給料アップしたいなら転職するべき?|成功のための方法や重要ポイントを解説

給料はどうしたらアップする?
給料アップの方法が知りたい!

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

逆に頑張って仕事をしたのに給料が安いとなかなかモチベーションをキープすることも難しいですよね。

給料アップは誰しもが望むことですが、ただ給料交渉してもアップできるとは限りません。

そこで今回は給料アップのための方法や転職で給料アップを目指す時のポイント、給料アップにおすすめの転職サイトなどについて詳しく紹介していきます。

給料が安いと感じるのはなぜ?日本人の給料の相場

給料_アップ_なぜ安いのか?日本人の給料相場

給料が安いと感じる人はここで紹介する日本人の給料の相場を参考にしてください。

日本人の給料の相場

日本の平均給与

日本の平均給与は4,453,314円、中央値は3,967,314円というデータがあります。

男性の平均が4,826,514円、中央値は4,315,314円、女性の平均は3,782,514円、中央値は3,514,914円となっています。

もちろん、年齢は職種によっても平均給与は異なりますが、今の自分の年収が日本全体でどのくらいの位置にあるのかを一つの目安とするのが良いでしょう。

ただし、平均給与は年収1億円以上の人やアルバイトの人も含まれるため、中央値で判断することをおすすめします。

年代別

年代別の平均給与は次の通りです。

年齢 男性 女性
全年齢平均 33.76万円 24.75万円
〜19歳 18.06万円 17.26万円
20〜24歳 21.26万円 20.65万円
25〜29歳 24.79万円 22.96万円
30〜34歳 28.94万円 24.34万円
35〜39歳 32.52万円 25.36万円
40〜44歳 35.87万円 26.41万円
45〜49歳 39.49万円 26.87万円
50〜54歳 42.60万円 27.06万円
55〜59歳 41.95万円 26.65万円
60〜64歳 30.06万円 22.26万円
65〜69歳 25.88万円 20.87万円
70歳〜 25.34万円 21.58万円

出典:「厚生労働省|平成30年度賃金構造基本統計調査 P2

平均して30万円~40万円程度を推移しており、男性と女性でも平均年収が異なります

男性は基本的に何歳になっても企業で働くことが多いため、給料が上がって行く傾向にあります。

女性の場合は結婚や出産などのタイミングで休職したり転職することも多く、男性のように毎年平均年収が上がることは少ないです。

業種別

業界別の平均給与は次の通りです。

*以下の表は横にスクロールできます。

業種分類 全体 男性 女性
金融 455万円 556万円 376万円
メーカー 455万円 489万円 371万円
総合商社 434万円 483万円 359万円
IT/通信 433万円 460万円 379万円
建設/プラント/不動産 416万円 447万円 352万円
メディカル 410万円 494万円 349万円
専門商社 408万円 443万円 344万円
インターネット/広告/メディア 405万円 445万円 364万円
サービス 367万円 405万円 326万円
小売/外食 351万円 386万円 310万円

出典:「doda

業種別の平均給与をみてみると金融・メーカー業界の給料が高いことが分かります。

職種別

職種別の平均給与は次の通りです。

*以下の表は横にスクロールできます。

職種分類 全体 男性 女性
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人) 575万円 604万円 514万円
企画/管理系 529万円 590万円 438万円
技術系(電気/電子/機械) 444万円 452万円 364万円
技術系(IT/通信) 438万円 456万円 385万円
営業系 435万円 462万円 374万円
技術系(建築/土木) 415万円 427万円 358万円
金融系専門職 443万円 603万円 367万円
技術系(メディカル/化学/食品) 390万円 427万円 353万円
クリエイティブ系 372万円 412万円 339万円
事務/アシスタント系 334万円 392万円 318万円
販売/サービス系 324万円 353万円 295万円

出典:「doda

専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)企画/管理系は他の業種よりも平均年収が高い傾向にあります。

給料アップのための方法

給料_アップ_方法

続いて、給料アップのための方法を紹介します。

給料アップを実現させたいなら、次の4つの方法を実践してみてください。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

会社の昇給システムを確認する

給料アップを実現させたいなら、まずは会社の昇給システムを確認してください。

多くの人はどのような決まりや制度で給料がアップするのかがわからない人も多いです。

会社の昇給システムを確認してみて、現実的に昇給できるかどうかを考えれば今の会社で給料アップが実現できる可能性が高いです。

明確な昇給システムに沿って効率的に進めていけば給料アップに期待ができることでしょう。

会社の明確な昇給システムが分かれば給料アップの方法も明確になります。

人事部などに一度確認してみてください

資格を取得しスキルアップ

給料アップしたいなら資格を取得してスキルアップしましょう。

資格を取得すればこれまでとは違った業務を任されることもあり、給料アップに期待ができます。

また、会社によっては資格を取得すれば昇格できる仕組みが明確に定められている場合や、資格取得による手当をもらえることもあります。

特に製造業やIT業では資格がなければいつまで経っても昇給できないことも多いため、まずは取得しやすい資格取得に挑戦してみてください。

また、資格を取得すればスキルアップだけでなく転職での給料アップにも期待ができます

給料を交渉する

給料アップするには給料を交渉することも大切なポイントです。

現在の仕事内容や働きに給料が見合っていない場合は交渉によって給料をアップさせることもできるからです。

あなたの仕事量や働きを人事や上司が正確に判断できていないことも多く、実際にあなたが交渉することであなたへの評価が更新され、給料アップに期待ができます。

ただし、ただ給料アップの交渉をすれば良いというわけではなく、成果を出した時や新しく業務を任されたタイミングなどに交渉するようにしましょう。

しっかり準備できていなければ給料交渉もなかなかスムーズに進められないことも多いです。

より給与の高い業界へ転職する

現在の仕事量と給料が見合っていない場合は、より給料の高い業界へ転職することもおすすめです。

ただし、転職では実際に今の給料よりも下がってしまうケースもあるため、注意が必要です。

給料アップを目指して転職したいと考えている時は、しっかり準備したうえで転職エージェントを活用しましょう。

後程、おすすめの転職エージェントを紹介しますので、参考にしてください。

転職で給料アップを目指す時のポイント

給料_アップ_ポイント

ここからは、転職で給料アップを目指す時のポイントについて紹介します。

転職で給料アップを目指す時のポイントは次の3つです。

それでは、それぞれ詳しく紹介していきます。

自分の市場価値を知る

転職で給料アップを目指すなら自分の市場価値を知ることから始めましょう。

市場価値は自分が働いている業界において自分がどれほどの需要がある人間なのかを確認することです。

市場価値が高ければ高いほどもらえる給料も高くなるのが一般的です。

また、転職する時に違う業界に進む時はその業界での市場価値を把握しておくことも大切なポイントです。

将来性をアピールする

将来性をアピールすることも重要なポイントです。

給料アップを交渉する時、自分はどのくらい会社に貢献できるのか、どのくらいのパフォーマンスが上がるのかをしっかりアピールするようにしましょう。

給料を上げるということは、会社にとってはあなたに投資をすることです。

あなたの給料を上げて会社にどんなメリットがあるのかをしっかり明確にして、会社にアピールすることで給料をアップさせられる可能性が高くなります。

福利厚生や諸手当をもらう

福利厚生や諸手当をもらうことも重要です。

仮に給料アップできなかった場合でも、福利厚生や諸手当をもらえれば実質給料アップに繋がります

福利厚生や諸手当はなかなか見落としがちなポイントでもあります。

ですが、しっかりと確認して諸手当をもらうことで、結果的に給料アップに繋がりますので、一度会社の福利厚生や諸手当を確認してください。

給料アップにおすすめの転職サイト3選

給料_アップ_おすすめ転職サイト

ここでは、給料アップにおすすめの転職サイトを3つ紹介します。

給料アップにおすすめの転職サイトは次の3サイトです。

給料アップにおすすめの転職サイト

それでは、それぞれの特徴について紹介します。

リクルートエージェント

給料_アップ_転職サイト_リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント公式

リクルートエージェントは転職支援実績数No.1の転職サイトです。

非公開求人は10万件以上あり、あなたの強みを一緒に見つけてくれます。

業界最大級の非公開数を誇り、たくさんの求人の中から自分に合った求人を提案してもらうこともできます。

非公開求人は一般的に公開されている求人よりも好条件の求人が多く、今よりも条件が良い企業で働ける可能性が高いです。

非公開求人は人気ですぐに募集がストップしてしまうことも多いですが、リクルートエージェントは10万件以上の求人数があります。

また、リクルートエージェントは各業界に精通したキャリアアドバイザーが希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれるため、自分で求人を探す必要もありません。

希望する求人が見つかれば、添削・面接サポートも実施してくれるため、初めて転職活動をする人でも安心です。

「本番の面接前に、過去の質問例や面接の雰囲気などを教えてもらえたので、しっかり対策を練ることができ、助かりました。」
出典:「リクルートエージェント

*以下の表は横にスクロールできます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能) エージェントサービス
職務経歴書エディター
面接力向上セミナー
担当者面談
公開求人数 公開求人184,187件 / 非公開求人243,243件(2022年4月25日現在)
拠点 全国対応可能
(東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡)
職種 営業・販売経営・企画マーケティング事務系(経理・総務・人事)IT・エンジニア電気・機械科学エンジニア医療・医薬品化粧品コンサルタント建築・土木技術

doda

給料_アップ_転職サイト_doda

出典:doda公式

dodaは転職活動の疑問に応える充実のコンテンツであなたをサポートしてくれる転職サイトです。

dodaは大手中小企業からベンチャー企業までさまざまな幅広い求人を取り扱っており、ユーザーに合った最適な求人を提案してくれます。

また、キャリアアドバイザーが自分の希望する企業との給料・条件交渉も行ってくれるため、給料アップに期待ができます。

他にも、年収査定で自分の給料相場がわかったりなど、求職者に嬉しいサービスがたくさん用意されている点も特徴です。

スカウトサービスでは企業から直接オファーを受け取ることができ、自分のスキルや経験に合った求人が見つかりやすくなります。

「社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。」
出典:「みん評

*以下の表は横にスクロールできます。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能) エージェントサービス
スカウト
パートナーエージェントサービス
転職ノウハウ
転職Q&A
公開求人数 公開求人132,342件(2022年4月25日)
拠点 全国対応可能
(丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州)
職種 営業・企画管理・事務/マーケティング・販売/サービス・コンサルタント/士業・金融専門職・公務員/教員・SE/インフラエンジニア/Webエンジニア・機械/電気・組み込みソフトウェア・建築/土木/不動産/プラント/設備・化学/素材/化粧品・食品/香料/飼育・医療系専門職・クリエイティブ

マイナビエージェント

給料_アップ_転職サイト_マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント公式

マイナビエージェントは求職者の皆様を専任制でサポートし、他社にはないマッチング力で、スムーズに転職活動を⾏えるよう⽀援してくれる転職サイトです。

はじめて転職する方にも安心サポートが充実しており、転職に関する不安や悩みなどもすぐに解消して転職活動を進めることができます。

また、各業界の転職事情に通じた専任アドバイザーが在籍しており、各職種の転職事情や多くの求人の中からあなたに最適な求人を提案してくれる点も特徴です。

企業担当アドバイザーもバックアップしてくれるため、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報を事前に確認し、転職活動を進めることもできます。

「実際にお会いしお話しさせていただいたことで、本当の意味で転職しようと決意することができたと思います。 それはアドバイザーの方が親身になって話しを聞いてくださり、味方になってくれたと思えたから前向きに転職しようと思えたんだと思います。 自分にとって初めての転職で、初めての転職エージェントがマイナビエージェントさんで本当に良かったと思います。コロナの影響で、あと数日対応が遅れていたら私の転職は叶っていなかったと思っており、Tさんには本当に感謝しています。」
出典:「マイナビエージェント

*以下の表は横にスクロールできます。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能) エージェントサービス
履歴書添削サービス
面接対策
サポート期間は無期限
公開求人数 公開求人数36,695件(2022年4月25日)
拠点 京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡
職種 SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)・機械/電気・電子/素材等・営業職・医療系専門職・コンサルタント/監査法人/士業関連・金融専門職・不動産専門職・クリエイティブ・経営/企画/管理/事務・販売/サービス・建築設計/土木/プラント/設備等

給料アップに関するよくある質問

給料_アップ_よくある質問

最後に、給料アップに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

それでは、それぞれ確認していきましょう。

新卒1年目でも給料アップは可能ですか?

新卒1年目でも給料アップはほぼ不可能と言えるでしょう。

ただし、入社してすぐに業務で使えるような資格をたくさん取得したり、今の勤務先よりも高い給料がもらえる企業に転職すれば給料アップも可能です。

新卒1年目は働き始めたばかりということもあり、勤続年数が上がれば自然の給料もアップしていきますので、もう少し様子をみてから検討することをおすすめします。

給料アップはどのくらい実現可能ですか?

給料アップの実現可能率に明確な決まりはありません。

給料をアップさせるためには企業に給料をアップしても良い人材だと思ってもらうことが大切です。

転職をすれば給料アップにも期待ができますが、今の勤務先で何も実績や成果を上げていない場合は給料アップは難しいと言えるでしょう。

転職サイトでどのように給料アップの交渉をすればいい?

転職サイトを利用して給料アップさせるためには、自分で交渉することもできますがアドバイザーに相談することをおすすめします。

転職サイトを活用すればエージェントやアドバイザーが自分の代わりに給料交渉してくれます。

自分の要望を伝えれば、スキルや実績を加味したうえで企業に交渉してくれるため、求職者は要望を伝えるだけで問題ありません

ただし、あまりにも高すぎる条件やスキルと実績に合わない給料だと判断された場合は、給料アップすることができないこともあるため、注意が必要です。

給料アップのまとめ

給料_アップ_まとめ

今回は給料アップのための方法や転職で給料アップを目指す時のポイント、給料アップにおすすめの転職サイトなどについて詳しく紹介してきました。

一般的に給料アップは勤続年数を重ねる度に上がっていきますが、ただ毎日仕事をこなしているだけでは給料が上がらないことも多いです。

自分からスキルアップや資格取得などの行動を起こすことで給料アップの実現ができます

まずは勤務先の昇給システムを確認したうえで、こちらの記事を参考に行動に移してみてはいかがでしょうか。