個人再生におすすめの弁護士・弁護士事務所|費用相場から正しい選び方も徹底解説

借子さん

個人再生を弁護士に依頼するとどのくらい費用がかかるの?

借子さん

そもそも弁護士に依頼するメリットやデメリットは?

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

個人再生は、手続きが複雑ですが借金を大幅に減額することができます。

そのため、一般的には弁護士に個人再生を依頼することがほとんどです。

この記事では、個人再生のを手続きを弁護士に依頼したい方のために、個人再生を弁護士に依頼する際の費用相場メリット・デメリットまで理解できるようにご紹介します。

個人再生と弁護士をざっくり言うと
  • 個人再生とは借金を減額するための債務整理である
  • 個人再生は裁判所への申し立てが必要となる
  • 個人再生の申し立ては素人では難しいため弁護士に依頼するのが無難と言える
  • 個人再生をする際の費用は40万円~60万円くらい
  • 個人再生を弁護士に依頼するメリットは債権者からの督促がなくなる
  • 個人再生の依頼をする弁護士は経験・知識・実績から選ぶのが良い

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00


◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

もくじ

個人再生とは?弁護士に依頼する4つのメリット

個人再生とは?弁護士に依頼する4つのメリット

借子さん

個人再生を弁護士に依頼するメリットが知りたいです。

個人再生を弁護士に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

個人再生とは?弁護士に依頼するメリット
  • 貸金業者の取り立てがすぐに止まる
  • 複雑な手続きを任せることができる
  • 個人再生の成功率が高くなる
  • 幅広い知識に基づいて柔軟な解決策を考えてくれる

個人再生に詳しくない方のために、個人再生の基本から解説をします。

そもそも個人再生とは?

個人再生_弁護士_そもそも個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てることで借金を大幅に減額する手続きのことです。

しかし、原則として3年間で減額された借金を返済しなければいけません。

以下の表から、具体的な弁済額をご覧ください。

借金総額 最低弁済額
100万円未満 借金総額
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1,500万円以下 借金総額の5分の1
1,500万円超3,000万円以下 300万円
3,000万円超5,000万円未満 借金総額の10分の1

最低弁済額とは、法律によって定められた最低限返済する必要がある金額のことです。

また、個人再生に以下の2種類の手続きがあります。

小規模個人再生 給与所得者再生
対象者 個人商店主や小規模営業を行っている方(アルバイトも含む) 会社員やサラリーマンなど安定した収入があると認められた方
最低弁済額 低い 高い
債権者の同意 過半数の同意が必要 不要

続いて、個人再生を弁護士に依頼する4つのメリットをご紹介します。

貸金業者の取り立てがすぐに止まる

個人再生_弁護士_依頼するメリット_貸金業者の取り立てがすぐに止まる

個人再生を弁護士へ依頼すると債権者に受任通知が送付され、即時に取り立てが止まります

なぜなら、貸金業法により「受任通知が届いた後は債務者に対して直接取り立てをしてはならない」と定められているからです。

通常では、受任通知は速達で送付されるので、早ければ弁護士に依頼した翌日に貸金業者からの連絡がなくなります。

個人再生を弁護士に依頼しない場合

個人再生で弁護士に依頼をせずに自力で申し立てをする場合、裁判所に申し立てをして開始決定が下されるまで、取り立ては止まりません。

つまり、貸金業者から催促を受けながら準備を進める必要があります。

複雑な手続きを任せることができる

個人再生_弁護士_依頼するメリット_複雑な手続きを任せることができる

個人再生を弁護士に依頼すると、複雑な手続きを知識が豊富な弁護士へ任せることができます。

一般的に、個人再生は書類が多く複雑な手続きです。

そして、すべての記載に関して不備があることは許されません。

そのため、複雑な手続きを弁護士に任せることは大きなメリットになります。

個人再生の成功率が高くなる

個人再生_弁護士_依頼するメリット_個人再生の成功率が高くなる

個人再生を弁護士に依頼すると、成功率が高くなります

これは、弁護士には個人再生という複雑な手続きに対して豊富な経験や知識や実績があるからです。

そのため、複雑な手続きを素人が行うのと比べて、格段に成功率が高くなるのです。

個人再生は、法律の素人が行うのには極めて難しいので、弁護士に依頼することを、おすすめします。

幅広い知識に基づいた柔軟な解決策を考えてくれる

個人再生_弁護士_依頼するメリット_幅広い知識に基づいた柔軟な解決策を考えてくれる

個人再生を弁護士に依頼すると、幅広い法律の知識に基づいて解決策を考えてくれます

弁護士は、個人再生だけではなく、任意整理自己破産の知識も熟知しているので、事例に合わせて以下のような解決策も検討することが可能です。

解決策
  • 一概に個人再生と言っても、具体的に小規模再生と給与所得者再生のどちらを選択するとメリットが大きいか?
  • 任意整理や自己破産の方がメリットが大きいケースに該当するのではないか?

上記のような解決策に法律の素人が対応しようとすると、個人再生の仕組みから勉強する必要があります。

リーガルさん

個人再生とは、借金を減額する手続きの一つであり、裁判所への申し出が必要となる手続きとなります。

そのため、手続きは非常に煩雑であり素人では難しい場合があるため、弁護士などの専門家に依頼することで、失敗も防げて無駄な労力を使うことが無いと言えるでしょう。

また、債権者からの催促・督促に苦しんでいる方は、弁護士などの専門家に依頼することで、債権者からの催促・督促をいち早く止めることも出来る。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生を弁護士に依頼するデメリット

個人再生を弁護士に依頼するデメリット

借子さん

手続きや督促などに悩んでいる場合は、弁護士に相談した方が良いですね。

しかし、弁護士に相談するデメリットもあるはずなのですが。

個人再生を弁護士に依頼するデメリットは「弁護士費用の問題」です。

弁護士費用は以下のように大きく分けて3つあります。

弁護士費用
  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金

相談料は無料の事務所が多いので、費用を節約することができます。

着手金とは、個人再生を依頼する際に払う費用のことです。

個人再生の成功や失敗に関係なく、基本的に返金されることはありません。

報酬金とは、裁判所から再生計画案が認可されて、個人再生手続きが成功した際に払う費用です。

ただ、着手金のみ設定している事務所も多くあります。

このように、個人再生を弁護士に依頼すると弁護士費用を支払う必要があります。

弁護士に依頼すると、多額の借金も個人再生を利用することで、より確実に減額することが可能です。

リーガルさん

弁護士に依頼をすることで、当たり前ですが着手金や成功報酬などの弁護士に支払う費用が発生するのが唯一のデメリットとも言えるでしょう。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生を弁護士に依頼した際の費用相場

個人再生を弁護士に依頼した際の費用相場

借子さん

やはり、弁護士さんに支払う費用は掛かりますよね。

そこで、弁護士費用の相場を知っておきたいです。

個人再生は弁護士に依頼すると、相場として弁護士費用が40~60万円必要です。

弁護士費用は以下のように住宅ローン特則を利用するかどうかで大きく金額が変わります。

費用相場
住宅ローン特則を利用する 50~60万円
住宅ローン特則を利用しない 40~50万円

具体的に弁護士費用は以下の3つに分けて必要になります。

弁護士費用
  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金

相談料は無料になる弁護士事務所が多いので、無料相談の利用をおすすめします。

着手金の相場は20~50万円です。

法律事務所による費用の違い

着手金のみが必要で報酬金はいらないという法律事務所もあります。

報酬金の相場は20万円ほどが多いです。

弁護士費用は住宅ローン特則によって大きく左右しますが、相場としては40~60万円程度です。

リーガルさん

弁護士費用として40万円~60万円くらいの費用は考えておかなければ行けない。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生を弁護士に依頼した後にしてはいけないこと

個人再生を弁護士に依頼した後にしてはいけないこと

借子さん

弁護士に個人再生を依頼すると40万円以上は掛かるのですね。

以外と費用が掛かりますね。

それでは、弁護士に依頼をする際に、気をつける事を教えて欲しいです。

個人再生を弁護士に依頼した際に、以下のような行為をするのは避けましょう。

個人再生で弁護士依頼後にしてはいけないこと
  • 弁護士に嘘の内容を伝える
  • 弁護士に手続きを任せきりにする

上記のような、行為をすると個人再生の失敗につながります。

弁護士に嘘の内容を伝える

個人再生_弁護士_依頼後にしてはいけないこと_弁護士に嘘の内容を伝える

個人再生を弁護士に依頼する際には、嘘の情報を報告してはいけません

弁護士に嘘の報告をしてはいけない理由
  • 依頼した弁護士にそれ以上手続きを依頼できなくなくなる
  • 手続きが途中で打ち切りになる

上記のような理由から、個人再生が失敗してしまうのでお気を付けください。

弁護士に手続きを任せきりにする

個人再生_弁護士_依頼後にしてはいけないこと_弁護士に手続きを任せきりにする

個人再生を弁護士に依頼した際に、手続きをすべて任せてはいけません。

なぜなら、個人再生は家計簿など債務者のみが作成できる書類もあるからです。

そのため、弁護士にすべての任せきりにすると手続きの失敗にもつながるので避ける必要があります。

リーガルさん

個人再生を弁護士に依頼する際に、虚偽の報告を弁護士にするのは言語道断です。

また、手続きを任せっきりにも出来ない事は承知しておきましょう。

あくまでも、あなた自身の債務整理だと言う事を理解しておきましょう。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生を任せる弁護士の選び方

個人再生を任せる弁護士の選び方

借子さん

やはり、正直に話をした上で、弁護士の力を借りなければいけませんね。

しかし、弁護士を言っても得意分野などもありますよね。

個人再生を依頼する弁護士の選び方が知りたいです。

個人再生で弁護士を選ぶ際には、以下のような正しい選び方が参考になります。

個人再生を任せる弁護士に正しい選び方
  • 十分な説明をしてくれる
  • 個人再生の経験や実績が豊富
  • 複数の弁護士事務所に相談して比較する

正しい選び方を知ることで、個人再生の成功率にも影響をするのでぜひご覧ください。

十分な説明をしてくれる

個人再生_弁護士_選び方_十分な説明をしてくれる

個人再生の手続きに関して、わかりやすく十分な説明をしてくれる方は良い弁護士です。

個人再生は複雑な手続きなので、専門的なことやわからないことが多く出てきます。

その際に、質問に対して丁寧に説明してくれる弁護士は知識量が多い弁護士とも言えます。

個人再生を行う際は、実際に弁護士の説明を聞いてみましょう。

個人再生の経験や実績が豊富

個人再生_弁護士_選び方_個人再生の経験や実績が豊富

個人再生を弁護士に依頼する際には、弁護士や弁護士事務所の実績や経験を確認しましょう。

なぜなら、経験不足な弁護士や弁護士事務所へ任せると、多くの費用を支払っても失敗する可能性があるからです。

弁護士や弁護士事務所の実績を確認するために以下のような方法を活用しましょう。

弁護士や弁護士事務所の実績を確認する方法
  • 公式ホームページを確認する
  • 実際に話を聞いて確認する

複数の弁護士事務所に相談して比較する

個人再生_弁護士_選び方_複数の弁護士事務所に相談して比較する

個人再生を弁護士に依頼する際には、複数の弁護士事務所に相談して比較してみましょう。

これは、個人再生の手続きに関して以下のようなメリットがあるからです。

複数の弁護士事務所に相談するメリット
  • 相性の良い弁護士を選ぶことができる
  • 個人再生に対する別の意見を聞くことができる など

無料で相談を行っている弁護士事務所が多いので、安心して複数相談することができます。

リーガルさん

弁護士を選ぶポイントとしては、解りやすい説明をしてくれるかどうかが重要です。

相談無料の弁護士事務所が多い事から、出来るだけ多くの弁護士事務所で相談をしてみましょう。

また、弁護士事務所のホームページなどを確認する事で、実績などは簡単に調べることが出来ます。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生を弁護士と司法書士に依頼する違い

個人再生を弁護士と司法書士に依頼する違い

借子さん

個人再生の依頼は弁護士ではなくても司法書士でも出来ると聞いたのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、個人再生を弁護士と司法書士に依頼する違いについて少し解説をします。

大きな違いは携われる業務の違い

弁護士と司法書士では、携われる業務が異なります。

弁護士は各書類の作成はもちろんですが、裁判所での裁判時などに代理人になる事が出来ます

また、個人再生を行う債務額にも上限がありません。

一方、司法書士の基本的な業務は各書類の作成となります。

また、個人再生の債務額が140万円を越える場合の手続きは出来ません

簡単に言うと、弁護士は全ての業務が出来るが、司法書士は弁護士の一部の業務しか出来ないと言うことです。

法律に携わる仕事ではありますが、司法書士は基本的には不動産登記などの手続きを行う方であると思っておいて下さい。

司法書士に依頼するのが良いケースもある!?

上記で解説した様に、弁護士と司法書士では扱う金額や業務が異なります。

しかし、個人再生の債務が140万円以下の場合には、司法書士でも取り扱うことが出来ます。

また、弁護士に依頼をするよりも司法書士に依頼をする方が費用が安くなるケースがあります。

債務額によっては、司法書士に依頼をする方が費用が少なくなる場合がありますので、債務額と司法書士の業務内容を見てどちらに依頼すれば良いのかを考えましょう。

弁護士に依頼を断られるケースもある!?

少し話がズレますが、弁護士に依頼をしても断られるケースもあります。

それは下記の様な場合です。

弁護士に依頼を断られるケース
  • 弁護士費用・着手金が払われない
  • 虚偽の報告があった
  • 依頼者と連絡が取れない

上記の様な理由で依頼を断られたり、依頼を破棄されたりすることがあります。

基本的には信頼関係が崩れた時に起こる事象と言えるでしょう。

個人再生を行う際には、真摯な態度で正確な情報を弁護士さんに伝えなければ、上手く個人再生の認可も得られません。

弁護士に協力して貰う以上は、しっかりと債務とも弁護士とも向き合うようにしましょう。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生におすすめの弁護士事務所

個人再生におすすめの弁護士事務所

借子さん

個人再生におすすめの弁護士事務所を紹介して欲しいです。

個人再生の相談におすすめな法律事務所は主に以下の6つです。

それぞれの法律事務所について詳しく見ていきましょう。

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

はたの法務事務所

出典:https://hikari-hatano.com/

はたの法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため、失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
はたの法務事務所の詳細
事務所名 業態
はたの法務事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-732-023 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 1社 22,000円〜
過払金成功報酬 14.08%〜
自己破産 330,000円
民事再生 385,000円

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

出典:https://thank-law.jp

サンク法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
サンク法務事務所の詳細
事務所名 業態
サンク総合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-281-739 任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬 着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産 同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生 住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

サンク法律事務所の無料相談はこちら

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

債務整理_おすすめ_ライズ

出典:https://risesogo.jp/

ライズ綜合法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

リーガルさん

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。
ライズ綜合法律事務所の詳細
事務所名 業態
ライズ綜合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-657-001 任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
任意整理 1社 55,000円〜
過払金成功報酬 22%〜
自己破産 811,000円
民事再生 618,000円

\ まずは無料診断/

ライズ綜合法律事務所の 無料相談はこちら


【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

出典:http://tokyo-lawtas.com/

東京ロータス法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談可能です。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

リーガルさん

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。
東京ロータス法律事務所の詳細
事務所名 業態
東京ロータス法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-316-715 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円
個人再生 300,000円

\ まずは無料診断/

東京ロータス法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-783-078 <<
【無料電話相談】平日 10:00~20:00 / 土日祝 10:00~19:00

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

ひばり(旧名村)法律事務所は怪しい?リアルな口コミ・評判や料金を解説! | 任意・債務整理のおすすめ比較ランキングはSAIMUU

出典:https://www.hibari-law.net/

ひばり法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

リーガルさん

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。
ひばり法律事務所の詳細
事務所名 業態
ひばり法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
050-3189-0296 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 20,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円〜
個人再生 200,000円〜

\ まずは無料診断/

ひばり(名村)法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-851-037 <<
【無料電話相談】10:00~18:00

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

出典:https://www.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(3.0)
対応業務の広さ
(5.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

リーガルさん

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。
ベリーベスト法務事務所の詳細
事務所名 業態
ベリーベスト法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-666-694 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産 基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生 基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

\ まずは無料診断/

ベリーベスト法律事務所の 無料相談はこちら

弁護士法人・響

響

出典:https://hibiki-law.or.jp/

弁護士法人・響の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(3.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
弁護士法人・響の特徴
  • 相談料が何度でも無料
  • 初期費用が無料で、即日対応も可能
  • 女性弁護士も在籍しているので、安心できる

弁護士法人・響は親身に相談に乗ってくれる法律事務所です。

相談料は何度でも無料であり、初期費用も無料であることなども魅力的です。

また、弁護士法人・響は即日対応というサービスが魅力的で、債務整理をその日のうちに受任し、素早く解決に導いてくれます。

リーガルさん

相談料と初期費用が無料のため、債務整理の気軽な相談におすすめの弁護士事務所と言えます。
弁護士法人・響の詳細
事務所名 業態
弁護士法人・響 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-000-986 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
相続問題
労働問題
債権回収
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:55,000円
法律相談料:0円
任意整理 66,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 着手金:1社あたり22,000円
着手金:22%
自己破産 着手金:33万円〜
報酬金:22万円〜
個人再生 着手金(住宅あり):33万円〜
報酬金(住宅あり):33万円〜
着手金(住宅なし):33万円〜
報酬金(住宅なし):22万円〜

個人再生の手続きの流れ

個人再生の手続きの流れ

借子さん

個人再生は、具体的にどのようにして進められるものなのでしょうか。

ここでは、個人再生を弁護士に依頼した際の手続きの流れについて詳細に解説しています。

個人再生の手続きの流れ
  • 弁護士に相談する
  • 債権者へ受任通知を送付する
  • 申立書類を提出する
  • 再生計画案の認可を得る
  • 再生計画に沿って返済を開始する

弁護士に相談する

まずは、弁護士または司法書士に相談することから始まります。

弁護士に相談をすることなく、全ての手続きを自力で行うことも不可能ではありませんが、法律に詳しくない人にとっては極めて困難な作業となります。

必要な書類を用意するだけでも、かなりの知識と労力が必要です。

債務に苦しめられて首が回らない状態においては、そのような作業にはとても手が回らないということがほとんどでしょう。

そのため、弁護士に相談をすることは実質的には必須の第一ステップであると言えます。

相談だけなら無料で行なってくれる事務所も多いので、まずは費用の心配をせず足を運ぶことが可能です。

ただし、個人再生の手続きはやるべきことがとても多いため、弁護士に任せたとしても、準備だけでかなりの月日を要することは理解しておく必要があります。

出来るだけ余裕をもって相談することが大切です。

債権者へ受任通知を送付する

個人再生の手続きを弁護士に依頼すると、弁護士は即座に全ての債権者に対して受任通知を郵送します。

受任通知とは、弁護士が代理人になったことを債権者に通知するための書類のことです。

受任通知を受け取った債権者は、それを境に債務者に直接取り立てをすることが出来なくなるので、督促の電話などが止まることになります。

受理通知を郵送する際には、債権調査票も一緒に送付することになります。

債務者の債務についての詳しい情報を、債権者に回答してもらうことになるのです。

申立書類を提出する

債権者に対する通知を済ませたら、次は裁判所に対する申立てを行います。

個人再生は、裁判所とのやり取りで手続きを進める仕組みであり、申し立ては書面を提出して行うことになります。

申し立てに必要な書類はたくさんあります。

いずれの書類もフォーマットが定められている場合がありますので、居住地を管轄する地方裁判所に問い合わせて入手する必要があります。

弁護士に依頼している場合は、もちろんこういった作業も弁護士が全てやってくれます。

申し立てに必要な提出書類は以下の通り。

申し立てに必要な書類
  • 申立書
  • 陳述書
  • 財産目録
  • 家計収支表
  • 債権者一覧表

上記の書類に加えて、申立書類の内容を証明する為の添付書類として、以下の書類も用意しなければいけません。

添付書類
  • 住民票(世帯全員分が必要)
  • 財産状況を表す書類(給与明細直近3ヶ月分、源泉徴収票過去2年分、通帳のコピー、賃貸借契約書など)
  • 住宅ローンの特則を利用する場合にはその必要書類(住宅資金貸付契約の書面のコピー、不動産の登記事項証明書など)

再生計画案の認可を得る

申立書に問題がなければ、およそ1ヶ月ほど経過した後に個人再生手続きの開始が決定されます。

この開始決定がなされると、裁判所から各債権者に対し、開始決定書や債権届出書などが送付されます。

債権者は債権者届出書によって債権の金額を確認し、裁判所から指定された期日までに債権の届出をしなければいけません。

届出を申立人が改めて確認して、内容を認めるかどうか判断して債務額を確定していきます。

確定した債権額をもとに、個人再生のための再生計画案を作成して裁判所に提出します。

再生計画案とは、減額された債務を具体的にどのように返済していくのかをまとめた書類のことです。

申し立てから3~4ヶ月の間に提出することが求められ、期限までに提出しなかった場合は手続きが終了してしまいます。

再生計画案に問題がなければ、裁判所から認可を得ることになります。

再生計画に沿って返済を開始する

再生計画案を裁判所に提出して認可を得ることができれば、あとは再生計画にしたがって返済していくだけとなります。

計画された債務は分割払いとなり、3年から5年で返済することが要求されます

計画通りに滞りなく返済することができれば、個人再生は完了となります。

リーガルさん

個人再生の手続きの流れは、上記の様に弁護士に依頼するところから始まり、裁判所への申し立てと認可を受けてから再生計画書を作成することになる。

また、再生計画書が認められて初めて個人再生の手続きが完了したことになる。

提出書類などは非常に複雑で多岐にわたるため、専門家に相談するのが無難と言える。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生の体験談を紹介

個人再生の体験談を紹介

借子さん

個人再生に関する事は何となく解りました。

そこで、個人再生の体験談があれば教えて欲しいです。

ここでは、個人再生を行った方々の体験談をいくつか紹介します。

(20代/男性)

消費者金融の数社から合計数百万円の借入があり、収入だけでは毎月の返済が厳しく転車操業をしていました。いよいよ自転車操業も難しくなり友人の勧めで個人再生を決意しましたが本当に返済が楽になるのか、この後どうなって行くのだろうか、会社にバレないだろうか、などの不安がありました。個人再生をした後は数百万円あった借金が100万円に減額され毎月の支払いがとても楽になりました。会社にも一切バレずに済んだのでホッとしました。改めてお金の使い方を真剣に考える様になり人生設計も出来る様になったので良かったです。

(40代/男性)

過去に自己破産も経験したのにも関わらず、借金癖が治らずに2度目の債務整理で個人再生をしました。
やはり、自己破産のほうが綺麗さっぱり借金がなくなる分、気が楽です。
個人再生の場合、してしまった借金の金額や現在の収入により毎月の返済があります。
借金をチャラにするというか、ぎゅっと圧縮してもらってしっかりその分は返済しましすという事です。
自分の場合毎月返済分や弁護士費用等合わせて、毎月4万強の返済を3年間続けました。
毎月支払いで苦しんでるのなら、債務整理してみて下さい。絶対復活できますので。

(40代/女性)

夫婦で、個人再生となりました。きっかけは、お互い好きなギャンブル。共働きで、その当時、2人で合わせて年収900万円ほどあり、クレジットカードもたくさん作れて、手元にお金がなくても、キャッシング枠を使い遊んでいました。しかし、子供が成長するにつれて、習い事などにお金がかかり、個人再生に至るまでの3年間は、自転車操業でした。個人再生に至った時、2人で約1500万円まで借金は膨れ上がっていました。今は、3年間の支払いも終わり貯金もできて心身共に元気です。迷ってる人がいたら検討してみてもいいと思います。

リーガルさん

借金の理由なども三者三様ではありますが、みなさん結果として個人再生をする事で、借金の返済に関する道筋がついて安心していらっしゃいます。

自己破産などとは異なり借金の返済は続きますが、返済計画をしっかりと立てることで、借金返済の道筋が見えるだけでも精神的な余裕は生まれると言えるでしょう。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

個人再生を弁護士依頼する事に関してよくある質問

個人再生を弁護士依頼する事に関してよくある質問

ここでは個人再生の弁護士に関するよくある質問をご紹介します。

個人再生で弁護士に関してよくある質問
  • 個人再生の弁護士費用はどのくらいかかる?
  • 個人再生の弁護士費用は分割できる?
  • 弁護士費用は免責される?

 

個人再生の弁護士費用はどのくらいかかる?

個人再生の弁護士費用は住宅ローン特則を利用する場合には50~60万円が相場です。利用しない場合には、40~50万円必要です。住宅ローン特則とは、個人再生の際に住宅ローンを払いながら、借金を減額することができます。つまり、自宅を処分する必要がありません。

 

個人再生の弁護士費用は分割できる?

弁護士費用は分割可能です。

 

弁護士費用は免責される?

個人再生では弁護士費用は免責されません。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

まとめ|個人再生をする時は弁護士に相談しよう

まとめ|個人再生をする時は弁護士に相談しよう

以上、個人再生に関する基礎知識やメリット・デメリットを解説すると共に、おすすめの弁護士事務所について紹介しました。

個人再生を含めた債務整理はとても繊細な問題であり、かつ素人には分かりにくいものです。

そのため、弁護士に依頼するなど、実際に踏み切ることに躊躇してしまう場合も多いことでしょう。

しかし多額の最後に苦しめられている場合、少しでも早くプロに相談をするのが最終的に最も大きなメリットを得られる手段となります。

どのようなことをすれば良いのか、あれはするべきではないのかといったことを相談するだけでも、目の前の暗闇は晴れていくことでしょう。

この記事を参考にして、個人再生を考えている場合にはぜひ弁護士などの力を借りるようにしてください。

また、個人再生について知りたい方は、以下の記事も参考になります。