任意整理の費用の相場は5~10万円?費用が支払えない時の対処法から支払い方法を解説

任意整理にはどのくらいの費用がかかるの?

このように考えていませんか?

借り入れが積み重なり、返済に困っているなら、任意整理をすると返済が楽になる可能性があります。

しかし、任意整理自体にもお金はかかるため、任意整理を依頼するためのお金がどのくらいかかるのか不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では任意整理にかかる費用について解説していきます。

「任意整理の費用」ざっくり言うと
  • 任意整理では弁護士や司法書士が債権者と借金の減額を交渉してくれる
  • 任意整理の費用の相場は5~10万円程度
  • 任意整理の費用が用意できない時には法テラスを利用することなどがおすすめ
  • 任意整理の依頼におすすめなのは東京ロータス法律事務所など
  • 任意整理の依頼先を選ぶポイントは費用など
  • 任意整理の相談なら『はたの法務事務所』が対応も丁寧と高評価
  • はたの法務事務所』は相談料・着手金は無料のため、今すぐ相談がおすすめ!

     

任意整理とは?|債務整理の3つの種類

任意整理_費用_種類
任意整理は、3つの債務整理と合わせて考えると理解しやすいです。

任意整理とは?|債務整理の3つの種類

債務整理とは、借金の減額や支払いの延長をするための手続きです。

債務整理は大きく「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つに分けられます。

それぞれの債務整理について詳しく見ていきましょう。

任意整理

任意整理_費用_任意整理
まずは、意整理についてです。

任意整理とは、弁護士などの専門家が、借金の減額や支払いの延長の交渉をしてくれる手続きのことです。

法律に詳しい専門家が代わりに手続きをするため、法律の知識があまりない人におすすめです。

しかし、任意整理は裁判を使う方法ではなく、法的拘束力がないので注意が必要です。

任意整理について詳しく知りたい人はこの記事をチェック

個人再生

任意整理_費用_個人再生2つ目は、個人再生です。

個人再生とは、裁判所を通じて借金の一部を免除してもらう手続きのことです。

個人再生は、持ち家などの財産を処分しなくてもいいので魅力的です。

任意整理と、下で紹介する自己破産の中間にあるような手続きになっています。

自己破産

任意整理_費用_自己破産
自己破産とは、裁判の手続きであなたが持っている財産(持ち家など)を換金してお金を借りている人に返済する代わりに、借金を0にできる手続きです。

ただ、すべての財産がなくなってしまうわけではなく、生活必需品など最低限の財産は残してもらうことができます。

今回紹介した債務整理の方法の中で、もっとも強力なものと言えます。

任意整理の費用の相場

任意整理_費用_相場
結論、任意整理の費用の相場は5~10万円程度になっています。

任意整理は上で紹介した3つの債務整理の方法の中でも一番簡単に手続きできるものであるため、費用も低めになっています。

ただ、注意点はこの5~10万円程度の費用は、借入先1社あたりの費用ということです。

多少の割引はありますが、借入先が多いと任意整理の費用は高くなります。

任意整理の費用の内訳

任意整理_費用_内訳
任意整理の費用の内訳は、詳しくは以下の4つで分かれています。

任意整理の費用の内訳

それぞれの費用について詳しく見ていきましょう。

相談料

任意整理_費用_相談料
相談料とは、専門家に任意整理について相談した時にかかる費用のことです。

1万円程度かかる場合もありますが、相談料を無料としている場合も多いです。

また、メールや電話での相談であれば相談料が無料になるケースもあります。

着手金

任意整理_費用_着手金
着手金とは、任意整理を弁護士や司法書士に依頼する時に支払う費用です。

借入先1社あたり数万円程度かかります。

複数社への任意整理を同時に依頼する場合には、割引が受けられることもあります。

完全成果報酬制としている弁護士・司法書士の場合にはかからない場合もあります。

基本報酬

任意整理_費用_基本報酬
基本報酬とは、任意整理で借金が減額できた時に支払う費用です。

基本的には基本報酬が一番高く、3~5万円程度が相場になっています。

過払い成功報酬

任意整理_費用_過払い
過払い成功報酬とは、過去の借金で過払い金が発生していて、過払い金を取り戻せた時にかかる費用です。

過払い成功報酬は戻ってきた過払い金の20%程度に設定されていることが多いです。

任意整理の費用が用意できない時の3つの対処法

任意整理_費用_対処法
任意整理を考えている人はすでに借金に追われていて、任意整理を依頼するための費用を用意できない場合も多いのではないでしょうか。

そんな人が取れる対処法としては、主に以下の3つが挙げられます。

任意整理の費用が用意できない時の3つの対処法

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:法テラスを利用する

任意整理_費用_法テラス
任意整理の費用が用意できない時には、法テラスを利用するのがおすすめです。

法テラスとは、収入額が一定以下の人を対象に法的な支援をしてくれる公的な機関のことです。

法テラスでは相談料が無料であり、成功報酬が通常の半額になるなどお得に任意整理ができます。

また、生活保護を受給している場合には支払いが免除される可能性があります。

対処法②:司法書士に依頼する

任意整理_費用_司法書士
任意整理の費用が用意できない時には、司法書士に依頼するのもおすすめです。

司法書士は弁護士と比べると、依頼費用がやや低い傾向があるからです。

ただ、司法書士は1社あたりの借金が140万円を超えている場合には依頼できないので注意しましょう。

また、過払い金が140万円以上あった場合には、司法書士に依頼すると140万円以上の分は返ってこない場合があります。

対処法③:分割払いにする

任意整理_費用_分割
任意整理の費用が用意できない時には、分割払いにするのもおすすめです。

分割払いにすれば、今すぐにお金が用意できなくても、少しずつ払っていくことができます。

任意整理をする人は基本的にはお金に困っていますから、分割払いに対応している弁護士・司法書士事務所は多いです。

最大36回払いまで対応しているところが多いようです。

任意整理の依頼がおすすめな弁護士・司法書士事務所6選

任意整理_費用_事務所
数ある依頼先の中でも、特に任意整理の依頼におすすめな弁護士事務所や司法書士事務所は以下の6つです。

それぞれの事務所について詳しく見ていきましょう。

はたの法務事務所

任意整理_費用_はたのはたの法律事務所は、相談実績20万件以上の非常に人気のある司法書士事務所です。

司法書士歴40年の実績があり、優秀な司法書士が多いという評判もあります。

着手金・手持ち資金ともに0円というのも魅力的です。

利用者の満足度は95.2%となっているため、非常に質の高いサービスを行っていると言えるでしょう。

着手金/1件 0円
減額報酬 10%
報酬金/1件 20,000円
過払い報酬 返還額の20%
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応業務 債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など

はたの法務事務所の
無料相談はこちら

ベリーベスト法律事務所

次は、ベリーベスト法律事務所についてです。

ベリーベスト法律事務所は、大手の法律事務所で、全国に拠点を持っています。

特に債務整理と過払金の対応を得意としているので、初めての方でも安心して任せることができます。

実際に、過去の相談件数は24万件以上で相談だけなら『何度でも無料』で人気と言えます。

弁護士にお願いをすると、借金の督促状が止まり精神的にも楽になるので、まずは相談だけしたい!と言う方にもおすすめです。

成功報酬 0円
事務手数料 4万4,000円(税込)
同時廃止 33万円(税込)
管財事件 44万円(税込)
管財事件
※個人事業主
44万円(税込)〜66万円(税込)
法人破産 110万円(税込)〜
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など

ベリーベスト法律事務所の
無料診断はこちら

東京ロータス法律事務所

任意整理_費用_ロータス
東京ロータス法律事務所は借金問題の解決や債務整理を得意とする弁護士事務所です。

受注件数は6000件以上と豊富な実績があります。

相談は何回でも無料で、土日であっても対応してくれるため、相談しやすい環境が整っています。

着手金/1件 22,000円
減額報酬 11%
報酬金/1件 22,000円
過払い報酬 返還額の22%
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応業務 債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など

 

ひばり法律事務所

任意整理_費用_ひばり
ひばり法律事務所は東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテランが相談に応じてくれる法律事務所です。

債務整理はもちろん、ネットトラブルにも強い法律事務所になっています。

ひばり法律事務所には女性弁護士も在籍しているため、女性も安心して相談することができます。

依頼にかかる費用が明確なので安心して依頼できます。

着手金/1件 22,000円
減額報酬 10%
報酬金/1件 22,000円
過払い報酬 返還額の20%
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応業務 債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など

弁護士法人・響

任意整理_費用_響
弁護士法人・響は多数の弁護士が在籍している法律事務所です。

男性だけでなく、女性弁護士も多く在籍しています。

弁護士法人・響は丁寧な対応が特徴で、費用については事前に明確に説明してくれるため安心です。

着手金/1件 55,000円〜
減額報酬 11%
報酬金/1件 11,000円〜
過払い報酬 返還額の22%
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など

天音総合法律事務所

任意整理_費用_天音
天音総合法律事務所は債務整理を中心としたさまざまな法律問題に対応できる法律事務所です。

相談は何回でも無料であり、24時間受け付けてくれます。

弁護士をはじめとした専門チームを作って対応するため、迅速な対応が可能になっています。

着手金/1件 55,000円〜
減額報酬 11%
報酬金/1件 11,000円〜
過払い報酬 返還額の22%
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応業務 債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など

任意整理の依頼先を選ぶ3つのポイント

任意整理_費用_ポイント
任意整理の依頼先を選ぶ時のポイントとしては、主に以下の3つが挙げられます。

任意整理の依頼先を選ぶ3つのポイント

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:費用

任意整理_費用_費用
任意整理の依頼先を選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、費用です。

任意整理をするのであればお金がないのは当然ですから、少しでも安く済めばそれに越したことはないですよね。

特に費用について明快に説明してくれる法律事務所であれば、安心して依頼できるでしょう。

ポイント②:実績

任意整理_費用_実績
任意整理の依頼先を選ぶポイントとしては、実績も挙げられます。

弁護士や司法書士には得意分野というものがあり、依頼先がまったく任意整理の依頼を受けたことがない場合もあります。

任意整理など債務整理の案件を得意とする弁護士・司法書士に相談するとスムーズな任意整理が実現できるでしょう。

ポイント③:依頼先事務所と自宅の距離

任意整理_費用_距離
任意整理の依頼先を選ぶポイントとしては、依頼先事務所と自宅の距離も外せません。

他の依頼と異なり、任意整理の依頼先を選ぶ時には、事務所に何回か訪問しなければいけない場合が多いからです。

ただ、現在では事務所を訪問せずに依頼できることも増えています。

任意整理の4つのメリット

任意整理_費用_メリット
任意整理をすることには、以下のような4つのメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:一定期間返済をやめられる

任意整理_費用_返済
任意整理のメリットとしてまず挙げられるのは、一定期間返済をやめられることです。

下で詳しく説明しますが、弁護士や司法書士は任意整理の依頼を受けると借入先に受任通知を送ります。

受任通知を受け取った借入先は借金の取り立てや催促をできなくなるのです。

そのため、取り立てや催促で不安にならずに済みます。

メリット②:借金が減額される可能性がある

任意整理_費用_減額
任意整理のメリットとしては、借金が減額される可能性があることも挙げられます。

現在の借金額が大幅に支払い能力を超えてしまっている場合、借金が減るかもしれません。

特に、過払い金が発生している場合には、借金が過払い金の分減少することになります。

昔から借金をしていた場合には、過払い金がある可能性があります。

メリット③:利息が減る可能性がある

任意整理_費用_利息
任意整理のメリットとしては、利息が減る可能性があることも挙げられます。

返済額の利息部分をすべてカットし、元金だけを返済すれば良い状況になることが多いです。

利息が大きくなりすぎて返済に苦労している場合には魅力的と言えるでしょう。

メリット④:返済窓口を一本化できる場合がある

任意整理_費用_窓口
任意整理のメリットとしては、返済窓口を一本化できる場合があることも挙げられます。

任意整理をすれば、依頼した弁護士や司法書士を返済窓口にできる場合があるのです。

借金の借り入れ先が多いと、返済の手間も大きくなってきますから、窓口が一本化できれば楽になりますよね。

任意整理の3つのデメリット

任意整理_費用_デメリット
任意整理をする時には、以下のような3つのデメリットも忘れてはいけません。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:借り入れがなくなるわけではない

任意整理_費用_なくなる
任意整理のデメリットとしてまず挙げられるのは、借り入れがなくなるわけではないことです。

任意整理はあくまで借金の減額交渉ができる制度で、借り入れが0になることは基本的にありません。

減額された後の借り入れはきちんと返済していく必要があります。

借入額を0にしたい場合には、自己破産の手続きを踏む必要があります。

ただし、自己破産はデメリットも大きいですので、慎重な判断が必要です。

デメリット②:しばらく借り入れができなくなる

任意整理_費用_しばらく
任意整理のデメリットとしては、しばらく借り入れができなくなることも挙げられます。

任意整理をすると、ブラックリスト入りすることになります。

ブラックリスト入りすると、少なくとも数年間は金融期間からお金を借りるのがほぼ不可能になります。

デメリット③:任意整理の交渉が失敗する可能性もある

任意整理_費用_交渉
任意整理のデメリットとしては、任意整理の交渉が失敗する可能性があることも挙げられます。

任意整理はあくまで弁護士や司法書士が借金の減額を交渉してくれるもので、かならず交渉が成功するわけではありません。

大手の金融機関であれば社会的評判を守るために任意整理に応じてくれる場合が多いですが、中小規模の金融機関の場合には応じてくれない場合もあります。

任意整理は借入先にとっては、金銭的利益は少しもないものだからです。

任意整理を利用できる4つの条件

任意整理_費用_条件
任意整理を利用できる条件としては、主に以下の4つが挙げられます。

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

安定した収入

任意整理_費用_収入
任意整理を利用できる条件としてまず挙げられるのは、安定した収入があることです。

任意整理では借金が減額できるだけで、0円になるわけではないので、今後も借金の返済自体は続けていく必要があります。

そのため、借金が減っても返済ができないのであれば任意整理を利用することはできません。

なお、安定した収入というのは必ずしも高い収入である必要はなく、毎月一定額の収入をもらっていれば問題ありません。

3~5年で返済できる

任意整理_費用_返済
任意整理を利用できる条件としては、3~5年で返済できることも挙げられます。

たとえ毎月返済ができたとしても、返済が3~5年以上かかってしまう見込みであれば任意整理を利用できないかもしれません。

返済に長期間かかってしまえばしまうほど、借入先にとっては任意整理に応じるメリットが少なくなってくるからです。

返済の意思がある

任意整理_費用_意思
任意整理を利用できる条件としては、当たり前ではありますが返済の意思があることも重要です。

金融機関としては、借金を減額することは嫌なことですが、借金を減額したのに減額した借金も返してくれないのはもっと嫌なことです。

そのため、返済の意思がないのであれば、任意整理の交渉が失敗することが多いです。

返済の意思を示すことは、借入先に対する最低限の礼儀と言えるでしょう。

金融機関が交渉に応じる

任意整理_費用_金融機関
任意整理を利用できる条件としては、金融機関が交渉に応じることも挙げられます。

上でも述べましたが、任意整理は弁護士や司法書士が借入先の金融機関と交渉を行いますが、金融機関は必ず任意整理に応じる義務があるわけではありません。

特に中小の金融機関であれば、交渉に応じてくれない可能性があります。

金融機関が交渉に応じてくれるかどうかは祈るしかない要素ですが覚えておきましょう。

金融機関が交渉に応じてくれない場合には、個人再生や自己破産など法的拘束力がある手段を使う必要があります。

任意整理をする時の10手順

任意整理_費用_手順
任意整理をする時の手順としては、主に以下の10手順が挙げられます。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:弁護士・司法書士に相談

任意整理_費用_弁護士
任意整理をする時には、まずは弁護士や司法書士に相談します。

上でも解説したとおり、費用が安くて実績がある事務所に相談すると良いでしょう。

おすすめの弁護士・司法書士事務所は上で紹介しています。

おすすめの弁護士・司法書士

手順②:委任契約

任意整理_費用_委任
次に、弁護士・司法書士との間で委任契約を結びます。

委任契約とは、「借金減額の交渉をあなたにお任せします」ということを正式に書面で示すものです。

委任契約についてわかりにくかったら、依頼した弁護士・司法書士に聞けば丁寧に説明してくれます。

着手金がかかる事務所の場合には、ここで支払うことになります。

手順③:受任通知送付

任意整理_費用_受任
次に、弁護士・司法書士が借入先の金融機関に対して受任通知を送付します。

受任通知とは、「弁護士・司法書士の私が任意整理の依頼を受けました」と借入先に伝える書面です。

金融機関が受任通知を受け取った時から、金融機関は借金の催促や取り立てができなくなります。

手順④:取引履歴の開示請求

任意整理_費用_開示
次に、弁護士・司法書士が借入先に対して取引履歴の開示請求を行います。

取引履歴とは、これまでにその金融機関に対して行った借り入れとその返済について記した記録です。

取引履歴の開示を行ってもらうことで、過払い金を計算したり、返済計画を作ったりしやすくなります。

手順⑤:引き直し計算

任意整理_費用_引き直し
次に、引き直し計算が行われます。

引き直し計算とは、これまで借入先との間で行われていた取引を利息制限法に基づいて再計算することです。

この計算で過去に利息を払いすぎていた場合には過払い金が発生します。

手順⑥:過払い金返還請求

任意整理_費用_返還請求
次に、過払い金返還請求が行われます。

これは過払い金が発生していた時のみ発生する手順で、借入先に対して、過払い金を返還してもらうように求めます。

過払い金返還請求が成功すれば借金を確実に減らすことができます。

手順⑦:和解交渉

任意整理_費用_和解交渉
次に、弁護士・司法書士と借入先金融機関の間で和解交渉が行われます。

まずは弁護士・司法書士が和解案を作成し、その案をもとに交渉が行われます。

交渉される内容は場合によりますが、分割払いにして月々の返済額を減らしたり、将来生じる利息をカットすることで返済する必要がある金額を減らす交渉が行われます。

手順⑧:合意書作成

任意整理_費用_合意書
弁護士・司法書士と借入先の間で交渉が終わり、合意できれば合意書を作成します。

お互いに合意書に調印することで、交渉内容が正式なものになります。

手順⑨:支払い開始

任意整理_費用_支払い開始
次に、依頼した弁護士・司法書士から任意整理の手続きが終わったという連絡が来ます。

この連絡が来たら和解内容に基づいて返済を行いましょう。

同時に、一度ストップしていた返済が再開されます。

手順⑩:完済

任意整理_費用_完済
最後に完済を目指して返済を続けることになります。

ここまではだいたい3~6ヶ月ほどかかる場合が多いです。

ただ、過払い金の交渉が裁判に持ち込まれた場合には、1年程度かかる場合もあります。

その間は借金の請求がストップしますから、支払えるようにお金を貯めておくのが重要です。

任意整理の費用のまとめ

任意整理_費用_まとめ
任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と借金の減額を交渉してくれる手続きのことです。

任意整理の費用相場は5~10万円程度です。

任意整理をする時には、具体的には以下のような費用がかかってきます。

任意整理の費用の内訳

任意整理の依頼費用が用意できない時には、以下の3つの対処法を取るのがおすすめです。

任意整理の費用が用意できない時の3つの対処法

任意整理を依頼するのにおすすめの弁護士事務所や司法書士事務所は以下のとおりです。

任意整理の依頼先を選ぶ時のポイントとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

任意整理の依頼先を選ぶ3つのポイント

任意整理をするメリットとデメリットには以下のようなものが挙げられます。

任意整理は無条件でできるわけではなく、以下のような条件を満たしている必要があります。

任意整理をする時の手順としては、主に以下の10手順が挙げられます。