FXの約定力とは?滑りにくいオススメFX会社も紹介

注文ボタンを押したのに約定価格が違ってることがある…
FX会社の特徴に「約定力」って言葉があるけど、これはなんだろう?

FX会社の比較サイトなどをみていると「約定力」という言葉を見かけませんか。

この「約定力」について、その意味を正しく理解している人はあまり多くないと思います。

この記事では、「約定力」とは何なのか?あなたのトレードにどんな影響を与えるのか?という疑問について、徹底解説していきます。

また、約定力を理解することよって、自分のトレードに有利なFX会社を選べるようになりますので、是非参考にしてください。

「FXの約定力」をざっくりいうと
  • 注文した価格でちゃんと約定させる力のこと
  • せっかくいいところで注文したのに、違う価格で約定されることがある
  • 何回も売買を繰り返すスキャルピング手法でその威力を発揮する
  • 相場の急な値動きがあったときの損失にも関係している
  • FX会社によって約定力に違いがあることは、案外見落としがちなポイント

FXの約定力とは?

FXの約定力とは?

では、早速「約定力」について詳しく説明していきます。

FXで資金を増やしていくためには、数pipsの利益獲得がとても重要です。

繰り返し取引を行う場合、その数pipsが大きな利益になることになります。

この「約定力」によって数pipsの利益を左右することになるのです。

この約定力を理解する上で、次のような重要なヒントがいくつかありますので説明していきます。

約定力とは?

約定力に似た言葉に、「約定」という言葉あります。

「約定」とは、単に売買取引が成立することをといいます。

例えば買い注文を出した場合、その買い注文が成立し買いポジションを持つと買い注文が約定した」となります。

MEMO
「約定」とは、売買注文が成立する事

ところが、いざ約定したポジションをみたら、注文した価格と少し違っていたことがありませんか?

このように違った価格で約定されてしまう現象は、どのFX会社でも起こりうるため、どなたも経験があることと思います。

思っていた価格と違った価格でポジションを持つということは、トレードの勝率に影響しますし、価格が大幅に違っていれば、大きな損失に繋がることもあります。

しかしこれは不利なポジションで約定することもあれば、有利なポジションで約定することもありますので、あまり気にしていないトレーダーがほとんどです。

FXトレードにおいては、なるべく自分が注文した価格で約定した方が確実に無駄な損失は避けられます。

実はこの違いを起こさないようにするのが「約定力」と言えます。

1pipsや2pipsなんて関係ないという方は、小さい損失の積み重ねが、大きな損失になる事を覚えておいて下さい。

約定力を判断する基準

この約定力を判断する基準は、

約定力を判断する基準
  • 自分が注文した価格で約定できるかどうか
  • 注文を出して約定するまでの速さ
  • スリッページがどのくらい発生するか

で判断されます。

では約定力とはどんな力なのか、以下に説明していきます。

約定力に似た用語「約定率」とは?

約定力に似た用語約定率とは?

約定力を決定するには、いくつかの判断基準があります。

その中で「自分が注文した価格で約定できるかどうか」のことを、「約定率」といいます。

約定率は、「成行注文で注文した価格で約定した数」÷「成行注文数」で表す事ができます。

MEMO
約定率は「成行注文で注文した価格で約定した数」÷「成行注文数」で表す

そしてこの約定率は、FX会社ごとにそれぞれ違います

なぜFX会社ごとに違っているのでしょう。

FX会社によって約定率に違いがある理由として、以下のことが挙げられます。

約定率に違いがある理由
  • FX会社のシステムの処理能力やサーバースペック
  • FX会社が提携しているカバー先金融機関の数

なぜ注文通りの価格で約定させるために、このような要因が必要なのでしょうか。

FX会社の実際の取引について

FXのトレーダーは、FX会社を通して、カバー先金融機関と呼ばれる、仲介金融機関に送られ、取引を行っています。

MEMO
FXトレーダー → FX会社 → カバー先金融機関

つまりトレーダーのあなたが注文すると、その注文価格がFX会社を通してカバー先金融機関に送られ、取引が行われることになるのです。

この中間でのやり取りを行うのが、FX会社のシステムであるため、その処理能力サーバースペックなどで、取引スピードが左右されるわけです。

カバー先金融機関(カウンターパーティ)

FXトレードをする際、トレード画面に表示されている為替レート(価格)は、インターバンク市場と呼ばれる市場から送られてきた価格です。

インターバンク市場は、世界各国の金融機関や証券機関で取引されている市場であり世界中の金融機関が取引を行っています。

国内のFX会社は、このインターバンク市場と直接取引はできないため、カバー先金融機関と取引を行います。

FX取引の流れ

例えばトレーダーからFX会社に1ドル100.00円での買い注文が100件入ったとします。

それと同時に1ドル100.00円での売り注文が50件入った場合、相殺した残りの買い注文50件カバー先金融機関に流します

そこでカバー先金融機関は自社かインターバンク市場相殺する売り注文50件を探す

という流れになっています。

つまり、カバー先金融機関が多いほどレート(価格)が安定していると言えるのです。

注文が成立しなかった場合

上記のように、買い注文と売り注文を成立させ取引を行っているのですが、どうしても注文が偏ってしまうことがあります。

つまり買い注文ばかりが大量に注文され、相対する売り注文の数が大幅に足りなくなる場合など、足りない売り注文の取り合いになります。

こういう場合、システムの処理能力やサーバーのスペックが他よりも劣っていた場合に、取引が遅くなって売買が成立できないことがあります。

この場合に何が起こるかというと、その取引は売買不成立となり、注文価格とは違った価格で取引をしようとします。

これをスリッページといいます。

つまり、FX会社のシステムが弱かったり、カバー先金融機関が少なかったりすると、注文価格のずれ(スリッページ)が起きやすくなります。

MEMO

注文方法には大きく分けて「成行注文」と「指値注文」がありますが、約定力が特に関係するのが「成行注文」です。指値注文していた場合は、その指値に達しなければ単に取引が成立しない、ことになります。

スリッページとは?

スリッページとは

これまで書いてきたようなさまざまな要因で、注文した価格での取引が成立せず、違った価格で取引が成立してしまうことがあります。

これを、「スリッページが起きた」または「滑った」などと言います。

また、このときの注文価格と約定価格の差のことをスリッページ幅と言います。

このスリッページ幅も、やはりFX会社によって差があります

スリッページが起きやすい要因

実は、スリッページが起きる要因として、これまで書いてきたようなFX会社の特性があげられますが、それ以外にもスリッページが起きる要因があります。

スリッページが起きやすい要因1

取引量の少ない通貨での取引

一般的に、取引量が少なくなればなるほど、売買成立が難しくなるためスリッページが起きると言われています。

つまり、取引量の少ない新興国通貨(トルコリラTRYなど)で成行注文を行うと相対する取引価格が見つからずスリッページが起きることがあります。

それからスリッページが起こりやすい時間帯というのがあります。

スリッページが起きやすい要因2

流動性が低い時間帯

流動性が低い時間帯とは、取引があまり行われていない時間帯のことです。

だいたい、日本時間の早朝6:00~8:00の間の時間帯がそれにあたります。

この時間帯は取引量が少ないため、取引が成立しずらくなっているため起きやすくなっています。

スリッページが起きやすい要因3

急激な価格変動が起こった場合

また、急激な価格変動が起こった場合にもスリッページが起きやすくなります。

例えば政治情勢などによって市場が大きな影響を受けることがあります。

経済指標の発表に大きな注目が集まっている場合など、指標の結果によってものすごく大量の注文が殺到することがあります。

よって相場が乱高下し、表示されている価格とは全くかけ離れた価格に瞬時に飛んでいたりすることもあります。

この場合もまた、取引の成立が難しくなりスリッページが起きやすくなります。

このように、取引量の少ない通貨での注文や、流動性の低い時間帯や相場の急激な変動が起きた場合でスリッページが起きやすいため、約定力は下がってしまうことになります。

MEMO
ちなみにFX会社によっては、上記のような相場が不安定な場合の為に、スリッページの許容範囲を設定できるところもあります。

スリッページの許容範囲を設定しておくと、範囲を超えた取引では成立せず注文取り消しとなり、大幅な注文価格のずれを防いでくれます。

FX取引で約定力が大切な理由

FX取引で約定力が大切な理由

これまで説明してきました通り、約定力の低いFX会社で取引をすると、自分の思っていた価格ではなく数pipsずれた価格で約定してしまう確率が上がってしまうことが分かりました。

これを続けていくと、一体どういうことになるでしょうか。

約定力の低い会社でトレードした例

例えばドル円を100.00円で1万通貨の買い注文を出したとします。この時スリッページが発生し、100.03円で約定してしまいました。

その後、価格が下がってきてしまったためしかなく損切するため、99.80円で成行決済注文をします。

しかしその時、またまたスリッページが発生してしまい、99.77円で約定してしまいました。

この場合、100.03円で買って、99.77で売っていますので、26pips=2600円の損失になりますが、この内の6pipsは約定力の高いFX会社であれば不必要な損益だったということになります。

これを1日に10回トレードしたとすると、最大で60pips=6,000円程の無駄な損失をしてしまう可能性があるということになります。

塵も積もれば山となると言いますが、これはまさにそういう事です。

約定力が高いFX会社の選び方

約定力が高いFX会社の選び方

約定力が理解できたのであれば、約定力が高くなる要因をもった会社を選べばいいのです。

以下のような特徴のあるFX会社を選びましょう。

約定力が高い会社の特徴
  • システムの処理能力が高い
  • サーバーのスペックが高い
  • 約定スピードが速い
  • カバー先金融機関の件数が多い

以上のような特徴ですが、一般の資料では調べることのできないようなものもありますね。

つまり、約定率とカバー先の金融機関の数が評価できるFX会社おすすめです。

約定力の高いおすすめFX会社5選

1.マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

出典:https://www.moneypartners.co.jp/news/normal/2019/20190104_02.html

マネーパートナーズの特徴

マネーパートナーズはこの10年間、株式会社矢野経済研究所実施の「FXサービスパフォーマンステスト」において、連続約定力1位を取っています。

FXの約定力については、他のFX会社を圧倒する勢いで差をつけています

もちろんスキャルピングOKですが、最低取引通貨単位が1万通貨からになっています。

※ちなみに、約款では「新規注文から決済注文までの時間が十数秒以内の取引を繰り返す行為」を禁じていますが、注文間隔を20秒程開ければOKということになります。

マネーパートナーズのカバー先金融機関:19社

マネーパートナーズの公式サイトはこちら

マネーパートナーズの登録はこちら

2.GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券は、FX取引高世界第1位*を宣言しています。(ファイナンス・マグネイト調べ※)

※根拠機関:2020年1月〜2021年12月

注目すべきは、大口モード(Exモード)にて1度の注文で500万通貨まで行えます

つまりこれは、システムの処理能力の高さと、サーバースペックの高さを意味しています

多くの人に選ばれるFX会社であることの証明です。

GMOクリック証券のカバー先金融機関:19社

GMOクリック証券の公式サイトはこちら

GMOクリック証券の登録はこちら

3.LIGHT FX

LIGHT FX

出典:https://lightfx.jp/service/execution/

LIGHT FXの特徴

LIGHT FXは、自社で行った約定率調査において、99.9%の約定率を満たしていました。

高い処理能力を誇るシステムで、約定力は抜群です

スプレッドが狭く、かつ約定率が高いので、低コストで安心して取引できます。

LIGHT FXのカバー先金融機関:11社

4.FXブロードネット

出典:https://www.fxbroadnet.com/

FXブロードネットの特徴

FXブロードネットは、取引コストが低いことが特徴です。

特にスプレッドが常に低く設定されているため、売買する際にスプレッド分の費用が低くてよいことになります。

さらに約定力も高いため、取引コストを低く設定しているFX会社です

FXブロードネットのカバー先金融機関:7社

5.JFX

出典:https://www.jfx.co.jp/

JFXの特徴

JFXは、約定スピード最速0.001秒を宣言しており、業界最速水準であることが特徴です。

スキャルピング取引も、完全無制限で1日の取引制限もありません。

さらに、多くの人にスキャルピング専用口座として選ばれているFX会社です

JFXのカバー取引先:1社カバー先のヒロセ通商はカバー先が23件

約定力に関するQ&A

約定力に関するQ&A

FX会社の約定力に変動はありますか?

FX会社の約定力に変動があるとすると、システムを入れ替えて処理能力が上がったとか、カバー先の金融機関が増えることで変動することがありますが、そこまで大きな変動は期待できません

そのような変化がある場合は、FX会社からのお知らせがあると思いますので、ホームページなどをチェックしてみてください。

約定力を重視すべき人はどんな人ですか?

FXトレードにはいくつかトレード手法がありますが、1日に何度も売買を繰り返すスキャルピングという手法やデイトレといった手法があります。

スキャルピングを行っているトレーダーの方にとって、小さい利益を繰り返し取っていく手法のため、一回の約定で数pips取れるか取れないかが、とても重要になってきます。

約定力の低いFX会社を使って、成行注文で1日に何回も注文と決済注文を繰り返す場合、約定するたびに必要のないpipsを損していくことになり得るのです。

つまり、デイトレードやスキャルピングを行っているトレーダーにとって、FX会社の約定力は最も重視すべき特徴だと言えます

約定力についてのまとめ

約定力についてのまとめ

ここまで約定力について説明してきましたが、ご存じの通りFXで資産を増やし続けることは当然至難の業です

少しでも良い条件でトレードをするために見逃してはいけない重要な要素約定力です。

最後に、今回説明した約定力についてのまとめです。

タイトル
  • 約定力とは、注文した価格で取引を成立させる力のこと。
  • 約定力の判断基準の一つである約定率は、FX会社のシステムの処理能力やカバー先金融機関の数などで決まる。
  • もし約定率が高く、約定力のあるFX会社でトレードしていたとしても、相場の流動性が低い時間帯や、取引量の少ない通貨の場合にも、スリッページが起きやすくなる
  • 相場が乱高下し、価格が不安定な場合もスリッページが発生してしまう。
  • 繰り返し何度もトレードをするような、デイトレードや、スキャルピングのトレードスタイルの人にとって、約定力の高いFX会社が向いている

先にも書きましたが、FXで利益を出し続けることはとても難しいことです

利益を出し続けるためには、自分のトレードスタイルに合ったFX会社を選ぶことがとても重要な事だと考えられます。

これまで長期トレードをやっていた方も、是非この機会にデイトレードや、スキャルピングトレードに挑戦してみてください。

FX会社の特徴をしっかりと理解し、FXでしっかりと利益を出し続けましょう