自己破産費用の相場・目安は?費用が払えない時の対処法から支払い方法まで解説

「自己破産ってどのくらいの費用がかかるの?」
「自己破産の費用を払えない時はどうしたらいいの?」

このように考えていませんか?

借金がとても返せなくなってしまった時に役立つのが自己破産です。

自己破産とは、返済の見通しが全くつかず、債務の返済ができなくなってしまった場合に、裁判所へ破産・免責の申し立てを行い、免責の決定を受けることで借金がなくなる方法です。

行政書士_佐藤さん

自己破産をすると原則として借金を支払う義務がなくなりますので、借金返済の見通しが全く立たない場合は、自己破産を選択することになります。

行政書士_佐藤さん

しかし、自己破産するのにもお金がかかります。

そのため、自己破産できなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実は、手持ちのお金がなくても自己破産できる方法があります!

そこで、この記事では自己破産にかかる費用から自己破産費用を払えない時の対処法まで詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

「自己破産の費用」ざっくり言うと
  • 自己破産は安くて20万円、高いと100万円以上かかることもある
  • 自己破産の費用は裁判所と弁護士に払う必要がある
  • 自己破産の費用が払えない時の対処法は法テラスを利用することなど
  • 自己破産ができる条件は借金返済が客観的に見て不可能なことなど
  • 自己破産のデメリットは10年間は借金がほぼ不可能になることなど
  • 自己破産の相談なら『はたの法務事務所』が対応も丁寧と高評価

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00


◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!
この記事に登場する専門家
佐藤 一清 / 行政書士公式サイト) 行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。 【保有資格】 ・行政書士宅地建物取引士相続診断士

自己破産とは?

自己破産_費用_とは
そもそも自己破産とは、借り入れが返済できないと裁判所に申告して、借り入れの返済を免除してもらう手続きのことです。

裁判所で自己破産の手続きを行い、免責が認められた場合には、借金を免除してもらうことが可能です。

ただ、下で説明するように、どのような場合でも自己破産ができるわけではなく、たとえば客観的に見て借金を返済できると判断されると自己破産できません。

また、同じく下で説明するように、自己破産には10年間ほとんど借金が不可能になることなど、大きなデメリットもあるので慎重に決定するべきでしょう。

自己破産の費用の相場とは?

自己破産_費用_相場
自己破産でかかる費用は安くて20万円、高い場合には100万円以上とかなり幅があります。

それは、以下の3つの場合で相場が大きく異なるからです。

それぞれの場合に当てはまる場合と費用の相場について詳しく見ていきましょう。

同時廃止事件の場合

自己破産_費用_同時廃止
同時廃止事件は、財産がほとんどない時に採用される自己破産の形式です。

同時廃止事件では借金の貸し手に処分した財産を分配する手続きが省略されるため、裁判所への費用は2万円のみと安めになります。

手続きが省略される分、弁護士への費用も比較的少額で済み、20~30万円程度になります。

ちなみに、免責許可が出るまでの時間も短く、2~6ヶ月程度で手続きが完了します。

かかる費用についてまとめると以下のようになります。

弁護士への費用 2万円
裁判所への費用 20~30万円程度

管財事件の場合

自己破産_費用_管財事件
管財事件では、破産者の財産を処分して、借金の借り手に平等に分配します。

管財事件は財産が多い場合に行われることが多く、通常は個人の自己破産手続きで登場することは少ないです。

管財事件の場合にかかる費用は以下のようになっています。

弁護士への費用 50万円~
裁判所への費用 50~80万円程度

財産を処分する手間が大きいため、全体的に費用が高くなり、免責許可が出るまでの期間も6~12ヶ月と長くなっています。

少額管財事件の場合

自己破産_費用_少額管財
少額管財事件では、破産者の財産を処分して債権者に分配してから自己破産を行います。

財産が比較的少額の時に取られることが多い形式です。

少額管財事件の場合の費用の相場は以下のようになっています。

弁護士への費用 20万円~
裁判所への費用 30~50万円程度

ちなみに、免責許可までの期間は3~6ヶ月程度になっています。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産で払う必要がある6つの費用

自己破産_費用_費用
自己破産で払う必要がある費用は主に以下の6つです。

自己破産する時には、弁護士(もしくは司法書士)と裁判所に、それぞれ3種類の費用を払う必要があるのです。

それぞれの費用について詳しく見ていきましょう。

【裁判所】収入印紙代

自己破産_費用_収入印紙
自己破産で裁判所に払う必要がある費用としてまず挙げられるのは、収入印紙代です。

収入印紙とは、税金や手数料を支払う時に書類に貼り付ける切手のような紙のことです。

裁判所に払う手数料のようなものだと考えれば問題ありません。

【裁判所】予納郵便代

自己破産_費用_予納郵便代
自己破産で裁判所に払う必要がある費用としては、予納郵便代も挙げられます。

予納郵便代とは、裁判所に自己破産の申し立てをする時に貼り付ける必要がある郵便切手の代金のことです。

切手代金のようなものだと考えれば問題ありません。

【裁判所】予納金と官報公告費

自己破産_費用_予納金
自己破産で裁判所に払う必要がある費用としては、予納金官報公告費も挙げられます。

予納金とは、裁判所が手続きを行うための費用のことです。

また、官報公告費とは、自己破産したことを官報に掲載するためにかかる費用です。

自己破産した時には、官報に必ず掲載されることになります。

【弁護士】着手金

自己破産_費用_着手金
自己破産で弁護士に払う必要がある費用としてまず挙げられるのは、着手金です。

着手金は、弁護士に依頼し、自己破産の手続きを着手してもらう時にかかる費用です。

中には、着手金がかからず、実費や成功報酬だけで自己破産を扱ってくれる弁護士もいます。

【弁護士】実費

自己破産_費用_実費
自己破産で弁護士に払う必要がある費用としては、実費も挙げられます。

収入印紙代、交通費など、自己破産の手続きでかかった費用のことを表します。

依頼をこなすために弁護士が負担する必要があったお金を実費として払う必要があるのです。

【弁護士】成功報酬

自己破産_費用_成功報酬
自己破産で弁護士に払う必要がある費用としては、成功報酬も挙げられます。

成功報酬は、実際に自己破産の手続きが完了し、免責を受けられた時にかかる費用です。

弁護士にかかる費用の中で、成功報酬は一番割合が高いことが多いです。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産の費用が払えない時の4つの対処法

自己破産_費用_対処法
自己破産する時にはお金がないことが多いですし、上で見たように自己破産する時にはそれなりのお金がかかります。

そのため、自己破産したいものの、費用が用意できないという場合もあることでしょう。

そんな時に使える対処法としては、主に以下の4つがあります。

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:法テラスを利用する

自己破産_費用_法テラス
自己破産の費用が払えない時の対処法としてまず挙げられるのは、法テラスを利用することです。

法テラスは国が設置している法的トラブルの総合案内所で、自己破産者が低い費用で相談できます。

3回まで無料で相談することもできます。

法テラスには生活保護を受けている場合には、裁判所への費用や弁護士への費用が無料になるサービスもあります。

対処法②:弁護士費用を分割払いにする

自己破産_費用_分割
自己破産の費用が払えない時の対処法としては、弁護士費用を分割払いにすることも挙げられます。

弁護士費用は一括で支払うこともできますが、分割払いにして長い期間かけて支払っていくこともできます。

自己破産者の財布事情は弁護士もよく理解していますから、分割払いに応じてくれる場合も多いです。

対処法③:司法書士に依頼する

自己破産_費用_司法書士
自己破産の費用が払えない時の対処法としては、司法書士に依頼することも挙げられます。

司法書士では、弁護士と比較して、やや低い金額で自己破産手続きを依頼することができます。

ただ、司法書士にはできることには制限があり、たとえば裁判所での審尋などもできませんから、弁護士のほうが適している場合もあります。

対処法④:自分で自己破産手続きを行う

自己破産_費用_自己破産
自己破産の費用が払えない時の対処法としては、自分で自己破産手続きを行うことも挙げられます。

実は、自己破産手続きは自分で行うことができ、自分で自己破産手続きを行えば弁護士費用を浮かせることができます。

ただ、自己破産手続きでは多くの専門的な知識が必要になってくるので、独力で行うのはそれなりに大変です。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の3つの選び方

自己破産_費用_選び方
自己破産は重大な決断ですから、自己破産を依頼する弁護士や司法書士は慎重に選ぶべきです。

自己破産に強い弁護士・司法書士事務所を選ぶポイントとしては、主に以下の3つが挙げられます。

自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の3つの選び方
それぞれの選び方について詳しく見ていきましょう。

選び方①:自己破産の実績で選ぶ

自己破産_費用_実績
自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の選び方としてまず挙げられるのは、自己破産の実績で選ぶことです。

世の中に弁護士事務所や司法書士事務所はたくさんありますが、人によって得意な分野は異なります。

スムーズに手続きを行ってもらうためにも、これまで自己破産でたくさんの実績を挙げている事務所を選ぶと良いでしょう。

選び方②:口コミ評判で選ぶ

自己破産_費用_口コミ
自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の選び方としては、口コミ評判で選ぶことも挙げられます。

今の時代、弁護士事務所や司法書士事務所の口コミ評判はネット上でたくさん見つけることができます。

口コミ評判は極端な内容や信頼できない内容も多いですが、客観的な評価ではあるので参考になる部分も多いです。

選び方③:報酬の安さで選ぶ

自己破産_費用_安さ
自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の選び方としては、報酬の安さで選ぶことも挙げられます。

自己破産を行う時には、ただでさえお金がありませんから、弁護士や司法書士に支払う費用は少なければ少ないほどいいですよね。

できるだけリーズナブルな事務所を選ぶと良いでしょう。

自己破産に強い弁護士・司法書士事務所5選

自己破産_費用_事務所
弁護士事務所や司法書士事務所は本当にたくさんありますから、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。

そこで、この記事では、自己破産に強いおすすめの弁護士・司法書士事務所を5つ紹介します。

自己破産に強い事務所①はたの法務事務所

初回相談料 報酬
無料 着手金 無料
報酬金 20,000円(税込)~/1件
減額報酬 10%(税込)
過払報酬 回収額の20%(税込)
10万円以下の場合は12.8%(別途1万円の計算費用を頂きます)
はたの法務事務所の3つの特徴
  • 相談料・着手金無料
  • 全国どこでも出張無料
  • 相談実績20万件以上
  • とにかくコストを下げたい人におすすめ

はたの法務事務所は、債務整理・過払金請求などの相談実績が20万件以上の優良法律事務所です。

特に『相談料・着手金』が無料であり、初期費用が心配…という方にも相談しやすいのもポイントといえます。

また、申し込みの際は『家族の認知』に関しても相談することができ、債務整理を家族に内緒にしたい方でも柔軟に対応してもらえます。

相談料は何回相談しても無料なので、初めての債務整理で不安の方にもおすすめです!

セイリさん

債務整理_おすすめ_はたの法律事務所_電話

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の
無料相談はこちら

自己破産に強い事務所②ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

初回相談料 報酬
無料 着手金 無料
報酬金 22,000円(税込)~/1件
減額報酬 11%(税込)
過払報酬 回収額の22%(税込)
(裁判ありの場合27.5%)
ベリーベスト法律事務所の3つの特徴
  • 話しやすい空間、きめ細かいサービス
  • 複雑な案件もスムーズかつスピーティな解決
  • 費用は高めだが、司法書士事務所では対応できない裁判などになった際にサポート体制が万全

ベリーベスト法律事務所は、全国53拠点・弁護士270名以上の大手法律事務所です。

経験豊富な弁護士が、チームで連携して対応してくれるため、納得いくまで無料で相談できる点が人気です。

またベリーベストは弁護士事務所なので、自己破産や個人再生などの裁判の際には資料作成にとどまらないサポートをしてもらえます。

債務整理をしたい金額が大きい場合や、裁判が必要になる可能性のある方はベリーベストがおすすめです。

まずは、無料・最短90秒で完結する減額診断を受けてみましょう。

セイリさん

\ まずは無料診断/

ベリーベスト法律事務所の
無料相談はこちら

自己破産に強い事務所③東京ロータス法律事務所

初回相談料 報酬
無料 着手金 22,000円(税込)~/1件
報酬金 22,000円(税込)~/1件
減額報酬 11%(税込)
過払報酬 回収額の22%(税込)
東京ロータス法律事務所の3つの特徴
  • 相談料無料
  • 借金債務整理実績多数
  • 幅広い法律問題相談可能

東京ロータス法律事務所は、債務整理を得意とする弁護士法人です。

初回の相談は完全無料である点が特徴と言えます。

他にも、消費者金融やクレジット会社からの借入額を248万円から50万円へ減額など、大幅な債務減額の実績もあり安心です。

特に過払金に関する実績で名高い点がポイントです

セイリさん

以下の画像をタップすると、東京ロータス法律事務所へ電話で連絡することができます(相談は無料)。

債務整理_おすすめ_東京ロータス法律事務所_電話

\ まずは無料診断/

東京ロータス法律事務所の
無料相談はこちら

自己破産に強い事務所④アース法律事務所

債務整理_おすすめ_アース法律事務所

相談料 報酬
無料 着手金 22,000円(税込)~/1件
報酬金 22,000円(税込)~/1件
減額報酬 10%相当額(税込)
過払報酬 回収額の22%(税込)
アース法律事務所の3つの特徴
  • 相談料は無料
  • 元裁判官の弁護士が対応(受任件数は3,500件を超える実績がある)
  • 債務整理を中心に幅広い法律問題に対応

アース法律事務所は元裁判官の弁護士に法律問題を相談できます。

受任件数は3,500件を超えており、確かな経験がある法律事務所です。

また、相談料は無料で、全国対応もしています。

着手金の額や、報酬金は業界水準並みです。

セイリさん

債務整理_おすすめ_アース法律事務所_電話

\ まずは無料診断/

アース法律事務所の
無料相談はこちら

自己破産に強い事務所⑤ひばり(名村)法律事務所

初回相談料 報酬
無料 着手金 22,000円(税込)/1社
報酬金 22,000円(税込)/1社
減額報酬 11%(税込)
過払報酬 発生しない場合が多い
(成功した場合のみ支払い)
ひばり(名村)法律事務所の3つの特徴
  • 分割払い可能
  • 無料・匿名相談何度も可能
  • 女性専用相談窓口有り

ひばり(名村)法律事務所は、『任意整理』や『自己破産』など、債務整理に特化した法律事務所です。

実績として、5社から300万円以上の借入をした方の借金残額を、305万円から120万円に減額したという事例もあることで人気です。

また、持ち家を手放さずに住宅ローンなどの借入を月額19万円から10万円程度に合計9万円の減額にも成功するなど信頼できる事例が多くあります。

相談は何回でも無料なので、知識ゼロでも安心して依頼ができます。

セイリさん

債務整理_おすすめ_ひばり法律事務所_電話

\ まずは無料診断/

ひばり(名村)法律事務所の
無料相談はこちら

自己破産ができる4つの条件

自己破産_費用_条件
自己破産は誰でも自由にできるわけではありません。

自己破産では借金がなくなり、お金を貸した人が損をしてしまうため、自己破産するためにはそれなりの条件をクリアする必要があります。

自己破産ができる条件は主に以下の4つです。

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

借金の返済が客観的に不可能なこと

自己破産_費用_不可能
自己破産ができる条件としてまず挙げられるのは、借金の返済が客観的に不可能なことです。

自己破産の手続きをしようとする方は、自分の中では借金の返済ができないと考えている場合が多いでしょう。

しかしながら、外から見て借金の返済ができると判断されてしまった場合には、自己破産ができません。

たとえば、借金の元金だけでも返済できると判断された場合、任意整理など他の手続きを踏んだほうが良いでしょう。

浪費・ギャンブルなどでの借金ではないこと

自己破産_費用_借金
自己破産ができる条件としては、浪費・ギャンブルなどでの借金ではないことも挙げられます。

以下のような理由で作った借金の場合には、免責を受けるのに不適切な人物と判断されて、自己破産手続きを行えない場合があります。

免責できない場合
  • クレジットカードの現金化をした場合
  • ギャンブルなどで借金をした場合
  • ブランド品などの浪費で借金した場合 など

隠蔽や虚偽の書類提出を行っていないこと

自己破産_費用_隠蔽
自己破産ができる条件としては、隠蔽や虚偽の書類提出を行っていないことも挙げられます。

たとえば、財産を隠したり、財産の価値を低く見せたりして、自己破産後も財産を残しておこうしてはいけません。

また、虚偽の債権者名簿を提出したり、申し立てた時に虚偽の説明をすることも免責不許可の理由になってしまいます。

非免責債権以外の借金であること

自己破産_費用_非免責債権
自己破産ができる条件としては、非免責債権以外の借金であることも挙げられます。

たとえば、以下のような借金は非免責債権とされ、自己破産をしても支払う必要があります。

非免責債権
  • 税金
  • 社会保険料
  • 重過失損害賠償金
  • 罰金
  • 養育費
  • 慰謝料 など

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産で注意すべき3つのデメリット

自己破産_費用_デメリット
自己破産は借金をなくせるため、借金に苦しんでいる方にとっては大きなメリットのある方法です。

しかし、自己破産には以下のようなデメリットもあります。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:10年間は借金がほぼ不可能になる

自己破産_費用_10年間
自己破産で注意すべきデメリットとしてまず挙げられるのは、10年間は借金がほぼ不可能になることです。

自己破産すると、信用情報機関に10年間、自己破産を行ったことが記録されます。

これは、いわゆるブラックリストに載った状態になります。

そして、金融機関はお金を貸す時に必ず信用情報機関のデータベースを確認するため、ブラックリストに載ったままでは借金するのはほぼ不可能です。

そのため、10年間は借金することなく生活を再建していかなければなりません。

デメリット②:生活必需品以外の財産は処分する必要がある

自己破産_費用_生活必需品
自己破産で注意すべきデメリットとしては、生活必需品以外の財産は処分する必要があることも挙げられます。

自己破産では借金が帳消しになる分、お金を貸している人が損してしまうため、最低限の財産以外は換金されて、貸し手に分配されることになります。

そのため、生活必需品や20万円未満の価値の財産、99万円以下の現金などを残して、家や土地などは処分されることになります。

デメリット③:手続き中は公的資格が必要な仕事をできない

自己破産_費用_公的資格
自己破産で注意すべきデメリットとしては、手続き中は公的資格が必要な仕事をできないことも挙げられます。

自己破産手続きを行い、免責が許可されるまでの間は、弁護士など公的な資格が必要になる仕事はこなすことができません。

ただ、手続きが終わり、免責が許可されるなどした時には、仕事を再開することができます。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産する時の6つの手順

自己破産_費用_手順
自己破産する時の手順は主に以下の6つです。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:弁護士へ依頼

自己破産_費用_弁護士
自己破産する時には、最初に弁護士や司法書士に依頼することになります。

自己破産手続きは独力で行うことも不可能ではありませんが、かなりの手間や専門知識が必要になるため、ほとんどの方が弁護士などに依頼しています。

ちなみに、弁護士に支払う費用をどうしても用意できなそうな場合には、さまざまな救済措置がある公的な法律相談所である法テラスを利用するのがおすすめです。

手順②:借入先への自己破産の通告

自己破産_費用_自己破産
次に、依頼された弁護士が借金の借入先に自己破産の通告を行うことになります。

自己破産の通告は、借入先に借金の催促や差し押さえなどを停止してもらうために必要な手続きです。

自己破産の通告が行われると正式に自己破産の手続きが開始され、お金を貸している人は自己破産者の財産に手を出すことができなくなります。

手順③:書類の準備

自己破産_費用_書類
次に、自己破産の手続きで必要になる書類を準備することになります。

自己破産の手続きでは、裁判所に自己破産の申請をするのに必要な、さまざまな書類を提出する必要があります。

この書類の数が多く、自己破産手続きの中でも特に手間のかかる手順になります。

手順④:裁判所での説明

自己破産_費用_裁判所
次に、裁判所に出向いて、自己破産するに至った経緯を説明することになります。

自己破産に至った経緯は、裁判官と弁護士が同席する場で説明します。

スムーズに説明できるように、どのような説明を行うかは事前に考えておくと良いでしょう。

手順⑤:財産の売却

自己破産_費用_財産
次に、生活の維持に必要なものを除いて、財産の売却を行います。

たとえば、家、土地、99万円を超える現金などが回収され、債権者に平等に分配されます。

ちなみに、財産の売却が必要になる管財事件と少額管財事件では、裁判所に手続きの手数料である予納金を支払う必要があります。

手順⑥:免責

自己破産_費用_免責
最後に、免責が行われれば自己破産は完了です。

免責が確定されれば、いよいよ借りた借金を返済する必要はなくなります。

自己破産にかかる期間はどのくらいの財産を持っていたか、などによって異なりますが、3~6ヶ月程度で完了するケースが多いとされています。

\ 相談料・着手金無料!/

はたの法務事務所の 無料相談はこちら

自己破産についてのよくある質問

自己破産_費用_質問
自己破産は重大な決断ですから、さまざまな疑問や不安が湧いてくるのは当然と言えます。

自己破産についてよくある質問としては、主に以下の3つが挙げられます。

それぞれの質問とその答えについて詳しく見ていきましょう。

生活保護を受給してても自己破産できる?

自己破産_費用_生活保護
生活保護を受給している場合にも、自己破産をすることは可能です。

生活保護を受けている人は、特に法テラスで相談した場合には弁護士費用や裁判所への予納金が免除になるという制度もあります。

ただ、一時的な生活保護の場合には弁護士費用などが免除されない場合があります。

専業主婦(主夫)や無職でも同じ費用がかかる?

自己破産_費用_無職
自己破産にかかる費用は職業、収入などで変わることはなく、基本的には誰が行っても大きな費用の変動はありません。

ただ、財産をほとんど持っていない場合には同時廃止事件となり、費用が抑えられる場合もあります。

2回目以降の自己破産は費用が高くなる?

自己破産_費用_2回目
自己破産は1回目であっても、2回目であっても費用が変わるわけではありません。

2回目以降の自己破産は1回目に比べて本当に自己破産者として適格なのか細かく調査されるので注意が必要でしょう。

自己破産の費用のまとめ

自己破産_費用_まとめ
自己破産の費用の相場は以下の3つの場合で異なります。

自己破産で払う必要がある費用としては以下のようなものが挙げられます。
自己破産の費用が払えない時の対処法は以下のとおりです。
自己破産ができる条件は以下のとおりです。
自己破産で注意すべきデメリットは以下のとおりです。
自己破産する時の手順としては以下のようなものが挙げられます。
自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の選び方は以下のとおりです。
自己破産に強い弁護士・司法書士事務所の3つの選び方
自己破産に強い弁護士・司法書士事務所としては以下のようなものが挙げられます。
自己破産についてのよくある質問としては以下のようなものが挙げられます。