Raise Tech(レイズテック)の最新口コミ評判を公開!人気コース料金も完全網羅

Raise Techは、現場で通用する実践的なカリキュラムで、「稼げるエンジニア」を目指すプログラミングスクールです。

プログラミング未経験者でも将来稼ぐ技術を身に着けれるように、学習を挫折させない工夫や、就職・転職サポートが充実しています。

全額返金保証付きの2週間トライアルがついたコースもあるので、万が一学習スタイルが合わなかった時にも安心です。

本記事では、受講する前に知っておきたいRaise Techの最新口コミ評判やコースの特徴や料金など詳しくご紹介します。

Raise Techでプログラミング学習を始めようか検討している人は参考にしてみて下さい。

Raise Tech(レイズテック)とは?学習カリキュラムや特徴

raise_tech_レイズテック_学習カリキュラムや特徴

Raise Techには、以下のような特徴があります。

Raise Techの学習カリキュラムや具体的な特徴について一つずつ解説していきます。

稼ぐことを目標とした現場主義

Raise Techでは、現場で通用するレベルのスキルを身につける「現場主義」を重視しています。

そのため、Raise Techは以下のような仕事につながるカリキュラムと特徴的です。

Raise Techの学習カリキュラムの特徴
  • 案件が豊富
  • 単価が高い
  • これから人気が出る
  • 現役エンジニアが講師
  • 現場で通用する学習カリキュラムなど

いくらIT業界が売り手市場と言われていても、企業が欲しいのは「現場で仕事ができる優秀なエンジニア」。

ITエンジニアの平均年収は500万円程度と言われていますが、未経験から転職した場合の初任給は年収300万円程度。

未経験からやっとの思いで転職できても、エンジニアの世界は実力主義なので、仕事ができなければいつまで経っても年収アップが期待できません。

ただエンジニアになるのではなく、エンジニアとして稼げるようになることが、Raise Techの掲げるゴールなのです。

仕事で必要とされる能力は、実際に現場で働くエンジニアにしかわかりません。

だからこそ、Raise Techは現役エンジニア講師にこだわり、実際の仕事で通用する現場主義の学習カリキュラムを採用しているのです。

学習を挫折させないサポート体制

Raise Techは、以下のようにプログラミング学習を途中で挫折させないためのオンラインサポートが充実しています。

学習を挫折させないサポート体制
  • 何度も見直せるレッスン動画
  • 卒業後も利用できる回数無制限の質疑応答
  • 状況に応じて補講を実施
  • 個人面談で代表に直接相談できる
  • コミュニティを通じた受講者同士の交流
  • 転職支援や案件獲得のサポートなど

プログラミング学習は初心者にとって学習内容が難しく、相談できる人がいないと、無駄に時間ばかりが過ぎてしまい、途中で挫折をしてしまいがち。

実際に、プログラミングは独学で学習すると、約9割の人が挫折してしまうようです。

しかし、Raise Techなら、チャットや通話を使って回数無制限で質問できる環境が揃っているので、効率的に勉強を進めることができます。

そのため、挫折せずに稼げる高収入のキャリアパスへ導いてくれるのです。

また、他のプログラミングスクールでは滅多にない「代表との個人面談」は、受講生を最優先に考えているRaise Techならではの大きな特徴。

「転職クエスト」や「BuildUp」と提携し、受講者が希望の会社へ転職できるようバックアップしてくれます。

自社開発を行っている企業

Raise Techは、自社開発を行っている企業が運営しているのが特徴です。

講師は全て現役エンジニアが務めているので、実際に仕事につながる技術を習得できます。

高い授業料を払ってプログラミング学習をしても、「稼げない」「仕事の需要がない」のでは、エンジニアへ転職する意味がありません。

どんなスキルがあると高単価な案件を獲得できるのか?
どんなスキルならエンジニアとして一生食べていけるのか?

実際にIT業界の最前線で働いているからこそわかる、鮮度の高い情報を授業へ還元できるのがRaise Techの魅力です。

就職や転職では他社サービスと併用可能

Raise Techでは、就職・転職活動に縛りがなく、他社サービスも併用しながら、会社を応募する企業を自由に選べるのが良い点です。

プログラミングスクールの中には、企業から紹介料を受け取り、紹介料を払った企業へ就職・転職することを受講生に強く勧めるケースがよくあります。

紹介料を受け取ったプログラミングスクールは、企業に生徒を紹介しないと「違約金」が発生する可能性があるからです。

つまり、企業から紹介料を貰っているプログラミングスクールは、生徒の気持ちより「スクール事情」を優先させて転職指導を行いがちということ。

その点、Raise Techは企業から紹介料をもらっておらず、違約金の心配がないため、受講生の意思を尊重した就職・転職支援が可能なのです。

Raise Tech(レイズテック)の悪い口コミ評判まとめ

raise_tech_レイズテック_最新悪い口コミ評判

TwitterからRaise Techに関する悪い口コミ評判を抜粋しました。

Raise Techの悪い口コミは全体的に少ないですが、Twitterで見られた実際の悪い評判をいくつか紹介します。

学習内容が難しい

Raise Techの悪い口コミとして、カリキュラムの内容が「難しい」という意見があります。

特に、「課題」で苦戦している人が多く、解決に時間がかかるようです。

そんな時は、試行錯誤をするのも良いですが、あまりにも時間がかかる場合は、「オンラインサポート」を利用してみるのもおすすめ。

Raise Techではメンターとの「チャット」と「通話」は質疑応答が無制限なので、一人で考えているよりも早く問題を解決できるからです。

大量の学習時間が必要

学習時間は人によって個人差がありますが、Raise Techを選ぶなら「十分な学習時間を確保できるか?」よく確認しておきましょう。

なぜなら、Raise Techの悪い口コミでは、以下のような「大量の学習時間」が指摘されているからです。

Raise Techの公式HPでは、学習時間の目安を200~300時間と挙げています。

しかし、SNSの口コミでは「1000時間」を超えるケースも報告されており、公式の学習時間の目安を大幅にオーバーする人もいるようです。

質問しても問題がなかなか解決されない

Raise Techでメンターに講師に質問をしても、納得できる答えを得るのに時間がかかってしまうケースもあるようです。

しかし、こうした「トライアル&エラー」の経験は誰しもが一度は通る道。

論理的に問題解決しようとした経験は、現役エンジニアになってからも仕事に生かされるので、決して無駄にはなりません。

Raise Tech(レイズテック)の良い口コミ評判まとめ

raise_tech_レイズテック_最新良い口コミ評判

次に、TwitterからRaise Techに関する良い口コミ評判を抜粋しました。

Twitterでは以下のような良い口コミが多数挙げられています。

ここでは、Raise Techに関する最新の口コミ評判を実際にツイートとともにご紹介します。

コミュニティを通じた交流が有意義

「一人だと挫折してしまいそう…」という人には、Raise Techのようにコミュニティを通じた交流が活発なプログラミングスクールがおすすめ。

Raise Techなら、同じ目標や不安を持つ受講者同士でいつでも繋がることができので、お互いにモチベーションを高め合えるからです。

プログラミング学習は、途中で挫折してしまう人も少なくないため、最後まで学習を継続できる環境が重要。

独学とは違う、コミュニティでの切磋琢磨が良いと実感している人は沢山います。

成長を実感できる

Raise Techの良い口コミでは、カリキュラムをこなしていくうちに、「成長を実感できる」という意見もよく聞かれます。

自身の成長を実感できると純粋に嬉しい気持ちになり、それだけやる気も出てくるもの。

「心」は全ての原動力になるので、プログラミング学習を続ける上で一番重要な部分です。

Raise Techのように、「わかる!」「上達した!」と感じられるプログラミングスクールを選ぶと、それだけ挫折もしにくくなります。

メンターの対応が素晴らしい

Raise Techは、「メンターの対応が丁寧で優しい」と口コミで評判です。

人から褒めてもらうことは、いくつになっても嬉しいもの。

「また頑張ろう」と思えますよね。

逆に、メンターがいつも雑な対応だったり、お説教しか言わないと、いくら質疑応答が無制限でも、相談や質問をしにくくなってしまいます。

その点、Raise Techなら、受講料に見合った質の良いメンターがサポートしてくれるので、安心して学習に専念できるのが魅力です。

Raise Tech(レイズテック)のプログラミング全料金コースを紹介

raise_tech_レイズテック_プログラミング全料金コース

Raise Techには、プログラミングコースが4つあります。

それぞれのプログラミングコースの料金や特徴を紹介します。

受け放題コース

受け放題コースには、以下のような特徴があります。

受け放題コースの特徴
  • 通常料金+5万円で合計3コースが受け放題(最大74.6万円お得)
  • 受講コースの組み合わせは「ウェブ制作」と「エンジニア」の2種類
  • 1年で3コースを受講完了
  • 最初のコースを3ヶ月経過した後に追加コースの受講スタート
コース名 受け放題コース
コース料金(税込) 通常受講料+5万円
学べる言語・スキル 選択コースによって異なる
受講期間(授業回数) 1年間(16回×3コース=全48回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 なし

フロントエンドコース

フロントエンドコースには、以下のような特徴があります。

フロントエンドコースの特徴
  • フロントエンドを総合的に習得できる
  • JavaScriptの基本を学べる
  • React・TypeScript・Next.jsを使用したアプリ開発
  • 5万円追加で「受け放題」に選択できる
コース名 フロントエンドコース
コース料金(税込) 通常価格:398,000円
早割10%OFF:358,200円
学割:238,000円
学べる言語・スキル JavaScript・React・TypeScriptなど
受講期間(授業回数) 4ヶ月(全16回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 2週間(全額返金保証)

Javaフルコース

Javaフルコースには、以下のような特徴があります。

Javaフルコースの特徴
  • Javaを使用した実践的なWebアプリ開発
  • Javaのフレームワークやライブラリも学べる
  • 自動化・DevOps・AWSを習得できる
  • 5万円追加で「受け放題」にすることも可能
コース名 Javaフルコース
コース料金(税込) 通常価格:398,000円
早割10%OFF:358,200円
学割:238,000円
学べる言語・スキル Java・CRUD・JUnit・Selenideなど
受講期間(授業回数) 4ヶ月(全16回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 2週間(全額返金保証)

Javaフレームワークコース

Javaフレームワークコースには、以下のような特徴があります。

Javaフレームワークコースの特徴
  • 参加条件としてIT業界などでの「現場経験」が必須
  • JavaとSpringFrameworkを使用した実践的なWebアプリ開発
  • Javaのフレームワークやライブラリも学べる
  • 自動化やDevOpsも習得可能
コース名 Javaフレームワークコース
コース料金(税込) 通常価格:248,000円
早割10%OFF:223,200円
学割:なし
学べる言語・スキル Java・Selenide・Jenkins・Springなど
受講期間(授業回数) 2ヶ月(全8回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 なし

Raise Tech(レイズテック)のAWS全料金コースを紹介

raise_tech_レイズテック_aws全料金コース

Raise Techには、AWSの専門コースが2つあります。

Raise tech(レイズテック)のAWSコース

2つのコースの特徴をそれぞれ確認していきましょう。

AWSフルコース

AWSフルコースには、以下のような特徴があります。

AWSフルコースの特徴
  • AWSを基礎から応用まで専門的に学習できる
  • Webアプリの開発
  • 自動化やDevOpsにも対応
  • 5万円追加で「受け放題」に選択可能
コース名 AWSフルコース
コース料金(税込) 通常価格:398,000円
早割10%OFF:358,200円
学割:238,000円
学べる言語・スキル Amazon CLI・CloudFormationなど
受講期間(授業回数) 4ヶ月(全16回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 2週間(全額返金保証)

AWS自動化コース

AWS自動化コースには、以下のような特徴があります。

AWS自動化コースの特徴
  • 参加条件としてIT業界などでの「現場経験」が必須
  • 技術力が足りないエンジニアの学び直しに最適
  • AWSを利用したクラウド環境のコード化
  • 自動化やDevOpsも実践的に学べる
コース名 AWS自動化コース
コース料金(税込) 通常価格:248,000円
早割10%OFF:223,200円
学割:なし
学べる言語・スキル Amazon CLI・AutoScaling・ElasticIPなど
受講期間(授業回数) 2ヶ月(全8回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 なし

Raise Tech(レイズテック)の副業フリーランス向け全コースを紹介

raise_tech_レイズテック_副業やフリーランス向け全コース

Raise techには、副業フリーランス向けのコースが3つあります。

Raise tech(レイズテック)の副業フリーランス向けコース

各コースの特徴や料金をチェックしておきましょう。

マーケティングコース

マーケティングコースには、以下のような特徴があります。

マーケティングコースの特徴
  • マーケティングの基本を一から学べる
  • 広告の設定・運用についての知識を習得
  • 個人で案件を獲得しやすくなる「Lステップ」の使い方を学ぶ
  • 5万円追加で「受け放題」にできる
コース名 マーケティングコース
コース料金(税込) 通常価格:398,000円
早割10%OFF:358,200円
学割:238,000円
学べる言語・スキル Lステップ・市場調査・競合調査など
受講期間(授業回数) 4ヶ月(全16回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 2週間(全額返金保証)

デザインコース

デザインコースには、以下のような特徴があります。

デザインコースの特徴
  • 「Photoshop」や「Illustrator」の実践
  • デザインの知識を学ぶ
  • ポートフォリオの制作
  • 5万円追加で「受け放題」も可能
コース名 デザインコース
コース料金(税込) 通常価格:298,000円
早割10%OFF:268,200円
学割:198,000円
学べる言語・スキル Photoshop・Illustratorなど
受講期間(授業回数) 4ヶ月(全16回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 2週間(全額返金保証)

WordPress副業コース

WordPress副業コースには、以下のような特徴があります。

WordPress副業コースの特徴
  • Webサイトの開発知識を基礎から学べる
  • WordPressを使ったWebサイトの制作
  • 在宅や副業に対応できる技術を習得
  • 5万円追加で「受け放題」にも対応
コース名 WordPress副業コース
コース料金(税込) 通常価格:298,000円
早割10%OFF:268,200円
学割:198,000円
学べる言語・スキル HTML/CSS・JavaScript・WordPressなど
受講期間(授業回数) 4ヶ月(全16回)
転職サポート 有り
開発・ポートフォリオ作成 有り
無料トライアル期間 2週間(全額返金保証)

Raise Tech(レイズテック)の就職・転職サポート体制

raise_tech_レイズテック_就職や転職サポート体制

Raise Tech(レイズテック)は就職や転職サポートだけではなく、副業の案件獲得サポートも充実しています。

具体的には、Raise Tech(レイズテック)は以下のような就職や転職サポート体制が整っているのです。

就職や転職サポート
  • エンジニア転職に特化した「転職クエスト」を無料利用
  • ポートフォリオや履歴書などの添削
  • 面接対策

Raise Techの就職・転職サポートは、「受講期間終了後」からスタート。

本人が望めば、就職・転職が叶うまで半永久的にサポートを受けることができます。

転職クエストの無料利用は、Raise Techを受講してから「最低2ヶ月以上」経過しており、転職活動をしていることが条件です。

副業の案件獲得サポート
  • 営業手法の伝授
  • 案件を取るコツ
  • 履歴書や職務経歴書などの添削

Raise Techでは「自力」で案件獲得できるように、定期的な案件紹介は行っていません。

営業のやり方や履歴書の添削などをメインにバックアップしてくれます。

Raise Tech(レイズテック)と人気プログラミングスクールを比較

raise_tech_レイズテック_人気プログラミングスクールと徹底比較

次に、Raise Techと人気プログラミングスクール3社を、以下の3点に注目して比較してみました。

今回比較した3つのポイント
  • 質問対応
  • 講師の質
  • 転職サポート

Raise Techが他社に比べてどの点が強く、どの点が弱いのか、ぜひ参考にしてみて下さい。

TECH I.S.(テックアイエス)

raise_tech_レイズテック_tech_is_テックアイエスと比較

出典:TECH I.S.公式

TECH I.S.は、世界3か国(アメリカ・インド・日本)で展開しているグローバルなプログラミングスクールです。

コースは「長期PROスキルコース」「短期スキルコース」「データサイエンティストコース」の3種類のみ。

TECH I.S.は、質問に「5分」以内で答えてくれるスピーディーさが特徴で、問題をいち早く解決できます。

TECH I.S. Raise Tech
コース名 長期PROスキルコース
短期スキルコース
データサイエンティストコース
受け放題コース
フロントエンドコース
マーケティングコース
デザインコース
WordPress副業コース
AWS自動化コース
AWSフルコース
Javaフルコース
Javaフレームワークコース
学べる言語など HTML/CSS・JavaScript・PHP・SQL・Pythonなど HTML/CSS・JavaScript・PHP・Java・jQueryなど
コース料金(税込) 327,800円~ 198,000円(学割)~
支払い方法 銀行振込・クレジットカード(分割OK) 銀行振込・クレジットカード(分割OK)

質問対応

TECH I.S.は、平日10時~22時(土日祝10時~19時)の営業時間内にZoomを使って質問をすることができます。

一方、Raise Techは毎日10時~ 24時まで「チャット」や「通話」で質疑応答が可能。

サポート開始時間は一緒ですが、終了時間がTECH I.S.の方が早いため、深夜をメインに勉強したい人はRaise Techの方が向いています。

講師の質

TECH I.S.もRaise Techも、現役エンジニアが講師を務めているため、講師の質は口コミでも高評価を得ています。

どちらを選んでも、大きな違いはありませんが、講師との個々の相性は実際にレッスンを受けてみないとわかりません。

転職サポート

TECH I.S.は、3つのコースのうち、「短期スキルコース」には転職サポートがつきません。

また、「長期PROスキルコース」も「データサイエンティストコース」も、転職サポートの選択肢の中から1つだけしかサービスを選択できないのが難点。

その結果、TECH I.S.の卒業後の進路は、「フリーランス(35%)」と「副業(40%)」だけで全体の75%を占めています。

一方、Raise Techは、どのコースを選択しても「履歴書の添削」や「面接対策」など半永久的に転職サポートがつくのが特徴。

企業への就職という点では、TECH I.S.よりRaise Techの方が力を入れて取り組んでいると言えます。

ポテパンキャンプ

raise_tech_レイズテック_ポテパンキャンプと比較

出典:POTEPAN CAMP公式

ポテパンキャンプは、エンジニア転職に強いと評判のプログラミングスクールです。

2021年8月現在、公式HPで確認できるコースは「Railsキャリアコース」の1種類のみ。

異業種からのエンジニア転職の実績が豊富なのが特徴です。

ポテパンキャンプ Raise Tech
コース名 Railsキャリアコース 受け放題コース
フロントエンドコース
マーケティングコース
デザインコース
WordPress副業コース
AWS自動化コース
AWSフルコース
Javaフルコース
Javaフレームワークコース
学べる言語など HTML/CSS・Javascript・Ruby・Ruby on Railsなど HTML/CSS・JavaScript・PHP・Java・jQueryなど
コース料金(税込) 440,000円 198,000円(学割)~
支払い方法 銀行振込・クレジットカード(一括のみ) 銀行振込・クレジットカード(分割OK)

質問対応

ポテパンキャンプは「毎日10時〜23時」、Raise Techは「毎日10時~ 24時」までチャットによる質問に対応しています。

サポート時間はほぼ同じですが、ポテパンキャンプが「技術」のみ対象にしているのに対し、Raise Techは「全ての質問」に対応。

キャリアや適性などに悩んでいる時も、Raise Techならいつでも気軽に相談できる相手がいるので精神的に安心できます。

講師の質

ポテパンキャンプもRaise Techも、経験豊富な現役エンジニアが講師を務めています。

ポテパンキャンプはレビューが丁寧で細かく、受講生からも「わかりやすい」と評判。

一方、Raise Techも解説がわかりやすく、「質問をすれとすぐに問題が解決できる」と人気。

講師の質はどちらも高いので、初心者でも安心して受講できます。

転職サポート

ポテパンキャンプは、専任のキャリアカウンセラーが転職サポートを行ってくれるのが特徴。

経歴書の指導から求人の斡旋まで手厚いサポートが受けられると評判です。

一方、Raise Techでは専任スタッフはつきません。

しかし、履歴書の添削や面接対策など転職サポートが受講修了後も受けられるという魅力があります。

積極的な求人斡旋を求める人はポテパンキャンプ、長期的な転職サポートを期待するならRaise Techが向いています。

Tech Academy(テックアカデミー)

raise_tech_レイズテック_tech_academy_テックアカデミーと比較

出典:Tech Academy公式

Tech Academyは、実務経験のある現役エンジニアだけを採用した人気のプログラミングスクールです。

コースの種類が充実しているため、複数のスキルを身につけるのに適しています。

プログラミングスクールでは珍しく、「コンビニ決済」に対応しているのも特徴です。

Tech Academy Raise Tech
コース名 Webアプリケーションコース
PHP/Laravelコース
Javaコース
フロントエンドコース
WordPressコース
iPhoneアプリコース
Androidアプリコース
Unityコース
はじめてのプログラミングコース
Pythonコース
AIコース
データサイエンスコース
Node.jsコース
Google Apps Scriptコース
OSS学習コース
フロントエンドフリーランスコース
Webアプリ実践ポートフォリオコース
Webデザインコース
UI/UXデザインコース
動画編集コース
動画広告クリエイターコース
Shopifyコース
Webデザインフリーランスコース
デザイン実践ポートフォリオコース
Wixコース
Webディレクションコース
Webマーケティングコース
はじめてのDXコース
DXマネジメントコース
エンジニア転職保証コース
Web制作副業コース
受け放題コース
フロントエンドコース
マーケティングコース
デザインコース
WordPress副業コース
AWS自動化コース
AWSフルコース
Javaフルコース
Javaフレームワークコース
学べる言語など HTML/CSS・JavaScript・PHP・Java・Pythonなど HTML/CSS・JavaScript・PHP・Java・jQueryなど
コース料金(税込) 163,900円(学割)~ 198,000円(学割)~
支払い方法 銀行振込・コンビニ・クレジットカード(分割OK) 銀行振込・クレジットカード(分割OK)

質問対応

Tech Academyでは、週2回のメンタリングと毎日15時~23時までのチャットサポートを利用してわからないことを質問できます。

週2回のメンタリングは、マンツーマンが魅力ですが、1回たった30分しか相談できないため、時間が短すぎるのがネックです。

一方、Raise Techは「チャット」と「通話」を利用して毎日10時~ 24時まで回数無制限で質疑応答が可能。

Tech Academyよりも質問できる時間帯が圧倒的に長いため、質問のしやすさで選ぶなら、Raise Techに軍配が上がります。

講師の質

Tech Academyは通過率10%の狭き門を通過した現役エンジニアのみ採用しており、講師の質が高いと評判です。

開発会社が運営しているRaise Techも、月単価80万円以上の現役エンジニアが講師をしているため、双方の講師の質はどちらも高いと言えます。

強いて挙げるなら、Raise Techは代表が直々に講師を務め、個人面談も行っているので、受講生と代表の距離が近い所も魅力です。

転職サポート

Tech Academyにはエンジニア転職保証コースがありますが、紹介先が「東京のIT企業」と地域が限定されているのが難点。

転職サポート内容については、双方大した違いはありませんが、受講修了後も半永久的に転職サポートを受けられるのはRaise Techだけ。

東京でのエンジニア転職を目指す場合は、Tech Academyの方がおすすめですが、長期的なサポートを望むのであれば、Raise Techの方が安心です。

また、他の人気プログラミングスクールと比較したい場合には、以下の記事が参考になりますよ。

Raise Tech(レイズテック)のご利用手順

raise_tech_レイズテック_利用手順

Raise Techの利用の流れは以下の通りになります。

Raise Techの利用の流れ
  1. Raise Tech公式HPの各コースにある「お申込みフォーム」をクリック
  2. 「お申込みフォーム」に必要事項を記入し送信すると仮申し込みが完了
  3. Raise Techから、料金の支払い&本申込みのメールが届く
  4. 入金後、オンライン授業スタート
  5. オンラインサポートを利用しながら次回講座までに案内された範囲を自習
  6. 講座を修了後に転職サポートや案件紹介

Raise Techに入会しようかどうか迷っている人は、「2週間無料トライアル」がついているコースを選ぶのがおすすめ。

2週間無料トライアルなら、もしも学習スタイルが合わなかった時に、全額返金保証があるからです。

全額返金保証がついていれば、経済的な不安を軽減できるので、未経験の人でも安心して学習を開始できます。

Raise Tech(レイズテック)の評判まとめ

raise_tech_レイズテック_まとめ

プログラミングスクールで学んだ知識やスキルを、確実に仕事に結び付けたい人には、Raise Techがおすすめ。

Raise Techなら、現場で本当に必要とされている技術を教えてくれるので、エンジニアになってからもしっかり稼ぐことができるからです。

また、Raise Techは時間や回数を気にせず、無制限で質問できるので、未経験者でも納得できるまで相談できるところも魅力。

エンジニア転職は年齢が若いほど有利になるので、プログラミングを始めるなら1日でも早く行動するのが重要です。

いきなり受講するのが怖い人は、全額返金保証付きの2週間無料トライアルから始めてみましょう。