ゴールドマンサックスの年収は〇〇万円!? 実際の年収について調査!

「ゴールドマンサックスの年収はどのくらい?」

このように考えていませんか?

ゴールドマンサックスは年収が高いことで有名な企業ですから、実際どのくらいの年収がもらえるのか気になりますよね。

そこで、この記事ではゴールドマンサックスの年収について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「ゴールドマンサックスの年収」ざっくり言うと
  • ゴールドマンサックスの年収は平均2100万円程度
  • ゴールドマンサックスは年俸制で「昇進か解雇か」の厳しい世界
  • ゴールドマンサックスの年収はトップレベルに高い
  • ゴールドマンサックスに転職する方法は新卒やキャリア採用など




ゴールドマンサックスとは?

ゴールドマンサックス_年収_とは
ゴールドマンサックスは世界有数の国際金融グループです。

投資銀行業務を中心に行っており、世界中の主要金融都市に現地法人を作っており、もちろん日本法人もあります。

歴史が長く規模も大きい会社であるため、事業内容も多く、扱っている金融商品も株式、債権、通貨、不動産などさまざまです。

これから下で詳しく解説しますが、非常に年収が高い企業として知られています。




ゴールドマンサックスの年収は?

ゴールドマンサックス_年収_年収
ゴールドマンサックスの年収は平均にすると2100万円程度で、他の会社と比べると圧倒的に高くなっています。

しかし、ゴールドマンサックスの年収は、もちろん以下のような年齢や職位によって異なります。

それぞれの年齢や職位別の平均年収について詳しく見ていきましょう。

ただし、ゴールドマンサックスは日本では上場していないため、正確な年収が公開されているわけではありません。

そのため、あくまで参考値になります。

新卒の年収

ゴールドマンサックスは新卒も募集していますが、新卒の場合には、年収は約900~1500万円程度です。

いきなりかなり高い金額ですね。

厚生労働省によると、令和元年の大学卒の初任給は202万円であり、これと比べて明らかに高いことがわかります。

ちなみに、新卒でゴールドマンサックスに入社した場合、基本的に3年程度は一番下の職位であるアナリストとして働きます。

30代の年収

ゴールドマンサックスの30代の年収は平均して1500~2000万円程度とされています。

ゴールドマンサックスは外資系らしく完全出来高制で実力主義であるため、年齢が上がったからといって必ずしも給料が上がるわけではないのですが、20代と比べるとかなり高くなります。

詳しくは下で説明しますが、ゴールドマンサックスでは「昇進か解雇か」の2択になるような厳しい世界であるため、30代まで残る人は社内でも優秀な人材になります。

そのため、平均年収も高くなっていると考えられます。

ちなみに、30代の平均年収は440万円程度とされているため、ゴールドマンサックスの年収は同年代の平均の3~4倍程度ということになります。

40代の年収

ゴールドマンサックスの40代の年収は平均して1800~2500万円程度です。

40代にもなると独立したりこれまでのキャリアを活かして転職したりする方も多く、社内に残る人は少なくなってきます。

ちなみに、40代の平均年収は510万円程度であり、相変わらずかなり高い印象です。




50代の年収

ゴールドマンサックスの50代の年収は2000~2500万円程度とされています。

40代と50代の年収はそこまで大きく変わるわけではないようです。

なお、50代の平均年収は610万円程度と言われています。

日系企業は年功序列のことも多いため、40代と比べると年収差はやや縮まる結果になります。

アナリストの年収

アナリストの平均年収はフロントオフィスの場合には800~1500万円程度、バックオフィスの場合には600~900万円程度になります。

アナリストは新卒などでの入社当初のポジションで、いわばスタートポジションと言える職位です。

人によりますが、新卒として入社した場合には、1~3年目はアナリストとして過ごす方が多いようです。

アソシエイトの年収

アソシエイトの平均年収はフロントオフィスの場合には1500~3000万円、バックオフィスの場合には900~1500万円です。

アソシエイトは基幹業務を担う役割で、自己裁量権がない平社員のことを指します。

新人ではなくなった、1人前の社員というイメージと考えるとわかりやすいでしょう。

4~6年目をアソシエイトとして過ごす方が多いようです。

ヴァイスプレジデントの年収

ヴァイスプレジデント(VP)の年収はフロントオフィスの場合には2000万円~、バックオフィスの場合には1500~2500万円程度とされています。

ヴァイスプレジデントは日本の会社で言うと、課長や係長クラスの役割になります。

この時期になると自分の業務を遂行する能力だけでなく、マネジメントの能力も求められるようになります。

マネージング・ディレクターの年収

マネージング・ディレクター(MD)の年収はフロントオフィスの場合には5000万~数億円、バックオフィスの場合には3000~5000万円程度になります。

マネージング・ディレクターは日本の会社で言うところの部長・常務クラスの役職になります。

マネージング・ディレクターは実力により、いつなれるかはかなり変わります。

特にマネージング・ディレクターのフロントオフィスの場合には、年収が10億円を超えるケースも存在するようです。




ゴールドマンサックスの給与体系の3つの特徴

ゴールドマンサックス_年収_特徴
ゴールドマンサックスの給与体系には以下の3つのような特徴があります。

ゴールドマンサックスの給与体系の3つの特徴

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:Up or Out

ゴールドマンサックスの給与体系の特徴としてまず挙げられるのは「Up or Out」という考え方です。

Up or Outは外資系企業ではよくある考え方で、簡単に言えば「昇進するか、さもなくば退職するか」という考え方です。

ゴールドマンサックスでは結果を出せば昇進でき、高い給料を支払ってもらえるものの、いつまでも昇進できない場合には、会社に居続けることが難しくなっています。

ただ、必ずしも自主退職を促される場合だけでなく、他の会社で自分のこれまでの経験を活かすために転職する場合も多くあるようです。

ゴールドマンサックスのような高年収で入社するのが難しい会社では成長意欲が高い人が集まるため、次の道を探す人も多いのです。

特徴②:年俸制

ゴールドマンサックスの給与体系の特徴としては年俸制も挙げられます。

年俸制とは、あらかじめ年間の給与を設定し、年間報酬を12ヶ月に分割して毎月支給する形式の制度です。

年俸制は実力主義と相性がよく、年俸の大きさを決定するのは年齢するのはこれまでに出した結果や個人の能力になります。

年俸制は外資系投資銀行やスポーツ業界など、労働時間を測るのが難しい企業で採用されていることが多いです。

特徴③:ボーナスあり

ゴールドマンサックスの給与体系の特徴としては、ボーナスがあることも挙げられます。

ゴールドマンサックスの年俸にはボーナスは含まれていません。

ボーナスは各従業員が出した結果や会社の業績などを考慮して決定されるため、人によりかなり異なるようです。

ゴールドマンサックスではボーナスの割合が大きく、年俸よりもボーナスが大きくなることもあるようです。




実際どう?ゴールドマンサックスの年収に関する口コミをまとめてみた!

ゴールドマンサックス_年収_口コミ
ゴールドマンサックスの年収について、実際に働いていた人や、今在籍している人はどのように感じているのでしょうか。

この見出しでは、ゴールドマンサックスの年収について実際の口コミを見ていきたいと思います。

給与制度:基本給は初めの3年はそこそこのペースで上がる。アソシ以降は緩やかに上がる。賞与についてはジュニアのうちだとほぼ差が付かず、あってもせいぜい100~200万程度の差程度に賞与部分が圧縮されているのが近年の状況。VP以降は知らないが、ボーナスコミュニケーション後の個室での嘆きが毎年1月の風物詩となっている

評価制度:何回か改定はあったものの、基本的には360度評価。案件を一緒にやっていて自分をよく評価してくれそうな上司・部下を6~8人程度選び、評価してもらう形式

出典:openwork

給与制度:
給料は一般のIT企業にくらべると高い。最近はGAFA等の企業に対抗するため新卒の給与がとても上がったらしいが5年目くらいまでの給料は新卒に抜かれたと聞く。そういった事から出る不満を考慮しない組織という認識はした方が良い。
年やパフォーマンスにもよるが基本的にベースが多くボーナスは1,2割ほどのバランス。年によってはボーナス0の人も居る。
給与更改時に「去年はxで会社の業績が良くなかったため」という発言を数年連続で聞いているが、もう過去のような業績は残せない企業になったのだと認識した方が良い。

評価制度:
360度評価で自分で選んだ数人に評価をお願いする。年によって人数や評価方式は変わるが、大体自分の認識と大差のないフェアな評価を受けられる。

出典:openwork

360度評価で、評価してもらう相手を選び、上司に承認してもらう。実質的には普段よく働く人からの評価になり、フェアだと感じていたし、チームワークを助長する良い制度だと思っていた。
KPIが数値として出ての評価ではないので、中には不当に感じる人もいるかもしれない。

出典:openwork

新卒3年目、年収900万円~1100百万円。
タクシー代の支給もあるが使わないので貯まる。
基本的にオフィス(六本木)付近に住まなければ、毎晩タクシー帰りになってしまうケースも有るので、可能な限り近く住む人が多い。生活費コストは上がるが、その分給与で賄われる。専属のスターバックスが有り、ジムも完備されている。忙しい中で運動をする同僚も非常に多く、帰国子女や数学オリンピック出場者など優秀な人が非常に多い。新卒組もいるが、中途組がどちらかというと経験も多く強いイメージが有る。

出典:openwork

社内のタイトルはアナリスト、アソシエイト、ヴァイスプレジデント、マネージングディレクターの4つが基本。VPの場合、基本給2,000-2,500万円+ボーナス、MDの場合は基本給3,500-4,000万円+ボーナスというイメージ。VP以上のオフィサーはボーナス部分が現金、退職金、株に3分割され、最近は不況の煽りもあって現金で支給される金額はさほど大きくない。上記の年収例は退職金や株なども含んでおり、実際の所得はぐっと少なくなる。株も全て受け取るためには6年程度かかる。

出典:openwork




ゴールドマンサックスの年収についてよくある質問

ゴールドマンサックス_年収_質問
ゴールドマンサックスの年収についてよくある質問としては、以下のようなものが挙げられます。

それぞれの質問とその答えについて詳しく見ていきましょう。

ゴールドマンサックスの年収は高い?

ゴールドマンサックスの年収は他の企業に比べて極めて高いです。

ゴールドマンサックスの平均年収は2100万程度と言われていますが、これははっきり言って異常な数値です。

上場企業でも、平均年収が2000万円を超える企業は片手で数えられるほどしかありません。

単純に年収だけを考えるなら、ゴールドマンサックスは極めて優秀な企業でしょう。

ゴールドマンサックスの福利厚生は?

ゴールドマンサックスには以下のような福利厚生があります。

ゴールドマンサックスの福利厚生
  • 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など、各種保険制度
  • 借り上げ社宅制度
  • チャイルドケアプログラミング
  • フィットネスジム
  • クラブ活動
  • 各種研修

この中でも特に注目したいのは住宅の借り上げ制度です。

ゴールドマンサックスでは、会社が社員の家を借り上げて、家賃の分を給与から天引きしてくれます。

この制度は一見何の意味もないように見えますが、給与を減らすことで節税ができるようになっています。

ゴールドマンサックスに勤めるような高給取りは所得税や住民税の負担が大きいですから、家賃の分給与が減ることで大きな節税になるのです。

ゴールドマンサックスはその他の福利厚生も充実しており、子供がいたりLGBTだったりしても心地よく働くことができます。

ゴールドマンサックスで年収1000万円は現実的?

ゴールドマンサックスで年収1000万円はかなり現実的です。

多くの会社では年収1000万円まで到達できる人はごくわずかですが、ゴールドマンサックスの場合には新卒3年目くらいまでには1000万円に到達できている可能性が高いです。

ただ、上でも述べたとおり、ゴールドマンサックスでは結果を出せなければ会社を去るしかないため、新卒5年目を迎えること自体が他の会社と比べて難しいです。

ゴールドマンサックスは年収に対して激務?

ゴールドマンサックスが年収に対して激務かどうかは議論の分かれるところでしょう。

ゴールドマンサックスは他の会社と比べると激務ではありますが、それ以上に他の会社と比べて年収が高くなっています。

そのため、年収を考えれば、ゴールドマンサックスの業務量は妥当と言えるでしょう。




ゴールドマンサックスの企業情報

ゴールドマンサックス_年収_企業情報
この見出しではゴールドマンサックスの企業情報について、以下の項目に分けて見ていきましょう。

ゴールドマンサックスの企業情報

基本情報

ゴールドマンサックスの基本情報は以下のようになっています。

会社名 ゴールドマン・サックス証券株式会社
代表取締役 持田 昌典
住所 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー
社員数 約800人
資本金 836億1,600万円

事業内容

ゴールドマンサックスでは外資系投資銀行としての業務を行っています。

具体的な業務内容については以下のとおりで、下で詳しく説明しています。

企業文化

ゴールドマンサックスは完全実力主義の会社です。

そのため、年齢が上がっても給与が上がるわけではありませんが、実力があればどんどん昇進してどんどん高収入を得られます。

また、ゴールドマンサックスではチームワークを大切にしていて、コミュニケーション能力も求められます。

ワークライフバランス

上でも説明しましたが、ゴールドマンサックスのワークライフバランスは決して良いとは言えません。

給料が高い分、一人ひとりに与えられる業務量はかなり多くなっているようです。

離れた場所に住んでいると毎日タクシー帰りになる可能性があるため、会社の近くに住んで仕事をしている方が多いようです。




ゴールドマンサックスに転職・就職する6つの方法

ゴールドマンサックス_年収_方法
ゴールドマンサックスに転職・就職する方法としては、主に以下の6つが挙げられます。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:新卒採用

ゴールドマンサックスでは新卒採用を行っています。

実際の採用基準は公開されていませんが、かなりの高収入が得られることから人気はかなり高く、入社難易度はかなり高いです。

あくまで傾向ではありますが、ゴールドマンサックスに勤める社員の出身大学は東大、京大、早慶などの難関大学が多いようです。

方法②:キャリア採用

ゴールドマンサックスではキャリア採用も行っています。

キャリア採用では職種ごとの募集となっているため、自分が希望する職種があるかあらかじめ確認しておきましょう。

ゴールドマンサックスのキャリア採用では募集要項が英語になっており、高い英語力を持っていることが前提になっているようです。

方法③:スカウトサービスから応募する

ゴールドマンサックスに入る具体的な方法としてまず挙げられるのはスカウトサービスから応募することです。

スカウトサービスとは、登録すると各会社からスカウトを受けられるサービスです。

うまくすれば、ゴールドマンサックスからスカウトを受けられるかもしれません。

ただし、スカウトを受けたからといって、必ず働けるわけではないので注意しましょう。

方法④:ヘッドハントを受ける

ゴールドマンサックスに入る具体的な方法としてはヘッドハントを受けることも挙げられます。

ゴールドマンサックスには優秀な人にどんどん声をかけていくリクルーターがいます。

そのため、知り合い関係、スカウトサービスなどを経由して、ヘッドハントが受けられることもあります。

方法⑤:転職エージェントを利用する

ゴールドマンサックスに入る具体的な方法としては、転職エージェントを利用することも挙げられます。

ゴールドマンサックスなどの外資系企業は優秀な人材を確保するため、転職エージェントの非公開求人になっていることも多いです。

そのため、転職エージェントを利用するとゴールドマンサックスの求人を紹介してもらえる可能性があります。

方法⑥:コーポレートサイトから応募する

ゴールドマンサックスに入社する一番確実な方法はコーポレートサイトから応募することです。

入社難易度は高いですが、コーポレートサイトから応募すれば、とりあえず選考を受けることはできます。




ゴールドマンサックスの業務内容

ゴールドマンサックス_年収_業務内容
ゴールドマンサックスの業務内容には以下のようなものが挙げられます。

それぞれの業務内容について詳しく見ていきましょう。

投資銀行業務

ゴールドマンサックスの業務内容としてまず挙げられるのは投資銀行業務です。

投資銀行とは、日本で言うところの証券会社のようなものです。

ゴールドマンサックスでは企業の資金調達をサポートしたり、M&Aのサポートをしたり、債権引受業務を行ったり、幅広い事業を行っています。

証券業務

ゴールドマンサックスでは証券業務も行っています。

機関投資家や金融機関などを中心として、株式、債権、証券化商品などさまざまな投資商品を提供しています。

投資業務

ゴールドマンサックスでは投資業務も行っています。

具体的には、資金を必要としている会社やプロジェクトと、その会社やプロジェクトに投資したい投資家を結びつけるサービスを展開しています。

たとえば、ゴールドマンサックスではダイレクト・プライベート投資というサービスを行っています。

資産運用業務

ゴールドマンサックスでは資産運用用務も行っています。

このうち、投資信託業務ではさまざまな投資信託を顧客に提供しています。

また、投資顧問業務では機関投資家に対して資金運用サービスを提供しています。

投資調査業務

ゴールドマンサックスでは投資調査業務も行っています。

投資調査業務では、数々の投資商品についての調査を行い、その結果を顧客に対して提供しています。




ゴールドマンサックスに転職する時に役立つハイクラス向け転職エージェント3選

ゴールドマンサックス_年収_ハイクラス
ゴールドマンサックスのような高収入の人材が集まる企業に転職する時には、給与が高い求人を専門的に扱うハイクラス向け転職エージェントが役に立ちます。

ハイクラス向け転職エージェントの中でも特におすすめなのは以下の3つです。

ゴールドマンサックスに転職する時に役立つハイクラス向け転職エージェント3選

それぞれのハイクラス向け転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

ビズリーチ

ゴールドマンサックス_ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型の転職サイトです。

求職者の登録と企業の求人掲載のどちらにも事前審査を行うことで、質の高いサービスを提供しています。

基本的なサービスは無料で利用できますが、一分機能は有料サービスを使うことで初めて利用できます。

JACリクルートメント

ゴールドマンサックス_JAC

JACリクルートメントは外資系のハイキャリア向け求人が多い転職エージェントです。

キャリアコンサルタントは高い専門知識を持つエキスパートで、きっとあなたの転職を成功に導いてくれます。

ロンドン発祥の転職エージェントらしく、グローバルに活躍できる求人を多く揃えています。

キャリアカーバー

ゴールドマンサックス_キャリアカーバー

キャリアカーバーは人材大手のリクルートが運営するハイキャリア向けの転職エージェントです。

2500名以上の一流ヘッドハンターからヘッドハントを受けることができます。

レジュメを登録したら、スカウトを待つだけで好条件の求人情報を得られます。

ゴールドマンサックスの年収のまとめ

ゴールドマンサックス_年収_まとめ
ゴールドマンサックスの年収は2100万円程度です。

ゴールドマンサックスの年収を年齢・職位別にまとめると以下のようになります。

新卒 約900~1500万円程度
30代の年収 1500~2000万円程度
40代の年収 1800~2500万円程度
50代の年収 2000~2500万円程度
フロントオフィス バックオフィス
アナリスト 800~1500万円程度 600~900万円程度
アソシエイト 1500~3000万円 900~1500万円
ヴァイスプレジデント 2000万円~ 1500~2500万円程度
マネージング・ディレクター 5000万~数億円 3000~5000万円程度

ゴールドマンサックスの給与体系には以下のような特徴があります。

ゴールドマンサックスの給与体系の3つの特徴

ゴールドマンサックスの転職・就職する方法としては、主に以下の6つが挙げられます。

ゴールドマンサックスの業務内容としては以下のようなものが挙げられます。

ゴールドマンサックスに転職する時に役立つハイクラス向け転職エージェントの中でもおすすめなのは以下の3つです。

ゴールドマンサックスに転職する時に役立つハイクラス向け転職エージェント3選