債務整理の費用の相場は?お金がなくて支払いができない時の対処法も解説!

債務整理にもお金ってかかるの?
債務整理にかかる費用はどのくらい?

債務整理とは、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせることができる手続きです。

しかし、この債務整理にもお金がかかります。

債務整理を検討している方の多くは、手元にお金がないのが実情です。

そこで今回は、債務整理の費用の相場を紹介するとともに、お金がなくて支払いができない場合の対処法も解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

「債務整理 費用」ざっくり言うと
  • 債務整理の手続きにかかる費用は、裁判所費用と弁護士費用の2つに分かれる
  • 任意整理と特定調停にかかる費用はそれぞれ50,000円〜100,000円程度、20,000円〜30,000円程度と割安
  • 個人整理と自己破産にかかる費用はそれぞれ370,000円〜800,000円程度、300,000円〜1,000,000円程度と割高
  • 法テラスを利用したり、司法書士に依頼したりすると費用を抑えられる
  • 債務整理は自分でなんとかしようとせず、弁護士に依頼するのが重

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00


◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

おすすめ記事


債務整理_おすすめ_アイキャッチ債務整理おすすめ人気の弁護士事務所9選!選び方・費用まで完全ガイド【安い&優良】リボ払いが原因で借金地獄!?借金地獄になりやすい人・原因を徹底解説!リボ払いが原因で借金地獄!?借金地獄になりやすい人・原因を徹底解説!

債務整理の費用の相場とその内訳は?

債務整理には、主に以下の4種類があります。

任意整理 債権者と交渉して借金を減額したり、返済期日を伸ばしてもらったりする手続き
個人整理 裁判所を通じて借金を大幅に減額してもらい、原則3年間で返済する手続き
自己破産 裁判所に申し立てて借金から完全に解放してもらう手続き
特定調停 債権者と話し合い、借金の減額や支払期日の延期を交渉する手続き

債務整理の各手続きにかかる費用は、裁判所費用と弁護士費用の2つに分かれます。

各手続きにかかる費用の相場をまとめると、以下のようになります。

手続きの種類 費用の相場
任意整理 50,000円〜100,000円程度
個人整理 370,000円〜800,000円程度
自己破産 300,000円〜1,000,000円程度
特定調停 20,000円〜30,000円程度

ここでは、債務整理の各手続きに対する費用の相場とその内訳を詳しく解説していきます。

任意整理の場合

任意整理の手続きにかかる費用の相場は、以下のようになります。

裁判所費用 弁護士費用
不要 50,000円〜100,000円程度

(減額報酬10%+30,000円(1社あたり)が一般的)

任意整理の手続きにかかる費用の相場は、50,000円〜100,000円程度です。

多くの場合は上記の費用が相場となりますが、借入先が多い場合にはそれ以上になってしまうことがあります。

しかし、任意整理には弁護士もしくは司法書士が債権者と直接交渉するため、裁判所費用がかかりません。

そのため、他の債務整理の手続きよりも安く済む傾向にあります。

任意整理の費用の内訳

任意整理の手続きにかかる費用の内訳は、以下のようになります。

費用の内訳 費用の相場
着手金 20,000円〜50,000円(1社あたり)
報酬金 20,000円〜50,000円(1社あたり)
減額報酬 減額した金額の10%の金額

全て1社あたりにかかる費用になっているので、複数社からの借入がある方は注意する必要があります。

ただし、一度にまとめて依頼することで比較的安く済むことがあります。

個人再生の場合

個人再生の手続きにかかる費用の相場は、以下のようになります。

裁判所費用 弁護士費用
170,000円〜300,000円程度 200,000円〜500,000円程度

個人再生の手続きにかかる費用の相場は、370,000円〜800,000円程度です。

個人再生は、裁判所を通じて借金を大幅に減額してもらう手続きなので、裁判所に支払う費用がかかります。

弁護士費用は200,000円〜500,000円程度ですが、持ち家を残したい場合にはさらに100,000円~200,000円が追加で必要になります。

弁護士に支払う費用が大きくなってしまう個人再生ですが、得られるメリットは壮大です。

個人再生の費用の内訳

個人再生の手続きにかかる費用の内訳は、以下のようになります。

費用の内訳 費用の相場
着手金 200,000円〜500,000円
報酬金 着手金に含まれているのが一般的
申し立て手数料 10,000円程度
裁判所予納金 13,000円程度
郵便切手代 2,000円程度

自己破産の場合

自己破産の手続きにかかる費用の相場は、以下のようになります。

裁判所費用 弁護士費用
100,000円〜500,000円程度 200,000円〜500,000円程度

自己破産の手続きにかかる費用の相場は、300,000円〜1,000,000円程度です。

自己破産は、裁判所に申し立てて借金から完全に解放してもらう手続きなので、裁判所に支払う費用がかかります。

同時廃止か管財事件のどちらの手続きになるかによって、費用は大きく変わってきます。

MEMO

同時廃止の場合は、100,000円〜300,000円程度かかります。

管財事件の場合は、200,000円〜500,000円程度かかります。

自己破産の費用の内訳

自己破産の手続きにかかる費用の内訳は、以下のようになります。

費用の内訳 費用の相場
着手金 300,000円〜500,000円
報酬金 着手金に含まれているのが一般的
申し立て手数料 1,500円程度
予納金 10,000円程度(同時廃止の場合)

15,000円程度(管財事件の場合)

郵便切手代 4,000円程度

特定調停の場合

特定調停の手続きにかかる費用の相場は、以下のようになります。

裁判所費用 弁護士費用
不要 20,000円〜30,000円程度

特定調停の手続きにかかる費用の相場は、20,000円〜30,000円程度です。

特定調停は簡易裁判所を通して、債権者と話し合い、借金の減額や支払期日の延期を交渉する手続きを指します。

簡易裁判所を通しますが、特定調停にはさほどお金がかかりません。

特定調停の手続きは他の手続きと違って、比較的容易のため、個人で行うケースが多いです

特定調停の費用の内訳

特定調停の手続きにかかる費用の内訳は、以下のようになります。

費用の内訳 費用の相場
着手金 20,000円〜30,000円程度(1社あたり)
報酬金 着手金に含まれているのが一般的
申し立て手数料 500円程度

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

債務整理の費用を用意できない場合の支払い方法

上記で解説したように、債務整理を行うにも多額のお金が必要になります。

債務整理をするだけのお金が準備できないから断念しようと考える方もいるでしょう。

しかしながら、費用が支払えなくても債務整理を行うのは可能です。

お金が準備できなくても、債務整理にかかる費用は以下の4つの対処法で解決することができます。

4つの対処法
  • 法テラスを利用すると5000円から分割払いが可能
  • 司法書士に依頼すると費用を抑えられる
  • 分割払いにする
  • 債権者への支払いを一時的にストップさせる

それぞれの対処法について、詳しく解説していきます。

法テラスを利用すると5000円から分割払いが可能

お金が準備できない際に、債務整理の費用を抑える対処法としてまず挙げられるのは、法テラスを利用することです。

MEMO

法テラスとは、日本司法支援センターの愛称で、法的トラブルの無料相談に応じてくれる国の機関です。

ただし、収入が一定以下であり、経済的に余裕がない場合にのみ利用することが可能です。

法テラスを介して弁護士に依頼することで、相場の3分の1程度の費用で行うことができます。

また、法テラスは弁護士費用の立て替えもしてくれます。

立て替えを利用すると、法テラスが前もって弁護士費用を支払ってくれ、利用者は月額5000~1万円程度の分割払いで支払えば良くなります。

司法書士に依頼すると費用を抑えられる

債務整理の費用を抑える対処法として、司法書士を利用することも挙げられます。

MEMO

司法書士は弁護士と同じように、法律に関する業務を代わりに行ってくれる職業です。

弁護士と比べると依頼できる業務の範囲や扱える金額が少ないですが、報酬は比較的少なめで依頼することが可能です。

具体的には、弁護士に債務整理手続きを頼んだ時には通常かかる費用が30万円のところ、司法書士では10万円程度になります。

ただし、司法書士に依頼する場合は1社あたりの借入額が140万円以下の場合に限られます。

それに加え、司法書士を利用した場合、債権者との交渉や裁判所への申し立ては自分で行う必要があるので、注意が必要です。

分割払いにする

一般的に一番よく用いられるのが、分割払いにするという対処法です。

債務整理を検討している方の多くが、手元にお金がないのを考慮して、分割払いを採用している弁護士事務所が多いです。

多くの弁護士事務所が36回払いを支払い回数の上限としており、一度の返済額は20,000~50,000円とされていることが一般的です。

債務整理の手続きの中でも、任意整理と個人再生については手続き完了後に借金の支払いがあります。

この借金の支払いと弁護士費用の支払いをどう両立していくのかの返済計画は弁護士が相談に乗ってくれるでしょう。

現実的な返済計画を提案してもらえるはずです。

債権者への支払いを一時的にストップさせる

弁護士に依頼することで、債権者への借金の返済は一時的にストップすることが可能です。

その理由としては、弁護士を介して債権者に債務整理の受任通知を送付することで、債務整理の手続き終了まで返済を免除することができるからです。

この返済が必要ない期間はおよそ3ヶ月あるため、弁護士費用もしくは借金の支払いのためのお金を貯める時間ができます。

実際に弁護士からも説明がありますが、この期間のうちにお金を準備しておくことが大切です。

その後に分割払いをお願いするとしても、弁護士に返済の誠意を伝えることにつながるため重要になります。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

債務整理を自分で行うのは難しい?

弁護士費用がかなり高いから、自分でできるなら自分でやりたい。

このように思う方も多いのではないでしょうか。

確かに自分で債務整理の手続きを行えば、弁護士費用を節約することができます。

実際に、債務整理の手続きを自分で行うことは可能と言えば可能です。

しかしながら、債務整理の手続きには法的な知識が必要なため、自分が弁護士でない限り、自分で手続きを行うのは困難でしょう。

それに加え、債務整理が成功するかしないかによって、自分の人生が大きく変わるので弁護士に依頼するのをおすすめします。

債務整理で悩んだら弁護士に相談すること

債務整理で悩んだら早い段階で弁護士に相談することが大切です。

債務整理をしようと検討している時間にも借金は増え続けてしまいます。

相談だけなら無料で受け付けてくれる弁護士事務所が多くあるので、まずは弁護士に相談してみるというのがいいでしょう。

相談するときは以下の3つのことに注意してみてください。

3つの注意点
  1. 本人が出来るだけ相談する
  2. 債務整理に関係する資料は全て持参する
  3. 事実のみを伝える(嘘はつかない)

弁護士事務所を選ぶ上で重要な3つの基準

債務整理を弁護士に依頼しようと思っても、たくさんの弁護士事務所があってどれを選べば良いのか迷ってしまいます。

債務整理において弁護士事務所を選ぶ基準はこちらです。

債務整理で弁護士を選ぶ基準
  • 借金問題を専門とする弁護士が在籍しているかどうか
  • 無料相談を受け付けているかどうか
  • 弁護士費用が高過ぎないかどうか

一つずつ解説をしていきます。

借金問題を専門とする弁護士がいる

まず最も大切なのは、債務整理・自己破産などの借金問題に強い弁護士が在籍しているかどうかです。

一口に弁護士といっても専門性は多岐に渡るため、全般的にどんな問題にも対応をしている弁護士より、債務整理を得意とする弁護士に依頼をした方が安心できます。

中には債務整理を専門としている弁護士事務所もあるので、そういった借金問題に強い事務所に依頼をするのがおすすめです。

無料相談ができる

借金を抱えている人からしたら弁護士費用はなるべく安く抑えたいものなので、相談までは無料でしてくれる弁護士事務所を選ぶようにしましょう

基本的には相談までは無料で聞いてくれる弁護士事務所が多いですが、中には相談だけで費用を取られることもあります。

相談は何度でも無料、かつ実際に依頼をしたときにのみ費用が発生すると明確に宣言している弁護士事務所がおすすめです。

弁護士費用が適正価格である

債務整理にかかる弁護士費用の相場は以下のようになります。

手続きの種類 費用の相場
任意整理 50,000円〜100,000円程度
個人整理 370,000円〜800,000円程度
自己破産 300,000円〜1,000,000円程度
特定調停 20,000円〜30,000円程度

債権者の数や期間によっても金額は異なってきますが、相場から大きく外れた高額費用が掛かる弁護士事務所はおすすめできません。

心配なときは複数の弁護士事務所で相談をし、一番信頼できそうだと感じたところに依頼をしましょう。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

債務整理を依頼するのにおすすめな法律事務所7選

債務整理には、弁護士や司法書士の力を借りるとスムーズに手続きが出来ると書きました。

ここからは、債務整理におすすめの相談先を紹介します。

債務整理を依頼するのにおすすめな法律事務所は主に以下の7つです。

債務整理を依頼するのにおすすめな弁護士・司法書士事務所7選
  • はたの法務事務所
  • サンク法律事務所
  • ライズ綜合法律事務所
  • 東京ロータス法律事務所
  • アース法律事務所
  • ひばり(名村)法律事務所
  • ベリーベスト法律事務所

それぞれの法律事務所について詳しく見ていきましょう。

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

はたの法務事務所

出典:https://hikari-hatano.com/

はたの法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため、失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
はたの法務事務所の詳細
事務所名 業態
はたの法務事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-732-023 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 1社 22,000円〜
過払金成功報酬 14.08%〜
自己破産 330,000円
民事再生 385,000円

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

出典:https://thank-law.jp

サンク法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

また、女性弁護士がいるので、誰でも安心してご利用できます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
サンク法務事務所の詳細
事務所名 業態
サンク総合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-281-739 任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬 着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産 同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生 住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

\ まずは相談することが解決への1歩!/

サンク法律事務所の無料相談はこちら

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

債務整理_おすすめ_ライズ

出典:https://risesogo.jp/

ライズ綜合法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

リーガルさん

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。
ライズ綜合法律事務所の詳細
事務所名 業態
ライズ綜合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-657-001 任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
任意整理 1社 55,000円〜
過払金成功報酬 22%〜
自己破産 811,000円
民事再生 618,000円

\ まずは無料診断/

ライズ綜合法律事務所の 無料相談はこちら


【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

出典:http://tokyo-lawtas.com/

東京ロータス法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談可能です。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

リーガルさん

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。
東京ロータス法律事務所の詳細
事務所名 業態
東京ロータス法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-316-715 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円
個人再生 300,000円

\ まずは無料診断/

東京ロータス法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-783-078 <<
【無料電話相談】平日 10:00~20:00 / 土日祝 10:00~19:00

【裁判で勝負するなら】アース法律事務所

アース法律事務所

出典:http://earth-lawoffice.net/

アース法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
アース法律事務所の特徴
  • 元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当するので安心!
  • 債務整理の受任実績は3,500件以上と豊富な経験から最適な方法を提案する。
  • 出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼可能!
  • ただし、借金額や置かれている状況によっては、債務整理の方法が限られてしまう場合がある。

アース法律事務所は、裁判官の経験だけでなく弁護士としてのキャリアも30年以上で、様々な案件に関わってきた豊富な実績と経験を活かして債務整理に当たってくれます。

また、債務整理に関する近年の裁判の運用や現状などにもとても詳しく、手続きの進め方などもスムーズなので、アース法律事務所の特徴と言えます。

リーガルさん

個人再生や自己破産をする場合、裁判所で手続きを行わなければいけません。そのため、裁判官としての経験がある弁護士なら依頼しやすいです。
アース法律事務所の詳細
事務所名 業態
アース法律事務所 弁護士事務所
電話番号 対応業務
03-6383-2430 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 22%~
自己破産 330,000円〜
個人再生 330,000円〜

\ まずは無料診断/

アース法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-346-211 <<
【無料電話相談】10:00~19:00

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

ひばり(旧名村)法律事務所は怪しい?リアルな口コミ・評判や料金を解説! | 任意・債務整理のおすすめ比較ランキングはSAIMUU

出典:https://www.hibari-law.net/

ひばり法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

リーガルさん

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。
ひばり法律事務所の詳細
事務所名 業態
ひばり法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
050-3189-0296 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 20,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円〜
個人再生 200,000円〜

\ まずは無料診断/

ひばり(名村)法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-851-037 <<
【無料電話相談】10:00~18:00

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

出典:https://www.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(3.0)
対応業務の広さ
(5.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

リーガルさん

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。
ベリーベスト法務事務所の詳細
事務所名 業態
ベリーベスト法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-666-694 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産 基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生 基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

\ まずは無料診断/

ベリーベスト法律事務所の 無料相談はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、債務整理の費用の相場を紹介するとともに、お金がなくて支払いができない場合の対処法について、解説してきました。

もう一度おさらいしておきましょう。

「債務整理 費用」まとめ
  • 債務整理の手続きにかかる費用は、裁判所費用と弁護士費用の2つに分かれる
  • 任意整理と特定調停にかかる費用はそれぞれ50,000円〜100,000円程度、20,000円〜30,000円程度と割安
  • 個人整理と自己破産にかかる費用はそれぞれ370,000円〜800,000円程度、300,000円〜1,000,000円程度と割高
  • 法テラスを利用したり、司法書士に依頼したりすると費用を抑えられる
  • 債務整理は自分でなんとかしようとせず、弁護士に依頼するのが重

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。