自己破産後に住宅ローンは組めるのか?審査が通りやすくなる方法から持ち家の末路まで徹底解説

借子さん

自己破産後も住宅ローンを組める?

借子さん

住宅ローンで購入した持ち家は自己破産するとどうなる?

このように考えていませんか?

自己破産をすると、この先住宅ローンが組めるのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。

また、住宅ローンがある状態で自己破産した場合に、家がどうなるのか気になる方もいると思います。

そこで、この記事では自己破産後に住宅ローンを組めるか、住宅ローンがある状態で自己破産した場合に持ち家がどうなるかについて詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「自己破産と住宅ローン」ざっくり言うと
  • 自己破産後も一定の条件のもとなら住宅ローンを組める
  • 自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントは5~10年待つことなど
  • 住宅ローンで購入した持ち家は自己破産すると基本的に住み続けられない
  • 住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきことは家を手放すことなど
  • 自己破産の依頼におすすめの法律事務所は東京ロータス法律事務所など
はたの法務事務所[債務整理]

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00


◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

おすすめ記事


任意整理とは?その後の生活へのメリット・デメリットや費用・相談の流れをわかりやすく解説債務整理_おすすめ_アイキャッチ【厳選11事務所】債務整理におすすめの弁護士・司法書士|費用や口コミ評判まで徹底比較

もくじ

自己破産後も住宅ローンを組める?

自己破産_住宅ローン_自己破産後
自己破産後は、一定期間の後なら住宅ローンを組むことが可能になります。

自己破産をすると約5~10年間、以下の指定信用情報機関に事故情報が掲載されるため、借金はほぼ不可能になります。

指定信用情報機関
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

しかし、事故情報が消えれば信用情報に問題はなくなるため、住宅ローンを組めるようになるのです。

ただ、住宅ローンは必ず組めるわけではありません。

次の見出しで解説するポイントを活用して、住宅ローンを組みやすくしましょう。

自己破産後に住宅ローンを組みやすくする10個のポイント

自己破産_住宅ローン_組明日空する
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントは主に以下の10つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:5~10年待つ

自己破産_住宅ローン_5~10年
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしてまず挙げられるのは、5~10年待つことです。

上でも説明しましたが、5~10年間は信用情報機関に事故情報が掲載されるため、住宅ローンを組むのは不可能に近いでしょう。

過去に返済ができなくなった人に好き好んでお金を貸そうとする金融機関はないからです。

5~10年の間は対策の打ちようがないので、とにかく待つのが大切です。

ポイント②:信用情報開示請求をして確認する

自己破産_住宅ローン_信用情報開示請求
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、信用情報開示請求をして確認することも挙げられます。

実は、事故情報が掲載される期間は信用情報機関によって以下のように異なります。

信用情報機関 自己破産が掲載される期間
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 10年

そして、もし「もう事故情報は削除された!」と思って住宅ローンを申し込み、断られてしまうと、どう対策を打ったらいいかわかりにくいです。

自分の信用情報は信用情報機関に開示請求ができるため、もう事故情報が削除されたと思ったら、先に確かめておくのがおすすめです。

ただ、開示請求には1000円程度の手数料がかかるので注意が必要です。

ポイント③:先にクレジットヒストリーを作る

自己破産_住宅ローン_クレジットヒストリー
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、先にクレジットヒストリーを作ることも挙げられます。

自己破産後に事故情報が掲載されなくなった時に、いきなり住宅ローンを申し込むのはややリスクが高いです。

自己破産をすると5~10年程度お金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。

そのため、自己破産で事故情報が掲載されなくなったタイミングでは、何のクレジットヒストリーもない「スーパーホワイト」という状態になります。

そして、スーパーホワイトの状態だと、事故情報が掲載されていないとはいえ、「過去に自己破産したのではないか」と疑われてしまう可能性があります。

先にクレジットカードを作るなどして、クレジットヒストリーを作っておくことで、住宅ローンを申し込んだ時に自己破産を疑われにくくなります。

ポイント④:自己破産した時に借りていた金融機関は避ける

自己破産_住宅ローン_金融機関
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、自己破産した時に借りていた金融機関は避けることも挙げられます。

信用情報機関からは5~10年間で事故情報が削除されるものの、金融機関の社内では過去の取引履歴や事故情報が残っている場合があります。

そのため、自己破産した時に借りていた金融機関に申し込んでも断れるリスクが高いのです。

他の金融機関に断られていると他の金融機関からの印象も悪くなるので、自己破産した時に借りていた金融機関からは、最初から借りないのが得策です。

ポイント⑤:銀行は避ける

自己破産_住宅ローン_銀行
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、銀行は避けることも挙げられます。

より正確には、自己破産してから5年経過しているものの、10年は経過していない場合には銀行は避けるべきです。

銀行は信用情報を参照する時に、10年事故情報が消えない全国銀行個人信用情報センター(KSC)を使う場合が多いからです。

まだ10年経過していない場合には、事故情報が5年で消える信用情報機関を使うことが多いノンバンクの金融機関で住宅ローンを組むのがおすすめと言えます。

ただし、ノンバンクは銀行よりも金利が高く、金利のタイプを選べないこともあるので注意しましょう。

なお、住宅ローンは返済中にノンバンクから銀行に乗り換えることも可能です。

ポイント⑥:頭金を多く用意する

自己破産_住宅ローン_頭金
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、頭金を多く用意することも挙げられます。

頭金とは、住宅を購入する時に借りるのではなく、自分の貯金から出す金額のことです。

頭金を多く用意すると信用度が高まり、さらに借りる金額も少なくなるため、住宅ローンを組みやすくなります。

自己破産をしてから5~10年はどちらにしろお金は借りれないですから、こつこつと頭金を貯金すると良いでしょう。

ポイント⑦:安めの住宅を購入する

自己破産_住宅ローン_安め
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、安めの住宅を購入することも挙げられます。

住宅が安めなほど、住宅ローンの金額は少なくなるからです。

金額が少なければ金融機関としても貸すリスクが低く、審査で断られにくくなります。

ポイント⑧:複数の金融機関に同時に申し込まない

自己破産_住宅ローン_複数
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、複数の金融機関に同時に申し込まないことも挙げられます。

複数の金融機関に同時に申し込むと、むしろ住宅ローンを借りれる確率は下がってしまいます。

複数同時に申し込むほど、審査に通過する自信がないのだと思われてしまうからです。

ちなみに、金融機関が審査の時に必ず参照する信用情報機関のデータベースには、いつどの金融機関で審査を受けたかもしっかりと記載されています。

ポイント⑨:審査でウソをつかない

自己破産_住宅ローン_ウソ
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、審査でウソをつかないことも挙げられます。

審査でのウソがバレると信用できない人物だと思われてしまいます。

また、たとえ審査に通って住宅ローンを借りれても、後からウソをついたことが発覚すると契約を解除されて一括請求されたり、詐欺罪として訴えられたりする可能性があります。

その上、金融機関はこれまで多数の住宅ローンの審査を行ってきた経験から、ウソを見破る技術に長けています。

一部は裏を取る情報もあり、審査でのウソは意外とバレやすいので注意しましょう。

ポイント⑩:家族の名義でローンを組む

自己破産_住宅ローン_家族名義
自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては、家族の名義でローンを組むことも挙げられます。

この方法は自己破産後に5年経過していなくても住宅ローンを組める裏技です。

特に配偶者の名義でローンを組むのであれば実行しやすいのではないでしょうか。

ただ、他の人の名義でローンを組むと支払いが滞った時などにトラブルになりやすいのは事実です。

支払いが滞るとローンの名義人に請求が行くので、名義を提供するのを嫌がる人も多いかもしれません。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

住宅ローンの審査で見られるポイント

自己破産_住宅ローン_審査
住宅ローンの審査で見られるポイントは段階ごとに異なります。

この見出しでは以下の2つの段階に分け、住宅ローンの審査で見られるポイントを詳しく見ていきましょう。

住宅ローンの審査で見られるポイント

ポイント①:仮審査

自己破産_住宅ローン_仮審査
住宅ローンではまず仮審査が行われます。

仮審査では、申込者に住宅ローンの支払い能力があるかを見て、審査に通すか決定します。

一般的に仮審査には3~4日程度の時間がかかります。

具体的に仮審査で見られるポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

仮審査で見られるポイント
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 信用情報
  • 返済計画

ポイント②:本審査

自己破産_住宅ローン_本審査
住宅ローンでは次に本審査が行われます。

本審査では、仮審査を通した人に、本当に住宅ローンを融資しても問題ないかどうかを審査します。

本審査には2週間程度かかることが多いようです。

本審査で見られるポイントは、以下のようになっています。

本審査で見られるポイント
  • 物件の担保としての評価
  • 本人の健康
  • 連帯保証人の審査
  • 反社会勢力でないか

住宅ローンで購入した持ち家は自己破産するとどうなる?

自己破産_住宅ローン_持ち家
住宅ローンで購入した持ち家が自己破産でどうなるかは、以下の3つの場合で異なります。

自己破産で住宅ローンで購入した持ち家はどうなる?
それぞれの場合について詳しく見ていきましょう。

住宅ローンが残っている場合

自己破産_住宅ローン_残っている
住宅ローンが残っている場合、結論から言えばその住宅に住み続けることはできません。

そもそも、住宅ローンが残っている場合、住宅には金融機関からの抵当権が設定されており、金融機関は返済が滞ったら住宅自体からお金を回収することになっています。

そのため、自己破産して住宅ローンがもう返済されないことが明らかになると、金融機関は住宅を競売にかけ、その売却代金で返済されなかった分を回収しようとします。

そのため、住宅ローンが残っていて自己破産した場合には、提示された期日までに退去しなければなりません。

これは競売が成立した場合でも、競売が成立しなかった場合でも同じです。

住宅ローンを完済している場合

自己破産_住宅ローン_完済
住宅ローンを完済している場合も、結論から言えばその家に住み続けることはできません。

確かに、完済していれば金融機関が設定した抵当権は解除され、金融機関が家を競売にかけることはありません。

しかし、そもそも自己破産では99万円以下の現金など、生活に最低限必要な資産以外は回収されてしまいます。

これはマイホームも例外ではないため、手放し、賃貸住宅などに住み替えるしかありません。

共有名義の住宅の場合

自己破産_住宅ローン_共有名義
共有名義の住宅の場合、共有名義人に迷惑をかける結果になるかもしれません。

そもそも共有名義の住宅とは、複数人を所有者とする住宅のことです。

共有名義の住宅で名義人の1人が自己破産した場合、住宅のうち自己破産者の持ち分について競売にかけられることになります。

もちろん共有名義人の財産に影響はありませんが、競売での見ず知らずの売却先と共同で住宅を所有する結果になります。

すると、住宅の修繕や処分をする時にも話し合って合意を取る必要があり、相続の時にも厄介なことになります。

そのため、実際には共有名義人の一方が自己破産した場合、もう片方の共有名義人は住宅を売却する場合が多いです。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産すると住宅ローンはどうなる?

自己破産_住宅ローン_どうなる
まず前提として、自己破産をすると借金について一切の支払い義務がなくなり、これは住宅ローンも例外ではありません。

しかし、その後の住宅ローンがどのような扱いになるかは以下の2つの場合で異なります。

自己破産すると住宅ローンはどうなる?
それぞれの場合について詳しく見ていきましょう。

連帯保証人がいる場合

自己破産_住宅ローン_連帯保証人いる
住宅ローンに連帯保証人がいる場合、住宅ローンは連帯保証人に請求されることになります。

自己破産ではその人の借金が0円になるだけで、連帯保証人の債務がなくなるわけではないからです。

自己破産前にはすでに住宅ローンを延滞している場合が多いですから、連帯保証人には残りの債務について一括請求が行く場合が多いです。

しかし、連帯保証人にもそれだけの資金がない場合もあると思いますので、実際には金融機関と連帯保証人が交渉して分割払いにしてもらうことが多いと言えます。

連帯保証人がいない場合

自己破産_住宅ローン_連帯保証人いない
連帯保証人がいない場合、金融機関にとっては残りの債務を回収する相手がいません。

そのため、特別誰かに請求が行くことはありません。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべき4つのこと

自己破産_住宅ローン_検討
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきことは主に以下の4つです。

住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべき4つのこと
それぞれの検討すべきことについて詳しく見ていきましょう。

家を手放す

自己破産_住宅ローン_手放す
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきこととしてまず挙げられるのは、家を手放すことです。

どちらにしろ、自己破産をしてしまうとマイホームは競売にかけられてしまいます。

競売は裁判所の命令で行われて、拒否することはできないため、期限までに強制的に引っ越しをする必要があります。

一方、自分から手放す場合には任意売却という方法が使えます。

任意売却とは、住宅ローンが返せなくなった時に、債権者の合意を得て自分から売却する方法で、競売よりも住宅を高く売れる場合が多いです。

任意売却をすれば、それだけで資金に余裕ができて自己破産を回避できる可能性もあります。

任意売却して賃貸してもらう

自己破産_住宅ローン_任意売却
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきこととしては、任意売却して賃貸してもらうことも挙げられます。

任意売却した住宅は基本的には手放すことになりますが、実は継続して住み続けることも可能です。

任意売却した後に賃貸してもらえば、月々家賃を支払うことで住み続けられるのです。

この方法はお金に余裕がないものの、今住んでいる場所に住み続けたい場合におすすめです。

任意整理をする

自己破産_住宅ローン_任意整理
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきこととしては、任意整理をすることも挙げられます。

任意整理とは、債権者と話し合って、利息のカットや借金の減額などをする手続きです。

任意整理で減らせる借金の額は少ないですが、財産を手放さなくて良いことなど、メリットも多くあります。

また、過去に過払い金があった場合には払いすぎていた利息を取り戻し、それを返済にあてて借金を減らせる可能性もあります。

個人再生をする

自己破産_住宅ローン_個人再生
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきこととしては、個人再生をすることも挙げられます。

個人再生では、裁判所を通じて借金の返済が困難であることを認めてもらい、借金を1/5~1/10程度に減額してもらい、減額された借金を3~5年程度かけて返済していく手続きです。

個人再生には一定のデメリットはあるものの、住宅などの財産は維持できるというメリットもあります。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産の3つのメリット

自己破産_住宅ローン_メリット
自己破産のメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:借金が全額免除される

自己破産_住宅ローン_全額免除
自己破産のメリットとしてまず挙げられるのは、借金が全額免除されることです。

自己破産をすると、基本的にはすべての借金が消滅します。

これまで借金で家計が圧迫されていた場合には、生活を再建する大きな助けになることでしょう。

メリット②:借金の取り立てが止まる

自己破産_住宅ローン_取り立て
自己破産のメリットとしては、借金の取り立てが止まることも挙げられます。

自己破産をすると、債務は消滅しますから、金融機関は借金の取り立てができなくなります。

特に、弁護士に依頼して自己破産手続きを行った場合には、弁護士が債権者に受任通知を送付したタイミングで金融機関は借金の請求ができなくなります。

メリット③:仕事への影響はない

自己破産_住宅ローン_仕事
自己破産のメリットとしては、仕事への影響はないことも挙げられます。

自己破産は自分から言わない限り、基本的に職場の人にバレることはありません。

そのため、何も知られないまま、今の職場で働き続けることができます。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産の5つの注意点

自己破産_住宅ローン_注意点
自己破産の注意点は主に以下の5つです。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:住宅を含めて多くの財産が没収される

自己破産_住宅ローン_財産
自己破産の注意点としてまず挙げられるのは、住宅を含めて多くの財産が没収されることです。

自己破産では、以下のような例外を除いて、基本的には財産がすべて没収されてしまいます。

自己破産で没収されない財産
  • 99万円以下の現金・預貯金
  • 生活に必要な寝具・家具・衣類
  • 1ヶ月分程度の食料や燃料
  • 仕事で使う道具
  • 仏壇・神棚・位牌
  • トロフィーなど

注意点②:ブラックリストに掲載される

自己破産_住宅ローン_ブラックリスト
自己破産の注意点としては、ブラックリストに掲載されることも挙げられます。

自己破産をすると5~10年程度は借金したり、クレジットカードを作ったりできなくなります。

自己破産後は借金に頼らず生活していく必要があるのです。

注意点③:連帯保証人に請求が行く

自己破産_住宅ローン_連帯保証人
自己破産の注意点としては、連帯保証人に請求が行くことも挙げられます。

自己破産で免除される債務は本人のものだけであり、連帯保証人の債務は1円たりとも免除されません。

債務者本人からお金を回収できなくなった金融機関は連帯保証人に請求することになります。

しかも、この時に借金の返済を一括で請求される場合が多いので注意しましょう。

注意点④:手続き中は一部の職業をできない

自己破産_住宅ローン_職業
自己破産の注意点としては、手続き中は一部の職業をできないことも挙げられます。

自己破産の手続き中には、以下のような仕事をできなくなります。

自己破産手続き中にできない仕事
  • 貸金業の登録者
  • 質屋
  • 良好業務取扱の登録者と管理者
  • 生命保険募集人
  • 警備業者の責任者と警備員
  • 建築業
  • 風俗業管理者
  • 廃棄物処理業者 など

ただ、自己破産の手続きが完了すれば、これらの仕事を再開できるようになります。

注意点⑤:住所と氏名が官報に掲載される

自己破産_住宅ローン_官報
自己破産の注意点としては、住所と氏名が官報に掲載されることも挙げられます。

官報とは、国が発行している新聞のようなものです。

ただ、官報を日常的に読んでいる方は少ないため、住所と氏名が掲載されても、そこから自己破産がバレることはまれです。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産の体験談

自己破産

ここまで自己破産と住宅ローンについて詳しくご紹介してきました。

実際、みなさんが一番気になるのは体験談ですよね。

ここからは実際に自己破産をした方の体験談をご紹介します。

自己破産した方の体験談
  • 体験談①:保証人
  • 体験談②:借入
  • 体験談③:離婚

自己破産した方の体験談

(50代/男性)

保証人になって、知らないうちに30万の請求がきて、他の金融会社から借りて支払いながらを繰り返し、成すすべもなかった。借金は膨れ上がり電話は毎日なる状態で、弁護士になけなしの5千円を持って相談しました。電話攻勢。家に訪問。決心して、自己破産に踏み切りました。弁護士さんに頼めば30万掛かるので、自分一人で手続するこ事になる。だが印紙代「たかが2万されど2万。」認められた時にはほっとして涙が出てきました。初期のうちに相談していたら、こんな事にはと思います。

(40代/男性)

自己破産という形を得ざるしかなく、とても複雑な心境でなりませんでした。断然弁護士さんのアドバイス通りにしていただいて、だいぶ不安もなくなり、自己破産も5か月くらいで解決できたことも本当に感謝しております。自分自身年収500万円の中で、どんどん借入額が増えたり、借りてはまた借金が膨らみ返済ができなく困難になってしまったため、安易には借りない方が無難かと思います。貸す側としてはもっと借りてほしいので、結局返済ができなく、1回借りたらなるべく多めに返済をして2度と借りないように自分に引き締めた方がいいと感じます。

(30代/女性)

離婚をして生活が苦しくなり、借金を重ねるようになりました。どうしても返すことが出来なくなり苦しんでいましたが、友人の勧めで自己破産申請を行うことにしました。たくさんの書類を揃えるのが大変そうで不安でしたが、弁護士の方が全て行ってくれました。私は一度裁判所に行くだけでした。数か月後に免責許可が下りたと弁護士の方から聞きほっとしました。数百万円あった借金が全て0になり、人生をやり直すことが出来ました。

 

自己破産の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所11選

自己破産_住宅ローン_おすすめの弁護士・司法書士事務所

ここまで、自己破産と住宅ローンについて詳しくご紹介してきました。

自己破産は裁判所がからむ手続きであるため専門性が高く、素人が1人で行うことは困難です。

従って、まずは弁護士や司法書士に相談することが大切です。

自己破産の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所は主に以下の通りです。

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

はたの法務事務所

出典:https://hikari-hatano.com/

はたの法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため、失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
はたの法務事務所の詳細
事務所名 業態
はたの法務事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-732-023 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 1社 22,000円〜
過払金成功報酬 14.08%〜
自己破産 330,000円
民事再生 385,000円

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

【経験で選ぶなら】渋谷法務総合事務所

債務整理_おすすめ_渋谷法務総合事務所

出典:https://www.shibuya-houmu.com

渋谷法務総合事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(1.0)
渋谷法務総合事務所の特徴
  • 相談料は無料
  • 経験豊富なベテランが在籍
  • 土日祝日も対応可能

渋谷法務総合事務所は、認定司法書士が在籍している法務事務所です。

キャリア35年以上のベテラン司法書士が在籍しているので、問題解決の面では安心できるでしょう。

相談無料なので、費用面で不安があっても利用ができます。

しかし、認定司法書士なので、1社あたりの負債金額が140万円を超える場合は依頼ができないので、その場合は弁護士事務所に相談しましょう。

主張相談や借金専用窓口でも相談可能です。

セイリさん

渋谷法務総合事務所の詳細
事務所名 業態
渋谷法務総合事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-553-052
【借金専用相談窓口】
0120-871-244
0120-355-005
任意整理
個人再生
自己破産
その他の業務(登記・相続関係)
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 220,000円
個人再生 330,000円

\ 知識と経験のある司法書士に相談する!/

渋谷法務総合事務所の
無料相談はこちら

【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

出典:http://tokyo-lawtas.com/

東京ロータス法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談可能です。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

リーガルさん

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。
東京ロータス法律事務所の詳細
事務所名 業態
東京ロータス法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-316-715 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円
個人再生 300,000円

\ まずは無料診断/

東京ロータス法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-783-078 <<
【無料電話相談】平日 10:00~20:00 / 土日祝 10:00~19:00

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

債務整理_おすすめ_ライズ

出典:https://risesogo.jp/

ライズ綜合法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

リーガルさん

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。
ライズ綜合法律事務所の詳細
事務所名 業態
ライズ綜合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-657-001 任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
任意整理 1社 55,000円〜
過払金成功報酬 22%〜
自己破産 811,000円
民事再生 618,000円

\ まずは無料診断/

ライズ綜合法律事務所の 無料相談はこちら


【裁判で勝負するなら】アース法律事務所

アース法律事務所

出典:http://earth-lawoffice.net/

アース法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
アース法律事務所の特徴
  • 元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当するので安心!
  • 債務整理の受任実績は3,500件以上と豊富な経験から最適な方法を提案する。
  • 出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼可能!
  • ただし、借金額や置かれている状況によっては、債務整理の方法が限られてしまう場合がある。

アース法律事務所は、裁判官の経験だけでなく弁護士としてのキャリアも30年以上で、様々な案件に関わってきた豊富な実績と経験を活かして債務整理に当たってくれます。

また、債務整理に関する近年の裁判の運用や現状などにもとても詳しく、手続きの進め方などもスムーズなので、アース法律事務所の特徴と言えます。

リーガルさん

個人再生や自己破産をする場合、裁判所で手続きを行わなければいけません。そのため、裁判官としての経験がある弁護士なら依頼しやすいです。
アース法律事務所の詳細
事務所名 業態
アース法律事務所 弁護士事務所
電話番号 対応業務
03-6383-2430 任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 22%~
自己破産 330,000円〜
個人再生 330,000円〜

\ まずは無料診断/

アース法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-346-211 <<
【無料電話相談】10:00~19:00

【消費者金融が恐る司法書士No.1】杉山事務所

債務整理_おすすめ_杉山事務所

出典:https://sugiyama-kabaraikin.com/

杉山事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.5)
杉山事務所の特徴
  • 消費者金融が恐る司法書士No.1
  • 相談実績が月間3,000件以上
  • 無料で出張相談も可能
  • 初期費用(着手金)が0円

杉山事務所は、週刊ダイヤモンド誌が選ぶ「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選出された司法書士事務所です。

毎月3000件以上の相談があり、毎月の過払い金回収額は5億円を超えるという実績を持っています。

過払い金診断や相談は無料で行ってくれますし、着手金も無料で、過払い金を取り戻せた時にだけ報酬が発生する点も安心です。

リーガルさん

杉山事務所に依頼すると相談料や着手金が発生しないのはメリットです。
杉山事務所の詳細
事務所名 業態
杉山事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
0120-066-018 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:0円
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 11,000円/件~
過払金成功報酬 22%~
自己破産 440,000円〜(1,000万円以下の場合)
個人再生 440,000円〜

\ まずは無料相談/

杉山事務所の
無料相談はこちら

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

ひばり(旧名村)法律事務所は怪しい?リアルな口コミ・評判や料金を解説! | 任意・債務整理のおすすめ比較ランキングはSAIMUU

出典:https://www.hibari-law.net/

ひばり法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.5)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

リーガルさん

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。
ひばり法律事務所の詳細
事務所名 業態
ひばり法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
050-3189-0296 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 20,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 200,000円〜
個人再生 200,000円〜

\ まずは無料診断/

ひばり(名村)法律事務所の 無料相談はこちら


>> 0120-851-037 <<
【無料電話相談】10:00~18:00

【メール・電話での相談が何度でも無料】Hana法務事務所

債務整理_おすすめ_Hana法務事務所

出典:https://hana-legal.com

Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
Hana法務事務所の特徴
  • 電話・メールでの相談は何度でも無料
  • 全国3カ所に事務所がある
  • 周りに知られることなく借金問題解決
  • 対応後の支払いは分割払いでも可能

Hana法務事務所は大阪を中心に全国に3カ所に事務所を設けている法務事務所です。

電話・メールの場合何度でも相談無料なので、納得するまで相談することができます。

相談はまだ勇気がない方は匿名でできる借金減額診断もあるのでそちらをおすすめします。

リーガルさん

何度でも相談無料なので気軽に話すことができます
Hana法務事務所の詳細
事務所名 業態
Hana法務事務所 司法書士法人
電話番号 対応業務
06-7777-4576 任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
その他
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
任意整理 22,000円/件~
過払金成功報酬 20%~
自己破産 要問い合わせ
個人再生 要問い合わせ

\ まずはシュミレーターでいくら減額できるのか調べる!/

Hana法務事務所の
無料相談はこちら

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

出典:https://thank-law.jp

サンク法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(5.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

また、女性弁護士がいるので、誰でも安心してご利用できます。

リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。
サンク法務事務所の詳細
事務所名 業態
サンク総合法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-281-739 任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬 着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産 同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生 住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

\ まずは相談することが解決への1歩!/

サンク法律事務所の無料相談はこちら

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

出典:https://www.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(5.0)
対応の速さ
(3.0)
対応業務の広さ
(5.0)
総合おすすめ度
(4.0)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

リーガルさん

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。
ベリーベスト法務事務所の詳細
事務所名 業態
ベリーベスト法律事務所 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-666-694 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産 基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生 基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

\ まずは無料診断/

ベリーベスト法律事務所の 無料相談はこちら

【何度でも相談無料】弁護士法人・響

債務整理_おすすめ_弁護士法人・響

Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
(4.0)
相談実績
(4.0)
対応の速さ
(4.0)
対応業務の広さ
(3.0)
総合おすすめ度
(1.0)
弁護士法人・響の3つの特徴
  • 何度でも相談可能
  • 初期費用無料+分割払いOK
  • 24時間365日対応可能

弁護士法人 響は、債務整理だけでなく税理士・社労士・行政書士などあらゆるジャンルの専門家を束ねる『響グループ』が運営する、大手法律事務所です。

大手の法律事務所なので、弁護士+スタッフが専任で担当をしてくれるなど、手厚いサポートが人気です。

相談は何回でも無料なので、知識ゼロでも安心して依頼ができます。

セイリさん

弁護士法人・響の詳細
事務所名 業態
弁護士法人・響 弁護士法人
電話番号 対応業務
0120-205-376 債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
初回相談料 初期費用
0円 着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
任意整理 55,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬 22,000円
自己破産 22万
個人再生 住宅あり
33万円
住宅なし
22万円

自己破産 よくある質問

最後に、自己破産をするときによくある質問について紹介をします。

自己破産に関してよくある質問は以下のとおりです。

自己破産についてよくある質問
  • 自己破産と家族
  • 自己破産と家族の財産
  • 住宅処分と期間

それでは見ていきましょう。

自己破産は家族の借入やローンにも影響を与えますか?

自己破産の効果は原則として申し立てた本人にのみ帰属します。
従って、家族の借入やローンに影響を与えることはありません。

自己破産によって家族の財産は処分されますか?

原則として家族の財産は処分されません。
ですが、本人の財産かどうかは単に名義だけにとどまらず実質的に判断されます。家族名義の財産であっても実質的にみて本人の財産だと判断されると処分の対象となる場合もあります。

任意売却で住宅を処分する場合はどのくらい住み続けることができますか?

住宅にどのくらいの期間住み続けられるかは売却されるタイミングによります。
任意売却の場合、明渡しまでの標準的な期間は6ヵ月前後となることが比較的多いです。
ただし、買主との交渉によっては引越準備のために売却後1ヵ月間程度住み続けられる場合もあります。

自己破産と住宅ローンのまとめ

自己破産_住宅ローン_まとめ
自己破産後も一定の条件を満たせば住宅ローンを組むことは可能です。

自己破産後に住宅ローンを組みやすくするポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

住宅ローンの審査で見られるポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

仮審査で見られるポイント
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 信用情報
  • 返済計画
本審査で見られるポイント
  • 物件の担保としての評価
  • 本人の健康
  • 連帯保証人の審査
  • 反社会勢力でないか

住宅ローンで購入した持ち家が自己破産でどうなるかは以下の3つの場合で異なります。

自己破産で住宅ローンで購入した持ち家はどうなる?
自己破産すると住宅ローンはどうなるかは以下の2つの場合で異なります。
自己破産すると住宅ローンはどうなる?
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべきこととしては以下のようなものが挙げられます。
住宅ローンがある人が自己破産の前に検討すべき4つのこと
自己破産のメリットは以下のとおりです。
自己破産の注意点は以下のとおりです。
自己破産の依頼におすすめの法律事務所としては以下のようなものが挙げられます。
債務整理おすすめ弁護士・司法書士法人ランキング
  • はたの法務事務所
  • ライズ綜合法律事務所
  • 東京ロータス法律事務所
  • アース法律事務所
  • ひばり法律事務所
  • ベリーベスト弁護士事務所