FX本おすすめ20選。基礎から勝ち方まで学べる優良本を紹介

「FXとは何かを本で学びたい」
「自分にとってバイブルとなるFX本を携帯したい」

コロナ禍で投資に挑戦する人が急増している昨今、FXに対する注目も日に日に高まっています。

ライバルが増え競争が激しくなる中、これからFXをはじめる人や経験者にとって、FXの確かな知識を身につけることは必須です。

そこで今回は、FXの基礎、そして勝率をあげる方法を学べる良書を20冊紹介します。

各本の特徴や概要を明快に解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  •  FX初心者がまず読むべき本がわかる。
  • テクニカル分析を詳しく学べる本がわかる。
  • ファンダメンタルズ分析を詳しく学べる本がわかる。
  • FXをやる上で必要なメンタルを鍛えるための本がわかる。
  • FXの各取引手法を解説した本がわかる。

FXのおすすめ入門書

FX_入門書

まずは、FXの基礎中の基礎を網羅する入門書を5冊紹介します。

いきなり込み入った知識を理解しようとしても、ついていけなくなり諦めてしまうもの。

まずは基礎をしっかり固めることが最優先です。

FXや投資自体をまったく、もしくはほとんど知らない方に特におすすめする本をみていきましょう。

ゼロから始める!マンガFX入門

『ゼロから始める!マンガFX入門』は、FXの仕組みから口座の選び方、そして実際の取引のやり方まで、初心者でも勝てるようになる方法をマンガで解説した1冊です。

キャッチーなマンガを通して難解な用語もわかりやすく説明しているため、学んだ知識が着実に身に付きます。

「FXにちょっと興味がある」といったライトな方でも楽しく読み進められる、おすすめの入門書です。

著者 川口一晃
出版社 高橋書店
発売日 2019/1/28
言語 日本語

『ゼロから始める!マンガFX入門』のAmazon公式サイトはこちら

『ゼロから始める!マンガFX入門』の購入はこちら

マンガでわかる最強のFX入門

2019年上半期における株入門書で見事1位を獲得した『マンガでわかる 最強の株入門』の続編として刊行されたのが、こちらの『マンガでわかる 最強のFX入門』

勝利を手繰り寄せる取引のコツ、売買のタイミングなど初心者が押さえておくべき情報を凝縮した1冊になっています。

FXがはらむリスクや失敗例についてもマンガで紹介しているため、気負いせず楽しみながら学べる点が特徴です。

FXとは何かをサクッと知りたいと考えている方、このマンガの主人公と一緒に、楽しく「億り人」を目指してみてはいかがでしょうか。

著者 安恒理
出版社 新星出版社
発売日 2020/5/2
言語 日本語

『マンガでわかる 最強のFX入門』のAmazon公式サイトはこちら

『マンガでわかる 最強のFX入門』の購入はこちら

世界一やさしいFXの教科書1年生

『世界一やさしいFXの教科書1年生』は、FXで勝てるようになるテクニック、そしてメンタルをわかりやすく解説したFX入門書です。

日々の変動から生じるトレンドの見つけ方から絶好のエントリータイミングまで、読者を投資で勝てる体質にするために著者が本気で書き上げた内容になっています。

FXのはじめ方、そして進め方について、具体的な方策を探している方におすすめの1冊です。

著者 堀祐士
出版社 ソーテック社
発売日 2018/7/14
言語 日本語

『世界一やさしいFXの教科書1年生』のAmazon公式サイトはこちら

『世界一やさしいFXの教科書1年生』の購入はこちら

7日でマスター FXがおもしろいくらいわかる本

『7日でマスター FXが面白いくらいわかる本』では、アナリストである著者が難解な用語をできるだけ使わずに、FXのはじめ方から勝ち方まで丁寧に解説しています。

本書は会話形式で進行していくため非常に読み下しやすく、さらにイラスト付きにすることでイメージがわきやすいよう工夫がなされています。

「わかりやすさ」を追求した構成となっていますので、「投資」や「FX」という言葉を一切知らなかった方でも最後まで読み進めることができます。

著者 鈴木拓也
出版社 ソーテック社
発売日 2021/6/19
言語 日本語

『7日でマスター FXが面白いくらいわかる本』のAmazon公式サイトはこちら

『7日でマスター FXが面白いくらいわかる本』の購入はこちら

はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

『はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール』は、FXの基礎的知識から実際に儲けるためのルールまでを、10年以上FXディーラーとして最前線で活躍する著者がわかりやすく解説した一冊です。

具体的には、まずFXの魅力やリスクといった「商品知識」を紹介し、次に市場を分析する力を高めるための方策を提示します。

そして最後に、投資するフェーズへ入った後の資金管理能力について説明していく流れとなります。

初心者が学ぶべきFXの基礎知識を全般的に解説した本書は、FXを学び始める1冊目としておすすめできます。

著者 山岡和雅
出版社 すばる舎
発売日 2006/5/19
言語 日本語

『はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール』のAmazon公式サイトはこちら

『はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール』の購入はこちら

テクニカル分析が分かるおすすめ本

FX_テクニカル分析

FXで勝つためには、さまざまな見地から相場予測を立て、分析することが必要です。

この時に用いる分析手法には、大きく「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」とがあります。

ここでは、特にテクニカル分析の解説に重点を置いた4冊の本をご紹介します。

テクニカル分析に関する知見を広げたい方、「テクニカル分析って何?」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

テクニカル分析とは
テクニカル分析とは、過去のデータから価格や値動きのサイクルを見出し、相場を予測する手法のことを言います。

縦軸が価格、横軸が時間として作られるチャートを用いて分析する方法が主で、チャートを見て似たパターンを探し、それを元に予測を立てていく点が特徴です。

世界一やさしい FXチャートの教科書1年生

『世界一やさしい FXチャートの教科書1年生』は、相場予測する上で大きな武器となる「チャート分析」の基礎から実践までを明快にまとめた1冊です。

著者によると、FXで利益を出す仕組みは為替相場が上がるか、それとも下がるかを適切に予測する、というシンプルなもの。

そしてこの予測をする上で欠かせないのが、著者が武器と位置付けるチャート分析になります。

チャートの形をみて、今買うべきか、売るべきかといった話題をクイズ形式で展開する構成となっており、スイスイ読み進めることができるでしょう。

著者 鈴木拓也
出版社 ソーテック社
発売日 2020/5/7
言語 日本語

『世界一やさしい FXチャートの教科書1年生』のAmazon公式サイトはこちら

『世界一やさしい FXチャートの教科書1年生』の購入はこちら

先物市場のテクニカル分析

『先物市場のテクニカル分析』は、1990年の刊行以来40刷を重ねロングセラーとなったテクニカル分析の入門書です。

日々のトレーディングのみならず、数年にわたるトレンド分析にも効果的なのがテクニカル分析である、という考えのもと、テクニカル分析の基本理念やチャートを正しく読み取るのに必要な能力をやさしく解説しています。

本書は、日本のトレーダー間で4半世紀以上にわたり高い評価を受けており、FXの基本知識を学習した後に1度は読むべき1冊です。

著者/訳者 ジョン・J. マーフィー/日本興業銀行国際資金部
出版社 きんざい
発売日 1990/5/24
言語 日本語

『先物市場のテクニカル分析』のAmazon公式サイトはこちら

『先物市場のテクニカル分析』の購入はこちら

ずっと使えるFXチャート分析の基本

『ずっと使えるFXチャート分析の基本』は、FXで勝つ技術としてテクニカル分析を詳しく解説した1冊です。

テクニカル分析のなかでも著者が上達の近道と位置付ける手法が、「値動き分析」と「ローソク足を使ったチャート分析」、この2つです。

この2つをマスターすることが上達には欠かせず、トレーダーとしての一生の技術になると述べています。

無駄なことは一切せず、シンプルな技術を用いて資産を築きたいという方におすすめできる内容となっています。

著者 田向宏行
出版社 自由国民社
発売日 2018/11/2
言語 日本語

『ずっと使えるFXチャート分析の基本』のAmazon公式サイトはこちら

『ずっと使えるFXチャート分析の基本』の購入はこちら

勝っている投資家はみんな知っている チャート分析

資産40億円を築き上げた伝説的なトレーダー・テスタ氏が「この本読まないで投資始めちゃうんですか?」と絶賛したのが、こちらの『勝っている投資家はみんな知っている チャート分析』

テクニカル分析、特にチャート分析を体系的にまとめており、各所から高い評価を集めています。

投資初心者が投資で確実にお金を増やすためには、「チャート分析」という技術を身につけることが必要です。

本書では、この技術の実例として「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」など10大テクニカル指標と呼ばれる分析手法をわかりやすく解説しています。

マンガやチャートを豊富に採用して内容を補足していますので、初心者の方でもスラスラと読むことができます。

著者 福島理
出版社 扶桑社
発売日 2021/3/7
言語 日本語

『勝っている投資家はみんな知っている チャート分析』のAmazon公式サイトはこちら

『勝っている投資家はみんな知っている チャート分析』の購入はこちら

ファンダメンタルズ分析が分かるおすすめ本

FX_ファンダメンタルズ分析

次に、テクニカル分析と同様FXの分析手法のひとつである「ファンダメンタルズ分析」をトピックにしている本をご紹介します。

ファンダメンタルズ分析に関する知見を広げたい方、「ファンダメンタルズ分析って何?」という方に、ぜひご一読されることをおすすめします。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、各国の経済状況や金融政策などを元に相場予測を立て、分析する手法のことです。

各国の経済指標(雇用統計、GDPなど)や要人の発言(首相や日銀総裁など)を判断材料に将来を予測する点が、ファンダメンタルズ分析の特徴です。

イチからわかる!FXファンダメンタルズの読み方・使い方

『イチからわかる!FXファンダメンタルズの読み方・使い方』では、FXファンダメンタルズにかかる知識を網羅的に解説しています。

トレードで勝つために必要な103の指標を、オールカラーで、図をふんだんに盛り込んで紹介しています。

項目別に分けられており、各指標を辞書感覚で調べることができるため、常に手元に置いておきたい1冊です。

著者 横尾寧子
出版社 成美堂出版
発売日 2012/3/22
言語 日本語

『イチからわかる!FXファンダメンタルズの読み方・使い方』のAmazon公式サイトはこちら

『イチからわかる!FXファンダメンタルズの読み方・使い方』の購入はこちら

メンタル・精神力に関するFXおすすめ本

FX_メンタル

FXで長く勝ち続けるためには、技術や知識を身につけるだけでは不十分です。

リスクや失敗が付き物であるFXの世界では、いかに自分のメンタル・精神力を上手にコントロールするかが鍵となってきます。

ここからは、FXトレーダーが一読すべき、メンタルや精神力について学ぶのにおすすめの本を3冊ご紹介します。

ゾーン〜「勝つ」相場心理学入門

『ゾーン 〜「勝つ」相場心理学入門』は、トレーダー育成機関の社長を務めるマーク・ダグラス氏が書き下ろした心理強化のための本です。

「トレードで成功を収める秘訣は投資家自身の心理の強化にある」とするダグラス氏によると、投資家は一人一人が適切な中核的信念を持ち、「勝者の心構え」を持つ必要がある、と主張しています。

本書は音声で学べるオーディオブック形体となっていますので、電車の中などでも集中して学習することができます。

著者 マーク・ダグラス
フォーマット オーディオブック
ナレーター 佐々木健
言語 日本語

『ゾーン〜「勝つ」相場心理学入門』のAmazon公式サイトはこちら

『ゾーン〜「勝つ」相場心理学入門』の購入はこちら

トレーダーの精神分析

『トレーダーの精神分析』は、トレーダーが直面する悩みやその解決策を詳しく論じた1冊です。

本書によるとトレードにただ1つの正解はなく、各トレーダーの性格や能力に適したスタイルを見つけることが必要で、その上で強靭なメンタルを体得することがパフォーマンス向上につながると指摘しています。

実践的なアドバイスやトレーダーの実例を豊富に盛り込んだ内容となっており、新しい市場に飛び込む際の指南書として大いに有用と言えるでしょう。

著者/訳者 スティーンバーガー,ブレット・N/関本博英
出版社 パンローリング株式会社
発売日 2013/10/30
言語 日本語

『トレーダーの精神分析』のAmazon公式サイトはこちら

『トレーダーの精神分析』の購入はこちら

ザ・トレーディング

『ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理』は、米国アナリスト協会のテクニカルアナリスト資格CMTに選定された、投資家をメンタル面で強化する1冊です。

長い時間をかけて有効性が実証された知識をもとに、各トレーダーの自己管理やリスク管理における明確なルールを具体的に示しています。

また、トレーディングに対する心構えを自分で評価できるテンプレートが盛り込まれており、実際に取引を始めた後にも何回も見返すべき本です。

著者/訳者 アレキサンダー・エルダー/福井強
出版社 FPO
発売日 2019/3/1
言語 日本語

『ザ・トレーディング』のAmazon公式サイトはこちら

『ザ・トレーディング』の購入はこちら

FX取引スタイル別のおすすめ本

FX_取引手法

FXの取引の手法は種々あり、それらはトレードを行う時間軸によって大別されます。

自分に合った取引手法を見つけるためには、自身の生活リズムや性格などをそれぞれの手法と照らし合わせてみることが重要です。

ここからは、そんな取引手法に見地の広い4冊のおすすめ本をご紹介します。

勝ち筋の見える取引には、自分と相性のいい取引手法で臨むことが必要不可欠です。

取引手法が定まらないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

デイトレード

『デイトレード』は、トレーダー養成機関として名高い「プリスティーン」の編集による、デイトレーダーとして成功するための心得をギュッとまとめた1冊です。

本書は数十分から1日の間で取引を行う手法である「デイトレード」に焦点を当てており、また忘れがちな重要事項を表現を変えて何度も何度も説明する点が特徴的です。

デイトレーダーとして活躍したい方、市場の賢い側に立ちたい方におすすめです。

著者/訳者 オリバー・ベレス、グレッグ・カプラ/林康史
出版社 日経BP
発売日 2002/10/19
言語 日本語

『デイトレード』のAmazon公式サイトはこちら

『デイトレード』の購入はこちら

FXスキャルピング

『FXスキャルピング――ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門』は、スキャルピングの世界をわかりやすく、かつ具体的に解説したスキャルピングの手引書です。

「スキャルピング」とは、短時間に何度も売買を行う取引手法のことで、このスキャルピングの本当の姿を紹介することが、本書の大義となっています。

一般的に初心者には難しいと言われる手法の一つですが、適切な取引次第で短時間で大きく勝てるスキャルピングを、本書を通じて学んでみてはいかがでしょうか。

著者/訳者 ボブ・ボルマン/井田京子
出版社 パンローリング株式会社
発売日 2012/11/17
言語 日本語

『FXスキャルピング』のAmazon公式サイトはこちら

『FXスキャルピング』の購入はこちら

FXデイトレード・スイングトレード

大手投資銀行でも活躍する天才トレーダー、キャシー・リーエンによる『FXデイトレード・スイングトレード』は、彼女の経験に基づくFX短期売買のコツを凝縮した1冊となっています。

数十分から1日の間で取引を行う「デイトレード」、そして2日から5日かけて売買を行う「スイングトレード」が彼女の得意分野です。

また、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析両方の戦略を組み合わせることの重要性を論理的に解説しています。

FXにはじめて触れる方でも最後まで読み通せるうえ、その具体性は経験者の方にも新たな視座を与えてくれるでしょう。

著者/訳者 キャシー・リーエン/深美 智彦
出版社 FPO
発売日 2020/6/20
言語 日本語

『FXデイトレード・スイングトレード』のAmazon公式サイトはこちら

『FXデイトレード・スイングトレード』の購入はこちら

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ”鬼デイトレ”

『ガチ速FX 27分で256万を稼いだ”鬼デイトレ”』は、2019-2020年期に最も売れたFXトレーダーの本として、多くのトレーダー、トレーダー志望の読者に影響を与えた1冊です。

トレーダー集団・Fxism(エフエックスイズム)の主催者として、FXトレードの最前線を走る及川圭哉氏による、「及川流の投資技術」のみを詰め込んだ内容となっています。

豊富な経験から導き出される勝つためのエッセンスは、本気で稼ぎたい全てのトレーダーに重要な示唆を与えてくれるでしょう。

著者 及川圭哉
出版社 ぱる出版
発売日 2019/6/1
言語 日本語

『ガチ速FX 27分で256万を稼いだ”鬼デイトレ”』のAmazon公式サイトはこちら

『ガチ速FX 27分で256万を稼いだ”鬼デイトレ”』の購入はこちら

その他のFXおすすめ本

FX_おすすめ本

最後に、上記カテゴリーには属さないもののぜひ手に取るべきFX本を3冊ご紹介します。

東大院生が考えたスマートフォンFX

『東大院生が考えたスマートフォンFX』は、大学在学中にFXを開始した著者が編み出した革新的なアプローチをまとめた1冊です。

彼にとって、「時間帯」「ダウ理論」「オアンダ」、これら3つの要素がトレードで勝つためのエッセンスとなります。

そしてこのエッセンスを武器に彼が使うデバイスが、パソコンではなくスマートフォンなのです。

その独自のトレード法を、豊富な図解で体型的に示しており、トレード法が定まらず悩んでいるトレーダーは一読すべき内容となっています。

著者 田畑昇人
出版社 扶桑社
発売日 2015/2/17
言語 日本語

『東大院生が考えたスマートフォンFX』のAmazon公式サイトはこちら

『東大院生が考えたスマートフォンFX』の購入はこちら

武器としてのFX

『武器としてのFX』は、前述の『東大院生が考えたスマートフォンFX』がベストセラーとなった田畑氏による、勝つためのトレード法第2弾です。

運に頼らないトレードをする上で彼が見出した1つの答えが、「VIX指数」という指標。

このVIX指数(別名:恐怖指数)を使えばトレンドの加速感を適切に測ることができる、という主張のもと、前作に引けを取らない革新的なアプローチを提示しています。

トレードのタイミングを見極めるノウハウを知りたい方におすすめしたい1冊です。

著者 田畑昇人
出版社 扶桑社
発売日 2019/12/20
言語 日本語

『武器としてのFX』のAmazon公式サイトはこちら

『武器としてのFX』の購入はこちら

FXで勝つための資産管理の技術

『FXで勝つための資産管理の技術』は、FXにおける資産管理の重要性を説いた本です。

著者によると、如何に素晴らしい取引手法でも、正しい資金管理をマスターしていなければいずれ必ず崩れ去るのがFXの世界です。

逆に、相性が悪いと感じている手法も資金管理次第で花開くことがあります。

取引手法の良し悪しは、根底にある資金管理が鍵を握る、というのが彼の主張です。

FXの取引のレベルを一段上げたい人におすすめする1冊です。

著者 伊藤彰洋、鹿子木健
出版社 パンローリング株式会社
発売日 2019/9/14
言語 日本語

『FXで勝つための資産管理の技術』のAmazon公式サイトはこちら

『FXで勝つための資産管理の技術』の購入はこちら

初心者におすすめなFX会社3選

FX取引を始めてみたいけど、どこで口座開設すればいいか分からない

ここでは、FX初心者におすすめの会社を3つ紹介します。

口座選びで迷っている方や、FXを始めてみたい方はぜひ参考にしてください。

1位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券の特徴
  • 大手GMOグループ運営で、安心して使える
  • 大量注文してもスプレッドが原則固定
  • 高水準のスワップポイントが狙える
  • PC・スマホともに取引ツールが高機能
  • 初心者からプロトレーダーまで幅広い人に人気

GMOクリック証券は、2020年のFX取引高が世界1位(※1)と、圧倒的な人気を誇るFX会社です。

初心者からプロトレーダーまで幅広く利用されており、スワップポイントやスプレッドなども他社と比較して優秀です。

そして、GMOクリック証券で口座を開設すると、FXだけでなく、株式やCFD、債券なども取引ができるようになります。

投資やFXを始めるなら、GMOクリック証券1つを選んでおけば間違いないでしょう。

また、「いきなり何万円も取引するのは怖い」という方のために、デモ口座も用意されています。

(*1)ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月

キャンペーン
当サイトからGMOクリック証券の口座を開設し、条件を達成すると4000円プレゼント!

さらに取引数量に応じて最大30万円キャッシュバック!

\最大30万円キャッシュバック/

GMOクリック証券で
口座開設してみる

2位:LINE FX

line_fx

LINE FXの特徴
  • LINEアプリから取引できる
  • 重要情報がLINEで通知される
  • 1000通貨単位から取引できる
  • 業界最低水準のスプレッド
  • 高水準のスワップポイント

LINE FXは、LINEアプリから簡単に取引できることが大きな特徴です。

そのため、「FXをPCでやるのは難しそうだし、スマホで気軽に始めたい」という方に向いています。

最低取引単位に関しても、1000通貨という少額から始めることができるので、まさに若い世代や初心者にピッタリのFX会社でしょう

また、FXの重要情報をLINEアプリで通知してくれるため、情報収集にも困りません。

LINE FXで
口座開設してみる

3位:外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムの特徴
  • 業界最高クラスのスワップポイント
  • 高機能のPC&スマホツール
  • FXオンラインセミナーを開催
  • 初心者向けコンテンツが充実

外為どっとコムは、1000通貨単位での取引が可能なFX会社です。

そのため、初心者でも1万円ほどあればFX取引を始めることができます。

FXコンテンツも充実しており、セミナーや読み物など、情報収集にも困りません。

また、スワップポイントも高いと評判なので、スワップ投資で利益を狙いたい方にもおすすめできます。

外為どっとコムで
口座開設してみる

まとめ

FX_まとめ

今回のおさらい
  •  マンガ仕立てなどわかりやすい入門書が多くある。
  • 2つの分析手法「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」を詳細に学べる本。
  • トレーダーをメンタル面で強化してくれる本。
  • 自分に合った取引手法を体型的に学べる本。

今回はおすすめのFX本を20冊紹介してきました。

ウェブサイトやYouTubeなど、FXを学べる媒体は日に日に多くなっています。

その中で、紙上にメモを書き込んだり、学びの跡が形として残る点が本の良いところです。

初めは見慣れない用語の数々に萎縮しそうになりますが、コツコツと学びを続けることで、少しずつ自信とともに確かな実力が身についていきます。

ぜひ今回の記事を参考に、自分に合ったFX本を探してみてください。