【最新】スワップポイント比較一覧|おすすめの通貨ペアとFX会社はこちら

各FX会社のスワップポイントの一覧から比較検討したい
スワップポイントに強いFX会社で取引したい

スワップポイントの利益を考えると、トルコリラ/円やメキシコペソ/円、南アフリカランド/円といった新興国通貨の方が利益を出しやすい面があります。

しかし同じ通貨ペアでも、FX会社ごとに設定されているスワップポイントは異なります。

そこでこの記事では国内26社のFX会社が掲載しているスワップポイントを一覧にまとめて比較し、スワップポイント狙いで取引する時におすすめの通貨ペアとFX会社を紹介しています。

※記事内で掲載しているスワップポイントの一覧表は「1万通貨を保有した際に発生するスワップポイント」を5月22日時点の数値で記しています。また、0.1以下の値については切り捨てています。

スワップポイントの比較をざっくり言うと
  • おすすめのスワップ通貨は、新興国の高金利通貨
  • まずは主要な高金利通貨の金利を把握する
  • トルコリラ/円、メキシコペソ/円の通貨が狙い目
  • FX会社によっても買い/売りスワップが異なる
  • 総合的におすすめのFX会社はGMOクリック証券

\最大30万円キャッシュバック/

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

記事を執筆した専門家
ラジオ日経パーソナリティ兼FX/BTCコラムニスト

ひろぴー

ひろぴーさんの画像

 

2010年からFX取引をはじめ、2013年、アベノミクスの恩恵もあり、FX取引で資産を急激に増加、この年からFX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。

 

2014年には、ZAIFXとYahooファイナンスのコラボレーション企画で、タレントのボビー・オロゴンさんや福田萌さんとのトレードバトルが話題となり、2016年から2019年まで、ラジオ日経のFX番組トレードパーティーでラジオパーソナリティーを務める。

 

現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。

スワップポイント比較おすすめランキング

スワップトレーダーにとって、総合的におすすめのFX会社を第1位から第4位までご紹介します。

第1位:GMOクリック証券

GMOクリック証券

 

トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
中国元/円
(CNH/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
39 -42 4 -7 8 -11
ドル/円
(USD/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ポンド/円
(GBP/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
5 -8 1 -4 -16 13 9 -12
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • スワップポイントが業界最高水準
  • 大量注文してもスプレッドが原則固定
  • PC・スマホともに取引ツールが高機能
  • 最大304,000円のキャッシュバックがある

スワップポイントで比較した時に1番おすすめできるFX会社は「GMOクリック証券」です。

特に、FX初心者でも始めやすい「トルコリラ/円」や「メキシコペソ/円」などの高金利通貨のスワップが高水準です。

「ドル/円」のスワップも高値で安定しており、スワップ目的でなくてもスイング〜ポジショントレードをする方におすすめのFX会社です。

GMOクリック証券は、2020年のFX取引高が世界1位(※1)と、圧倒的な人気を誇るFX会社です。

スマホアプリでは、ボタン一つで チャート上の指値・逆指値の価格をラインで指定できます。

また、外出先でもユビキタスにウィジェットやFXトレード日記など充実のトレード情報にアクセスすることができます。

最短即日で無料口座開設可能なので、スワップ取引やFXを頑張りたいという方は開設してみましょう。

口座開設はマイナンバーカードがあればよりスムーズにできますよ。

特典

当サイトからGMOクリック証券の口座を開設し、条件を達成すると4000円プレゼント!

さらに取引数量に応じて最大30万円キャッシュバック!

\最大30万円キャッシュバック/

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

(*1)ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月

第2位:MATSUI FX

fxおすすめ_MATSUIFXのバナー画像

トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
中国元/円
(CNH/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
45 -55 4 -14 7 -17
ドル/円
(USD/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ポンド/円
(GBP/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
0 -40 0 -30 -39 9 0 -30
MATSUI FXのおすすめポイント
  • 最低取引単位は1通貨で100円から取引できる
  • レバレッジを自由に設定可能
  • 公式LINEアカウントと連動して、マーケット情報をいち早く受け取る

「MATSUI FX」はトルコリラ/円のスワップポイントが高いのが特徴です。

そのため、トルコリラ/円をメインの取引通貨ペアにしている方に特におすすめできるFX会社と言えるでしょう。

また、1000〜1万通貨から取引できる会社が多いなか、MATSUI FXは1通貨(約100円)から取引できるため、少額からFXをやりたい方にもおすすめです。

\ 1通貨単位から取引できる /

MATSUI FXで
口座開設(無料)

第3位:LINE FX

スワップポイント比較_LINEFX

トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
中国元/円
(CNH/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
44 -51 7 -14 8 -11
ドル/円
(USD/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ポンド/円
(GBP/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
7 -13 1 -4 -16 13 9 -12
LINE FXのおすすめポイント
  • LINEアプリから取引できる
  • 重要情報がLINEで通知される
  • 1000通貨単位から取引できる

LINE FXでは、米ドル円などの主要通貨ペアに加えて、トルコリラ円や南アフリカランド円などの高金利通貨ペアも取引可能です。

最新のスワップポイントは公式サイトで確認できますが、LINE FXのスワップポイントは業界トップクラスを誇ります。

また、LINEアプリから取引ができるため、若い世代や初心者におすすめできるFX会社です。

\ LINEアプリで取引できる /

LINE FXで
口座開設(無料)

第4位:LIGHT FX

スワップポイント比較_LIGHT FX

トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
中国元/円
(CNH/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
43 -43 7 -7 9 -9 6 -6
ドル/円
(USD/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ポンド/円
(GBP/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
5 -8 0 0 -2 0 37 -40
LIGHT FXのおすすめポイント
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 最低1,000通貨からの少額取引が可能
  • 高金利通貨のスワップポイントが高い

「LIGHT FX」の長所は高金利通貨、主要通貨合わせて8種類全ての通貨ペアで取引ができる点です。

全体的にスワップポイントの値が高いことも、スワップポイントで利益を上げることを考えるなら大きなアドバンテージといえます。

ただし豪ドル/円とユーロ/円についてはスワップポイントで利益を得ることはできないため、これらの通貨ペアで取引を検討している場合は他社を視野に入れることをおすすめします。

LIGHT FXで
口座開設(無料)

FX会社別|スワップポイント比較一覧表

最初に、各FX会社が設定しているスワップポイントについて比較し表にまとめました。

スワップポイントは各国の政策金利をもとに各FX会社が独自に定めているものなので必ずしも一定ではなく、日々細かく変動しています。

しかし、同じ時期のスワップポイントを比較することで各FX会社の傾向は知ることができます。

スワップポイントに力を入れているFX会社、特定の通貨ペアに強いFX会社がないか見ておくと今後の取引に役立ちます。

高金利通貨のスワップポイント比較

まずは高金利通貨である、

高金利通貨のスワップポイント比較
  • トルコリラ(TRY):金利19.00
  • メキシコペソ(MXN):金利4.00
  • 南アフリカランド(ZAR):金利3.50
  • 中国元(CNH):金利4.35

この4種類について各FX会社のスワップポイント比較を見ていきましょう。

FX会社 トルコリラ/円
(TRY/JPY)
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
中国元/円
(CNH/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
アイネット証券 42 -137 8 -137 7 -17
上田ハーローFX 30 -60 2 -10 1 -15 1 -16
外為オンライン 40 -70 5 -15 5 -25
外為ジャパン 8 -11
外為どっとコム* 36 -71 6 -16 8 -18 6 -16
セントラル短資FX 10 -40 7 -17 8 -12 2 -17
トライオートFX 45 -70 5 -15
ひまわり証券 5 -25
ヒロセ通商LION FX 4 -7 8 -13 0 -2
松井証券FX 45 -55 4 -14 7 -17
マネースクエア 5 -54 2 -5 2 -14
マネーパートナーズ 3 -97 2 -28 2 -25
マネックスFX 40 -50 5 -8 8 -11 -34 4
みんなのFX 43 -43 5 -5 9 -9 6 -6
楽天FX 20 -50 3 -8 2 -14 2 -17
DMM FX 4 -7 8 -11
FXTF 38 -73 4 -17 8 -23 10 -32
FXプライムbyGMO 40 -50 7 -10 9 -12
FXブロードネット 8 -28
GMOクリック証券 39 -42 4 -7 8 -11
IG証券 53 -75 6 -8 10 -14 3 -20
JFX 4 -7 8 -13 1 -2
LIGHT FX 43 -43 7 -7 9 -9 6 -6
LINE FX 44 -51 7 -14 8 -11
SBIFXトレード 36 -46 4 -7 8 -11 5 -9
YJFX! 37 -52 4 -19 8 -23 5 -20

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

全体的に、非常に高い政策金利が設定されているトルコリラ/円のスワップポイントの値が目立ちます。

メキシコペソ/円や南アフリカランド/円のスワップポイントは似たような値に設定されています。

そのため、実際の取引においてスワップポイントを意識した通貨ペア選びを行うならトルコリラ/円を優先すべきです。

中国元/円は取引できるFX会社の数が他の3通貨ペアと比較すると少なく、スワップポイントで選ぶというよりも取引しているFX会社が対応しているかどうかで判断する必要があります。

スワップポイントはあくまでもメインの利益ではなく副次的な利益なので、メキシコペソ/円や南アフリカランド/円が第二の選択肢となり得ると知っておくことは大切です。

主要通貨のスワップポイント比較

次に主要通貨である、

主要通貨のスワップポイント比較
  • ドル(USD):金利0.25
  • 豪ドル(AUD):金利0.10
  • ユーロ(EUR):金利0.00
  • ポンド(GBP):金利0.10

これらの通貨についてスワップポイントを見ていきましょう。

FX会社 ドル/円
(USD/JPY)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ポンド/円
(GBP/JPY)
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
アイネット証券 7 -42 1 -21 -40 10 9 -33
上田ハーローFX 4 -34 0 -17 -25 5 1 -18
外為オンライン 0 -40 0 -35 -40 0 0 -35
外為ジャパン 6 -9 2 -5 -12 9 13 -16
外為どっとコム* 5 -30 0 -25 -31 11 6 -31
セントラル短資FX 4 -77 -5 -55 -10 -20 8 -28
トライオートFX 7 -35 1 -55 -28 5 2 -32
ひまわり証券 0 -40 0 -35 -40 0 0 -35
ヒロセ通商LION FX 0 -8 0 -5 -6 0 0 -9
松井証券FX 0 -40 0 -30 -39 9 0 -30
マネースクエア 1 -99 0 -27 -63 0 0 -26
マネーパートナーズ 2 -97 1 -92 -79 1 1 -97
マネックスFX 1 -41 0 -30 -30 0 0 -30
みんなのFX 5 -8 0 0 -2 0 37 -40
楽天FX 3 -9 0 -5 -18 8 11 -20
DMM FX 6 -9 2 -5 -12 9 13 -16
FXTF 3 -57 0 -40 -43 0 3 -61
FXプライムbyGMO 2 -17 0 -15 -21 6 7 -22
FXブロードネット 3 -36 1 -32 -31 2 1 -41
GMOクリック証券 5 -8 1 -4 -16 13 9 -12
IG証券 -8 -20 -11 -15 -34 2 -11 -25
JFX 0 -8 0 -5 -6 0 0 -9
LIGHT FX 5 -8 0 0 -2 0 37 -40
LINE FX 7 -13 1 -4 -16 13 9 -12
SBIFXトレード 5 -9 1 -6 -15 10 7 -12
YJFX! 5 -20 0 -15 11 -26 6 -21

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

主要通貨はいずれも政策金利が低めに設定されていることから、スワップポイントも全体的に控えめな値やマイナスが多くなっています。

FX会社によっては買いスワップ、売りスワップともマイナスに設定されている通貨ペアや、0~1といったほとんど利益がない値になっているものもあります。

主要通貨で取引する場合は高金利通貨と比較すると「買いスワップならプラスになる」という法則性が薄いため、スワップポイントで利益が得られるかどうか事前に確認することが大切です。

また、ユーロ/円は他の通貨とは逆で買いスワップがマイナス、売りスワップがプラスになります。

ユーロ/円で取引を行う際は発生するスワップポイントがどちらなのか十分に注意してください。

高金利通貨のスワップポイント

ここからは各通貨ペアごとに比較したスワップポイントを見ていきます。

高金利通貨はいずれもプラスのスワップポイントが設定されているので、より高いスワップポイントが発生するFX会社での取引は有利です。

しかし高金利通貨は相場の変動が激しい面も持ち合わせているため、取引しづらい局面で他の通貨ペアを候補にできるかどうかも比較検討の上では重視しましょう。

高金利通貨のスワップポイント比較【トルコリラ/円(TRY/JPY)】

トルコリラ/円だけで見た場合、プラスのスワップポイントはいずれも高い値が設定されています。

トルコリラ/円のスワップポイントトップ3
  1. IG証券:53
  2. トライオートFX・松井証券:45
  3. LINE FX:44

トップ3はこのようになっていて、現状ではおよそ40以上がトルコリラ/円において高いスワップポイントを設定しているFX会社と判断できるでしょう。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 42 -137
上田ハーローFX 30 -60
外為オンライン 40 -70
外為ジャパン
外為どっとコム* 36 -71
セントラル短資FX 10 -40
トライオートFX 45 -70
ひまわり証券
ヒロセ通商LION FX 4 -7
松井証券FX 45 -55
マネースクエア 5 -54
マネーパートナーズ 3 -97
マネックスFX 40 -50
みんなのFX 43 -43
楽天FX 20 -50
DMM FX
FXTF 38 -73
FXプライムbyGMO 40 -50
FXブロードネット
GMOクリック証券 39 -42
IG証券 53 -75
JFX 4 -7
LIGHT FX 43 -43
LINE FX 44 -51
SBIFXトレード 36 -46
YJFX! 37 -52

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

高金利通貨のスワップポイント比較【メキシコペソ/円(MXN/JPY)】

メキシコペソ/円はトルコリラ/円と比較するとスワップポイントの値は控えめです。

トップ3を見てみると、

メキシコペソ/円のスワップポイントトップ3
  1. アイネット証券・ヒロセ通商LION FX・JFX:8
  2. セントラル短資FX・FXプライムbyGMO・LIGHT FX・LINE FX:7
  3. 外為どっとコム・IG証券:6

このようになっていますが、最も高いスワップポイントで8、最も低いFX会社でも2なので実質的な差は大きくありません。

むしろ一部FX会社でマイナスのスワップポイントが非常に高い値になっている点に注意が必要です。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 8 -137
上田ハーローFX 2 -10
外為オンライン 5 -15
外為ジャパン
外為どっとコム* 6 -16
セントラル短資FX 7 -17
トライオートFX
ひまわり証券
ヒロセ通商LION FX 8 -13
松井証券FX 4 -14
マネースクエア 2 -5
マネーパートナーズ 2 -28
マネックスFX 5 -8
みんなのFX 5 -5
楽天FX 3 -8
DMM FX 4 -7
FXTF 4 -17
FXプライムbyGMO 7 -10
FXブロードネット
GMOクリック証券 4 -7
IG証券 6 -8
JFX 8 -13
LIGHT FX 7 -7
LINE FX 7 -14
SBIFXトレード 4 -7
YJFX! 4 -19

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

高金利通貨のスワップポイント比較【南アフリカランド/円(ZAR/JPY)】

南アフリカランド/円もトルコリラ/円と比較するとスワップポイントの設定値は低めです。

スワップポイントの値はメキシコペソ/円と近いですが、詳しく見ると

トルコリラ/円 > 南アフリカランド/円 > メキシコペソ/円

という関係性のFX会社が多くなっています。

トップ3についても、

南アフリカランド/円のスワップポイントトップ3
  1. IG証券:10
  2. みんなのFX・FXプライムbyGMO・LIGHT FX:9
  3. 外為ジャパン・GMOクリック証券・他:8

となっていて上位が拮抗しています。

おおよその目安として8以上のスワップポイントなら高い値が設定されていると考えて良いでしょう。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 7 -17
上田ハーローFX 1 -15
外為オンライン 5 -25
外為ジャパン 8 -18
セントラル短資FX 8 -12
トライオートFX 5 -15
ひまわり証券 5 -25
ヒロセ通商LION FX 0 -2
松井証券FX 7 -17
マネースクエア 2 -14
マネーパートナーズ 2 -25
マネックスFX 8 -11
みんなのFX 9 -9
楽天FX 2 -14
DMM FX 8 -11
FXTF 8 -23
FXプライムbyGMO 9 -12
FXブロードネット 8 -28
GMOクリック証券 8 -11
IG証券 10 -14
JFX 1 -2
LIGHT FX 9 -9
LINE FX 8 -11
SBIFXトレー 8 -11
YJFX! 8 -23

高金利通貨のスワップポイント比較【中国元/円(CNH/JPY)】

中国元/円については高金利通貨ではあるものの、取り扱っているFX会社が少ないのが現状です。

トップ3について見ておくと

中国元/円のスワップポイントトップ3
  1. FXTF:10
  2. 外為どっとコム・みんなのFX・LIGHT FX:6
  3. SBIFXトレード・YJFX!:5

となっていますが、スワップポイントで利益を上げることを目指すのであれば中国元/円だけに的を絞るよりも高金利通貨・主要通貨の全体的なバランスを見た方が効果的です。

中国元/円はあくまでも「FX会社が取り扱っていたら取引候補に入れる」というスタンスをおすすめします。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券
上田ハーローFX 1 -16
外為オンライン
外為ジャパン
外為どっとコム* 6 -16
セントラル短資FX 2 -17
トライオートFX
ひまわり証券
ヒロセ通商LION FX
松井証券FX
マネースクエア
マネーパートナーズ
マネックスFX -34 4
みんなのFX 6 -6
楽天FX 2 -17
DMM FX
FXTF 10 -32
FXプライムbyGMO
FXブロードネット
GMOクリック証券
IG証券 3 -20
JFX
LIGHT FX 6 -6
LINE FX
SBIFXトレード 5 -9
YJFX! 5 -20

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

高金利通貨のスワップポイント|まとめ
  • トルコリラ(TRY)の金利は19.00と1番高い
  • トルコリラ/円 > 南アフリカランド/円 > メキシコペソ/円
  • 中国元/円は取り扱っているFX会社が少ない
  • 買い/売りスワップを総合的に判断してGMOクリック証券がおすすめ

\条件達成で4000円プレゼント/

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

主要通貨のスワップポイント比較

主要通貨はスワップポイントの面から見ると、高金利通貨と比較して扱いづらさがあることは否めません。

しかし取引全体で見ると相場の安定性が優れているため、長期的なポジションの保有でスワップポイントの利益を伸ばしていきたい場合は有力な候補になり得ます。

数週間~数ヶ月など、長期取引を検討している場合は高金利通貨よりも主要通貨の方が適しています。

主要通貨のスワップポイント比較【ドル/円(USD/JPY)】

最もメジャーともいえる主要通貨ドル/円はプラスのスワップポイントに対してマイナスが非常に高く設定されています。

トップ3については、

ドル/円(USD/JPY)のスワップポイントトップ3
  1. アイネット証券・トライオートFX・LINE FX:7
  2. 外為ジャパン・DMM FX:6
  3. 外為どっとコム・GMOクリック証券・他:5

となっているので、比較的高めのスワップポイントといえます。

ただし中にはIG証券のように買いスワップ・売りスワップともにマイナスの値に設定しているFX会社にあります。

今後、政策金利の変更などがあった際に他のFX会社でも同様の変更が起こる可能性はあるため注意しておきましょう。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 7 -42
上田ハーローFX 4 -34
外為オンライン 0 -40
外為ジャパン 6 -9
外為どっとコム* 5 -30
セントラル短資FX 4 -77
トライオートFX 7 -35
ひまわり証券 0 -40
ヒロセ通商LION FX 0 -8
松井証券FX 0 -40
マネースクエア 1 -99
マネーパートナーズ 2 -97
マネックスFX 1 -41
みんなのFX 5 -8
楽天FX 3 -9
DMM FX 6 -9
FXTF 3 -57
FXプライムbyGM 2 -17
FXブロードネット 3 -36
GMOクリック証券 5 -8
IG証券 -8 -20
JFX 0 -8
LIGHT FX 5 -8
LINE FX 7 -13
SBIFXトレード 5 -9
YJFX! 5 -20

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

主要通貨のスワップポイント比較【豪ドル/円(AUD/JPY)】

主要通貨の中でも、豪ドル/円はスワップポイント狙いで取引しにくい通貨ペアです。

プラスのスワップポイントが設定されているFX会社でも最大で2と、スワップポイントに関してはほとんど利益は得られません。

豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイントトップ3
  1. 外為ジャパン・DMM FX:2
  2. アイネット証券・GMOクリック証券・他:1

トップ3を見ても3番目にくるスワップポイントが0で比較対象にならないので、スワップポイント狙いであれば候補に入れる理由がない通貨ペアといえるでしょう。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 1 -21
上田ハーローFX 0 -17
外為オンライン 0 -35
外為ジャパン 2 -5
外為どっとコム* 0 -25
セントラル短資FX -5 -55
トライオートFX 1 -55
ひまわり証券 0 -35
ヒロセ通商LION FX 0 -5
松井証券FX 0 -30
マネースクエア 0 -27
マネーパートナーズ 1 -92
マネックスFX 0 -30
みんなのFX 0 0
楽天FX 0 -5
DMM FX 2 -5
FXTF 0 -40
FXプライムbyGMO 0 -15
FXブロードネット 1 -32
GMOクリック証券 1 -4
IG証券 -11 -15
JFX 0 -5
LIGHT FX 0 0
LINE FX 1 -4
SBIFXトレード 1 -6
YJFX! 0 -15

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

主要通貨のスワップポイント比較【ユーロ/円(EUR/JPY)】

ユーロ/円のスワップポイントの値についてはFX会社によって設定が大きく異なり、最も高い値で13、低い値だと0やマイナスもあります。

ユーロ/円(EUR/JPY)のスワップポイントトップ3
  1. GMOクリック証券・LINE FX:13
  2. 外為どっとコム:11
  3. アイネット証券・SBIFXトレード:10

ここで挙げたトップ3のFX会社であれば、スワップポイント狙いでユーロ/円の取引を行う価値は十分にあるでしょう。

しかし先ほど触れた通り0やマイナスの値が設定されているFX会社も多いため、発生するスワップポイントの確認を取引前にしっかり行うことが大切です。

また、ユーロ/円に関しては主要通貨の中で唯一、プラスのスワップポイントが得られるのが買いスワップではなく売りスワップになっています。

他の通貨ペアと同じ感覚で取引していたらマイナスのスワップポイントが発生していた、となりかねないので気をつけてください。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 -40 10
上田ハーローFX -25 5
外為オンライン -40 0
外為ジャパン -12 9
外為どっとコム* -31 11
セントラル短資FX -10 -20
トライオートFX -28 5
ひまわり証券 -40 0
ヒロセ通商LION FX -6 0
松井証券FX -39 9
マネースクエア -63 0
マネーパートナーズ -79 1
マネックスFX -30 0
みんなのFX -2 0
楽天FX -18 8
DMM FX -12 9
FXTF -43 0
FXプライムbyGMO -21 6
FXブロードネット -31 2
GMOクリック証券 -16 13
IG証券 -34 2
JFX -6 0
LIGHT FX -2 0
LINE FX -16 13
SBIFXトレード -15 10
YJFX! 11 -26

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

主要通貨のスワップポイント比較【ポンド/円(GBP/JPY)】

ポンド/円もユーロ/円と同様、FX会社によって設定されているスワップポイントに落差がある通貨ペアです。

ポンド/円(GBP/JPY)のスワップポイントトップ3
  1. みんなのFX・LIGHT FX:37
  2. 外為ジャパン・DMM FX:13
  3. 楽天FX:11

トップ3は高金利通貨の通貨ペアにも劣らない高いスワップポイントになっていますが、0やマイナスを設定しているFX会社も見られます。

ポンド/円についてはFX会社によってスワップポイントの幅が非常に広いことから、スワップポイント狙いで取引する時だけ高い値を設定しているFX会社を利用する、という選択も効果的でしょう。

FX会社 買いスワップ 売りスワップ
アイネット証券 9 -33
上田ハーローFX 1 -18
外為オンライン 0 -35
外為ジャパン 13 -16
外為どっとコム* 6 -31
セントラル短資FX 8 -28
トライオートFX 2 -32
ひまわり証券 0 -35
ヒロセ通商LION FX 0 -9
松井証券FX 0 -30
マネースクエア 0 -26
マネーパートナーズ 1 -97
マネックスFX 0 -30
みんなのFX 37 -40
楽天FX 11 -20
DMM FX 13 -16
FXTF 3 -61
FXプライムbyGMO 7 -22
FXブロードネット 1 -41
GMOクリック証券 9 -12
IG証券 -11 -25
JFX 0 -9
LIGHT FX 37 -40
LINE FX 9 -12
SBIFXトレード 7 -12
YJFX! 6 -21

*スワップ情報は2021年5月22日時点のものです。

高金利通貨のスワップポイント|まとめ
  • 主要通貨は高金利通貨に比べて相場の安定性が高い
  • ドル/円はマイナススワップが高めに設定されている
  • 豪ドル/円でのスワップ取引はおすすめできない
  • 買い/売りスワップを総合的に判断してGMOクリック証券がおすすめ

\最大30万円キャッシュバック/

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

各国の政策金利一覧

すでにお話しした通り、スワップポイントは各国の政策金利をもとにFX会社が独自に定めている値です。

以下に示すように各国が設定している政策金利には差があり、FXで異なる通貨間の取引を行った際には金利にも差額が発生します

この金利差を埋める「金利差調整額」と呼ばれる仕組みがスワップポイントです。

国名(通貨) 政策金利(2021年3月時点)
日本(JPY) -0.10
アメリカ(USD) 0.25
ヨーロッパ(EUR) 0.00
イギリス(GBP) 0.10
カナダ(CAD) 0.25
オーストラリア(AUD) 0.10
ニュージーランド(NZD) 0.25
スイス(CHF) 0.25
南アフリカ(ZAR) 3.50
中国(CNH) 4.35
トルコ(TRY) 19.00
メキシコ(MXN) 4.00

基本的には、

スワップポイントの発生
  • 低金利の通貨を売り高金利の通貨を買う→プラスのスワップポイント
  • 低金利の通貨を買い高金利の通貨を売る→マイナスのスワップポイント

という法則でスワップポイントが発生します。

ただしスワップポイントはFX会社が独自に定めているものなので、実際の値は政策金利差を参考に手数料が引かれていたり、政策金利変更に伴って見直されることもあります。

スワップポイントは日々細かな変動を繰り返しているため、取引の際には基本的な仕組みを理解した上でスワップポイントカレンダーを確認してください。

スワップポイントに関して現役トレーダー・ひろぴーさんにインタビュー

ひろぴーさんの画像

今回は、FXを勉強している初心者トレーダーの参考になればと思い、現役トレーダー&スワップポイントについてFXコラムニストのひろぴーさんに質問させていただきました。

スワップポイントの仕組みをざっくり教えてください

スワップポイントは、保有している通貨ペアごとに金利が発生するルール(サービス)です。お金を銀行に預けると、利子が付くのに似ています。

スワップポイントは、2カ国間の政策金利差を元に、FX会社が独自に算出していて、金利はプラスの時もあれば、マイナスの時もあります。またその国々の政策金利によって変動します。

しかしスワップポイントは、現在ほとんど先進国で0.25から0.5パーセントしか付かないので、正直今の時代にスワップトレードは勧めしません。

おそらく向こう10年は、まともな高金利の先進国通貨はほとんど出てこないのではと思います。なので今後スワップポイントを利用したトレード戦略は、正直オススメはしません。

スワップポイントに狙いのススメ高金利通貨はありますか?

昔はありました。豪ドルやニュージーランドです。

ただし今は正直、高金利通貨と呼べる通貨はありませんで、スワップトレードはしないほうがいいです。

ちなみにいわゆる高金利通貨の一例として、ロシアルーブル、トルコリラ、南アフリカランドとかメキシコペソとありますが、新興国通貨は当然のように、無限に価格が落ちます。

信用がないから金利を上げて、世界中から資本を呼び込むという政策やスキームです。

通貨の価値としては下がる一方なので、その通貨の下落に対して金利が上回るぐらいの損益分岐点が計算できるのであればスワップトレードをしても大丈夫ですが、僕が「新興国通貨でスワップトレードしてください」と言われても、おそらく僕ですら負けます。なので正直あまりオススメではありません。

高金利通貨を安全に保有するにはどれぐらいの証拠金が必要になるのでしょうか?

そもそも安全に高金利通貨を保有することは、正直難しいと思います。

みるみる価格が下がる、で証拠金が正直いくらあっても足りないと思います。

入れれば入れるだけどんどんどんどん毎年入金しないといけなくなるので、運良く世界的なリスクオン相場が、1年2年続けばプラスで終えられるとは思うのです。

しかしだいたい3年に定期的に下落や急落がありますので、正直ファンダメンタルズがわからない人は、高金利通貨の運用はお勧めしておりません。

ただしスワップポイントがガンガンついて、景気がいい時は高金利通貨でも新興国通貨でも値上がりすることがあります。そのタイミングでうまく波に乗れれば儲かるとは思います。

ただし厳しいことを言いますが、その後勝って逃げ切れる人はほとんどいないと思いますので、個人的にはオススメしません。

FX会社26社と各通貨ペアのスワップポイント比較|まとめ

スワップポイントの比較|まとめ
  • おすすめのスワップ通貨は、新興国の高金利通貨
  • まずは主要な高金利通貨の金利を把握する
  • トルコリラ/円、メキシコペソ/円の通貨が狙い目
  • FX会社によっても買い/売りスワップが異なる
  • 総合的におすすめのFX会社はGMOクリック証券

GMOクリック証券で
口座開設(無料)

各FX会社が設定しているスワップポイントを詳しく比較していくと、スワップポイントに力を入れているか否かが分かります。

スワップポイント狙いで稼ぐことを考えるのであれば、まず高金利通貨・主要通貨に設定されているスワップポイントの平均的な値を知りましょう。

その上で有利なFX会社を選ぶことがとても大事です。

そしてスワップポイントの高さが魅力の高金利通貨には相場の安定性が低いというデメリットがあります。

その一方で、安定感に優れる主要通貨はスワップポイントが低めに設定されているため、両者の長所・短所を見極めて取引を行う必要があります。

スワップポイントで着実に利益を重ねていくためにも最初の通貨ペア選び、FX会社選びを慎重に行い、相場の状況を見極めながら取引に臨みましょう。

この記事のアドバイザー(専門家)

GMOクリック証券
東京都渋谷区に拠点を置く日本の金融商品取引業社。
株式取引だけでなくFX、バイナリー・オプション、CFDなど、世界の通貨や株価指数を取引できる金融商品の拡充に取り組んでいる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)