医療保険に入らないと後悔する事になる?その理由を徹底解説します!

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。
医療保険は必要だと言われますが、本当に必要なのでしょうか?
医療保険に入らないで後悔したという話をあまり聞かないのですが、医療保険に入らなくて後悔することはあるのでしょうか?

皆さんはまず給与所得者が加入する健康保険、それ以外の方々は国民健康保険に加入していることでしょう。

わが国は「国民皆保険」制度を採用しているので、国民は何らかの公的保険へ加入することになります。

しかし、公的保険以外にも生命保険会社等が販売する医療保険へ加入した方が良いと言われています。

この記事では、民間の医療保険とは何か加入する必要性おすすめの医療保険後悔しない医療保険の選び方等について解説します。

医療保険に入らなくて後悔することをザックリ言うと
  • 民間の医療保険は治療費を金銭的にサポートする保険である
  • 民間の医療保険は公的医療保険と違って強制加入ではない
  • 貯蓄などが無い場合には医療保険に加入していなければ治療費などで苦労することがある
  • 医療保険に加入していれば個室での入院や完全自費の治療も受けやすくなる
  • 病気やケガでの治療に関して金銭的な心配をしなくて済む
記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。

医療保険とは?

医療保険とは?

私は公的医療保険へ加入していますが、家族から民間の保険へ入れと言われています。
民間の医療保険と言われても、なかなかピンときません。

こちらでは、生命保険会社等の販売する医療保険について解説をします。

民間の医療保険は金銭的サポート

民間の医療保険を販売するのは主に「生命保険会社」ですが、生命保険会社以外にも、損害保険会社や共済も医療保険を用意しています。

民間の医療保険は公的医療保険のように、現物給付(手術や検査、医薬品の医療費を賄うサービス)ではなく、患者の支払った負担分を金銭的にサポートするサービスです。

公的医療保険は医療費の自己負担を原則3割にするサービスですが、民間の医療保険は、治療費の自己負担分や差額ベッド代などの全額自己負担となる医療サービスを利用した場合に給付金という形でお金を受け取れるサービスとなります。

もちろんお金は請求しないと受け取れない

民間の医療保険の場合、入院した場合に入院給付金、手術した場合に手術給付金が受け取れます。

しかし、ご自身(保険契約者)で給付金を請求しないと、いつまで経ってもお金は受け取れないので注意が必要です。

また、給付金支払い条件に該当しなかったり、手続きに不備があったりすれば、給付金が受け取れない場合もあるので、契約内容をよく確認しましょう。

MEMO

民間の医療保険は公的医療保険とは異なり、治療費などを金銭的にサポートする保険である。

医療保険の必要性は?

医療保険の必要性は?

確かに民間の医療保険へ入れば、更に負担は軽くできそうですね。
しかし、無理に入る必要は無いような気もします。

こちらでは、民間の医療保険の必要性を解説します。

医療保険の必要性について
  • 確かに加入するかどうかは自由
  • 高額療養費を利用すると
  • 給付金の特徴について

確かに加入するかどうかは自由

もちろん生命保険会社の販売する保険商品である以上、公的医療保険のように加入が必須ではないので、ご自身の判断で未加入であっても構いません

公的医療保険では、例えば100万円の医療費が3割自己負担分でも30万円は掛かってしまいます。

このような事態を考慮し、決められた自己負担限度額を超えれば、その超過分を戻してもらうこともできます。

それが「高額療養費制度」と言います。

公的医療保険へ加入していれば利用する事が出来る制度であり、この制度を利用すればさらに自己負担分の医療費が抑えられます。

高額療養費を利用すると

年収500万円の方を例に1ヶ月の自己負担分30万円の医療費が掛かった場合、高額療養費支給額21万2,570円が戻り、実質の自己負担額は8万7,430円にとどまります。

とはいえ、1ヶ月で9万円近い出費は正直大きいと言わざるをえません。

この自己負担分を給付金が受け取れることで、負担0円または「負担0円+利得」として契約者を支えるのが民間の医療保険の役割です。

給付金の特徴について

民間の医療保険では、ほとんどの商品で、契約時に設定した内容通りの金額が「実際にかかった医療費を問わず」支給されます。

つまり、どれだけ公的医療費が掛かっても高額療養費を利用したとしても、所定の給付条件に合致すれば契約通りに給付されます。

つまり、手術費用が自己負担で20万円掛かっても、50万円が受け取れる手術給付金で契約していたなら、減額されることなく必ず50万円が受け取れます。

このように、契約内容次第で自己負担の補填のみならず、多額の給付金が受け取れる場合もあるのです。

MEMO

民間の医療保険は必須加入では無いので加入しなくても良いけれど、実際に病気による治療を行った際には金銭的なサポートになる保険であり、契約条件に合致していれば治療費の金額に関係なく契約通りの金額が給付される。

医療保険に入らなくて後悔する事とは?

医療保険に入らなくて後悔する事とは?

確かに民間の医療保険へ入っていたなら、契約次第で相当お得かもしれないので、加入するべきという意見も納得です。
それでは、民間の医療保険へ入らず、後悔するケースはあるのでしょうか?

こちらでは、医療保険に加入して無くて後悔してしまうケースについて解説します。

費用の自己負担の軽減・補填だけでは間に合わない

ご自身が自営業者の場合は、基本的に病気やケガをした場合に頼れるサポートは国民健康保険しかありません。

仮に高額療養費が利用できたとしても、自己負担の軽減が図られるにとどまります。

しかし、民間の医療保険へ加入していれば、入院や手術をした場合、実際に掛かった医療費を大きく上回る給付金が受け取れることもあるのです。

もちろん、利得が出るほどサポートを厚くしなくても良いと思う人はいるでしょう。

しかし、退院するまで仕事を休まざるを得ない場合は、多額の給付金はご自身や家族の生活保障としても活用できるのです。

生活保障としての医療保険の役割を理解していないと、ご自身や家族が家計に窮するような事態へ対応できない場合もあるのです。

公的医療保険が適用されない医療サービスもある

公的医療保険で保障されない医療サービスは意外に多く、主に次のようなサービスは全額自己負担なります。

自己負担の医療サービス
  • 差額ベッド代:有料の病室を利用した場合の料金'(1人部屋だけとは限らない)
  • 先進医療:先進医療で利用する技術料相当額
  • 自由診療:保険外診療費

民間の医療保険の場合、差額ベッド代はもちろん保障対象先進医療は特約付加で保障対象自由診療が主にがん等の薬物治療を中心に保障が拡大しています。

差額ベッド代を払うのが嫌なら、この料金の発生する病室を避けることはできます。

しかし、公的医療保険が適用される病室は「大部屋」と呼ばれ、満室の場合が多いです。

また、先進医療・自由診療は、保険診療以上に最先端の技術を利用した医療サービスで、高い効果が期待できますが、治療費が数百万円以上に上る場合もあるのは難点です。

民間の医療保険へ入っていないと、より安心できる入院生活も、より効果的な治療を試すことも躊躇してしまう事態になるかもしれません。

注意

民間の医療保険で給付金を受けると、治療費だけではなく就業不能時の生活費に充てることも可能であり、自己負担の医療サービスである差額ベット代や先進医療・自由診療の費用もカバーできることから、病気になってしまったときに安心した入院生活や治療を行う事が出来る。

医療保険に入らなくて後悔する人の特徴

医療保険に入らなくて後悔する人の特徴

確かに民間の医療保険へ入っていないと、予想外に高額な医療費が請求される恐れもありますね。
医療保険に未加入で後悔する人の特徴ってなんでしょうか?

こちらでは、未加入で後悔する人はどんな人かを解説します。

預金があまりない人

医療費を支払う際に、割と大きな自己負担が発生しても、すぐに支払えるような潤沢な資金のある人なら問題はないでしょう。

もちろん、高額療養費制度は活用すべきですが、公的医療保険が適用されない医療サービスも抵抗なく自費で何とかなるはずです。

しかし、預金額も少なくすぐに医療費を支払える余裕がなければ、医療保険へ加入して、普段から毎月の収入・給与の一部を保険料へ回した方が無難です。

病気やケガをしなければよいと思っても、このような不運は不意に訪れるものです。

何も備えが無い場合は、重い医療費へ途方に暮れる事態となるかもしれません。

自営業の人

前述したように、自営業・自由業の皆さんは病気やケガの際には、国民健康保険しか通常の場合に頼れるサポートがありません。

ご自身が、お店を経営していたりして、入院すれば即休業になるような状態では、医療負担のだけではなく生活も苦しくなります

家族の誰かに経営を肩代わりしてもらうならまだしも、このような方法がとれない場合を想定しましょう。

速やかに民間の医療保険へ加入し、いざという事態に備えるべきです。

注意

貯蓄が充分に無い場合や、自身が経営者で万が一の時に収入が途絶えてしまうという方は、医療保険に加入しておくのが無難と言える。

医療保険に入らなくても後悔しない人の特徴

医療保険に入らなくても後悔しない人の特徴

逆に、さほど民間の医療保険へ頼らなくても良い人はいるはずです。
主にどんな人があげられるでしょうか?

こちらでは、未加入でもあまり後悔しない人について解説します。

預金が潤沢な人

後悔する人とは全く逆のパターンです。

日ごろから資産を運用していて貯蓄に余念がない人、相続した莫大な遺産がある人等は、無理に民間の医療保険の加入は不要です。

ただし、貯蓄しているお金が定期預金なら、引き出す手続きにやや手間取るかもしれません。

すぐに引き出せるよう、貯蓄の何割かを普通預金として移し、いざという時にすぐ引き出せるよう備えておくことも大切です。

給与所得者

公務員や会社員の方々が該当します。

労災はもちろん、傷病手当等も充実し、そのサポートは非常に手厚いです。

まず給与所得者の方々は、社内規程や事業者の健康保険の内容をよく確認しましょう。

内容次第では、無理に民間の医療保険へ加入する必要はありません。

ただし、ご自身が将来独立する場合や、健康保険の内容に不安を感じたら、やはり保険加入は検討するべきです。

特に将来独立を計画している方々は、退職と同時に事業所からの公的サポートは一切なくなりますので、十分にどんな医療保険へ加入するべきか検討してから独立を行いましょう。

MEMO

十分な貯蓄があっても、すぐに非期すことが出来なければ意味が無いので、すぐに用意できる様に準備をしておきましょう。

また、給与所得者でも自営業や自由業になる場合もあるため、社会保障などをしっかりと理解しておきましょう。

おすすめの医療保険5選

おすすめの医療保険5選

自分は将来、医療保険へ入らないと後悔するかもしれません。
おすすめの医療保険があれば是非教えて下さい。

こちらでは、おすすめの医療保険を紹介します。

おすすめの医療保険
  • 1年ごとに見直しをしたいなら「入院パスポート」
  • 短期入院保障を充実させたいなら「マイ フレキシィ」
  • 長期入院保障を充実させたいなら「医療保険1095α(アルファ)」
  • がん治療保障を充実させたいなら「CURE Next (キュア・ネクスト)」
  • リターンが欲しいなら「新メディフィット リターン」

1年ごとに見直しをしたいなら「入院パスポート」

医療保険 入らない 後悔 入院パスポート

出典:入院パスポート(医療保険) | 【公式】損保ジャパン (sompo-japan.co.jp)

損保ジャパンの定期タイプの医療保険です。

実際にかかった医療費がサポートされる「実費型補償」の保険商品です。

入院の他に自宅療養でも入院準備保険金が受け取れます。

入院パスポートは、新型コロナウイルスによる療養も保障対象となっています。

保障内容・保険料

各保障とも「特約」とありますが、次の特約は基本補償です。

入院治療費用特約:原則入院治療費用特約「3型」(3割負担)での契約となります。継続契約で満70歳以降、公的医療保険の医療費の一部負担(自己負担)割合に応じて、「1型」(1割負担)や「2型」(2割負担)がカバーされます。月額最高50万円が補償限度です。

入院準備保険金特約:病院等に入院時(自宅療養含む)または入院の予定がある場合、1回の5万円が給付されます。

入院時サポート特約:病気やケガで入院した場合、家事代行、ベビーシッター、配食サービス等の費用サポートが、1回の入院で10万円を限度に受け取れます。

追加できるオプションは次の通りです。

追加できる特約
  • 入院時室料差額特約:負担した差額ベッド代、入院1日につき1万円または2万円を上限に実額補償。
  • 先進医療・患者申出療養費用特約:限度額無しで補償。

例をあげて、月払保険料を算定してみます。

契約例:これだけで安心タイプ
  • 入院治療費用特約
  • 入院準備保険金特約
  • 入院時サポート特約
契約日の満年齢 月額保険料
20歳 1,390円
30歳 2,290円
40歳 2,130円
50歳 2,960円
60歳 6,530円

契約内容

保険期間は1年ごとに更新されます。

  • 初年度契約:満6歳~69歳
  • 保険期間・保険料払込期間:1年(継続契約により満89歳まで自動更新可)
  • 保険料払込方法:月払

入院パスポートの有用性

心配な病気が特段無い場合、保険診療の自己負担をカバーする商品に加入して、しばらく様子をみるのも良い方法です。

公的医療保険の負担率に応じた補償が受け取れて、合理的なサポートが得られます

1年ずつの更新なので、もし心配な病気が出てきたら更新のタイミングを見計らい保険の見直しも簡単に行えます。

短期入院保障を充実させたいなら「マイ フレキシィ」

医療保険 入らない 後悔 マイ フレキシィ

出典:終身医療保障保険 マイ フレキシィのメットライフ生命 (metlife.co.jp)

メットライフ生命の終身医療保険です。

日帰り入院・短期入院がとても充実しています。

入院保障をどう受け取るのか3つのタイプから選べ、契約者のニーズに応じたサポートが期待できます。

保障内容・保険料

基本保障は次の3つのタイプから1つを選択して設定します。(日額15,000円)

基本保障
  • 入院一時金型:一律30万円の一時金(日帰り入院含む、1回の入院で1回を限度)
  • 短期入院一時金型60日型:入院日数10日以内一律15万円、11日~日額15,000円
  • 入院日数連動型60日型:入院1日目~日額15,000円

任意で特約を付加できます。

主な特約
  • 健康サポート特則:給付金請求等をしなかった場合、5年ごとに15万円を給付。(最長100歳まで)
  • 八疾病延長入院特約:がん、心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、腎疾患、肝疾患、膵疾患による長期入院を支払日数無制限で保障。
  • 先進医療特約:通算2,000万円を限度、先進医療支援給付金は技術料相当額の20%(1回の療養で100万円まで)を受取可。
  • 手術総合特約:支払回数無制限。
  • 三疾病一時金・がん一時金特約:がん(初期がん含む)、心疾患、脳血管疾患またはがん(初期がん含む)を発症、所定の条件に合致したらまとまった一時金。
  • 女性疾病入院特約:日帰り入院を含め、所定の女性疾病で1日以上入院時に給付。
  • 女性特定部位手術・ 形成サポート特約:女性ならではの手術や外見ケアをサポート。
  • 退院後・外来手術通院特約:退院後の通院治療の負担をサポート。
  • ガン通院充実特約:放射線治療等の、通院でのガン治療をサポート。
  • 骨折診断特約:骨折診断で、入院の有無にかかわらず給付金受け取り。
  • 認知症診断特約:軽度認知障害または認知症発症の際に一時金給付。

例をあげて、月払保険料を算定してみます。

契約例:入院給付金日額15,000円の場合
  • 契約者:男性30歳
  • 特約:なし
基本保障 月額保険料
入院一時金型(30万円) 2,760円
短期入院一時金型60日型(15万円+15,000円~) 2,445円
入院日数連動型60日型(15,000円~) 1,950円

契約内容

インターネット申込限定プランは次の通りとなります。

  • 契約可能年齢:満0歳~満85歳
  • 保険期間:終身
  • 保険料払込期間:終身払
  • 保険料払込方法:月払・半年払・年払

マイ フレキシィの有用性

現在、病気やケガで入院しても入院日数は短期化の傾向にあります。

たとえ早めに退院できても、通院等の必要性もあるはずです。

マイ フレキシィでは、短期入院してもしっかりまとまった給付金を受け取れるので、以後の費用負担も十分賄えることでしょう。

長期入院保障を充実させたいなら「医療保険1095α(アルファ)」

医療保険 入らない 後悔 医療保険1095α(アルファ)

出典:楽天生命医療保険1095α(アルファ): 楽天生命保険 【公式サイト】 (rakuten-life.co.jp)

楽天生命の提供する終身医療保険(10年の定期タイプとしても契約可)です。

医療保険1095α(アルファ)は1入院が1,095日と、現在販売されている医療保険の中でも、突出した長期保障となっている商品です。

長期入院や再入院を繰り返す事態になっても、入院の途中で入院サポートが途切れることはまずありません。

保障内容・保険料

長期入院・再入院へ非常に手厚い保障内容となっています。

(1)疾病・災害入院給付金

院給付金日額3,000円~20,000円(1,000円単位)まで設定可能です。

三大疾病以外の病気・ケガの長期入院サポートが際立ちます。

  • 三大疾病以外の病気・ケガ:病気・ケガそれぞれ1入院・通算とも1,095日まで保障
  • がん(悪性新生物・上皮内新生物)・心疾患・脳血管疾患:入院は日数無制限で保障

(2)手術給付金

被保険者が約款所定の手術を受けた場合、給付額1回:入院給付金日額×40倍or20倍or10倍の保障が受け取れます。

約款所定の手術を除いた手術の場合、入院給付金日額×5倍~10倍が受け取れます。

追加できるオプションは次の通りです。

ただし、選んだプランによっては自動付帯されている特約もあります。

主な特約
  • 退院特約:被保険者が5日以上入院後、生存して退院したとき入院給付金日額×3倍or6倍の退院給付金が受け取れる。
  • 通院特約:日額1,500円~10,000円(100円単位、入院給付金日額60%)まで通院給付金を設定可能です。1回入院し退院後の通院で30日まで、通算1,095日まで保障される。
  • がん特約・7疾病特約:がんまたはがんを含めた7疾病(心疾患、脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病、腎疾患、肝疾患、膵疾患)を発症し、所定の条件に該当したら10万円~50万円の一時金が受け取れる。
  • 先進医療特約:通算2,000万円を限度に先進医療給付金が受取可。

例をあげて、月払保険料を算定してみます。

契約例:シンプルプランの場合
  • 保険期間・保険料払込期間:終身
  • 入院給付金日額:5,000円
  • 入院一時金特約:10万円
  • 退院・通院特約:1.5万円
  • 先進医療特約・3大疾病保険料払込免除特約:あり
契約年齢 男性 女性
20歳 3,498円 3,938円
30歳 4,643円 4,943円
40歳 6,703円 6,178円
50歳 10,028円 8,308円

契約内容

定期契約も可能です。

  • 契約年齢:0歳~84歳
  • 保険期間:10年更新または終身
  • 保険料払込回数:月払のみ

医療保険1095α(アルファ)の有用性

いかに現在の入院期間が短期傾向でも、長期入院や再入院を繰り返す事態は想定され得るリスクです。

医療保険1095α(アルファ)に加入していれば、同じ病気・ケガで長期入院や再入院を繰り返しても手厚い入院保障が受けられます

また、契約年齢は被保険者が0歳(ただし、申込時点で生後90日経過が条件)で加入可能できます。

本商品は、お子さんが生まれてから成人するまでの病気・ケガのトータル的な入院保障を念頭に、保護者が保険契約を締結するのも有効な備えと言えます。

がん治療保障を充実させたいなら「CURE Next (キュア・ネクスト)」

医療保険 入らない 後悔 CURE Next (キュア・ネクスト)

出典:医療保険CURE Next[キュア・ネクスト]|オリックス生命保険株式会社 (orixlife.co.jp)

オリックス生命の終身医療保険です。

通常の病気やケガの他、生活習慣病の入院・治療サポートも充実しています。

特約を付加すれば、特にがん通院治療のサポートが無制限保障となる場合もあります。

保障内容・保険料

保障は次の通りです。(「三大疾病無制限型」60日型の場合)

(1)疾病・災害入院給付金

日帰り入院から保障され日額5,000円または10,000円で設定可能です。

疾病別の入院保障限度日数
  • 通常の病気・ケガ:1入院60日・通算1,095日が上限
  • がん・心疾患・脳血管疾患:無制限保障
  • 糖尿病・腎疾患・肝疾患・膵疾患:120日まで保障

(2)手術給付金

支払い回数無制限です。

手術保障の内容
  • 入院手術:入院給付金日額×20倍
  • 外来手術:入院給付金日額×5倍

任意で特約を付加できます。

主な特約
  • 先進医療特約:先進医療給付金は通算2,000万円を限度、先進医療一時金は先進医療給付金の10%相当額(療養1回:50万円)を給付。
  • がん一時金特約・特定三疾病一時金特約:がんまたはがん・心疾患・脳血管疾患で所定の条件に該当すれば、入院給付金日額の200倍まで設定可。1年に1回を限度に何回でも請求可能。
  • がん通院特約:約款所定の手術、放射線照射、温熱療法、抗がん剤治療の場合は無制限で保障、それ以外は通院治療期間あたり60日を限度に保障。入院給付金日額と同額で給付。
  • 通院治療支援一時金:入院後、生存して退院したとき通算50回まで一時金給付。
  • 入院一時金:入院時、通算50回まで一時金給付。
  • 終身保険特約:被保険者死亡時、死亡保険金が下りる。

例をあげて、月払保険料を算定してみます。

契約例:三大疾病無制限型の場合
  • 保険期間・保険料払込期間:終身
  • 入院給付金日額:5,000円(60日型)
  • 先進医療特約:無し
契約年齢 男性 女性
30歳 1,470円 1,680円
40歳 2,080円 1,995円
50歳 3,025円 2,695円

契約内容

終身払の他、短期払(歳払済)で契約もできます。

  • 契約可能年齢:0歳~80歳
  • 保険期間:終身
  • 保険料払込期間:終身払、歳払済(60歳まで)
  • 保険料払込方法:月払・半年払・年払

CURE Next (キュア・ネクスト)の有用性

がんによる入院は、その他の病気・ケガと共に短期間で退院できる傾向が強くなっています。

しかし「退院=完治」ではなく、その後に何年も通院治療を余儀なくされる事態があり得ます

CURE Next (キュア・ネクスト)は、通常の病気・ケガへ備えつつも、そんな予想外に長期となりかねないがん通院治療を無制限でサポートできます。

リターンが欲しいなら「新メディフィット リターン」

医療保険 入らない 後悔 新メディフィット リターン

出典:shop_medifitnrt_pamph.pdf (medicarelife.com)

メディケア生命の健康還付給付金付終身医療保険です。

払い込んできた保険料が一定の年齢になった際に返還される医療保険となります。

返還される保険料(主契約分のみ)は、「健康還付給付金」と呼ばれており、健康還付給付割合は100%または105%が選べます

また、返還される給付金は、それまで支払った保険料から保険金・給付金を支払った分を差し引いた金額となります。

保障内容・保険料

三大疾病の入院に手厚く、とりわけ手術給付金の充実している点が特徴です。

(1)疾病・災害入院給付金

入院給付日額3,000円~20,000円(19歳以下3,000円〜10,000円)の範囲で設定する事が出来て、入院支払限度日数は次の通りです。

入院限度日数
  • 三大疾病以外の病気・ケガ:それぞれ1入院60日・通算1,000日
  • がん・心疾患・脳血管疾患:無制限保障

(2)手術給付金

被保険者が手術治療を受けた場合、給付金1回で受け取る金額は次の通りになります。

手術給付金の種類と金額
  • 三疾病入院手術(開頭術・開胸術・開腹術等):15万円~100万円
  • 三疾病入院手術(上記以外):6万円~40万円
  • 通常の病気・ケガ入院手術(開頭術・開胸術・開腹術等):6万円~40万円
  • 通常の病気・ケガ入院手術(上記以外):3万円~20万円
  • 通常の病気・ケガ外来手術:1.5万円~10万円

(3)放射線治療給付金

施術の開始日から60日で1回を限度に、3万円~20万円が何回でも受け取れます。

(4)骨髄移植・骨髄ドナー給付金

骨髄移植等に関する手術で受け取れる給付金額は次の通りです。

骨髄移植・骨髄ドナー給付金
  • 骨髄移植に関する手術:6万円~40万円
  • 骨髄ドナーで骨髄幹細胞の採取手術:15万円~100万円

任意で特約を付加できます。

ただし、これらの特約保険料は健康還付給付金の対象外です。

主な特約
  • 先進医療・ 患者申出療養特約:給付金は通算2,000万円を限度に、一時給付金は15万円を給付。
  • 入院一時給付特約:90日に1回を限度に何度でも、入院時に一時金を給付。
  • 通院治療特約:入院し退院後に通院をされたとき、 給付金が通算1095日(がんの場合:無制限)まで保障。
  • 特定損傷特約:骨折等を80歳まで保障、通算10回まで。
  • 8大生活習慣病入院特約:1回の入院につき 60日・通算1095日まで保障。
  • 女性医療特約:所定の女性疾病を、1回の入院につき 60日・通算1095日まで保障。
  • 特定女性疾病通院治療特約:所定の女性疾病の通院をサポート。
  • 薬剤治療特約:抗がん剤(所定の自由診療も含む)等の薬剤治療を保障。
  • 特定疾病一時給付特約:がん等の特定3疾病を一時金でサポート。

なお、契約開始年齢や健康還付給付割合によって受取年齢は異なります。

契約年齢/健康還付給付割合 100% 105%
0~35歳 60歳・65歳・70歳いずれか 65歳または70歳
36~40歳 65歳または70歳 70歳
41~45歳 70歳 75歳
46~50歳 75歳 80歳
51~55歳 80歳

健康還付給付金支払日前に残念ながら被保険者が死亡した場合、受取人は「死亡保険金」が受け取れます。

例をあげて、月払保険料を算定してみます。

契約例:日額5,000円プランの場合(健康還付給付割合:105%)

契約年齢 男性 女性
20歳(健康還付給金受取:65歳) 2,625円 2,670円
30歳(健康還付給金受取:65歳) 3,430円 3,235円
40歳(健康還付給金受取:70歳) 4,635円 3,720円

契約内容

契約に関する仕組みは次の通りです。

  • 入院給付日額の範囲:(19歳以下)3,000円〜10,000円・(20歳以上)3,000円〜20,000円
  • 契約年齢:0歳~55歳
  • 保険期間・保険料払込期間:終身
  • 保険料払込回数:月払・半年払・年払

健康還付給付金をシミュレーション

給付金を一切請求しなかった場合の健康還付給付金額は次の通りです。

契約例:健康還付給付金額105%で設定(主契約のみ)
  • 契約年齢:30歳男性
  • 入院給付金日額:5,000円
  • 保険期間・保険料払込期間:終身
  • 月払保険料:3,430円
  • 健康還付給付金支払年齢:65歳
  • 特約:なし
経過年数(年齢) 払込保険料累計額 健康還付給付金額
1年(31歳) 41,160円
20年(50歳) 823,200円
35年(65歳) 1,440,600円 1,512,630円
40年(70歳) 1,646,400円

健康還付給付金額105%なので、例の場合は150万円を超える給付金が受け取れます。

大きなリターンのため、健康に一層気を付けようと、健康管理に前向きとなる方々も多いはずです。

ただし、新メディフィットリターンは保険料払込期間が終身払のみです。

保障をこのまま継続したい場合、受け取った健康還付給付金を再び払い込む必要が出てくるでしょう。

65歳以降になれば公的医療費の負担も低くなっていきます。

そのため、あえて契約を継続せず健康還付給付金受け取り後に解約して、戻ったお金は医療費負担を賄うために預金しておけば、これ以上保険料が掛かる事もありません

後悔しない医療保険の選び方

後悔しない医療保険の選び方

やはり民間の医療保険へ加入をしたいです。
医療保険選びのコツがあれば是非教えて下さい。

こちらでは、後悔しない医療保険選びについて解説します。

どれでも良いわけでは無い

民間の医療保険はそれぞれ個性がある商品ばかりです。

どんな医療保険でも、それなりの金銭サポートは期待できますが、どの商品でもあなたに合うとは言い切れません。

保険選びの際は、ご自身が重視したいサポート心配な病気でどんな治療サポートが受けられるかを念頭に、各医療保険を比較検討して理想の商品を選びましょう。

短期入院や長期入院に手厚い商品、生活習慣病に手厚い商品と強みはそれぞれ異なるので、ご自身のニーズに合った商品を選びましょう。

しかしニーズは変わる?

ご自身に合った医療保険が見つかったからといって、加入後はずっとそのままにして加入し続けるのも問題です。

現時点では怖い病気がなくても、年を重ねれば生活習慣病のリスクが増して、こちらの治療へ備えることが大切になっていきます。

そこで、定期的に現在の保険は最適なのかをチェックし、必要があれば新たな医療保険へ入ることを検討しましょう。

MEMO

医療保険も保障内容が多様化している事から、自身のニーズをハッキリさせて、自身のニーズに合った医療保険を選ぶのが大きなポイントとなる。

また、医療保険に加入してもニーズが変わっていく可能性があるため、ライフイベント毎など、定期的に保険を見直す必要はある。

医療保険に入らないで後悔したのまとめ

医療保険に入らないで後悔したのまとめ

生命保険会社の医療保険はあくまで任意の保険です。

入らなくてもペナルティなどありません。

しかし、公的医療保険の費用負担や、その適用範囲外の医療サービスを利用したい場合、民間の医療保険の金銭的サポートは非常に頼もしい存在となります。

また、医療保険の保障内容も保険商品によって大きく異なりますので、ご自身のニーズをしっかりと把握して保険選びをして、加入後も定期的に保険を見直していくように心がけておきましょう。