本当に医療保険はいらないの?判断に必要な全情報を解説します

医療保険がいらないと聞いたのですが本当でしょうか?

ネット上には、医療保険が必要・不要という両方の意見が存在するので、医療保険に入るべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、医療保険が必要な人・不要な人の特徴についてそれぞれ詳しく解説しています。

無駄に医療保険へ加入しないためにもしっかりと確認しましょう。

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。
「医療保険はいらないのか」ざっくり言うと
  • 医療保険はいらないと言われる理由は公的医療保険高額療養費制度などで十分カバー出来るから
  • 医療保険が必要な理由は医療費のために貯蓄するのが大変なため
  • 十分な貯蓄がある人や若い独り身の方には医療保険が不要な場合もある!?
  • 貯蓄が少ない人先進医療に対する費用のサポートが欲しい人には医療保険の加入がおすすめ
  • 無駄のない医療保険を選びたい!という方は保険見直しラボなどの無料保険相談サービスの利用がおすすめ
  • 保険以外で医療費用に貯蓄したい方は、日々の固定費や資産形成・運用までお金全般について相談できるほけんのぜんぶの利用がおすすめ
  • 複数の無料相談サービスを併用することで、あなたに最適の保険が見つかる!

保険見直しラボ

>>> 保険相談は完全無料<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

マネーグロース読者に人気の保険相談です!*スマホでは横にスワイプできます!
代理店名 公式 取扱数 特徴
訪問型
保険相談
窓口
保険見直しラボ
32社 ●相談実績No.1の大手保険代理店
●他社と比べ相談員の業界経験歴が長く、保険会社の将来性も考慮した提案
●相談員全員が32社すべての保険を扱えるので、広く保険を比較できる
●強引な保険勧誘はしないと宣言
ほけんのぜんぶ 39社 ●電話・WEB相談は24時間365日受付
●FPの資格取得率が100%
※ほけんのぜんぶから訪問する入社1年以上のプランナーが対象
●保険以外にもお金に関するアドバイスに定評あり

目次

医療保険には7割の人が加入している?

医療保険には7割の人が加入している?

日本の保険加入率は9割とも言われていますが、その中でも医療保険の加入率は全体で7割を超えています

医療保険は、各保険会社から数種類販売されるなど、商品数も多くなっています。

加入率だけで考えると、非常に必要性の高い保険とも言えますが、実際はどうなのでしょうか?

また、加入率の高い世代は40代で約8割の方が医療保障のある保険に加入しています。

日本には、公的医療保険もあると考えると、非常に高い加入率と言えるでしょう。

それだけ、病気やケガでの入院・手術に関するリスクには敏感とも言えるでしょう。

それでは、医療保険とはどんな保険なのか、基本的な所を解説していきます。

医療保険とは?

医療保険_いらない_とは
そもそも医療保険とは、病気や怪我に備える保険です。

入院や手術などが必要な病気・怪我になった時に保険金が支払われます。

医療保険でもらえる給付金には、主に以下の2つが挙げられます。

医療保険でもらえる給付金
それぞれの給付金について詳しく見ていきましょう。

入院給付金

医療保険_いらない_入院給付金
入院給付金とは、病気や怪我を治療するために入院した時に給付されるお金です。

1日あたり〇〇円と決まっており、入院日数だけ給付金をもらえます。

ただ、医療保険は支払限度日数が設けられている場合があり、一定日数以上の入院になると給付金がもらえなくなるケースもあります。

また、入院給付金がもらえる条件は日帰り入院でも大丈夫な場合から、1泊以上の入院からの場合までさまざまです。

医療保険によっては、入院するとまとまったお金が給付される、入院一時金になっている場合もあります。

手術給付金

医療保険_いらない_手術給付金
手術給付金とは、病気や怪我を治療するための手術を受けた時に給付されるお金です。

手術給付金は1日あたりの入院給付金に一定の倍率をかけて計算されることが多いです。

なお、手術給付金は入院で手術を受けた場合と外来で手術を受けた場合で給付倍率が変わる場合もあります。

医療保険はいらないと言われる6つの理由

医療保険_いらない_いらない
医療保険はいらないと言われる理由は主に以下の6つです。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:公的医療保険で十分カバーできるから

医療保険_いらない_カバー
医療保険はいらないと言われる理由としてまず挙げられるのは、公的医療保険で十分カバーできることです。

日本には、公的医療保険という、世界的に見ても優れた医療保険があります。

これは国民なら誰でも入る義務があるもので、いつも医療費が3割負担になっているのは公的医療保険があるからです。

また、75歳以上の場合には医療費が1割になるなど、窓口負担が減免される場合もあります。

当然、入院したり手術したりする時にも3割負担になるため、私達の医療費の負担は少なくなっているのです。

理由②:高額療養費制度もあるから

医療保険_いらない_高額療養費
医療保険はいらないと言われる理由としては、高額療養費制度もあることも挙げられます。

高額療養費制度では、なんと私達の1ヶ月あたりの医療費負担額には上限がもうけられています。

上で医療費は3割に抑えられていると説明しましたが、それでも入院したり手術したりすると高額の医療費がかかりますよね。

そんな時に医療費で生活できなくならないように、1ヶ月あたりの医療費には上限が設けられているのです。

この上限は場合によって異なり、以下の表のようになっています。

所得区分 自己負担限度額 多数該当
① 区分ア

(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)

252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1% 140,100円
② 区分イ

(標準報酬月額53万〜79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方)

167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1% 93,000円
③ 区分ウ

(標準報酬月額28万〜50万円の方)
(報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方)

80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1% 44,400円
④ 区分エ

(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)

57,600円 44,400円
⑤ 区分オ(低所得者)

(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

35,400円 24,600円

だいたい、1ヶ月あたりの負担額は10万円以下に抑えられていることがわかります。

さらに、高額療養費制度が適用される月が1年のうちで4ヶ月以上になった場合には多数該当になり、さらに自己負担額が減ります。

そのため、医療費の負担は貯蓄で十分カバーできると考えている人もいるのです。

理由③:傷病手当金もあるから

医療保険_いらない_傷病
医療保険はいらないと言われる理由としては、傷病手当金もあることも挙げられます。

傷病手当金とは、病気や怪我が原因で仕事を休んでおり、会社から給与が支給されない時に受けられる手当金です。

公務員や会社員などが加入している保険にある制度です。

傷病手当金では給料の6割が最大1年6ヶ月の間支給されます。

1年6ヶ月もの間、仕事ができなくなるケースはまれですから、傷病手当金もあれば十分生活を支えられると考え、医療保険をかけない人がいるのです。

理由④:貯蓄でカバーできるから

医療保険_いらない_貯蓄
医療保険はいらないと言われる理由としては、貯蓄でカバーできることも挙げられます。

上記で述べたとおり、日本には優れた保険制度がありますから、医療費の負担はそこまで大きいものではありません。

そのため、貯蓄でカバーできると考えて医療保険をかけない人もいるのです。

そもそも、保険とは、生じる頻度は低いものの、いざ発生すると金銭的に致命的な影響があるものに対してかけるものです。

保険は民間の保険では保険会社の利益もありますので、もとが取れることは少ないです。

そのため、貯蓄でカバーできるのであれば、貯蓄でカバーしたほうが経済的利益は大きくなるのです。

このような理由から、自分には医療費の負担を十分まかなえるほど十分な貯蓄があると考えて、医療保険に加入しない人がいるのです。

理由⑤:長期の入院では入院給付金を受け取れないから

医療保険_いらない_長期入金
医療保険はいらないと言われる理由としては、長期の入院では入院給付金を受け取れないことも挙げられます。

医療保険の中には、入院給付金を受け取れる日数に上限があるものも多いです。

これを支払限度日数と呼びます。

支払限度日数は保険によって異なりますが、60日や120日などに設定されていることが多いようです。

ちなみに、このように支払限度日数が設定されているのは加入者のためでもあったりします。

現在は入院日数は平均して30日程度と短くなっていますので、支払限度日数をもうけることで保険料を減らしているのです。

ただ、長期の入院での多額の負担をカバーできないのであれば、医療保険に入る意味がないと考える人もいます。

理由⑥:もとが取れないから

医療保険_いらない_もと
医療保険はいらないと言われる理由としては、もとが取れないことも挙げられます。

保険はその性質上、保険の加入者から集めた保険料から保険会社の利益や諸経費などを差し引き、保険が必要な人に分配します。

そのため、多くの人は保険に入ってもとを取ることはできません。

もとを取れず、なおかつ巨額の支払いが必要にならないのであれば、医療保険に入る意味はなく、貯蓄したほうが良いと考える人もいるのです。

医療保険ではなく、他の保険に保障をカスタマイズすることであなたに最適の保険を設定することができます。

医療保険選びでお困りの方は、利用料完全無料の保険見直しラボの利用がおすすめです。

業界歴平均12年の、経験豊富なファイナンシャルプランナーが、中立な立場であなたに合った保険を提案してくれます。

松葉 直隆

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

医療保険の3つのメリット

医療保険_いらない_メリット
医療保険のメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:さまざまな給付金を受け取れる

医療保険_いらない_給付金
医療保険のメリットとしてまず挙げられるのは、さまざまな給付金を受け取れることです。

医療保険では、上でも説明したとおり、入院した時や手術などをした時には給付金がもらえます。

この給付金で、もしもの時にも高額の医療費を払わなくて済むのです。

メリット②:万が一に備えて安心できる

医療保険_いらない_安心
医療保険のメリットとしては、万が一に備えて安心できることも挙げられます。

医療保険のメリットは経済的なものだけでなく、精神的なものもあります。

医療保険をかけておけば、万が一の時にも医療保険があるからと安心して治療に専念することができます。

また、もし大きな怪我や病気になったらどうしようと思い悩むこともありません。

メリット③:特約で先進医療にも対応できる

医療保険_いらない_特約
医療保険のメリットとしては、特約で先進医療にも対応できることも挙げられます。

公的保険は優秀ではありますが、先進医療に対応することはできません。

しかし、医療保険であれば特約をつけることで先進医療を受ける時にも医療費の負担を小さく済ませることができます。

医療保険の3つのデメリット

医療保険の3つのデメリット
医療保険のデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:保険料の支払いが必要になる

医療保険_いらない_支払い
医療保険のデメリットとしてまず挙げられるのは、保険料の支払いが必要になることです。

当たり前のことではありますが、医療保険に入るためには保険料を支払う必要があります。

医療保険は基本的に掛け捨てですので、後に解約したとしても保険料が戻ってくることはありません。

デメリット②:入院給付金に日数制限がある場合がある

医療保険_いらない_日数制限
医療保険のデメリットとしては、入院給付金に日数制限がある場合があることも挙げられます。

入院していればずっと入院給付金を得られるわけではないのです。

長期間の入院が必要な場合は少ないですが、入院が長期化した時に貯金がなくなってしまわないか不安ですよね。

デメリット③:保険金を受け取れる可能性が低い

医療保険では、保険金や給付金を受け取れる可能性が意外と低いです。

医療保険は、病気やケガでの入院・手術を保障する保険であるため、病気やケガで入院・手術をしなければ保険金・給付金を受け取る事が出来ません。

もしもの時の保険であるため、金銭的な損得の話を出すのは少し違いますが、敢えて金銭的な損得論を言うと、損をする可能性が非常に高いとも言えます。

また、人生において入院・手術を伴う病気になる確率はどれぐらいあるでしょうか?

医療保険のデメリットの一つには、保険金・給付金を受け取れない可能性が高いという事も言えます。

医療保険が必要な4つの理由

医療保険_いらない_必要
医療保険が必要な理由は主に以下の4つです。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①:医療費のために貯蓄するのは難しいから

医療保険_いらない_難しい
医療保険が必要な理由としてまず挙げられるのは、医療費のために貯蓄するのは難しいことです。

実際に貯蓄しようと思っても、ふとした時に必要なお金が出てきたり、後先考えずにお金を使ってしまう場合も多いのではないでしょうか。

そもそも、医療費のために貯蓄できるのであれば、当然老後のためにも貯蓄できるはずであり、そうであれば年金は不要ですよね。

また、一口に貯蓄と言ってもいろいろあり、たとえば子供の教育費のために貯金していたお金は医療費がかかるからといって切り崩したくないですよね。

そのため、医療保険に入って強制的に自分が使えないお金にすることで、医療費の負担に備えるほうが良い場合が多いのです。

理由②:先進医療は自己負担だから

医療保険_いらない_自己負担
医療保険が必要な理由としては、先進医療は自己負担であることも挙げられます。

日本の保険制度は優れていますが、先進医療の場合には公的保険が使えず、すべて自己負担になってしまいますし、高額療養費制度の対象にもなりません。

そのため、もし先進医療が必要になった時には医療保険に入っていないと高額の支払いが必要になってしまいます。

医療保険に入っていれば、先進医療特約をつけることで先進医療を受けた時も保険金を受け取れるようになります。

理由③:働けなくなるから

医療保険_いらない_働けなくなる
医療保険が必要な理由としては、働けなくなることも挙げられます。

医療保険の必要性を考える時には医療費に議論が集中しがちですが、大きな病気や怪我になると働けなくなる点についても考慮に入れる必要があります。

大きな病気や怪我になると支出が増えるだけでなく、収入まで減ってしまうのです。

そのため、実質的に病気や怪我で失われるお金は医療費以上のものになります。

そのような事態に備えて、医療保険が必要だと考えている人も多くいます。

理由④:生活費がかかるから

医療保険_いらない_生活費
医療保険が必要な理由としては、生活費がかかることも挙げられます。

たとえ病気や怪我で入院しても、生活費はかかり続けます。

個室などを利用する場合には差額ベッド代も必要です。

扶養している家族がいる場合には、家族を養っていけるだけのお金も必要です。

このような生活費の足しにするために医療保険が必要と考える人がいるのです。

医療保険が必要な人の5つの特徴

医療保険_いらない_必要
医療保険が必要な人の特徴は主に以下の5つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:貯蓄が少ない人

医療保険_いらない_貯蓄
医療保険が必要な人の特徴としてまず挙げられるのは、貯蓄が少ない人です。

貯蓄が少ない場合には、たとえ公的保険があっても医療費が貯蓄を超えてしまう可能性があります。

このような事態を避けるためであれば、医療保険をかける意味があると言えるでしょう。

同じ理由で、貯蓄するのが苦手な方も、医療保険で保険料を払って、強制的に病気や怪我に備えたほうが良いでしょう。

特徴②:扶養家族が多い人

医療保険_いらない_扶養家族
医療保険が必要な人の特徴としては、扶養家族が多い人も挙げられます。

扶養家族が多い場合には、月々の生活費がどうしても大きくなってしまいます。

そのため、あなたが家族の収入を支えている場合には、収入減少の影響が大きく出てしまいます。

そのため、家族の生活を支えるために医療保険に加入する意味は大きくなるのです。

特徴③:先進医療を受けたい人

医療保険_いらない_先進医療
医療保険が必要な人の特徴としては、先進医療を受けたい人も挙げられます。

日本の公的制度は優れていますが、先進医療は保険の対象にならず、先進医療を受けるためには多くの医療費を負担する必要があります。

そのため、先進医療を受ける場合には、貯蓄でなんとかできるケースが少なくなります。

そのため、先進医療を受けたい場合には、医療保険の先進医療特約をつけておいたほうがお得と言えるでしょう。

特徴④:万が一に備えて安心したい人

医療保険_いらない_万が一
医療保険が必要な人の特徴としては、万が一に備えて安心したい人も挙げられます。

医療保険には金銭的なメリットだけでなく、保険をかけることで安心できるというメリットもあります。

医療保険をかけておけば、万が一大きな病気や怪我になった時にも、金銭の心配をすることなく治療に専念することができます。

心配性な人は、保険に入る大きな精神的なメリットがあると言えるでしょう。

特徴⑤:自営業・専業主婦(主夫)

医療保険_いらない_自営業
医療保険が必要な人の特徴としては、自営業・専業主婦(主夫)も挙げられます。

自営業・専業主婦(主夫)に医療保険が必要なのは、傷病手当金がないからです。

会社で働いている方や公務員の場合には、働けなくなっても6割の給料を得られます。

しかし、自営業・専業主婦(主夫)の場合には傷病手当金がないため、働けなくなると生活への負担が大きくなってしまうのです。

そのため、普通の人より医療保険に入るメリットは大きくなると言えるでしょう。

マネーグロース読者

先進医療などを受けたい!となった時に、貯蓄がないのは不安ですね。

医療保険に入りたい気持ちもあるのですが、毎月の支払いなど諸々を考えると、少しおっくうな気持ちもあります…

実は、医療保険以外にも、共済、資産運用など、緊急時に備える方法はいくつでもあります。

保険以外の方法で、急な怪我や病気に備えたいという方は、保険相談だけでなく、家計の相談や相続などお金にかかわる相談が無料できるほけんのぜんぶの利用をおすすめします。

ほけんのぜんぶでは、相談員全員が国家資格FPをもっており、お金に関する知識が豊富なため、一人一人に最適の提案をしてくれますよ。

最終的に保険に加入したい!となった場合でも、あなたに合った保険を提案してくれます。

松葉 直隆

各種生命保険の相談はFP所持率97%のほけんのぜんぶがおすすめ!

\1分で完了/

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

医療保険が不要な人の5つの特徴

医療保険_いらない_不要
医療保険が不要な人の特徴は主に以下の5つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:十分な貯蓄がある人

医療保険_いらない_貯蓄
医療保険が不要な人の特徴としてまず挙げられるのは、十分な貯蓄がある人です。

上記でも解説したとおり、医療保険では基本的にもとを取ることはできません。

そのため、医療費で生活が破綻しないほど十分な貯蓄があるのであれば、医療保険をかける必要はないでしょう。

十分な貯蓄をいくらにするかは人によって異なると思いますが、とりあえず先進医療を受けても十分余裕がある程度の貯蓄があれば、医療保険の必要性は低いと言えるでしょう。

特徴②:若くて独身の人

医療保険_いらない_独身
医療保険が不要な人の特徴としては、若くて独身の人も挙げられます。

まず、若い人は若くない人と比べて大きな病気になるリスクが少ないため、医療保険をかけても使うことは少ないでしょう。

さらに、独身の場合には扶養家族がいないため、自分が働けなくなっても、公的保険と傷病手当金で十分に生活を賄うことができます。

そのため、相対的に医療保険に加入するメリットは少なめだと言えます。

特徴③:子供

医療保険_いらない_子供
医療保険が不要な人の特徴としては、子供も挙げられます。

世の中には子供用の医療保険もありますが、これに加入する意味は少ないと言えるでしょう。

なぜなら、公的医療保険は子供に対してはより手厚く作られているからです。

子供の場合、窓口負担は2割になっていますし、子供の医療費が無料になっている自治体も多いです。

さらに、子供は若くない人と比べて大きな病気になるリスクも高くありません。

そのため、子供に医療保険をかけるメリットは少ないでしょう。

特徴④:先進医療を受けない人

医療保険_いらない_先進医療
医療保険が不要な人の特徴としては、先進医療を受けない人も挙げられます。

先進医療は確かに高額のお金がかかりますが、それ以外の医療費は上でも述べたとおり、日本の優れた保険制度により低く抑えられています。

そのため、先進医療を受けないのであれば、医療費を貯金でまかなえる可能性は高くなります。

特徴⑤:金銭的な損得を気にする人

金銭的な損得を気にする方は、医療保険が不要と言うよりも向いていないと言えるでしょう。

医療保険は、保険金・給付金を受け取る可能性の低い保険とも言えますので、金銭的な損得を気にする方に執っては、魅力のない保険とも言えます。

また、特徴①でも解説した様に、医療費に充てるための貯蓄を作ることが出来るのであれば、医療保険は不要とも言えます。

もしもの時の不安をカバーすると言うよりも、保険に加入して損をしたくないという方には、医療保険は不要とも言えます。

ただし、病気やケガで入院・手術をした際に、実際にどれぐらいの金額が掛かるのかは、しっかりと把握しておくことをおすすめします。

医療保険に加入していないとどうなる!?

医療保険に加入していないとどうなる!?

医療保険の必要性や、必要な人・不要な人について書きましたが、もし医療保険に加入していなければ、どの様な不利益があるのかも知っておきましょう。

医療保険に入っていなければ

自分の資産が減る

まず、医療保険に加入していなくて、病気などで入院や手術をした場合には、ご自身の資産(貯金など)が確実に無くなります

いくら、公的な医療保険がしっかりしていると言っても、医療費の補助をしてくれるだけで、医療費が無料になる訳ではありません。

月額の報酬が50万円までの方であれば、1ヶ月の医療費の上限は約9万円となりますが、9万円は自己資金から無くなると言うことです。

医療保険に加入していれば、入院給付金・手術給付金・入院一時金などを受け取れるため、医療費に掛かったお金を補填出来るのです。

病気に罹ったと言う精神的な損失と、医療費という金銭的な損失のダブルで受けるのか、医療保険の各給付金で金銭的な損失をカバーできるのでは、精神的に大きな違いが出てきます。

病気はいつ罹るかわからない

病気に罹るタイミングは誰にもわかりません

もしも、明日・一週間後・一ヶ月後に、病気になり入院・手術をしなければいけなくなるかもしれません。

そうなったときに、貯蓄などがあれば良いですが、貯蓄などが無ければどうしますか?

最悪の場合は、治療費を捻出するために借金をすると言う事もあり得る話です。

医療保険の不要論には、『医療保険の保険料を払うなら、それを貯蓄した方が良い』という意見があります。

ただ、これは貯蓄がある前提での話です。

この意見が成立する条件としては、現状の貯蓄額が1年間は働かなくても生活や教育費・老後資金に影響の無い場合の話になります。

医療保険に無理に加入する必要はありませんが、リスクを常に考えてリスクに対応できるかどうかをしっかりと考えましょう。

医療保険でどれだけの給付金が貰える?

医療保険でどれだけの給付金が貰える?

それでは、医療保険でどれだけの給付金が貰えるのかを少し解説していきましょう。

ここでは、一般的な医療保険の場合を解説します。

契約内容
  • 入院日額:10,000円
  • 手術給付金:あり
  • 入院一時金:5万円
  • 先進医療給付金:あり
  • 3大疾病給付金:あり

上記の様な医療保険に加入している方が、20日間の手術を伴う入院をした場合に受け取れるであろう給付金について書いていきます。

受け取れるだろう給付金

入院給付金:10,000円×20日間

手術給付金:50,000円(手術内容により異なるが入院日額の5倍とする)

入院一時金:50,000円

合計:300,000円

あくまでも簡単に解説をしましたが、手術の種類や3大疾病かどうかなどによって、給付額は大きく変わります。

医療保険を損得で考える方、元が取れるかどうかで考える方も多いですが、医療保険は基本的にもとは取れません

しかし、リスクは誰にでも平等に降り注ぎます。

加入していなくて後悔をするかどうかだけなのです。

おすすめの医療保険3選を紹介!

医療保険_いらない_おすすめ
世の中にはさまざまな医療保険がありますが、その中には良い商品も良くない商品もあります。

数ある医療保険の中でも、特におすすめなのは以下の3つです。

それぞれの医療保険について詳しく見ていきましょう。

終身医療保険 プレミアム DX(チューリッヒ生命)

医療保険_いらない_チューリッヒ

チューリッヒ生命の終身医療保険 プレミアム DXは多様な治療方法を長期的に保障する医療保険です。

入院や手術などはもちろん、入院前後の通院から在宅医療まで総合的に保障してくれます。

1入院当たりの入院給付金の支払い日数も制限がなく、通算最長120ヶ月分まで備えられます。

特約で、入院時の収入減少をカバーしてくれる収入サポートをつけることもできます。

スマイルメディカルネクストα(朝日生命)

医療保険_いらない_スマイル

朝日生命のスマイルメディカルネクストαは必要な保障を最低限用意したい人におすすめの医療保険です。

日帰り入院から一時金を受け取れます。

また、特約でがんや6大疾病に対してさらに手厚い保障をつけることもできます。

ネオdeいりょう(ネオファースト生命)

医療保険_いらない_ネオ

ネオファースト生命のネオdeいりょうはがん、心疾患、脳血管疾患の3大疾病などに備えたい人におすすめの医療保険です。

入院保障以外はオプション扱いのため、あなたに合った保障を自由に組み合わせて保険を組むことができます。

健康状況が所定の基準を満たしている場合には保険料が安くなるというメリットもあります。

結局、保険の相談は誰にすればいいの?

保険の相談をする方法は大きく分けて2つあります。

加入したい会社やプランが決まっている方は、保険会社の営業マンに直接相談するのが良いでしょう。

しかし、まだ検討段階だったり一つの商品に決めていない方は、ファイナンシャルプランナーと一緒に比較しながら相談できる保険相談サービスがおすすめです。

加入を決めてなくても、自社商品を一番よく知っている営業マンに聞くのが良いかと思われがちですが、商品のデメリットについては詳しく説明されないこともあります。

中立な立場で提案してくれるというのも保険見直しラボなど保険相談窓口を利用するメリットの一つです。

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談してみる<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

それでは、保険代理店を利用するメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

保険見直しラボに行くメリット
  • FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる
  • 二重に保障されている部分などを見つけてもらえる
  • 何度でも無料で相談できる

FPに相談しながら複数の保険を見比べることができる

生命保険だけでも全国に約40社の保険会社があり、それぞれの会社で10~50個の保険商品を扱っているため、最大2,000個の保険商品の中から自分に合った保険を選ぶことになります。

保険を見比べるために保険会社に足を運んでも、勿論その保険会社は他社の保険のことは紹介してくれません。

気になる会社に1社ずつ足を運ぶ手間を省いてくれるのが保険代理店です。

さらに、保険代理店ではFP(ファイナンシャルプランナー)が直接相談に乗ってくれるため、複数の保険の比較に加えて家計に関するアドバイスまでもらうことが出来ます!

一人一人に適した保険アドバイスがもらえる

膨大な数ある保険商品に複数加入している場合、二重に保障がされている保障が抜けているなどの事態が発生していることがあります。

保険代理店はこれらの問題点を発見し、あなたにとって本当に必要なものを教えてくれます。

何度でも無料で相談可能

前述のような、保険の見直しに対して手厚いサポートをしてくれる保険代理店ですが、いくら相談しても無料なのです!

「新しい保険に入ることを考えている」「ライフステージが変わったため、保険を見直したい」などとお考えの方は、ぜひ気軽に一度保険代理店を利用してみることをおすすめします。

どの代理店を利用するか決められない場合は、納得するまでいくつかの保険代理店を利用してみるのも一つの手ですよ。

松葉 直隆

複数の保険相談代理店に行くメリットを紹介します!

保険相談検討者

なぜ相談を何度かしたほうが良いのですか?一回で済ませてしまいたいところですが…
注意

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り複数の代理店で相談をしてみることに損はありません。

面倒に思われるかもしれませんが、何十年と払うこともある生命保険です。この時ばかりは時間を作ってみても良いかもしれません。

松葉 直隆

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってあなたに勧めてくる保険が異なることは十分にあり得ます。

保険会社や保険商品は今やごまんとある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

ここでは、色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあると考えてみるのも良いと思います。

松葉 直隆

保険相談検討者

確かに、そうでもしないと色んな会社の生命保険を比較や検討はできないかもしれませんね。

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いです。

おすすめ保険相談サービス

保険相談検討者

私は現在加入している保険の毎月の保険料と保障内容のバランス誰かに相談したいです。
実はあなたのように考えている方は多く、そのような方には保険見直しラボというサービスをおすすめしています。

保険相談窓口がどういったサービスなのか詳しく見ていきましょう。

松葉 直隆

保険相談サービスは以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれます。

保険相談が向いている人
  1. 仕事などの都合で店舗の営業時間に間に合わない
  2. 妊娠中や小さな子供が居て遠出が難しい
  3. 直近にならないと予定がわからない
  4. 近くに店舗型の相談所がない
  5. 調べるのが面倒

保険相談検討者

保険相談にはどのようなメリットがありますか?
近くのカフェや喫茶店、ファミレスなどこちらで相談場所を指定できるのがメリットですね。

松葉 直隆

平均業界歴11.8年のFP
保険見直しラボ

詳細はこちら

相談員全員がFP資格取得者
ほけんのぜんぶ_おすすめ

詳細はこちら

厳選した2500人以上のFP

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

詳細はこちら

それでは、ランキング形式でおすすめの代理店をご紹介いたしましょう。

おすすめ相談窓口1位 保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険相談の中でも、利用者の口コミが良いのが保険見直しラボです。

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約34社と保険を比較するには十分な量
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • 相談員全員がすべての保険を取り扱える(これが意外と珍しいんです…!)

保険見直しラボは、全国に約70拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

平均業界歴12年以上のベテランファイナンシャルプランナーが来てくれます!

取扱保険会社数は34社と、保険を広く比較するには十分の量です。

他社にはない保険見直しラボの特徴は、会社として強引な保険勧誘をしないと宣言をしていること。

相談だけしたいのに保険加入を勧められそうで怖いという方こそ利用してみてください。

保険代理店では定番のプレゼントキャンペーンですが、保険見直しラボでは以下のプレゼントがもらえます。

保険見直しラボの無料相談の流れ

STEP.1
公式ホームページから申し込む
 保険見直しラボの公式サイトから保険相談の予約をします。

STEP.2
保険相談・アドバイス

保険見直しラボは、自宅、勤務先など都合の良い場所まで相談員が来てくれます。

保険の見直しに関するアドバイスはもちろん、加入を検討している保険の診断もしてくれます。

保険に関する知識がない方でも、保険の基礎からしっかり話してくれるので安心です。

STEP.3
相談内容に応じた保険プランの提案

一人一人の希望やライフプランに合わせて複数社の保険商品の中から、比較検討して最適な保険の提案をしてもらえます。

保険見直しラボ 利用者の口コミ

以前、保険ショップで相談しましたが、提案内容に納得がいかず、ネットで他の保険相談ができるサービスを探しました。

色々な比較サイトを見てみましたが、業界歴の平均がここまで長いところはなく、ベテランに相談したいと思い、申込みすることに決めました。

結果は保障もしっかりしている上に保険料も安く大満足でした。

ご紹介された方は、以前外資系金融機関出身で、保険の知識はもちろんですが、保険以外の知識も豊富な方で今回の保険見直しだけではなく、今後ともお付き合いしたいと思っております。

出典:保険見直しラボ

保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口2位 ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ_おすすめ

ほけんのぜんぶは、東京、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、京都、奈良、札幌、愛媛、岡山、仙台、静岡、沖縄に拠点があり、全国どこでもFPの派遣が可能な保険代理店です。

ほけんのぜんぶの特徴
  • 全国どこでも足を運んでくれる(離島を除く)
  • 34社の保険会社の商品を扱い、商品を一気に比較できる
  • FPの資格取得率が100%

ほけんのぜんぶの最大の特徴として、在籍している相談員のほぼ100%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点です。

ほけんのぜんぶは比較的新しいサービスなので、口コミや実績は保険見直しラボには及びませんが、お金に関する相談には定評があります。

ほけんのぜんぶでは以下のプレゼントがもらえます。

ほけんのぜんぶ_キャンペーン

ほけんのぜんぶ 利用者の口コミ

よく分からなかった保険のしくみや内容が納得のいくものに

皆入っているからと、何となく加入した保険でしたが、毎月結構な額を払っていることに気付き本当に必要なのか、また、自分の加入している保険のことがいまいちよく分からないと思っていました。

そんな時にネットでほけんのぜんぶのサイトを見つけて相談してみようと利用しました。

実際に相談した方は、物腰が柔らかく、FPの方も経験豊富な感じで、分からないことにも丁寧に説明していただき、やっと保険のことが理解した気持ちになりました。

結果、今後のことを考えて別の保険の方がいいかもと思い、紹介していただいたプランに加入しました。大満足です。

もっと早く知っていたら良かったと思います。

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

ほけんのぜんぶ
公式サイトはこちら

おすすめ相談窓口3位 保険相談ニアエル

 

保険相談_おすすめ_保険相談ニアエル

保険相談ニアエルは保険代理店ではなく、保険代理店と保険の相談をしたいお客様をつなげるサービス(ポータルサイト)を提供している会社です。

保険相談ニアエルの特徴
  • 当日の保険相談にも対応
  • コロナの影響でWEBオンライン相談が可能に
  • 店舗ごとの評判や口コミを見ることができる

保険相談ニアエルの特徴は以上の3つ。

まず、当日の保険相談が対応しているところです。

そのため、忙しい方でも予定が急に空いたときなどに予約できるため、融通が利きますね。

WEB上でいくつかの個人情報を入力するだけで予約が可能です。

また、他の利用者のクチコミを確認できる相談窓口もそう多くないでしょう。

店舗ごとの評判を確認でき、接客態度はどうだったのかやお客様の声についても見ることができます。

>>> 保険相談ニアエルを利用してみる<<<

保険相談ニアエル
公式サイトはこちら

 


このように保険で迷われた場合は、保険相談サービスの利用が便利です。

相談は何度でも無料なので、まずは保険見直しラボを利用してみて、不安が残るようであれば他のサービスを利用してみるといったこともおすすめです。

松葉 直隆

保険見直しラボ

>>> ファイナンシャルプランナーに相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

医療保険はいらないのかについてのまとめ

医療保険_いらない_まとめ
医療保険はいらないと言われる理由は以下のとおりです。

医療保険のメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

医療保険のデメリットは以下のとおりです。

医療保険が必要な理由としては以下のようなものが挙げられます。

医療保険が必要な人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

医療保険が不要な人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

医療保険に加入していなければ起こることは以下のとおりです。

医療保険に入っていなければ

おすすめの医療保険は以下のとおりです。

医療保険の相談がおすすめな無料保険相談窓口としては以下のようなものが挙げられます。
医療保険の相談がおすすめな無料保険相談窓口3選

保険の相談をメインに考えている方は保険見直しラボ、保険だけでなく家計の相談や相続などお金にかかわる相談はほけんのぜんぶといったイメージで使い分けると、納得のいく相談ができると思います。

松葉 直隆

「医療保険はいらないのか」ざっくり言うと
  • 医療保険はいらないと言われる理由は公的医療保険高額療養費制度などで十分カバー出来るから
  • 医療保険が必要な理由は医療費のために貯蓄するのが大変なため
  • 十分な貯蓄がある人や若い独り身の方には医療保険が不要な場合もある!?
  • 貯蓄が少ない人先進医療に対する費用のサポートが欲しい人には医療保険の加入がおすすめ
  • 無駄のない医療保険を選びたい!という方は保険見直しラボなどの無料保険相談サービスの利用がおすすめ
  • 保険以外で医療費用に貯蓄したい方は、日々の固定費や資産形成・運用までお金全般について相談できるほけんのぜんぶの利用がおすすめ
  • 複数の無料相談サービスを併用することで、あなたに最適の保険が見つかる!

保険見直しラボ

>>> 保険相談は完全無料<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら