いま仕事をしたくないと感じる6つの原因を公開|年齢別の対処方法まで徹底解説

仕事をしたくないと思っているのは自分だけだろうか…

仕事をしたくないと考えてしまう原因って何なんだろう…

本記事はこのように考えている方に最適です。

本記事の内容をざっくり言うと…
  • 仕事をしたくないという原因が分かる
  • 仕事に関するその他の選択肢が広がる
  • 仕事を変えるためにやるべきことが分かる

気になる項目が明確な方は年齢別や細分化してアドバイスしているのでそちらをご覧ください。

いま仕事をしたくないと感じてしまう6つの原因

仕事をしたくない_原因

仕事をしていて「疲れた」「楽しくない」と感じることが多くなってきたのではないでしょうか?

・終わらせても終わらせても次々と振られるタスク・・・
・やりがいを感じることができず、結局言われたことをこなすだけの日々・・・
・気付いたら夜になって憂鬱な気持ちで迎える翌日・・・

しかしながら、なぜそのように思ってしまうのでしょうか?

今回は「仕事をしたくない」と感じてしまう方が少しでもその理由を理解し、現状を改善するためのきっかけとなれば幸いです。

仕事をしたくないと思いながら仕事をやらされている現状を変えたいと思う方はぜひ最後まで読み進め、自分自身の理想へと近づけるようにしてきましょう。

人間関係が原因で仕事をしたくない

仕事をしたくない_人間関係

仕事をしたくないという方は、1人で抱え込んでいても現状を変えることは困難なので信頼できる方へ相談してみましょう。

仕事をしたくないという方の原因は様々な要素が複雑に絡み合っています。

いくつか例を挙げると、

・仕事内容は嫌いではないが、仕事をしたくない
上司や部下との関係性が良好ではないために仕事をしたくない
価値観が合わずコミュニケーション疲れで仕事をしたくない

といった形で仕事が疲れたと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

そのような日々が続いた結果、無気力な状態が続いたり精神的にダメージを受けたりして病気になってしまうリスクすらあります。

だからといって何の準備もせずに唐突に仕事を辞めてしまうはおすすめできません。

まずは信頼出来る方へ相談することがよいでしょう。

誰に相談すべきか分からなくても安心してください。

記事の後半で信頼できる専門家へ相談する方法を記載してあります。

ワークライフバランスが原因で仕事をしたくない

仕事をしたくない_ワークライフバランス

以下のように感じる人は多いのではないでしょうか。

  • 仕事を頑張ろうとすると、気付いたらプライベートの時間が無くなっている。
  • 反対に、プライベートを充実させようとした結果、仕事が疎かになってしまう。

特に就職したてで仕事に慣れない20代や、仕事をこなしてきた方。

責任のある仕事を任される40代の方がこの問題に直面する傾向があります。

ただ、どちらか一方に偏るということが必ずしも悪いことではありません。

以下のようになってしまうリスクを避けることができれば問題ないでしょう。

起こりうる問題
  • 自身の本当にやりたいことができない。
  • うつになってしまった。
  • 自分でも気付かないうちに課題の本質をすり替えて認識してしまい業務はやりたくても仕事をしたくないという考え方にたどり着く。
  • その結果、一生を無気力で終えてしまう事が問題です。

こうなってしまう前に一旦自分を見つめ直す事も一つの方法です。

本当に自分が大切にしたいことや価値観を明確にしたうえで再度、今の仕事で良いのか自問自答してみてはいかがでしょうか。

もし今の環境のままでは変わることが難しいと感じるならば、思い切って環境を変えてみましょう。

劣悪な職場環境が原因で仕事をしたくない

仕事をしたくない_職場環境

あなたは今の仕事関係に満足できていますか?

こう問いかけられたときにあなたは即答できますか?

多くの人が満足していると答えられないと思います。

一口に仕事といっても労働内容や労働時間など様々な要素が複雑に絡み合っています。

日本は世界的に見ても、特に残業が多いことで有名です。

そうなってくると以下のサイクルに陥ってしまった場合、中々抜け出すことが難しいのが現実です。

負のサイクル
  • 長時間労働を余儀なくされる
  • 休みたいが休むとその分仕事が溜まってしまう
  • 休みたいけど休めず働き続けることで負荷が蓄積する
  • 体調を崩してしまう

人生を無駄にしてしまわないためにも、変えられることと変えることができない事を整理して、行動に移すことが重要です。

とはいいつつも、行動に起こせないから今の現状が続いてしまっているということもあるでしょう。

そのような方々におすすめなのが転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを使用したことがない方もいると思うので後ほどご紹介します。

健康を考えて仕事をしたくない

仕事をしたくない_健康被害

いかに当てはまる人は危険な状態の可能性があるのでチェックしてみてください。

危険度チェック
  • 毎日の仕事を頑張りすぎて身体を壊してしまった
  • 精神的に疲れている日々が続いている
  • 仕事が無い日もうつ無気力になっていまっている

自然とネガティブな思考に陥ってしまい、仕事だけでなくその他まで幅広い場面で支障をきたしてしまいます。

危険な状態が続くと...

冷静な判断が難しくなってしまう。

自分で自分を苦しめていることに気付け無くなってしまう。

ネガティブ思考から抜け出すことが困難になってしまう。

たとえ上司に仕事を休むことは甘えだと言われたとしても、甘えかどうかを最終的に決めるのはあなた自身です。

あなたの健康状態を把握できずに無茶ぶりしてくる上司の言葉よりも自分自身を大切にしてください。

そのような人のせいであなたの人生を狂わせてしまうことは非常にもったいないです。

この記事を読んで少しでも現状を変えたいと思った方は更に読み進めると良いでしょう。

年齢別に仕事をしたくないと感じる人に向けたアドバイスも記載してあるので引き続きご覧ください。

職場への通勤が嫌で仕事をしたくない

仕事をしたくない_通勤_苦痛

職場へ出勤する際、多くの方が通勤手段として電車を使います。

通勤時の問題点

満員電車で職場についた時点で疲れてしまっている。

勤務地が遠すぎて、無気力な状態で帰宅している。

こういった事例は特に近郊で働く方に多く見られるケースです。

そのような方は仕事を在宅でやることを考えてみてはいかがでしょうか。

メリットも多い在宅ワークですが、在宅ワークをする際の注意事項をまとめておきました。

在宅ワークの注意事項

自己管理ができるかどうか
・家もしくは近辺のカフェなど仕事をするための環境を整えられるかどうか
・適度に外出して人と話す機会を設けられるかどうか

上記のことを意識してできるようにならないと在宅ワークの継続は困難な可能性があります。

ただ、やってみないと分からない部分もあるのでまずは行動してみましょう。

とはいっても、当然、全ての業種が在宅でできるわけではありません。

それでも、仕事をしたくないと少しでも感じてしまう原因が通勤にあるとしたら在宅ワークをやってみましょう。

まずは副業としてできることからはじめてみましょう。

在宅でできる仕事の探し方が分からない方でも、大丈夫です。

近年ではコロナウイルスの影響もあり、国として在宅ワークが推進されているので、タイミングとしても今がチャンスです。

そのため、在宅でできる仕事をしてみたいという方はこの記事の最後の方にあるサイトを訪れてみてください。

仕事やキャリアのプロである専門家に相談してみるとよいでしょう。

仕事をする理由が分からず仕事をしたくない

仕事をしたくない_働く理由_わからない
私たちはなんのために仕事をしているのでしょうか?

働く理由
  • お金を稼ぐため
  • 業界に興味があるから
  • 人に感謝されるから

様々な理由があるでしょう。

しかし、全員が全員仕事をする目的を明確に持っているわけではありません。

それもそのはずです。仕事をする理由など誰に教わるわけでもありません。

自ら仕事をする理由を作っていかなくてはなりません。

そんな時は、一旦現状を整理して、これから誰と何をどのように時間を過ごしていきたいのかといった自分について思考を深堀りしてみましょう。

すると、自然と自分が本当にやりたいこと、どういった未来を描きたいか少しずつ明確になってくると思います。

その結果
  • 今のままの環境で問題ないのか?
  • 本当に大切にすべきものが見えてくる。
  • 人に支えられてきて今の自分が存在していることに気付く

家族や会社といったことを優先しなくてはならないという考え方もわかります。

ただ、それもあなた自身が自己実現をできていない限りかなり難しいのではないでしょうか。

したがって、仕事をする理由が分からない場合は理由を自ら設定し、その他必要な要素を少しずつ手に入れていきましょう。

あなた一人でその理由を明確化するよりも他者の力を借りたほうがスムーズに事が進むことがあります。

あなたの気付かないあなたに気付ける可能性もあるのでキャリアアドバイザーなどの専門家に相談してみるのも一つの手段です。

仕事をしたくないのはあなただけではなかった‼

仕事をしたくない_背景

仕事をしたくないと感じる背景

まずはじめに、仕事をしたくないと感じる人はあなただけではありません。

安心してください。

誰もが一度は仕事をしたくないと思ったことがあるのではないでしょうか。

その背景について解説していきますので仕事をしたくないと感じる人以外は読まないほうが良いでしょう。

それでは、感じてしまう大枠の原因を述べていきます。

仕事とは

仕事をしたくない_仕事とは

そもそも、仕事とは何なのでしょうか。

一つ目には、「すること。したこと。しなくてはならないこと。しわざ。」二つ目には「それによって生計をたててゆくための職。職業。業務。」

出典:コトバンク

つまり、仕事とはしなくてはならないことであり、生きていくための手段であるということです。

では、生きていくために本当に必要なのでしょうか。

以下より日本人の多くが働いており、必要であるといえるでしょう。

就業者の割合(就業率)は 82.5%で、男性が 91.1%、女性は 74.3%

出典:独立行政法人の労働政策・研究機構「第3回日本人の就業実態に関する総合調査(2018 年調査)」

では、あなたは仕事をどのように捉えていますか?

仕方なくやっている。生きていくためにやっている。多種多様な考え方があると思います。

一度あなたなりに仕事が何なのか考えてみてください。

それから、この先に記載してある仕事をしたくないと感じてしまう原因や年齢別のアドバイスを読んでみましょう。

年代によって変わる仕事への価値観

仕事をしたくない_変化する価値観

結論から述べると、あなたの当たり前は他者の当たり前ではありません。

仕事は年代によって異なる考え方を持つ人が多い傾向があるということはご存じでしょうか。

なぜかというと、この世界は流動的で戦争を経験したかどうか、生まれた時からインターネットがあるかどうかなどの違いがあるからです。

例えば、戦争を経験してきた世代は食べ物が食べられることは当たり前ではないかもしれません。

はたまた、インターネットがない時代に生まれた人からしたらネットやSNSという概念すら自ら情報を収集しない限り一生教わる事がありません。

そのため、若者に比べて高齢者がネットに弱いというイメージを持つのも当然のことなのです。

したがって、仕事に対する考え方も人それぞれですのでそれを分かっているかどうかで仕事への取り組みや人への接し方も異なります。

それを知っていると仕事をしたくないといった考え方が変わるかもしれません。

ここからは仕事をしたくないと感じてしまう多くの人の問題となる原因について述べていきます。

年代に合わせた仕事をしたくない方へのアドバイス

仕事をしたくない_アドバイス_年代別

仕事をしたくないと感じる方の中にも細分化していくと、多様な原因が存在します。

その中でも、年齢によって考えなくてはならない要素が変化してきます。

ですので、今回は年代別に多くの人が頭を抱えてしまうポイントを中心に勝手ではありますが、アドバイスをしていきます。

これを読み、当てはまる方が今の悩みを解消できるきっかけにしていただければと思います。

20代で仕事をしたくないあなたへ

仕事をしたくない_アドバイス_20代

結論から言うと、今すぐ環境を変えたほうがよいでしょう。

というのも、20代はこれからのキャリアを考えても働く上での基盤が形成される非常に重要な時期と言えます。

その大切な時間を何らかの原因で仕事をしたくないと感じながらこなしたとしてもパフォーマンスの低下に繋がるのではないでしょうか。

20代の場合、幸いなことにまだ時間は有ります。

そのため、やってみたい仕事への転職や、気になっていた事柄の追求などができる可能性に満ち溢れています。

若いがゆえに許されることも多々あるのも事実です。

現に、第二新卒という言葉が存在するようにスキルや専門性だけがあなたの価値ではなく、若さも一つの価値だと言えます。

そんな大切な時間を仕事を嫌な気持ちで継続する必要はありません。

むしろ時間の流れは平等なので、自らの可能性を信じて、行動して突き進んでいきましょう。

30代で仕事をしたくないあなたへ

仕事をしたくない_30代アドバイス

30代で仕事をしたくないと感じると、転職というワードが頭によぎるのではないでしょうか。

仕事にも慣れてきて、徐々に責任のある仕事を任されるようになり、新たな困難にぶつかることもあると思います。

しかし、このまま人生を終えても良いのでしょうか。あなたの人生を決めるのは会社ではありません。

多くの会社はあなたを従業員としての立場に中の1人として考えます。

そのため、仕事をしたくないと感じているあなたの変化までは気付いていないかもしれません。

とはいっても、この記事を読んでいるということは仕事をしたくないとあなた自身は気づいています。

気付いた瞬間が最も若いです。

そのため、自らの気持ちに気付けたら、後はどうすれば仕事をしたくない現状を変えられるのでしょうか。

何が原因で仕事をしたくないと感じているのかを把握して行動していきましょう。

もちろん、30代からの転職が遅いというわけではありません。

先ほどの述べましたが気付いた時が最も若いです。

周りの声に惑わされず、自分が求める環境へ飛び込んでみましょう。

40代で仕事をしたくないあなたへ

仕事をしたくない_40代アドバイス

40代となると、社会に出てから20年近くで、ある程度社会の構造や流れが理解できてきます。

ライフイベントなど様々な要因で考えるべき要素が多いのではないでしょうか。

仕事は人生にとって必要ではあるものの、そんな仕事だからこそ仕事をしたくないと感じることもあるでしょう。

人生の時間の多くをそのようなネガティブで浪費してしまうことになってしまいます。

そのため、勢いで会社を辞めることはおススメしません。

しかしながら、少しずつ自分が実現したい未来の解像度を高め、そのために必要な環境を整えていくべきです。

労働時間が長い場合、労働時間が短い働き方をするにはどうすべきなのか。

精神的な要因で仕事をしたくないと感じている場合、それが仕事の内容なのか、人付き合いによるものなのかを整理してみましょう。

そうすることで、今の仕事をしたくない理由が明確になっていきます。

もし今の仕事を辞めたとしても自分が考えて導き出した最適解の結果であるので後悔が少なくなることでしょう。

その他で仕事をしたくない方が多いケース

仕事をしたくない_その他

仕事をしたくないその他に多いケース

これまで年齢別に仕事をしたくない人へのアドバイスをしてきました。

さらに、その他にも仕事をしたくないを思うことが多いタイプの人へ向けたアドバイスをしていきます。

あなたに合ったアドバイスの部分だけでよいので目を通して、仕事をしたくないがゆえに起こてしまうも課題の解決に繋げていきましょう。

主婦で仕事をしたくない

仕事をしたくない_主婦

主婦が仕事内容以外で仕事をしたくない理由としては、年々共働きをしないと生活が困難な社会にあります。

そんな中、主婦で仕事をしたくないと感じている人が多く存在するのも事実です。

まだ現在の日本は家事や育児は女性がすべきものといったイメージが浸透しています。

家事や育児は私たちが生活したり、子孫繁栄していくために必要不可欠であるにも関わらず仕事と異なって給与が発生しません。

仕事の場合、働けばお金が目に見えて入るので自らが頑張った成果として認識しやすいです。

その一方で、家事や育児はお金が増えるという事は無く、目に見えにくい部分であり成果を認識しずらいため、褒められたり、他者から承認されにくいのです。

これらのハンデを抱えているため、仕事をしたくないと感じてしまいます。

そんな主婦にもあった働き方ができることはご存じでしょうか。

知らなかったという方も問題ありません。

様々な方のキャリアに向き合っているキャリアアドバイザーの方に相談することであなたに合った働き方がみつかることでしょう。

この記事の最後にキャリアアドバイザーへ相談できる転職エージェントをご紹介してありますのでそちらをご覧ください。

ニート(無職)で仕事をしたくない

仕事をしたくない_ニート

現在無職の人にもその人なりの理由や背景があることでしょう。

しかしながら、多くの方は働かなくても生活できる環境にいることが前提条件としてあります。

一度考えてみてください。現在あなたが生活できているのは何故でしょうか。

もちろん、あなたは働かなくても誰かのためになっていることがあるでしょう。

ただ、それが他者の力だけを借りて自分が生活できているとすると、他者がいなくなった時に困るのはあなたです。

あなたの生活を他者に依存するということはそういうことなのです。

ですので、いきなり今すぐフルタイムで働かなくてはならないということはありません。

しかし、まずは少しずつ将来のあなたが困らないように準備していきましょう。

その一歩として自分についての理解を深めてみてはいかがでしょうか。

いわゆる、自己分析です。

自己分析のやり方が分からないという方におすすめなのが転職エージェントを利用する事です。

転職エージェントはあなたが1人では決して気付くことのできない部分を発見するために無料で面談をしてくれます。

自分では考えてもみなかったことを質問されることで、自分がどういった考えを持っているのか少しずつ明らかにできます。

転職エージェントに関しては下記でまとめてあります。

仕事をしたくない人におすすめの転職エージェント3選

仕事をしたくない_転職エージェント_おすすめサイト

転職が良いと分かっても、転職のプロじゃないからどの転職エージェントが自分にあっているのか分からない…

そんな方へこれだけは抑えておけば現在抱えている課題の解決に繋がるであろうサイトを紹介しますのでまずはサイトを見てみてはいかがでしょうか。

マイナビAgent doda リクルートエージェント
公開求人数 30,000件以上 80,000件以上 150,000件以上
非公開求人数 非公開 非公開 200,000件以上
主な年代 20~30代 20~50代 20~30代

マイナビAgent

仕事_したくない_おすすめ転職エージェント_マイナビエージェント

出典:マイナビAGENT公式

業界最王手といっても過言ではない株式会社マイナビが運営するサイト、マイナビAGENT。

誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

マイナビAGENTは初めての転職にも安心のサポート体制が整っています。

楽天インサイト(旧:楽天リサーチ)にて2018年に賞を獲得しました。

また、大手の力を活かし、各業界の転職事情に精通した専任アドバイザーがいます。

専門サイトも数多く存在しているおり、第二新卒も求人数も多いので20代の方や初めて転職について気になっている方でも安心です。

DODA

doda

出典:doda公式

パーソルキャリア株式会社が運営するDODA。

人材紹介のサービスを活かして、業種、職種で専門性を持った人材紹介利用者にアプローチ可能です。

また、エンジニア特化のサイトも存在しているので、IT業界に興味がある人にもおすすめです。

複数のサイトに同時登録、キャリアタイプ診断ができるので効率的に転職を進めることができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント公式

株式会社リクルートが運営するリクルートの強みは何といっても数多くの求人情報を把握している網羅性です。

求人数は非公開求人だけでなんと10万件以上も有ります。(2021年3月時点)

さらに、エージェントレポートという独自に収集した業界分析から選考フローをまとめた分析資料を受け取ることもできます。

そのため、まだ業界や職種が決まっていない人や幅広い選択肢の中から自分に合った企業を見つけたいといった方に最適です。

仕事をしたくない人からよくある質問!

仕事をしたくない_よくある質問

仕事をしたくない多くの人が検索すると出てくるのが転職エージェント

そもそも転職エージェントって何ができるの?お金を取られるんじゃないの?

といった初めて転職する方でも分かるようによくある質問に回答していきたいと思います。

認識がずれたまま転職エージェントを利用してしまい、あなたにあった環境が見つからない…

といった事態を未然に防ぐためにチェックしてみましょう。

転職エージェントでできることは?

転職エージェントでは手続きの代行や企業の紹介、転職を成功させるためのサポートをしてくれます。

もちろん、転職活動は1人でもできます。

ただ、ここにいる方は100%がそのような方であるとは限らないので、あなたのぺースで出来るから始めていきましょう。

転職エージェントを使うかどうかは、次にメリットや疑問点を記載してあるのでそれを読んでから判断して見ても遅くはないので一度目を通してみましょう。

転職エージェントを利用するメリットは?

転職エージェントを利用するメリットは大きく分けて4個あります。

転職エージェントを利用するメリット4選
  1.  無料で利用できる
  2. キャリアアドバイザーなどの専門家が存在する
  3. 非公開求人に応募できる
  4. 自分のやるべきことが明確にできる

ひとつずつみていきましょう。

まず一つ目のメリットとしては、無料で利用できる場合が多い点です。

各サイトには情報が充実しているので無料で得られる情報は積極的に活用しましょう。

続いて、キャリアアドバイザーなどの専門家が存在するエージェントも存在します。

自ら情報収集してあなたにあった企業を見つけることも可能です。

しかしながら、そうするとかなりの時間を要します。

そうするよりかは、専門家の力も借りて情報収集するべきです。

ただ、一つ注意すべき点は相手もビジネスの中で企業をおすすめしてくる可能性もあるということです。

もし、あなたが嫌だと思ったことは素直に相手に伝えましょう。

そうしないと、専門家はあなたが拒否しない場合、数ある選択肢から当然相手側にメリットの多い提案をしてくることでしょう。

3つ目は非公開求人に応募できる可能性がある点です。

全ての救助運情報が無料でインターネットに落ちているかというと、そうではありません。

インターネットに記載している情報が有料級だとしても無料で公開されていることには理由があります。

そこを意識せずにネットの情報のみを鵜呑みにすべきではありません。

ですので、信頼出来る専門家から信憑性のある情報を収集していきましょう。

最後はやるべきことが明確にできる点です。

転職をしようと考えても、まずなにからすべきか道筋が見えている人はごくわずかでしょう。

それもそのはずで、初めての転職の場合経験したことのない事に挑戦してみようとしているのでごく当たり前のことなのです。

だからこそ、このような転職エージェントを活用して、あなたにあった転職を成功させましょう。

複数社利用しても大丈夫か?

複数社利用しても問題ありません。

ただ、やみくもに転職エージェントに登録することはおすすめしません。

なぜかというと、登録する母数が多いほど選択肢が広がる一方で、あなたの負担も増えるからです。

それだけでなく、エージェントごとにあなたについての認識が異なる場合、全く異なる企業を紹介してきてあなたをさらに混乱させてしまうことになりかねません。

したがって、まずは、2.3社登録してみて転職エージェントについて大枠を理解しましょう。

その後、あなたにあったエンジニア特化や非公開求人数がNo.1といった各転職エージェントの強みを理解した上で、絞っていき最適な環境をみつけましょう。

転職エージェントの利用方法

転職エージェントの使い方を基本的な構造でご紹介します。※部分的にサイトによって異なる場合もあります。

大きく分け7ステップとなっています。

転職エージェント利用の7ステップ
  1. エージェントへの申し込み
  2. 専門家との面談(キャリアカウンセリング)
  3. 求人紹介
  4. 企業への応募
  5. 応募した企業の方と面接
  6. 内定
  7. 現在の就職先を退職

基本的にはこの7ステップを通して転職を行っていきます。

ただ、エージェントごとにあなたが求める企業へ入社するための自己分析やES、面接対策を行ってくれるといった独自のサポート体制が存在します。

そのため、詳しくは下記よりサイトで確認してみてはいかがでしょうか。

仕事をしたくないまとめ

いかがだったでしょうか。

仕事をしたくないと感じている人はあなただけではありません。

その原因を一人で突き止め、解決できる人はごくわずかです。

そのため、あなた自身の課題を解決するために積極的に転職エージェントといったサービスを活用しましょう。

そこであなたがなりたい姿を少しずつ分かっていき、その理想像に近づくことがイメージできる。

その場合、仕事をしたくないという課題の解決につながるのではないでしょうか。

まずは一つずつ、少しずつで良いので進んでいきましょう。

そのために、上記で述べたサービスを活用してあなたのなりたい姿になりましょう。