SBIFXトレードの評判・口コミは良い?キャンペーンからメリット・スプレッドも解説

「SBIFXトレードってどんなFX会社?」

ネット証券大手のSBIグループが提供する「SBI FX トレード」。

少額からFXを始められるという特徴で有名なFX会社です。

そんなSBI FX トレードのメリット、ユーザからの評判をご紹介していきます。

SBIFXトレードとは?

FXおすすめ_SBIFXトレード

SBI FXトレードはSBIグループの会社が運営しているFX会社です。

数あるFX会社の中でも有数の人気度を誇り、多くの人から支持されています。

メリットやデメリットはこれから詳しく解説しますが、大まかに言うと少額で取引を行いたい方におすすめできる会社です。

通貨ペア数 34種類
最小取引単位 1通貨
取引手数料 無料
口座維持費 無料
レバレッジ 25倍
スプレッド ドル円:0.00~0.09銭
ユーロ円:0.3銭
口座開設数 約30万口座
入出金手数料 クイック入金:無料
通常入金:顧客負担
※出金手数料は無料

SBIFXトレードの10個のメリット

SBIFX_メリット

SBI FXトレードのメリットとしては、主に以下の10個が挙げられます。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:1通貨単位で取引できる

SBIFX_通貨単位

SBI FXトレード最大のメリットは1通貨単位で取引できるところです。

通常、FX会社では1,000通貨単位で取引できるのが普通です。

しかし、SBI FXトレードは1通貨単位なので、数百円程度の極めて少額からでもFX取引を開始できます。

そのため、FX取引を始めたいものの、多額をかけるのは怖いという方を中心におすすめです。

メリット②:各種手数料が無料

SBIFX_手数料

SBI FXトレードは、各種手数料が無料という点が強みです。

具体的には、SBI FXトレードでは以下のような手数料がかかりません。

SBI FXトレードではかからない手数料
  •  出金手数料
  • クイック入金手数料
  • 口座開設費用
  • 口座維持費用
  • 取引手数料
  • ロスカット手数料

スプレッドなど必要最低限の手数料はかかるものの、それ以外は基本的に無料です。

手数料が高いとせっかくトレードで得た利益が減ってしまいます。

各種手数料が有料な業者もあるため、手数料が無料なのはSBI FXトレードならではの強みと言えるでしょう。

メリット③:スプレッドが業界最狭水準

SBIFX_スプレッド

SBI FXトレードは、業界最狭水準のスプレッドを売りにしています。

スプレッドとは、通貨の買値と売値に生じる差のことです。

例えば、1ドルあたりの売値110.305円、買値110.308円の場合、スプレッドは0.003円(=0.3銭)となります。

スプレッドは通貨ペアやFX業者によって異なりますが、少しでも多くの利益を増やすために、できるだけ狭いスプレッドのFX業者を選ぶことがおすすめです。

SBI FXトレードでは、なんとUSD/JPYのスプレッドが無料になる瞬間があります。

他の通貨ペアにおいても業界最狭水準レベルの数値を示しています。

そのため、スプレッドを重視するトレーダーにとって、SBI FXトレードはおすすめの業者と言えるでしょう。

メリット④:取引ツールが豊富

SBIFX_取引ツール

SBI FXトレードでは初心者から上級者まで使用できる取引ツールやスマホでもトレードができるツールを取り揃えています。

具体的にSBI FXトレードが取り揃えている取引ツールは以下のとおりです。

SBI FXトレードの取引ツール
  •  リッチクライアント版取引ソフト
  • WEB版取引サイト
  • 新スマートフォン取引アプリ
  • スマートフォン取引アプリ

メリット⑤:最大5万円が受け取れるキャンペーンを実施中

SBIFX_キャンペーン

SBI FXトレードは最大5万円が受け取れるキャンペーンを実施しているのも魅力的です。

具体的には、SBI FXトレードでは、1口座当たり最大50,000円受け取れるというキャッシュバックキャンペーンを行っています。

SBI FXトレードではその他にもさまざまなキャンペーンを行っています。

公式ページで確認してみましょう。

メリット⑥:約定力が高い

SBIFX_約定力

SBI FXトレードのメリットとしては、約定力が高いことも挙げられます。

約定力とは、注文したレートのとおりに取引を成立させる能力のことです。

FX取引ではシステム上のタイムラグなどが原因で注文したレートと約定レートにずれが生じてしまう場合もあります。

SBI FXトレードでもずれ自体は生じますが、ほとんどの約定が1pips以内に収まるため、約定力が高いFX会社と言えます。

メリット⑦:企業としての安定性が高い

SBIFX_安定性

SBI FXトレードのメリットとしては、企業としての安定性が高いことも挙げられます。

SBI FXトレードの母体はさまざまな金融サービスを展開しているSBIグループであり、その安定性は抜群と言えます。

また、SBI FXトレードの自己資本規制比率は2020年9月末の時点で1,655.2%です。

自己資本規制比率とは、業者の財務状況の健全性を測る指標です。

この数値が高ければ高いほど取引の安定性(約定力)が高く、倒産のリスクが少ない業者といえます。

業者として運営していく中で、自己資本規制比率は120%以上が最低条件となっている中、SBI FXトレードの自己資本規制比率は1,655.2%と最低水準の10倍以上の高水準を記録しています。

万が一、業者が倒産した場合でも信託保全がされていれば預けていた証拠金は返還されますし、SBI FXトレードは万が一に備え、預け入れ資産と企業の資本は区分管理されているため、倒産した場合も資産が返還されます。

つまりSBI FXトレードは約定力が高いだけでなく、倒産した際の資金消滅リスクが極めて低い、安全性の高いFX業者と言えるでしょう。

メリット⑧:積立FXができる

SBIFX_積立

SBI FXトレードのメリットとしては、積立FXができる点も挙げられます。

積立FXとは、外国通貨を定期的に購入できるサービスです。

外国通貨を購入することで、日本円との金利差からスワップポイントを得られるため、特にスワップポイント狙いでFX投資を行いたい人にはおすすめできるサービスと言えます。

メリット⑨:通貨ペアが豊富

SBIFX_通貨ペア

SBI FXトレードのメリットとしては、通貨ペアが豊富なことも挙げられます。

SBI FXトレードでは業界でも多い、以下の34の通貨ペアを取り扱っています。

SBI FXトレードの通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アフリカランド/円
  • ノルウェークローネ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • トルコリラ円
  • メキシコペソ円
  • 中国人民元/円
  • 韓国ウォン/円
  • 香港ドル/円
  • シンガポールドル/円
  • ロシアルーブル/円
  • ブラジルレアル/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/ポンド
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/カナダドル
  • ユーロ/豪ドル
  • ユーロ/NZドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • 英ポンド/豪ドル
  • 英ポンド/スイスフラン
  • 豪ドル/NZドル
  • 豪ドル/スイスフラン
  • 米ドル/中国人民元

そのため、多くの人は自分が取引したい通貨ペアでの取引が可能でしょう。

メリット⑩:暗号資産CFDの取引ができる

SBIFX_CFD

SBI FXトレードのメリットとしては、暗号資産CFDの取引ができることも挙げられます。

そもそもCFDとは、投資商品の中でも、現物での受け渡しをせずに、差額だけのやり取りが発生する取引のことです。

広い意味ではFXもCFDに含まれます。

その中でも、SBI FXトレードでは、ビットコインと日本円のペアなど6つの銘柄で暗号資産CFD取引が行えます。

FXだけでなく、暗号資産の取引も行いたい人を中心におすすめと言えます。

SBIFXトレードの5つのデメリット

SBIFX_デメリット

SBI FXトレードのデメリットとしては主に以下の5つがあります。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:取引ツールが使いにくい

SBIFX_取引ツール

Twitter、みん評、知恵袋など様々な口コミサイトを調査したところ、SBI FXトレードは取引ツールが使いにくいという評価や口コミが多数ありました。

どうやらツールの機能がFX玄人向けに作られており、初心者には分かりにくいらしいのです。

実際に使用している方の口コミなので、信憑性は高いかと思います。

そのため、FXトレードをする際、シンプルな取引ツールを重視するトレーダーの方は、他業者の利用を検討してみてもいいかもしれません。

デメリット②:システムトレード機能がない

SBIFX_システムトレード

SBI FXトレードには自動購入による積立機能はありますが、システムトレード機能はありません

システムトレードは業者やツールごとに決めたルールに従って、自動で機械的にトレードする投資方法です。

構築したシステムに従って機械的に自動売買するので、FXトレードにおける感情を排除する手段として有効です。

トレードの負け分を取り返そうと感情的に熱くなり、さらに損失を増やしてしまったという経験はありませんか。感情を余計なリスクと考え、システムトレードを中心にFXトレードを行うトレーダーも多いです。

シストレでトレードを重視したい方は他業者の利用を検討してみてもいいかもしれません。

デメリット③:取引量が多い人には不向き

SBIFX_取引量

SBI FXトレードのデメリットとしては、取引量が多い人には不向きであることも挙げられます。

SBI FXトレードでは取引量が少ない段階でのスプレッドは業界最狭水準なのですが、取引量が多い時のスプレッドは比較的広いです。

そのため、FXで多額を取引したいのであれば、SBI FXトレードはあまり優れたFX会社というわけではありません。

デメリット④:証拠金不足でのアラートメールがない

SBIFX_アラートメール

SBI FXトレードのデメリットとしては、証拠金不足でのアラートメールがないことも挙げられます。

これは文字通りですが、アラートメールがないため、証拠金不足に気づきにくくなるので注意しましょう。

このデメリットを解消するためには、こまめに口座を確認するなどの対策が必要です。

デメリット⑤:問い合わせ受付時間が短め

SBIFX_問い合わせ

SBI FXトレードのデメリットとしては、問い合わせ受付時間が短めであることも挙げられます。

SBI FXトレードの電話でのお問い合わせの受付は平日9~17時とやや短めになっています。

ただ、SBI FXトレードでは他にもお問い合わせフォームやチャットボットなどで問い合わせることもできます。

合わせて活用していきましょう。

SBIFXトレードの評判を実際の口コミで確認

SBIFX_評判

この見出しでは、SBI FXトレードに寄せられた実際の口コミを以下のタイプ別に見ていきましょう。

SBI FXトレードの評判を実際の口コミで確認

良い口コミ

SBIFX_良い

一週間程度使用してみての感想です。FXの取引自体が初めてだったので、他社との比較についてはコメントを控えたいと思います。取引の流れ自体は最初調べる必要はありましたが、操作の流れ自体は非常にわかりやすく、解説してくれている人も多数いますので、どなたでも簡単に取引することができると思います。また手数料も非常に安いのでこれからも使用させて頂きたいと思います。

出典:価格コム

ほかのFXサービスに比べて注文単位が小さいため、少額から始められるのはもちろんのこと、追加注文も細かく入れることができるため、大変重宝しています。それ以外の点でも欠点という欠点は見当たらず、総合的にクオリティの高いFXサービスだと思います。業界最大手のSBIが提供しているサービスということもあり、安心して利用できると感じる点も大きなメリットでした。

出典:価格コム

他FXサイトやスマホアプリを色々使っていましたが、それらと比較しても一番使いやすかったです。
また口座開設時もスムーズに開設ができ、またSBIという大きなブランドがあることで安心して取引できています。
一度、他FXサイトでは売買時に一時固まってしまい、取引中に不安を感じたことがありましたが、今のところSBI FXではそんなことはなく取引できています。
サイトのみならず、スマホひとつでアプリから気軽に取引できるので初心者にも取引しやすく、また日頃からFX取引をしている方にもおすすめです。

出典:価格コム

少額(1単位)から挑戦できる所がとってもオススメのポイントです。
スプレッドも、他のFX会社と劣らないぐらい狭いスレッドとなっています。
スマホのアプリでは、初心者だと注文するのが少し難しいです。
最近は、専門家による動画がとっても良いです。
ぜひ、ポイントサイト経由で口座開設を行い、トレードを行うとかなりのポイントがもらえるので必見です。

出典:価格コム

なんといっても手数料が安い。レバレッジも1倍から選べ片手間にfxを始めるときのハードルの低さは他のサービスと比べても群を抜いていると思う。また取引する時の画面レイアウトもわかりやすく直感的にどこをさわれば取引が進むのか使い慣れていなくても理解できるのは良い。

出典:価格コム

悪い口コミ

SBIFX_悪い

PC版では、ClientとWeb nextの2つの画面があるが、前者は完全な大画面向けで字体も見にくい。後者はドルストレートの値動きをスクロールしなければ見ることができないのは非常に不便。PLN/JPYやSGD/JPYなど誰が取引するのだろうというペアが画面を占拠しているのは不都合極まりない。改善を要望しても「スマホ画面の改善が優先」として全く聞き入れない。

出典:価格コム

紙のIDとパスワードが送られてくるまでに少々時間がかかるので、即日取引したい人には向いていません。

出典:価格コム

スプレッドが最安値との謳い文句があるが、実際はそうでもない。
売り買いを即時にやれば、アメリカドル日本円を20000通貨で-250円になってしまう。
ソフトバンク系列だから、損しないように他の取引所より、十分慎重に、丁寧に説明書きを読み、取引を行うのですが、やっぱり最後はソフトバンクの仕掛けた落とし穴に落ちてしまうって感じ。

出典:価格コム

SBIFXトレードで口座開設をする4つの手順

SBIFX_手順

SBI FXトレードでは、以下の4つの手順で口座開設をすることができます。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:口座開設の申し込み

SBIFX_口座開設

まず最初に口座開設の申し込みを行いましょう。

SBI FXトレードのホームページにアクセスして、「口座開設」と書かれている赤いボタンを押します。

すると、各種書面への承諾が求められますので、しっかり読んで同意しましょう。

手順②:個人情報の入力

SBIFX_個人情報

次に、申し込みフォームにて個人情報の入力を行います。

入力の必要がある項目は主に以下のとおりになっています。

入力項目
  • 住所、氏名、電話番号などの基本情報
  • 金融資産に関する情報
  • 投資経験に関する情報

手順③:必要書類の提出

SBIFX_必要書類

次に、必要書類の提出を行います。

本人確認やマイナンバー確認書類の提出を行いましょう。

SBI FXトレードでは郵送やアップロードなど複数の方法で書類提出ができますが、基本的には早いアップロードがおすすめです。

手順④:口座開設の審査を待つ

SBIFX_口座開設

必要書類の提出まで終わったら、後は口座開設の審査が行われるのを待つだけです。

審査と言っても、SBI FXトレードの審査はそこまで厳しいものではなく、通常は問題なく通過します。

審査結果の通知が来たら、いよいよSBI FXトレードで取引を開始することができます。

SBIFXトレードの会社概要

SBIFX_会社概要

SBI FXトレードの会社概要は以下のとおりです。

SBI FXトレードの企業概要
会社名 SBI FXトレード株式会社
設立年月 2011年11月
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
泉ガーデンタワー
公式サイト 公式サイトはこちら
電話番号 03-6229-0944
営業時間
(サポート時間)
24時間営業

SBIFXトレードのまとめ

SBIFX_まとめ

SBI FXトレードはSBIグループが運営するFX会社です。

SBI FXトレードには以下のようなメリットがあります。

一方、SBI FXトレードのデメリットは以下のとおりです。

SBI FXトレードでは以下の4つの手順で口座開設をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)