企業別・業種別・職種別年収ランキングを一挙にご紹介!

「年収のランキングが知りたい!」
このように考えていませんか?

年収が高い企業はどこなのか、どんな業種や職種の平均年収が高いのか気になりますよね。

そこで、この記事では企業、業種、職種別の平均年収と、それぞれの平均年収が高い理由について詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

「年収ランキング」ざっくり言うと
  • もっとも年収が高かったのはイー・ギャランティ(2413万円)
  • 業種別平均年収がもっとも高かったのはコンサルティング
  • 職種別平均年収がもっとも高かったのは航空機操縦士
  • 高い給料を得るポイントは業務独占資格を取ることなど
  • 高い年収を得たい時におすすめの転職サービスはビズリーチ

企業の平均年収ランキングTOP100社

年収ランキング_企業
有価証券報告書を提出している企業の平均年収をまとめたところ、企業の平均年収ランキングTOP100は以下のようになっています。

順位 企業名 平均年収
1 イー・ギャランティ 2413万円
2 M&Aキャピタルパートナーズ 2269万円
3 GCA 2063万円
4 キーエンス 1839万円
5 ヒューリック 1708万円
6 マクニカ・富士エレホールディングス 1633万円
7 東京放送ホールディングス 1622万円
8 伊藤忠商事 1565万円
9 日本商業開発 1558万円
10 朝日放送 1515万円
11 リゾート&メディカル 1495万円
12 スクウェア・エニックス・ホールディングス 1487万円
13 ソレイジア・ファーマ 1480万円
14 丸紅 1452万円
15 住友商事 1437万円
16 日本テレビホールディングス 1401万円
17 三井物産 1393万円
18 ソフトバンクグループ 1389万円
19 三菱商事 1386万円
20 テレビ朝日ホールディングス 1382万円
21 ショーボンドホールディングス 1375万円
22 ストライク 1357万円
23 電通 1341万円
24 アサヒグループホールディングス 1325万円
25 RKB毎日ホールディングス 1325万円
26 テレビ東京ホールディングス 1324万円
27 野村ホールディングス 1313万円
28 レーザーテック 1310万円
29 九州朝日放送 1279万円
30 三菱地所 1273万円
31 三井不動産 1273万円
32 マーキュリアインベストメント 1264万円
33 EPSホールディングス 1253万円
34 東京海上ホールディングス 1245万円
35 日本M&Aセンター 1243万円
36 スカパーJSATホールディングス 1230万円
37 朝日放送グループホールディングス 1229万円
38 野村総合研究所 1225万円
39 アイ・アールジャパンホールディングス 1225万円
40 フロンティア・マネジメント 1217万円
41 ファナック 1216万円
42 三井住友トラスト・ホールディングス 1201万円
43 ジャストシステム 1198万円
44 LIXILグループ 1196万円
45 ランドビジネス 1172万円
46 シンバイオ製薬 1170万円
47 ケネディクス 1160万円
48 三井住友フィナンシャルグループ 1157万円
49 めぶきフィナンシャルグループ 1157万円
50 シグマクシス 1152万円
51 そーせいグループ 1151万円
52 中部日本放送 1150万円
53 アンジェス 1149万円
54 東京エレクトロン 1149万円
55 鹿島建設 1135万円
56 JXTGホールディングス 1129万円
57 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1122万円
58 サントリー食品インターナショナル 1118万円
59 第一三共 1116万円
60 SOMPOホールディングス 1106万円
61 ベイカレント・コンサルティング 1101万円
62 RPAホールディングス 1101万円
63 豊田通商 1100万円
64 池田泉州ホールディングス 1100万円
65 札幌テレビ放送 1099万円
66 ジェイ エフ イー ホールディングス 1096万円
67 双日 1095万円
68 モダリス 1091万円
69 博報堂DYホールディングス 1090万円
70 ヤフー 1079万円
71 武田薬品工業 1076万円
72 大気社 1076万円
73 サンバイオ 1071万円
74 東急不動産ホールディングス 1071万円
75 日本オラクル 1069万円
76 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 1065万円
77 T&Dホールディングス 1059万円
78 ソニー 1057万円
79 プロパスト 1055万円
80 バンダイナムコホールディングス 1053万円
81 アステラス製薬 1051万円
82 WOWOW 1049万円
83 ユニデンホールディングス 1047万円
84 電通国際情報サービス 1047万円
85 マクセルホールディングス 1042万円
86 エーザイ 1042万円
87 コンコルディア・フィナンシャルグループ 1042万円
88 ダイドーグループホールディングス 1041万円
89 ジャフコ 1040万円
90 日本軽金属ホールディングス 1036万円
91 SRAホールディングス 1033万円
92 アクセル 1032万円
93 大林組 1032万円
94 テックポイント・インク 1027万円
95 三和ホールディングス 1027万円
96 東京建物 1019万円
97 日本取引所グループ 1017万円
98 中外製薬 1017万円
99 西本Wismettacホールディングス 1015万円
100 大和証券グループ本社 1014万円

このうち、TOP10の企業の詳細について詳しく見ていきましょう。

イー・ギャランティ:2413万円

年収ランキング_イー・ギャランティ
イー・ギャランティは信用リスク受託・流動化事業を行っている会社です。

具体的には、企業の売掛債権が不渡りになった時にその額を補償してくれるサービスなどを行っています。

イー・ギャランティは例年、そこまで平均年収が高い企業ではないのですが、今回だけ2413万円という平均年収を出しています。

平均年収が高くなっているのは一時的なものだと考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズ:2269万円

年収ランキング_MA
M&Aキャピタルパートナーズは企業同士のM&Aの仲介を行っている会社です。

M&Aキャピタルパートナーズは毎年高年収企業の常連となっており、1位に輝くことも少なくありません。

その秘密は、高いインセンティブとM&Aという高収益な業界であることにあります。

M&Aでは大きなお金が動きますが、M&A仲介会社ではモノを売るわけではないため、原価がほとんどかかりません。

そして、もちろん多くのM&Aを仲介すれば高い収益を上げられます。

そのため、社員に高いインセンティブを付与することでやる気を引き出し、業績を伸ばしているのです。

GCA:2063万円

年収ランキング_GCA
GCAはM&Aアドバイザリーサービスを提供している会社です。

M&A仲介では双方のM&Aの仲裁を受け持ちますが、M&Aアドバイザリーでは売り手か買い手の片方のみについてよりよいM&Aになるよう支援します。

GCAが高収入である理由はM&Aキャピタルパートナーズとほぼ同じで、M&A業界の収益性が高いからです。

キーエンス:1839万円

年収ランキング_キーエンス
キーエンスは自動制御機器、計測機器、顕微鏡などの開発・製造販売を行っている会社です。

とにかく営業力が高く、BtoB企業にも関わらず、多くの人に知られています。

他社の一般的な営業利益率は5%程度と言われている中で、キーエンスの営業利益率は約55%と圧倒的です。

キーエンスはいわゆるメーカーであり、極端に平均年収が高い業界ではありません。

しかし、営業力の強さで他社を圧倒する施策の一環として、高い給料で優秀な人材を集めているようです。

ヒューリック:1708万円

年収ランキング_ヒューリック
ヒューリックは都心にある不動産の保有賃貸・投資開発を行っている会社です。

ヒューリックは年収が高く、福利厚生が極めて充実していることで知られています。

ヒューリックの年収の高さの原因のひとつとして挙げられるのは賞与の高さでしょう。

ヒューリックは銀座などの一等地の不動産を多く所有していることから収益力が高く、これが賞与に反映されているようです。

マクニカ・富士エレホールディングス:1633万円

年収ランキング_マクニカ
マクニカ・富士エレホールディングスは子会社に半導体商社のマクニカを持つ持株会社です。

年収が高い会社ではありますが、持株会社であるため、実際に配属されるのはなかなか難しいものがあります。

少人数の会社で、それなりに職位の高い人しか在籍していないため、平均年収が高くなっていると思われます。

東京放送ホールディングス:1622万円

年収ランキング_TBS
東京放送ホールディングスはTBSの持株会社です。

テレビ放送やラジオ放送などを行う法人を子会社として持っています。

東京放送ホールディングスに限らず、全国放送を行っているテレビ局を持つ会社は高年収の傾向にあります。

テレビ業界はそれほど利益率が高い業界ではありませんが、社員1人あたりの売上高が高く、少人数で業務を回せます。

そのため、社員に利益を還元しやすい体制になっているのです。

伊藤忠商事:1565万円

年収ランキング_伊藤忠商事
伊藤忠商事は日本の5大総合商社のひとつです。

伊藤忠商事は5大総合商社の中でもNo.2と言える地位にあり、非資源分野に強みを持つ総合商社になっています。

伊藤忠商事に限らず、総合商社は年収が高い業界として知られています。

総合商社は基本的に在庫を持たず、コストが低くなるため、優秀な人材を確保するための年収にお金を投資しやすくなっているからです。

日本商業開発:1558万円

年収ランキング_日本産業開発
日本商業開発は大阪に本社がある不動産デベロッパーです。

不動産デベロッパーは大きな金額が動き、利益を出すために優秀な人材の確保が重要であることから、高年収な企業が多くあります。

日本商業開発はその中でも大規模な企業なので、社員に給料で還元する体力を持っていると言えます。

朝日放送:1515万円

年収ランキング_朝日放送
朝日放送はABCテレビなどを持つ近畿圏の放送事業者です。

ネットでの高校野球のネット配信など、先進的な取り組みでも知られる会社です。

地上波放送を行っているテレビ局であることから、TBSと同じようにTOP10入りを果たしました。

業種別平均年収ランキングTOP5

年収ランキング_業種
企業が提出した有価証券報告書をまとめて業種ごとの平均年収ランキングを作成すると、以下のようになります。

業種 平均年収
コンサルティング 933万円
金融・保険 757万円
メディア 737万円
エネルギー 682万円
不動産 674万円

それぞれの業種の特徴について詳しく見ていきましょう。

コンサルティング:933万円

年収ランキング_コンサルティング
平均年収No.1の業種に選ばれたのはコンサルティングで、平均年収は933万円です。

コンサルティングの高収入が高いのは、多くの人が予想したとおりだったのではないでしょうか。

コンサルティング業の収入が高い理由としては、主に以下のようなものが挙げられます。

コンサルティング業の収入が高い理由
  • 非常に高いスキルが求められる(=優秀な人材を確保する必要がある)
  • コストがほぼ人件費しかかからない
  • 激務で拘束時間が長い場合が多い

コンサルティングファームではコストがあまりかからず、なおかつコンサルタントには高いスキルが求められるため、各社は高い給料を提示して優秀な人材を集めようとしているのです。

コンサルティング業は激務なことが多い分、残業時間が長い点もコンサルティング業が高収入になっている理由です。

金融・保険:757万円

年収ランキング_金融
金融・保険も給料が高い業種として知られており、平均年収は757万円です。

金融・保険業の給料が高い理由としては以下のようなものが挙げられます。

金融・保険業の収入が高い理由
  • 規制業種で参入障壁が高いため利益を確保しやすい
  • ストレスが多い
  • (特に金融業は)多額のお金が動く

金融業や保険業は営業するために免許を取得する必要があり、この免許取得が大変なので参入障壁が高いです。

多くの会社が参入しないため利益を確保しやすく、その利益を社員に分配しやすくなっています。

また、金融業や保険業は一般的にストレスが大きく、労働時間も長い仕事であるため、高い給料を提示しないと優秀な人材が集まらないという現実もあります。

メディア:737万円

年収ランキング_メディア
メディアの平均年収は737万円です。

メディア、特にその中でもテレビ業界は年収が高い業界として知られています。

メディアはこれまでに紹介した平均年収が高い業種と違って、決して利益率が高い業界とは言えません。

しかし、以下のような理由から平均年収は高くなっています。

メディアの収入が高い理由
  • 少人数の正社員で業務を回せる
  • 勤務時間が不規則な場合が多い
  • 規制業種で参入障壁が高い

この中でも特徴的なのは、少人数で業務を回せる点です。

テレビ業界では少数の正社員で業務を回し、多くの業務を制作会社など外部に委託しています。

そのため、社員1人あたりの売上高が高く、社員に給料で還元しやすくなっています。

エネルギー:682万円

年収ランキング_エネルギー
エネルギー業界の平均年収は682万円です。

エネルギー業界が高年収な理由は簡単で、参入障壁が非常に高いからです。

エネルギー業界に参入するためには、最初に非常に高い設備投資を行う必要があります。

たとえば、電気業界であれば発電所などの建設が必要となります。

大規模な企業が少数しか参入してないエネルギー業界では競争がゆるいことから利益を出しやすく、社員に給料で還元しやすくなっています。

エネルギー業界は給料が高い上にワークライフバランスも取りやすいため、ホワイト業界として人気があります。

不動産:674万円

年収ランキング_不動産
不動産業界の平均年収は674万円です。

不動産業界の年収が高い理由としては、以下のようなものが挙げられます。

不動産業の収入が高い理由
  • 多額のお金が動く
  • インセンティブが高額

不動産業界の年収は優秀な営業マンが引き上げている部分があります。

不動産業界では1つの契約で動く金額が多く、各社は優秀な営業マンを雇うことに力を入れています。

この契約で得られるインセンティブが高いため、不動産業界の給料は高くなっているのです。

職種別平均年収ランキングTOP5

年収ランキング_職種
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」のデータをもとに職種別の平均年収を算出し、ランキング形式にしたところ、TOP5は以下のようになりました。

業種 平均年収
航空機操縦士 1695万円
医師 1169万円
大学教授 1100万円
大学准教授 871万円
記者 792万円

それぞれの職種の特徴について詳しく見ていきましょう。

航空機操縦士:1695万円

年収ランキング_パイロット
職種別平均年収ランキングで1位になったのは航空機操縦士で平均年収は1695万円です。

航空機操縦士とは、いわゆるパイロットのことですが、高年収な理由としては、主に以下のようなものが挙げられます。

航空機操縦士の収入が高い理由
  • 免許取得が非常に難しい
  • 勤務時間が不規則で高いストレスがかかる

航空機操縦士の収入が高いのは、端的に言えばその数が非常に少なく、各社が高年収を提示して奪い合っているからです。

航空機操縦士は数年間の訓練を受けた上で、非常に難しい国家資格を取得する必要があります。

知識や操縦技術だけでなく、体力なども求められるため、航空機操縦士になれる人は非常に少なくなっています。

その上で深夜や早朝のフライトもあり、大変な仕事であるため高い給料が設定されています。

医師:1169万円

年収ランキング_医師
医師の平均年収は1169万円です。

医師と言えば高収入な職業として一番有名と言っても過言ではないでしょう。

その理由としては以下のようなものがあります。

医師の収入が高い理由
  • 医師免許の取得が非常に難しい
  • 国から手厚い保護を受けている

医師免許は免許の取得自体も難しいのですが、そもそも医師になるために医学部に入るのがまず難しいです。

さらに、医師は人の命を預かる非常に重要な仕事であるため、診療報酬などの点で国から手厚く保護されています。

大学教授:1100万円

年収ランキング_大学教授
大学教授の平均年収は1100万円です。

大学教授は年収が高い上に、基本的に定年までの雇用が保証されており、周りからも尊敬される憧れの職業のひとつです。

大学教授の年収が高い理由は、大学にとって優秀な教授は何よりも重要だからです。

大学は多くの学生から選ばれればそれだけ高い利益を挙げられますが、優秀な大学教授がいればいるほど学生を集めやすくなるので給料が高く設定されています。

大学准教授:871万円

年収ランキング_大学准教授
大学准教授の平均年収は871万円です。

大学准教授は大学教授に次ぐ地位で、大学教授と同じように憧れの職業のひとつです。

大学准教授の給料が高い理由も大学教授と同じです。

ただ、大学教授や大学准教授は給料が高い分、なるのも難しく、大学教授を夢見て安い給料で生活する人が多いのも事実です。

記者:792万円

年収ランキング_記者
記者の平均年収は792万円です。

記者の平均年収が高い理由としては、高年収な業界として知られるメディア業界の1職種だから、ということが大きいでしょう。

また、いつでも時間が起きれば取材に向かうため、勤務時間が不規則になりがちなことから、高い年収が設定されています。

平均年収ランキングからわかる、高い給料を得る5つのポイント

年収ランキング_ポイント
平均年収ランキングからわかる、高い給料を得るポイントは主に以下の5つです。

平均年収ランキングからわかる、高い給料を得る5つのポイント
それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:業務独占資格を取る

年収ランキング_業務独占資格
高い給料を得るポイントとしてまず挙げられるのは、業務独占資格を取ることです。

業務独占資格とは、その資格を持っていないとできない業務がある資格のことです。

特に取得難易度が高い資格では希少価値が高い人材になれるため、年収は高くなる傾向にあります。

上で紹介した高年収の職種の中でも、特に平均年収が高い航空機操縦士や医師になるためには業務独占資格が必要です。

ポイント②:収益性が高い業界の企業を選ぶ

年収ランキング_収益性
高い給料を得るポイントとしては、収益性が高い業界の企業を選ぶことも挙げられます。

業界の収益性が高いと収益を社員に分配しやすくなるため、職種に関係なく給料が高く設定されやすいです。

上で紹介した兵器年収が高い業種の中では、どの業種も基本的に収益性が高いことから平均年収が高くなっています。

ポイント③:実力主義の会社に入る

年収ランキング_実力主義
高い給料を得るポイントとしては、実力主義の会社に入ることも挙げられます。

これは、特に若いときから高い給料を得たい時におすすめの方法です。

たとえば、インセンティブが高い営業職として結果を出せば、若くして高い給料を得ることが可能です。

特に不動産業界、コンサルティング業界などの営業職は年収が高くなる傾向にあります。

ポイント④:大学を卒業する

年収ランキング_大学
高い給料を得るポイントとしては、大学を卒業することも挙げられます。

やはり日本では、就職する時に学歴は無視できません。

高卒よりも大卒が、大卒の中でも偏差値が高い大学の卒業生が優遇されるのは事実です。

特殊な職業を目指す場合以外には、基本的には大学は卒業しておいたほうが無難です。

大卒と高卒では、生涯年収で4000万円の差がつくという調査結果もあります。

ポイント⑤:成果を出す

年収ランキング_成果
高い給料を得るポイントとしては、成果を出すことも挙げられます。

会社はできるだけ高い利益を上げたいと思っていますから、結果を出せる人材はやはり優遇されます。

成果を出すことで、より貴重性が高い人材になれるため、会社が他社に転職されないように高い給料を設定するのです。

高い年収を得たい時におすすめの転職サービス3選

年収ランキング_サービス
高い年収を得たい時におすすめの転職サービスは主に以下の3つです。

高い年収を得たい時におすすめの転職サービス3選
それぞれの転職サービスについて詳しく見ていきましょう。

ビズリーチ

転職エージェント_おすすめ_ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。

転職後年収が平均840万円の実績を持っており、質が高く高年収の求人が揃っています。

自分で求人を探すだけでなく、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ることも可能になっています。

キャリアカーバー

年収500万_キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートと運営するハイクラス向け転職エージェントです。

登録したらレジュメを登録することで、ヘッドハンターがあなたにピッタリの求人を紹介してくれます。

多数の非公開求人をチェックできるようになる点も魅力的です。

JACリクルートメント

転職エージェント_おすすめ_JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系に強いハイクラス向け転職エージェントです。

海を股にかけて活躍したい方を中心におすすめしたいサービスになっています。

JACリクルートメントはコンサルタントが企業の情報に詳しい点も魅力的です。

年収ランキングのまとめ

年収ランキング_まとめ
企業の平均年収ランキングTOP10社は以下のとおりです。

順位 企業名 平均年収
1 イー・ギャランティ 2413万円
2 M&Aキャピタルパートナーズ 2269万円
3 GCA 2063万円
4 キーエンス 1839万円
5 ヒューリック 1708万円
6 マクニカ・富士エレホールディングス 1633万円
7 東京放送ホールディングス 1622万円
8 伊藤忠商事 1565万円
9 日本商業開発 1558万円
10 朝日放送 1515万円

業種別平均年収ランキングは以下のとおりです。

業種 平均年収
コンサルティング 933万円
金融・保険 757万円
メディア 737万円
エネルギー 682万円

平均年収ランキングからわかる、高い給料を得るポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

平均年収ランキングからわかる、高い給料を得る5つのポイント
高い年収を得たい時におすすめの転職サービスは以下のとおりです。
高い年収を得たい時におすすめの転職サービス3選