「仕事を辞めたい」と感じる5つの原因と対処方法をしっかりと解説

仕事がつらすぎて辞めたい
仕事は辞めたいけど、その後の人生が不安
他の人はなんで仕事を辞めたいんだろう

このような悩みや疑問を持っている方には最適な記事です。

株式会社ビズヒッツ(本社:三重県鈴鹿市)の調査によると1,000人の社会人に「1度でも仕事を辞めたいと思ったことがあるか」と聞いたところ、88.9%の人が思ったことがあるそうです。(出典:https://media.bizhits.co.jp/archives/7773)

ではなぜ多くの人は仕事を辞めたいと思うのでしょうか。

しかし、現状を見てみると辞めたいと考えたことのある人がこんなに多いのに実際には辞めない人が多いです。

中には間で迷っている人や、本当に辞めたいのに、どうしても言せい出ない人もいます。

この記事では多くの人が仕事を辞めたいと思う理由や辞めるべきかどうかの判断、辞めるのに言い出せない時の対処法をご紹介します。

目次

仕事を辞めたいと思う主な理由

仕事_辞めたい_理由

まずはなぜ多くの人は仕事を辞めたいと思うのでしょうか。

当然仕事を辞めたいと考えている人にの理由はさまざまです。

以下の表で多くの人が「仕事を辞めたい」と思う主な理由を紹介します。

仕事を辞めたい主な理由
理由1 やりがい・達成感がない
理由2 給与が低い
理由3 会社の将来性に疑問を感じた
理由4 人間関係が悪い
理由5 残業や休日出勤など拘束時間が長い

では、ここから具体的になぜこのように感じるのかご紹介していきます。

仕事を辞めたい理由①|やりがい・達成感を感じない

仕事を辞めたい_理由_やりがい・達成感_ない

仕事を辞めたい理由として多いのは、「やりがい・達成感がない」があります。

もともと仕事に対してやる気のある人だと、やりがいや達成感は仕事をする上ではモチベーションは重要です。

しかしやりがいや達成感のない仕事をしていると無駄な時間を過ごしているのではないかと感じてしまいます。

例えば毎日単純な作業の繰り返しだったり、業務範囲が狭く制約があると達成感を感じることのできる仕事ができないという場合です。

自分の仕事にやりがいや達成感を感じることができないと会社に行くのが辛くなります。

仕事を辞めたい理由②|給与が低い

仕事を辞めたい_理由_給与_低い

仕事を辞めたい理由として、「給与の低さ」に不満がある場合も多いです。

給与によって仕事に対するモチベーションは上がり、逆に給与が低いと仕事に対するモチベーションも下がっていきます。

成果を出しているのに給与に反映されない、そもそも同じ仕事をしているのに、男女で給与の額が違う、といった事です。

このように、やっている仕事と給与の額が見合わないと仕事に対するモチベーションが下がっていき仕事を辞めたくなります。

ただこれは会社の制度的な問題であり個人の力で解決できるものではないので、会社に相談することで解決できる可能性もあるのです。

仕事を辞めたい理由③|企業の将来性に疑問を感じた

仕事_辞めたい理由_会社_将来性_疑問

仕事を辞めたい理由として企業の将来性に疑問を感じたという場合もあります。

企業の成長は自身の成長に繋がるので、自分自身の成長を望む人からしたら企業の将来性に疑問を感じたらその会社を辞めたくなる可能性があるのです。

企業のあらゆる価値観が古典的でこれからの成長が見込めないと感じる人もいます。

人生の多くの時間を費やすこととなる企業で自分の立ち位置だけでなく企業の行く末を考える人は多いです。

そのような人は「この企業にいて大丈夫なのか」と思いはじめて辞めたいと考えます。

仕事を辞めたい理由④|人間関係が悪い

仕事_辞めたい理由_人間関係_悪い

他にも仕事を辞めたい理由として、「人間関係の悪化」によることもあります。

会社は組織で動いていますので、どうしても自分との相性が良くない人と関わる機会ができるのです。

人は人間関係によって大きく影響を受けますので、どんなに健全でやる気のある人でも人間関係によってはこじれてしまう可能性があります。

上司による日々のパワハラやモラハラだったり、同僚によるいじめや裏での悪口といった場合です。

このように嫌な人と関わることでストレスがたまり、会社に行くのが辛くなってしまう人は多くいます。

仕事を辞めたい理由⑤|残業や休日出勤などの拘束時間が長い

仕事_辞めたい理由_拘束時間_長い

仕事を辞めたい理由として最後に紹介するのは、残業や休日出勤などの拘束時間が長いからです。

拘束時間が長く、自分の趣味やゆっくりできる時間がない、残業が長すぎて身体が限界でもたないという場合があります。

人間限界がありますので、それを超えてしまうとその仕事を辞めたくなります。

仕事を辞めるべきでない4つの理由

仕事_辞めるべきでない_理由

ここでは、仕事を辞めるべきではない以下の状況についてご紹介します。

もしも、今あなたが以下のような理由で仕事を辞めることを検討しているのであれば、一度考え直してほしいです。

>仕事を辞めるべきでない理由①|ただ辞めたい

仕事_辞めるべきでない理由_ただ_辞めたい

仕事を辞めるべきでない理由のひとつ目は明確な理由もなく「ただ辞めたい」という場合です。

ただ、自分の時間が欲しかったり、面倒くさいという理由で辞めてしまうのはもったいないです。

「本当に辞めたいのか」「辞めた後はどうするのか」改めて考える必要があります。

自分の時間を上手く見つけ、真剣に仕事に取り組めばまた新しい世界が見えてくるはずです。

仕事を辞めるべきでない理由②|仕事に疲れた

仕事_辞めるべきでない理由_仕事_疲れた

仕事を辞めるべきでない理由として2つ目は「日々の仕事の多さによる疲労」という場合です。

このように考えているあなたは今辞めると決断するべきではありません。

一旦休むという選択肢もあるからです。

一度休んで身体を元通りにし、自分の気持ちや考えを改めて整理する。

そうすることで、なぜ自分がこんなに疲れていたのか原因が分かり、何か対処法も見つかってくると思います。

なのでまずは長くても短くても1度休んでみることをオススメします。

仕事を辞めるべきでない理由③|通勤がつらい

仕事_辞めるべきでない理由_通勤_つらい

仕事を辞めるべきでない理由の3つ目としては「朝早いのがつらい」「朝の満員電車がつらい」のような通勤のつらさによる場合です。

このような理由で辞めてしまうのは大多数から「甘え」と思われてしまいます。

社会人として、時間に従って行動するのは当たり前であり、働いている人はみな同じことをやっています。

それでも本当に辛いのであれば、夜は早く寝て朝余裕を持ったり、勤務先に近い場所に引っ越すなどの対策がとれるはずです。

仕事を辞めたい理由④|介護が大変

仕事_辞めるべきでない理由_介護_大変

仕事を辞めるべきでない理由で最後に紹介するのは、「介護が大変」という場合です。

ある程度の年齢になってくると親の介護が必要になってくる人も多いです。

しかし、親の介護を理由に仕事を辞めるのは避けるべきです。

収入がなくなり、介護する方もされる方も共倒れになってしまう可能性があるからです。

仕事をしながらでも介護ができる「介護休業法」があります。

まずはその制度を利用しつつ、上司とも上手く相談すれば退職も避けられるはずです。

仕事を辞めてもよい理由

仕事_辞めてよい_理由

今仕事を辞めるべきでない理由を紹介しましたが、今度は逆に仕事を辞めてもよい理由をご紹介します。

仕事を辞めてもよい理由

仕事を辞めてもよい理由①|人間関係の悪化

仕事_辞めてもよい理由_人間関係_悪化

仕事を辞めてもよい理由としてまずは「人間関係の悪化」です。

人間関係の悪さが原因で鬱などの精神的苦痛だったり身体的に壊れてしまう可能性があるからです。

自分が壊れてしまっても誰か保証してくれるのでしょうか。

今後の人生にも影響を及ぼしかねませんので自分を犠牲にして無理をしすぎず、自分と上手に向き合って考えることが大事です。

仕事を辞めてもよい理由|やりがい・達成感がない

仕事_辞めてもよい理由_やりがい・達成感_ない

仕事を辞めてもよい理由の2つ目は「やりがい・達成感がない」場合です。

結局のところ自分がなんのために働いているのか分からなくなり、自分の成長や達成感を味わうことができなければ、働く価値はないと思います。

一度きりの人生でそのような苦痛を味わい続けるのは精神的にもつらいですのでそのように感じるなら辞めてもよいと思います。

仕事を辞めると言い出せない時の対処法

仕事辞める_言い出せない_対処法

辞めたい理由を改めて考えて、それでも辞めようと決心したけものの、仕事を辞めると言いだせない人も中にはいると思います。

言い出せない人は、もし退職を伝えたら止められるのでは、とか何か嫌味を言われるのではと考えてしまいます。

そんな時にどのような対処法があるのかをご紹介していきます。

世話になった方や、信頼できる方に直接話をする

仕事辞める_言い出せない_対処法_直接_話をする

まずは誰かに相談することがいいと思います。

1人で抱え込んでいても先が見えないもので、そういう時は些細な事でも周りの人に相談するとその先どうするべきか見えてくると思います。

会社でお世話になった方だったり、家族や友人など信頼できる方があなたの背中を押してくれると思うので、できるだけ早く相談しましょう。

自分の中で退職日を明確に決定する

仕事辞める_言い出せない_対処法_退職日_明確_決定

仕事を辞めると決めて、では具体的にいつ退職するか明確に決めることも方法のひとつです。

退職を言い出せない人はどうしても辞めることを先延ばしにしてしまうので、辞めると思っていてもそれからかなり先にしてしまうか、結局辞められないままです。

しかし明確に〇月に辞めると決めてしまえば、気持ちもすっきりします。

退職する日を決めてしまえば、いつ頃退職意思を会社に伝えるかも決まるので必然的に行動に移すことができます。

>転職エージェントに相談する

仕事辞める_言い出せない_対処法_転職エージェント_相談

転職活動のバックアップをしている転職エージェントに相談することもひとつの対処法です。

現在の不安や危機感について、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することで、新たな選択肢や隠れた可能性を見出せるかもしれません。

必ずしも転職を考えていなければ相談にのってくれないことはないですし、無料で相談できるエージェントも多くありますので気軽に相談することができます。

仕事を辞めた後のことも考える

仕事辞める_言い出せない_対処法_辞めた後_考える

仕事を辞めた後のことも考えることもひとつの方法です。

どのように仕事を辞めるのか考えるだけでなく、仕事を辞めた後のことを考えると行動に移すことができるのではないでしょうか。

仕事を辞めることでどのような未来が待っていて、どのような自分がいるのかを考えてみれば、その期待で行動を起こすことができます。

転職におすすめの転職エージェント3選

転職_おすすめ_エージェント

悩んだ時に転職エージェントに相談するのがおすすめと紹介しましたが、転職エージェントの中でも総合的におすすめのエージェントをご紹介していきます。

転職におすすめの転職エージェント
doda パソナキャリア type転職エージェント
公開求人 8万以上 3万以上 8千以上
非公開求人 3万以上 非公開 1万以上
年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代
エリア 全国 全国 全国
分野 総合求人 総合求人 総合求人

転職におすすめの転職エージェント①|doda

転職_おすすめ_エージェント_doda

出典:doda公式

dodaの特徴
  • 大手企業から中小・ベンチャーまで幅広い求人を用意
  • キャリアアドバイザーが企業との交渉をしてくれる
  • ユーザーにあった求人を提案してくれる
  • 年収査定で給与相場が分かる
  • 完全無料

公開・非公開合わせて10万を超える求人があり、希望に見合う会社を見つけることができます。

求人数も業界トップの方で、地方や若年層向けの求人も多数あるので、どなたにでもオススメできます。

大手・優良企業から中小・ベンチャーまで幅広い企業が揃っているので転職活動の視野は広がります。

キャリアアドバイザーにも定評があり、充分なサポートを受けることができます。

しかし、このサポート制度も3か月という上限があるので、自己分析やキャリア形成から全てサポートしてもらうことは難しいため、ある程度転職の軸がある方にはオススメです。

転職におすすめの転職エージェント②|パソナキャリア

転職_おすすめ_エージェント_パソナキャリア

出典:パソナキャリア公式

パソナキャリアの特徴
  • オリコン顧客満足度調査転職エージェント3年連続第1位
  • 転職者の年収アップ率約67%
  • 非公開求人数も多くある
  • 手厚い選考対策
  • アドバイザーの質にも定評がある

人材派遣会社パソナが運営しているパソナキャリアはオリコン顧客満足度3年連続1位を誇る転職エージェントです。

求人数は5万以上でそのうちの半数以上は非公開求人です。

年収アップ率が67%と転職した3人に2人は年収があがっています。

親身なキャリアカウンセリングと豊富な情報を無料で提供してくれます。

またキャリアアドバイザーが企業への推薦、面接日程等調整してくれるので仕事をしながらでも転職活動をすることができます。

転職におすすめの転職エージェント③|type転職エージェント

転職_おすすめ_エージェント_type

出典:type転職エージェント公式

type転職エージェントの特徴
  • 転職した人の約71%が年収アップ
  • ITや通信業界へのサポートが得意
  • 書類・面接対策フルサポート
  • 言いづらい条件交渉
  • 自分を正しく評価し強みを明確化

サービス開始から19年、31万人以上の転職支援実績があり、案件数自体は他のエージェントと比べると少ないですが企業と調整しながら独自の提案をしてくれます。

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の添削や面接対策だけでなく、年収交渉や入社日などの交渉も代行してくれます。

利用者の満足度87%と高い実績があります。

また女性目線に合わせた求人も多く、「女性管理職」「育児と両立」「産休育休制度」など様々な条件に合わせて企業を探せます。

仕事とプライベートの両立がしやすい求人が数多くあるのもポイントです。

第二新卒におすすめの転職エージェント3選

第二新卒_おすすめ_転職エージェント

続いては第二新卒のかたにオススメの転職エージェントをご紹介します。

第二新卒におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント 転職Shop DYM就職
公開求人 2万以上 非公開 非公開
非公開求人 10万以上 非公開 非公開
年代 20代~30代 20代 20代
エリア 全国 全国 全国
分野 第二新卒などの20代 第二新卒の就職 第二新卒など

第二新卒におすすめの転職エージェント①|マイナビエージェント

第二新卒_おすすめ_エージェント

出典:マイナビエージェント公式

マイナビエージェントの特徴
  • 中小企業の独占案件が多数
  • 第二新卒の転職に強い
  • 転職未経験の方も安心できるサポート体制
  • 担当者の対応の良さに定評あり
  • 完全無料

第二新卒のサポートも手厚く、未経験でも内定がもらえる求人や、スキルよりも人柄を重視する求人が多数あります。

担当者が丁寧に悩みを聞いてくれて、応募書類の添削や面接対策のサポートも充実しているので内定率もアップします。

企業の担当アドバイザーも在籍しており、労働環境や職場の雰囲気などの目に見えない情報も知れます。

またITや通信、メーカー系に強みがあり、マイナビエージェントで紹介している業種のうち、およそ3割がIT・通信系でメーカー系が2割を占めています。

この辺りの分野に転職したいと考えている人にはオススメです。

第二新卒におすすめの転職エージェント②|就職Shop

第二新卒_おすすめ_エージェント_転職Shop

出典:就職Shop公式

転職Shopの特徴
  • 書類選考なしで面接へ
  • 20代の利用者が9割
  • 求人は未経験者が対象
  • 累計10,000社から様々な企業を紹介
  • 働き方など希望条件に合わせて探せる

未経験や若手育成に実績のある企業の求人が多数あり、また資格や経験を見る書類選考なしで面接に進めます。

正社員の経験がなくても優良求人を紹介してもらえます。

労働環境や職場の雰囲気など、実際に生で見てみないと分からない情報も直接訪問して取材したのでお伝えすることができます。

自宅近く、転職無し、といった希望条件に合わせて企業を探すことができます。

男性で営業職しか紹介されなかったり、「営業に行きたくないと言っても紹介された」ということがあるように営業系に就職する割合が4割と高めです。

第二新卒におすすめの転職エージェント③|DYM就職

第二新卒_おすすめ_エージェント_DYM

出典:DYM就職公式

DYM就職の特徴
  • 20代に特化した就・転職サポート
  • 正社員への転職支援に強みがある
  • 1名当たりのサポート時間は平均8時間
  • 職務経験なしの就職、転職実績10,000人超
  • 完全無料

第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けの正社員の求人が多数あるため、今からでも正社員としての就活が間に合います。

採用担当の方や企業の社長と直接交渉ができるから、登録したら書類選考なしで面接までいけます。

割合ではサービス・IT・不動産が多いが、その他メーカーや百貨店など幅広い業界の求人があり、多くの選択肢があります。

エージェントが就職するまでサポートしてくれるので、初めての就職や転職でも安心できます。

ただ紹介数は多いものの、キャリアアップできるような環境は少なかったり、ハイキャリアを目指す人のための求人は少ないです。

学歴や職歴がある人には物足りないと感じてしまうかもしれません。

転職にオススメのエージェントを紹介しましたがまだまだ多くの転職エージェントはあります。

転職を考えている人はどのエージェントなら自分の理想の企業に転職できるのか検討して選んでいってください。

また、転職サイトやエージェントが気になる方は以下の記事が参考になりますよ。

仕事を辞めたい人によくある質問

仕事辞めたい人_よくある質問

最後に、仕事を辞めたい人によくある質問をご紹介します。

仕事を辞めようと考える前に不安を解消しておきましょう。

仕事が原因でストレスをためてしまったら

仕事でストレスをためてしまうことは誰にでもあることです。

多くの人はストレスが溜まったら、美味しいものを食べたり、運動をしたりしてリフレッシュすることを思いつくと思います。

しかし、これらはあくまでも一時的な対処法に過ぎず、ストレスの根本は消えないのです。

ストレスを溜めてしまったら、まずはなぜストレスが溜まっているのか原因を明確にすることをオススメします。

誰かに相談したり、紙に書いたりすることで何が原因で、どうすれば良かったのか分かるはずです。

これはモヤモヤを残さず、ストレスと上手く向き合える方法です。

ストレスをためないようにするにはどうすればいいのかを考えるのではなく、ストレスとの付き合い方を見つける方が良いです。

20代の新卒で辞めるのは甘えか

社会人として働き始めて1年を経たずに仕事を辞める人も当然いて、厚生労働省の調査によると、大卒でも1割の人が1年以内に仕事を辞めています。

社会人になって1年も経たずに辞めるのは甘えだと思う人は多くいますし、とりあえず1年続けなければ分からないという人もいます。

ただ必ずしも仕事を辞める人がみんな「逃げ」や「甘え」で辞めているわけではないです。

むしろ自分自身の新しい人生の一歩を踏み出すという意味で辞める人もいます。

1年間は我慢しろと言う人もいますが、我慢すれば解消することばかりではないですし、逆に限界を超えてしまって自信の身体を壊す可能性もあります。

辞める理由にもよりますが、新卒で辞めるのは甘えとはいえません。

パート・アルバイトを辞めたい

パートもバイトも同じで、なぜ辞めたいのかしっかり理由を考えてから決める方が良いです。

パートバイトは出勤日を減らすことや、時間を短くしたりしてシフトを調整して対応する対処法もあります。

中にはいきなり連絡が取れなくなり辞めてしまう人もいます。しかしパートやバイトも同じ社会で働く人です。

急に辞めてしまうと勤務先に迷惑がかかることを考えて、1~3か月前には退職意思を伝えましょう。

仕事を辞めたい時のまとめ

仕事辞めたい_まとめ

今回は「今仕事を辞めたい」と考えている人へすべきことや、言えない時の対処法、辞めた後何をするべきかお伝えしました。

仕事を辞めることはいけないことではありませんが、なぜ仕事を辞めたいのか改めて考えることでその先どうしようか分かってくると思います。

はっきり言ってしまえば、仕事を辞めることは簡単なことです。

だからこそ「辞めても大丈夫」と後先のことを考えずに決断してしまうと、後々公開することになります。

仕事を辞めるということは新たな人生のスタートでもありますので、辞めた先の明るい未来のために行動しましょう。