おすすめの学資保険|返戻率+口コミで選ぶ人気ランキングTOP5【2022年最新版】

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。
おすすめの学資保険が知りたい。
学資保険は、どうやって選べばいいの?

学資保険は子供の教育資金を確実に貯められる保険ですが、種類が多いため、どの保険に加入すべきか悩んでいませんか?

そこで本記事では、学資保険の選び方と返戻率が高いおすすめの学資保険をランキング形式で紹介します。

学資保険は返戻率が加入の一つの目安となるので必ずチェックしましょう。

学資保険に加入する際の注意点や、少しでも返戻率を上げるための方法についても解説していきます。

松葉 直隆

\返戻率の高いおすすめの学資保険を先に見る/

返戻率の高い学資保険ランキング

おすすめの学資保険とは?
  • 学資保険には、貯蓄型保障型の2種類がある
  • 学資保険は保険料の払い込み期間が短いほど返戻率が上がる
  • もっとも良い条件で計算した場合に、返戻率が高いのはソニー生命の学資保険
  • ただし、子供の加入年齢や保険金の受け取り時期によって返戻率は変わるので注意が必要
  • 各家庭によっておすすめの学資保険は異なるので、シミュレーションは必須
  • 保険見直しラボなどの無料の保険相談窓口で返戻率の計算をしてもらうのがおすすめ

    \1分で完了/

    「保険見直しラボ」
    公式HPはこちら

マネーグロース読者に人気の保険相談です!*スマホでは横にスワイプできます!
代理店名 公式 取扱数 特徴
訪問型
保険相談
窓口
保険見直しラボ
32社 ●相談実績No.1の大手保険代理店
●他社と比べ相談員の業界経験歴が長く、保険会社の将来性も考慮した提案
●相談員全員が32社すべての保険を扱えるので、広く保険を比較できる
●強引な保険勧誘はしないと宣言
ほけんのぜんぶ 39社 ●電話・WEB相談は24時間365日受付
●FPの資格取得率が100%
※ほけんのぜんぶから訪問する入社1年以上のプランナーが対象
●保険以外にもお金に関するアドバイスに定評あり

もくじ

学資保険の返戻率とは

学資保険の返戻率とは、払い込んだ保険料金の総額に対して、満期保険金や祝金の受け取り総額がいくらになるかの割合のことをいいます。

以下の式で求めることが可能です。

返戻率 = 受け取る保険金の総額 ÷ 払った保険料の総額 × 100 

実際に学資保険に100万円払い込んだ場合を考えてみると、

学資保険に100万円を払い込んだ場合
  1. 受け取った学資保険が120万円なら返戻率は120%
  2. 受け取った学資保険が90万円なら返戻率は90%

返戻率が90%の場合、最初に払い込んだ100万円より10万のマイナスとなっており、払い込んだ総額が受取総額を下回る「元本割れ」の状態になっています。

学資保険では金額が高額になりがちですが、返戻率によって実際に受け取る金額に大きな差が生まれてしまいます。

月々の払い込みが安い学資保険がいい学資保険とは限りません。

月々の払い込み金額だけでなく、返戻率の高さをしっかり確認しましょう。

返戻率の高い学資保険こそ、貯蓄性の高い将来に備えられる学資保険といえます。

松葉 直隆

返戻率が高い学資保険おすすめランキング

学資保険 おすすめ ランキング 返戻率

学資保険は種類が多く、一つ一つ見ていくだけでも時間がかかってしまいます。そこで、代わりに返戻率を計算したのでぜひ参考にしてみてください。

松葉 直隆

おすすめ学資保険ランキング比較一覧表

返戻率の高いおすすめの学資保険トップ5です。

商品の特徴も合わせて、以下のようにまとめました。

会社名と保険商品 返戻率 特徴
1.ソニー生命
「学資金準備スクエア」

106.3% ・返戻率がランキングトップの106.3%

・ソニー生命は倒産の可能性が低い

・ライフプランナーに相談ができる

2.明治安田生命
「つみたて学資」

105.8% ・費用がかさむ大学などの時期に、教育資金を受け取れる

・貯蓄性が高く、返戻率は105.8%

・保険料の払い込みは15歳で終わる

3.フコク生命
「みらいのつばさ」

105.8% ・2人目の子供から、保険料が割り引かれる兄弟保険がある

・医療保障オプションなどの安心した保証を付けられる

・教育資金だけでなく新社会人の準備金としても活用可能

4.JA共済
「こども共済」

105.7% ・学資金の受取りは、中学・高校・大学プランから選べる

・加入対象年齢の幅が広い

・子供に万が一があった場合も、保証金が受け取れる

5.日本生命
「ニッセイ学資保険」

104.9% ・受取方法をこども祝金なし型・こども祝金あり型から選択

・支払期間5年なら60代でも加入できる

・365日24時間育児相談ホットラインを無料で提供

それでは、それぞれの学資保険について紹介していきますね。

松葉 直隆

学資保険おすすめ1位 ソニー生命「学資金準備スクエア」

ソニー生命_おすすめの学資保険

出典:ソニー生命

ソニー生命「学資金準備スクエア」は教育資金の貯蓄に特化した学資保険です。

返戻率はなんとランキングトップの106.3%

教育資金をできるだけ増やしたい、貯蓄重視の人にピッタリの学資保険となっています。

学資保険のリスクの1つに「保険会社の倒産」がありますが、ソニー生命は企業の健全性を示すソルベンジー・マージン比率が2,476%。

200%あれば十分とされる値の10倍あるため、安心して利用できる生命保険と言えるでしょう。

またソニー生命では、金融全般について知識豊富な「ライフプランナー」が、一緒に家計の状況を見直しながら、3つのプランの中から最適なプランを提案してくれます。

学資保険_おすすめ_ソニー生命_3つの型

自分の家庭状況や今後の人生設計を加味した上で最適な学資保険を選択できるのも、ソニー生命の大きなメリットと言えます。

学資金準備スクエアの特徴
  • 返戻率がランキングトップの106.3%
  • ソニー生命は倒産の可能性が低いため、安心して利用できる
  • ライフプランナーに相談ができ、自分のニーズに合ったプランを提案してくれる
最大返戻率 106.3%
保障内容 契約者に万が一があった場合と所定の障害が残った場合に、支払いが免除になるが保障はそのまま。
加入条件 子供:0〜3歳

*特約により出生前予定日の140日前から加入可能

契約者:女性16・男性18〜69歳

支払い期間 10歳・15歳・17歳・18歳・20歳・22歳

*保険の種類によって異なる

保険金受取時期 1型:中学校・高校・大学入学

2型:大学進学時+満期時

3型:大学進学〜満期まで5回

返戻率が高く、利回りが良い

学資保険であればソニー生命がいちばん有利、というのは有名な話ですが、やはりその利回りの良さは他社と比較しても圧倒的です。学資保険は本来将来の子供のための貯蓄に備えるものですから、貯蓄性が高い=返戻率が高いことが最優先。担当者の方とお話しして、子供がいることを確認した上で契約しました。

貯蓄しながら、税金対策ができる

子供の将来のために備える目的と、税金対策を兼ねて夫婦で加入しました。子供が早生まれのため、17年満期のプランを選択しました。期間は長いものの、それでも5%以上のプラスが返ってきて、生命保険料控除を受けられると考えるとなると、子を持つ親であれば入って損のない学資保険ではないかなと思いました。

プランの柔軟性に惹かれた

ソニー生命は、他社と比べても受け取り時期が異なるプランが豊富に用意されていたため、よかったです。

柔軟に保険を組むことができるのは大きな魅力だと思います。

マネーグロース読者

ソニー生命なら安心して契約できますね!

ただ、プランの数も多いし、将来何のためにどのくらいのお金が必要になるのか分かっていないので、すぐに決めるのは難しそうです

そのような場合は、学資保険専任のアドバイザーがいる保険見直しラボの活用してみてはいかがでしょうか?

家庭ごとにおすすめ学資保険を紹介してくれる上に、それぞれの学資保険のメリット・デメリットを忖度なしに解説してくれます。中立な立場だからこそ聞けるファイナンシャルプランナーの意見は保険選びの参考になります。

松葉 直隆

\1分で完了/

ソニー生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

学資保険おすすめ2位 明治安田生命「つみたて学資」

明治安田生命_つみたて学資_おすすめの学資保険

出典:明治安田生命

明治安田生命「つみたて学資」は積み立てに特化したシンプルなプランで、最もお金がかかる大学の時期に教育資金を受け取れる学資保険です。

貯蓄性が高く返戻率は105.8%と高水準

また、保険料を一括で支払える場合は、最大109.3%と業界ナンバーワンの返戻率となります。

子供の大学進学に向けて教育資金を貯めたい人にピッタリの学資保険となっています。

5回に分けて保険金が支払われますが、なんらかの理由により受け取りたくない場合は、満期日から5年まで据え置きすることも可能です。

受取期間や払込期間にはさまざまな組み合わせがあるため、家庭の事情に合わせたプランを選択できるのも魅力です。

保険料の払い込みは15歳で終わるため、大学進学までに猶予ができるのも嬉しいですね。

さらに、看護師・保健師といった専門家に、24時間いつでもお子様の病気・ケガなどのトラブルを相談することができるサービスも提供しています。

口コミでも「資金面だけでなく、日々の子供の生活もサポートしてくれるため安心」と評判です。

つみたて学資の特徴
  • 費用がかさむ大学などの時期に、教育資金を受け取れる
  • 貯蓄性が高く、返戻率は105.8%
  • 保険料の払い込みは15歳で終わる
  • 保険料を一括払いすると、返戻率は最大で109.3%になる
最大返戻率 105.8%
(保険料を一括払いした場合は109%)
保障内容 ・契約者に万が一があれば保険料の支払いが免除

・満期日から5年まで保険金を据え置きできる

加入条件 子供:0〜満6歳

契約者:満18〜満45歳

(子供が満2歳以上なら契約者は満40歳まで)

支払い期間 10歳・15歳から選択
保険金受取時期 4回(18・19・20・21歳)

返戻率が高い

妊娠中に子どもの学費を確保しておきたいと考え、返戻率の高かった明治安田生命の学資保険を選びました。

返戻率の高さはもちろん、スタッフの方の対応が丁寧で、こまめに家まで訪問してくれるので、信頼できました。

払い込み期間が15歳までと短い

ほかの学資保険では払い込み期間が18歳や20歳まである場合が多いですが、つみたて学資は最大15歳までと非常に短期間だったので惹かれました。

義務教育を終えた高校〜大学の間がいちばん教育費がかかると聞いていたので、その時期に保険料まで払わなくて済むのは自分にとって大きなメリットでした。

明治安田生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

学資保険おすすめ3位 フコク生命「みらいのつばさ」

フコク生命_みらいのつばさ5年ごと配当付保険_おすすめの学資保険

出典:フコク生命

フコク生命の学資保険は、2人目の子供から保険料の割引がある兄弟割引が特徴の学資保険です。

教育・養育費を少しでも節約できるのは大きなメリットですよね。

ちなみに、兄弟割引がある学資保険はフコク生命だけです。

また、医療大臣プレミアエイトという医療保障オプションを付けることもできます。

そのため、子供が多い人や教育資金の貯蓄だけでなく、保障もつけたい人におすすめの学資保険となっています。

保険金の受取時期は細かく設定されていますが、将来のためにとっておきたい場合は据え置きも可能。

いつでも、必要な時に祝金が受け取れます。

教育資金はもちろん、社会人になったときの新生活準備金としても活用できる柔軟性がメリットの学資保険です。

みらいのつばさの特徴
  • 2人目の子供から、保険料が割り引かれる兄弟保険がある
  • 医療保障オプションなどの安心した保証を付けられる
  • 教育資金だけでなく、新社会人の準備金としても活用できる
最大返戻率 105.8%
保障内容 ・医療オプションをつけられる

・2人目の子供から保険料が割引される兄弟割引有り

・祝金の据え置きが可能で、いつでも引き出せる

・契約者に万が一があった場合や不慮の事故で所定の障害が残った場合には支払いが免除になる

加入条件 子供:出生予定日の140日前〜満7歳まで

契約者:満18歳〜満50歳まで

支払い期間 11歳・14歳・17歳から選択
保険金受取時期 計7回

(幼稚園入園・小学校入学・中学校入学・高校入学・大学入学・成人祝金・22歳)

兄弟割引が助かる

我が家では兄妹の二人でみらいのつばさに加入しています。

他の保険会社では、兄弟割引は一切なく、費用の面で懸念していましたが、みらいのつばさでは兄弟割引が使えるとのことで加入を決めました。

国内トップクラスの安定した財務

フコク生命は、返戻率が高いだけでなく、唯一兄弟割引の提供を行えるほどの、国内保険会社の中でもトップクラスの財務の余裕があります。

返戻率の高さだけで最初は他の学資保険を見ていましたが、最終的にはフコク生命の抜群に安定した経営・財務状態を見て加入を決めました。

フコク生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

学資保険おすすめ4位 JA共済「こども共済」

JAこども共済_おすすめの学資保険

出典:JA共済

JA共済の学資保険は、柔軟性に特化した学資保険です。

受取時期が中学・高校・大学から選べるほか、加入対象年齢の幅が広いのが特徴

親はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんも加入できます。

また、子供に万が一のことがあった場合の保障もあり、希望に合わせて柔軟に保障内容をカスタマイズできます。

学資保険_おすすめ_JA共済_プラン

そのため、孫の教育資金を用意したい人や自分だけでなく子供の万が一にも備えたい人におすすめです。

契約者だけでなく、お子様に思い後遺障害が残った場合や死亡時にも保障金が支払われるのも大きなメリットといえます。

ただしプランや加入時期、支払い期間によっては支払った保険料よりももらえる金額が少なくなってしまうため、事前にシミュレーションしておくことは必須です。

こども共済の特徴
  • 学資金の受取りは、中学・高校・大学プランから選べる
  • 加入対象年齢の幅が広いため、孫の教育資金も備えられる
  • 子供に万が一があった場合も、保証金が受け取れる
最大返戻率 105.7%
保障内容 万が一の場合や所定の後遺障害・重度要介護状態になった場合には支払い免除になる
加入条件 子供:0〜12歳

契約者:18〜75歳まで

支払い期間 11歳・12歳・14歳・15歳・17歳・18歳
保険金受取時期 18・19・20・21・22歳

満期の共済金・入学祝金が助かる

高校〜大学のみならず、幼稚園・小学校などにもお金がかかってしまうので、それぞれの入学時に入学祝金が貰えて助かりました。満期になると満期共済金が出るため、それも非常に助かります。

受け取り方法が選べて便利

JA共済のこども共済の「学資応援隊」は、一括や毎年受け取りなど、受け取り方法まで自分で選ぶことができ、柔軟に組めるのが良かったです。

JA共済の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

学資保険おすすめ5位 日本生命「ニッセイ学資保険」

JAこども共済_おすすめの学資保険_おすすめの学資保険

出典:日本生命

日本生命「ニッセイ学資保険」は、柔軟性とサポートに優れているのが特徴の学資保険です。

保険金の受取方法を以下の2つから選べるため、家庭の事情に合わせたプランを選択できます。

ニッセイ学資保険の保険金の受取方法
  • こども祝金なし型
  • こども祝金あり型

プランの違いは、子供が小学校・中学校・高校に進学する際の祝金の有無と、保険料の支払い期間の長さです。

貯蓄性は「こども祝金なし型」が優れており、さらに支払い期間5年なら60歳代でも保険に加入できる柔軟性があります。

また、日本生命は加入者向けに365日24時間育児相談ほっとラインを無料で提供しています。

そのため、孫の教育資金を準備したい人教育資金を貯めながら育児の相談をしたい人におすすめの学資保険となっています。

ただし、保険料の支払い免除の条件が、契約者が死亡した場合のみなので保障の面で不安がある点には注意してくださいね。

ニッセイ学資保険の特徴
  • 保険の受け取り方法をこども祝金なし型・こども祝金あり型から選べる
  • 支払期間5年なら60代でも加入できる
  • 365日24時間育児相談ホットラインを無料で提供
最大返戻率 104.9%
保障内容 ・365日24時間育児相談ができる育児相談ほっとライン有り

・契約者が死亡した場合は支払い免除

加入条件 子供:0〜6歳

契約者:女性16・男性18〜67歳

*子供の年齢や払込期間で異なる

支払い期間 5年・10年・18歳まで
保険金受取時期 こども祝金なし型:18・19・20・21・22歳

こども祝金あり型:小学校入学・中学校入学・高校入学・18・19・20・21・22歳

大黒柱の万が一の場合にも備えられる

返戻率の高さはもちろんですが、ニッセイ学資保険では、保険料の払い込み期間に加入契約者が亡くなってしまった場合に、その後の保険料の払い込みは不要になるということで加入を決めました。

払い込みが不要になっても、祝金・学資保険はそのまま受け取ることができるのは、大きなメリットだと思います。

いざという時の育児相談ほっとラインが便利

24時間365日いつでも無料で利用できる育児相談ほっとラインというサービスが、非常に心強くて助かっています。

子供が夜中に急に発熱してしまい、病院はどこにいけばいいのかを聞いたところ、看護師の方に夜間診療を行っている医療機関を案内してもらえました。

また、予約をすれば1回15分ほどで、小児科医や管理栄養士にも相談ができるのも非常に魅力で、いざという時の頼りにしています。

マネーグロース読者

色々紹介してもらったけど、返戻率が高い日本生命に決めようかと思います。

お金が沢山戻ってくるのがいちばんですよね。

ちょっとお待ちください。

それぞれの返戻率を最大返戻率としてきた通り、学資保険の返戻率は実際に計算してみないと比較出来ません。

大学費用の貯蓄、成人祝い、卒業後の子供のためなど、貯蓄の理由は様々だと思います。

満期返戻率が高いからといって、すべての人が利率の良い金額が受け取れるわけではないことを知っておいてください。

松葉 直隆

マネーグロース読者

なるほど。つまり、自分に合った保険は人それぞれということですね。

でも、1人で自分に合った保険を探すのは難しそうです。

それなら、どの学資保険に加入するかの相談だけでなく、何のために学資保険に加入するのか(いつ保険金を受け取るか)を明確にするために、保険見直しラボを利用してみると良いかもしれません。

無料で利用できるので、保険加入が決定していない検討段階であっても気兼ねなく利用できます。もちろん何回利用しても費用は掛かりません。

松葉 直隆

\1分で完了/

日本生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

口コミ人気のある学資保険おすすめランキング

学資保険 おすすめ ランキング

アンケートやSNS上の口コミなどを参考に、人気の高い学資保険を5つ紹介します。

保険加入者のリアルな口コミも、ぜひ参考にしてみてください。

人気の学資保険1位 JA共済「こども共済」

JAこども共済_おすすめの学資保険

JA共済の「こども共済」は、柔軟性に特化した学資保険です。

希望に合わせて柔軟に保障内容をカスタマイズできます。

また、子供の万が一に備えられる保障もつけることができ、自分だけではなく子供の万が一にも備えたい方におすすめです。

「こども共済」は主に以下のような点が評価されています。

「こども共済」が評価される理由
  • 返戻率が高い
  • プランがたくさんあるので、自分に合った商品を見つけやすい
  • JA共済は身近な存在なので、安心できる
  • アンパンマングッズがもらえるので、子供が喜ぶ
  • 会社が倒産する可能性が低い
  • 子供の万が一のときに安心の保障がつけられる

多くの方が「こども共済」の返戻率の高さプランの豊富さJA共済の身近さや対応の良さなどを魅力として挙げています。

実際に口コミサイトには、以下のような声が集まっています。

JA共済「こども共済」の口コミ

JA共済「こども共済」の口コミ

 

返戻率が高いことが、加入の決め手

返戻率が高く、組織が破綻する可能性が低いので、こども共済を選びました。

学資金の支払いが、中学・高校・大学とわかれており、自分の希望に合わせることができました。

我が家は私立高校の受験も考えられるので、18歳満期の15歳から支払い開始にしました。

このように受取時期を細かく決められたのもよかったです。

出典:みん評

JA共済「こども共済」の口コミ

 

子供の万が一のときに安心の保険機能がついている

こども共済はCMやパンフレットを頻繁に目にするので加入しましたが、子供にとってメリットがある商品だと感じました。

なぜなら、子供が病気や重い後遺障害を負ってしまった場合に、満期給付金が保険金として支給されるからです。

たんなる積立貯金だけでなく、障害保険の機能もあわせもっていて、子供を守る観点からありがたい商品だと思います。

出典:みん評

JA共済の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

人気の学資保険2位 ソニー生命「学資金準備スクエア」

ソニー生命_おすすめの学資保険

ソニー生命「学資金準備スクエア」は、教育資金の貯蓄に特化した学資保険です。

教育資金をできるだけ増やしたい、貯蓄重視の人におすすめの学資保険となっています。

「学資金準備スクエア」は主に以下のような点が評価されています。

「学資金準備スクエア」が評価される理由
  • 返戻率がランキングトップの106.3%
  • 損をしにくい
  • プランが多彩なので、自分の希望に合わせやすい
  • ライフプランナーに相談ができる
  • 会社倒産の可能性が低い
  • 不要な特約は付けずに加入できる

多くの方が「学資金準備スクエア」の返戻率の高さ、プランの多彩さ、ライフプランナー制度を魅力として挙げています。

実際にソニー生命のサイトには、以下のような声が集まっています。

ソニー生命「学資金準備スクエア」の口コミ

ソニー生命「学資準備金スクエア」の口コミ

41歳女性

余分な保証がついておらず、返戻率が魅力的だった

ネットで検索したときに、「学資準備金スクエアは返戻率が高く魅力である」という口コミが多かったので、加入しました。

実際に担当の方にお会いしてプランを提示してもらった際に、余分な保障がついておらず、返戻率も魅力的でした。

親身になって話をしていただいたので、とても好感が持てました。

出典:ソニー生命

ソニー生命「学資準備金スクエア」の口コミ

41歳女性

多彩なプランとライフプランナー制度が加入の決め手

学資準備金スクエアは受取時期の異なるプランがあるため、柔軟性があって自分の希望に合わせやすかったです。
また、ライフプランナー制度では、我が家の家庭環境を分析したうえで、商品を薦めてもらえて信頼できました。
アフターフォローもしていただけるので、満足しています。

出典:ソニー生命

ソニー生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

人気の学資保険3位 明治安田生命「つみたて学資」

明治安田生命_つみたて学資_おすすめの学資保険

明治安田生命「つみたて学資」は積み立てに特化したシンプルなプランで、最もお金がかかる大学の時期に教育資金を受け取れる学資保険です。

貯蓄性が高いため、子供の大学進学に向けて教育資金を貯めたい人におすすめの学資保険となっています。

「つみたて学資」は主に以下のような点で評価されています。

「つみたて学資」が評価される理由
  • 返戻率が高いので貯蓄性が高い
  • 子供の大学入学時にまとまった保険金が受け取れる
  • 契約者の万が一の時は、保険料の支払いが免除になる特約がある
  • 全期前納支払いができる
  • 会社が倒産する可能性が低い

多くの方が「つみたて学資」の返戻率の高さ、貯蓄性の高さ、子供の大学入学時に保険金を受け取れる点を、魅力として挙げています。

実際に口コミサイトには、以下のような声が集まっています。

明治安田生命「つみたて学資」の口コミ

明治生命「つみたて学資」の口コミ

 

まとまった資金が必要な時に受け取れるつみたて学資は、保険料の支払いが15歳までだったので、支出が負担にならない点がよかったです。
さらに、資金の受取時期が18歳から24歳までの満期時期の全部で4回なので、最もお金が必要な時期に学資金を受け取れるのも魅力的でした。

子供が大学に進学する際に、お金のことで悩むことが少なくなるので安心できます。

出典:みん評

明治安田生命「つみたて学資」の口コミ

 

全期前納がある学資保険

つみたて学資はクレジットカード払いができたり、返戻率が高かったり魅力がたくさんありますが、私は全期前納支払いができるのが一番気に入りました。

最初に一気に払えるなら、払っていしまいたかったのでよかったです。

病気や死亡などで、家主が収入を得られなくなった際の、保険料の払い込み免除もついているので、安心して加入できました。

出典:みん評

明治安田生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

人気の学資保険4位 フコク生命「みらいのつばさ」

フコク生命_みらいのつばさ5年ごと配当付保険_おすすめの学資保険

フコク生命の「みらいのつばさ」は、2人目の子供から保険料の割引がある兄弟割引が特徴の学資保険です。

また、医療保障オプションもあるので、子供が多い人や教育資金の貯蓄だけでなく保障もつけたい人におすすめの学資保険です。

「みらいのつばさ」は主に以下のような点が評価されています。

みらいのつばさが評価される理由
  • 2人目の子供から使える兄弟割引がある(兄弟割引があるのはフコク生命だけ)
  • 将来のために保険金を据え置きできる
  • 社会人の新生活準備金としても活用できる
  • 保険金の受取時期が細かく設定されている
  • 医療保障オプションもつけられる
  • 契約者の万が一の時は、保険料が支払い免除になる

多くの方がみらいのつばさの兄弟割引制度、貯蓄性の高さ、受取時期を自由に選択できる点を魅力として挙げています。

実際に口コミサイトには、以下のような声が集まっています。

フコク生命「みらいのつばさ」の口コミ

フコク生命「みらいのつばさ」の口コミ

 

進学にかかるお金の不安を解消

学資保険を検討する際に、3社ほど見積もりをお願いしましたが、フコク生命の方は家計に負担のないプランで提案してくれた点がよかったです。

強引な勧誘もなく、保証内容や受取方法を丁寧に説明してくれました。

入園や入学のたびに祝金を受け取れるステップ型に加入したので、子供の将来の選択に応じて受取を検討しようと思います。

出典:みん評

フコク生命「みらいのつばさ」の口コミ

 

祝金の使い方が選べる学資保険

祝金を成長ごとに受け取れるタイプの保険を探していました。

ステップ型に入りましたが、祝金が不要な時は引き出さずに預けておけます

また、必要な時はいつでも引き出すことができるので、その時の経済状況に応じて対応できる点が気に入っています。

出典:みん評

フコク生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

人気の学資保険5位 かんぽ生命「はじめのかんぽ」

はじめのかんぽ かんぽ生命

出典:かんぽ生命

かんぽ生命の「はじめのかんぽ」は、学資金の受取タイミングを柔軟に選べるのが特徴の学資保険です。

ライフプランに合わせて、大学入学時」「小・中・高+大学入学時」「大学入学時+在学中の3つの学資金準備コースから選べます。

医療特約をつけることで、子供の入院・手術も保障できます。

入院から外来の手術、入院中の手術、放射線治療まで、しっかり備えられます。

さらに、契約者が万が一死亡したときなどは、その後の保険料が免除されます

最大返戻率 89.56%
保障内容 ・契約者に万が一があれば、保険料の支払いが免除

・総合医療特約をつけられる

・希望に応じて、保険料を払える年齢を設定できる

加入条件 子供:0~6歳・0~12歳

(出生140日前から加入できる)

契約者:女性16~65歳・男性18~65歳

支払い期間 12歳・17歳・18歳から選択
保険金受取時期 「大学入学時」「小・中・高+大学入学時」「大学入学時+在学中」の3つのコースから選択
「はじめのかんぽ」が評価される理由
  • 郵便局が扱っている商品なので、社会的信用が高い
  • 医療特約がつけられる
  • 学資金の受取時期を、ライフプランに合わせて選べる
  • 郵便局なので、身近で手続きが楽
  • 全期前納払いができる
  • 返戻率が高い

多くの方が「はじめのかんぽ」の郵便局の身近さや信頼性の高さ、医療特約、学資金の受取時期を柔軟に選べる点を魅力として挙げています。

実際に口コミサイトには、以下のような声が集まっています。

かんぽ生命「はじめのかんぽ」の口コミ

かんぽ生命「はじめのかんぽ」の口コミ

 

保険金額が自分の希望に合わせて選べた

私の希望で、はじめは保険料を高めに設定していたのですが、家計を圧迫してしまっていたので、加入途中に相談したところ、保険料を安くしていただきました。

加入途中でも、保険金額を家計に合わせて、柔軟に変えられる点が気に入りました。

また、学資保険でありながら、入院・手術にも対応できる医療特約があるところも魅力です。

出典:みん評

かんぽ生命「はじめのかんぽ」の口コミ

 

安心が取り柄な学資保険

返戻率が高く倒産の心配もあまりないため、かんぽ生命を選びました。

郵便局が扱っている学資保険なので、安心です。

また、店舗が多いため、手続きが楽ですし、困ったことがあったらすぐに相談できる点も気に入っています。

出典:みん評

かんぽ生命の保険相談なら
「保険見直しラボ」(無料)へ!

学資保険のメリット

学資保険_メリット学資保険にはいくつかメリットがあります。

学資保険のメリット①教育資金を貯蓄できること

学資保険最大のメリットは、将来に向けて確実に教育資金を貯金できることです。

また、返戻率が100%を超える場合は支払った保険料の総額よりも多く保険金が返ってくるため、普通に銀行に預けるよりもメリットがあります

ただし、受け取れる学資金は、受取時期が来るまで引き出せないので注意してください。

強制的に貯蓄できるという面で、教育資金を貯めたいけれど貯金が苦手な人に向いています

学資保険のメリット②投資が苦手な人でもお金を増やせる

 

学資保険は、投資が苦手な人でも教育資金を貯めながらお金を増やすことができます。

なぜなら、投資をするのは保険会社であって自分が投資することはないからです。

ただ、近年の日本は大規模の金融緩和や経済成長のパフォーマンスが悪いことから、これまで以上に金利が低いです。

保険会社は主に国債を運用しており、金利によって国債の運用収益が左右されます。

そのため、昔の金利が高かった時代と比較して返戻率は高くありません。

しかし、誰でも簡単にお金を増やせるというメリットもあるということもあり、一長一短な保険と言えるでしょう。

学資保険のメリット③負担する税金が軽くなる

学資保険の保険料を払うことによって、税金の負担が軽くなります。

学資保険は生命保険料控除の対象ですので、保険料を支払うことによって生命保険料控除を受けることができます。

この控除を受けることによって、所得税と住民税の負担を軽くすることができます。

将来必要とする教育資金を貯めながら、税金の負担を軽くできるのはとても良いですね。

学資保険のデメリット

学資保険_デメリット

学資保険はメリットもある半面、もちろんデメリットも存在します。

以下のデメリットを知ったうえで、学資保険の加入を検討することで、とても良い保険選びができるでしょう。

学資保険のデメリット①満期まで引き出すことができない

学資保険は、原則として満期まで保険金を引き出すことはできません

例えば、保険期間が15年あれば、原則として15年間保険料を払い続けます。

払った保険料は自由に引き出せないという点が、銀行預金と比較してデメリットでしょう。

学資保険のデメリット②早期解約をすると元本割れする

上記で満期までお金が使えないことを説明しました。

じゃあ、満期まで待たずに引き出してしまえばいいのでは?

こんなことを思った方はいませんか?

しかし学資保険を早期に解約してしまうと元本割れをしてしまいます。

急な出費でどうしてもお金が欲しい!

という方は元本割れを覚悟した上で解約をして下さい。

また、急な出費がある場合には、契約者貸付と言う制度を利用して保険会社からお金を借りる方法もあります。

ただし金利が高いので、一時的にお金を借りて余裕が出たらすぐに返すの事をおすすめします。

学資保険のデメリット③リターンが大きくない

学資保険は、長期間にわたって保険料を払い込みますが、他の投資商品と比較してリターンが小さいです。

仮に、学資保険を15年払い込んで返戻率が105%だとすると、年利0.06~0.07%あたりでしょうか。

経済成長が堅調な米国のインデックスファンド(s&p500、NYダウ)に投資していれば年利は約7%(!)です。

なんと年利の差が100倍も出てしまうのです。

もちろん投資信託や株には価格変動リスクや為替リスクはあります。

しかし、投資商品の選び方によっては学資保険と比較して大きな差がでてしまうのも事実です。

学資保険のリターンが大きくない理由は、上記の投資が苦手な人でもお金を増やせるで説明しました。

また、投資信託を始めるのであれば、iDeCoを開設して運用すると税金の優遇措置を受けることができるのでおすすめです。

iDeCoについて簡単に知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

イデコ(iDeCo)を始めるときどこがいいの?ズバリ解説します!

子供の教育費はどれくらい掛かる?

子供の教育費はどれくらい掛かる?

学資保険は、子供の教育費を準備するための保険商品です。

その事から、漠然と学資金を決めるのではなく、教育費がいくらぐらい掛かるのかを、しっかりと把握してから学資金を決めるようにしましょう。

ここでは、子供の教育費に掛かると言われる金額について解説をします。

幼稚園から大学まで全て国公立の学校に通う場合

幼稚園から大学まで、全て国公立の学校に通った場合の教育費の目安は1,000万円~1,500万円となります。

あくまでも、目安であり、学校自体の授業料というよりは、授業に関する教科書・参考書・その他の費用から、塾などの習い事などの費用なども全て加味しての金額設定となります。

どのような習い事をさせたいかによっても、費用が異なるとも言えます。

幼稚園から大学まで全て私立の学校に通う場合

幼稚園から大学まで、全て私立の学校に通う場合の教育費の目安は3,000万円~4,000万円以上とも言われています。

私立の学校に通う場合の目安には大きな差がありますが、これは学校によって入学金や授業料が大きく異なる事が要因となります。

また、塾や習い事に関する費用や、通学に関する費用など、私立の学校に通わせる事で掛かる費用もあります。

進学する学校によって大きく異なる

多くの子供は、小学校・中学校・高校ぐらいまでは、公立の学校に通うという方も多いと思います。

しかし、小学校から私立の学校に通わせたい中学校から運動部の盛んな私立の学校に通いたい高校は越境で地方や都市部の私立学校に寮住まいなどで進学したいと言う様に、進学する学校によっても教育費は大きく異なってきます。

そのため教育費の目安は、出来るだけアッパーとなる金額の設定をしても良いと言えるでしょう。

MEMO

子供にかかる教育費は、子供が通う学校にもよるが1,000万円~4,000万円位は掛かる。

みんなはいくらもらってる?学資保険の相場

学資保険 相場

ここまで本記事をお読みの方であれば、学資保険における返戻率の重要性や、学資保険のメリット・デメリットについて十分に理解いただけたかと思います。

しかし、

実際いくらもらえるのかが具体的に知りたい

という風に思われている方もいらっしゃるかと思います。

そこでここでは、学資保険の受け取り総額の相場や月々の保険料について、実際の数値を交えながらご紹介します。

一般的な学資保険の受け取り総額の平均200万円〜300万円

一般的に、学資保険の受け取り総額の平均は200万円〜300万円となっています。

株式会社日本政策金融公庫「令和2年度 教育費負担の実態調査結果」によれば、大学の進学費用と1年間の在学費用の合計は約250万円前後になるとのこと。

子供の学校が公立か私立かといった事情によっても異なりますが、最低限このくらいの金額を賄える学資保険をご契約されるご家庭が多いようです。

一般的な学資保険の月々の保険料は平均1万円〜1万5000円

一般的に、学資保険の月々の保険料は平均1万円〜1万5千円となっています。

国から支給される児童手当の金額が、子供ひとりあたりにつき1万〜1万5千円のため、これと同程度の保険料を負担しておこうと考えるご家庭が多いようです。

損をしない学資保険の選び方

学資保険_選び方

学資保険を選ぶ際に基準となるのは、以下の4つです。

あなたが何を重視し保険に加入するかによって、重視するポイントが異なります。

目的にあった学資保険を選ばないと、支払った金額よりも保険金がもらえなかったり、必要なときに思うような保障が得られなかったりします。

ここでは、損をしないためのおすすめの学資保険の選び方を解説します。

学資保険を選ぶポイント①返戻率

 

教育資金を効率的に確保したい場合、もっとも重要になるのが返戻率です。

返戻率とは、支払った保険料に対してどれぐらいのお金が戻ってくるかを表す項目です。

受け取る保険金の総額÷払った保険料の総額×100=返戻率

返戻率は以上の式で求めることができます。

返戻率が高いほど、支払った保険料に対して戻ってくるお金が多いので、少しでも多く貯めたい!」という人は、出来るだけ返戻率の高い保険を選びましょう

学資保険を選ぶポイント②貯蓄型か保障型か

 

学資保険には、「貯蓄型」「保障型」の2種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらが優れているか、ということは一概には言えません。

以下は、学資保険のメリット・デメリットの早見表です。

メリット デメリット
貯蓄型 返戻率が高く、払い込み金額より多くのお金を受け取ることができる 保障がないシンプルなプランが多いため、万が一の時に備えられない場合も
保障型 返戻率が低いものの、養育年金・医療保障などで万が一の時に備えられる 元本割れしてしまう場合がある

学資保険に何を求めるかによって、上記どちらのタイプを選ぶべきか、おすすめが異なっていきます。

以下のチェック項目を参考に、あなた自身で自分に合った型がどちらか判断するのがおすすめです。

貯蓄型がおすすめの方
  •  とにかく貯蓄を第一の目的として、しっかり貯蓄できる学資保険を選びたい方
  • 普通預金の利率に納得できず、もっと貯蓄額を増やしたいという方
  • 特約などを追加して万が一の事態に備えるというより、シンプルなプランを求めている方
  • 他の保険などで保障や特約をつけていたり、こども医療費助成制度などの保障内容が充実した市町村に住んでいるため、医療費への不安が少ない方
保障型がおすすめの方
  • 万が一に備え、お見舞金・養育(育英)年金 の至急がある学資保険をお探しの方
  • 他の保険の保障内容・特約や、こども医療費助成制度だけでは不安のため、医療費への備えを徹底したい方
  • 必要な特約をカスタマイズし、自分のライフステージ・ライフスタイル により合わせたプランで加入したい方

学資保険を選ぶポイント③保障内容

 

もしものときに備えたい方は保障内容を確認しましょう。

返戻率が異なるように、保障内容も保険会社によって違いがあります。

返戻率は他社よりも低い代わりに、万が一の保障が手厚いという保険は珍しくありません。

教育資金を貯めたいけれど、万が一にも備えたいという人はこちらも確認しましょう。

学資保険を選ぶポイント④祝金・保険金の受け取り時期

学資保険は商品によって、いつ頃保険金を受け取れるかが異なります。

小学校・中学校・高校と少しずつ保険金を受け取れるものもあれば大学入学時にまとめてもらえるものなど多種多様。

受け取りたい時期に保険金を受け取れるものを選びましょう。

私立の小学校や中学校に子供を入れたいといった理由がない場合は、最も費用がかかる大学入学時がおすすめです。

学資金受け取りの時期と回数 保険会社・保険商品
満期のタイミングに一括で受け取る ・ソニー生命「学資金準備スクエアⅡ型」
大学入学時から複数回に分けて受け取る ・ソニー生命「学資準備スクエアⅢ型」

・明治安田生命「つみたて学資」

・フコク生命「みらいのつばさジャンプ型」

・日本生命「ニッセイ学資保険こども祝金なし」

中学や高校、大学の進学の際に受け取る ・ソニー生命「学資金準備スクエアⅠ型」

・フコク生命「みらいのつばさステップ型」

・住友生命「スミセイこどもすくすく保険」

・日本生命「ニッセイ学資保険こども祝金あり」

注意
出生前加入特約を利用して加入されたり、早生まれのお子様の場合には満期年齢に注意する必要があります。

というのも、保険会社が必要なタイミングで支給できるように受取日を設定していながら、受け取り時期が前後してしまい、大学入学に学資金支給が間に合わなくなるケースがあるからです。

ここでは、ソニー生命の「学資準備スクエア」を例としてお話ししましょう。

松葉 直隆

ソニー生命で学資保険が支払われるタイミングは、お子様が「11歳8ヶ月・14歳8ヶ月・17歳8ヶ月・18歳8ヶ月・19歳8ヶ月・20歳8ヶ月」の万年齢に達した直後の12月1日に生存している時になります。

もし早生まれのお子様の学資保険のプランが18歳、20歳、22歳の満期のみである場合は、入試前に保険金の受け取りが難しくなってしまいます。

そのため、ソニー生命では「17歳満期」がプランとして用意されており、早生まれのお子様でも、必要な時に学資金を確保できるようになっています。

早生まれ、公立・私立など様々なケースを想定した気遣いあるプランを上手く利用することがポイントになります。

特に教育費がかかってしまったり、子供の新生活などが始まってしまう進学のタイミングに備えることがおすすめです。

受け取り時期については、担当者としっかり確認しましょう。

松葉 直隆

学資保険を選ぶポイント⑤支払い期間と加入時期

支払った金額に対して出来るだけ多くの保険金をもらいたい場合、注意したいのが支払い期間と加入時期です。

一般的に支払い期間が短ければ短いほど、支払った金額よりもたくさんの保険金がもらえます

例えば、11歳までの支払いと17歳までの支払いなら、11歳までの方が多くもらえます。

そして、ここでもう1つ重要になるのが加入時期です。

子どもが小さい頃、もっと言うならば0歳の頃に入るともらえる保険金が多くなります。

効率よく教育資金を得たい場合は支払い期間は短くし、なるべく早めに加入しましょう。

様々なパターンを比較したい方や、自力で計算するのが手間に感じる方は、保険見直しラボなどの保険相談窓口で実際に金額をシミュレーションしてもらうと確実です。

学資保険の相談実績が大きいので、返戻率を上げるための一工夫をくまなく教えてくれますよ。

松葉 直隆

保険見直しラボ
公式HPはこちら

学資保険を選ぶポイント⑥:ソルベンシー・マージン比率

ソルベンシー・マージン比率をチェックすれば、保険会社の信頼性を見極めることができます。

ソルベンシー・マージン比率とは、行政監督における指標の一つであり、自然災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対しての支払い余力のことをいいます。

ソルベンシー・マージン比率が200%を下回る場合、金融庁が是正措置を取ります。

契約期間中に保険会社が倒産してしまうようなトラブルは、なんとしてでも避けたいですよね。

安定性のある会社選択の指標として、必ずチェックすることをおすすめします。

今回の記事では、ソルベンシー・マージン比率が1,000%以上と200%を大きく上回る保険会社を厳選して紹介致しました。

今回紹介した保険会社以外にも、信頼性が高い保険会社についてもっと知りたいという方は、以下の記事をご覧くださいね。

松葉 直隆

生命保険会社の信用格付けをランキング形式で紹介します!

学資保険の返戻率を高める4つの方法

学資保険_返戻率を高める方法利用者から見て学資保険を選ぶうえで最も重要なのは、返戻率です。

保険料が高くても返戻率が高ければ、効率的に教育資金を増やすことができます。

そこで、学資保険の返戻率を高めるための方法を紹介していきます。

重要な点は、以下の3点です。

学資保険の返戻率を高めるコツ①不要な特約はつけない

不要な特約を外すことで、返戻率は高まります。

特約としては、子供が入院した時や手術した時に給付金が支給される医療保険特約契約者(多くの場合親)が死亡した際に支給される育英年金(特約)などがあります。

もちろん特約がすべて悪いとは言えませんが、返戻率が重要な学資保険において特約をつけるのはおすすめしません。

なぜなら、「返戻率の上昇」と「特約の充実」はトレードオフで両立できないからです。

特約を付けてしまったら、返戻率を犠牲にしなければなりません。

特約を付けるのであれば、学資保険とは別に医療保険や死亡保険に加入したほうが効率が良いでしょう。

学資保険の返戻率を高めるコツ②早めに保険料払込を完了させる

保険料を早めに支払ってしまうことで返戻率を高めることができます。

多くの保険では、一括払い短期払い全期払いなど様々な種類の払込期間があるかと思います。

返戻率とトータルの保険料の安さは、以下の順番になります。

一括払い>短期払い>全期払い

簡潔に全期払いとは、長い歳月をかけて毎月保険料を払っていくことです。

毎月の保険料が安いことはメリットなのですが、一括払いと短期払いと比較してトータルの保険料が高いことがデメリットでしょう。

一方の一括払いは、一時的に大きな保険料を負担しなければなりませんが、トータルの保険料が安いこが特徴です。

左側が保険料が安く、返戻率も高いです。

MEMO

保険料を早めに払込を済ませるとなぜ返戻率が高くなるのでしょうか?

その理由は、早めに保険料を払うと、その分保険会社は長い間お金を運用することができるからです。

保険会社は主に保険料を国債に運用していますから、国債を長期にわたって運用することによって利益を上げます。

その利益分を、返戻率に還元しているのです。

ただし、高い年齢から加入しても比較的高条件で運用できる学資保険もあります。

特徴が様々な学資保険だからこそ慎重に選ぶことが大切です。

松葉 直隆

学資保険の返戻率を高めるコツ③若いうちに保険に加入する

若いうちに保険に加入すると、保険料が安くなる傾向にあります。

なぜかというと、年齢が若いほうが年齢が高い方と比較して死亡率が低いからです。

学資保険の場合、契約者(父や母など)が保険料払込期間中に死亡した後については、保険料の支払いが免除されます。

それに加えて、子供が一定の年齢になると保障した金額が子供に支払われます。

これを、保険料払込免除特約と言います。

保険加入者の立場からすると、とても頼もしい制度ですよね。

この場合、保険会社の負担額は大きくなってしまうのがわかると思います。

このように、若いときの保険加入のほうが年齢が高いときと比べて保険料が安くなるので、返戻率が高まります。

学資保険の返戻率を高めるコツ④支払い方法を年払いにする

年払いにすることで、銀行からの引き落としやカード払いによってかかる手数料が削減できます。

ただし、年払いにするメリットは、手数料の支払い額だけではありません。

コツ①の際話した通り、運用期間を多少伸ばすことはできるため、返戻率がさらに上げることができるのです。

ただし、契約者が死亡したり、高度障害になった場合は、保険料の払込免除が翌年からになる可能性が高いです。

毎年まとまったお金を用意しなければならない点は、デメリットと言えるでしょう。

自分の都合に合わせて、総合的に判断することが大切です。

学資保険加入の注意点

学資保険 加入 注意点

学資保険へ加入する際に、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

学資保険の注意点として、以下の3つについてご紹介します。

学資保険の注意点①払い切れる保険料か確認

選び方で支払い期間が短く、子供が小さいうちに加入するともらえる保険金が増えると言いましたが、ここで気をつけたいのが保険料です。

支払い期間が短いと、それに比例して保険料も高くなります

もし保険料が支払いきれなかった場合、途中解約することになります。そうなってしまうと高い確率で、支払った金額が返ってこないため損してしまいます。

損をしないためにも、支払い完了期間まで払い切れるか確認してから加入しましょう。

学資保険の注意点②貯蓄目的なら特約はつけない

 

教育資金の貯蓄だけが目的なら、特約はつけないようにしましょう。

なぜなら、医療特約などをつけると返戻率が下がるからです。

なぜこのようなことが起こるのかというと、特約は学資保険に別の保険を付け足すようなものだからです。

要するに、学資保険の他に特約分の保険料を支払っているので、もらえる保険金が低くなってしまうんですね。

学資保険に貯蓄以外の目的がないなら、余計な特約はつけないことをおすすめします。

学資保険の注意点③早生まれ・AO入試・推薦入試の可能性があれば満期は17歳に

子どもが早生まれ(1/1~4/1生まれ)の場合は特に、満期保険金の受け取り時期の注意が必要です。

一般的に学資保険の満期日は、子供の誕生日ではなく満年齢を迎えた後に訪れる契約応答日になります。

例えば、1月4日生まれの子供で3月4日に学資保険の契約をした場合を考えてみましょう。

18歳満期では3月4日に満期保険が支払われることになり、入学資金が必要な18歳の2月には保険金の受け取りが間に合わないことになります。

しかし、17歳満期であれば17歳の3月1日に保険金を受け取ることができるため、入学式が必要になる18歳の2月には間に合うようになるのです。

また、AO入試や推薦入試では、1月段階などとにかく早い時期に入学金を収めなければならないこともあります。

入学金の納入時期に間に合わない事態は、何としてでも避けたいですよね。

そのため、早生まれの方や、子どもがAO入試・推薦入試を受ける可能性がある方は、満期を17歳にしておくことを強くおすすめします。

\子供の将来設計に合わせて保険の相談ができる!/

保険見直しラボ
公式HPはこちら

学資保険に関するよくある質問

ここまで本記事を読まれている方であれば、学資保険への加入を本格的に検討している方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、学資保険の加入を悩まれている方が、よく持たれる疑問を厳選して回答致します。

学資保険に関するよくある質問
  • 学資保険は年末調整での生命保険料控除に含まれる?
  • 孫のために、祖父母が学資保険に加入することは可能?
  • 離婚した場合、現在加入している学資保険はどうなる?
  • 2〜10歳からでは学資保険の加入は遅い?

学資保険は年末調整での生命保険料控除に含まれる?

含まれます。

学資保険に契約し、保険会社に支払った保険料金は生命保険料控除の対象となります。

ただし、以下の場合には控除の対象とはならないため注意しましょう。

控除の対象外になる場合
  • 保険期間が5年未満の場合
  • 保険金の受取人が、保険料を支払った本人か配偶者か親族以外の場合

また、生命保険料控除の控除額には上限があります。

そのため、既に学資保険以外の生命保険料で上限額まで控除を受けている場合は、学資保険で払っている保険料分の控除は受けられないので、注意しましょう。

松葉 直隆

孫のために、祖父母が学資保険を受け取ることは可能?

保険会社によって、できる場合とできない場合があります。

以下の点に注意して、保険会社を検討したり、担当者に話を聞いて決めることをおすすめします。

注意点
  • 契約できる年齢
  • 親(父母)の同意や孫との同居、孫を扶養していることの証明
  • 高齢者の場合、告知(健康状態の質問)の面で厳しいか否か
  • 保険料払込免除特則なしのプランがない場合

離婚した場合、現在加入している学資保険はどうなる?

契約者が保険会社に名義変更・解約を申請しない場合は、学資保険の契約は継続されます。

しかし、その際に何も手続きしないままでいると、トラブルのもとになってしまいます。

例えば、離婚前は夫が契約者・受取人として保険料を負担していて、離婚後は妻が引き受けることになった場合、何も手続きしないままだと、祝金や満期金(満期保険金)を妻が受けとることができないという事態も発生しかねません。

さらに、受け取りの際に贈与税の負担ができ、結果的に本来受け取ることができる額より少なくなってしまう場合もあります。

しっかり手続きを行いましょう。

2~10歳からでは学資保険の加入は遅い?

結論としては、以下の通りです。

結論
  • 2、3歳→加入は遅くない。返戻率が高くなり、確実に教育資金を確保できる会社を選べばOK
  • 4歳〜6歳→親に万が一のことがあった場合に保険料が免除されたり、そのまま保険金が受給できたりと、貯蓄性以外の点にメリットを感じれば選択の余地がある
  • 7歳以降→学資保険以外にも、他の貯蓄性に富んだ保険の検討がおすすめ

学資保険は基本的に、子供の年齢が低いうちに加入することで大きなメリットが得られます。

そのため、子供の年齢が高ければ高いほど、貯蓄ができる他の保険を選択することが無難です。

一時金をしかるべきタイミングでもらえるのか、貯蓄性の高いのかについて自分で調べるのは難しいですよね。

そんなときは、保険見直しラボのファイナンシャルプランナーに実際に金額をシミュレーションしてもらい、今後について相談することがおすすめです。

家計状況を加味しながら、保険以外にも貯蓄を増やす方法を、くまなく教えてくれます。

松葉 直隆

\1分で完了/

保険見直しラボ
公式HPはこちら

学資保険をおすすめ出来る人と出来ない人

学資保険 おすすめ 特徴

結局、学資保険は入るべき?
学資保険が自分に合っているか分からない

学資保険を検討する際、このような悩みが出てきますよね。

確かに、お子様がいるからといってどの家庭でも絶対に学資保険が必要というわけではありません。

学資保険が自分に必要かどうか、一例ではありますが、以下の項目をチェックして見極めてみましょう。

学資保険が必要な家庭
自力でコツコツ貯蓄するのが苦手:学資保険は自分で引き出せないため

万一に備えながら貯蓄をしたい:契約者(親)に万が一のことがあっても、教育費が確実に準備できるため

学資保険が必要な家庭
既に教育費が準備できている:十分な預貯金がある家庭や、何か他の方法で教育費を準備できる家庭であれば、契約の必要性はあまりありません。

積極的に資産運用をして資産を増やしたい:金融リテラシーが高く、積極的にリスクを負って資産運用し、効率的に教育費を準備したい方にとっては、学資保険の必要性はあまりないでしょう。

コツコツ貯蓄するのが得意:自分で計画的に貯蓄ができる人には、必要性は小さくなります。学資保険よりも柔軟に資金を使うことができる方法で教育費を準備するのも手です。

他にも、家計の状況など、自分に学資保険が合っているかは、さまざまな角度から判断する必要があります。

そんなときは、保険見直しラボのファイナンシャルプランナーに実際に金額をシミュレーションしてもらい、今後について相談することがおすすめです。

次の章から、保険見直しラボや、それ以外の無料でお金の相談ができるおすすめの保険代理店をご紹介します。

松葉 直隆

保険代理店を味方につければ学資保険選びは簡単になる!

学資保険は特徴が様々なことや条件によって返戻率が大きく異なることから、一人一人適切な保険が異なります。

必要な時に必要な金額を用意するためにも、ファイナンシャルプランナーと相談して適切な保険を見つけるのがおすすめです。

保険代理店を使うことで中立な立場からアドバイスもらうことができます!

なぜ保険代理店を使ったほうがいいの?

保険に入りたいなら直接保険会社に行けばいいのに、なぜ保険代理店が存在し、利用する人が増えているのでしょうか。

保険代理店を使うべき理由
  1. FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる
  2. 二重に保障されている部分などを見つけてもらえる
  3. 何度でも無料で相談可能

FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる

生命保険だけでも全国に約40社の保険会社があり、それぞれの会社に10~50個の保険商品を扱っているため、最大2,000個の保険商品の中から自分に合った保険を選ぶことになります。

保険を見比べるために保険会社に足を運んでも、勿論その保険会社は他社の保険のことは紹介してくれません。

気になる会社に1社ずつ足を運ぶ手間を省いてくれるのが保険代理店なのです。

さらに、保険代理店ではFP(ファイナンシャルプランナー)が直接相談に乗ってくれるため、複数の保険の比較に加えて家計に関するアドバイスまでもらうことが出来ます!

一人一人に適した保険アドバイスがもらえる

膨大な数ある保険商品に複数加入する場合、二重の保障がされている保障が抜けてしまっているなどの事態が発生していることがあります。

これらの問題点を発見し、あなたにとって本当に必要なものを教えてくれます。

何度でも無料で相談可能

前述のような、保険の見直しに対して手厚いサポートをしてくれる保険代理店ですが、なんといくら相談しても無料なのです!

「新しい保険に入ることを考えている」「ライフステージが変わったため、保険を見直したい」などとお考えの方は、ぜひ気軽に一度保険代理店を利用してみることをおすすめします。

\1分で完了/

保険見直しラボ
公式HPはこちら

おすすめ保険相談サービス

保険相談検討者

私は現在加入している保険の毎月の保険料と保障内容のバランス誰かに相談したいです。
実はあなたのように考えている方は多く、そのような方には保険見直しラボというサービスをおすすめしています。

保険相談窓口がどういったサービスなのか詳しく見ていきましょう。

松葉 直隆

保険相談サービスは以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれます。

保険相談が向いている人
  1. 仕事などの都合で店舗の営業時間に間に合わない
  2. 妊娠中や小さな子供が居て遠出が難しい
  3. 直近にならないと予定がわからない
  4. 近くに店舗型の相談所がない
  5. 調べるのが面倒

保険相談検討者

保険相談にはどのようなメリットがありますか?
近くのカフェや喫茶店、ファミレスなどこちらで相談場所を指定できるのがメリットですね。

松葉 直隆

平均業界歴11.8年のFP
保険見直しラボ

詳細はこちら

相談員全員がFP資格取得者
ほけんのぜんぶ_おすすめ

詳細はこちら

相談実績17万件以上

LifeR_ロゴ

詳細はこちら

それでは、ランキング形式でおすすめの代理店をご紹介いたしましょう。

おすすめ相談窓口1位 保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険相談の中でも、利用者の口コミが良いのが保険見直しラボです。

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約34社と保険を比較するには十分な量
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • 相談員全員がすべての保険を取り扱える(これが意外と珍しいんです…!)

保険見直しラボは、全国に約70拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

平均業界歴12年以上のベテランファイナンシャルプランナーが来てくれます!

取扱保険会社数は34社と、保険を広く比較するには十分の量です。

他社にはない保険見直しラボの特徴は、会社として強引な保険勧誘をしないと宣言をしていること。

相談だけしたいのに保険加入を勧められそうで怖いという方こそ利用してみてください。

保険代理店では定番のプレゼントキャンペーンですが、保険見直しラボでは以下のプレゼントがもらえます。

保険見直しラボの無料相談の流れ

STEP.1
公式ホームページから申し込む
 保険見直しラボの公式サイトから保険相談の予約をします。

STEP.2
保険相談・アドバイス

保険見直しラボは、自宅、勤務先など都合の良い場所まで相談員が来てくれます。

保険の見直しに関するアドバイスはもちろん、加入を検討している保険の診断もしてくれます。

保険に関する知識がない方でも、保険の基礎からしっかり話してくれるので安心です。

STEP.3
相談内容に応じた保険プランの提案

一人一人の希望やライフプランに合わせて複数社の保険商品の中から、比較検討して最適な保険の提案をしてもらえます。

保険見直しラボ 利用者の口コミ

以前、保険ショップで相談しましたが、提案内容に納得がいかず、ネットで他の保険相談ができるサービスを探しました。

色々な比較サイトを見てみましたが、業界歴の平均がここまで長いところはなく、ベテランに相談したいと思い、申込みすることに決めました。

結果は保障もしっかりしている上に保険料も安く大満足でした。

ご紹介された方は、以前外資系金融機関出身で、保険の知識はもちろんですが、保険以外の知識も豊富な方で今回の保険見直しだけではなく、今後ともお付き合いしたいと思っております。

出典:保険見直しラボ

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口2位 ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ_おすすめ

ほけんのぜんぶは、東京、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、奈良、札幌、愛媛、岡山、仙台、静岡、沖縄に拠点があり、全国どこでもFPの派遣が可能な保険代理店です。

ほけんのぜんぶの特徴
  • 全国どこでも足を運んでくれる(離島を除く)
  • 34社の保険会社の商品を扱い、商品を一気に比較できる
  • FPの資格取得率が100%

ほけんのぜんぶの最大の特徴として、在籍している相談員のほぼ100%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点です。

ほけんのぜんぶは比較的新しいサービスなので、口コミや実績は保険見直しラボには及びませんが、お金に関する相談には定評があります。

ほけんのぜんぶでは以下のプレゼントがもらえます。

ほけんのぜんぶ_キャンペーン

ほけんのぜんぶ 利用者の口コミ

よく分からなかった保険のしくみや内容が納得のいくものに

皆入っているからと、何となく加入した保険でしたが、毎月結構な額を払っていることに気付き本当に必要なのか、また、自分の加入している保険のことがいまいちよく分からないと思っていました。

そんな時にネットでほけんのぜんぶのサイトを見つけて相談してみようと利用しました。

実際に相談した方は、物腰が柔らかく、FPの方も経験豊富な感じで、分からないことにも丁寧に説明していただき、やっと保険のことが理解した気持ちになりました。

結果、今後のことを考えて別の保険の方がいいかもと思い、紹介していただいたプランに加入しました。大満足です。

もっと早く知っていたら良かったと思います。

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口3位 LifeR

LifeRは、全国47都道府県で保険相談ができる会社です。

LifeRの特徴
  • 実店舗移動の必要ナシ!自宅・自宅近くのカフェ・レストラン/オンラインまで選べる
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • アフターフォローが充実

平均業界歴9.5年以上のベテランファイナンシャルプランナーが、自宅や自宅近くのお店など、都合の良い場所に直接来て保険相談に乗ってくれます。

オンラインでの保険相談も可能です。

取扱保険会社数は15社と、保険を比較するには十分の量です。

LifeRでは、保険の加入の手続きや契約後の保険申請、疑問点解消など、保険相談後のアフターフォローが充実しているのも特徴です。

>>> LifeRで無料相談<<<

LifeR
公式サイトはこちら

 


このように保険で迷われた場合は、保険相談サービスの利用が便利です。

相談は何度でも無料なので、まずは1つを利用してみて、不安が残るようであれば他のサービスを利用してみるといったこともおすすめです。

松葉 直隆

保険見直しラボ

>>> ファイナンシャルプランナーに相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

学資保険は返戻率も考慮して選ぶのがおすすめ

返戻率の高いおすすめの学資保険について紹介しました。いかがでしたか?

学資保険は上手に使えば、子供の将来の教育資金を増やしながら確実に用意できる保険です。

また、保障内容によっては万が一のときに備えることもできます。

あなたの目的にあった保険を選んで、効率的に将来のお金を貯めましょう。

本記事が、その手助けになれたのなら幸いです。

おすすめの学資保険についてざっくり言うと
  • 学資保険には、貯蓄型と保証型の2種類がある
  • 学資保険は保険料の払い込み期間が短いほど返戻率が上がる
  • もっとも良い条件で計算した際に返戻率が高いのはソニー生命の学資金準備スクエア
  • ただし子供の加入年齢や保険金の受け取り時期によって返戻率が変わるので注意
  • 各家庭によっておすすめの学資保険は異なる!
  • まずは保険見直しラボなどのファイナンシャルプランナーに返戻率の計算をしてもらうことが大切

\1分で完了/

保険見直しラボ
公式HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)