がん保険は本当に不要なのか?議論するために必要な全知識

「がん保険って本当に必要なの?」

このように考えていませんか?

がん保険には不要論があるのも事実です。

そこで、この記事ではあなたが状況に合わせて判断できるように、がん保険が必要なのか詳しく解説していきたいと思います。

また、おすすめのがん保険や、がん保険について無料で相談できるおすすめの窓口についてもご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「がん保険は不要なのか」ざっくり言うと
  • がん保険は受け取れる金額が大きくなく、不要と言われることも
  • ただし日本人の2人に1人はがんになるため、がんに備られるのは大きなメリット
  • がん保険が不要な人の特徴は十分な貯蓄があること
  • 経済的な不安が大きい人にはがん保険が必要
  • がん保険の加入の新規加入や見直しを検討している方は保険見直しラボの利用がおすすめ
  • 保険以外で医療費用に貯蓄したい方は、日々の固定費や資産形成・運用までお金全般について相談できるほけんのぜんぶの利用がおすすめ
  • 保険相談サービスを複数併用すれば、あなたに合った保険や貯蓄方法がグンと見つかりやすくなる!

>>> 保険相談は完全無料<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

マネーグロース読者に人気の保険相談です!*スマホでは横にスワイプできます!
代理店名 公式 取扱数 特徴
訪問型
保険相談
窓口
保険見直しラボ
32社 ●相談実績No.1の大手保険代理店
●他社と比べ相談員の業界経験歴が長く、保険会社の将来性も考慮した提案
●相談員全員が32社すべての保険を扱えるので、広く保険を比較できる
●強引な保険勧誘はしないと宣言
ほけんのぜんぶ
34社 ●電話・WEB相談は24時間365日受付
●FPの資格取得率が100%
※ほけんのぜんぶから訪問する入社1年以上のプランナーが対象
●保険以外にもお金に関するアドバイスに定評あり
店舗型
保険相談
窓口
保険相談ニアエル
保険相談ニアエルのメリットとデメリット
●全国に1200店舗以上のショップと提携
●保険代理店掲載数はダントツNo1
●女性スタッフやキッズルームなど詳細選択可

もくじ

がん保険が不要と言われる5つの理由

がん保険_不要_不要
がん保険が不要と言われる理由は主に以下の5つです。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:がん保険で受け取れる金額は多くないから

がん保険_不要_金額
がん保険が不要と言われる理由としてまず挙げられるのは、がん保険で受け取れる金額は多くないことです。

がん保険で受け取れる給付金については下で詳しく解説しますが、たとえばがんと診断された場合には50~200万円程度の保険金が支払われます。

また、入院すると1日あたり5000~1万円程度の支給があります。

つまり、がん保険で受け取れる金額は、通常あっても数百万円程度なのです。

そもそも、保険というのは頻度は低いものの、かかる金額が大きいことに対して使うものです。

数百万円程度のお金が自力で用意する貯蓄があるのであれば、がん保険の必要性は低いと考えられます。

理由②:高額療養費制度でカバーできるから

がん保険_不要_高額療養費
がん保険が不要と言われる理由としては、高額療養費制度でカバーできることも挙げられます。

日本の公的保険には高額療養費制度という、大きな医療費の負担を軽減してくれる優秀な制度が存在します。

高額療養費制度のおかげで、1ヶ月あたりの医療費の負担額は以下のように上限が決められています。

所得区分 自己負担限度額 多数該当
① 区分ア

(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)

252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1% 140,100円
② 区分イ

(標準報酬月額53万〜79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方)

167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1% 93,000円
③ 区分ウ

(標準報酬月額28万〜50万円の方)
(報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方)

80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1% 44,400円
④ 区分エ

(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)

57,600円 44,400円
⑤ 区分オ(低所得者)

(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

35,400円 24,600円

この上限額の負担で貯蓄がなくなる心配がないのでれば、わざわざがん保険で備える必要はないでしょう。

理由③:傷病手当金があるから

がん保険_不要_傷病手当金
がん保険が不要と言われる理由としては、傷病手当金があることも挙げられます。

業務外の病気や怪我の療養のために仕事を休んでいて、なおかつ会社から給与を支給されない時には、傷病手当金の支給を受けることができます。

傷病手当金では、給料の6割が最大1年6ヶ月にわたって支給されます。

そして、がんの治療のための入院は平均24日程度であり、傷病手当金の上限期間を超えることは少ないです。

このことから、十分な保障が得られると考えてがん保険は不要だと考える人もいるのです。

理由④:末期がんなら介護保険で自己負担が減るから

がん保険_不要_末期がん
がん保険が不要と言われる理由としては、末期がんなら介護保険で自己負担が減ることも挙げられます。

末期がんの時には特に生活への負担が大きいと考える人が多いでしょう。

しかし、末期がんの場合には介護保険が適用され、医療費の自己負担は3割ではなく1割になります。

さらに高額療養費制度もありますので、末期がんでも莫大な費用がかかるわけではないのです。

理由⑤:がんで必要になるお金はそこまで多くないから

がん保険_不要_必要
がん保険が不要と言われる理由としては、がんで必要になるお金はそこまで多くないことも挙げられます。

がんの治療にかかる費用は入院した場合、平均して約23万円程度だと言われています。

これなら十分貯蓄で用意できそうですよね。

ただ、がんでは普段よりも生活費が上がってしまいますが、この費用もそこまで高いわけではありません。

そのため、がん保険ではなく貯蓄で備えようと考える人も多いのです。

がん保険とは?

がん保険_不要_とは
がん保険は文字通り、がんに備えられる保険です。

がんと診断されたり、入院・治療をする時には給付金の支給を受けることができます。

がん保険でもらえる給付金には以下のような種類があります。

それぞれの保険金について詳しく見ていきましょう。

診断給付金

がん保険_不要_診断給付金
がん保険でもらえる給付金としてまず挙げられるのは、診断給付金です。

診断給付金はがんと診断された時にもらえるもので、数百万円程度もらえることが多いです。

どのがんまで診断給付金の対象になるかは確かめておく必要があるでしょう。

入院給付金

がん保険_不要_入院
がん保険でもらえる給付金としては、入院給付金も挙げられます。

入院給付金はがんの治療のために入院した時に、1日あたり0.5~1.5万円程度もらえることが多いです。

入院した日数だけ給付金をもらうことができます。

手術給付金

がん保険_不要_手術
がん保険でもらえる給付金としては、手術給付金も挙げられます。

手術給付金はがんの手術をした時にもらえますが、入院給付金で1日あたりにもらえる金額の10倍、20倍、40倍などと設定されていることが多いです。

通院給付金

がん保険_不要_通院
がん保険でもらえる給付金としては、通院給付金も挙げられます。

通院給付金はがんの治療のために通院する時にもらえます。

先進医療特約

がん保険_不要_先進医療
がん保険でもらえる給付金としては、先進医療特約も挙げられます。

がんの治療法の中には、公的保険が適用されない先進医療もあります。

そんな先進医療の治療の費用をもらえるのが先進医療特約なのです。

女性特約

がん保険_不要_女性
がん保険でもらえる給付金としては、女性特約も挙げられます。

これは女性特有のがんに対しての保障がより手厚くなるものです。

保険によって内容はかなり変わるため、詳しく確認しておく必要があるでしょう。

がん保険が必要な4つの理由

がん保険_不要_必要
がん保険が必要な理由は主に以下の4つです。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:2人に1人はがんになるから

がん保険_不要_半分
がん保険が必要な理由としてまず挙げられるのは、2人に1人はがんになることです。

生涯でがんにかかる確率は、男性は63%程度、女性は47%程度と言われています。

年齢別に将来がんになるリスクは以下のようになっています。

☆男性

現在の年齢 10年後 20年後 30年後 40年後 50年後 60年後 70年後 80年後 生涯
0歳 0.2% 0.3% 0.6% 1.2% 2.7% 7.8% 21.9% 43.6% 65.5%
10歳 0.1% 0.4% 1.0% 2.6% 7.7% 21.9% 43.6% 65.6%
20歳 0.3% 0.9% 2.5% 7.6% 21.8% 43.6% 65.6%
30歳 0.6% 2.2% 7.4% 21.7% 43.7% 65.8%
40歳 1.6% 6.9% 21.3% 43.6% 66.0%
50歳 5.4% 20.3% 43.2% 66.3%
60歳 16.2% 41.1% 66.1%
70歳 31.7% 63.6%
80歳 56.6%

☆女性

現在の年齢 10年後 20年後 30年後 40年後 50年後 60年後 70年後 80年後 生涯
0歳 0.1% 0.3% 0.7% 2.3% 6.3% 12.4% 21.2% 32.8% 50.2%
10歳 0.1% 0.6% 2.1% 6.2% 12.3% 21.1% 32.8% 50.2%
20歳 0.4% 2.0% 6.0% 12.2% 21.1% 32.7% 50.2%
30歳 1.6% 5.6% 11.8% 20.7% 32.5% 50.1%
40歳 4.1% 10.4% 19.5% 31.5% 49.4%
50歳 6.6% 16.1% 28.7% 47.4%
60歳 10.3% 23.8% 44.1%
70歳 15.4% 38.5%
80歳 29.5%

そのため、がん保険が役に立つ場所は多いと言えます。

理由②:先進医療は自己負担だから

がん保険_不要_自己負担
がん保険が必要な理由としては、先進医療は自己負担であることも挙げられます。

通常のがん治療であれば公的保険で自己負担が3割になり、さらに高額療養費制度で自己負担額の上限が決められています。

しかし、先進医療は公的保険が適用されないため、高額な医療費がかかりやすいのです。

たとえば、がんの先進医療として代表的な陽子線治療では、医療費は約271万円かかります。

理由③:働けなくなるから

がん保険_不要_働けなくなる
がん保険が必要な理由としては、働けなくなることも挙げられます。

がんになるとただ治療費が必要なだけでなく、仕事をすることができなくなる場合が多いです。

そのため、支出が増えるリスクだけでなく、収入が減るリスクもあります。

収入が減るリスクに備えるためにも、がん保険が必要なのです。

理由④:生活費がかかるから

がん保険_不要_生活費
がん保険が必要な理由としては、生活費がかかることも挙げられます。

がん保険でかかるのは治療費だけではありません。

生きていくためには生活費も必要です。

特に家庭がある場合には生活費がかかりやすいです。

このような生活費をカバーするためにもがん保険が必要です。

がん保険が不要な人の5つの特徴

がん保険_不要_不要な人
がん保険が不要な人の特徴は主に以下の5つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:十分な貯蓄がある人

がん保険_不要_貯蓄
がん保険が不要な人の特徴としてまず挙げられるのは、十分な貯蓄がある人です。

そもそも、保険は頻度は低いものの、高額のお金がかかるものに対してかけるものです。

これは、高額のお金がかかって生活が破綻してしまうのを防ぐためです。

そして、保険はビジネスで利益を出す必要があるため、トータルで見れば支払った金額よりもらえる金額が少ない人のほうが多いのは当たり前です。

そのため、十分な貯蓄があり、がんになっても生活が破綻しないのであればがん保険はかけないほうがお得なのです。

がん保険はもとを取るためにかけるものではありません。

特徴②:若くて独身の人

がん保険_不要_独身
がん保険が不要な人の特徴としては、若くて独身の人も挙げられます。

まず、上で見たように若い人はまだがんにかかる確率が低いため、がん保険を使う機会がほとんどありません。

そして、独身であれば入院しても傷病手当金で十分に生活をカバーできる確率が高いため、がん保険が必要になりにくいのです。

特徴③:先進医療を受けるつもりがない人

がん保険_不要_先進医療
がん保険が不要な人の特徴としては、先進医療を受けるつもりがない人も挙げられます。

上で見たとおり、がん治療でかかる必要はそこまで高いわけではありません。

先進医療を受けないのであれば高額療養費制度や3割負担もありますから、貯蓄でもカバーできる人も多いでしょう。

そのため、先進医療を受けるつもりがないのであれば、基本的にはがん保険の必要性は低いと言えます。

特徴④:がんにかかった身内がいない人

がん保険_不要_身内
がん保険が不要な人の特徴としては、がんにかかった身内がいない人も挙げられます。

がんにかかった身内の人がいない場合、遺伝的にあなたはがんにかかりにくい人である可能性が高いです。

がんになる確率が低いのであれば、がんに備える必要性も低くなるでしょう。

特徴⑤:他の保険でカバーしている人

がん保険_不要_カバー
がん保険が不要な人の特徴としては、他の保険でカバーしている人も挙げられます。

たとえば、医療保険の中にはがんに備えられるがん特約があるものもあります。

そのように、別の保険でがんに備えている場合は、わざわざ別にがん保険をかける必要はありません。

がん保険の必要性が高い人の5つの特徴

がん保険_不要_必要な人
がん保険の必要性が高い人の特徴は主に以下の5つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:経済的な不安が大きい人

がん保険_不要_不安
がん保険の必要性が高い人の特徴としてまず挙げられるのは、経済的な不安が大きい人です。

がんの治療費や生活費を払えるだけの貯蓄がないのであれば、がん保険への加入がおすすめです。

がん保険がないと生活が破綻してしまう可能性があるからです。

特徴②:個人事業主・フリーランス

がん保険_不要_フリーランス
がん保険の必要性が高い人の特徴としては、個人事業主・フリーランスも挙げられます。

会社員や公務員であれば給料の6割の支払いを受けられる傷病手当金を受け取ることができますが、個人事業主やフリーランスは受け取れません。

そのため、個人事業主やフリーランスの場合には、がん治療で収入源が断たれてしまうのです。

特徴③:先進医療を受けたい人

がん保険_不要_先進医療
がん保険の必要性が高い人の特徴としては、先進医療を受けたい人も挙げられます。

がん保険では先進医療特約をつけることができます。

先進医療では多くのお金がかかりますので、先進医療を受けたいのであればがん保険の必要性は高くなるでしょう。

特徴④:身内ががんにかかった人

がん保険_不要_がん
がん保険の必要性が高い人の特徴としては、身内ががんにかかった人も挙げられます。

がんの中には遺伝するものもあります。

そのため、身内ががんになった人は比較的がんになりやすいと言えます。

特徴⑤:扶養者がいる人

がん保険_不要_扶養者
がん保険の必要性が高い人の特徴としては、扶養者がいる人も挙げられます。

扶養者がいる場合、日々の生活費は独身の場合よりも多くなるため、収入がなくなったり減少したりするリスクは高いものになります。

そのため、比較的がん保険の必要性は高くなるのです。

がん保険の3つのメリット

がん保険_不要_メリット
がん保険のメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:がんになるとさまざまな給付金を受け取れる

がん保険_不要_給付金
がん保険のメリットとしてまず挙げられるのは、がんになるとさまざまな給付金を受け取れることです。

がん保険で得られる給付金は上で詳しく解説しましたが、がんと診断されるだけで給付金を受け取れるのはうれしいですよね。

さまざまな給付金があるため、がんに効果的に備えることができます。

メリット②:入院日数に制限がない商品もある

がん保険_不要_入院日数
がん保険のメリットとしては、入院日数に制限がない商品もあることも挙げられます。

通常の医療保険では、一定日数以上の入院になると入院給付金がもらえなくなる場合があります。

一方、がん保険では入院給付金の日数に上限がない場合も多いのです。

メリット③:特約で高額医療に対応できる

がん保険_不要_高額医療
がん保険のメリットとしては、特約で高額医療に対応できることも挙げられます。

がん保険では先進医療特約で先進医療を受けた時に給付金を受け取れます。

高額な費用がかかる先進医療に対応できるのはうれしいですよね。

とはいえ、自分に合った医療保険を自分だけで見つけるのは、難しいですよね。

そんな方には、まずは保険見直しラボの利用がおすすめです。

業界経験平均12年以上のファイナンシャルプランナーが、あなたに合った保険を中立な立場から提案してくれますよ。

松葉 直隆

>>> 保険見直しラボで相談してみる<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

がん保険の3つのデメリット

がん保険_不要_デメリット
がん保険のデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:がん以外の病気やけがには使えない

がん保険_不要_がん
がん保険のデメリットとしてまず挙げられるのは、がん以外の病気やけがには使えないことです。

がん以外の病気やけがに備えたい場合には、医療保険に加入する必要があります。

ただ、がんは2人に1人がかかる病気ですから、がん保険が活躍する機会も十分にあるでしょう。

デメリット②:保障されない免責期間がある

がん保険_不要_免責期間
がん保険のデメリットとしては、保障されない免責期間があることも挙げられます。

がん保険では1回目の保険料の払込から90日間の間は免責期間になり、この間にがんになっても保障してくれません。

これは、がんだとわかってから保険に申し込まれるのを防ぐ目的があります。

デメリット③:保険料を支払う必要がある

がん保険_不要_保険料
がん保険のデメリットとしては、保険料を支払う必要があることも挙げられます。

当たり前ですが、がん保険の保障を受けるためには、月々の保険料を支払う必要があります。

この保険料が少しだけ家計の負担になることは覚えておきましょう。

マネーグロース読者

高額医療などを受けたい!となった時に、貯蓄がないのは不安ですね。

がん保険に入りたい気持ちもあるのですが、毎月の支払いなど諸々を考えると、少しおっくうな気持ちもあります…

実は、がん保険以外にも、共済、資産運用など、緊急時に備える方法はいくつでもあります。

保険以外の方法で、急な怪我や病気に備えたいという方は、保険相談だけでなく、家計の相談や相続などお金にかかわる相談が無料できるほけんのぜんぶの利用をおすすめします。

ほけんのぜんぶでは、相談員全員が国家資格FPをもっており、お金に関する知識が豊富なため、一人一人に最適の提案をしてくれますよ。

最終的に保険に加入したい!となった場合でも、あなたに合った保険を提案してくれます。

松葉 直隆

各種生命保険の相談はFP所持率97%のほけんのぜんぶがおすすめ!

\1分で完了/

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

おすすめのがん保険3選

がん保険_不要_おすすめ
おすすめのがん保険は主に以下の3つです。

それぞれのがん保険について詳しく見ていきましょう。

アクサダイレクトのがん定期

がん保険_不要_アクサ

アクサダイレクトのがん定期は定期のがん保険として人気がある保険です。

保険料は安めですが、がん診断一時金や入院給付金などさまざまな給付金を受け取れます。

必要な保障をシンプルにつけて、安く保険をかけたい人におすすめと言えます。

がん保険ダブルエール(ライフネット生命)

がん保険_不要_ダブルエール

ライフネット生命のがん保険ダブルエールはネットがん保険の中でも定番の存在です。

ライフネット生命はネット保険会社ですので、料金が安いのが特徴です。

保障の内容もわかりやすく、安心して加入することができます。

終身タイプのがん保険を探している場合に特におすすめのがん保険です。

終身ガン治療保険プレミアムZ(チューリッヒ生命)

がん保険_不要_チューリッヒ

チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムZは今の時代にピッタリな保障を受けられるがん保険です。

所定の抗癌剤治療について、基準給付月額の最大120ヶ月分の保障が受けられるのも魅力的です。

特約でこれからの医療技術の発達で登場する新しい治療にも対応できます。

結局、保険の相談は誰にすればいいの?

保険の相談をする方法は大きく分けて2つあります。

加入したい会社やプランが決まっている方は、保険会社の営業マンに直接相談するのが良いでしょう。

しかし、まだ検討段階だったり一つの商品に決めていない方は、ファイナンシャルプランナーと一緒に比較しながら相談できる保険相談サービスがおすすめです。

加入を決めてなくても、自社商品を一番よく知っている営業マンに聞くのが良いかと思われがちですが、商品のデメリットについては詳しく説明されないこともあります。

中立な立場で提案してくれるというのも保険見直しラボなど保険相談窓口を利用するメリットの一つです。

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談してみる<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

それでは、保険代理店を利用するメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

保険見直しラボに行くメリット
  • FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる
  • 二重に保障されている部分などを見つけてもらえる
  • 何度でも無料で相談できる

FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる

生命保険だけでも全国に約40社の保険会社があり、それぞれの会社で10~50個の保険商品を扱っているため、最大2,000個の保険商品の中から自分に合った保険を選ぶことになります。

保険を見比べるために保険会社に足を運んでも、勿論その保険会社は他社の保険のことは紹介してくれません。

気になる会社に1社ずつ足を運ぶ手間を省いてくれるのが保険代理店です。

さらに、保険代理店ではFP(ファイナンシャルプランナー)が直接相談に乗ってくれるため、複数の保険の比較に加えて家計に関するアドバイスまでもらうことが出来ます!

一人一人に適した保険アドバイスがもらえる

膨大な数ある保険商品に複数加入している場合、二重に保障がされている保障が抜けているなどの事態が発生していることがあります。

保険代理店はこれらの問題点を発見し、あなたにとって本当に必要なものを教えてくれます。

何度でも無料で相談可能

前述のような、保険の見直しに対して手厚いサポートをしてくれる保険代理店ですが、いくら相談しても無料なのです!

「新しい保険に入ることを考えている」「ライフステージが変わったため、保険を見直したい」などとお考えの方は、ぜひ気軽に一度保険代理店を利用してみることをおすすめします。

どの代理店を利用するか決められない場合は、納得するまでいくつかの保険代理店を利用してみるのも一つの手ですよ。

松葉 直隆

複数の保険相談代理店に行くメリットを紹介します!

保険相談検討者

なぜ相談を何度かしたほうが良いのですか?一回で済ませてしまいたいところですが…
注意

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り複数の代理店で相談をしてみることに損はありません。

面倒に思われるかもしれませんが、何十年と払うこともある生命保険です。この時ばかりは時間を作ってみても良いかもしれません。

松葉 直隆

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってあなたに勧めてくる保険が異なることは十分にあり得ます。

保険会社や保険商品は今やごまんとある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

ここでは、色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあると考えてみるのも良いと思います。

松葉 直隆

保険相談検討者

確かに、そうでもしないと色んな会社の生命保険を比較や検討はできないかもしれませんね。

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いです。

おすすめ保険相談サービス

保険相談検討者

私は現在加入している保険の毎月の保険料と保障内容のバランス誰かに相談したいです。
実はあなたのように考えている方は多く、そのような方には保険見直しラボというサービスをおすすめしています。

保険相談窓口がどういったサービスなのか詳しく見ていきましょう。

松葉 直隆

保険相談サービスは以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれます。

保険相談が向いている人
  1. 仕事などの都合で店舗の営業時間に間に合わない
  2. 妊娠中や小さな子供が居て遠出が難しい
  3. 直近にならないと予定がわからない
  4. 近くに店舗型の相談所がない
  5. 調べるのが面倒

保険相談検討者

保険相談にはどのようなメリットがありますか?
近くのカフェや喫茶店、ファミレスなどこちらで相談場所を指定できるのがメリットですね。

松葉 直隆

平均業界歴11.8年のFP
保険見直しラボ

詳細はこちら

相談員全員がFP資格取得者
ほけんのぜんぶ_おすすめ

詳細はこちら

厳選した2500人以上のFP

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

詳細はこちら

それでは、ランキング形式でおすすめの代理店をご紹介いたしましょう。

おすすめ相談窓口1位 保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険相談の中でも、利用者の口コミが良いのが保険見直しラボです。

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約34社と保険を比較するには十分な量
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • 相談員全員がすべての保険を取り扱える(これが意外と珍しいんです…!)

保険見直しラボは、全国に約70拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

平均業界歴12年以上のベテランファイナンシャルプランナーが来てくれます!

取扱保険会社数は34社と、保険を広く比較するには十分の量です。

他社にはない保険見直しラボの特徴は、会社として強引な保険勧誘をしないと宣言をしていること。

相談だけしたいのに保険加入を勧められそうで怖いという方こそ利用してみてください。

保険代理店では定番のプレゼントキャンペーンですが、保険見直しラボでは以下のプレゼントがもらえます。

保険見直しラボの無料相談の流れ

STEP.1
公式ホームページから申し込む
 保険見直しラボの公式サイトから保険相談の予約をします。

STEP.2
保険相談・アドバイス

保険見直しラボは、自宅、勤務先など都合の良い場所まで相談員が来てくれます。

保険の見直しに関するアドバイスはもちろん、加入を検討している保険の診断もしてくれます。

保険に関する知識がない方でも、保険の基礎からしっかり話してくれるので安心です。

STEP.3
相談内容に応じた保険プランの提案

一人一人の希望やライフプランに合わせて複数社の保険商品の中から、比較検討して最適な保険の提案をしてもらえます。

保険見直しラボ 利用者の口コミ

以前、保険ショップで相談しましたが、提案内容に納得がいかず、ネットで他の保険相談ができるサービスを探しました。

色々な比較サイトを見てみましたが、業界歴の平均がここまで長いところはなく、ベテランに相談したいと思い、申込みすることに決めました。

結果は保障もしっかりしている上に保険料も安く大満足でした。

ご紹介された方は、以前外資系金融機関出身で、保険の知識はもちろんですが、保険以外の知識も豊富な方で今回の保険見直しだけではなく、今後ともお付き合いしたいと思っております。

出典:保険見直しラボ

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口2位 ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ_おすすめ

ほけんのぜんぶは、東京、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、奈良、札幌、愛媛、岡山、仙台、静岡、沖縄に拠点があり、全国どこでもFPの派遣が可能な保険代理店です。

ほけんのぜんぶの特徴
  • 全国どこでも足を運んでくれる(離島を除く)
  • 34社の保険会社の商品を扱い、商品を一気に比較できる
  • FPの資格取得率が100%

ほけんのぜんぶの最大の特徴として、在籍している相談員のほぼ100%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点です。

ほけんのぜんぶは比較的新しいサービスなので、口コミや実績は保険見直しラボには及びませんが、お金に関する相談には定評があります。

ほけんのぜんぶでは以下のプレゼントがもらえます。

ほけんのぜんぶ_キャンペーン

ほけんのぜんぶ 利用者の口コミ

よく分からなかった保険のしくみや内容が納得のいくものに

皆入っているからと、何となく加入した保険でしたが、毎月結構な額を払っていることに気付き本当に必要なのか、また、自分の加入している保険のことがいまいちよく分からないと思っていました。

そんな時にネットでほけんのぜんぶのサイトを見つけて相談してみようと利用しました。

実際に相談した方は、物腰が柔らかく、FPの方も経験豊富な感じで、分からないことにも丁寧に説明していただき、やっと保険のことが理解した気持ちになりました。

結果、今後のことを考えて別の保険の方がいいかもと思い、紹介していただいたプランに加入しました。大満足です。

もっと早く知っていたら良かったと思います。

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口3位 保険相談ニアエル

 

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

保険相談ニアエルは保険代理店ではなく、保険代理店と保険の相談をしたいお客様をつなげるサービス(ポータルサイト)を提供している会社です。

保険相談ニアエルの特徴
  • 当日の保険相談にも対応
  • コロナの影響でWEBオンライン相談が可能に
  • 店舗ごとの評判や口コミを見ることができる

保険相談ニアエルの特徴は以上の3つ。

まず、当日の保険相談が対応しているところです。

そのため、忙しい方でも予定が急に空いたときなどに予約できるため、融通が利きますね。

WEB上でいくつかの個人情報を入力するだけで予約が可能です。

また、他の利用者のクチコミを確認できる相談窓口もそう多くないでしょう。

店舗ごとの評判を確認でき、接客態度はどうだったのかやお客様の声についても見ることができます。

>>> 保険相談ニアエルを利用してみる<<<

保険相談ニアエル
公式サイトはこちら

 


このように保険で迷われた場合は、保険相談サービスの利用が便利です。

相談は何度でも無料です。

そのため、まずは保険見直しラボで保険の相談をして、不安が残るようであればほけんのぜんぶで資産運用や相続など、お金全般の相談をしてみるなど、複数のサービスを併用してみるといったこともおすすめです。

あなたにぴったりの保険や、資産形成の方法がわかる可能性がグンと高まります。

松葉 直隆

保険見直しラボ

>>> ファイナンシャルプランナーに相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

がん保険は不要かのまとめ

がん保険_不要_まとめ
がん保険が不要と言われる理由としては以下のようなものが挙げられます。

がん保険とはがんに備えられる保険です。

がん保険では以下のような給付金がもらえます。

がん保険が必要な理由としては以下のようなものが挙げられます。
がん保険が不要な人の特徴は以下のとおりです。
がん保険の必要性が高い人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。
がん保険のメリットは以下のとおりです。
がん保険のデメリットは以下のとおりです。
おすすめのがん保険は以下のとおりです。
「がん保険は不要なのか」ざっくり言うと
  • がん保険は受け取れる金額が大きくなく、不要と言われることも
  • ただし日本人の2人に1人はがんになるため、がんに備られるのは大きなメリット
  • がん保険が不要な人の特徴は十分な貯蓄があること
  • 経済的な不安が大きい人にはがん保険が必要
  • がん保険の加入の新規加入や見直しを検討している方は保険見直しラボの利用がおすすめ
  • 保険以外で医療費用に貯蓄したい方は、日々の固定費や資産形成・運用までお金全般について相談できるほけんのぜんぶの利用がおすすめ
  • 保険相談サービスを複数併用すれば、あなたに合った保険や貯蓄方法がグンと見つかりやすくなる!

保険見直しラボ

>>> 保険相談は完全無料<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

保険の相談をメインに考えている方は保険見直しラボ、保険だけでなく家計の相談や相続などお金にかかわる相談はほけんのぜんぶといったイメージで使い分けると、納得のいく相談ができると思います。

松葉 直隆