\9月17日(金)21時〜予約開始/
iPhone13を最速で予約する方法

年収700万円のリアルとは?生活レベルから目指す方法まで解説

「年収700万円あると生活レベルはどのくらいになるの?」
「年収700万円でさらに生活に余裕を持たせるにはどうしたらいいの?」

このように考えていませんか?

年収700万円はそれなりの高収入であるため、憧れる人も多いですよね。

また、年収700万円をすでに達成している人は、さらに生活に余裕を持たせたいと考えているかもしれません。

そこで、この記事では年収700万円の生活レベルから目指す方法まで詳しく解説していきたいと思います。




「年収700万円」ざっくり言うと
  • 年収700万円以上の人は約20%
  • 年収700万円の生活は、妻帯者で子持ちでなければ余裕がある
  • 年収700万円を目指す時には相手の立場に立つことなどが大切
  • 年収700万円を目指す方法は転職など
  • 年収700万円を目指せる業職種はコンサルタントなど

年収700万円の人はどのくらいいる?

年収700万円_どのくらい
結論、2018年の民間給与実態統計調査(国税庁)によると、年収700万円以上の人は全給与所得者のうち、16.7%になります。

約6人に1人が年収700万円以上ということになりますね。

これなら、簡単とは言えないものの、目指せない数値でもないことがわかります。

ちなみに、純粋に年収700万円代の人だけを見ると5.8%になりますが、800万円を超える収入の人が10.9%います。

なお、年収700万円を目指しやすい職種・業種は下で詳しく解説しますが、どの業職種でも、年収700万円は決して手の届かない数値ではありません。

ただ、目指しやすさは違いますので、自分の適正を考えた上で、自分がもっとも年収700万円を目指しやすい場所を選ぶと良いでしょう。




年収700万円だと手取りはどの程度?

年収700万円_手取り
年収700万円の手取り金額はだいたい530~560万円程度と言われています。

仮にボーナスが年に2回2ヶ月分支給されると考えると、毎月の手取りは約33万円程度になります。

これは思ったより少ないように感じるかもしれません。

手取りが減るのは、ざっくり言うと年収700万円ではそれなりに税金を取られるからです。

具体的には、主に以下のような税金が発生します。

発生する税金
  • 所得税
  • 住民税
  • 年金
  • 健康保険
  • 雇用保険

ちなみに、上で紹介した手取りに幅があるのは、配偶者や子供がいるかで税金が変わってくるからです。




【場合別】年収700万円の生活はどのくらい余裕がある?

年収700万円_生活
年収700万円の生活がどの程度余裕があるものなのかは、養う人がどの程度いるかで変わってきます。

今回は、以下の場合別に生活にどのくらい余裕があるのかシミュレートしてみましょう。

独身で実家暮らしの場合

年収700万円_独身実家
独身で実家暮らしの場合には、かなり余裕がある生活ができるでしょう。

実家にどの程度生活費を入れるかにもよりますが、趣味に10万円程度使っても、かなり貯金ができるでしょう。

特に生活費をまったく入れず、食費も払わなくて良い場合はたいていのことはお金を気にせずした上でボーナスのほとんどを貯金に回すことができます。

ただ、独身で実家暮らしで年収700万円であれば、実家に生活費を入れないと白い目で見られることもあるかもしれません。

家計の例

項目金額
支出収入
月収40万円
家賃などの生活費(※実家に入れる金額)5万円
食費6万円
通信費1万円
交際費3万円
保険・医療1万円
衣服・理美容費2万円
娯楽費2万円
交通費0.5万円
雑費2.5万円
貯金17万円




独身で一人暮らしの場合

年収700万円_独身一人暮らし
独身で一人暮らしの場合でも、それなりに余裕がある暮らしができそうです。

実家暮らしの場合と比べると、自分で家賃・光熱費・通信費などを負担する必要があります。

何も考えずお金を使っていると貯蓄できないケースもありますが、基本的には買いたいものはいつでも買える状態になっているでしょう。

毎月10万円以上の貯金ができそうです。

家計の例

項目金額
支出収入
月収40万円
家賃などの生活費8万円
食費6万円
光熱費1.5万円
通信費1.5万円
交際費3万円
保険・医療1万円
衣服・理美容費2万円
娯楽費2万円
交通費0.5万円
雑費2.5万円
貯金12万円

配偶者がいて子供はいない場合

年収700万円_配偶者子供なし
配偶者がいて子供はいない場合には、配偶者の働き方によって事情は変わってきます。

配偶者がフルタイムで働いていて、あなたと同等の収入を得ているのであれば、一人暮らしの場合と比べてもかなり余裕がある暮らしができるでしょう。

家賃や光熱費などさまざまなものを折半できるからです。

一方、配偶者が専業主婦(主夫)となる場合には事情は変わってきます。

この場合には、配偶者を養う必要があり、純粋に生活費が2倍になるため、少しは節約を意識したほうが良い生活になります。

ちなみに、2018年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によると、1世帯あたりの所得の平均は552万円であり、これは年収で言うと約700万円ということになります。

そのため、700万円の年収で配偶者を養う必要があるのであれば、ほぼ平均的な暮らしということになるでしょう。

余裕がある暮らしをしたい場合には、最低限パートなどで収入を稼いでもらう必要がありそうです。

家計の例(配偶者の収入がない場合)

項目金額
支出収入
月収40万円
家賃などの生活費10万円
食費8万円
光熱費2万円
通信費2.5万円
交際費3万円
保険・医療2万円
衣服・理美容費4万円
娯楽費2万円
交通費0.5万円
雑費3万円
貯金3万円




配偶者がいて、子供がいる場合

年収700万円_配偶者子供あり
配偶者がいて子供がいる場合、生活の余裕は減ってきます。

特に配偶者が専業主婦の場合には、子供が増えてくると貯金する余裕もなくなってくる可能性があります。

子供を作る時には、育てるのにどのくらいのお金が必要かも考えておきましょう。

家計の例(配偶者の収入がなく、子供が1人の場合)

項目金額
支出収入
月収40万円
家賃などの生活費10万円
食費9万円
光熱費2万円
通信費2.5万円
交際費3万円
保険・医療3万円
衣服・理美容費4万円
娯楽費2万円
交通費1万円
雑費3万円
貯金0.5万円

年収700万円でできる4つのこと

年収700万円_できる
年収700万円を達成している人は、主に以下の4つのようなことが可能になります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

結婚する

年収700万円_結婚
年収700万円でできることとしてまず挙げられるのは、結婚することです。

もちろん、最低限1人暮らしで生活していけているのであれば、結婚すること自体は可能です。

しかし、この場合には、相手にも働いてもらうことが前提になります。

専業主婦(主夫)を養うことになるのであれば、ある程度の収入は欲しいところです。

年収700万円あれば、養うことも十分可能になるでしょう。

また、純粋に700万円の年収があれば結婚相手にとってはかなり好条件ですから、30代であれば婚活などをすると人気が出ると思います。

そういう意味で、年収700万円は結婚にも有利だと言えるでしょう。

子供を育てる

年収700万円_子供
年収700万円でできることとしては、子供を育てることも挙げられます。

年収が高くなくても子供を育てることは可能ですが、年収700万円であれば、子供を育てながら貯金をすることも十分可能でしょう。

ただ、余裕ある暮らしをできるとは限らないので、配偶者には働いてほしいと思うかもしれません。




ローンを組んでマイホームを買うこと

年収700万円_ローン
年収700万円でできることとしては、ローンを組んでマイホームを買うことも挙げられます。

年収700万円であれば、だいたい4500万円程度の家であればローンを組むことができるでしょう。

なお、月々の返済額を増やせばこれより高価な家を買うことも可能ですが、ローンで返済する金額は年収の25%程度に抑えるのが基本です。

これ以上のローンを組むと、貯金ができないなど生活に余裕がなくなり、不満が出てくるかもしれません。

貯金

年収700万円_貯金
年収700万円でできることとしては、貯金も挙げられます。

年収700万円もあれば、たとえ専業主婦(主夫)を養いながら子供を育てていても、貯金をするのは不可能ではありません。

必要な老後資金を貯めるためにも、貯金ができるのはうれしいですね。

年収700万円を目指すのに大切な3つの考え方

年収700万円_考え方
年収700万円を目指すのに大切な考え方としては、主に以下の3つが挙げられます。

それぞれの考え方について詳しく見ていきましょう。

相手の立場に立って考える

年収700万円_相手
年収700万円を目指すのに大切な考え方として、まず挙げられるのは相手の立場に立って考えることです。

「当たり前では?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの人は実践できていませんし、相手の立場になって考えられればたいていのことはうまく行きます。

なぜ実践できないのかと言うと、私達はつい反射的に自分にとっての利益を考えてしまいますし、そもそも、やろうと思っても「相手の立場に立つ」ことは簡単にはできないからです。

私達は思った以上に相手のことを理解していないからです。

あなたが相手のためを思ってやったことでも、相手にとっては特にうれしくなかったり、むしろ不快にさせてしまう場合もあります。

このように、相手の立場に立って考えることは難しいがゆえに、身につければ大きな武器になります。

まずは相手のことを理解することから始めるべきでしょう。




長期的利益を優先する

年収700万円_長期的利益
年収700万円を目指すのに大切な考え方としては、長期的利益を優先することも挙げられます。

多くの人は長期的利益を優先してしまいます。

たとえば、健康的な体を維持することは長期的に見れば大きなメリットがあります。

しかし、私達はおいしいからと言って、ついジャンキーな食べ物を食べてしまいますよね。

年収についても同じことが言えます。

目の前の月収ではなく、長期的により収入が得られそうな行動をするのです。

たとえば、仕事で新しいスキルを磨くことはすぐには収入に反映されるわけではありませんが、長期的にはあなたの助けになってくれる可能性が高いでしょう。

このように、重要ではあるものの、すぐにやる必要はないことこそ、重視して取り組みましょう。

年収が何で決まるかを把握する

年収700万円_年収
年収700万円を目指すのに大切な考え方としては、年収が何で決まるかを把握することも挙げられます。

あなたは年収が何によって決まっているか説明することができますか?

ずばり、年収はあなたの能力と業界の収益性によって決まります。

まず、あなたの能力が高いほど年収が高くなるのはわかりやすいと思います。

一方で、年収はどのくらい儲けられる会社に入ったかどうかでも決まります。

儲けられる会社では社員に年収で還元するこることができますが、儲けられないのであれば、従業員の年収は低く抑えるしかありません。

そして、どのくらい儲けられるかは業界によってだいたい決まっています。

そのため、年収を高めたいのであれば、あなたの能力が活かせて、なおかつ業界全体の平均年収が高い業界の企業に勤めるのが近道です。




年収700万円を目指す6つの方法

年収700万円_方法
具体的に年収700万円を目指す方法としては、主に以下の6つが挙げられます。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:昇進する

年収700万円_昇進
年収700万円を目指す方法としてまず挙げられるのは昇進することです。

昇進すれば多くの場合給料が上がるため、年収を上げる方法として有効です。

課長クラスになればいよいよ年収700万円を目指せるようになりますし、部長クラスであれば多くの場合、年収700万円を達成することが可能になるでしょう。

特に今の会社に長く勤めている場合、昇進を目指して努力するのも良い方法でしょう。

方法②:転職する

年収700万円_転職
年収700万円を目指す方法としては、転職することも挙げられます。

上で解説したとおり、あなたの能力が同じでも、業界が変わるだけで年収が上昇する場合があります。

そのため、転職することもひとつの手でしょう。

ちなみに、転職する時には今の職種と同じほうが良いでしょう。

同じ職種であればあなたの経験を活かせるため、年収を上昇させられる可能性が高いからです。

逆に、未経験の職種の場合には年収がダウンすることも多くあります。

方法③:副業をする

年収700万円_副業
年収700万円を目指す方法としては、副業をすることも挙げられます。

今の年収がやや700万円に届かない程度であれば、副業をするだけで700万円を達成することも不可能ではないでしょう。

会社が副業を禁止していないのであれば、取り組んでみるのも良い方法でしょう。

なお、副業をするのであれば、できれば本業でのスキルを活かせるものが良いですね。

本業でのスキルを活かせれば本業にも良い効果があるかもしれませんし、副業で稼ぎやすいでしょう。

方法④:起業する

年収700万円_企業
年収700万円を目指す方法としては、起業することも挙げられます。

年収700万円を目指す上で起業はかなり博打になりますが、うまく行けば年収700万円をゆうに超える収入を得ることもできるでしょう。

自分の能力に自信があり、アイデアがあるのであれば、起業を選択するのもひとつの選択肢と言えます。




方法⑤:投資をする

年収700万円_投資
年収700万円を目指す方法としては、投資をすることも挙げられます。

投資で大金を稼ぐのは大変ですし、やるべきでもありませんが、投資をすることで年収を底上げすることは十分可能です。

投資初心者の場合には、まずはインデックス投資などから始めてみましょう。

間違ってもFXなどのハイリスクハイリターンな商品に手を出すべきではありません。

方法⑥:業務独占資格を取る

年収700万円_独占
年収700万円を目指す方法としては、業務独占資格を取ることも挙げられます。

代表的なものとしては、医者、弁護士、公認会計士などです。

これらの資格を持っていれば、年収700万円を目指すのは難しくありません。

ただし、これらの資格は取ること自体がかなり難しいです。

年収700万円を目指せる業職種5選

年収700万円_職種
年収700万円を目指せる業職種には主に以下のようなものがあります。

それぞれの業職種について詳しく見ていきましょう。

コンサルタント

年収700万円_コンサル
年収700万円を目指せる業職種としてまず挙げられるのは、コンサルタントです。

コンサルタントは激務のことが多いですが、その代わりに高収入が稼げる職業として人気です。

コンサルタントが稼げるのは、普通の商売のように仕入れがないからです。

コンサルタントが売るのは自社が持つ知識やノウハウなどになります。

これは原価があるものではないため、コンサルタントを雇う会社は人件費にお金をかけて優秀な人材を採用しようとするのです。

エンジニア

年収700万円_エンジニア
年収700万円を目指せる業職種としては、エンジニアも挙げられます。

エンジニアはあらゆるものがデジタルに置き換わっていく現在、かなり需要が高い職種で多くの企業が求めています。

そのため、各社は競って収入を上げ、優秀なエンジニアを確保しようとするのです。

特にエンジニアを管理してプロジェクトを成功に導くリーダーにまでなれれば、年収はさらに上げられます。




管理職全般

年収700万円_管理職
年収700万円を目指せる業職種としては、管理職全般も挙げられます。

一部の課長クラス、それから多くの部長クラスでは年収700万円を達成することができます。

これはどの業職種でも目指せるものです。

リーダーとしての才能がある場合には、積極的に目指していきたいところです。

金融・M&A業界の営業

年収700万円_営業
年収700万円を目指せるものとしては、金融・M&A業界の営業も挙げられます。

営業は比較的インセンティブの割合が高い職業であり、どんな業種でも営業マンとしての才能があれば年収700万円を達成できる可能性があります。

その中でもおすすめなのは金融・M&A業界の営業です。

これらの業界では多額のお金が動くため従業員にも給与として還元させやすいです。

そのため、営業になれば高いインセンティブを得ることができるのです。

電気・ガス・熱供給・水道業

年収700万円_電気
電気・ガス・熱供給・水道業などの、インフラ系の業種は年収700万円以上を狙いやすいです。

インフラは生活に必要不可欠であるため多くの需要があり、またインフラを構築するためには多額の投資が必要になるため参入障壁も高い業界です。

そのため、インフラ業界は競争にさらされにくく、ホワイト業界として知られています。

競争が激しくない分、従業員に給与として還元できるため、高い年収を狙いやすいのです。

年収700万円を目指す時に頼りになる転職エージェント3選

年収700万円_エージェント
年収700万円を目指して転職する時に、特に頼りになる転職エージェントは特に以下の3つです。

年収700万円を目指す時に頼りになる転職エージェント3選

それぞれの転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

JACリクルートメント

年収700万円_JAC
年収700万円を目指す時に助けになる転職エージェントとしてまず挙げられるのは、JACリクルートメントです。

JACリクルートメントはハイキャリア専門の転職エージェントで、多くの求人が高収入になっています。

JACリクルートメントは特に外資系の企業に強く、世界を股にかけて活躍したい人を中心におすすめできます。

ビズリーチ

年収700万円_ビズリーチ
ビズリーチはCMで有名なハイキャリア向け転職サービスです。

多くの案件が高収入であり、なおかつ企業からスカウトを受けられるため、自分の市場価値を把握することもできます。

転職後の平均年収が840万円という実績も持っており、質の高い求人が揃っています。

キャリアカーバー

年収700万円_カーバー
キャリアカーバーはリクルートが運営するハイキャリア向け転職エージェントです。

業界大手のリクルートエージェントと同じ会社が運営しているので安心ですね。

キャリアカーバーではヘッドハンターからスカウトを受けることができます。

年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる5つの方法

年収700万円_方法
年収700万円の生活にさらに余裕を持たせるのであれば、以下の5つの方法があります。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。




方法①:家計簿をつける

年収700万円_家計簿
年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる方法としては、まず家計簿をつけることが挙げられます。

「それだけ?」と思うかもしれませんが、それだけで良いのです。

家計簿をつけると自分が月々どのくらいのお金を使っていたのか把握できるため、「もっと節約しよう」と思えます。

また、家計簿をつけるとどの項目に余計なお金を使っているのか把握できるため、節約の方針を決めるのに役立ちます。

方法②:【節税】ふるさと納税を活用する

年収700万円_ふるさと
年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる方法としては、ふるさと納税を活用することも挙げられます。

ふるさと納税を用いれば、自己負担2000円でさまざまな地方のさまざまな商品を取り寄せることができます。

食料など、日々の生活で必要なものを返礼品として受け取れば、かなり節税策になるでしょう。

年収700万円もあればかなりのふるさと納税ができますから、ぜひ活用してみてください。

方法③:【節約】保険を見直す

年収700万円_保険
年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる方法としては、保険を見直すことも挙げられます。

なんとなくいろんな保険に入ってしまって、月々の保険料が高くなっていませんか?

保険料が月1万円を超えているなら、保険を見直すべきです。

下で解説する2つの方法も同じですが、家計を見直す時には、まずは月々一定のお金がかかる固定費から見直しましょう。

方法④:【節約】通信費を見直す

年収700万円_通信費
年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる方法としては、通信費を見直すことも挙げられます。

特に携帯電話の通信費が1人あたり5000円を超えているのであれば改善の余地ありです。

現在では格安SIMなどもありますから、携帯電話料金を3000円以内に収めるのは決して難しいことではありません。

方法⑤:【節約】車関連の費用を見直す

年収700万円_車関連
年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる方法としては車関連の費用を見直すことも挙げられます。

車には車検、ガソリン代、駐車場代など年間でかなりのランニングコストがかかります。

現在ではカーシェアなどのサービスもありますから、家に車がある場合には、本当に必要なものなのか考えてみると良いでしょう。




年収700万円のまとめ

年収700万円_まとめ
年収700万円では、それなりに生活に余裕が出てきます。

年収700万円であれば、以下のようなことができるでしょう。

そして、年収700万円を目指すのに大切な考え方としては、主に以下の3つが挙げられます。

年収700万円を目指す方法としては、主に以下の6つが挙げられます。

年収700万円を目指せる業職種として挙げられるのは、主に以下の5つです。

年収700万円を目指す時に頼りになる転職エージェントは主に以下の3つです。

年収700万円を目指す時に頼りになる転職エージェント3選

年収700万円で生活にさらに余裕を持たせる方法としては、主に以下の5つが挙げられます。