ネット証券会社の手数料最安比較ランキング|株取引の手数料最安はSBIネオトレード証券

手数料が最安の証券会社は?
約定プランと定額プランどっちが手数料が安いの?

ネット証券会社は、取引にかかる手数料が安いことが特徴です。

この記事では、ネット証券会社の手数料を、約定プラン・定額プランそれぞれで比較しました。

証券会社手数料をざっくりいうと…
  • 約定プランと定額プランで取引手数料は違う
  • 結論、手数料最安値でおすすめはSBIネオトレード証券
  • 投資スタイル、投資金額によって選ぶ証券会社は違う
  • 株取引で手数料が発生するのは取引成立時
  • 通常時もキャンペーン中もSBIネオトレード証券が業界最安値の手数料

結論、「SBIネオトレード証券(ネオトレ)」が手数料最安の証券会社として人気です。

国内株式(現物取引)
\手数料引き下げキャンペーン中/

SBIネオトレード証券
キャンペーンの詳細はこちら

ネット証券の手数料比較一覧表

ネット証券の手数料比較一覧表

ネット証券の場合、 1回の注文ごとに手数料が発生する「1約定制」と、1日の約定額の合計で決まる「1日定額制」があります。

約定プランと定額プランでは、手数料が大きく違うので、ここではそれぞれの手数料を比較してみましょう。

ネット証券の手数料体系
  • 約定プラン
  • 定額プラン

手数料が安いネット証券7社で比較してみます。

約定プラン

1約定制の各証券会社別の手数料比較を一覧にまとめました。

まず、50万円までの約定金額における手数料を紹介します。

約定制の手数料(〜50万円まで)
証券会社 〜5万円 〜10万円 〜20万円 〜30万円 〜40万円 〜50万円
SBIネオトレード
(通常時)
50円 88円 100円 198円 198円 198円
SBIネオトレード
(キャンペーン時)
50円 88円 100円 198円 198円 198円
SBI証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円
LINE証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円
DMM株 55円 88円 106円 198円 198円 198円
マネックス証券 110円 110円 198円 275円 385円 495円
auカブコム証券 99円 99円 198円 275円 275円 275円

続いて、約定金額が50万円超における、各証券会社の手数料を見てみましょう。

50万円を超えてくると、手数料の差が大きくなってくることが分かります。

ネット証券のなかでも、SBIネオトレード証券(ネオトレ)の手数料は他社と比べてもずっと最安値です。特に、キャンペーン時はその差が歴然となっています。

約定制の手数料(50万円超)
証券会社 〜100万円 〜150万円 〜200万円 〜300万円 〜1000万円 〜3000万円 〜1億円
SBIネオトレード
(通常時)
374円 440円 660円 660円 880円 880円 880円
SBIネオトレード
(キャンペーン時)
330円 330円 330円 330円 330円 330円 330円
SBI証券 535円 640円 1,013円 1,013円 1,013円 1,013円 1,070円
楽天証券 535円 640円 1,013円 1,013円 1,013円 1,013円 1,070円
LINE証券 535円 640円 1,013円 1,013円 1,013円 1,013円 1,070円
DMM株 374円 440円 660円 660円 880円 880円 880円
マネックス証券 成行:1,100円
指値:1,650円
成行:約定額×0.11%
指値:約定額×0.165%
成行:約定額×0.11%
指値:約定額×0.165%
成行:約定額×0.11%
指値:約定額×0.165%
成行:約定額×0.11%
指値:約定額×0.165%
成行:約定額×0.11%
指値:約定額×0.165%
成行:約定額×0.11%
指値:約定額×0.165%
auカブコム証券 535円 約定額×0.099%
+99円
約定額×0.099%
+99円
約定額×0.099%
+99円
約定額×0.099%
+99円
【上限:4,059円】
4,059円 4,059円

SBIネオトレード証券では、2021年12月1日~2022年1月31日まで*、国内株式現物手数料引き下げキャンペーンを実施しています。

SBIネオトレード証券の国内株式現物手数料は通常時も業界最安値ですが、キャンペーン期間中は更に手数料が安くなっています。

SBIネオトレード証券のキャンペーン

SBIネオトレード証券では、現物取引(1約定制)における手数料引き下げキャンペーンを実施中です。

50万円超の取引において、手数料が330円に固定されます。

約定代金 手数料
50〜100万円 374円→330円
100〜150万円 440円→330円
150〜300万円 660円→330円
300万円超 880円→330円

※キャンペーン期間は2021年12月1日~2022年1月31日まで。

特に、50万円以降の手数料が330円で固定されているのは、他社と比べても非常にオトクと言えるでしょう。

国内株式(現物取引)
\手数料引き下げキャンペーン/

SBIネオトレード証券
キャンペーン内容はこちら

運用シュミレーション(約定制)

手数料最安のSBIネオトレード証券(ネオトレ)と、楽天証券で手数料がいくら変わるのか見てみましょう。

投資資金300万円で1ヶ月取引を行った場合、以下のようになります。

※約定制での取引です。

取引額/回数 SBIネオトレード
手数料
楽天証券
手数料
〜5万円
5回
250円 275円
5〜10万円
7回
616円 693円
10〜20万円
5回
500円 574円
20〜50万円
10回
1,980円 2,750円
50〜100万円
4回
1,320円 2,140円
100〜150万円
5回
1,650円 3,200円
150〜200万円
3回
990円 3,039円
200〜300万円
2回
660円 2,026円
合計 7,966円 14,697円

※SBIネオトレード証券の手数料はキャンペーン時のものを適用

SBIネオトレード証券と楽天証券で1ヶ月上記の取引を行ったところ、取引手数料の差は6,731円にもなりました。

1回1回の手数料だと少しの差かもしれませんが、積み重なると大きくなるため、やはり手数料は無視できない存在です。

定額プラン

次に、1日定額制での証券会社ごとの手数料の比較一覧表です。

1約定制でも手数料が最安のSBIネオトレード証券(ネオトレ)は定額プランにおいても業界最安値で提供しています。

証券会社 〜100万円 〜150万円 〜200万円 〜300万円 500万円 1000万円
ネオトレ 0円 880円 1,100円 1,540円 2,130円 3,605円
SBI証券 0円 1,238円 1,238円 1,691円 2,281円 3,756円
楽天証券 0円 2,200円 2,200円 3,300円 5,500円 11,000円
マネックス証券 550円 2,750円 2,750円 2,750円 5,500円 11,000円
auカブコム証券 0円 2,200円 2,200円 3,300円 5,500円 11,000円

※LINE証券とDMM株には、定額プランはありません。

運用シュミレーション(定額制)

約定制と同様に、定額制でもSBIネオトレード証券(ネオトレ)と楽天証券を用いて、手数料のシュミレーションを行います。

投資資金300万円で1ヶ月取引した場合、手数料の差は以下のようになりました。

取引額/回数 SBIネオトレード
手数料
楽天証券
手数料
〜100万円
15回
0円 0円
100〜150万円
7回
6,160円 15,400円
150〜200万円
5回
5,500円 11,000円
200〜300万円
3回
4,620円 9,900円
合計 16,280円 36,300円

上記の取引回数で取引した場合、定額制ではSBIネオトレード証券と楽天証券の間に20.020円もの差が生まれました。

特に100万円を超える取引をする場合は、手数料の積み重ねで何万円もの差が出てくるので、手数料の安さがいかに大事か分かると思います。

ネット証券の手数料ランキング

ネット証券の手数料ランキング

ネット証券の中で、手数料が安い証券会社をランキング形式でまとめました。

順位は次の通りです。

ネット証券の手数料ランキング
  1. SBIネオトレード証券
  2. SBI証券
  3. 楽天証券
  4. LINE証券
  5. DMM株

それぞれの証券会社の特徴をみていきましょう。

1位:SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券の特徴
  • 業界最安値の手数料で取引が可能
  • 少額投資の手数料が安く初心者にもおすすめ
  • 定額プランは約定代金100万円以下が現物手数料0円
  • 信用取引手数料はいつでも0円
  • IPO取扱数が増加中で事前入金が不要

SBIネオトレード証券は、信用取引手数料が業界最安値で有名なネット証券です。

第三者評価機関の各種ランキングでも手数料部門では連続受賞が続いており、折り紙付きの安さとなっています。

もちろん、現物取引でも業界最安水準ですが、2021年12月1日〜2022年1月31日まで、国内株式現物手数料引き下げキャンペーンを実施しており、さらにオトクに

この手数料引き下げキャンペーン中は、【一律プラン】での手数料が値下げされ、約定代金50万円超は一律330円と業界最安値の手数料になります。

SBIネオトレード証券のキャンペーン
約定代金 手数料
50〜100万円 374円→330円
100〜150万円 440円→330円
150〜300万円 660円→330円
300万円超 880円→330円

※キャンペーン期間は2021年12月1日~2022年1月31日まで。

>>キャンペーン詳細はこちら

SBIネオトレード証券の概要
取引手数料
(税込)
【現物取引・一律(つどつど)プラン】
※1注文ごとの約定代金に応じた手数料体系

  • 5万円以下:50円
  • 5万円超~10万円以下:88円
  • 10万円超~20万円以下:100円
  • 20万円超~50万円以下:198円
  • 50万円超~100万円以下:374円(330円:12/1~)
  • 100万円超~150万円以下:440円(330円:12/1~)
  • 150万円超~300万円以下:660円(330円:12/1~)
  • 300万円超:880円(330円:12/1~)

【現物取引・定額(おまとめ)プラン】
※1日の約定金合計額に応じた手数料体系

  • 50万円以下:0円
  • 50万円超~100万円以下:0円
  • 100万円超~150万円以下:880円
  • 150万円超~200万円以下:1,100円
  • 200万円超〜300万円以下:1,540円
  • 以降100万円単位超過ごとに :295円ずつ増加
取扱商品
  • NISA
  • 投資信託
  • 信用取引
  • 日経225先物・オプション取引
  • 東京証券取引所(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)
  • ETF・REIT・ETN(※外国籍を除く)
  • ベンチャーファンド
  • カントリーファンド
  • インフラファンド
  • 優先出資証券
取引ツール
(PC)
  • 高機能ダウンロード版 NEOTRADE R
  • Webブラウザ版 NEOTRADE W
  • 株価ボード
取引ツール
(スマホ・
タブレット)
  • Android版アプリ NEOTRADE S
  • iPhone版アプリ NEOTRADE S

SBIネオトレード証券では、社名変更1周年記念として、国内株式現物手数料引き下げキャンペーンが行われています。

キャンペーン期間中は上記でも記載しましたように、「現物取引・一律(つどつど)プラン」における50万円超の取引手数料が一律330円となります。

通常時でも業界最安値の取引手数料ですが、キャンペーン中はさらに安くなってオトクになります。

SBIネオトレード証券
\キャンペーン内容はこちら/

SBIネオトレード証券で
口座開設する(無料)

2位:SBI証券

出典:https://www.sbisec.co.jp/ETGate

SBI証券の特徴
  • ネット証券最多の口座開設数
  • 取引手数料0円からでIPO銘柄も豊富
  • 外国株式取扱数はネット証券トップクラス
  • 25歳以下の方は現物手数料実質0円
  • Tポイントを使ったポイント投資も可能

SBI証券は手数料が安く、取引手数料はネット証券最安の0円からで、取引タイプに合わせて次の2つの手数料プランが選べます。

スタンダードプラン」・・・注文の取引金額に応じて手数料が決まる

アクティブプラン」・・・1日の取引合計額に応じて手数料が決まる

また、取引銘柄は非常に多く、特にIPO銘柄の証券業界としては最も多く86社を誇ります。

さらに、SBI証券は口座開設数No1で、25歳以下の方は現物手数料が約定代金にかかわらず実質無料というメリットもあります。

しかも、夜間取引が可能なので、時間を選ばずに取引でき、昼間忙しい方にもおすすめです。

SBI証券の概要
取引手数料
(税込)
【現物取引・スタンダードプラン】
※1注文の約定代金に対する手数料

  • 5万円まで:55円
  • 10万円まで:99円
  • 20万円まで:115円
  • 50万円まで:275円
  • 100万円まで:535円
  • 150万円まで:640円
  • 3,000万円まで:1,013円
  • 3,000万円超:1,070円

【現物取引・アクティブプラン】
※1日の約定代金合計に対する手数料

  • 100万円まで:0円
  • 200万円まで:1,238円
  • 300万円まで:1691円
  • 以降100万円増加ごとに:295円ずつ増加
取扱商品
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託
  • 債券
  • 外国為替保証金取引(FX)
  • 先物・オプション
  • CFD(くりっく株365)
  • 金・銀・プラチナ
  • eワラント
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 保険
取引ツール
(PC)
  • HYPER SBI
  • SBI CFDトレーダー
取引ツール
(スマホ・
タブレット)
  • 「SBI証券 株」アプリ
  • 米国株アプリ
  • かんたん積立 アプリ
  • HYPER FXアプリ
  • HYPER 先物・オプションアプリ
  • HYPER CFDアプリ

3位:楽天証券

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券の特徴
  • 投資しながら楽天ポイントが貯まる&使える
  • スマホアプリiSPEEDが使いやすい
  • キャンペーンが充実している
  • 1日定額コースなら取引金額100万円まで手数料無料
  • 初めての信用取引でもれなく200楽天ポイントプレゼント

楽天証券は2019年口座開設数No1に輝いたネット証券で、その理由のひとつにキャンペーンが充実していることが挙げられます。

はじめて信用取引を始めると200楽天ポイントを貰えたり、株式取引手数料や投資保有残高などの応じてポイントが貯まり、そのポイントで投資信託や国内株式を購入することもできます。

また、楽天証券の国内株式手数料は最低0円から可能で、ネット証券としては手数料が業界でも最安値を誇ります。

楽天会員の方であれば、口座開設の申し込みも簡単で、楽天ならではのスマホアプリiSPEEDは使いやすいと評判です。

楽天証券の概要
取引手数料
(税込)
【現物取引・超割コース】
※1回の取引金額で取引手数料が決定

  • 5万円まで:55円
  • 10万円まで:99円
  • 20万円まで:115円
  • 50万円まで:275円
  • 100万円まで:535円
  • 150万円まで:640円
  • 3,000万円まで:1,013円
  • 3,000万円超:1,070円

【いちにち定額コース】
※現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決定

  • 100万円まで:0円
  • 200万円まで:2,200円
  • 300万円まで:3,300円
  • 以降100万円増えるごとに1,100円(税込)を追加
取扱商品
  • 国内株式
  • 海外株式・ETF
  • 投資信託
  • 楽ラップ
  • 債権
  • 先物・オプション
  • 楽天FX
  • 外国為替
  • 保険
取引ツール
(PC)
  • マーケットスピードⅡ
  • マーケットスピード
  • マーケットスピードFX
取引ツール
(スマホ・
タブレット)
  • マーケットスピードⅡ
  • iSPEED
  • iSPEED for iPad
  • iSPEED FX
  • iSPEED 先物OP

4位:LINE証券

出典:https://line-sec.co.jp/

LINE証券の特徴
  • 1株から買えるので少額の資金で株式投資が始められる
  • LINEポイントやLINE Payが利用できる
  • 定額プランは現物取引手数料0円から
  • スマホのLINEアプリだけで口座開設から投資までが完了
  • お得なキャンペーンやタイムセールが豊富

LINE証券は、SNSで有名なLINE株式会社と野村ホールディングス株式会社が共同で設立したスマホ向け証券会社です。

使い慣れた、LINEアプリを使って簡単に株式投資をはじめることができるので初心者にはもってこいの証券会社です。

また、LINEには「いちかぶ(単元未満株)」という投資の種類があり、一般的な株式投資では一単元(100株)での投資が必要ですが、「いちかぶで」は、1株単位で投資をすることができます

また、LINEポイントやLINE Payを使うことができ、LINE Payを使って即座に入出金をすることも可能です。

さらに、LINE証券ではキャンペーンやタイムセールも頻繁に行われていて、例えば「口座開設するだけで最大3株分の購入代金をプレゼント」というようなキャンペーンもあります。

LINE証券の概要
取引手数料
(税込)
※1約定ごと
【現物取引(国内株式)】
※1注文ごとの約定代金に応じた手数料体系

  • 5万円以内:55円
  • 5万円超10万円以内:99円
  • 10万円超20万円以内:115円
  • 20万円超50万円以内:275円
  • 50万円超100万円以内:535円
  • 100万円超150万円以内:640円
  • 150万円超3,000万円以内:1,013円
  • 3,000万円超:1,070円
取扱商品
  • 国内株式
  • 外国為替保証金取引(FX)
  • IPO
  • 投資信託
取引ツール
(スマホ・
タブレット)
LINE

5位:DMM株

出典:https://kabu.dmm.com/

DMM株の特徴
  • 最短即日での取引が可能
  • スマホアプリ1つで簡単取引
  • 米国株手数料は約定代金にかかわらず一律0円
  • 25歳以下の方は現物取引・信用取引ともに0円
  • 貯まったDMM株ポイントを現金に交換可能

DMM株では最短即日取引ができることが特徴で、口座を開設すると1か月間、国内株式の手数料が0円になる嬉しい特典もあります。

また、米国株取引手数料は約定代金にかかわらず一律0円というのもDMM株の大きなメリットです。

国内株式の取引手数料も低めに設定されており、特に25歳以下の方は現物取引手数料や信用取引手数料は実質0円とお得です。

さらに、DMM株はスマホアプリだけで、日本株・米国株どちらも簡単に取引が可能でアプリの操作もシンプルなので初心者にも始めやすいのも特徴です。

国内株の取引手数料の1%がDMMポイントとして貯まり、1ポイント=1円相当として、1,000ポイント以上から現金に交換が可能です。

DMM株の概要
取引手数料
(税込)
※1約定ごと
【現物取引(国内株式)】
※1注文ごとの約定代金に応じた手数料体系

  • ~5万円以下:55円
  • ~10万円以下:88円
  • ~20万円以下:106円
  • ~50万円以下:198円
  • ~100万円以下:374円
  • ~150万円以下:440円
  • ~300万円以下:660円
  • 300万円超:880円

【信用取引(国内株式)】
※1日の約定金合計額に応じた手数料体系

  • ~300万円以下:88円
  • 300万円超:0円
取扱商品
  • 株式・現物取引
  • 株式・信用取引
  • NISA/ジュニアNISA
  • 米国株式など
取引ツール
(PC)
  • DMM株 PRO+
  • DMM株 STANDARD
取引ツール
(スマホ・
タブレット)
DMM株 スマホアプリ

ネット証券会社の手数料を比較するポイント

ネット証券会社の手数料を比較するポイント

一口に手数料と言っても、定額制・約定制、投資スタイル、投資金額で取引手数料は違います。

ここでは、ネット証券会社の手数料を次の4つで比較するポイントを紹介します。

ネット証券会社の手数料を比較するポイント
  • 定額制か約定制かで比較する
  • 投資スタイル
  • 投資金額
  • キャンペーンの有無

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

定額制か約定制かで比較する

ネット証券の手数料を比較する上で、まず知っておきたいのが定額制か約定制で手数料が違うということです。

1回の注文ごとに手数料が発生するのが「1約定制」、1日の約定額の合計で発生するのが「1日定額制」になります。

約定制は1日にあまり取引をしない人が向いていて、1日少額で何回も取引したい人は定額制を選ぶと良いでしょう。

また、定額制と約定制の両者においても、SBIネオトレード証券が業界最安の手数料となっています

>>SBIネオトレード証券の登録はこちら

投資スタイル

ネット証券会社の手数料は投資スタイルによっても変わってきます。

たとえば、「現物取引」と「信用取引」では手数料は違ってきます。

それぞれ、現物取引にも信用取引にも「約定プラン」「定額プラン」がありそれぞれで手数料が違うので要注意です。

投資金額

ネット証券会社の手数料を比較する際に、注意しておいきたいのが100万円以上の投資をする場合です。

多くのネット証券会社では約定プラン、定額プランともに100万円までは手数料が優遇されている場合が多いのですが、100万円を超えると各社ごとに手数料が違ってきます。

たとえば、定額プランでSBI証券と楽天証券、そしてSBIネオトレード証券を見てみましょう。

200〜300万円の取引をすると、楽天証券なら3,300円の手数料ですが、SBI証券なら1,691円、さらにSBIネオトレード証券なら1,540円の手数料となります。

投資金額が多い方はこのポイントに注意して、証券会社を比較すると良いでしょう。

キャンペーンの有無

ネット証券会社では、手数料の引き下げキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンやポイント贈呈キャンペーンなどを行う場合があります。

上記で紹介したネット証券会社でも、今だとSBIネオトレード証券の国内株式現物手数料引き下げキャンペーンが特に注目です。

SBIネオトレード証券のキャンペーン

現物取引(1約定制)における手数料引き下げキャンペーンが実施中。

50万円超の取引において、手数料が330円に固定されます。

約定代金 手数料
50〜100万円 374円→330円
100〜150万円 440円→330円
150〜300万円 660円→330円
300万円超 880円→330円

※キャンペーン期間は2021年12月1日~2022年1月31日まで。

キャンペーンの有無も、ネット証券の手数料に関係してくる場合も多いので、キャンペーンの内容も考慮するようにしましょう。

国内株式現物取引
\手数料引き下げキャンペーン/

SBIネオトレード証券
キャンペーンの詳細はこちら

株の手数料について

株の手数料について

株式の取引手数料はいつ発生して、スプレッドとどう違うのかについて解説します。

株の手数料について
  • 手数料はいつ発生するのか
  • 手数料とスプレッドの違い

手数料を比較する上で、押さえておきたいこの2点について詳しくみていきましょう。

手数料はいつ発生するのか

株式の手数料というのは、注文時、約定時どこで発生するのでしょうか?

手数料が発生するタイミングは、株式の売買が成立した約定時に発生します。

この時に注意したいのは、株式の取引というのは買う側の注文と売る側の注文が一致した時に成立するということです。

買い手が100円で注文を出しても、売り手側でも同じ条件で売りたいとならないと取引は成立しません。

つまり、同じ条件買い手と売り手の条件が見合った時に取引が成立(約定)し、取引手数料が発生します。

そのため、注文を出してまだ約定前の場合は、手数料は発生せず、注文をキャンセルしても取引手数料は無効になります。

手数料とスプレッドの違い

100万円以下で定額プランなどで、取引手数料が0円というネット証券もありますが、ここで注意しておきたい事があります。

この、手数料0円というのは、本当に証券会社に支払う手数料が無料ということではなく、「スプレッド」という形でコストが差し引かれれています。

つまり、最初からコストが上乗せされた支払金額が提示されているということです。

初心者にとっては、別途手数料として計上されるより、スプレッドとして最初から金額が上乗せされている方が使いやすいので、証券会社は、取引手数料0円という言い方をしているのです。

ただ、実際には「取引手数料無料」の場合でも、スプレッドとして手数料が支払い料金に含まれていることは理解しておきましょう。

手数料でネット証券を選ぶなら
  • 手数料最安はSBIネオトレード証券
  • 約定制・定額制ともに業界最安値で取引できる
  • キャンペーンでさらに手数料引き下げ中
  • 50万円超の取引手数料が330円に固定(現物取引・1約定制)

国内株式現物取引
\手数料引き下げキャンペーン/

SBIネオトレード証券
キャンペーンの詳細はこちら

ネット証券会社の手数料|まとめ

ネット証券会社の手数料|まとめ

いかがでしたでしょうか?株取引では手数料の安さがとても重要なポイントになります。

この記事では、取引手数料が安いネット証券の中で、約定プラン・定額プランでの手数料を比較しました。

その結果、SBIネオトレード証券は、約定プランと定額プランの両方において、通常時もキャンペーン時も業界最安値の取引手数料であることが分かりました。

ずっとオトクに取引したい方は、SBIネオトレード証券で口座を開設することをおすすめします。

また、手数料と言っても条件ごとで、料金が違ってくることもあるため、定額制・約定制、投資スタイル、投資金額ごとに比べてみることをおすすめします。

株取引をする上で、手数料が安い証券会社選びは儲けを出す上でとても重要です。

それぞれの証券会社の手数料を細かく比較して、賢く株取引をしていきましょう。

まとめ
  • 約定プランと定額プランで取引手数料は違う
  • ネット証券で手数料最安値のおすすめはSBIネオトレード証券
  • 投資スタイル、投資金額によって選ぶ証券会社は違う
  • 株取引で手数料が発生するのは取引成立時
  • 通常時もキャンペーン時もSBIネオトレード証券が業界最安値の手数料

国内株式現物取引
\手数料引き下げキャンペーン/

SBIネオトレード証券
キャンペーンの詳細はこちら