遺産相続トラブルを相談できる弁護士|選び方・費用・メリットを解説

相続するとき家族ともめる場合があるのではないでしょうか。

また家族と連絡がとれずなかなか進まないこともあります。

そこで弁護士に依頼するべきか、また今後弁護士に依頼するときの注意点などをご紹介します。

相続の時弁護士に依頼するべきとき

それでは相続の時に弁護士に依頼するべきケースをご紹介していきます。

以下のようなケースは相続の時に弁護士に依頼するべきでしょう。

弁護士に相談できる遺産相続問題
  • 相続人が複数いる場合
  • 法的なアドバイスを受けたいとき
  • 代理人になってもらいたいとき
  • 書類作成に自信がないとき
  • トラブルになりそうなとき

相続人が複数いる場合

即属人が複数いる場合は、以下のように遺産分割行儀をする必要がありさらに全員に合意を得る必要があります。

遺産を相談して分けることになった場合、「遺産分割協議」を行う必要があります。

この協議に特別な方法があるわけではありません。ただ、次の点は気をつけなければなりません。

  • 相続人全員が参加して協議を行うこと
  • 協議の結果を書類に残すこと

分割協議は、必ず相続人全員で行わなければなりません。

相続人に未成年者がいる場合は、その代理人の参加も必要です。

相続人が1人でも欠けた状態で行うと、その結果は無効となります。

また、あとで問題が起こらないよう、協議の結果は書類に残すとよいでしょう。

引用:三井住友銀行

遺産分割協議は人数が多ければ多いほど難しくなり、場合によってなかなか連絡がとれない人もおり、相続が進まないケース、またもめるケースがあります。

このようなケースは弁護士に依頼することをおすすめします。

法的なアドバイスを受けたいとき

弁護士に依頼をすると、法的なアドバイスを受けることができます。

相続でもめたときは、相続相手がむちゃくちゃなことを言ってくるときもありますが、弁護士が間に入ることにより法律違反をしての請求はすべて無効になります。

そのため不当な言い分を受け入れる必要がなくなります。

代理人になってもらいたいとき

相続のやりとりは、嫌な気分をすることがあります。

冷静になれずにぶつかってしまい、相続が進まないことがありますまたどうしても仕事などで頻繁に打ち合わせができないことがあるでしょう。

しかし代理人をたてることにより、冷静に法律にのっとって進めることができるので気分を害することなく事務的に相続を進めることができます。

書類作成に自信がないとき

相続を複数人数でするとき、遺産分割協議に関する遺産分割協議書の作成が必要になります。

しかしこれらの書類の作成に自信がない場合は、弁護士に依頼するメリットがでてきます。

トラブルになりそうなとき

相続人同士でトラブルになりそうなときは、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

感情論になってしまうと、余計に解決が遅くなります。

相続問題を依頼する弁護士の選び方・注意点

相続の際に弁護士に依頼する際は以下の点をチェックしましょう。

弁護士に相続問題を相談する時の注意点
  • 相続に強い弁護士であるか
  • 説明がわかりやすいか
  • 費用が明白か

相続問題に強い弁護士に依頼する

弁護士に相談したらすべてがうまくいくとは限りません。

弁護士によっても力量が違うのですが、まずは相続に強い弁護士を探すことが重要です。

いくら有名で実績のある弁護士でも、得意分野が違う場合もあります。

実績のある弁護士がすべての分野に強いとは限らないのです。

説明がわかりやすいか

いくら凄腕の弁護士であっても、説明がうまくないとコミュニケーションをとることが難し気宇なります。

説明がわかりやすい、またこちらの話をよく聞いてくれる弁護士を選ぶことが重要です。

相続関連で実績がいくらある弁護士であっても、コミュニケーションがとれなかったり、偉そうな態度をする弁護士もいます。

しっかりと依頼者に親身になってくれる弁護士を選ぶことが重要です。

費用が明白か

弁護士の費用は同じ案件であってもまちまちです。

一律の値段の弁護士、かかった期間によって値段が増える弁護士、成功報酬の割合などさまざまなのですが、費用がわかりやすいことが重要です。

あとから費用項目が増えていくような弁護士はさけるべきでしょう。

相場は着手金が10~20万円、成功報酬は10%前後となっています。

極端にこれ以上に高い弁護士はさけるべきだということです。

遺産相続トラブルを相談できる弁護士まとめ

相続特に遺産分割協議は長引けばながびくほど、解決が難しくなっています。

いくら普段仲の良い親族であっても、相続となると話は別のケースもあります。

もしトラブルになりそうだと感じるようであれは、早めに弁護士に依頼することをおすすめします。

相続は長引かせると精神的にも落ち着かず、できるだけ早めに解決することをおすすめします。

ただ弁護士もいろいろな人がいるので、相続に強く依頼主に親身になってくれる弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士も依頼金10万前後、また成功報酬も少なくても10%以上が相場と決して安いわけではないのです。