全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ

全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。

解約返戻率が低めで保険期間が短いものは全損になりうる。

法人保険_損

解約返戻金がない法人保険

・定期保険
・収入保障保険
・医療保険
・がん保険

逓増定期保険

逓増定期保険では「1/2損金タイプ」がよく利用されていますが、「全額損金タイプ」もあります。

【全額損金タイプの特徴】
・保険期間は10年程度
・解約返戻率が低い(50〜90%)

生活障害保障型定期保険

被保険者が契約期間中に死亡したり高度障害状態になったり、介護状態になった時に保険金が支払われます。

通常の生命保険よりも補償範囲が広い保険といえます。解約返戻率は60〜90%です。

この記事では、税制改正に触れつつ法人保険の節税効果について、節税効果を高くする出口戦略、比較方法などを解説していきます。

法人保険はプロに相談するのがベスト

法人保険は上手く活用することで、会社や経営者の方にとって強い味方になります。

ただ、法人保険は選び方が非常に重要であるにもかかわらず、専門知識がなければ難しい分野でもあります。

法人保険比較相談窓口では、法人保険の加入節税財務強化に関するご相談に無料で対応していますので、まずはお気軽にご相談ください。

法人保険比較相談窓口で対応可能な相談内容
  • 保険プランのご提案・見積もり
  • 生命保険による節税対策・最適化
  • 経理者の個人資産の最大化
  • 事業継承対策
  • 退職金の貯蓄
  • キャッシュフローの最適化

【無料】WEB問い合わせ

法人保険比較相談窓口のメリット

法人保険の専門家がご対応

法人保険比較相談窓口では、金融・保険業界での業務経験のある法人保険の専門家がご対応します。

生命保険を活用した節税、財務強化、効率のよい退職金の貯蓄、損害保険を活用した企業リスクの備えなど「本当に必要な法人保険」をご提案することができます。

多くの保険会社から経営者の皆様に最適な保険プランをご提案

法人保険比較相談窓口では、法人保険を取り扱う保険代理店のスタッフが、20社を超える生命保険・損害保険会社の中から最適な保険プランをご提案いたします。

中立な立場である保険代理店だからこそ、経営者の皆様の状況に最適な法人保険の活用方法をアドバイスすることが可能です。

法人保険の活用例
  •  事業保障
  • 退職金準備
  • 事業継承
  • 福利厚生
  • 法人税対策
  • 賠償リスク対策

保険商品への無理な勧誘は一切行いません

ご加入いただくことを前提に話を進めることは一切ありませんので、まずはお気軽にご相談ください。

ご提案内容にご満足いただけましたら、契約までサポートさせていただきます。

法人保険比較相談窓口の無料相談の流れ

STEP.1
お問い合わせ
Web問い合わせフォームからお問合せください。保険の見積もり・資料請求、節税のご相談など、ご相談用件をお伝え下さい。
STEP.2
担当者よりご連絡
お問い合わせ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。その際、お問い合わせ事項について詳細にお伺いさせていただきます。
STEP.3
面談・ご提案
メールまたは対面で保険プランのご提案をさせていただきます。
STEP.4
保険加入のサポート
ご提案した保険プランにご納得いただけた場合、保険加入のお手続き等のサポートをさせていただきます。

法人保険お問い合わせフォーム

法人保険比較相談窓口をご利用いただき、誠にありがとうございます。

下記のお問い合わせフォームより、ご相談内容をご記入ください。法人保険専門のスタッフよりご連絡させていただきます。

    ご相談内容必須
    貴社名必須
    お名前必須
    役職必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    都道府県必須
    ご相談内容をご記入ください(任意)
    提供会社
    株式会社ゼロテクノロジー 

    まとめ

    全額損金になる保険は、総じて財産の積立になりづらさにあります。

    保険商品の名前にとらわれずに、「保険期間、保険金額、返戻率」と「損金扱いレベル」はいちいち確認するようにしましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)