LIGHT FX(ライトFX)の評判調査。スワップポイントやスプレッドはどう?

LIGHT FXを使ってみたいので評判を知りたい
LIGHT FXのスワップポイントやスプレッドを他社と比較したい

こんな疑問を下かけることがあるのではないでしょうか。

この記事ではLIGHT FXを利用してみたい方向けに、スワップポイントやスプレッドの具体的な数値、得られるメリットから利用時の注意点まで詳しく開設していきます。

LIGHT FXがあなたに会うFX会社かどうか判断できるように情報を徹底網羅しているだけでなく、実際にLIGHT FXでトレードしている方の口コミも掲載しているので、是非最後までご覧ください。

LIGHT FXの概要

まず、サービス開始日などLIGHT FXの概要はこのようになっています。

サービス開始日 2018年
運営会社 トレイダーズ証券株式会社
設立日 1999年
運営年数 11年
資本金 2,324,285,000円
所在地 〒105-0013
東京都港区浜松町一丁目10番14号 住友東新橋ビル3号館7階
連絡先 TEL:03-4330-4720
FAX:03-4330-4721

それではLIGHT FXの運営体制などを詳しく確認していきましょう。

LIGHT FXとは?

LIGHT FXについて、他のFX会社と比較しながら解説していきます。

LIGHT FXとは?

LIGHT FXはトレイダーズ証券が運営するFX会社です。

トレイダーズ証券は2005年にヘラクレス、現在のJASDAQに上場しています。

日本で初めてFXのオンライン取引を開始したのがトレイダーズ証券ともいわれており、業界内では先駆者的な存在です。

また、トレイダーズ証券はLIGHT FXのほかにみんなのFXの運営会社でもあります。

みんなのFXが投資を広い範囲でカバーしているのに対し、LIGHT FXはシンプルなFXに特化しています。

FX初心者で基礎からトレードを学んでいきたいならLIGHT FXは最適なFX会社です。

他の会社との違いは?5社で比較

FX会社 USD/JPY(米ドル/円)のスワップポイント USD/JPY(米ドル/円)のスプレッド 取扱通貨ペア数
LIGHT FX 買いスワップ:6
売りスワップ:-9
0.2銭 29通貨ペア
みんなのFX 買いスワップ:6
売りスワップ:-9
0.2銭 29通貨ペア
GMOクリック証券 買いスワップ:7
売りスワップ:-10
0.2銭原則固定 20通貨ペア
DMM FX 買いスワップ:7
売りスワップ:-10
0.2銭 21通貨ペア
トライオートFX 買いスワップ:9
売りスワップ:-33
0.3銭 17通貨ペア

スワップポイント、スプレッドとも最高水準で評判もいいので、利益を取り逃がすことなくトレードに集中できます。

何より、業界最大手ともいえるGMOクリック証券やDMM FXを超える29通貨ペアを取り扱っていることは突出して優れた点と言えるでしょう。

通貨ペア数が多いことが突出して優れた点であると言えます。

LIGHT FXの良い評判・メリット

それではLIGHT FXを利用するメリットについて確認していきます。

タイトル
  • 少額取引が可能
  • 高金利通貨も高水準のスワップポイント
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 99.9%を誇る高い約定力
  • 北欧通貨を含む29通貨ペア
  • 24時間体制の顧客サポート
  • 各種手数料は0円
  • 高機能の取引ツール・アプリ
  • 最大5万円のキャッシュバックキャンペーン

1つずつ詳しくみていきましょう。

1,000通貨単位の少額から取引できる

LIGHT FXは最小1,000通貨単位から取引が可能です。

どうせ国内取引所はレバ低いからなあ…とか思ってたらLightFXは最小取引数小さい!
これは嬉しい。少額でも戦える

国内FX会社の中には最小10,000通貨単位からの取引となっているところもありますが、その場合も必要証拠金はUSD/JPY(米ドル/円)で40,000円ほどになります。

しかし1,000通貨単位から取引ができれば、必要証拠金は1/10の4,000円です。

  • 1,000通貨単位:必要証拠金4,000円
  • 10,000通貨単位:必要証拠金40,000円

1,000通貨単位からの取引に対応していれば、最初から多くの資金が用意できない方でも気軽にトレードを始めることができます。

高水準のスワップポイント(高金利通貨)

スワップポイントの高さはLIGHT FXの最大の魅力ともいえる部分です。

LIGHT FXは2019年と2020年の「みんかぶFX 年間ランキング」スワップポイント部門で第1位を獲得しており、業界でもトップクラスの水準を提供していることが実証されています。

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ
USD/JPY(米ドル/円) 6 -9
EUR/JPY(ユーロ/円) -13 11
GBP/JPY(ポンド/円) 4 -7
AUD/JPY(豪ドル/円) 0 0
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 1 -1
CHF/JPY(スイスフラン/円) -10 10
CAD/JPY(カナダドル/円) 3 -3
ZAR/JPY(南アフリカランド/円) 8.1 -8.1
TRY/JPY(トルコリラ/円) 45 -45
MXN/JPY(メキシコペソ/円) 7 -7
RUB/JPY(ロシアルーブル/円) 12 -12
CNH/JPY(中国元/円) 7 -7

※掲載しているスワップポイントは2021/7/24調査時点のデータです。

USD/JPY(米ドル/円)をはじめとするメジャー通貨はもちろん、TRY/JPY(トルコリラ/円)やZAR/JPY(南アフリカランド/円)など、高金利通貨のスワップポイントも非常に優秀です。

ほかに他社には見られないPLN/JPY(ポーランドズロチ/円)などでも高いスワップポイントが設定されている点も見逃せません。

Twitterで口コミや評判を見ても、LIGHT FXをスワップポイントの高さで選んでいる方は多いようです。

【FX長期投資】
長期でポジションを持つならスワップが高い方が良いですね
ブログで紹介している通り、豪ドル/円や米ドル/円ではLIGHT FXさんがオススメでした。
最近はライブスタート証券さんもスワップが戻ってきてNo.1を目指せるレベルまでになっていました♪

出典:Twitter

やっぱり、トラリピでもスワップは大事だよね
ここ最近、みんF(LIGHT FXも)のユーロ円売りとスイスフラン円売りのスワップがプラスなので、含み損を抱えてても気分が全く違う

出典:Twitter

取り扱っている通貨ペアの多さと全体的に高水準なスワップポイントは、LIGHT FXを選ぶ上で非常に大きな強みとなるでしょう。

1,000通貨から取引することができるので初心者でも気軽に始めることができます。

業界最狭水準のスプレッド

LIGHT FXはスプレッドについても業界最狭水準です。

スプレッドの狭さはGMOクリック証券やDMM FXといった大手FX会社にも全く引けを取らず、取引コストを最小に抑えてトレードできます。

通貨ペア スプレッド
USD/JPY(米ドル/円) 0.2
EUR/JPY(ユーロ/円) 0.4
GBP/JPY(ポンド/円) 0.9
AUD/JPY(豪ドル/円) 0.6
NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 1.0
CHF/JPY(スイスフラン/円) 1.7
CAD/JPY(カナダドル/円) 1.6
ZAR/JPY(南アフリカランド/円) 0.9
TRY/JPY(トルコリラ/円) 1.6
MXN/JPY(メキシコペソ/円) 0.3
RUB/JPY(ロシアルーブル/円) 0.5
CNH/JPY(中国元/円) 0.9
HKD/JPY(香港ドル/円) 1.8

※掲載しているスワップポイントは2021/7/24調査時点のデータです。

Twitterの口コミでもスプレッドの狭さが高評価を受けています。

Light Fxこんなに動いていてもペソ円のスプレッドが0.2で素晴らしい。
スワップ下がったので、メイン口座からサブ口座に変更しようかと思っていたけど悩む

出典:Twitter

今年は、戦略をスワップ複利運用から
微益トレードに切り替えたから、
スプレッドの狭い口座でトレードしよう。

アイネット証券から全額引き出して、
今使ってる「LIGHT FX」
使ってない「みんなのFX」に資金移動する。

使っていないみんFの口座に100万円入金して
残りをLIGHT FXに入れようかな。

出典:Twitter

スワップポイントだけでなく、スプレッドでFX会社を選びたい方にもLIGHT FXはおすすめです。

スプレッドが狭い会社を選びたい人にはおすすめのFX会社です。

99.9%の高い約定力

約定力の高さもLIGHT FXで評判の要素のひとつです。

約定力とはトレーダーの意図通りに注文を成立させる力のことを指します。

注文にはインターネットを通すため、タイムラグによって注文時と約定時のレートがずれてしまうことがあります。

しかし、約定力が高ければレートのズレを小さくできるのです。

ただ、スワップポイントの高さやスプレッドの狭さを強みにしているFX会社は約定力に劣るケースが少なくありません。

約定拒否や数pipsズレて注文が成立するスリッページが起きやすいという弱点があると、せっかくのスプレッドを活かせないことも多々あります。

しかしLIGHT FXは処理性能に優れたサーバーを導入することで99.9%の約定力を実現しています。

約定拒否がほぼ発生しない環境を構築しているため、トレードに専念することが可能です。

高い約定力を誇っているので取引したい価格で取引を行えます。

北欧通貨を含む29通貨ペアの取り扱い

29通貨ペアを取り扱っている点もLIGHT FXの魅力といえます。

USD/JPY(ドル/円)やEUR/JPY(ユーロ/円)といったメジャー通貨はもちろん、TRY/JPY(トルコリラ/円)やZAR/JPY(南アフリカランド/円)などのマイナー通貨も揃っています。

高金利通貨でも取引ができるので、スワップポイント狙いのトレードも行いやすい環境です。

しかもLIGHT FXは非常に珍しい北欧通貨でもトレードすることができます。

珍しい通貨ペア
  • PLN/JPY(ポーランドズロチ/円)
  • NOK/JPY(ノルウェークローネ/円)
  • SEK/JPY(スウェーデンクローナ/円)

これらの通貨ペアを扱っているFX会社は国内業者だとLIGHT FXのほか数社しかありません。

さらにLIGHT FX、みんなのFXを運営するトレイダーズ証券は2021/6/5にRUB/JPY(ロシアルーブル/円)とUSD/JPYラージ(米ドル/円ラージ)の取り扱いも開始しています。

USD/JPYラージ(米ドル/円ラージ)は大量注文に対応しているため、大口取引も可能です。

実際にTwitterでも稀少な北欧通貨に関する口コミが見られ、LIGHT FX特有の強みを活かしているトレーダーが多いことがうかがえます。

みんなのFX、LIGHT FXに追加されたズロチ円が凄まじいスペックでした。

スワップは4.3万ズロチ買い、1万ユーロ売りで1日61円でトップ(年9%超も目指せる)

スプレッドも狭い

1,000通貨取引も手数料無料

ズロチユーロサヤ取りやるなら必須ですね。

出典:Twitter

充実の顧客サポート体制

サポート体制が充実しているところもLIGHT FXがおすすめできる理由のひとつです。

問い合わせは24時間365日受け付けているため、何かトラブルがあればいつでもLIGHT FXに連絡を取ることができます。

さらに24時間の電話対応※も行っているので、トレーダーにとっての利便性が非常に高いFX会社といえるでしょう。

※新型コロナウィルス感染防止対策のために、電話の問い合わせ時間を10時~17時までに限定している期間があります。緊急事態宣言中かどうかでも受付時間が変わるため、問い合わせ前にLIGHT FX公式サイトで確認してください。

各種手数料が0円

LIGHT FXの各種取引手数料は0円となっています。

手数料0円の物
  • 口座開設手数料
  • 取引手数料
  • ロスカット手数料
  • 口座維持手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料

これらが全て無料なので、手数料を気にせずトレードに打ち込むことが可能です。

Twitterでは1,000通貨単位の取引で手数料がかからないことをFX会社選びの基準として考えているトレーダーも見られます。

ちなみにメキシコペソ用のFX口座ですが、「セントラル短資」「みんなのFX」「LIGHTFX」が良いと思います。FXプライムもスワップは高いのですが、ここは10,000通貨単位未満の取引だと、手数料が片道3銭かかってきます。小刻みに2,000~5,000ペソ単位でトレードしたいので、ちょっと選定から外れますね。

出典:Twitter

取引手数料は何回取引しても上限なしで0円で、出金時の振込手数料もLIGHT FX側で負担してくれます。

頻繁に出金したい方や少額取引をしている方も利用しやすい環境といえるでしょう。

ただし一点注意が必要なのが入金手数料で、手数料が0円になるのはダイレクト入金時のみです。

ダイレクト入金はLIGHT FXが提携している金融機関のインターネットバンキング口座からの入金が対象となるため、対象外だと入金手数料が発生してしまいます。

取引を始める前に、FX用に使おうと思っている口座が提携金融機関に当てはまっているかあらかじめ確認しておいてください。

取引前に入金手数料については確認するようにしましょう。

高機能な取引ツール・アプリ

LIGHT FXで使える取引ツールやアプリについては、パソコンとスマートフォンでそれぞれ異なる種類が用意されています。

パソコン版は2種類のツールが用意されており、どちらもWebブラウザで利用できるためダウンロードやインストールの必要がありません。

2つのツールは下のように特徴がわかれています。

ツールの特徴
  • アドバンスドトレーダー:高機能・カスタマイズ可能
  • シンプルトレーダー:初心者向け

FX初心者ならシンプルトレーダー、トレードに慣れてきたらアドバンスドトレーダーと使い分けることが可能です。

アドバンスドトレーダーは高機能性に加えて、自由に画面をカスタマイズできます。

シンプルトレーダーについては直感的な操作性でベーシックな機能に絞られているため、初心者でも扱いやすいツールと評判です。

一方、スマホアプリの場合はLIGHT FXアプリになります。

LIGHT FXアプリでは入出金からマーケット情報の確認までトレードに必要な全ての操作ができます

パソコンだけでなくスマホアプリでも取引ができるのは、外出先からトレードしたい方にも適した環境といえるでしょう。

また、取引ツールとは別に利用できる便利な機能としてこれらも挙げられます。

便利な機能
  • 売買比率&価格分布:LIGHT FXで取引しているトレーダーの売買状況を表示
  • TM(テキストマイニング)サイン:AIによって相場予測を行い売買サインを表示
  • 通貨強弱:テクニカル分析の視点から通貨強弱を可視化したツール
  • ヒートマップ:ファンダメンタル分析の視点から通貨強弱を可視化したツール

いずれもトレードに役立つ機能ですが、特に注目したいのが通貨強弱です。

通貨強弱が把握できると、「円が強くドルが弱い」などの状況が把握できるようになります。

さらに通貨間のボラティリティの差もチャートから視覚的に見て取れるため、トレードへの活用方法は非常に幅広いです。

通貨強弱はトレーダーからも評判の機能なので一見の価値ありです。

みんなのFXとLIGHT FXに追加された通貨強弱、かなり便利ですね

チャートの方は今の通貨の強弱関係がひと目で分かり、ランキングの方は通貨ペア単位でどれが勢いがあり(短期で買いやすい)、どれが弱いかが見れます

ペソやリラ、ズロチとかまで強弱関係を見られるので、かなり重宝します

出典:Twitter

画像はLIGHT FXですが、みんFさんも通貨強弱のチャートが見れるようになってました!
まで見れるのがアツイ!!
特に円の絡まないドルストレートで真価を発揮しそうです

出典:Twitter

最大5万円のキャッシュバックキャンペーン

LIGHT FXでは口座開設で最大5万円のキャッシュバックも行っています。

2021年7月現在だと、2021年7月1日~9月30日までのキャンペーンで5,000Lot以上の取引を行うことで5万円のキャッシュバックが得られます。

新規取引量 キャッシュバック金額
30Lot~100Lot未満 1,000円
100Lot~500Lot未満 3,000円
500Lot~1,000Lot未満 10,000円
1,000Lot~2,500Lot未満 15,000円
2,500Lot~5,000Lot未満 30,000円
5,000Lot以上 50,000円

注意点として、1Lotは各通貨ペア10,000通貨単位、RUB/JPYのみ100,000通貨単位となります。

また、対象者抽出時・キャッシュバック実行時に証拠金残高が0円、もしくは口座解約をしていた場合は辞退扱いになりキャッシュバックは受け取れません。

Lot数の制約はあるものの、キャッシュバックキャンペーンが随時実施されていることはシンプルにトレーダー側のメリットです。

LIGHT FXの振込はっや!
昨日の夜に申請→今日振込完了

1000円FX口座に残し
3ヶ月後に8000円ゲット
30lotのボーナス1000円
スプレッド分の負け600円なき

8000+1000-600=8400
8400円コジコジ

教えてくれたおはむ師匠ありがとう

簡単なのでやりたい人は紹介しますよ

出典:Twitter

キャンペーンの内容は随時変更されているため、口座開設前には必ずLIGHT FXの公式サイトを確認するようにしてください。

最大5万円のキャッシュバックキャンペーンを利用することでFXをお得に始めることができます。

LIGHT FXの悪い評判・デメリット

ここからはLIGHT FXを利用する際にデメリットとなる事柄を挙げていきます。

LIGHT FXのデメリット
  • デモトレードが利用できない
  • 自動売買を提供していない
  • マーケットの情報量が少ない
  • メンテナンスが毎日実施されている

デメリットとなるのはこれらの4つですが、トレードスタイルによっては気にならないものも含まれています。

自分自身のトレードスタイルから考えて致命的なデメリットとなるかどうかを判断しましょう。

デモトレードできない

LIGHT FXのデメリット1つ目はデモトレードができないことです。

デモトレードは仮想資金で本番同様の取引を行えるので、トレードの練習に最適です。

FX初心者にとって本番環境でいきなりトレードするのはハードルが高いですが、デモトレードなら負けても資金が減ることはありません。

また、デモトレードは各FX会社の取引ツールを実際に使える貴重な機会です。

実際の取引を始める前に取引ツールを確認できるため、トレードの感触を知ってから取引を開始できます。

ですがLIGHT FXではデモトレードがないので、こうした利点を得ることはできません。

デモトレードであらかじめ練習をしておきたい場合は他社のツールで体験しておく必要があります。

また、LIGHT FXを使用し始める際は少額で取引方法の確認をしておくことが大切です。

ただし、LIGHT FXは最小1,000通貨単位なので、少額で取引の感覚を掴むには最小1万通貨単位のFX会社よりも低リスクで取引可能です。

自動売買できない

LIGHT FXは自動売買ができない点もデメリットといえます。

自動売買には、

自動売買のメリット
  • システムに任せれば良いので経験が浅くても扱いやすい
  • 時間帯を問わずトレードができる
  • システムトレードなので感情に左右されない

というメリットがあり、初心者にとっては非常に頼りになるシステムです。

しかしLIGHT FXだと自動売買が使えないため、トレードの選択肢は裁量取引のみに限られます。

【2020年4月12日(日)】

「LIGHT FX」
「インヴァスト証券」
上記2つのFX会社を口座開設

「LIGHT FX」
→ポンド円のスプレッドが安め
「インヴァスト証券」
→自動売買
上記理由

お金の問題があるので、早くて火曜から実際に取引予定

ちなみに、今は「DMM FX」を使用

出典:Twitter

裁量取引はトレーダー自身がチャートを分析し、エントリーするポイントや決済のタイミングを決めなければいけません。

また、初心者の失敗にありがちな感情のコントロールとも向き合う必要があります。こういった面に不安を抱えている方は自動売買の方が堅実といえるでしょう。

ただし、自動売買ができないことは見方を変えれば裁量取引を練習するチャンスとも捉えられます。

システムに取引を任せる自動売買であっても、チャート分析や経済指標などのマーケット情報に関する知識を有していれば安定感が大幅に増します。

カスタマイズ性のある自動売買システムなら、相場に詳しくなることでより勝率の高いシステムを組むことも可能です。

裁量取引のスキルを伸ばすことは相場を読む力を身につけることでもあるので、基礎を学ぶ環境としてLIGHT FXは申し分ありません。

自動売買ができないことに注意しておくようにしましょう。

マーケットの情報量が少ない

LIGHT FXは情報面についてはあまり強くありません。

マーケット情報の発信は「FXi24」からのみで、得られる情報に限りがあります。

情報が偏ってしまったり、情報不足に陥るリスクがあることに注意しておきましょう。

特にファンダメンタル分析をトレード手法の主体としている方には不自由な環境になってしまうかもしれません。その場合、他社でも口座開設しておくなどの対策も必要です。

しかし、情報量が限られていることは見方によってはメリットにもなります。

なぜならFX初心者にとって情報量の多さは逆にネックになることがあるためです。

マーケット情報はFXで勝つために非常に重要ですが、情報が多すぎると逆に重要な情報がどれかがわからなくなってしまいます。

そのため、仕入れる情報を絞るという面ではLIGHT FXの情報量の少なさがかえって有利に働くことも考えられるでしょう。

LIGHT FXは情報提供量が少ないことに注意しておくべきです。

毎日のメンテナンスで取引時間が削られる

メンテナンスの頻度と取引時間もLIGHT FXを利用する際は気をつけなければいけません。

曜日 メンテナンス時間
月曜日 6:00~6:25
火曜日~金曜日 6:50~7:10
(夏時間の場合は5:50~6:10)

このように、LIGHT FXでは毎朝20分ほどメンテナンスを行っています。メンテナンス時間中は取引が不可能で、レートも配信されません。

LIGHT FXの口座開設通知が届いた〜入金しよ〜と思ったら

ただいま定期メンテナンス中につき
ログインができません。

出典:Twitter

Light FXこの時間になにメンテナンスしてんだよ!何かトラブったか?
と思ったら土曜日だったww

最近株ばっかり見ててFX放置気味だからな

出典:Twitter

24時間取引ができるFX会社もある一方で、毎日メンテナンス時間が入ってトレードタイミングが減少することはデメリットとなる可能性があります。

ですが、そもそも朝の6時~7時台はそれほど相場が活発な時間帯ではありません。

最も人気のある通貨ペアUSD/JPY(ドル/円)の取引量が増えてくるのは夜の21時~22時頃なので、取引する通貨ペアによっては取引時間への影響はほとんどないといえるでしょう。

メンテナンス時間に取引を行いたいと考えている人は他の会社を利用することをおすすめします。

LIGHT FXがおすすめな人

「高水準のスワップポイント(高金利通貨)」で解説したように、LIGHT FXはスワップポイント比較ランキング1位の実績を誇るFX会社です。

高金利通貨
  • TRY/JPY(トルコリラ/円)
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円)
  • ZAR/JPY(南アフリカランド/円)

これらの高金利通貨でスワップ運用を狙いたい方にはLIGHT FXが非常におすすめできます。

どれだけのスワップポイントが発生するかが計算できるシミュレーションツールも提供しているため、計画的に長期運用を行っていきたい方に最適でしょう。

また、LIGHT FXはスプレッドも業界最狭水準を維持しているため取引コストを抑えたい方にも向いています。

特にスキャルピングなどで取引回数が多くなる場合はスプレッドが狭いほど利益を上げやすくなります。

スワップポイントの高さに加えて狭いスプレッドで取引コストを抑えることができれば、効率よく資金運用を行うことが可能です。

LIGHT FXをおすすめしない人

一方で、以下に当てはまる場合はLIGHT FXはおすすめできません。

LIGHT FXをおすすめしない人
  • デモトレードをしてから利用するかどうか決めたい
  • 自動売買を使ってトレードがしたい
  • 豊富なマーケット情報をもとに判断したい

「LIGHT FXの悪い評判・デメリット」で挙げたように、LIGHT FXにはデモトレードがありません。

また自動売買も利用できないので、これらの機能を重視している方はLIGHT FXよりもみんなのFXのようなFX会社を選んだ方が使いやすいでしょう。

LIGHT FXの口座開設手順

それでは、LIGHT FXの口座開設手順を説明していきます。

LIGHT FXの口座開設は4ステップのみで完了です。

滞りなく進めば手続きは最短5分で終わり、翌日から取引を始めることが可能です。

少しでも早く口座開設を行いたい方は下記のポイントを押さえて事前に用意しておきましょう。

口座開設手順
  • スマホから申し込みを行う
  • Gmailなどのメールアドレスを作成しておく
  • 身分証明書(免許証やマイナンバー)を用意しておく

(step1)申し込みフォーム入力

申し込みフォームの入力では規約の確認や個人情報、投資経験などの記入を行います。

年収については自分自身の所得金額のみを記入するようにしましょう。配偶者の収入や、親からの仕送りなどは含まれないため注意が必要です。

年収は審査において非常に重要な項目なので、正確に記載してください。

投資可能資産の金額については年収の50%以下になるよう記入することをおすすめします。

また、学生でLIGHT FXの口座開設を行いたい場合はアルバイトとして働いているかどうかで記入事項が異なります。

アルバイト収入がある方はパート・アルバイトを選択し勤務先を記入してください。アルバイト収入がなければ学生を選択し、勤務先に学校名を記入します。

(step2)必要書類の提出

必要書類の提出は郵送かファイルのアップロードで行えます。

ファイルのアップロードならパソコン・スマホどちらでも口座開設は可能ですが、スマホで口座開設を申し込めば本人確認書類などを簡単に提出できるのでおすすめです。

必要書類については、

必要書類
  • マイナンバーカードのみ
  • マイナンバー通知カード+顔写真つき本人確認書類
  • マイナンバー通知カード+顔写真なし本人確認書類2点

このいずれかで条件を満たすことができます。本人確認書類として使用できるものは以下の通りです。

顔写真つき本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
顔写真なし本人確認書類
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

マイナンバーカードなら提出書類が1枚だけになり最も手軽です。

また、スマホで手続きを行えばカメラ機能で写真を撮ることで申し込みと同時に書類提出を終えられます。

審査時間が最短で済むため、素早く口座開設を行いたい方はスマホで申し込みを進めましょう。

ただし、スマホで書類提出を行う場合、写真を撮る際に下に挙げた例に該当しないよう気をつけてください。

書類提出の際の注意事項
  • 光が反射して文字が読めない
  • 提出書類の一部が隠れて見えない
  • 提出書類の全体が映っていない
  • ピントが合っておらずぼやけている

せっかく書類を提出しても必要な項目が見えていないと手続きがスムーズに進まないため、写真撮影時にしっかり全体が映っているかチェックしましょう。

(step3)口座開設通知の受取り

審査に通過すれば口座開設通知が届きます。

簡易書留郵便でログイン情報が記載された書類が届くので、記載の情報をもとに取引システムにログインしましょう。

(step4)入金、振込後取引開始

口座開設が完了したら入金を行えば早速取引を始めることができます。

入金方法はダイレクト入金か振込入金のどちらかになりますが、ダイレクト入金なら手数料が無料になるためコストを抑えることが可能です。

ほかにも24時間いつでも即時入金になることや、スマホからでも操作が行えるなどのメリットがあります。

LIGHT FXでは初回入金額の制限はないので、資金額に合わせて無理のない範囲で入金を行いましょう。

まとめ

LIGHT FXは優れたスワップポイントスプレッドの狭さが評判のFX会社です。

特にスワップポイントは業界大手のFX会社と比較しても劣らないため、スワップ狙いのトレードを検討している方には非常におすすめです。

また、FX初心者でも扱いやすいシンプルなトレードツールを提供している一方で、マイナー通貨を含む29通貨ペアで取引可能かつ高い約定力など、初心者からプロトレーダーまで利用しやすい環境も魅力といえます。

キャッシュバックキャンペーンも充実しているため、デモトレード自動売買にこだわりがないなら一度は必ず試したいFX会社といえるでしょう。

監修者情報
ひろぴー/FXコラムニスト
CXRエンジニアリング株式会社 代表取締役 2010年からFX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、FX取引で資産を急激に増加、この年からFX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。 現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。