方法をとることで、取引先からの信頼を失う可能性があり、仕事がなくなる可能性もあるでしょう……。

そのため、他の方法を試してみたもののうまくいかず、本当にどうしようもない場合に限って、相談してみましょう。

注意
どうしても取引先への支払いを延長させてもらうのであれば、資金繰り表を提示した上で支払いの目処がどの程度ついているのかきちんと説明する必要があります。

とはいえ、自ら信頼を失いにいっている行為であることに違いはありません。

取引を停止されてしまうことも視野に入れた上で、実行すべきです。

その際は、取引がなくなってもそこまで焦らなくて済むように、新規顧客を開拓するなどの営業努力も必要になります。

⑧融資を受けて資金調達をする

きちんと事情を説明して、融資を受けるという方法もあります。

ここで多くの方が、資金が不足しているのに融資を受けることなんてできるのだろうか……、と思われるでしょう。

実は、場合によっては融資を受けられることもあります。

融資を受けられる場合とは?
  •  なぜ資金が不足しているのか、その理由を明確に説明できた場合
  • 担保となる資産を保有している場合

この二つの条件が重なった場合に鍵り、融資を受けられることもあるようです。

とはいえ、融資を受けるためには厳しい審査を通過しなければなりません

さらに、たとえ厳しい審査に通過できたとしても、実際に資金を調達できるのは申し込みから1ヶ月程度経ってからであることが一般的です。

要するに、融資を受けられるのか審査結果を待っている間にも、会社の資金不足は深刻な状況となっていく可能性があります。

⑨ファクタリングで現金を至急確保する

他の方法を試しても資金不足が解消されそうにありません……。
銀行から融資を受けられないとなれば、いよいよ会社を倒産させるしか方法はないのでしょうか……?

実は銀行で融資を受けるよりも簡単、さらに早く資金調達できる方法があります。

その方法とは、「ファクタリング」による資金調達です。

ファクタリングとは
ファクタリングとは、売掛債券を売却することで、現金を調達できる方法のことを言います。

日本ではまだまだ知名度の低い取引であるものの、欧米では当たり前のように行われている資金調達方法です。

なおファクタリングには2種類の取引方法があります。

ファクタリングの2種類の取引方法
  1.  2社間ファクタリング→ファクタリング会社と利用者という2社間での取引
  2. 3社間ファクタリング→ファクタリング会社と利用者、利用者の売掛先を交えた3社間での取引

簡単にいうと、2社間ファクタリングを利用すれば基本的には売掛先に知られたり気づかれたりすることなく、資金を調達できます。

審査時に重点的に確認されるポイントは、売掛先の信用度や利用者の法人が設立された時期などであるため、融資よりも審査に通過する確率は断然高くなっています。

さらに、最短だと申し込みから即日で資金を調達できるため、売掛債権を抱えている法人は必見の資金調達方法だと言えるでしょう。

なおファクタリング利用時にかかる手数料は、基本的には手数料のみです。

売掛債権に手数料を差し引いた金額が、最短即日で利用者に支払われることになります。

黒字経営でも資金ショートする可能性がある

ここまで資金ショートについて解説してきました。

資金繰り表を作成したり、余計なコストをカットしたりすることで、資金ショートを防ぐことができるのは事実ですが、中には黒字経営だったとしても、資金ショートしてしまうことがあります……。

下記のようなケースに当てはまる会社や業界の場合は、特に注意が必要です。

黒字経営でも資金ショートしてしまう場合とは?
  •  売掛金の入金サイクルが長期に渡る
  • 膨大な設備などへの過剰投資
  • 在庫の蓄積

売掛金は発生しているのに、入金までに数ヶ月もの期間を要する場合、当然ながら資金繰りは安定しません。

売掛金が入金されるまでの間に、会社を運営し続けるためのコストはかかり続けるため、入金サイクルが長いと、どうしても資金繰りが厳しくなってしまうのです。

また製造業や建設業など、とある仕事を受注するために大規模な設備投資が必要となる場合があります。

こういった投資は当然、先行投資となるため、売上が順調だったとしても入金されるまでにタイムラグが生じます

場合によっては、思っていたほどの利益を上げられないこともあるでしょう。

なお設備投資のために銀行から融資を受けていた場合、思うように売上を上げられなくても融資の返済を完了させなければなりません。

注意
つまり出ていくお金の方が大きいが故に、資金ショートを引き起こしてしまう場合があるのです。

また、在庫が蓄積したままになっている場合も、在庫の仕入れに要したコストを回収することができていないため、という全ながら資金ショートしてしまう可能性があります。

資金ショートしそうな場合に相談すべき窓口

資金ショートしそうな場合に、専門家の支持を仰ぐことはできるのでしょうか……?
会社の資金繰りに詳しい専門家に話を聞くことができれば、心強いのですが……。

ここからは資金ショートしそうな場合に、会社の資金繰りについて相談できる窓口を紹介します。

資金ショートする前に相談し、最善策を仰ぐようにしましょう。

①顧問税理士

一般的にどの会社も資金繰りが怪しくなってきた時点で、会社の顧問税理士に相談することが多いでしょう。

なお顧問税理士に相談する際に、決算書を準備しておくことでより詳しい話を聞くことができます。

顧問税理士に相談することで得られる支援
  • 会社の資金繰りを改善させるための改善策
  • 決算書の内容から企業を分析
  • 資金繰りを改善させるために支援してくれる銀行や業社の紹介や選定

②公的機関の窓口

資金繰りが悪化した際に相談できる相手は、会社の顧問税理士だけではありません。

融資制度のある公的機関の窓口でも、会社の資金繰りについて相談することができます。

資金ショートしそうなことを相談できる公的機関の窓口
  •  中小企業支援センター
  • 日本政策金融公庫
  • 全国商工会連合会
  • 中小企業基盤整備機構

上記の公的機構はどれも、融資制度を設けていて、窓口で相談したり制度を紹介したりしてもらうことも可能です。

③中小企業診断士や行政書士

税理士や公的感の窓口以外に、中小企業診断士や行政書士などのお金に関する専門家に相談することもできます。

中小企業診断士とは
中小企業診断士とは、中小企業の経営に関するコンサルティング業務を行うことができる国家資格です。

国家資格を持つ中小企業診断士に相談すれば、具体的に今どうするべきなのかというアドバイスをもらえるでしょう。

なお金融機関などとの交渉に関する手伝いをしてくれる場合もあります。

行政書士とは
行政書士とは国家資格で、官公庁へ提出する書類の作成や、許認可申請の代理、相談などを行なっています。

資金調達のためのサポートを得意とした行政書士もいるなど、会社が資金ショートしそうな場合に頼れる専門家だと言えるでしょう。

④ファクタリング業者

一刻も早く資金を調達しなければならない場合は、ファクタリング業社に相談するのも良いでしょう。

ファクタリング業社の中には、コンサルティング業務を行うなど、キャッシュフローを改善させるためにはどうしたら良いのかという具体的なアドバイスをくれるところもあります。

いろいろあるファクタリング業社の中でも、ビートレーディングであれば申し込みから最短12時間で、資金を調達することも可能です。

資金ショート

手数料は2社間取引で10%から20%、3社間取引で5%から9%と他者と比較しても特別高くありません。

30万円から最高3億円までの買取に対応しているため、業界問わずさまざまな法人におすすめできるファクタリング業社です。

なおビートレーディングでは、取引後のアフタフォローも実施しているため、手数料を支払ってそれで終わりというわけではありません。

ビートレーディングのアフターフォロー
  •  ファクタリングを利用した後の資金繰りに関する不安
  • 経営を安定させるまでの長期的なフォロー
  • ファクタリングをそのまま継続させるべきか、それとも他の方法で資金を調達すべきか

このような不安にも答えてくれます。

ファクタリングに営業担当が全て対応してくれるため、会社の資金繰りが改善するまでサポートしてもらえるはずです。

もちろん、営業担当を変更してほしいなどの要望にも答えてもらうことができます。

資金ショートしない経営を心がけるべき!

この記事では資金ショートの意味から原因、対策、相談できる窓口などを解説してきました。

資金ショートは債務超過や赤字よりもタチが悪く、会社を倒産させてしまう恐れがあります。

このような事態を引き起こさないためにも、経営陣は常日頃から資金ショートしない経営を心がけるべきです。

資金ショートしない経営についてまとめると
  1.  毎月必ずかかるコストについて把握する
  2. 資金繰り表を使ってお金の動きを把握する
  3. 在庫管理をきちんと行い、在庫をためないようにする
  4. 取引先の与信管理を定期的に行う
  5. 無駄なコストは積極的に削減する

このような経営を心がけて、資金ショートとは無縁の経営を目指していきましょう。

この記事が資金ショートや経営について興味のある方の参考になれば幸いです。