株の運用方法は?初心者にもわかりやすくコツ・注意点や始め方を解説

株の運用に興味があるが、どういうものなのかよく分からない…
株式投資って安全に運用できるの?

株の運用と聞くと「何だか難しそう…」という印象を受け、株式投資に興味があっても実際に始めることができないという人も多いのではないでしょうか。

確かに、株式投資は正しい知識を身につけたり、経済の動向をチェックしたりといったことが必要になってきますが、投資に詳しくない人でも少額から気軽に始めることができます。

今回の記事では、投資初心者の人に向けて株式投資の仕組みやメリット、始め方などを解説していきます

また、株式投資の注意点やよく浮かぶ疑問点などについても合わせて解説をしているので、株の運用に興味がある方はぜひ参考にしてください。

「株 運用」をざっくりいうと
  • 株式投資は将来を見据えた資産運用の一つ
  • 企業の事業が上手くいくことで譲渡益や配当金を得られる
  • 株式投資と投資信託はそれぞれ違ったメリットやリスクがある
  • 投資を成功させるためには正しい知識を身につけリスクを把握することが重要
  • 株式投資はWEB上で簡単に始められる
  • 譲渡益と配当金には税金が発生する

SBI証券で口座開設してみる

株式投資の仕組みとは

株運用_株式投資の仕組み

まず、株式というのは株式会社が発行している証券であり、一般的に株式の売買は証券取引所を介して行われます。

では、株式投資をすることでなぜ利益を得ることができるのでしょうか?

投資家が株式を購入することで企業にお金が入り、企業は投資で得たお金を元手に事業を大きくするよう努めます。

そして、事業が成功して利益が発生すれば、株式を購入した「株主(投資家)」に利益の一部を譲渡する、というのが株式投資で利益が発生するまでの主な流れです。

株式投資は「企業の事業が成功するよう応援する」という意味合いもあるため、成功する見込みのある企業や、急成長中の企業に投資をする人も多いです。

ただし、事業が失敗して株価が暴落したり企業が倒産したりすれば、投資したお金は返ってきません。

このように、株式投資にはリスクが付きまとうものなので、しっかりと正しい知識を身につけ、慎重な判断をすることが大切です。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

 

株式投資はいくらからすべき?

株運用_株式投資はいくらから?

株式は、日本株であれば100株単位米国株であれば1株単位で購入ができます。

例えば、1株=100円の日本企業に株式投資をする場合、購入は100株単位からなので10,000円以上の資金が必要になります。

1株=100円の米国企業に株式投資をする場合、1株単位での購入が可能なので、100円で株式投資を始められます。

このように、株式投資は「どの国の」「どの企業に」行うのかによって必要な投資金額が異なってきます。

初心者の人は100円から10,000円以内で気軽に株式投資を始めてみて、株式購入から利益が発生するまでの流れを掴むのがおすすめです。

ただ、まとまった金額を投資した方が利益が大きいのも確かなので、資金に余力がある場合は金額を大きくしても良いでしょう。

株式投資にいくら掛けるべきなのかは、自分自身の貯蓄や給料と相談し、無理のない範囲内に収めておくのがベストです。

株式投資と投資信託って何が違うの?

株運用_株式投資と投資信託の違い

株式投資と似ている言葉に「投資信託」というものがあります。

どちらも株式を購入して運用するという点に変わりはありませんが、その中身はかなり異なっているので、違いをしっかり把握しておきましょう。

株式投資は自分自身で企業を選んで株式を購入するのに対し、投資信託は資産運用のプロが選定した株式を複数まとめて購入する方法になります。

手数料などのコストは高くなるものの、投資のプロが選んだ株式であるためリスクが少なく、安全な運用が可能なのが魅力です。

また、株式投資は企業の株価によって最低投資金額が異なりますが、投資信託は金額を自由に設定することができます。

ただ、投資信託は長期的な積立が必要なことが多く、また仕組みも株式投資に比べると複雑なのが難点となっています。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

資産運用に株運用・株式投資がおすすめな理由

株運用_株式投資が資産運用におすすめな理由

将来のことを見据えた資産運用を始めるのであれば、株運用・株式投資がおすすめです。

ここでは資産運用をするのになぜ株式投資がおすすめなのか、主な理由を3つピックアップして解説していきます。

資産運用に株式投資がおすすめな理由
  • 銀行預金よりも利益が出やすい
  • 少額からでも始めることができる
  • リスクを分散できる

理由①銀行預金よりも利益が出やすい

株式投資にはリスクがありますが、ただ銀行に資産を預けておくより利益が出やすいとされています。

日本において、銀行の定期預金の年利は0.002%〜0.3%程度です。

例えば、1年間100万円を銀行に預けていたとしたら、利息は20円〜3,000円程度ということになります。

しかし、もし預金100万円のうち10万円でも株式投資に回していれば、数万円以上の利益が発生していたかもしれません。

株式投資で利益が出るかどうかは確実ではありませんが、少ない利息しかもらえない銀行預金よりは利益を得られる可能性が高いのです。

理由②少額からでも始めることができる

株式投資は少額からでも始めることができるため、リスクを最小限に抑えながら運用することが可能です。

100円〜の最低額で始めてみるのも良いですが、10,000円も用意できれば選べる株式の幅は大きく広がります。

株式の購入額は企業によって異なりますが、人気企業や業績が伸びている企業から選ぶのがおすすめです。

また、証券会社によっては1株未満の「ミニ株」を購入できることがあります。

例えば、1株1,000円の企業の株式を500円で購入する場合、0.5株を保有することになります。

1株未満の購入は手数料が高くなるというデメリットもあるのですが、株価が高い企業の株式も気軽に購入することが可能です。

株の初心者の人は、少額投資から始めてみて株式投資の流れを体験するというところからスタートを切りましょう。

理由③リスクを分散できる

株式投資は、複数の株式を購入することでリスクを分散することができます。

例えば、5種類の株式を購入していたとすれば、そのうちの1つが暴落してしまったとしても残り4種類でカバーできる可能性があるのです。

購入方法を少し工夫するだけでリスクを最小限に抑えることができるのも、株式投資がおすすめの理由の一つです。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

株運用・株式投資をするメリット3選

株運用_株式投資のメリット

株式投資にはリスクもありますが、その分大きなメリットやリターンを受けることができます。

株式投資で得られる主なメリットを3つ紹介していきます。

株運用で得られるメリット
  • 株価上昇による利益を得られる
  • 企業からの配当金を得られる
  • 株主優待を受けられる

株価上昇による利益を得られる

株式投資の最も大きなメリットは、やはり株価上昇による利益の獲得です。

購入したときよりも高い金額で株式を売却することができれば、譲渡益(キャピタルゲイン)を得ることができます。

例えば、1株100円の株式100株の購入で、10,000円を投資したとします。

その後に株価が値上がりし、1株150円になれば150円×100株=15,000円で売却することができるため、5,000円の利益が発生します。

株価が値上がりするという保証はないのでもちろんリスクはありますが、上手くいけば大きな利益を得ることが可能です。

企業からの配当金を得られる

株式投資をした企業の事業が成功すれば、配当金(インカムゲイン)をもらうことができます。

配当金が出るタイミングは企業にもよるのですが、だいたい年1〜2回程度、決算期である9月や3月にもらえることが多いです。

譲渡益は株式を売却した段階で始めて得ることができますが、配当金は株式を保有していれば毎年受け取り続けることができます。

ただし、配当金は全ての企業からもらえるわけではありません。

業績が好調であれば株主に配当金を還元するという企業もあれば、そもそも配当金を還元していないという企業もあります。

配当金が欲しい場合は、株を購入する前にその企業が配当金を支給しているかチェックしておきましょう。

株主優待を受けられる

株主優待というのは、企業が提供している商品やサービスなどが割引になったり無料でもらえたりする特典のことです。

保有している株式の数に応じ、より豪華な優待を用意している企業もあります。

株主優待の内容は、会社の事業や方針などによって異なってきますので、どのような特典を受けられるのか確認してみてください。

配当金と同様に株主優待も全ての企業で受けられるわけではありませんが、大手企業や業績が好調な企業は株主優待を用意していることが多いです。

\株主優待について詳しく気になる方はこちら/

お得な優待生活!株主優待のもらい方とおすすめの優待10選

【初心者向け】株運用・株式投資の際に重要なポイント5選

株運用_株式投資に重要なポイント

株式投資は大きなメリットを得られる資産運用方法ですが、実際に取引を始める前に押さえておきたいポイントがいくつかあります。

初心者の人に向けて、株式投資の際に知っておきたい重要な5つのポイントを紹介していきます。

株式投資に重要なポイント
  • 株式投資のリスクを把握しておく
  • 少額から少しずつ投資をしていく
  • 投資のスパンを決めておく
  • 投資がしやすい証券会社を選ぶ
  • 銘柄選びは慎重に行う

株式投資のリスクを把握しておく

株式投資は、上手くいけば大きな利益を得ることもできるのですが、その一方で常にリスクが付いて回ります。

投資をした企業が経営破綻に陥ったり事業が失敗したりすれば株価が暴落し、譲渡益や配当金といった利益が全く得られません。

リスクをきちんと把握できていなければ、大きな金額を注ぎ込んでしまったり、失敗したときの精神的ダメージが大きくなったりしてしまいます。

そのため、「株式投資に使ったお金は返ってこないこともある」というリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

少額から少しずつ投資をしていく

短期間で大きな利益を得るためには高額投資が手っ取り早いのですが、初心者の人はいきなり高額投資をすることはおすすめしません。

というのも、株式投資の知識が身についていない段階で高額投資をするのはリスクが高すぎるからです。

株式投資は、プロの投資家でも失敗することもあるほど何が起こるか分かりません。

安定した大手企業であっても、何らかの原因で株価が暴落するといった可能性はゼロではないのです。

そのため、最初は少額から練習程度に少しずつ投資を始めるのがおすすめです。

投資のスパンを決めておく

株式投資は「長期スパン」で株価が上がるのを待つパターンと、「短期スパン」で株価が上昇するのを見計らって利益を確定させるパターンの主に二つのやり方があります。

投資のスパンをあらかじめ決めておかなければ、ダラダラと株価が上がるのを待ち続け、気づかないうちに損失が大きくなっていた…ということになりかねません。

将来のために資産形成がしたいのであれば、長期スパンで企業が成長するのを待つのがおすすめです。逆に、現状の資産に余裕があり多少の損失は痛手にならないという人は短期スパンで勝負を掛けるのもありです。

自分で決めた投資スパンをしっかりと守りながら株式の運用をするよう心掛けましょう。

投資がしやすい証券会社を選ぶ

株式投資をするためには証券口座を開設する必要があるのですが、証券会社によって取り扱っている銘柄や最低投資金額などが異なってきます。

どの証券会社で株式投資をするのかによって投資のしやすさは変わってきますので、「どれを選べば良いのか分からない…」という人は大手の証券会社から選ぶのがおすすめです。

というのも、大手証券会社であれば、日本株式・米国株式・全世界株式などあらゆる株式の取り扱いがあり、自由に株式投資ができるからです。

また、株式の取引がスマートフォンで手軽に行えたり、少ない金額から気軽に実行できたりとサービスも充実しています。

銘柄選びは慎重に行う

株式投資が成功するか否かにおいて重要なウェイトを占めるのが「どの銘柄(企業)に投資をするのか?」ということです。

もちろん株式投資に絶対はありませんので、思わぬ企業が急成長したり大手企業の業績が悪化して株価が下落したりといったことは起こり得ます。

しかし、株式投資の知識があまりない初心者の間は、過去のダウ平均などのデータをもとに安全性の高い企業を選ぶことを優先しましょう。

データに基づいた選び方をしておけば、少しでもリスクを下げることができます。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

初心者が陥りがち!株運用・株式投資の際に注意するべきこと

株運用_株式投資の注意点

株式投資は誰でも簡単に始めることができますが、正しい運用方法を行わなければ思わぬ損失を生んでしまうことがあります。

ここでは初心者の人が陥りがちな例を挙げながら、株式投資を実際に行うときに注意すべきポイントを解説していきます。

株式投資の注意点
  • 予算を設定し、余裕資金で投資をする
  • 集中投資は避ける
  • 株価が下落した際の損切を行う

 

予算を設定し、余裕資金で投資をする

まず、これが最も重要な注意点なのですが、投資はあくまでも余裕の資金のみで行うようにしましょう。

初心者が陥りがちなミスとして、投資に熱くなり過ぎて生活に必要なお金にまで手をつけてしまうというケースがあります。

投資は資産運用の手段の一つであり、あくまでお金を増やすことが目的なので、ギャンブル感覚でお金を注ぎ込むのは禁物です。

お金を使い過ぎないためには、投資に回す毎月の予算上限をあらかじめ設定しておくのがおすすめです。

予算以上のお金を使ってしまいそうという人は、証券口座に予算以上のお金を入れないようにするなど、自分で決めたルールを守れるように工夫しながら株式投資をしましょう。

集中投資は避ける

株式投資をする際に避けておきたいのが、一つの企業に対する集中投資です。

集中投資によって利益が出ればその金額は大きくなる可能性が高いのですが、反対に損失が出たときは投資に掛けたお金がほとんど返ってこないというリスクを背負うことになります。

特に初心者の人が集中投資をすると失敗しやすいため、株式は「分散投資」を基本としましょう。

例えば投資に回す資金が10万円用意できるのであれば、一つの企業に10万円を投資するのではなく、2万円ずつ5つの企業に投資をするのが分散投資のやり方です。

複数の株式を購入して運用していればリスクが分散されるため、失敗してしまったときの損失額を減らせる可能性があります。

株価が下落した際の損切りを行う

株式投資の初心者にとって難しいのが「損切り」のタイミングです。

損切りというのは、投資している株式で損失が出ているときに売却をすることを言います。

「株価が下がっているのなら上がるまで待てばいいのでは?」と思われがちなのですが、一度下落した株価がもう一度上昇する保証はありません。

むしろ、どんどん株価が下がっていき、企業が倒産してしまうということになれば大きな損失を被ります。

株価が下落したときに思い切って損切りを行うことで、損失額を最小限に抑えられることがあります。

様子を見ながら損切りをするのも株式投資を進めていく上で重要なポイントです。

株運用・株式投資の始め方5ステップ

株運用_株式投資の始め方

株運用・株式投資はすぐにでも始めることができます。

ここでは株式投資の始め方について、一つずつ順を追って解説していきます。

株式投資の始め方
  1. 株式投資の知識を身に着ける
  2. 証券口座を開設する
  3. 予算と投資スパンを決めておく
  4. 株式を実際に購入する
  5. 株式を売却する

ステップ①株式投資の知識を身につける

まず初めに、株式投資の基本的な知識を身につけるところから始めましょう。

チャートの見方や過去のデータ、投資から売却までの流れなどを把握しておけば、スムーズに株取引を始められます。

また、安定して成長している企業やトレンドの業界はどこかなど、経済の動向も合わせてチェックしておくことができればベストです。

ステップ②証券口座を開設する

次に、証券口座の開設手続きを進めていきます。

たいていの証券会社はインターネットからの口座開設に対応をしていますので、早ければ即日で口座を開設することが可能です。

証券口座の開設に必要なものは下記の通りです。

  • 金融機関の口座
  • マイナンバーカード
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 印鑑(※不要な場合もある)

証券口座を開設するときは、これらを手元に揃えておきましょう。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

ステップ③予算と投資スパンを決めておく

証券口座の開設が無事に完了したら、次に投資にかける予算や投資スパンなどを考えていきます。

まず予算ですが、これは生活に影響を及ぼさない程度の余裕資産の範囲内に留めておくのが無難です。

毎月の出費や貯蓄などと相談し、株式投資に回す予算を決定していきましょう。

投資スパンについては、長期にするのか短期にするのかを事前に決めておき、それを守った行動ができるよう心掛けてください。

ステップ④株式を実際に購入する

次に、どの株式に投資するのかを選び実際に購入手続きを進めていくので、証券口座にあらかじめお金を入れておいてください。

株式の購入はインターネットから簡単に行うことができるのですが、株の注文方法には「成行注文」と「指値注文」の二つがあるため気を付けましょう。

成行注文は、株主が「株を売りたい」と思ったタイミングで自由に株を売却できる注文方法です。

指値注文は、売買価格をあらかじめ決めておき、希望通りの金額になったときに自動で株式が売却される注文方法です。

どちらの方法にもメリットやリスクがあるため、やりやすい方を選んでください。

ステップ⑤株式を売却する

株式を売却して利益を確定させれば、株式投資の取引は完了になります。

売却のタイミングはあらかじめ決めていた投資スパンによって判断をしましょう。

なお、指値注文をしていた場合は希望通りする売値になった際に自動で売却されます。

株運用・株式投資に関するよくある質問

株運用_株式投資でよくある質問

最後に、株式投資を始める前によく浮かぶ疑問点についてまとめて紹介をしていきます。

株式投資でよくある質問
  • 資産運用の種類にはどのようなものがある?
  • 株の運用益に税金はかかる?
  • 株式投資に必要な資金は最低いくら?
  • スマホでも株式投資は始められる?

資産運用の種類にはどのようなものがある?

資産運用には様々な種類があり、株式投資はそのうちの一つです。

現在主流となっている資産運用は以下の通りです。

  • 預貯金・外貨預金
  • 株式投資
  • 投資信託
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 不動産投資
  • 仮想通貨
  • FX

この中でもリスクが低いのは預貯金・外貨預金で、お金が減ることは基本的にありませんが、年利が少ないため大幅に増えることもありません。

株式投資・投資信託・iDeCoは多少のリスクはあるものの、上手くいけば資産をプラスにすることが可能です。

不動産投資・仮想通貨・FXはリスクが高いですが、成功すれば大きな利益を得られます。

株の運用益に税金はかかる?

株式投資の運用益は、譲渡益と配当金の主に二つですが、どちらも20.315%の税金(所得税と住民税)が発生します。

そのため、譲渡益または配当金のどちらかを受け取ったのであれば、翌年の3月に確定申告を行わなければなりません。

確定申告を忘れてしまうと、後から税金が請求され余計な延滞費用や督促費用などを支払わなければならなくなります。

なお、税金が発生するタイミングはあくまでも「利益を確定させたとき」です。

株式を売却せず、保有し続けている間は税金は発生しません。

株式投資に必要な資金は最低いくら?

株式投資は最低100円からでも始めることができますが、利益を出すことを目的にするのであればある程度の資金を用意しておくことをおすすめします。

というのも、投資する金額が少なければ手数料が割高になってしまい、ほとんど利益を受け取ることができないからです。

株式投資を始めるのにおすすめな必要資金は、だいたい1万円〜10万円前後です。

上級者であればそれ以上の金額を投資することもザラにありますが、慣れない間は10万円以内に留めておくのが無難です。

とはいえ、無理をして数万もの株式投資をすることはおすすめできないので、予算とも相談しながら余裕資金の範囲内で株の購入をしましょう。

スマホでも株式投資は始められる?

「スマホだけで気軽に株式投資をやってみたい」と考えている人も多いですが、スマホ一つあればすぐにでも株式投資を始めることが可能です。

最近ではどの証券会社もインターネットからの申し込みや取引に対応しており、口座開設・株式購入・売却まで全てスマホだけで行うことが可能です。

また、スマホでの株式投資はアプリを利用することもできるため、手軽に始めたい人にもおすすめです。

\ 一番人気の証券口座 /

SBI証券で 口座開設する

株運用・株式投資のまとめ

株運用_株式投資のまとめ

「株 運用」をざっくりいうと
  • 株式投資は将来を見据えた資産運用の一つ
  • 企業の事業が上手くいくことで譲渡益や配当金を得られる
  • 株式投資と投資信託はそれぞれ違ったメリットやリスクがある
  • 投資を成功させるためには知識を身につけリスクを把握することが重要
  • 株式投資はWEB上で簡単に始められる
  • 譲渡益と配当金には税金が発生する

SBI証券で口座開設してみる

株式投資は少ない資金からでも始めることができるので、投資初心者の人にもおすすめの資産運用方法です。

大きな利益を出すためには専門知識や経済の動向チェックなどが必要なのですが、人気企業や安定した企業を選ぶことで初心者の人でも少額から少しずつ利益を上げていくことが可能です。

しかし、投資した金額が返ってこないというリスクもありますので、余裕資金だけを株式投資に回すようにしましょう。

投資のスパンや予算をあらかじめ決めておいたり、損切りのタイミングをしっかり見極めるのも大切なポイントです。

株式投資は証券口座さえ持っていればすぐにでも始めることができますので、スマホやパソコンなどからぜひ口座開設をして投資家デビューしてください。