FXのMT4とは?スマホでできる?自動売買の使い方やメリット、おすすめ口座を紹介

mt4で何ができるの? どうやって使うの?
mt4が使える口座を知りたい!

mt4は取引のために必須のツールなのですが、最初は複雑そうに感じてしまいがちです。

しかし、専業のトレーダーが絶賛するほどの高性能なツールなので、mt4を使えないままではもったいないと言っても過言ではありません。

そこで、この記事ではmt4は何か?といった基本的な説明やmt4の使い方、mt4を利用できる国内FX業者を解説します。

mt4について理解することで、あなたもFX取引がスムーズにできるようになり、トレード技術の向上にもつながります!

「mt4」をざっくりいうと
  • mt4は、FX取引をするためのツール
  • 多くのチャートツールやテクニカル分析ツールが搭載されていて、カスタマイズ性にもすぐれている
  • 無料でダウンロードすることができる
  • 最初は使いこなすのが難しいが、慣れてくれば気にならない
  • mt4に対応している国内業者は『楽天証券』、『GMOクリック証券

\最大30万円キャッシュバック/

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

FXのmt4とは?

mt4とは、世界中で最も多くのユーザーに利用されているFX専用の取引ツールです。

ロシアのMetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)社が提供しています。

mt4は非常に多くの機能を持っており、他のFX業者が提供している取引ツールに比べて、圧倒的に使いやすいんですよ。

また、拡張性にも優れており自由度の高い売買を行うことができます。

たとえば自分で作成した自動売買プログラムを使って自動取引を行ったり、自分で作成したテクニカル指標を使って細かいテクニカル分析ができるようになります。

しかも、自分のFX口座を持っていれば無料でmt4をダウンロードして使うことができる点も魅力です。

FX初心者はもちろん、その拡張性の高さから中・上級者にもおすすめできるツールです。

mt4のメリット

そう言っても、本当にmt4を使うメリットはあるの? 他のツールでもいいのでは? と思っているかもしれません。

確かにチャートを表示するだけなら他のツールでも良いかもしれません。

でも、mt4には選ばれている理由がしっかりとあるのです。

mt4には具体的にどのようなメリットがあるのかを説明します。

高性能なチャートツール

mt4にはバーチャートローソク足ラインチャートなど、様々なチャートが用意されています。

また、複数のチャートを同時に表示することができます。

異なる通貨や時間軸のチャートを並べて表示することができ、さらに水平分割・垂直分割など表示方法も自由自在

ウインドウの大きさも自由に変えられるので、自分が見やすいように配置できます。

背景色やローソク足の色、インジケーターの線の色まで細かく設定できて、視覚的に分かりやすいチャートを作ることができるんです。

直感的に分かりやすいチャートを使うことで、取引の判断もしやすくなりトレード成績の向上にもつながるのではないでしょうか。

豊富なテクニカル分析

mt4には、なんと50種類以上のインジケーターが搭載されています。

インジケーターとは、テクニカル分析をする時に指標となる補助的なツールのことで、移動平均線RSIボリンジャーバンドなどが含まれます。

もちろん、この他にもたくさんのインジケーターをmt4で使うことができます。

この膨大なテクニカル指標を使うことで分析の幅が広がることは間違いありません。
インジケーターの表示や設定などの操作もとても簡単にできます。

しかも、初期から搭載されているインジケーターだけでなく、ネット上で配布されている新しいインジケーターを追加することができます。

プログラミングができる方であれば、自分で新しいインジケーターを開発することも可能です。

上級者になれば自分好みのインジケーターをプログラムすることもできます。

カスタマイズ可能な自動売買システム

mt4にはEA(Expert Adviser)と呼ばれる自動売買システムを組み込むことができます。

EAとは、あらかじめプログラムされた条件がチャート上で満たされた場合に自動で取引の注文を行ってくれるツールのことです。

EAを導入するだけで自動的に取引の注文を行ってくれます。

もし優位性のあるEAを導入できれば、放っておくだけでどんどん自動で利益を得ることもできてしまいます。

EAもインジケーターと同じように多くのデータが配布されており、プログラミングによって自分でEAを開発することも可能です。

mt4にはバックテスト機能もあり、手に入れたEAが有用であるかどうかを予め試すことができます。

ネット上で手に入れたEAを本格的に導入する前に試せると、その後のトレードに対して安心感がありますよね。

こうした嬉しい機能があることもmt4の強みです。

自動売買を利用すれば完全放置でも常に利益を狙うことができます。

mt4のデメリット

嬉しいメリットがたくさんあるmt4ですが、当然デメリットも存在します。

使い慣れるまで難しい

まずデメリットとして挙げられるのは、使い慣れるまでが難しいという点です。

先程、mt4のメリットとして非常に多くのツールが搭載されており、拡張性が豊富であると述べました。

こうしたメリットを裏返してみると、初心者にとっては使いこなせないというデメリットに変わります。

mt4が海外製のソフトということもあって最初は使いにくく感じることもあるかもしれません。

しかし、一旦mt4の操作に慣れてしまえばこのデメリットはそこまで気にならないのではないでしょうか。

操作を覚えるまでが大変なのは確かですが、一旦理解してしまえばこのデメリットはないも同然です。

始めは難しく感じるかもしれませんが、使いこなせるようになると役に立つこと間違いなしです。

対応しているFX会社が限られている

もう一つのデメリットとしては、mt4に対応している国内業者が少ないということが挙げられます。

mt4に対応しているFX口座を持っていなければmt4を使うことができません。

限られた業者の中から選択して口座を開設しなければならないためどうしても選択肢が狭くなってしまいます。

後ほど、mt4に対応している国内業者をいくつか紹介しますので、参考にしていただけたら幸いです。

mt4の使い方

mt4を使うには、mt4に対応しているFX会社で口座開設をしましょう。

口座を開設したらmt4をダウンロードし、お使いのPCにインストールするとすぐに使うことができます。

mt4はWindows・macどちらのバージョンも存在しています。
お使いのOSに従ってインストールしましょう。

mt4を開くと、IDパスワードの入力が求められます。

口座を開設した時に発行されたIDとパスワードを入力するとmt4にログインすることができます。

最初にmt4を開くと、

mt4使い方_ 基本

このような画面になっています。

各ウィンドウはこんな感じになっています。

mt4使い方_ウィンドウ

各ウィンドウの説明
  1. ツールバー:チャート設定などに使う機能がまとまっています。
  2. 気配値ウィンドウ:各通貨の価格がリアルタイムに表示されています。
  3. ナビゲーター:チャートに表示したインジケーターなどを見ることができます。
  4. チャート:各通貨のチャートです。
  5. ターミナル:取引の内容や各種情報が書いてあります。

チャートツール

初期の状態では4種類のチャートが表示されていますが、他のチャートも見てみたいですよね。

ですから一旦チャートを全て閉じ、自分の見たいチャートを開いてみましょう。

ここでは例として、ドル円のチャートを表示してみます。

ツールバーの左上にある「ファイル」をクリックし、「新規チャート」をクリックします。

mt4使い方_チャートを開く

すると、通貨の選択ができるようになります。

mt4使い方_チャートを開く

自分が表示したい通貨を選んでクリックするとチャートが開きます。

表示されている6つの通貨ペアの他に「Forex 2」、「Forex3」のタブの中にもさまざまな通貨ペアがあるので、目当ての通貨を探してチャートを開きましょう。

mt4使い方_チャートを開く

新しくドル円のチャートを開くことができました。

また、ツールバーの

mt4使い方_ツールバー

この部分をクリックすることでチャートの種類を変更することができます。

チャートにはバーチャート、ローソク足、ラインチャートの3種類があります。

バーチャート

バーチャート

ローソク足

ローソク足

ラインチャート

ラインチャート

最もよく使われるチャートはローソク足なので、ローソク足に設定しておくことをおすすめします。

mt4使い方_ツールバー

この部分をクリックすると、チャートの時間足を変更することができます。

また、ツールバーの「ウィンドウ」をクリックし「ウィンドウの整列」を選択すると適当に配置されたウィンドウを整列することができます。

mt4使い方_整列

このように、先程の適当に配置されたチャートがきれいに整列されました。

mt4使い方_整列

同様に水平分割・垂直分割も簡単にできます。

水平分割

mt4使い方_水平

垂直分割

mt4使い方_垂直

次は、チャートの色を変更してみましょう。

色を変更したいチャートを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

mt4使い方_色を変える

するとこのようなポップアップが開きます。

mt4使い方_色を変える

背景色やグリッドの色、ローソク足など、チャートに使われる色を詳細に設定できます。

背景色を白、上昇バー、上昇ローソク足を赤、下降バー、下降ローソク足を青にしたものがこちらです。

mt4使い方_色を変える

先程とは全く印象が違いますよね。
より鮮明になり、視覚的に分かりやすいチャートになりました。

このようにmt4では詳細なチャート設定をすることができます。
ぜひ、自分に合ったチャート設定にしてみましょう。

テクニカル分析

チャートを表示することができたら、次はインジケーターを表示してみましょう。

一般的なインジケーターは最初からmt4に入っているので、簡単な操作をするだけで表示することができます。

例として、移動平均線をチャートに表示してみましょう。

mt4上部のメニューバーから「挿入」を選択します。
「インディケータ」の部分にカーソルを合わせるとたくさんのインジケーターの名前が表示されます。

mt4使い方_インジケーター

今回は移動平均線を表示するので、「Moving Average」を選択します。

mt4使い方_インジケーター

「Moving Average」を選択すると、このような設定画面が開きます。

mt4使い方_インジケーター

移動平均線の期間や線の色、線の太さも細かく設定することができます。
「OK」を押すと設定したインジケーターがチャート上に表示されます。

mt4使い方_インジケーター

このようにしてインジケーターをチャート上に表示することができました。

複数のインジケーターを同時に表示することもでき、より深いチャート分析ができるようになります。

自動売買システム

最後に、自動売買システムの導入方法を説明します。

EAはネット上で配布されており、有料・無料のどちらもあります。

最初のうちは試しに無料のEAをダウンロードして使ってみるのがいいのではないでしょうか。

まずは、インターネットからEAを手に入れます。

EAをダウンロードする時は、デスクトップなどの分かりやすい場所に保存しましょう。

EAファイルは.mq4という拡張子になっています。

ツールバーの「ファイル」をクリックし、「データフォルダを開く」を選択します。

mt4使い方_EA導入

すると、このようなウィンドウが開きますので、「MQL4」というフォルダをクリックします。

mt4使い方_EA導入

その中に入っている「Experts」というフォルダを開いてください。

mt4使い方_EA導入

このフォルダの中に、導入したいEAのファイルをドラッグ&ドロップして移動させます。

今回は「TrapRepeatIFD」というEAを導入してみます。

mt4使い方_EA導入

EAファイルを移動したら、一度mt4を再起動します。

これでEAを導入することができました。

しかし、まだEAは動いていません。

次はEAを起動する手順を説明します。

MT4を再起動したらナビゲーターのウィンドウにある「エキスパートアドバイザ」を開きます。
導入したEAのファイル名が表示されているので、それを右クリックして「チャートに表示」をクリックします。

mt4使い方_EA起動

すると、ポップアップが表示されます。
「全般」タブを開き、「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する」のチェックボックスをクリックしてチェックが入った状態にします。

mt4使い方_EA起動

「OK」を押してポップアップを閉じます。

その後、ツールバーの「ツール」を開き、「オプション」を選択します。

ウィンドウが開いたら、「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションでのみ有効)」にチェックを入れます。

mt4使い方_EA起動

「OK」を押したらEAが稼働します。
チャートウィンドウの右上に笑顔のマークが追加されていればEAは稼働しています。mt4使い方_EA起動

EAを停止したくなったらツールバー「自動売買」をクリックするだけで停止します。

mt4使い方_EA起動

以降はツールバーの「自動売買」を押すことでEAのon/offを切り替えることができます。

mt4の操作に関する説明は以上です。

少し複雑な操作もあったかもしれませんが、基本的な操作なのでぜひ身につけてみてください。

mt4に対応しているおすすめ口座3選

mt4を利用するには、mt4に対応しているFX会社の口座を開設しなければいけません。

しかし、mt4が使える国内業者は限られています。

今回はmt4に対応している国内FX業者の中から3社を紹介します。

楽天証券

楽天証券の特徴
  • 日本経済新聞が無料で購読できる
  • カスタマーサービスが充実している

取り扱い通貨 26通貨ペア
取引最小単位 1,000通貨単位

楽天証券では口座を持っていれば誰でも「日経テレコン」というサービスが利用できます。

これは日本経済新聞の記事が無料で読めるサービスです。

トレードをする時には情報は欠かせません。

FXに必要な情報が無料で読めてしまうのでトレードを有利に行うことができるでしょう。

また、楽天証券は充実したカスタマーサービスを行っています。

3年連続で最高位の評価である「三つ星」を受賞しているんですよ。

トレードのやり方が分からない初心者でもサポートが受けられて安心です。

GMOクリック証券

GMOクリック証券の特徴
  • 高水準のスワップポイント
  • 日本一の取引高

取り扱い通貨 20通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨

GMOクリック証券日本のFX業者で1番取引高が高いのが特徴です。

つまり、多くの人がGMOクリック証券を使ってFXを行っているということであり、信頼感の高さがうかがえます。

GMOクリック証券の特徴は、スワップポイントが他の業者に比べて高いことです。

スワップポイントとは、取引している通貨間の金利差を調整するための差分です。

日本円のような低金利の通貨を売り、新興国などの高金利の通貨を買うことで金利の差分を受け取ることができます。

スワップポイントはポジションを持った状態で日付をまたいだ時に付与されます。

つまり、ポジションを持ち続けている限りスワップポイントが毎日もらえるのです。

高水準のスワップポイントを受け取り続けることでどんどん利益が積みあがっていきます。

スワップポイントを主体としたトレードがしたい方にはおすすめの会社です。

FXのmt4とは?|まとめ

以上、mt4の特徴や使い方、mt4が使える国内業者について解説しました。

これまでmt4についてあまりよく知らなかったあなたも、これで少しmt4への理解が深まったのではないでしょうか。

FXは取引を繰り返しながら上達していくものです。

ぜひ、今回覚えたmt4を活用してみてくださいね!

今回の内容のまとめです。

タイトル
  • mt4は、FX取引をするためのツール
  • 多くのチャートツールやテクニカル分析ツールが搭載されていて、カスタマイズ性にもすぐれている
  • 無料でダウンロードすることができる
  • 最初は使いこなすのが難しいが、慣れてくれば気にならない
  • mt4に対応している国内業者は「楽天証券」、「GMOクリック証券」

\最大30万円キャッシュバック/

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

監修者情報
ひろぴー/FXコラムニスト
CXRエンジニアリング株式会社 代表取締役 2010年からFX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、FX取引で資産を急激に増加、この年からFX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。 現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。