リクルートエージェントの評判がひどいってホント?特徴からリアルな口コミ評価まで徹底検証

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る一方、ネット上で「対応がひどい」と悪い評判が見られます。

いくら知名度が高く、魅力的な求人が多くても、やはり悪い評判があると利用するのが不安になってしまいますよね。

リクルートエージェントは希望していない求人ばかり紹介してくる!
リクルートエージェントの担当の対応がひどい…

本記事では、リクルートエージェントの悪い評判を一つずつ徹底検証し、どんな方に向いているのか重要なポイントをまとめてみました。

これからリクルートエージェントを利用してみようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

リクルートエージェントの口コミ評判からわかったリアル評価

リクルートエージェント_評判_口コミ評判リアル評価

リクルートエージェントの口コミ評判を調べ、良い点と悪い点を以下の表にまとめてみました。

良い点 悪い点 総合評価
求人数 ・求人の選択肢が多い ★★★★★
求人の質 ・大手企業の求人が多い ・魅力的なハイレベル求人が少ない ★★★
対象エリア ・地方の求人も充実 ★★★★★
サポート ・書類添削や面接対策が役立つ
・年収や勤務条件など面倒な交渉を代行
・面接日や入社日の調整を任せられて楽
・担当者によってサポートに差が出る
・サポート期間が「面談から3ヶ月」と短い
★★★★
スタッフの対応 ・転職市場に精通したスタッフが多い
・対応が丁寧で親切
・連絡が来ない&遅い
・応募を急かされる
★★★
企業の信頼性 ・人材大手「リクルート」が運営 ★★★★★
口コミ・評判 ・実際に内定が取れた
・熱心にサポートしてくれた
・他社よりサービスが利用しやすかった
・担当者との相性に左右される
・自分のペースで転職活動を進められない
★★★★

リクルートエージェントは、「求人数」「対象エリア」「企業の信頼性」について、高評価を得ています。

一方、「求人の質」や「スタッフの対応」については、口コミ評判が賛否両論。

正直、この結果を見て、求人数は魅力的だけど、「少し不安…」と感じた方もいるはず。

そんな不安を解決するため、リクルートエージェントを上手く使いこなすコツをこれから具体的に紹介していきます。

リクルートエージェントのサービスや特徴

リクルートエージェント_評判_サービスや特徴

リクルートエージェントには、以下のような3つのおすすめポイントがあります。

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • リクルートグループで転職支援実績No.1
  • 非公開だけで10万件以上の業界トップクラスの求人数
  • 「職務経歴書の添削」や「面接対策」などサポートが充実

リクルートエージェントは、人材大手「株式会社リクルート」のグループ企業で、運営会社の信頼性や知名度が高いので安心感があります。

数ある転職エージェントの中でも、トップクラスの求人で、非公開だけでも常時10万件以上を保有。

各企業の望む人物像や面接でよく聞かれる質問など、長年蓄積されたデータを生かし、効率的に転職活動ができるので選考通過率を高めてくれます。

応募書類の添削や面接対策などの手厚いサポートは全て無料。

また、自力で転職活動した場合は、不採用の理由を聞くことができないため、どこが悪かったのかわからないままになりがち。

しかし、リクルートエージェントを通じて応募した場合は、不採用の理由を教えてもらえるため、反省点を次回へ生かせるのも良い点です。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約130,000件
非公開求人数 約100,000件以上
費用 無料
対象エリア 全国
エージェント機能 あり
スカウト機能 なし
公式アプリ あり
主なサービス 求人紹介
独自の求人情報を提供
書類添削
応募・書類選考
面接対策
年収交渉や退職交渉など

リクルートエージェントの口コミ評判からわかった5つのデメリット

リクルートエージェント_評判_口コミ評判デメリット

リクルートエージェントには、ツイッターの口コミ評判から5つのデメリットがあることがわかりました。

実際の口コミと併せて、どんな問題点があるのか確認しておきましょう。

希望と違う企業が紹介されることもある

リクルートエージェントには「希望と違う企業が紹介されることがある」と悪い口コミ評判があります。


希望していた業種や職種とは違う見当外れの求人を紹介されることもあり、リクルートエージェントへの代表的な不満となっています。

ただし、希望通りの職種を紹介してもらえないケースは、他の転職エージェントでもよくあるもの。

「自分の新しい可能性」として、受け止めることができれば、転職の幅を広げることにつながります。

担当者から連絡がない

リクルートエージェントには「担当者から連絡がない」と悪い口コミ評判があります。

転職エージェントを利用すると、転職活動の進行が、どうしてもエージェント主導になりがち。

そのため、担当者から連絡が来ないと、求職者は何もすることができず、不安やストレスを感じやすくなってしまいます。

特に、リクルートエージェントのように、キャリアアドバイザーが抱える求職者の数が多い転職サービスほど、連絡が遅れがち。

担当となるキャリアドバイザーの性格にもよりますが、あまりにも連絡が遅く信頼できない場合は、担当者を変えてもらうのも一つの方法です。

担当者の当たりはずれがある

リクルートエージェントには「担当者の当たりはずれがある」と悪い口コミ評判があります。


リクルートエージェントには、担当につくキャリアドバイザーによって、口コミ評判が大きく分かれています。

キャリアアドバイザーも人それぞれ性格が違うので、中には求職者にプレッシャーをかけたり、ダメ出しするようなアドバイスをする場合も。

どんなキャリアアドバイザーが担当につくかは「運」次第。

そのため、何度話をしても噛み合わないと感じる場合は、担当者を変えてもらったほうが転職活動をスムーズに進められる可能性があります。

専門職の方は担当に言った方がいい

リクルートエージェントには「専門職の方は担当に言った方がいい」と悪い口コミ評判があります。


自分のペースで転職活動ができないというのは、具体的に「求人への応募を急かされる」ということ。

リクルートエージェントで専門職への転職を目指すなら、しっかりと「専門知識のあるアドバイザーをつけてほしい」と希望することが重要。

専門知識のあるアドバイザーと専門知識がないアドバイザーでは、相談のしやすさや、選考の通過率が大きく変わってきます。

自分から主張をすれば、専門職に対応できる担当者をつけてくれるため、効率的に転職活動を進められるようになるはずです。

自分のペースで転職活動ができない

リクルートエージェントには「自分のペースで転職活動ができない」と悪い口コミ評判があります。


これは、リクルートエージェントが、面談から3ヶ月しかサポートに対応していないという事情が大きく影響していると考えられます。

そのため、じっくり転職を進めたいと考えている方は、リクルートエージェントと転職ペースが合わない可能性が高いので注意が必要です。

リクルートエージェントの口コミ評判からわかった8つのメリット

リクルートエージェント_評判_口コミ評判メリット

リクルートエージェントには、ツイッターの口コミ評判から8つのメリットがあることがわかりました。

具体的にどのようなメリットがあるのか、チェックしておきましょう。

求人数や求人の質が良い

リクルートエージェントには「求人数や求人の質が良い」と良い口コミ評判があります。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

リクルートエージェントには「キャリアアドバイザーの対応が丁寧」と良い口コミ評判があります。


先ほど、リクルートエージェントのデメリットとして、キャリアアドバイザーの対応が問題に挙げられていました。

しかし、リクルートエージェントには、対応が悪いアドバイザーだけではなく、対応が良いアドバイザーもしっかり在籍しています。

大手ならではの丁寧な接客で、転職を成功させるために、徹底的にサポートをしてくれるアドバイザーの存在は口コミでも評判です。

求人数が多いので地方転職にもしっかりと対応

リクルートエージェントには「求人数が多いので地方転職にもしっかり対応してくれる」と良い口コミ評判があります。


転職エージェントはどこも「首都圏」や「大都市」の求人に偏りがち。

そのため、地方の求人が充実している転職エージェントを見つけることは想像以上に難しく、苦労をしている方もいますよね。

その点、リクルートエージェントは、地方の求人にもしっかり対応しているので、首都圏以外の勤務地を希望している方にも利用しやすいのが魅力です。

書類添削で通過率が上がる

リクルートエージェントには「書類添削で選考の通過率が上がる」と良い口コミ評判があります。


リクルートエージェントでは、「履歴書」や「職務経歴書」の添削をしっかりしてくれるため、自己PRが苦手な人から好評を得ています。

応募書類は、書類成功の通過率を大きく左右する重大な資料。

自己流の書き方でなかなか書類選考を通過できない方は、一度転職のプロにアドバイスをもらってみると、通過率がUPする可能性があります。

しっかりと面接対策してくれる

リクルートエージェントには「しっかり面接対策してくれる」と良い口コミ評判があります。


リクルートエージェントは、応募先企業との面接を前に、実際の質問を想定した模擬面接を行ってくれます。

基本的な面接のマナーから回答の内容まで、しっかり応募先の企業に合わせて指導してくれるので「役に立った!」と感じる方が多いようです。

「いつも面接で力を発揮できずに落ちてしまう…」という方は、一度リクルートエージェントを利用してみる価値があります。

年収交渉も代わりにしてくれる

リクルートエージェントには「年収交渉も代わりにしてくれる」と良い口コミ評判があります。


転職を希望する方の中には、「年収アップ」を考えている方も多いはず。

しかし、「年収を上げて欲しい!」と、実際に応募先企業に伝えるのは難しいこと。

自分の口からは、なかなか言い出しにくいですよね。

リクルートエージェントを利用すれば、そんな年収交渉も、自分で行う必要がなく、全て転職エージェントが代行してくれるのが良いところ。

実際にあなたの希望が100%通るかどうかはわかりません。

しかし、少しでもあなたにとって有利になるように味方してくれる存在がいるのは、心強いものです。

色々使ったけどリクルートエージェントがよかった

リクルートエージェントには「色々使ったけどリクルートエージェントがよかった」と良い口コミ評判があります。


転職エージェントの利用者は、複数のサイトを併用しているケースが多く、最終的にどこが利用しやすいか好みがはっきりしてきます。

そして、リクルートエージェントは、以下のような点から「他社よりも使いやすい」と感じる方が多いようです。

リクルートエージェントが使いやすい点
  • 応募書類の添削をしっかりしてくれる
  • 面接対策は基礎から教えてくれる
  • 求人数が豊富ですぐに紹介してくれる
  • 公開求人の検索がしやすい

どこの転職エージェントが使いやすいかは、実際に利用してみないとわからないもの。

他社の転職エージェントで満足できなければ、リクルートエージェントも試してみてください。

自分に合った会社を探してくれるから転職活動が楽

リクルートエージェントには「自分に合った会社を探してくれるから転職が楽」と良い口コミ評判があります。


忙しくて転職活動をする時間が確保できない方にとって、希望を伝えておけば、以下のような転職活動を進めてくれる転職エージェントは便利な存在。

転職エージェントが代行してくれること
  • 求人の厳選
  • 企業への応募
  • 面接日の調整
  • 勤務条件の交渉

転職エージェントを上手く利用することで、忙しい人でも隙間時間を見つけて、スムーズに転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントの利用に向いている人の特徴

リクルートエージェント_評判_向いている人特徴

これまで紹介してきた口コミ評判から、リクルートエージェントを利用するのに向いている人の特徴は5つあります。

上記に該当する方は、リクルートエージェントに向いている可能性があるため、利用を検討してみましょう。

いつも書類選考で落ちてしまう方

リクルートエージェントは、応募書類の添削がしっかりしており、書類選考が通過しやすくなると口コミでも人気があります。

履歴書に書くアピールポイントがない
職務経歴書の書き方がわからない
いつも書類選考で落ちてしまい面接に進めない…

そんな悩みを抱えている方は、リクルートエージェントで応募書類の書き方をマスターしておくのがおすすめ。

応募書類の書き方は一度マスターしてしまえば、他の転職サイトから求人に応募する場合にも生かせます。

転職エージェントの中には、リクルートエージェントのように、応募書類の添削にしっかり対応していないケースも多いです。

そのため、応募書類の添削サービスを受けるだけでも、リクルートエージェントに登録する価値があります。

面接に自信がない方

リクルートエージェントでは、面接に自信がない方に対して、面接対策を行っています。

面接の身なりから、質問への回答の仕方まで、基礎からしっかり教えてくれるのが魅力。

キャリアアドバイザーが第三者の目線から、客観的にアドバイスをしてくれるので、自分では自覚しにくい弱点に気付くことができます。

「面接で落ちてしまう原因を知りたい」と考えている方にとって、「面接官の着目点」を事前に知ることができる模擬面接は役に立つはず。

自己流の面接方法で、なかなか内定がもらえないという方は、ぜひリクルートエージェントの面接対策を受けてコツをつかんでみてください。

転職活動のスケジューリングや条件交渉が面倒な方

リクルートエージェントは、転職活動のスケジューリングや条件交渉が苦手な方にとって便利な存在です。

自力で転職活動をすると、求人探しも、面談日の調整も、全て自分が対応しなければいけません。

しかし、リクルートエージェントを利用すれば、自分では言いにくい事情や交渉は全てキャリアアドバイザーが代行してくれます。

余計なことに気を遣わずに、あなたは面接や書類の作成など最低限の転職活動のことだけに集中すれば良いのです。

自分で直接企業と交渉するより、人事担当者とのパイプを持つプロのエージェントに任せた方が良い結果を得られる場合もあります。

転職の悩みを相談できる相手が欲しい方

リクルートエージェントは、転職活動の悩みを気軽に相談できる相手が欲しいと思う方にもおすすめです。

なぜなら、リクルートエージェントを利用すれば、いつでもあなたが不安になった時に相談できる相手がいるので、精神的に余裕もてるからです。

転職のことを誰にも打ち明けられず、一人で悩んでいる方は少なくありません。

特に、不採用が続いた場合、精神的にネガティブになってしまい、転職活動が辛くなりがちです。

そんな時、あなたの悩みを一緒に共有できる相手がいれば、心の健康を保つことができます。

転職活動はいつ終了するか、先が見えない戦いです。

長期戦になった場合ほど、悩みを打ち明けられる相手がいることは、転職活動を乗り切る上で大きな武器となります。

転職を急いでいる方

リクルートエージェントは、転職を急いでいる方におすすめです。

なぜなら、リクルートエージェントは、サポート期間が「3ヶ月」と短く、短期決戦に向いている転職エージェントだからです。

キャリアアドバイザーも、サポート期間が短いので、求人をすぐに紹介し、企業へ早く応募させようとする傾向があります。

転職エージェントの中には、せっかく登録をしても、なかなか求人を紹介してくれず、時間だけが過ぎてしまうケースも。

そのため、1日でも早く転職したい方には、リクルートエージェントは頼りになります。

リクルートエージェントを賢く活用する方法

リクルートエージェント_評判_賢く活用する方法

リクルートエージェントを賢く利用したい方は、以下の方法を試してみてください。

賢い活用方法を覚えれば、転職活動をあなたにとって有利に進めていくことができます。

転職の軸を明確にしてアドバイザーへ伝える

転職エージェントを利用するなら、面談の時に、「転職の軸」をアドバイザーへはっきり伝えることが重要。

なぜなら、自分の希望をしっかり伝えないと、後で紹介される求人がどれも見当はずれになってしまう可能性があるからです。

気が弱い方は、「わがまま言ったら申し訳ないかな…」と遠慮をしてしまうこともありますよね。

しかし、転職エージェントへの遠慮は、本当に希望する求人を紹介されなくなってしまう可能性があるためおすすめできません。

転職はあなたの大事な人生を大きく左右するものなので、自分の希望しない求人を紹介されて内定をもらっても、喜べないはず。

あなたとアドバイザーが、しっかり共通認識を持っていないと、転職活動は思うように進みません。

転職エージェントは頼りになる存在ですが、任せっきりにするのは危険です。

「最短で転職したい!」と伝える

リクルートエージェントで早く良い求人を紹介してほしいなら、アドバイザーへ「最短で転職したい」と伝えることをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントは、企業から紹介料をもらって成り立つビジネスのため、求人紹介はやる気のある人を優先したがるからです。

「いつか転職したい」と伝えてしまうと、もっと緊急性が高い他の方へ良い求人を回されてしまう可能性があります。

良い求人を紹介してもらうには、担当のキャリアアドバイザーを本気にさせることが重要。

転職に対してやる気があることをしっかりアピールすれば、キャリアアドバイザーからしっかりサポートしてもらえます。

特に、リクルートエージェントは、面談をしてから3ヶ月が基本的なサポート期間となるため、早めに転職を進めたがる傾向。

キャリアアドバイザーも、一人で数多くの求職者を抱えているため、サポートを後回しにされないようにモチベーションの高さを示すことは重要です。

キャリアアドバイザーと相性が悪い場合は変更する

もしも、リクルートエージェントで担当となるキャリアアドバイザーとの相性が悪いと感じられる場合は、我慢をしないで早めに変更しましょう。

担当者との相性が悪いと、人間関係でのストレスを強く感じるようになり、転職の相談をしにくくなってしまうからです。

転職エージェントは、自力で転職活動をする場合と違い、「担当者とのやり取り」が頻繁に必要になります。

企業に応募をするのも、選考結果を聞くのも、全て担当者を通すため、担当者との相性の悪さは想像以上に大きな負担に感じるもの。

「気軽に転職の相談をできる」という転職エージェントのメリットがなくなってしまいます。

そのため、キャリアアドバイザーと信頼関係を築くのが難しいと感じた場合は、早めに担当を変更した方が気持ちが楽になれるはずです。

担当者の変更は、公式HPの「お問い合わせ」から相談することが可能。

担当者の変更をする場合は、「変更希望の理由」が必要となります。

ただし、地域や希望職種によっては、担当者を変更できない場合もあるため、注意が必要です。

推薦文は確認する

転職エージェントでは、企業へ応募する際、履歴書や職務経歴書とセットで求職者の魅力を後押しする「推薦文」を書いてくれることがあります。

しかし、推薦文の中には、適当に書かれたケースもあるため、事前に確認できる場合は、確認をさせてもらったほうが安心です。

推薦文は必ずしも見せてもらえるわけではありません。

そのため、推薦文を見せられないと言われた時は、大人しく諦めましょう。

内緒で開封して中身をのぞき見しようとすると、人間性を疑われ、転職活動に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

複数の転職エージェントやサイトと併用する(同じ求人へ複数のサービスから申し込まないこと)

リクルートエージェントを利用する場合は、他社の転職エージェントと複数併用するのがおすすめ

なぜなら、各転職エージェントは「独自の非公開求人」を持っており、複数併用することで良い求人に出会えるチャンスが増えるからです。

ただし、複数の転職エージェントを併用する場合、複数のサイトから同じ求人へ応募することだけは絶対にやめましょう。

人材紹介料でビジネスが成り立っている転職エージェントの世界において、「紹介人材が被ること」は大問題となるからです。

登録している転職エージェントだけではなく、応募している企業にも採用を混乱させて迷惑をかけてしまいます。

「応募先の企業すら自己管理できない」という悪いイメージがついてしまうのは損なこと。

もしも、重複応募がタブーだと知らずに申し込みをしてしまった場合は、できるだけ早く担当者に連絡を入れて相談することが重要です。

リクルートエージェントと併用がおすすめの転職サイト3選

リクルートエージェント_評判_併用おすすめ転職サイト

次に、リクルートエージェントと併用をするのにおすすめの転職サイトを3社紹介します。

doda JACリクルートメント マイナビエージェント
公開求人数 約111,269件 約12,000件 約32,511件
非公開求人数 約35,000件 非公開 非公開
費用 無料 無料 無料
対象エリア 全国 全国 全国
エージェント機能 あり あり あり
スカウト機能 あり あり なし
公式アプリ あり なし なし

おすすめ転職サイトの特徴を、一つずつ確認していきましょう。

doda

リクルートエージェント_評判_併用おすすめ転職サイト_doda

出典:doda公式

dodaには、主に以下のような3つの特徴があります。

dodaの特徴
  • 適性に合うスカウト求人が届く
  • エンジニアの求人に強い
  • 転職イベントやセミナーなどが豊富

dodaには、リクルートエージェントにはない「スカウト機能」があります。

スカウト機能は、あなたの経歴やスキルに興味を持った企業から直接連絡を受けることができるため、適正に合う求人である可能性が大。

自分が普段、見落としていたような企業からのアプローチもあるため、転職の幅を広げていくことができます。

スカウトサービスをしっかり活用したい場合は、dodaに登録しているWeb履歴書をしっかり入力して充実させることがポイント。

自分から積極的に求人応募するより、声をかけてくれる求人を待ちたいという方に、スカウト機能はピッタリなサービスです。

また、dodaは「ITエンジニア」や「モノづくり」に関する求人に強いため、IT系専門職を希望している方にも向いています。

オンラインを利用した転職セミナーやイベントなども豊富なので、モチベーションを維持しやすいのも良い点です。

doda
公開求人数 111,269件
非公開求人数 約35,000件
費用 無料
対象エリア 全国
エージェント機能 あり
スカウト機能 あり
公式アプリ あり
主なサービス 【エージェント利用(無料)】
キャリアカウンセリング
あなたの経歴・希望にあった求人紹介
職務経歴書の添削
履歴書の添削
面接のマナー指導
面接の対応
面接日程の調整
円満退社のノウハウ【スカウト利用(無料)】
匿名なので安心して利用可能
企業からの直接オファー
面接確約オファー
dodaに無料登録
  •  dodaは転職者満足度No.1の実績がある!
  • 約10万件の豊富な求人からあなたに最適な企業を見つけましょう!
  • あなたが知りたい企業情報を積極的に転職イベントで公開!
  • スカウトもあるので人生を変える運命的な出会いもあるかも

doda

>>> doda 無料登録<<<

doda 公式サイトはこちら

JACリクルートメント

リクルートエージェント_評判_併用おすすめ転職サイト_JACリクルートメント

出典:JACリクルートメント公式

JACリクルートメントには、主に以下のような3つの特徴があります。

JACリクルートメントの特徴
  • 管理職などハイクラスの求人に強い
  • 海外勤務や外資の求人が豊富
  • 語学力や専門知識を生かして働ける

JACリクルートメントは、世界11ヶ国でグローバル展開している転職エージェントです。

主に、語学力を生かしたい方や、外資系企業への転職を希望している方に向いています。

これまで43万人以上の支援を行い、ハイクラス・ミドルクラスの転職ではオリコンの顧客満足度調査で4年連続No.1を獲得した実績。

主に30代~50代を対象に、管理職へのステップアップを目指すハイクラス求人を得意としています。

また、他社ではなかなか見つからない「先端技術の求人」に強いのも特徴です。

JACリクルートメントなら、あなたの高いスキルや専門知識を、ワンランク上の転職で生かすことができます。

逆に言えば、経験が浅い20代前半の方や、海外志向がない方には、利用しにくい転職エージェントに感じられるかもしれません。

JACリクルートメント
公開求人数 約12,000件
非公開求人数 非公開
費用 無料
対象エリア 全国
エージェント機能 あり
スカウト機能 あり
公式アプリ なし
主なサービス 求人検索
あなたに最適な求人紹介
転職ノウハウの記事
応募書類へのアドバイス
面接対策
入社スケジュールの調整
面接の合否とその理由や印象など共有
雇用条件などの交渉
複数内定の場合の相談
円満退社に向けたアドバイス など
JACリクルートメント無料登録
  • 利用者94.7%が「知人・友人にJACを勧めたい」と実績があるJACリクルートメントがおすすめです!
  • 年収1,000万円以上の非公開求人が多数掲載されています!
  • 他の転職サイトでは知れない情報がわかるだけではなく、最適なハイクラス求人も紹介してもらえるのです!
  • 無料登録はメール送信するとアッという前に完了しますよ!
  • 同業他社の情報を比較しやすいので、積極的に活用しましょう!

ジェイエイシーリクルートメント  >>> JACリクルートメントへ無料登録!<<<

JACリクルートメント 公式サイトはこちら

マイナビエージェント

リクルートエージェント_評判_併用おすすめ転職サイト_マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント公式

マイナビエージェントには、主に以下のような3つの特徴があります。

マイナビエージェントの特徴
  • アドバイザーの情報を生かした他社にないマッチング力
  • 推薦状であなたの魅力を後押し
  • 徹底した模擬面接で通過率をUP

マイナビエージェントの最大の魅力は、「キャリアアドバイザー」と「リクルーティングアドバイザー」が持つ2つの情報を生かしたマッチング力。

ミスマッチを予防し、長く働き続けられる適性の高い求人を紹介してくれます。

面接が苦手な人には、応募先の企業に合わせて、徹底した模擬面接が行われるのも魅力です。

採用担当者が共感を持ってくれるような受け答えや志望動機をしっかり指導。

自分の武器がわからずアピール方法に悩んでいる方や、面接の方向性を上手くつかめない方も、安心して面接に挑めるようになります。

また、マイナビエージェントでは、企業に応募をする際、「推薦状」を書いてくれるのも特徴。

推薦状は、履歴書や職務経歴書でアピールできなかったあなたの魅力を伝えてくれる重要なアイテムとして役立ちます。

マイナビエージェント
公開求人数 約32,511件
非公開求人数 非公開
費用 無料
対象エリア 全国
エージェント機能 あり
スカウト機能 なし
公式アプリ なし
主なサービス ヒアリング
あなたに最適な求人紹介
応募書類の添削
推薦状
模擬面接
年収交渉や入社日の調整
マイナビAGENTを無料登録
  • マイナビAGENTが初めての転職でも安心の理由は「他社にはないマッチング力」
  • 業界に精通したプロフェッショナルがあなたの転職活動を全力でサポート
  • あなたの希望から最適な企業をご紹介!
  • 応募書類の添削から面接対策まで成功率を上げるために徹底的にアドバイス

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

>>> マイナビAGENT 無料登録<<<

マイナビAGENT 公式サイトはこちら

リクルートエージェントを利用した転職の手順

リクルートエージェント_評判_転職の手順

リクルートエージェントを利用したい場合は、以下の手順で転職サービスを開始できます。

それぞれのステップを、一つずつ確認していきましょう。

1.公式HPで転職支援サービスに申し込む

リクルートエージェントのサービスを利用したい場合、まずは公式HPから「転職支援サービスの申し込み(無料)」を行います。

転職支援サービスの申し込みでは、以下のプロフィール内容を入力。

プロフィールの入力内容
  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス

プロフィール内容を入力し終わると、登録したメールアドレスへ本人確認メールが送られてきます。

本人確認メールは有効期限が10分なので、届いたらすぐにメールのURLから手続きを行い登録を完了させてください。

本人確認メールが届かない場合、迷惑メールに紛れ込んでいる可能性があるので注意が必要です。

2.リクルートエージェントから連絡

公式HPから「転職支援サービスの申し込み」を行うと、通常は7日以内にリクルートエージェントから「電話」もしくは「メール」で連絡。

この時、紹介可能な求人がある場合は、「拠点での対面」もしくは「電話」でキャリアアドバイザーとの面談へ進みます。

一点注意をしたいのは、求人状況や求職者のスキル・経歴によっては、キャリアアドバイザーとの面談へ進めない場合もあるということ。

公式HPの「お申し込みの際の注意」によると、以下のような求人は取り扱いが少なく、紹介が難しくなるようです。

求人の数が少ない職種
  • 新卒や就業経験がない方の求人
  • マネジメント経験なしで応募できる管理職求人
  • ホテル接客、エステティシャン、添乗員などサービス職業
  • 自衛官、警察官、警備員など保安の職業
  • 運転手、電話交換手、郵便配達など運輸・通信の職業
  • 清掃員、修理工、整備士などの生産工程や労務の職業

3.キャリアアドバイザーとの面談

キャリアアドバイザーとの面談では、あなたのこれまでの経歴や転職の希望を丁寧にヒアリングします。

この時、譲れない条件がある場合は、正直に相談しておくことがポイント。

応募先企業には言いにくい「年収」や「労働時間」など勤務条件の交渉も、あなたに代わって転職エージェントが上手くまとめてくれるからです。

自分の意見をしっかり主張をしておかないと、希望に合わない求人を紹介される可能性もあるので要注意です。

4.書類選考

キャリアアドバイザーとの面談が終わると、あなたの適性に合わせて数社の求人を紹介してもらえます。

もしも、あなたが気に入る求人がない場合は、その場で断っても問題ありません。

気に入る求人があった場合は、書類選考へ進むため、応募書類の作成へ進みます。

その際、リクルートエージェントでは、「履歴書」や「職務経歴書」などの応募書類を添削。

書類選考に通過しやすいように、キャリアアドバイザーがしっかりアドバイスをくれます。

書類選考の結果は、キャリアアドバイザーを通じて連絡。

書類選考を通過した場合は、面接へと進みます。

5.面接

書類選考を通過すると、キャリアアドバイザーが応募先企業と面接の日程を調整してくれます。

そして、リクルートエージェントでは、応募先企業と面接をする前に、「面接対策」を実施。

面接対策では、以下のような点についてアドバイスをもらえます。

面接対策でもらえるアドバイス
  • 面接の身だしなみ
  • 面接でのマナー
  • 面接での立ち居振る舞い
  • 面接での回答内容

面接を苦手としている方は、模擬面接を経験しておくと、当日の緊張を和らげることができるので安心です。

面接の結果は、書類選考と同様に担当のキャリアアドバイザーから連絡。

万が一、面接に落ちた場合も、リクルートエージェントが不採用の理由を応募先企業から聞いてくれるので、自分の問題点を知ることができます。

自分の改善点がはっきりすることで、転職活動でやるべきことが明確になり、次の応募へ経験を生かしやすくなるのが良い点です。

6.内定・入社

無事に面接を通過して内定すると、キャリアアドバイザーが勤務条件や入社日時を調整します。

もしも、内定後に気持ちが変わり、辞退をしたいと考えている場合も、素直にキャリアアドバイザーに伝えて問題ありません。

リクルートエージェントでは、入社を強制していませんので、内定後でも辞退は可能。

また、現在在籍している会社から引き留めにあってしまった場合も、キャリアアドバイザーが退職の相談に乗ってくれるので安心できます。

リクルートエージェントを退会する手順

リクルートエージェント_評判_退会手順

リクルートエージェントには、2つの退会方法があります。

リクルートエージェントの退会方法
  • 担当のキャリアアドバイザーへ連絡する
  • リクルートエージェントの公式HPにある専用フォームから退会する

キャリアアドバイザーへ連絡をした場合、「退会理由」を質問されるため、予め答えを準備しておくと慌てずに済みます。

また、キャリアアドバイザーへ連絡をしにくい場合は、公式HPの専用フォームを利用して退会するのも一つの手段。

公式HPの専用フォームを利用した場合の退会手順は、以下の通りです。

退会する際の具体的な手続き方法と注意点を詳しく紹介します。

1.公式HPにある「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」をクリック

公式HPの退会フォームを利用してリクルートエージェントを退会する場合、注意をしないといけないことがあります。

それは、「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」は、公式HPのトップページにはないこと。

「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」は、トップページの一番下にある「お問い合わせ」から見つけることができます。

お問い合わせへ進むと、「よくあるご質問Top20」に「転職支援サービスを退会(キャンセル)したいです。」という質問リンクが出現。

質問リンクをクリックすると、「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」が表示されるので、そのまま退会手続きに進みます。

2.「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」に必要事項を入力

「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」をクリックすると、退会前の注意事項が表示されます。

退会前の注意事項を一読したら、「退会(キャンセル)手続きへ進む」をクリック。

すると、以下の登録内容を入力する画面が現れます。

入力する登録内容
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 生年月日

必要事項を入力して、「同意して次へ」をクリックします。

3.「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」の入力内容を確認

転職支援サービス退会(キャンセル)フォームに入力した内容を最終確認します。

この時、入力内容に不備があった場合は、確認の連絡がリクルートエージェントから来る可能性があるので要注意。

入力内容に間違いがなく、退会を希望する場合は、「この内容で送信する」をクリック。

入力内容に誤りがある場合は、「修正する」を選択できます。

4.「転職支援サービス退会(キャンセル)フォーム」を送信して手続き完了

転職支援サービス退会(キャンセル)フォームを送信すれば、退会手続きは完了です。

リクルートエージェントに登録したままにしておくと、求人紹介の連絡が来る可能性があります。

そのため、リクルートエージェントから求人紹介を受けたくない場合は、放置しないでしっかり退会手続きをしたほうが安心です。

リクルートエージェントによくある質問

リクルートエージェント_評判_よくある質問

最後に、リクルートエージェントに関するよくある質問をまとめました。

リクルートエージェントへに登録する前に、不安や疑問を解消しておきましょう。

なぜリクルートエージェントは無料なの?

リクルートエージェントのサービスが無料で利用できるのは、求人企業からコンサルティングフィーと呼ばれる「成功報酬」を受け取っているからです。

つまり、人材を紹介した見返りとして「紹介料」を得ているということ。

ただし、コンサルティングフィーは、ただ求人を紹介しただけではもらえません。

紹介した人材が内定を獲得し、入社をして初めて成功報酬が発生します。

そのため、転職エージェントも成功報酬を得るために、選考を通過しやすくなるように、求職者を懸命にサポートしているのです。

特に、リクルートエージェントには、「入社半年以内で退職したらコンサルティングフィーを企業へ返金」という厳しい決まりがあります。

無理に入社をさせても、すぐに辞められてしまったのでは意味がありません。

そのため、リクルートエージェントでは、転職後もしっかり定着できる適性の高い求人を厳選して紹介しています。

その証拠に、リクルートエージェントを利用した転職者の退職率は4%と低水準。

「じっくり長く働き続けられる仕事」を探してくれる転職エージェントを探している方に向いています。

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職エージェントと転職サイトには、主に以下のような違いがあります。

メリット デメリット
転職エージェント ・書類添削や面接対策で選考通過率がUP
・面倒なスケジューリングや条件交渉を任せられる
・不採用の理由を教えてもらえるので改善点を見つけやすい
・市場に出回らない条件の良い非公開を利用できる
・打ち合わせが多い
・担当者との相性が悪いと活動しにくくなる
・希望していない求人を紹介される可能性がある
転職サイト ・自分のペースで活動できる
・自分が気に入った求人だけ応募できる
・応募先企業との交渉を全部自分で行わないといけない
・自分が不採用になる原因に気付きにくい
・活動方法が自己流になりやすく結果を出せない場合も

転職エージェントと転職サイトには、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらのスタイルがあなたの転職活動に合いそうか、慎重に検討して使い分けることが重要です。

リクルートエージェントは登録だけしても大丈夫なの?

リクルートエージェントは、今すぐ転職をするつもりはないけど、登録だけしておくことも可能です。

ただし、リクルートエージェントのサポートは、「面談から3ヶ月」が基本。

今すぐ転職をするつもりがない場合は、連絡がきた時に事情を伝えておく必要があります。

リクルートエージェントは既卒でも利用できる?

リクルートエージェントは既卒でも利用することは可能です。

ただし、「就業経験がある方」を対象とした求人を多く取り扱っているため、就業経験が全くない方には、求人を紹介できない場合もあります。

そのため、リクルートエージェントは、社会人経験がない方には、利用しにくく感じるかもしれません。

リクルートエージェントは新卒でも利用できる?

リクルートエージェントは、新卒でも利用することは可能です。

ただし、就業経験がない方が応募できる求人数が少ないため、求人状況やスキルによっては、求人紹介を断られてしまう場合があります。

新卒であれば、リクルートエージェントよりも、「リクナビ」の方が応募できる求人が多く、利用しやすいはずです。

登録が断られることはある?

リクルートエージェントでは、登録について制限を設けていません。

ただし、リクルートエージェントでは、「船員」や「港湾運送業務」など一部の職種については求人を取り扱っていません。

そのため、希望する職種によっては、紹介できる求人がない場合もあります。

リクルートエージェントの評判まとめ

リクルートエージェント_評判_まとめ

リクルートエージェントは、総合的に見た時に、以下の点で高い評判を得ています。

リクルートエージェントの評判
  • 地方にも強い豊富な求人数
  • 選考通過率を上げる書類添削や面接対策
  • リクルートグループの信頼性と太いパイプ
  • 求人紹介や企業へ応募する際の対応が早い

一度に大量の求人をチェックできる便利さは、業界トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントならではの魅力。

リクルートエージェントは、サポート内容も充実しているため、転職エージェントを利用するなら、真っ先に登録したい候補の一つです。

リクルートエージェントに足りない部分は、他社の転職サイトを併用してカバーすれば、よりチャンスを広げながら転職活動を進められます。