南アフリカランドの特徴や見通しは?取引におすすめなFX会社も解説

南アフリカランドの将来性が知りたい!
南アフリカランドに投資するのにおすすめのFX会社は?

南アフリカランドは高金利で有名です。上記のような疑問を持つ方も多いと思います。

南アフリカは人口が増えていて、国際的な競争力のある資源大国です。

この記事を見ているあなたは、「結局、南アフリカランドの見通しってどうなの?」と投資の判断材料を探しているのではないでしょうか?

また、利益を最大化するためには「FX証券会社」もしっかり選ぶ必要があります。

この記事では、南アフリカランドの特徴と見通し・おすすめのFX会社にフォーカスして徹底解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

「南アフリカランドの見通し」をざっくりいうと:
  • 高金利通貨なので、スワップポイントで利益が狙える
  • 政治的不安・コロナウイルスで現状は南アフリカは不安定
  • コロナ回復後は上昇に期待できるので、今のうちに買えば稼げる可能性あり
  • スワップポイントで、コツコツ利益を狙いたい人に南アフリカランドがおすすめ!
  • 短期的に儲けたい人は、投資を控えよう
  • 南アフリカランドに投資をするなら「GMOクリック証券」「外為どっとコム」「DMM FX」がおすすめ!

南アフリカランドの特徴

南アフリカランド見通し_特徴

南アフリカランドの特徴を解説します。特徴を知ると、南アフリカランドの見通しが理解しやすいです。

高金利通貨である

現在の南アフリカの政策金利は、3.50%あります。

他国の政策金利と比べると、明らかに高水準です。

政策金利(参考)
  • 日本:−0.10%
  • 米国:0.25%
  • 欧州:0.00%

金利の高さは、スワップポイントでお金を稼ぐために重要です。

南アフリカランドは、先進国の通貨よりもスワップ投資に向いています。

資源価格の影響を受けやすい

南アフリカは、自国の資源が豊富にある資源国です。

金の採掘地としてとても有名で、1970年代は世界の70%の金が南アフリカで採れたものでした。90年代に金を採掘しすぎてしまったため、現在は採掘量が減っています。

その他の資源はいまだに多い生産量で、プラチナ・クロム鉱・マンガン鉱は世界一の産出量です

資源価格は、景気に左右されやすいです。景気が悪化すると資源の輸出が減るため、南アフリカの経済も悪化します。

経済の影響は、南アフリカランドにも波及します。そのため、南アフリカランドの価格は、景気によって上下します。

貿易収支の影響を受けやすい

3つ目の特徴が、貿易収支の影響を受けやすい点です。

南アフリカの貿易収支は、主要輸出品である金・プラチナなどの貴金属の価格の影響を受けます。

貴金属の価値が上がると貿易の収入が高くなり、南アフリカランドの価値も上昇しやすいです。

一方で、貴金属の価値が下がると、通貨の価値は下落します。

このように、貿易収支と南アフリカランドには相関関係があります。

その他の変動要因

南アフリカランドの価値を決めるその他の要因として挙がるのが、以下の2点です。

  • 政治的要因
  • 取引量の増減

南アフリカの政治は価格に影響を与えます。

2017年12月中旬に汚職事件でズマ大統領が辞任に追い込まれました。

財務大臣をはじめとして、内閣改造も頻繁に行われていて、そのたびに南アフリカランドは価格を上下させています。

ズマ大統領は現在、禁固刑が確定していてズマ大統領の支持者が大規模なデモを起こす事件も発生中です。

死者も出て暴動は収まらず、南アフリカの経済に悪影響を与えています。

南アフリカランドの価値を決める上で、政治的要因は重要です。

もう1点の要因として流動性リスクが挙げられます。

南アフリカランドは取引量が低いため、国際的な資金移動の影響を受けます。

金融危機のさいは、外国資本が流出し、南アフリカランドの通貨価値の暴落の原因になりました。

一方で、外国資本が流入した際は、南アフリカランドの価値は上昇します。

南アフリカランドの現状

現状は、新型コロナの感染者が多いなか、政治的に安定しない状況が続きます。

前述したように、南アフリカの経済状況は、汚職事件の多かったズマ元大統領による政治的不安を引きづっている状況です。

ズマ元大統領の支持者を中心に反発があり、ラマポーザ現大統領との間で派閥争いが続いています。

暴動が止まらず、強盗・窃盗も多発して、製油所が営業を停止する状況です。

1994年の民主化以降は、最大規模の暴動がおこっています。

現在、南アフリカは近年ではなかった、政治の不安定さを見せています。

新型コロナで打撃をうけた経済を回復させるには、政治的安定が必要です。

政治的安定が南アフリカの現状の課題となっています。

南アフリカランドの今度の見通し

南アフリカランドの見通し

南アフリカランドの見通しで、重要な点はコロナウイルスです。

2021年9月現在、南アフリカは変異株の感染再拡大が懸念材料になっています。

ワクチン摂取もスムーズに行われず、8月は1日の感染者が1万人を超える日もありました。

現状のコロナウイルスの拡大と南アフリカの経済状況をふまえて、今後の見通しを2点紹介します。

コロナ回復までは厳しい可能性

コロナ回復までは、南アフリカランドは価値を上昇させられない可能性があります。

その理由は2つあります。

1点目が、南アフリカ国内の経済が回復しないこと。2点目が、南アフリカ周辺の国が経済が回復していない点です。

9月に入って、感染者が減ってきているとはいえ国内経済でダメージを受けていることは変わりません。

コロナウイルスの影響で経済格差が激しくなってしまいました。政府は困窮世帯に食料を送るなど支援していますが、失業率の増加は南アフリカランドの価値を下落させます。

また、南アフリカランドは貿易収支によって価値が変わるため、海外の経済状況の影響を受けます。

海外の経済が回復しないと、資源の貿易収支が黒字化しにくいです。そのため、南アフリカランドの価値も上昇しづらくなってしまいます。

新型コロナで先進国の経済が低迷している点は、南アフリカにとってもマイナス材料です。新型コロナが収束の目途が立つまでは、南アフリカランドの売り圧力が続く可能性があります。

コロナ回復後は上昇に期待

前述したように、コロナが回復するまで、南アフリカランドが停滞する可能性があります。

しかし、コロナが回復すれば上昇に期待できます。

コロナウイルスの感染拡大が止まり世界経済が回復すると、貿易収支が黒字化されやすいです。

また、景気が高まれば、資源価格そのものが上昇する可能性もあります。

貿易量と貿易材料の資源価格がともにプラスになることは、南アフリカランドにとって好材料です。コロナ回復後は上昇に期待できます。

コロナ後の経済を見越すのあれば、安い時に買いを入れておくという投資アイディアもあります。2021年8月に1万人を超えていたえ感染者数も、9月に入り6000~8000人と緩和中です。

南アフリカランド価格も底を売った印象があり、今が耐え時と言えます。

南アフリカランドの通貨取引が向いている人・いない人

南アフリカランド_通貨取引

南アフリカランドは、通常のFX通貨ペアとは違う特徴があります。

南アフリカランドはレバレッジを使った短期トレードでの為替取引はおすすめしません。スワップポイントで長期的に利益を狙った投資が有効です。

そのため、南アフリカランドの投資に向いている人とそうでない人がいます。

向いている人・向いていない人のそれぞれの特徴を解説します。自分が南アフリカランドの投資に向いているかどうかの参考にしてください。

南アフリカランドの投資が向いている人

南アフリカランドの投資に向いている人は、資金が豊富にあって長期的利益がほしい人です。

理由は、南アフリカランドはボラティリティーが大きいので、目先の損益を気にすると正しい投資判断がしづらいからです。

証券会社によって異なりますが、一般的にスプレッドも大きいので取引回数を増やせません。

短期的利益を狙ってレバレッジ投資をしたが、ボラティリティーが大きいのですぐに損切りされた。

下落するタイミングまで待ち続ける忍耐力も、長期的視野を持っていない人には備わっていません。

スワップポイントを狙って、コツコツと南アフリカランドに資金を入れ続けられる人が向いています。

南アフリカランドが向いていない人

南アフリカランドの投資が向いていない人は、資金量が少ない人・短期的利益が欲しい人です。

早くお金を増やしたい。」こう思って短期的目線で取り組む人は向いていません。

前述したよう、南アフリカランドの、金利が高い特徴を活かすために、長期目線が必要です。また、短期的思考で取り組むと高値掴みして強制ロスカットされる可能性もあります。

南アフリカランドは、ボラティリティーが大きいのでレバレッジをかけた短期トレードは避けましょう。

ハイリスク・ハイリターン狙いの人やすぐにお金が欲しい人は、向いていません。

南アフリカランド取引におすすめなFX会社3選

南アフリカランド_fx会社

利益を多く得るには、FX取引所選びが重要です。

同じ値段で買っていても、スプレッド・手数料の関係から利益が出やすい取引所と出にくい取引所があります。

投資以外のサービス面も充実した会社を選ぶ必要があります。

南アフリカランド投資におすすめのFX会社を、以下にまとめました。

おすすめFX会社3選
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • DMM FX

1つずつ順番に、理由を解説します。

GMOクリック証券

南アフリカランド_見通し_GMOクリック証券

GMOクリック証券は、国内最大級のユーザー数を誇る実績ある取引所です。

GMOクリック証券がおすすめの理由は、以下の3点です。

おすすめポイント
  • スプレッドが狭い
  • 24時間サポートが無料
  • 資産が守られる

スプレッドは、0.9銭原則固定と業界最低水準です。

スプレッドが大きいと南アフリカランドを購入する度に、手数料を多く払わないといけません。

その点、GMOクリック証券は安い手数料で利益を最大化しやすいです。

24時間サポート体制は、投資初心者には利便性の高いサービスです。

フリーダイヤルとお問い合わせフォームで取引に関連する疑問点・不安点を解決してくれます。

「操作方法がわからなくて、イライラする」というような状況をさけることができます。

また、GMOクリック証券には、「安心信託保全」というサービスがあります。

これは、預かっている資金を4つの信託銀行にわけて保管する方法です。

保管先は大手メガバンクの「三井住友銀行」「みずほ信託銀行」などの4行です。

安心信託保全サービスによって、GMOクリック証券が破綻しても投資家の資産が守られるシステムになっています。

GMOクリック証券の公式サイトはこちら

GMOクリック証券の登録はこちら

外為どっとコム

外為どっとコム_2022

外為どっとコムはFX取引所では老舗です。19年運営を続けている実績があります。

外為どっとコムがおすすめの理由は、以下の3点です。

おすすめポイント
  • スプレッドが狭い
  • 教育コンテンツの充実
  • 積立サービスがある

スプレッドはGMOクリック証券同様、0.9銭(原則固定※例外あり)です。業界最狭水準で、手数料を安く使えます。

外為どっとコムは投資が学べるコンテンツが充実しています。

お金の教養が学べる「マネ育」初心者向けの「まんが!週間FX」で投資が学べます。

わかりやすく勉強できるので、「投資をしながら勉強がしたい。」こう思う方におすすめです。

らくらくFX積立」は自動で為替を購入してくれるサービスです。

毎月自動で積み立ててくれるので、「ドルコスト平均法」に向いています。

ドルコスト平均法は、毎月一定額定期的に資金を投資する方法です。

メンタルが介入しづらいので、毎月どこで購入すればいいかわからない方にとって利便性が高いです。

外為どっとコムの公式サイトはこちら

外為どっとコムの登録はこちら

DMM FX

FX_専業_トレーダー

DMM FXは知名度が高く、人気の取引所です。モデルでタレントのローラをCMに起用して話題となりました。

DMM FXがおすすめの理由は、以下の3点です。

おすすめポイント
  • 充実したキャンペーン
  • LINEでのサポート
  • 経済ニューズが見れる

DMM FXは南アフリカランドのスプレッドが1.0銭とわずかに先ほどの2社よりも大きいです。

しかし、補って余りあるサービスが使えます。

まず、キャンペーンが充実していて、口座開設・新規取引量に応じたキャッシュバックで最大で20万円が得られます。

キャッシュバックされたお金をそのまま投資に使えます。キャンペーンを行っている会社は他にもありますが、異例の高額です。

DMM FXのサポートは、SNSアプリの「LINE」を使って質問ができます。手軽に疑問を解消できるのが魅力です。

「わからないことがあるけど、問い合わせるのが面倒くさい。」と思う方にぴったりのサービスです。

また、DMMでは投資に役立つ為替ニュース・経済指標のマーケット情報が見れます。

投資の判断材料をチェックして、利益を最大化できます。

DMM FXの公式サイトはこちら

DMM FXの登録はこちら

まとめ:南アフリカランドの特徴や見通し

以上、南アフリカランドの見通しを解説しました。

南アフリカランドは、高いスワップポイントで利益が狙えるうえに経済が回復すれば価値が上がる可能性があります。

経済状況は、日々変化していきます。最新の南アフリカランドの情報にアンテナを張り、利益を上げましょう。

では最後におさらいです。

南アフリカランドの見通し
  • 高金利通貨なので、スワップポイントで利益が狙える
  • 政治的不安・コロナウイルスで現状は南アフリカは不安定
  • コロナ回復後は上昇に期待できるので、今のうちに買えば稼げる可能性あり
  • スワップポイントで、コツコツ利益を狙いたい人に南アフリカランドがおすすめ
  • 短期的に儲けたい人は、投資を控えよう
  • 南アフリカランドに投資をするなら「GMOクリック証券」「外為どっとコム」「DMM FX」がおすすめ!