FXで複利運用するやり方とメリット・デメリットを徹底解説

単利と複利の違いって何かな?

どうして複利は稼げるの?

複利運用のメリット・デメリットについて知りたいです。

FX初心者の方にとって複利に関して分からないことは多いでしょう。

この記事ではFXの複利運用のやり方が分からない方へFXの複利運用のやり方メリット・デメリットしっかり押さえつつ徹底解説していきます。

この記事を読めば、これからFXで複利運用に挑戦しようとしている初心者の方でもFXの複利運用のやり方が分かります

FXの複利運用についてひとつひとつ学びながら実践して稼いでいきましょう。

複利運用をざっくりいうと
  • 複利とは稼いだ利益を投資して元本に加えてさらに利益を上げていくやり方
  • FXの複利運用はトレードスワップポイントで得た利益を投資して元金に加えてさらに利益を上げていく
  • 単利運用よりも早く大きく稼ぐことができ、また長期的に運用した方がより大きく稼ぐことができる
  • 利益を途中で引き出すことができず、損失が発生した場合、過去に稼いだ利益が丸ごと失われる可能性がある

FXの複利運用とは

FX 複利 内容

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

複利運用って難しそう。

FXの複利運用とは、FXで稼いだ利益を投資して元本に加えてさらに利益を増やしていくという運用方法です。

例えば最初の投資金が100万円、年利回りが10%の場合は1年めの利息は10万円です。

2年目からは最初の投資金100万円に1年目に発生した利息10万円を加えて110万円で利息の計算を行います。

つまり、2年目の利息は11万円となります。

次から複利運用についてさらに詳しく見ていきましょう。

単利と複利の違い

まず、単利とは元本に対してだけ利息が発生し利益を得る運用方法です。

例えば、元本100万円、年利回り10%で運用する場合、

経過年数 初回 1年 2年 3年 4年 5年
元本 100万 100万 100万 100万 100万 100万
利息 10万 10万 10万 10万 10万

このように、最初に投資した元本に対してだけ利息が発生します。

そのため、一定金額を毎年利益として得ることができます。

一方、複利とは、元本と利息を合わせた金額に対して利息が発生します。

例えば、元本100万円、年利回り10%で運用する場合、

経過年数 初回 1年 2年 3年 4年 5年
元本 100万 100万 110万 121万 133.1万 146.4万
利息 10万 11万 12.1万 13.3万 14.6万

1年目は元本100万円に対して利息が発生するので利息が10万円となり、ここまでは単利と同じです。

2年目は元本が初回100万円に1年目の利息10万円が加わり、110万円となります。

この110万円に対して利息が発生するので、2年目の利息は11万円となります。

3年目は2年目の元本110万円に2年目の利息11万円が加わり、121万円となります。

この121万円に対して利息が発生するので、3年目の利息は12.1万円となります。

4年目、5年目、それ以降もこの考え方で増えていきます。

このように、雪だるま式に利益を出していくやり方が複利の考え方です。

MEMO

単利とは、最初に投資した資金のみに対して利息が発生する。

複利とは、最初に投資した資金と過去に発生した利息をあわせた金額に対して利息が発生する。

複利は人類最大の発明

かの有名な天才物理学者アルベルト・アインシュタインが「複利は人類最大の発明」と呼ぶほど、複利の利益を生み出す力は凄まじいものです。

例えば、元本100万円、年利回り10%で単利と複利の利益の差を見てみましょう。

経過年数 1年 2年 3年 4年 5年
単利 10万 10万 10万 10万 10万
複利 10万 11万 12.1万 13.3万 14.6万
利益差 0万 1万 2.1万 3.3万 4.6万
利益差

(累計)

0万 1万 3.1万 6.4万 11万

上の表からも分かる通り、単利に比べて複利のほうが5年後には11万の利益の差があることが分かります。

このように、長期間を使ってより多く稼ぐ場合は、単利運用よりも複利運用の方が適していることが分かります。

FXの単利運用と複利運用の違い

FXでの単利運用とは、FXによって得た利益に関係なく最初に投資した金額を変えずに運用していくやり方です。

一方、FXでの複利運用とは、FXによって得た利益をさらに投資することで、徐々に投資金額を増やして利益を上げていくやり方です。

FXでの単利運用は、投資金額を変えないので、一定金額の安定した利益を生み出せるのに対して、FXでの複利運用は、得られた利益を投資金額に加えて運用していくため、単利運用よりも大きな利益を狙うことができます。

FXの複利運用のやり方

FX 複利 やり方

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

FXではトレードにより利益を得る方法とスワップポイントによる利益を得る方法の2種類があります。

トレードとは価格変動による為替差益から利益を得る方法です。

ある通貨が将来高くなる場合は、今の安い時に通貨を買って高くなったら通貨を売ることで利益を得ることができます。

逆にある通貨が将来安くなる場合は、今の高い時に通貨を売って安くなったら通貨を購入することで利益を得ることができます。

次に、スワップポイントとは2つの通貨間の金利差のことを言います。

FXでは、高金利通貨と低金利通貨が扱われて、高金利通貨を買って低金利通貨を売るとスワップポイントの差額を受け取ることにより、毎日利益をが少しづつ増やしていくことができます。

逆に低金利通貨を買って高金利通貨を売るとスワップポイントの差額分の支払いが発生するため損失となります。

また、スワップポイントは相場の状況に応じて変動するため、注意が必要です。

この2つの方法で得た利益を複利運用では再投資することで、年々さらなる利益を上げていくことができます。

MEMO

トレードとは、価格変動によって生じた為替差益から利益を得る。

スワップポイントは、高金利の国の通貨を買って、低金利の国の通貨を売ることによって生じる金利差から利益を得る。

FXの複利運用のメリット

FX 複利 メリット

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

複利運用のメリットは早くお金を稼げるだけじゃないんですね。
複利運用のメリットが知りたいです。

FXの複利運用は大きなメリットがいろいろあります。

FXの複利運用のメリット
  1. 単利運用より資金が早く増やせる
  2. 少額でも時間をかければ大きな利益が出る
  3. スワップポイントでも利益を出しやすい
  4. 運用歴が長いほど効果が高まる

単利運用より資金が早く増やせる

単利運用は最初に投資した金額に対してのみに利息が発生するため、何年たっても利息は一定です。

そのため増えるスピードも一定です。

それに対して、複利運用は最初に投資した金額に毎年発生した利息を加算していくので、年々利息が増えていきます。

その結果、単利運用よりも早く資金を増やすことができます。

少額でも時間をかければ大きな利益が出る

複利運用は最初に投資した金額が少なくても、毎年発生する利息が加算されるため、長期間かければ得られる利益も大きくなります。

例えば、最初に投資した金額が10万円、年利回り10%で複利運用していく場合、

経過年数 初回 1年 2年 ・・・ 5年 ・・・ 10年
元本 10万 10万 11万 ・・・ 14.6万 ・・・ 23.6万
利息 1万 1.1万 ・・・ 1.46万 ・・・ 2.36万
利息(累計) 1万 2.1万 ・・・ 11.1万 ・・・ 59.4万

表で見て分かる通り、最初に投資した金額が10万円でも、5年後には約1.5倍の14.6万円、10年後には23.6万円と2倍以上の資金額になり、利益に関しては累計で60万円近く稼ぐことができます。

スワップポイントでも利益を出しやすい

FXで複利運用する場合は、必然的に長期間ポジションを持つことになります。

長期間ポジションを持つということは、高金利通貨に投資してた場合、スワップポイントによる利益をより多く得ることができます。

また、トレードでの利益があまり見込めない場合は、スワップポイントによる利益を得ることに重点を置くことで、スワップポイントでより多くの利益を出せる場合もあります。

MEMO

トレードで稼ぐことができなくてもスワップポイントで稼ぐことができる可能性がある。

運用歴が長いほど効果が高まる

FXの複利運用は、年々発生した利息を今まで投資した資金に上乗せして運用していくので、運用期間が長ければ長いほど大きな利益を得ることができます

例えば、最初に投資した金額が10万円、年利回り10%で複利運用していく場合だと、元本の上り幅で言うと、10年後には約23万円(最初の金額の約2.3倍)になり、さらに20年後には約61万円(最初の金額の約6.1倍)まで上がります。

MEMO

複利運用は運用期間が長ければ長いほど、いろいろなメリットの恩恵を受けることができるためより大きく稼ぐことができる。

FXの複利運用のデメリット

FX 複利 デメリット

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

複利運用失敗したらどうしよう。

FXの複利運用のデメリットってありますか?

これまでの解説でFXの複利運用がより早くより多くの資金を稼げることが分かりました。

しかし、複利運用にもいくつかデメリットがあります。

FXの複利運用でのデメリット
  1. 利益が出ても引き出せない
  2. 一度出た利益が消えてしまう場合がある
  3. 精神的にも負荷がかかる

利益が出ても引き出せない

複利運用は、発生した利益を元本に加えてより高い利息を受け取るという方法のため、途中で利益を引き出して使うことができません。

途中で利益を使いたい場合は、単利運用にするか、もしくは利益の一部分だけを引き出して使うということになります。

一度出た利益が消えてしまう場合がある

複利運用は、利益を元本に加えて運用していくため、利益が得られない、または利益がマイナスの場合は損失することになります。

そのため、損失になった時は今まで稼いできた利益が失われる可能性があるため注意が必要です。

精神的にも負荷がかかる

複利運用は、利益が出れば出るほど運用する金額が増えていきます。

そのため、長期間運用するとなれば、必然と大きな金額を取り扱うことになります。

運用する金額が大きくなると、少しの相場の変動でも、損する金額も大きくなります。

その影響で、損失に対する不安や恐怖心のためメンタル面にも負荷がかかってきます。

FX複利運用シミュレーションを活用する

FX 複利 シミュレーション

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

今の運用で10年後はどれくらい稼げているのだろうか?

1億円稼ぐにはあと何年かかるのだろうか?

将来の自分の資金、利益が気になる方はFX複利運用シミュレーションを利用することで、先にある程度知ることができます。

ネットで検索すると無料で使えるFX複利運用シミュレーションがあります。

必要な情報(投資する通貨ペア、はじめに投資する金額、レバレッジ、一日に発生する利益など)を入力することで簡単にシミュレーションを行うことができます。

ネットで簡単に見つかりますので、気になる方はぜひお試しください。

MEMO

レバレッジとは、取引に必要な金額の何倍もの金額の取引ができる仕組みのこと。

複利運用の注意点

FX 複利 注意

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

運用していく際に気をつけるべきポイントを教えてください。

ただ金額を大きくすればいいってわけではないのですね。

FXの複利運用は確かに効率的に資金を増やしていくことが可能ですが、やり方を間違えれば、今まで稼いできた利益があっという間になくなる可能性もあります。

特に、運用の際は次の2点に気を付けましょう。

FXの複利運用の注意点
  1. レバレッジを高くするのはハイリスク
  2. 損失にも利息が付く

レバレッジを高くするのはハイリスク

複利運用を続けていくと、利益が溜まるため取り扱うことができる運用資金ももちろん大きくなります。

そのため、レバレッジを引き上げることも可能ですが、むやみにレバレッジを引き上げるのはおすすめできません。

確かにレバレッジを引き上げることでより多くの利益を生むことができますが、もし、相場が予想に反した動きをして損失が発生した場合、その損失も大きくなります。

そのため、普段はレバレッジを維持しつつ、確実に稼げるタイミング(優位性が高い相場が来た時など)にレバレッジを引き上げてより多くの利益を得るように運用するのがおすすめです。

MEMO

レバレッジはむやみに引き上げてはいけない。確実に稼げるタイミングに引き上げるべきである。

損失にも利息が付く

複利運用は特徴として稼いだ利益に対しても利息が付くので、うまくいけば大きく稼ぐことができます。

しかし、利息が付くのは利益が出た場合のみではございません。

損失を出してしまった場合は、その損失額にも利息が付くため、さらに損失額が大きくなります。

そのため、損失が出ているにもかかわらず、今までと同じ金額で運用していくと、より大きな損失を被ることになります。

損失が出た場合は、運用資金額を調整して少しでもリスクを減らすようにしましょう。

MEMO

利息は利益だけではなく、損失にも付く。

FXの複利運用に向いてる人

FX 複利 向いている

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

FX取引をするにあたって次の2点に当てはまる人は複利運用に向いており、より多く稼げる可能性がありますのでぜひ参考にしてみてください。

FXの複利運用に向いてる人
  1. 長期トレードをする人
  2. 拘束されてもいい資金がある人

長期トレードをする人

複利運用は年間単位での長期トレードを考えている人に向いてます。

その理由は、長期トレードのほうがより多くの利息を得ることができるからです。

短期トレードの場合は、複利運用のメリットを受けることができません。

そのため、長期トレードをメインにする人は複利運用を考えてみてはいかがでしょうか。

拘束されてもいい資金がある人

複利運用のメリットを受けるためには、資金を長期間預けておく必要があります。

そのため、貯金の一部などしばらくの間使う予定のないお金がある方は、複利運用に向いていると言えます。

複利運用におすすめのFX会社

FX 複利 おすすめ

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

FXやってみたいけどどのFX会社を選んだらいいか分からない。

複利運用する時におすすめのFX会社を教えてほしいです。

FX取引を始める時にどの会社で始めるか選ばないといけませんが、複利運用をメインで考えているときは、以下の2つのポイントを基準に選びましょう。

複利運用をする際のFX会社選びのポイント
  • スワップポイントが高い
  • 最小取引通貨が少ない

この2点を抑えることで複利運用のメリットを十分に生かすことができます。

次に複利運用での取引におすすめの2社を紹介します。

GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

おすすめポイント
  • FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ20201月~202112月)
  • 高いスワップポイントを提供
  • 多くの通貨ペアで最狭水準のスプレッドを提供しているためコストを抑えることができる
  • 1万通貨単位で取引ができる
  • PC・スマホ共に取引ツールが高機能
  • FX初心者からプロまで幅広く高評判

GMOクリック証券の公式サイトはこちら

GMOクリック証券の口座開設はこちら

LIGHT FX

FX 複利 LIGHT FX

出典:LIGHT FX:https://lightfx.jp/

おすすめポイント
  • 高金利通貨を少額から取り扱うことができる
  • 約定率が安定している
  • 1000通貨単位で取引ができる(初期投資を抑えることができる)
  • 高金利通貨のスワップポイントが高い
  • トルコリラなどの高金利通貨を取り扱っている
  • リスクを抑えながら複利運用するのに適しているFX会社
  • 業界最狭水準のスプレッド

LIGHT FXの公式サイトはこちら

LIGHT FXの口座開設はこちら

FXの複利運用のまとめ

FX 複利運用 まとめ

出典:フリー素材サイト「Pixabay』:https://pixabay.com/ja/

ここまでFXの複利運用について解説してきました。

FXの複利運用は正しいやり方を覚えて実践すれば資金を効率的に増やすことが可能です。

また、高金利通貨に投資すれば保持するだけで、日々利益を出していくことが可能なので手間も少なくFX初心者にもやりやすい投資です。

ぜひFXの複利運用を実践して楽しみながら効率的に資金を増やしていきましょう。

FXの複利運用の要点まとめ
  • FXの複利運用は長期的トレードかつスワップポイントをメインに利益を上げていく
  • FXの複利運用は長期的に拘束されてもよい資金があり、長期トレードメインに運用していく人に向いている
  • 損失が発生した時は運用額を調整するのを忘れない
  • FXの複利運用をする際は、スワップポイントが高く、最小取引通貨が少ないFX会社を選ぶ