年収500万の生活水準はどのくらい?手取りから節約方法まで解説

「年収500万円の手取りはどのくらい?」
「年収500万円の生活レベルはどのくらい?」

このように考えていませんか?

この記事を読んでいる方の中には、年収500万円の方もいれば、そうでない方もいると思います。

どちらの場合でも、年収500万円の実態については気になりますよね。

そこで、この記事では年収500万円の手取りから生活レベルまで詳しく見ていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

「年収500万」ざっくり言うと
  • 年収500万円の手取りは約400万円
  • 年収500万円の割合は約10%
  • 年収500万円では大体のことができる
  • 年収500万円の方におすすめの節約術は家計簿をつけることなど
  • 年収500万円の方におすすめの節税術はふるさと納税など

年収500万円の手取りは?

年収500万_手取り
年収500万円の手取りは約400万円です。

これは月収に換算すると33万円程度になります。

なお、これはボーナスなしで考えた場合なので、賞与などがある場合にはやや数値が変わります。

ちなみに、手取りが年収よりも少ないのは、私達が実際に受け取れる金額から、所得税、住民税、社会保険料が天引きされているからです。

年収500万円の割合はどのくらい?

年収500万_割合
日本の平均年収は約436万円(※民間給与実態統計調査による)と言われていますので、年収500万円は平均よりやや上の給与ということになります。

同じく民間給与実態統計調査によると、年収500万円台の人は全体の約10%になります。

また、年収が500万円を超えている人は約30%ほどになります。

全体の構成割合から見ると、年収500万円というのは十分高いと言えるのではないでしょうか。

ただ、給与は以下のような要素で大きく変わるため、年収500万円がどの程度のものなのかは場合によって異なります。

年収500万円の割合はどのくらい?

それぞれの場合の年収500万円の割合について詳しく見ていきましょう。

年齢別

年収500万_年齢別
一般的に、年収は年齢とともに上がっていきます。

年齢別の平均年収は以下のように推移していきます。

年代 平均年収
20代 348万円
30代 444万円
40代 510万円
50代以上 613万円

このデータから考えると、40代なかばあたりで年収500万円に到達するのが普通のようです。

そのため、40歳未満で年収500万円に到達しているのであれば、十分平均以上と言えるでしょう。

性別

年収500万_性別
年収は性別でも大きく変わり、一般的に女性は男性よりも給与が少ない傾向にあります。

その証拠に、平均年収を性別・年代別に見てみると以下のようになります。

年代 男性平均年収 女性平均年収
20代 371万円 321万円
30代 484万円 377万円
40代 573万円 403万円
50代以上 661万円 431万円

男性では40代になると平均年収が500万円を超えるのに対して、女性ではどの年齢層でも平均年収が500万円を超えないのです。

そのため、女性の場合にはどの年齢でも年収500万円は自慢できる値と言えるでしょう。

業種

年収500万_業種
年収は、実は業種によっても変わってきます。

業種の中には、明らかに利益を出しにくいものから、利益を出しやすいものまで存在します。

そして、利益を出しやすい業界ほど、従業員の給与は高くなる傾向にあるからです。

平均年収を業界別に分類すると、主に以下のようになります。

年代 全体平均年収 男性平均年収 女性平均年収
メーカー 453万円 492万円 366万円
金融 448万円 540万円 370万円
総合商社 446万円 487万円 376万円
IT/通信 444万円 471万円 386万円
メディカル 426万円 510万円 357万円
建設/プラント/不動産 418万円 451万円 349万円
インターネット/広告/メディア 407万円 448万円 364万円
専門商社 406万円 443万円 343万円
サービス 369万円 405万円 328万円
小売/外食 353万円 390万円 309万円

業種によって平均年収がかなり変わるのがわかるでしょう。

たとえば男性の場合、金融系の会社に勤めている場合には、他の業種の場合と比べて高い給料を得られる可能性が高くなります。

【場合別】年収500万円の生活レベル

年収500万_生活レベル
年収500万円の生活レベルはもちろん人によって異なります。

しかし、目安を知っておくことは大切です。

そこで、この見出しでは以下の4つに分けてどのような生活レベルの目安を見ていきましょう。

実家暮らしの場合

年収500万_実家暮らし
実家暮らしの場合、年収500万円もあればかなり余裕がある生活を送れるでしょう。

ブランド物で散財したり、ギャンブルや投資などで大損したりしない限り、貯金をしつつ自分が欲しい物を買える生活が送れると思われます。

年収500万円もあるなら実家にお金は入れているかと思いますが、やはり住居費がかからず、実家の家具などを共用で使えるのは大きいです。

すべての生活パターンの中でも、特に実家暮らしは貯金しやすいため、将来のために今のうちにお金を貯めておくと良いでしょう。

実家暮らしの家計の例

支出 収入
給料 33万円
家賃 5万円(※実家へ入れるお金)
食費 1万円
水道光熱費 0円
通信費 1万円
交際費 2.5万円
雑費 2万円
貯金 21.5万円

一人暮らしの場合

年収500万_一人暮らし
一人暮らしの場合も、年収500万円であれば、余裕がある生活を送れる場合が多いでしょう。

家についても、都心の人気エリアでも十分生活していける水準です。

貯金も十分可能でしょう。

収入があるなら、自分の時間を作ることを優先して、会社の近くに住むのがおすすめです。

一人暮らしの家計の例

支出 収入
給料 33万円
家賃 7万円
食費 3万円
水道光熱費 1万円
通信費 1万円
交際費 2.5万円
雑費 2万円
貯金 16.5万円

配偶者がいて子供がいない場合

年収500万_配偶者子供なし
配偶者がいて子供がいない場合、たとえ配偶者の収入が0でも家計をまかなえる可能性は高いです。

ただ、住むエリアによっては貯金をするのが大変になる場合もあります。

2人が住むなら、今までよりも広い物件に移る必要がありますし、配偶者を養う必要もあるからです。

一方、配偶者がパートなどで収入がある場合や、同じように正社員などとして働いている場合には、一人暮らしの時よりも生活に余裕が出てくる可能性もあります。

配偶者がいて子供がいない場合の家計の例

支出 収入
給料 33万円
家賃 8.5万円
食費 3万円
水道光熱費 1.5万円
通信費 1.5万円
交際費 4万円
雑費 3万円
貯金 11.5万円

配偶者がいて子供がいる場合

年収500万_配偶者子供あり
配偶者がいて子供がいる場合の生活レベルも、配偶者の収入によって変わります。

仮に配偶者が専業主婦(主夫)の場合には、節約を意識しないと家計が赤字になってしまう場合もあります。

子供の食費や教育費、もしものための保険など、これまでよりお金がかかる部分が増えるからです。

また、配偶者がパートで収入を獲ている場合には、ある程度生活に余裕を持たせられる場合はあります。

また、配偶者があなたと同等の収入を得ているのであれば、多めに貯金して将来に備えることも難しくないでしょう。

配偶者がいて子供がいる場合の家計の例

支出 収入
給料 33万円
家賃 10万円
食費 5万円
水道光熱費 2万円
通信費 2万円
交際費 4万円
雑費 4万円
貯金 6万円

年収500万円でできること・できないこと

年収500万_できること
この見出しでは、年収500万円で何ができるか・何ができないか見ていきます。

結論、年収500万円であれば大抵のことは十分実現可能です。

以下の6つのことができるかどうか、詳しく見ていきましょう。

貯金:可能

年収500万_貯金
年収500万円で貯金は可能です。

少なくとも、節約を意識すれば、配偶者の収入が0で子供がいる場合にも、毎月の家計を黒字にすることは可能です。

仮に独身で年収500万円もあるのであれば、よほど浪費家でなければ、お金のことを気にしなくても勝手に貯金ができる可能性もあります。

年収500万円もあるのであれば、将来に備えて貯金をしておくのが正解と言えます。

賃貸:十分可能

年収500万_賃貸
年収500万円で賃貸の部屋を借りるのは十分可能です。

一般的に、賃貸で借りる家賃の目安は月収の25~30%程度と言われています。

年収500万円の手取り月収は33万円程度ですから、家賃の目安は8~10万円程度です。

8~10万円もあれば、一人暮らしであれば都心で十分生活していける水準でしょう。

配偶者と生活する場合も、会社からそこまで遠くない場所に賃貸を借りれる可能性は高いと言えます。

結婚:可能

年収500万_結婚
年収500万円で結婚するのは可能です。

そもそも、結婚は年収に関係なく可能です。

特に年収500万円であれば、たとえ相手に収入がなくても十分生活していけるでしょう。

ちなみに、年収500万円は平均よりも高いため、40歳未満であれば、婚活市場でも十分戦えます。

子供を産まない場合は特に将来のことを考えても生活していける場合が多いですが、子供を産むのであれば、今のうちに貯金を作っておくのが得策と言えます。

車の購入:十分可能

年収500万_車
年収500万円で車を購入するのは十分可能です。

高級車ともなると話は別ですが、普通の価格帯の車であれば、十分購入可能です。

これまでの貯金次第では、ローンを組むことなく車を買うこともできるかもしれません。

ただ、車は購入費用だけでなく、維持費も年間50万円程度かかります。

維持費まで考慮に入れて、今の生活に本当に必要なのか検討した上で車を購入しましょう。

マイホームの購入:可能

年収500万_マイホーム
年収500万円でマイホームを購入するのは十分可能です。

年収500万円であれば、20~35年程度の返済期間で3000万~5000万円程度の住宅ローンを組むことができます。

そのため、それなりに値が張るマイホームも購入可能です。

ちなみに、近年、大手住宅メーカーを中心として、1000万円程度で購入できる住宅も出てきています。

年収500万円であれば、短期間の住宅ローンで購入できる可能性もあるのです。

子育て:十分可能

年収500万_子育て
年収500万円で子育てをするのは十分可能です。

子供の人数にもよりますが、たとえば一人っ子であれば、それなりにお金をかけて子育てをすることもできるでしょう。

配偶者の収入次第ではありますが、子供を2~3人育て上げることも全然不可能ではありません。

ちなみに、日本には児童手当などの支援制度も充実しています。

児童手当では以下のような金額を支給してもらえますので、積極的に活用すると良いでしょう。

支給対象年齢 月あたり支給額
0~3歳未満 1.5万円
3歳~小学校修了前 第2子まで:1万円
第3子以降:1.5万円
中学生 1万円

年収500万円の方におすすめの9つの節約術

年収500万_節約術
年収500万円の方におすすめの節約術は主に以下の9つです。

それぞれの節約術について詳しく見ていきましょう。

家計簿をつける

年収500万_家計簿
年収500万円の方におすすめの節約術としてまず挙げられるのは、家計簿をつけることです。

「家計簿をつけるだけで節約できるの?」と疑問に思われた方もいるかもしれませんが、家計簿は多くの方が思っている以上に強力な節約手段です。

家計簿をつけていると、お金を使いすぎてしまった時や、貯金できる額が少なくなってしまった時に「もっと節約しよう」と考えて、財布のひもが固くなるからです。

家計簿をつける時には、貯金額などを事前に決めておくと今月使いすぎてしまったのかわかりやすいです。

「家計簿をつけるのは面倒!」と考えている方は、生活費専用の銀行口座を作るなどして、家計の状況を大まかに把握できるようにしておきましょう。

生活費専用の口座を作って、生活費はその中から出すことで、銀行残高から家計の状況を把握できるようにするのです。

親と同居する

年収500万_同居
年収500万円の方におすすめの節約術としては、親と同居することも挙げられます。

親との同居は、数ある節約術の中でも、特に効果的なものです。

親と同居することで住居費や光熱費を削減できるだけでなく、家具などを共用で使えるからです。

実家に入れる額にもよりますが、多くの場合、親と同居していたほうが経済的なメリットは大きいでしょう。

特に独身の場合、一人暮らしは出費が多くかかりがちなので、親が許せば実家に住むことをおすすめします。

格安SIMにする

年収500万_格安SIM
年収500万円の方におすすめの節約術としては、格安SIMにすることも挙げられます。

特にこれまでスマホ代に6000円以上払ってきた人は間違いなく格安SIMにすることで通信費を大きく削減できます。

「通信速度が落ちるのが嫌だ」という場合には大手キャリアから最近発表されたahamo、povo、LINEMOにするだけでもかなりの節約になります。

通信費は毎月かかる上に、それなりに料金も高いですから、少しでも節約しておくのがおすすめです。

ポケットWi-Fiのみにする

年収500万_ポケット
年収500万円の方におすすめの節約術としては、ポケットWi-Fiのみにすることも挙げられます。

多くの方は、家では光回線、外出先ではスマホの通信回線を使っているものと思います。

しかし、ポケットWi-Fiを使うことでこの2つの料金を一本化し、安く抑えることができるのです。

ポケットWi-Fiは専用の機器さえ持ち歩けば、家でも外でもネット通信が可能だからです。

保険を見直す

年収500万_保険
年収500万円の方におすすめの節約術としては、保険を見直すことも挙げられます。

そもそも、多くの日本人は保険に入りすぎていて、必要のない保険に加入している人も少なくありません。

本当に必要な保険だけに厳選することで、保険料金を削減することが可能です。

知識がない場合には、保険相談窓口などを訪れるのもおすすめです。

ガス・電気料金を見直す

年収500万_ガス
年収500万円の方におすすめの節約術としては、ガス・電気料金を見直すことも挙げられます。

現在では電気やガスが自由化されており、地域によって最安値の事業者は異なります。

そのため、電気やガスの料金を見直すことで、毎月かかる光熱費を削減できる可能性があります。

自炊する

年収500万_自炊
年収500万円の方におすすめの節約術としては、自炊することも挙げられます。

特に複数人で生活している場合、自炊にするとかなりの節約ができます。

食費は間違いなく毎日かかるものですから、節約を意識するなら自炊にしてその分を貯金や好きなことに使うお金に回すと良いでしょう。

水筒を持ち歩く

年収500万_水筒
年収500万円の方におすすめの節約術としては、水筒を持ち歩くことも挙げられます。

これは節約術の中でも、特に気軽に取り組める上に、効果も意外に高いのでおすすめです。

水筒を持たずに生活している場合、水を飲みたくなった時にはペットボトル飲料を購入することになります。

ペットボトル飲料1本1本は高くありませんが、毎日のように買っていると月々でかかっている金額は馬鹿にできません。

一方、水筒で生活していれば、お金は水道代などしかかからないため、非常にリーズナブルです。

水道水を水筒に入れて持ち歩くのも良いですが、家で麦茶や紅茶などを作るのも良いでしょう。

シャワーヘッドを交換する

年収500万_シャワーヘッド
年収500万円の方におすすめの節約術としては、シャワーヘッドを交換することも挙げられます。

節水をできるシャワーヘッドにすることで、風呂で使う水を減らすことができ、水道代の削減を実現できます。

ただ買って取り付けるだけで手間がかからないので、手軽でおすすめの節約術です。

年収500万円の方におすすめの3つの節税術

年収500万_節税術
年収500万円の方におすすめの節税術は主に以下の3つです。

年収500万円の方におすすめの3つの節税術
それぞれの節税術について詳しく見ていきましょう。

ふるさと納税

年収500万_ふるさと納税
年収500万円の方におすすめの節税術としてまず挙げられるのは、ふるさと納税です。

ふるさと納税では、自己負担2000円、その他は自分が払っている税金を使って買い物ができるサービスです。

全国の返礼品の中から好きなものを買えますので、野菜やお米など生活に必要なものを買うことで、家計を助けることができます。

ちなみに、年収によってふるさと納税に使える金額は決まっているので注意しましょう。

iDeCo

年収500万_iDeCo
年収500万円の方におすすめの節税術としては、iDeCoも挙げられます。

iDeCoでは、節税しながら老後に備えることができます。

iDeCoでは自分で月々の金額を定めて納付していくことで、60歳になった時に年金形式で受け取れるからです。

ただ老後に備えられるだけでなく、iDeCoでは税制上の優遇措置も受けることができます。

NISA

年収500万_NISA
年収500万円の方におすすめの節税術としては、NISAも挙げられます。

NISAでは、毎年一定の金額内であれば投資による利益に対して税金がかからなくなるという制度です。

毎年120万円までの非課税枠を5年間に渡って利用することができます。

また、20年間で毎年40万円までの金額を非課税にできるつみたてNISAという制度もあります。

年収500万円の人が収入を増やす6つの方法

年収500万_方法
年収500万円の人が収入を増やす方法は主に以下の6つです。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:昇進する

年収500万_昇進
年収500万円の人が収入を増やす方法としてまず挙げられるのは、昇進することです。

社内で努力が認められて昇進すれば、役職手当がつくことで年収を上げることができます。

今の会社が好きな場合には、特に目指したい給料UPの方法と言えます。

また、昇進できなくても、会社で結果を出して人事評価を上げることで年収を上げられる場合があります。

方法②:転職する

年収500万_転職
年収500万円の人が収入を増やす方法としては、転職することも挙げられます。

これは、今の会社に不満がある場合や、社内で思ったように評価されていない場合、自分がやりたいことと会社でできることが違う場合に使いやすい方法です。

特に社内評価よりも転職市場での評価のほうが高い人の場合、転職すると給料が急激に上昇する可能性もあります。

特にまだ若い場合には、転職も積極的に考えると良いでしょう。

方法③:副業する

年収500万_副業
年収500万円の人が収入を増やす方法としては、副業することも挙げられます。

最近は、副業を容認する会社も増えてきています。

副業での収入UPは大きなインパクトがない場合も多いものの、副業が本業の収入を超えてしまう場合も存在します。

特に会社で勤務している時間以外に、プライベートな時間を多く取れている場合には、副業を始めると収入を底上げしやすいです。

方法④:投資する

年収500万_投資
年収500万円の人が収入を増やす方法としては、投資することも挙げられます。

投資をすれば、自分が働かなくてもお金を増やしていけます。

ただ、投資を始めるためには最低限の勉強は必要です。

まずは投資信託や債権など、リスクの少ない投資から始めて、実践しながら投資について学んでいくと良いでしょう。

方法⑤:スキルを身につける

年収500万_スキル
年収500万円の人が収入を増やす方法としては、スキルを身につけることも挙げられます。

今の社会で必要とされているスキルを身につけることで、より高収入な人間を目指すことができます。

特に今おすすめのスキルはプログラミングです。

プログラミングは転職する時に活かせる場合もありますし、副業を始める時のスキルとしても大きく役立つことでしょう。

他には、WebデザインやWebライターなどのスキルも大きく役に立ちます。

方法⑥:ダブルインカムにする

年収500万_ダブルインカム
年収500万円の人が収入を増やす方法としては、ダブルインカムにすることも挙げられます。

ダブルインカムとは、収入源が2つ以上あることです。

一般的には、夫婦ともにフルタイムで働いている状態のことを指す場合が多いです。

ダブルインカムで同居生活をすると、かなり生活に余裕を持たせられるためおすすめです。

年収500万円の方におすすめの転職サービス

年収500万_転職サービス
年収500万円の方におすすめの転職サービスととしては、主に以下の3つがあります。

年収500万円の方におすすめの転職サービス
それぞれの転職サービスについて詳しく見ていきましょう。

ビズリーチ

転職エージェント_おすすめ_ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。

転職後年収が平均840万円という高い実績を持っています。

質の高い求人が多く、スカウトを待つことで自分の市場価値を知ることもできるのでおすすめです。

キャリアカーバー

年収500万_キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。

ヘッドハンターが丁寧に対応してくれるため、良い転職活動を期待できます。

高収入向けの転職エージェントであるだけに、条件の良いスカウトが来る場合も多いです。

リクナビエージェント

年収300万_リクルート

リクナビエージェントは業界でも有数の求人数を誇る万能型転職エージェントです。

求人数が公開求人だけでも30万件弱とかなり多いため、あなたにピッタリな求人もきっと見つかるはずです。

転職支援実績No.1を獲得している実力ある会社です。

年収500万円のまとめ

年収500万_まとめ
年収500万円の手取りは約400万円です。

年収500万円の生活レベルは以下の場合で異なります。

年収500万円でできること・できないことは以下のとおりです。
年収500万円の方におすすめの節約術としては以下のようなものが挙げられます。
年収500万円の方におすすめの節税術としては以下のようなものが挙げられます。
年収500万円の方におすすめの3つの節税術
年収500万円の人が収入を増やす方法は以下のとおりです。
年収500万円の方におすすめの転職サービスは以下のとおりです。
年収500万円の方におすすめの転職サービス