\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

第一生命の学資保険「こども応援団」・「Mickey」の特色と口コミを詳細解説!

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。
学資保険に加入し、コツコツ教育資金を積み立てることは大切ですが、万が一のための保障もやはり大切な備えと言えます。

そこで今回は、第一生命の学資保険「こども応援団」と「Mickey」という2種類の保険を紹介します。

この2種類の学資保険はお子さんの教育資金の積立だけではなく、万が一の事態の時もしっかり保障してもらいたい加入契約者(保護者)には最適な保険商品といえます。

この記事を読めば、第一生命の学資保険の基本的な知識と評判を知ることができ、保険選びの良い参考資料になることでしょう。

第一生命の学資保険に加入しようか悩んでいるけど、大丈夫かな?

と思っている方は特に必見の内容となっているので、ぜひ加入前に参考にしてみて下さい!

ざっくり言うと…
  • 第一生命が取り扱う学資保険は、こども応援団」と「Mickeyの2種類。
  • 第一生命の学資保険は、保護者に不幸な事態が発生した場合、以後の保険料の支払は不要となり、満期保険金等が受け取れる措置がある。
  • Mickeyは口コミから、返戻率が高いことで人気の学資保険だと言える。
  • 自分に合った学資保険をじっくり選びたいなら、プロに相談することが大切
  • 保険見直しラボなら、経験豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる!

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

第一生命と学資保険「こども応援団」「Mickey」について

保険相談検討者

子どもが生まれたので、将来のために学資保険の加入を考えています。

ただ、学資保険がどんな保険なのかがいまいちピンと来ていません。

また、学資保険と調べると「第一生命」という会社名をよく見かけるのですが、その商品について詳しく知りたいです。

子どもの将来のために、学資保険を検討される方はたくさんいらっしゃいます。

「第一生命」の「こども応援団」と「Mickey」は、数ある学資保険の中でも人気の高い商品となっています。

ここからは、学資保険とは何か、第一生命はどんな会社でどんな保険商品を提供しているのか、わかりやすく解説していきます。

松葉 直隆

学資保険とは

学資保険とは、加入希望者(主に保護者)が子を被保険者として、子の将来の教育資金を積立または、子や親の万が一の事態を保障してもらうために加入する保険のことです。

加入希望者は事前に、子が何歳になった時にお金を受け取るのかを契約で決めたり、万が一の事態を想定して死亡保障や医療保障を設定したりします。

契約後は保険料を月払いや年払い等で支払っていくことになります。

学資保険の契約で大切なこと
どんな目的で加入するのか、家計に無理のない支払い額はどの位かを十分考慮して加入契約を行いましょう。

第一生命とはどんな会社?

正式な名称は「第一生命保険株式会社」であり、1902年創業した生命保険会社です。

第一生命保険株式会社のデータ(2017年10月1日時点)は以下の表の通りです。

会社名 第一生命保険株式会社
創立 1902年9月15日
資本金 600億円(2017年10月1日時点)
従業員数 57,266名(内勤職11,628名、営業職45,638名)
事業所 支社84

営業オフィス等1,263

主要株主 第一生命ホールディングス(100%出資)

第一生命の学資保険の種類

第一生命の取り扱う学資保険には、こども応援団」と「Mickey」の2種類があります。

共に教育資金としてお金を積み立てて、契約のとき定めた時期に学資金・満期保険金が受け取れることになりますが、次の点で違いがあります。

こども応援団は、契約者(保護者)が、がんや心筋梗塞、脳卒中と呼ばれる「三大疾病」になった場合と、保護者に介護が必要になった場合死亡や身体障害になった場合に、被保険者(子)に対して、育英年金等が下りる保険内容となっています。

親と子の保障という面がより重視されている保険といえます。

一方、Mickeyでは、契約者(保護者)が死亡または高度障害状態になった場合に、育英年金等が下りる保険内容となっています。

どちらかといえば、契約者の疾病・障害の範囲を限定的にして、その分、教育資金として受け取るお金の返戻率(支払った保険料総額と受け取るお金の割合のこと)をできるだけ高くすることが目的とされている保険です。

第一生命の学資保険「こども応援団」の口コミ

契約者がまさかの事態になっても払込保険料免除や、育英年金があることは非常に頼りになる。

では、実際にこども応援団へ加入した保護者の感想を聞きたい・・・・。

こちらでは、契約した方々の良い評価や不満点について取り上げます。

良い評価について

こちらでは、こども応援団で多かった評価を取り上げます。

やはり万が一の事態になった時でも、子の教育資金が契約通りに受け取れる点に評価が集まっています。

32歳男性

子が0歳の時に加入しました。

自分は会社に勤務していますが、がんや心筋梗塞になって亡くなってしまった場合、子の将来が本当に心配でした。

しかしこの保険ならば、自分が最悪亡くなっても、育英年金と言う形で毎年お金が受け取れるので安心しています。

28歳男性

まだ私は20代で健康だが10年先は正直にいえばどうなるかわからない。

がんが怖いと世間では言われているし、私が発症しないという保証はどこにもない。

子の進学を自分のせいで諦めさせるのが嫌だったからこの保険に入った。

内容には満足している。

不満点について

こちらでは、こども応援団で不満な点を取り上げます。

育英年金ありを選ぶと支払う保険料が高くなって、返戻率が低くなってしまう点に不満が目立ちます。

37歳男性

育英年金は自分がまさかの事態になった時に、頼りにはなる。

ただし、健康診断でも異常は無いし、このプランに加入して良かったかな?と内心では考えている。

だからと言って解約する気にはなれないが、育英年金なしプランへ加入した方が保険料も安く戻り率(返戻率)も良かった。

40歳男性

A1型とA2型にも入学祝金制度が無いな。A1型の方は自分が亡くなった時とかに子へ育英年金が下りるが、せめて特約でも良いから契約者が一定期間、何も異常がなかったら一時金のようなものが下りるサービスが欲しい。

口コミの小括

口コミでは契約者のもしもの事態に、子の教育資金を確保するための手厚い措置が設けられていることが評価されています。

契約者の不満

一方、不満点は契約者のもしもに備えた措置を手厚くすると、返戻率が低くなってしまうことに不満があるようです。

入学祝金制度の設定については、今後、第一生命が主契約または特約の追加を検討する必要があるでしょう。

こども応援団は、教育資金の積立は大事だけれども、契約者の万が一の事態で保険の支払が滞ることを心配する方におすすめの保険と言えます。

保護者であるご自分が病気一つしない健康体でも、将来、想定外の大ケガで高度障害状態になってしまうかもしれません。

また、ご自分の家系に病弱な方が多く、自分自身もいつ重い病気になるかわからないと不安を感じているのなら、こども応援団は非常に頼りになる保険です。

学資保険を選ぶなら?おすすめ保険相談ランキング3!

さて、第一生命の学資保険の口コミについてご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか。

現在、まさざまな保険会社が多種多様な学資保険の商品を展開しているのが現状。

その中であなたのご家庭にはどの学資保険が合っているのか、気になりますよね。

もしも学資保険に加入するのであれば、出来る限り我が家に合ったプランで、出来ればお得に、安心して加入したいです。

学資保険検討者

松葉 直隆

長期間払い続ける大切なお金ですから、まずはプロに相談することが肝心です。

保険相談窓口を利用するきっかけ 見直し、新規加入

次の章から、おすすめの保険相談サービスをご紹介していきます!

松葉 直隆

おすすめ保険相談サービス

保険相談検討者

こども応援団で学資保険を決めてもいいけど、他の学資保険についても詳しく知りたいです。
子どもの将来のためにも、後悔のない保険選びをしたいですよね。

そのような方には保険見直しラボというような無料保険相談サービスをおすすめしています。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなどこちらで相談場所を指定することができるため、家事育児仕事に追われている方や、妊娠している方でも安心して利用できますよ。

以下、ランキング形式でおすすめの保険相談サービスを3つご紹介していきます!

松葉 直隆

平均業界歴11.8年のFP
保険見直しラボ

詳細はこちら

相談員全員がFP資格取得者
ほけんのぜんぶ_おすすめ

詳細はこちら

厳選した2500人以上のFP

マネードクターの詳細

詳細はこちら

おすすめ相談窓口1位 保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険相談の中でも、利用者の口コミが良いのが保険見直しラボです。

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約34社と保険を比較するには十分な量
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • 相談員全員がすべての保険を取り扱える(これが意外と珍しいんです…!)

保険見直しラボは、全国に約70拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

平均業界歴12年以上のベテランファイナンシャルプランナーが来てくれます!

取扱保険会社数は34社と、保険を広く比較するには十分の量です。

他社にはない保険見直しラボの特徴は、会社として強引な保険勧誘をしないと宣言をしていること。

相談だけしたいのに保険加入を勧められそうで怖いという方こそ利用してみてください。

保険代理店では定番のプレゼントキャンペーンですが、保険見直しラボでは以下のプレゼントがもらえます。

保険見直しラボの無料相談の流れ

STEP.1
公式ホームページから申し込む
 保険見直しラボの公式サイトから保険相談の予約をします。

STEP.2
保険相談・アドバイス

保険見直しラボは、自宅、勤務先など都合の良い場所まで相談員が来てくれます。

保険の見直しに関するアドバイスはもちろん、加入を検討している保険の診断もしてくれます。

保険に関する知識がない方でも、保険の基礎からしっかり話してくれるので安心です。

STEP.3
相談内容に応じた保険プランの提案

一人一人の希望やライフプランに合わせて複数社の保険商品の中から、比較検討して最適な保険の提案をしてもらえます。

保険見直しラボ 利用者の口コミ

以前、保険ショップで相談しましたが、提案内容に納得がいかず、ネットで他の保険相談ができるサービスを探しました。

色々な比較サイトを見てみましたが、業界歴の平均がここまで長いところはなく、ベテランに相談したいと思い、申込みすることに決めました。

結果は保障もしっかりしている上に保険料も安く大満足でした。

ご紹介された方は、以前外資系金融機関出身で、保険の知識はもちろんですが、保険以外の知識も豊富な方で今回の保険見直しだけではなく、今後ともお付き合いしたいと思っております。

出典:保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口2位 ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ_おすすめ

ほけんのぜんぶは、東京、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、奈良、札幌、愛媛、岡山、仙台、静岡、沖縄に拠点があり、全国どこでもFPの派遣が可能な保険代理店です。

ほけんのぜんぶの特徴
  • 全国どこでも足を運んでくれる(離島を除く)
  • 34社の保険会社の商品を扱い、商品を一気に比較できる
  • FPの資格取得率が100%

ほけんのぜんぶの最大の特徴として、在籍している相談員のほぼ100%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点です。

ほけんのぜんぶは比較的新しいサービスなので、口コミや実績は保険見直しラボには及びませんが、お金に関する相談には定評があります。

ほけんのぜんぶでは以下のプレゼントがもらえます。

ほけんのぜんぶ_キャンペーン

ほけんのぜんぶ 利用者の口コミ

よく分からなかった保険のしくみや内容が納得のいくものに

皆入っているからと、何となく加入した保険でしたが、毎月結構な額を払っていることに気付き本当に必要なのか、また、自分の加入している保険のことがいまいちよく分からないと思っていました。

そんな時にネットでほけんのぜんぶのサイトを見つけて相談してみようと利用しました。

実際に相談した方は、物腰が柔らかく、FPの方も経験豊富な感じで、分からないことにも丁寧に説明していただき、やっと保険のことが理解した気持ちになりました。

結果、今後のことを考えて別の保険の方がいいかもと思い、紹介していただいたプランに加入しました。大満足です。

もっと早く知っていたら良かったと思います。

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口3位 マネードクター

マネードクター_保険相談_おすすめ

マネードクターの前身は「保険のビュッフェ」であり、訪問型と来店型の両方で無料保険相談を受け付けております。

わたしの保険の特徴
  • 紹介するFPの平均継続年数は、9.5年
  • 加入手続き、アフターフォローなどのサービスも無料で対応
  • 地域を担当するFPを、ネット上で検索できる

住所の変更、保険料支払口座の変更などは、マネードクターを通じて手続きを依頼できます。

マネードクター 利用者の口コミ

保険って加入しておくと安心とはわかっていても、普段保険のことを考えることってほとんどないですよね。だって、保険金を受け取ることもそうそうないですし。だから、万が一のことをうまく想像できなかったんです。(中略)

今回、FP相談をして、仕事ができなくなったときに保障してくれる保険があることを初めて知りました。(中略)既に保険には加入していたので切り替えるつもりはなかったのですが、保険についていろいろ知れたことで、結果的に切り替えました。

それは、良い商品を紹介していただけたからです。(中略)

今回、保険商品の内容も変わっていくものだということを知ったので、定期的に見直さなきゃなと思いました。

出典:マネードクター

>>> マネードクターで無料相談<<<

マネードクター
公式サイトはこちら


このように保険と共済で迷われた場合は、保険相談サービスの利用が便利です。

相談は何度でも無料なので、まずは保険見直しラボを利用してみて、不安が残るようであれば他のサービスを利用してみるといったこともおすすめです。

松葉 直隆

>>> ファイナンシャルプランナーに相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

加入するなら高返戻率、低価格な今。まだ間に合います!

今後、更に金利が下がる一方だとも言われている日本経済。

ゼロ金利政策からマイナス金利政策などのニュースを耳にすることで今後の日本経済が不安になりますよね。

学資保険の返戻率も今後は下がっていく可能性もあり、あまりお得すぎて商品が販売停止になることも示唆されています。

※2018年も各保険会社学資保険の利率を下げており、2019年も利率が下がる傾向にあると言われています※

販売停止になっても大丈夫!

既に契約している保険に関しては、もしも売り止めになっても影響は受けず、学資保険は満期まで継続します。

今後はマイナス金利の影響で保険料が上がっていく予想もされている学資保険。

少しでも保険料が安く、返戻率が高いうちに加入を検討しましょう。

第一生命の学資保険「Mickey」の概要と内容、注目点

こども応援団は、契約者の万が一のための事態にしっかり備えられる保険であることはわかった。

では、第一生命のもうひとつの学資保険「Mickey」についても詳細を知りたい・・・。

こちらでは、Mickeyの保険内容と注目点を説明します。

Mickeyの概要

Mickeyでは、契約者(保護者)が死亡または高度障害状態になった場合に、育英年金等が下りる保険内容となっています。

こちらの保険は、こども応援団よりも契約者の疾病・障害の範囲を限定的にして、その分、教育資金として受け取るお金の返戻率を高くすることを目的した保険です。

この保険は、育英年金ありプラン(B1型)、育英年金なしプラン(B2型)の他に、契約者の死亡または高度障害状態になった場合の保障が無い、保険料払込の免除保障なしプラン(C型)もあります。

Mickeyの保険内容

こちらでは、育英年金ありプラン(B1型)、育英年金なしプラン(B2型)、保険料払込の免除保障なしプラン(C型)それぞれ事例を上げて説明していきます。

育英年金ありプラン(B1型)

(例)

契約者:30歳(契約当時)父親

被保険者:0歳(契約当時)男子

契約内容:18歳払済22歳満期

基準保険金額:60万円

月払保険料:14,455円

契約者が被保険者が9歳の時に死亡

子の年齢 年金・満期保険金等
9歳 育英年金60万円
10歳 育英年金60万円
11歳 育英年金60万円
12歳 育英年金60万円
13歳 育英年金60万円
14歳 育英年金60万円
15歳 育英年金60万円
16歳 育英年金60万円
17歳 育英年金60万円
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
受取金総額 840万円

事例は、契約者が被保険者の9歳時に死亡した場合を想定した受取金総額です。

契約者は予定通りに、子が18歳になるまで払い終えれば、次のような受取金総額・返戻率になります。

子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約312万円
受取金総額 300万円
返戻率 約96.2%

育英年金が受け取れる契約となっている分、支払う保険料は高く、育英年金を受け取る機会が無ければ、返戻率は約96.2%と元本割れを起こしてしまいます。

育英年金なしプラン(B2型)

(例)

契約者:30歳(契約当時)父親

被保険者:0歳(契約当時)男子

契約内容:18歳払済22歳満期

基準保険金額:60万円

月払保険料:13,096円

子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約283万円
受取金総額 300万円
返戻率 約106%

育英年金は受け取れませんが、返戻率が約106%と決して低くない割合になっています。

保険料払込の免除保障も最低限の範囲で認められています。

プランの中では最もバランスが良い契約内容です。

保険料払込の免除保障なしプラン(C型)

(例)

契約者:30歳(契約当時)父親

被保険者:0歳(契約当時)男子

契約内容:18歳払済22歳満期

基準保険金額:60万円

月払保険料:12,971円

子の年齢 満期保険金等
18歳 学資金60万円
19歳 学資金60万円
20歳 学資金60万円
21歳 学資金60万円
22歳 満期保険金60万円
払込保険料総額 約280万円
受取金総額 300万円
返戻率 約107%

保険料払込の免除保障ない分、支払保険料が安く返戻率は各プランの中で最も高くなります。

Mickeyの注目点

育英年金ありプラン(B1型)、育英年金なしプラン(B2型)には、保護者が死亡または高度障害状態になった場合に、以後の保険料の支払が不要となり、契約通り満期保険金等が受け取れる措置があります。

払込保険料免除事由に該当する範囲はこども応援団よりも狭いですが、MickeyのB1型・B2型は、こども応援団のA1型・A2型よりも返戻率はそれぞれ高くなっています。

また、保険料払込の免除保障なしプラン(C型)は、免除保障がそもそも無いので返戻率は最も高くなっています。

教育資金の積立のみを目的とする場合はC型を選ぶべきでしょう。

第一生命の学資保険「Mickey」の口コミ

Mickeyの場合はこども応援団よりも契約者の免除保障範囲が狭い分、返戻率が高いことがわかった。

では、実際にMickeyへ加入した保護者の感想を聞きたい・・・・。

こちらでは、契約した方々の良い評価や不満点について取り上げます。

良い評価について

こちらでは、Mickeyで多かった評価を取り上げます。

返戻率が高く、学資金と満期保険金を分けて受け取れる点に評価が集まっています。

36歳女性

死亡や高度障害状態になった時に保険料が免除されていることに加え、返戻率もなかなか良い。

Mickeyのプランでは基本的に返戻率は100%を超え、早期で払い込みを終了すればその分、返戻率も更に上がる。

学資金と満期保険金を分けて受け取れるところも他の学資保険と比較して評価できる。

40歳男性

Mickeyにするか、こども応援団にするか迷ったが、選べるプランが多くて返戻率も高いMickeyにした。

そんなに自分の健康を心配してないし、最悪の事態である死亡と高度障害状態だけ気を付ければいかな?と思った。

返戻率も高いし加入して良かった。

不満点について

こちらでは、Mickeyの不満点を取り上げます。

こちらは入学祝金制度が無い点と、第一生命の営業マン態度に不満が目立ちます。

30歳女性

返戻率が高かったので、Mickeyを選びました。

しかし、祝金が無かったのは少々残念です。

もともと、子は公立の小学校や中学校に通わせるつもりでしたが、家族で会議をして私立も検討しようと言うことになりました。

そうなると、公立よりも倍の教育費がかかってしまいます。

せめてMickeyに祝金制度があれば入学金とかを補うことはできたのですが・・・・・。

(年齢非公開)女性

第一生命の営業の方が強引すぎます。

子供が生まれて1年は身動きがとれない状態だったのに、しつこい営業がありました。

子の授乳中や寝不足で疲れきっている私にはかなり効きました。

実際、育児で営業の方のお話を聞く余裕なんてない家庭も多いんじゃないでしょうか。

口コミの小括

こちらの場合も祝金制度がないことが不満点と言えます。

特に私立の小学校・中学校に進学を検討する場合、公立の小学校・中学校のように授業料が無料とならないことは考慮に入れるべきでしょう。

私立の小学校・中学校の場合は、入学祝金制度があれば進学時に一時金が受け取れて、入学の際に何かとかかる金銭的な負担を軽減することができます。

現在の第一生命の学資保険の内容では、私立小学校・中学校に通わせるための備えに不向きであるといえます。

また、営業マンの強引な営業に関しては第一生命内で、相手を思いやることを周知徹底させるべきでしょう。

たしかに営業マンは契約をとればとるほど利益となりますが、出産後に体調が回復せず、まだ母親になって日が浅いために、育児に四苦八苦している方もたくさんいらっしゃいます。

この様な方々の事情を考慮に入れない営業行為は、いかに当該保険会社が取り扱う商品が優れていても、保険会社に対する反感となっていきます。

この様な事態は、第一生命のみならず各保険会社が共通して考慮にいれなければならない事柄です。

まとめ

返戻率の高い学資保険は、受け取るお金が支払ったお金よりも多くなりますので、それだけ利益が出たことになります。

そのため、学資保険では教育資金の積立を重視し、高い返戻率が期待できる「貯蓄型学資保険」が人気です。

ただし、学資保険金を受け取ることができるまで、親と子が変わらず健康でいられるとは限りません。

特に子に教育資金がかかる時に、一家の大黒柱である親に不幸な事態が起きた場合は、たちまち家計が厳しくなってしまいます。

そのため、返戻率は大切ですがそれと同じく位、万が一のための保障も大切であることを念頭に入れ保険選びを行いましょう。

ざっくり言うと…
  • 第一生命が取り扱う学資保険は、こども応援団」と「Mickeyの2種類。
  • 第一生命の学資保険は、保護者に不幸な事態が発生した場合、以後の保険料の支払は不要となり、満期保険金等が受け取れる措置がある。
  • Mickeyは口コミから、返戻率が高いことで人気の学資保険だと言える。
  • 自分に合った学資保険をじっくり選びたいなら、プロに相談することが大切
  • 保険見直しラボなら、経験豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる!

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)