本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

就業不能保険比較ランキング9選【2023年9月最新】選び方や注意点も徹底解説

就業不能保険おすすめ人気比較ランキング

どの就業不能保険が自分に合ったものなのか、判断するためにおすすめランキングを知っておきたいですよね。

就業不能保険は、保険商品によって特徴が大きく異なることから、おすすめランキングを確認しておきたい方も多いでしょう。

松葉 直隆
松葉 直隆

就業不能保険は、近年ストレス性疾患による長期療養なども増えてきており注目を浴びています。

この記事では、就業不能保険のおすすめの人気商品の比較ランキングや賢い選び方・注意点を解説します。

万が一の時に困らないように、就業不能保険の特徴や必要性を考えてみましょう。

就業不能保険のおすすめはこちら

この記事でわかること
  • 就業不能保険は病気やケガにより働けなくなったときの保険
  • ストレス性疾病による長期療養など精神疾患による就業不能状態も保障される
  • 就業不能保険を選ぶ際には保障内容支払い条件をしっかりと確認する
  • 就業不能保険を比較検討するなら、無料で保険相談ができる保険見直しラボがおすすめです
  • 他にも無料でおすすめの保険相談を知りたい方はぜひこちらの記事もご確認ください!
保険見直しラボ

>>>就業不能保険の相談をしてみる<<<

記事監修者紹介

松葉 直隆 / 保険のプロ
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体を経て、現在はマネーグロースにて記事監修を務める。

相談窓口公式サイト取扱数特徴
保険見直しラボ
無料相談37社・相談実績No.1の大手保険代理店
・他社と比べ相談員の業界経験歴が長く、
保険会社の将来性も考慮した提案
・相談員全員が32社すべての保険を扱えるので、
広く保険を比較できる
・強引な保険勧誘はしないと宣言
保険ライフ
無料相談最大
50社
・最大50社から保険商品を比較できる
・iDeCoやNISAの相談も無料で対応
・2,000名以上のFPから相談内容に合わせて最適なFPが担当
保険クリニック
無料相談最大
50社
・業界最高基準の50社の保険会社から最適な保険をプランニング
・カンタンに保障内容を確認し比較できる
・オリコン顧客満足度調査総合第1位を獲得

※本記事で取り扱う保険会社は、保険業法により金融庁の審査を受け内閣総理大臣から免許を取得しています。

目次

就業不能保険おすすめ人気比較ランキング9選

就業不能保険の比較ランキング9選

まず、おすすめの就業不能保険を9商品紹介します。

それぞれ保障内容に特徴がありますので、しっかりと確認してみましょう。

また、以下の表にはおすすめの就業不能保険を各項目別に比較しているのでぜひ参考にしてみてください。

保険会社・商品名精神疾患対応有無支払対象外期間保険料
SBI生命保険
「働く人のたより」
全疾病保障のみ対応60日1,440円~
アクサダイレクト生命保険
「働けないときの安心」
基本保養 自宅療養は対象外60日1,670円~
三井住友海上あいおい生命保険
「&LIFE くらしの応援ほけん」
特則不可により保障対象 一時金で受け取りなし2,950円~
ライフネット生命保
「働く人への保険3」
基本保障 入院している状態 障害等級1級または2級に認定された状態60日/180日1,180円~
太陽生命保険
「働けなくなったときの保険」
基本保障 入院時の保障なし2,960円~
T&Dフィナンシャル生命保険
「働くあなたにやさしい保険2」
がんプラン以外で対応なし1,490円~
アフラック生命保険
「病気やケガで働けなくなったときの給与サポート保険」
精神疾患保障なし60日1,505円~
東京海上日動あんしん生命
「あんしん就業不能保障保険」
精神疾患保障なし60日1,960円~
チューリッヒ生命
「くらすプラスZ」
精神疾患保障はあるがハードルが高い180日2,890円~

※保険料の算出は30歳男性で保障内容を最低条件として最安値を表記しています。

SBI生命保険「働く人のたより」

SBI生命保険「働く人のたより」

出典:就業不能保険「働く人のたより」特長-SBI生命保険

働く人のたよりのおすすめポイント
  • 保険料が業界最安水準となっている
  • 精神疾患にも対応できる

SBI生命保険の「働く人のたより」は、保険料が業界最安水準である点が魅力的な就業不能保険です。

長期入院時の保障だけでなく、メンタル保障にも対応しており精神疾患による入院にも対応しています。

また、全疾病型・3疾病型・がん保障型など、保障するリスクを選択できるのも大きな特徴です。

月額給付金は、5万~50万円まで5万円単位で設定可能となりますが、主婦(主夫)の方は上限が15万円となります。

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円1,440円60日

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・ハーフタイプ・支払対象外期間60日・口座振替の場合

アクサダイレクト生命保険「働けないときの安心」

アクサダイレクト生命保険「働けないときの安心」

出典:就業不能保険(働けないときの安心)-アクサダイレクト生命

働けないときの安心のおすすめポイント
  • 若い人の保険料が安い
  • 保障内容がシンプルで分かりやすい
  • 精神疾患にも対応している

アクサダイレクト生命保険の「働けないときの安心」は、加入年齢が若い場合に保険料が安い点が魅力の就業不能保険です。

また、保障内容もシンプルな内容となっているため、保障内容を最低限にすることで安い保険料を実現しています。

保険金額は最大50万円に設定することが可能です。

給付金の支払い回数に関して、病気やケガでの就業不能の場合は回数無制限となりますが、精神疾患の場合は通算18回までとなります。

支払い削減期間の無い満額タイプや保険期間など保障内容を柔軟に変更できます

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円1,670円60日

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・ハーフタイプ・支払対象外期間60日

三井住友海上あいおい生命保険「&LIFE くらしの応援ほけん」

就業不能保険_比較_三井

出典:&LIFE くらしの応援ほけんの特徴としくみ-三井住友海上あいおい生命保険

&LIFE くらしの応援ほけんのおすすめポイント
  • 保険金の一括受取ができる
  • 精神疾患にも対応している
  • 支払免除特約があり安心

三井住友海上あいおい生命保険の「&LIFE くらしの応援ほけん」は、保険金を月額受け取りと一括受け取りから選択できる就業不能保険です。

メンタル就労不能障害保障特則を付加することで精神障害に備えることも可能です。

また、新保険料払込免除特約を付加することにより、がんや心疾患などで入院した時には保険料の支払いが免除になります。

支払対象期間が設定されていないため、保険料が高めの設定となっています。

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円3,408円なし

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・最低支払保証期間5年・メンタル就労不能障害保障特則100万円・新保険料払込免除特約

ライフネット生命保険「働く人への保険3」

ライフネット生命保険「働く人への保険3」

出典:就業不能保険「働く人への保険3」-ライフネット生命保険

働く人への保険3のおすすめポイント
  • 精神疾患に対応している
  • 長期入院の保障が充実している

ライフネット生命の「保険の働く人への保険」は、保障内容に優れた就業不能保険です。

保険金の受け取り回数に18回の制限はあるものの、精神疾患での入院でも保険金(一時金)を受け取ることが可能となります。

長期入院であれば、原因を問わず保障されるのでとても安心といえるでしょう。

精神疾患就業不能一時金入院見舞金など、他社にはない保障が自動セットとなります。

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円1,901円60日

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・ハーフタイプ・支払対象外期間60日

太陽生命保険「働けなくなったときの保険」

働けなくなったときの保険

出典:就業不能保険-働けなくなったとき生活費をサポート-太陽生命

働けなくなったときの保険のおすすめポイント
  • 長期の就業不能も保障される
  • 公的介護保険制度に連動しているため分かりやすい

太陽生命保険の「働けなくなったときの保険」は、早期の就業不能から長期の就業不能までを保障される就業不能保険です。

病気やケガが原因で入院した時や保険会社所定の就業不能状態に該当すると、30日間継続するごとに早期就業不能給付金が支払われます

また、保険会社所定の働けない状態に該当した際には、保険期間終了まで毎月就業不能年金が支払われます

保険会社所定の働けない状態は、所定の働けない状態が180日継続したとき公的介護保険制度の要介護2以上のどちらかに該当した状態です。

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円2,960円なし

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了

T&Dフィナンシャル生命保険「働くあなたにやさしい保険2」

就業不能保険_比較_TD

出典:T&Dフィナンシャル生命-働くあなたにやさしい保険2 – 商品について

働くあなたにやさしい保険2のおすすめポイント
  • 保険金を年金でも一時金でも受け取れる
  • がんなどの三大疾病に備えられる
  • 精神疾患にも対応している

T&Dフィナンシャル生命保険の「働くあなたにやさしい保険2」は、保険金の受け取り方が2つのタイプから選べる就業不能保険です。

保険金の受け取り方が、年金一時金2つのタイプから選択できます。

年金タイプは、がんプラン・障害介護プラン・三大疾病障害介護プランの3プランとなり、がんプラン以外は精神疾患も保障対象です。

一時金タイプは、がんプラン・三大疾病障害介護プランの2プランとなり、上皮内がんも保障対象となります。

保険金を保険期間中は受け取り続けられる有期年金と、5年間だけ受け取れる5年確定年金の2種類が選択できます。

保険料例

月額年金額月額保険料支払対象外期間
10万円2,310円なし

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・障害介護プラン・有期年金

アフラック生命保険「病気やケガで働けなくなったときの給与サポート保険」

就業不能保険_比較_アフラック

出典:病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険-保険・生命保険はアフラック

病気やケガで働けなくなったときの給与サポート保険のおすすめポイント
  • 在宅療養が対象となる
  • 長期療養もしっかりと保障される

アフラック生命保険の「病気やケガで働けなくなったときの給与サポート保険」は、在宅療養も保障してくれる就業不能保険です。

病気やケガで就業が困難な状態が60日継続した場合に、最初の6回は生存していれば給付金を受け取ることができます。

また、1回目から17回目までは短期回復支援給付金18回目以降は長期療養支援給付金と、受け取り回数によって月額給付額が変わります

しかし、精神疾患や妊娠・出産にに関しては保障の対象とならない点には注意が必要です。

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円・20万円4,740円60日

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・短期回復支援給付金10万円・長期療養支援給付金20万円

東京海上日動あんしん生命「あんしん就業不能保障保険」

就業不能保険_比較_東京海上日動

出典:あんしん就業不能保障保険-家計保障・就業不能保障-東京海上日動あんしん生命保険

あんしん就業不能保障保険のおすすめポイント
  • 喫煙状況に応じて保険料の割引がある
  • がんなど5大疾病に備えられる

東京海上日動あんしん生命の「あんしん就業不能保障保険」は、健康状態や喫煙状況によって保険料の割引のある就業不能保険です。

メンタル保障はありませんが、がん・急性心筋梗塞・脳卒中・肝硬変・慢性腎不全の5大疾病による入院が保障される内容となっています。

就業不能保険金は、月額10万円・5大疾病初期入院給付金は20万円となります。

保険金を保険期間中ずっと受け取れるプランもありますので、ニーズに合わせて保障プランを選びましょう。

保険料例

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円1,960円60日

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・給付金支払期間5年・最低支払期間2年・非喫煙者割引適応・支払対象外期間60日

チューリッヒ生命「くらすプラスZ」

チューリッヒ生命「くらすプラスZ」

出典:就業不能保険くらすプラスZ-チューリッヒ生命保険株式会社

くらすプラスZのおすすめポイント
  • 短期入院も長期入院も保障される
  • 在宅療養も対象となる

チューリッヒ生命のくらすプラスZは、短期入院・長期入院による就業困難による収入減少に備えられる就業不能保険です。

働けなくなった期間に関係なく、契約時に決定した期間だけ保障してくれる保険となります。

短期間の収入減少にも長期間の収入減少にも備えられる内容となっていますが、精神疾患による保障はハードルが高いです。

短期収入サポート月額給付金は、同一月内に病気やケガを原因として入院・在宅療養が10日以上となった場合に給付されます。

長期収入サポート月額給付金は、病気やケガによる所定の状態になった際に給付されます。

また、長期収入サポート月額給付金の支払い条件は、所定の状態が180日以上継続した場合となりますので注意ましょう。

月額給付金月額保険料支払対象外期間
10万円3,070円180日

保険料算出条件:30歳男性・保険期間/保険料払込期間60歳満了・長期収入サポート月額給付金10万円・短期収入サポート月額給付金5万円

就業不能保険を9商品紹介しましたが気になる保険はありましたか?

気になる就業不能保険があったという方は、保険見直しラボでより詳しく内容を確認してみましょう。

松葉 直隆
松葉 直隆

就業不能保険は、保険商品によって内容も特徴も大きく異なりますので、無料の保険相談などでしっかりと確認しましょう。

保険見直しラボ

>>>就業不能保険を比較してみよう<<<

就業不能保険とは?

就業不能保険とは

就業不能保険とは、どう言った保険なのか詳細を知りたい方も多いでしょう。

ここでは就業不能保険の特徴や就業不能の定義などについて解説をします。

就業不能保険の特徴

就業不能保険の大きな特徴は、病気やケガによって就業が困難になった際に保険金を受け取れるところにあります。

近年ではストレス性疾病による長期療養も増えていることから、精神疾患による入院に対応した保険商品が多くなっています。

病気やケガで長期間働けなくなるリスクに備えるのが就業不能保険となるのです。

同じような名前の保険には収入保障保険や所得補償保険がありますが、それぞれ少しずつ内容が異なります。

所得補償保険との違いは後述で詳しく解説をします。

就業不能の定義

就業不能保険で一番大切になってくるのは就業不能の定義です。

就業不能保険は、就業不能だと判定された場合のみ保障されます。

その事から、たとえ入院していても就業不能状態に該当しなければ就業不能保険の保障対象にはならないのです。

就業不能の定義は商品によって以下のようにかなり異なります。

就業不能保険の定義例
  • 病気やケガによる入院のみ保障として精神疾患は対象外
  • 病気やケガによる入院と精神疾患による入院を保障
  • がん・心筋梗塞・脳卒中による入院のみを保障

就業不能の定義を十分に確認せずに就業不能保険に加入すると、受け取れると思っていた保険金が実は受け取れない場合もあるので注意しましょう。

収入保障保険との違い

就業不能保険と収入保障保険を混同している方が意外と多いです。

就業不能保険と収入保障保険には以下のような違いがあります。

保険の種類保険金支払い条件
就業不能保険被保険者が病気やケガにより就業が困難な場合
収入保障保険被保険者が亡くなった場合

就業不能保険と収入保障保険の大きな違いは保険金の支払い条件です。

就業不能保険は被保険者が病気やケガにより仕事ができなくなった際の保障となり、収入保障保険は被保険者が亡くなったときの保障となります。

簡単に説明すると、就業不能保険は生存保険であり収入保障保険は死亡保険となります。

保障内容が大きく異なりますので、混同しないように注意しましょう。

所得補償保険との違い

就業不能保険と所得補償保険の違いには、保険会社の違い・保険期間の違い・保険金額の違いが挙げられます。

分かりやすく表にまとめると以下のようになります。

 保険会社保険金額保険期間
所得補償保険損害保険会社契約する前の12ヶ月の所得の50~70%1~5年間
就業不能保険生命保険会社10~50万円の中で5万円単位
※収入による上限あり
50~70歳前後から満期を選べる

就業不能保険は生命保険会社、所得補償保険は損害保険会社が販売する保険商品です。

保険金額は、所得補償保険を契約する前の12ヶ月の所得の50~70%になるのが一般的です。

また、保険期間は1年から5年から設定することができて、状況に応じて保険期間や保険金額を見直しながら更新をしていくことになります。

所得補償保険と就業不能保険のどちらを選ぶかは、受け取りたい保険金額の額などによって決めると良いでしょう。

因みに、所得補償保険は就業不能保険ができる前から販売されていた保険商品となり、主に自営業者や経営者向けの保険となります。

就業不能保険の注意点

就業不能保険の注意点は、精神疾患に関する保障内容となりす。

就業不能保険での精神疾患に関する保障は、基本的に入院を条件とする場合が多いです。

そのため、ストレス性疾病による長期療養といっても在宅療養の場合は保障対象外となるケースもあります。

就業不能保険への加入目的が精神疾患による就業不能状態をカバーしたいと考えている方は、保障条件をしっかりと確認するようにしましょう。

就業不能保険は、精神疾患に対応している商品を選ぶのがおすすめです。

保険見直しラボで、就業不能保険の特徴を確認してみましょう。

松葉 直隆
松葉 直隆

就業不能保険は、近年注目されている保険となりますので、無料の保険相談などで内容を確認してみるのがおすすめです。

保険見直しラボ

>>>就業不能保険の相談をしてみよう<<<

就業不能保険のメリット・デメリット

就業不能保険のメリット・デメリット

ここでは、就業不能保険のメリット・デメリットについて解説します。

就業不能保険には、働くことができなかった場合に安心な保険といえますが、一体どのようなデメリットのある保険なのでしょうか。

就業不能保険を実際に決める前に、その特徴や注意点をあらかじめ知っておくことが重要となります。

ぜひ就業不能保険のメリット・デメリットを押さえて保険選びの参考にしてみましょう。

就業不能保険のメリット・デメリット

就業不能保険のメリット

就業不能保険には、どのようなメリットがあるのか気になる方も多いでしょう。

ここでは、就業不能保険のメリットについて解説をします。

就業不能保険のメリットは主に以下の3つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

働けなくなった時も安心

就業不能保険のメリットとしてまず挙げられるのは、働けなくなった時も安心なことです。

就業不能保険は、働けなくなった時に給料と同じように毎月給付金を受け取れる事から、生活に困窮するリスク低くなります。

しかし、就業不能保険は商品によっては働けなくても給付金を得られない場合もあります。

就業不能保険では、給付金を受け取れる条件を定めており、条件に当てはまっていない場合には入院していても給付金を受け取れません。

例えば、精神疾患は給付金に対象外になりやすいので注意が必要です。

節税につながる

就業不能保険のメリットとしては、節税につながることも挙げられます。

就業不能保険は生命保険の一種であるため、介護医療保険料の控除対象となりますので生命保険料控除が可能となります。

生命保険控除の控除額は、保険料などによって異なりますが最大で4万円となります。

医療保険ではまかなえない不足額をカバーする

就業不能保険では、医療保険の保険金・給付金ではまかなえない不足分をカバーすることが出来ます。

医療保険は、病気やケガでの入院・手術の費用を補填すると言うのが基本的な目的となります。

そのため、入院中・在宅療養での収入減少には備えきれない場合もあります。

就業不能保険では、入院中だけではなく在宅療養も含めて、就業不能状態に該当する限り保険金・給付金が受け取れます。

その事から、医療保険ではまかないきれないリスクまでもカバーできると言えます。

就業不能保険のデメリット

就業不能保険にはデメリットがあるのか解説していきます。

就業不能保険のデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

給付金が支払われない期間がある

就業不能保険のデメリットとしてまず挙げられるのは、給付金が支払われない期間があることです。

就業不能保険には60~180日間の免責期間があり、その期間は給付金が支払われません。

働けなくなってすぐ給付金を受け取れるわけではありませんので注意しましょう。

申し込みできない人もいる

就業不能保険のデメリットとしては、申し込みが出来ない人もいることも挙げられます。

就業不能保険には申込み条件が定められており、条件に当てはまっていない場合は申し込めません。

申込み条件は、年齢や就業形態(正社員か、契約社員か、パート・アルバイトか)などによって定められているので、必ず確認しておきましょう。

貯蓄性はない

就業不能保険のデメリットとしては、貯蓄性はないことも挙げられます。

就業不能保険は掛け捨て型の保険であり、途中で解約しても解約返戻金が返ってくることはありません

貯蓄性が欲しい人は終身医療保険を検討してみると良いでしょう。

就業不能保険は、病気やケガ精神疾患で働けなくなったときの保険となりますが、支払い条件は意外と厳しいケースが多いです。

就業不能保険の必要性が分からない方は、無料の保険相談を利用してみるのも良いでしょう。

松葉 直隆
松葉 直隆

保険見直しラボなら、保険のプロが中立的にアドバイスをしてくれます。

保険見直しラボ

>>>就業不能保険の相談をしてみよう<<<

就業不能保険のおすすめの選び方

就業不能保険を選ぶ際の5つのポイント

就業不能保険は商品によっても保障内容が大きく違います。

ここでは、就業不能保険の選び方のポイントを解説します。

選び方よりも先に就業不能保険おすすめ比較ランキングを見たい方はぜひこちらをご確認ください。

保障内容を確認する

就業不能保険を選ぶ際に重要になるポイントの一つが保障内容となります。

就業不能保険の保障内容を確認する際には以下の内容を確認するようにしましょう。

精神疾患が対象になるか

就業不能保険へ加入する方の多くは、精神疾患による就業不能状態に不安を感じる傾向にあります

多くの就業不能保険では精神疾患も保障対象となりますが、商品によっては精神疾患は保障対象外となる事もあります。

病気やケガでの入院・手術などによる長期療養に備えるのも良いのですが、ストレス性疾病による長期療養にも対応しているか確認しましょう。

また、精神疾患による療養でも入院療養を保障対象とする商品が多いので、保障条件もしっかりと確認しておくのをおすすめします。

療養状況によって保険金支払いに違いがあるか

就業不能保険では、療養状況によって保険金の支払いに違いが出るケースもあります。

入院療養か在宅療養か・長期療養か短期療養かなどによって、給付される金額が異なる事があります。

保障対象外期間の無い商品や、支払い回数に制限のある商品もあります。

どう言った場合に保険金を受け取りたいのかをしっかりと考えて保険を選ぶようにしましょう。

支払い条件を確認する

次に支払い条件を確認しておくようにしましょう。

支払い条件の確認は以下のような事を意識するようにしましょう。

保障の対象となる状態

就業不能保険の支払い条件は商品によって大きく異なります

就業不能状態が一定期間継続している場合や、公的介護保険制度の要介護等級を基準にする場合が多いと言えます。

また、商品によっては入院を条件にするケースもあれば、保険会社独自の基準で判断するケースもあります。

保障の対象となる状態は商品によって大きく異なりますので、注意して確認するのをおすすめします。

支払い削減期間があるか

いくつかの就業不能保険では、支払い削減期間を設定している保険商品が有ります。

支払い待機期間が過ぎた後に一定期間は保険金の支払いを50%にすると言う期間が一般的となります。

公的医療保険などの保障があるので多くの保障が必要ないと言う場合は、支払い削減期間を設定することで保険料も安く抑えることが出来ます。

公的医療保険制度を確認して支払い削減期間を設定するかどうかを決めるようにしましょう。

支払い待機期間の確認

就業不能保険の多くは、支払いの対象とならない期間である支払い待機期間(保障対象外期間)が設定されています。

支払い待機期間は60日と設定している商品が多いですが、待機期間が無い商品待機期間が180日という商品もあります。

就業不能状態になってすぐに保険金を受け取りたいという場合には、待機期間が無い保険を選ぶと良いでしょう。

ただし、待機期間だけを意識するのではなく、保障内容をしっかりと重視して決めるようにしましょう。

保険期間と給付期間を確認する

就業不能保険の保険期間は55歳~70歳ぐらいまでを設定することが出来るようになっています。

就業不能保険は仕事をしている間の保障となりますので、会社員の方は定年である65歳や70歳ぐらいまで保険期間が選べる商品が良いでしょう。

また、給付期間は保険商品によって大きく異なり、最低保証期間が設定されていたり給付回数に制限があったりしますので、給付期間も確認する様にしましょう

契約条件を確認しておく

就業不能保険では、契約条件が設定されているケースが多いです。

就業不能保険は、仕事をされている方が就業不能状態になった際の保障となりますので、年齢や収入によっては加入できない可能性もあります。

また、パートやアルバイトなどの場合も加入できない可能性があります

その事から、契約条件をしっかりと確認しておくのも重要なポイントとなります。

保険料を比較する

就業不能保険は、まだまだ保険商品が少ないですが、しっかりと保険料の比較はするようにしましょう

保障内容も商品によって大きく異なりますので、単純に比較することが出来ないケースもありますが、出来るだけ多くの商品を比較するのをおすすめします。

注意しなければいけないのは、保険料だけで選んでしまうと思っていた保障が受けられないと言う事にもなりかねないので、保険料だけでは選ばないようにしましょう。

就業不能保険を自分で選ぶとなると、どれが最適な保険なのか、そもそも必要なのか不安になることかと思います。

就業不能保険選びで迷うなら、保険のプロがサポートしてくれる無料の保険相談を利用してみましょう。

松葉 直隆
松葉 直隆

その中でも就業不能保険選びで口コミ評判の高い保険見直しラボがおすすめです。

保険見直しラボ

>>>プロのアドバイスを受けてみよう<<<

就業不能保険を比較する理由

就業不能保険を比較する理由

就業不能保険を検討する場合は、保険商品を比較しなければいけません。

ここでは、就業不能保険を比較する理由を解説します。

保障内容が商品によって異なる

就業不能保険を比較する理由のひとつは、保険商品によって保障内容が異なるからです。

これは、就業不能保険に限った話ではありませんが、保険商品によって保障内容は異なります。

そのため、複数の就業不能保険の保障内容を比較して、ご自身のニーズに合った保険を選ばなければいけないのです。

支払い条件が保険商品によって異なる

就業不能保険は、保険商品によって支払い条件が異なります

精神疾患でも保険金が支払われる保険もあれば、入院や自宅療養は対象だが精神疾患は対象外という保険もあります

就業不能保険は、他の保険と比べても商品による支払い条件の違いが大きいです。

加入したは良いけれど、いざ就業不能状態になった際に、失敗しないように支払い条件をしっかりと比較するようにしましょう。

保険料を比較してコストパフォーマンスを確認する

就業不能保険だけではありませんが、保険を選ぶ際は保障内容と保険料をしっかりと比較しましょう。

特に就業不能保険は、保障内容が保険商品によって大きく異なることから、保障内容をしっかりと比較した上で保険料を比較することがおすすめです。

保険料だけではなく、保障内容をしっかりと確認して、コストパフォーマンスを意識した保険選びを心がけましょう。

保険商品の比較方法が分からない方は無料の保険相談を利用してみましょう。

保険のプロが保険の比較の仕方を分かりやすく教えてくれます。

松葉 直隆
松葉 直隆

保険見直しラボなら、取扱保険会社が多いため多くの保険商品を比較することができます。

保険見直しラボ

>>>就業不能保険の比較をしてみよう<<<

【就業不能保険選びで迷う方向け】おすすめの無料保険相談3選

無料保険相談_おすすめランキング

保険選びで誰かに相談したい・専門家のアドバイスが欲しいと言う方も多いでしょう。

そのような方には、保険見直しラボなどの無料の保険相談サービスをおすすめしています。

ここからは、記事監修を務める保険のプロもおすすめの無料保険相談サービスを紹介します。

保険相談を利用するのがおすすめな人
  1. 仕事などの都合で店舗の営業時間に間に合わない
  2. 妊娠中や小さな子供が居て遠出が難しい
  3. 直近にならないと予定がわからない
  4. 近くに店舗型の相談所がない
  5. 調べるのが面倒

それでは、おすすめの保険相談をご紹介いたしましょう。

保険見直しラボ|全国どこでも訪問相談が可能

保険見直しラボ

保険相談の中でも、利用者の口コミが最も良いのが保険見直しラボです。

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約36社と保険を比較するには十分な量
  • 経験歴の長いベテラン相談員が多数在籍しているので、保険のトレンドや保険料を抑えるノウハウを知っている
  • 相談員全員がすべての保険を取り扱える(これが意外と珍しいんです)

保険見直しラボは、全国に約70拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店です。

平均業界歴12年以上のベテランファイナンシャルプランナーが来てくれます。

取扱保険会社数は36社と、保険を広く比較するには十分の量です。

他社にはない保険見直しラボの特徴は、会社として強引な保険勧誘をしないと宣言をしていることです。

相談だけしたいのに保険加入を勧められそうで怖いという方こそ利用してみてください。

保険代理店では定番のプレゼントキャンペーンですが、保険見直しラボでは以下のプレゼントがもらえます。

保険見直しラボの無料相談の流れ

公式ホームページから申し込む

 保険見直しラボの公式サイトから保険相談の予約をします。

保険相談・アドバイス

保険見直しラボは、自宅、勤務先など都合の良い場所まで相談員が来てくれます。

保険の見直しに関するアドバイスはもちろん、加入を検討している保険の診断もしてくれます。

保険に関する知識がない方でも、保険の基礎からしっかり話してくれるので安心です。

相談内容に応じた保険プランの提案

一人一人の希望やライフプランに合わせて複数社の保険商品の中から、比較検討して最適な保険の提案をしてもらえます。

以前、保険ショップで相談しましたが、提案内容に納得がいかず、ネットで他の保険相談ができるサービスを探しました。 色々な比較サイトを見てみましたが、業界歴の平均がここまで長いところはなく、ベテランに相談したいと思い、申込みすることに決めました。 結果は保障もしっかりしている上に保険料も安く大満足でした。 ご紹介された方は、以前外資系金融機関出身で、保険の知識はもちろんですが、保険以外の知識も豊富な方で今回の保険見直しだけではなく、今後ともお付き合いしたいと思っております。

出典:保険見直しラボ
保険見直しラボ

>>>保険見直しラボで相談!<<<

保険ライフ|保険相談+iDeCo・NISAなどの相談

保険ライフの特徴
  • 保険ライフは保険相談+iDeCo・NISAなどの相談も対応している
  • 運営会社は保険代理店では珍しい上場企業(ブロードマインド)
  • 最大50の保険会社から比較提案してもらえる
  • 金融知識豊富のプロのFPが 2,000名以上在籍。相談内容に合わせて利用者に最適なFPを紹介
  • 外出不要のオンライン保険相談にも対応
  • 保険相談は何度でも無料で利用できる

保険ライフは、お客様満足度95%相談件数10万件以上非常に人気で実績のある無料保険相談です。

保険ライフの最大の特徴としては、最大50社の保険会社から比較検討出来る事です。

またマネーセミナーの講師陣も全国に多く在籍しており、保険以外の資産運用(老後資金・教育資金)の相談も 無料で対応してくれます。

人気保険相談である保険ライフの実績
  • お客様満足度95%・相談件数10万件以上
  • 取扱会社数が業界最大級の50社以上
  • 保険の知識が豊富なFP数2,000人以上

保険ライフでは不満があれば、担当者を変更できる「ストップコール制度」もありますのでぜひ活用しましょう。

保険ライフのキャンペーンで、保険相談すると全員に1,000円分の電子ギフト(スターバックス・ドトール・ミスタードーナッツ・大手コンビニ・ウーバーイーツ等で使用可能)がもらえます。

無料で利用でき、今ならプレゼントも貰えるので、ぜひ保険ライフで保険相談してみましょう。

保険ライフ_プレゼント_キャンペーン

保険ライフの無料相談は、以下の通りで約1分ほどで完了します。

WEBフォームから申し込む

保険ライフのWEBフォームから保険相談の予約をします。

保険ライフが最適なFPをマッチング

保険ライフのスタッフが、WEBフォーム上での記入していた内容から最適なFPをマッチングしてくれます。

保険ライフのFPは、2,000名以上在籍しており、相談満足度も95%と非常に高評価です。

金融知識が豊富で保険選びで実績のあるFPがあなたの悩みを解決してくれます。

希望の場所で無料で保険相談

自宅やカフェ、オンラインと好きな場所で保険相談することが可能です。

保険だけでなく、お金に関する将来の不安なども相談できるので積極的に相談しましょう。

料金無料
店舗数20店舗
取り扱う保険の種類生命保険、医療保険、がん保険、学資保険 個人年金保険、自動車保険、火災保険、地震保険など
取り扱い保険会社数50社以上
受付時間24時間・365日
オンライン相談可能

保険は難しいので、オンライン相談だと理解できるか不安でした。 しかし、担当の方は保険の仕組みからわかりやすい説明をしていただきました。 自分たちに本当に必要な保障や、求めている商品を押し売りされることなく、自分で選択することができました。

出典:保険ライフ

保険は難しいので、オンライン相談だと理解できるか不安でした。イチから丁寧にお話してくださり、とてもわかりやすかったです。 不安に思うことがないほど、十分な説明や提案が安心して相談できました。 第一印象や接客態度もとても良かったです。

出典:保険ライフ

>>> 無料相談するなら保険ライフ!<<<

ほけんのぜんぶ|FP資格取得率100%

ほけんのぜんぶ_おすすめ

ほけんのぜんぶは、札幌、仙台、埼玉、東京、神奈川、金沢、名古屋、京都、大阪、兵庫、広島、愛媛、福岡、沖縄など26か所に拠点があり、全国どこでもFPの派遣が可能な保険代理店です。

ほけんのぜんぶの特徴
  • 全国どこでも足を運んでくれる(離島を除く)
  • 41社の保険会社の商品を扱い、商品を一気に比較できる
  • FPの資格取得率が100%

ほけんのぜんぶの最大の特徴として、在籍している相談員の100%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点です。

ほけんのぜんぶは比較的新しいサービスなので、口コミや実績は保険見直しラボには及びませんが、お金に関する相談には定評があります。

ほけんのぜんぶでは以下のプレゼントがもらえます。

ほけんのぜんぶ_キャンペーン

ほけんのぜんぶ 利用者の口コミ

よく分からなかった保険のしくみや内容が納得のいくものに

皆入っているからと、何となく加入した保険でしたが、毎月結構な額を払っていることに気付き本当に必要なのか、また、自分の加入している保険のことがいまいちよく分からないと思っていました。

そんな時にネットでほけんのぜんぶのサイトを見つけて相談してみようと利用しました。

実際に相談した方は、物腰が柔らかく、FPの方も経験豊富な感じで、分からないことにも丁寧に説明していただき、やっと保険のことが理解した気持ちになりました。

結果、今後のことを考えて別の保険の方がいいかもと思い、紹介していただいたプランに加入しました。大満足です。

もっと早く知っていたら良かったと思います。

>>> ほけんのぜんぶで相談!<<<

保険の専門家が厳選した無料の保険相談についてご紹介しました。

無料の保険相談について、より詳細に解説した記事もあるのでぜひ確認してみましょう。

松葉 直隆
松葉 直隆

おすすめしたい保険相談は、取り扱い数が豊富な保険見直しラボ保険ライフです。

複数の保険相談を利用し、より多くの保険商品を比較検討するとあなたに最適な保険が見つかるでしょう。

保険見直しラボ

>>>無料で保険相談してみよう<<<

就業不能保険に関してよくある質問

就業不能保険とは?
就業不能保険とは病気やケガで働けなくなったときの収入減少に備える保険です。
収入保障保険と混同される方も多いですが、収入保障保険は死亡保険で就業不能保険は生存保険となります。
医療保険と就業不能保険の違いは?
医療保険と就業不能保険の大きな違いは、保障される入院日数の違いとなります。
多くの医療保険では1入院の支払限度日数は30日や60日と設定されています。
就業不能保険はそれ以上の入院に関する保障となりますので、医療保険でカバーできない部分を補完するのが就業不能保険となります。
収入保障保険と就業不能保険は違うの?
収入保障保険は死亡保険、就業不能保険は生存保険となります。
被保険者が死亡したことで保険金が支払われるのが収入保障保険となります。
被保険者が生存しているけれど働けなくて収入が減少した際に保険金が支払われるのが就業不能保険となります。
就業不能保険の給付金の決め方は?
就業不能保険の保険金額の決め方は、毎月の給与を基に決めると良いでしょう。
就業不能保険は、給与の代わりとなるのが目的の保険となります。
修業不能保険が必要か?
ストレス性疾病による長期療養が増えてきているので、不安のある方にはおすすめします。
また、特に子育て世代の世帯主の方にも、家族の生活や子供の教育費などに関わることですのでおすすめします。
保険見直しラボ

>>> 保険見直しラボで保険相談してみよう!<<<

就業不能保険を比較して自分に合った保険を選ぼう

就業不能保険を比較して自分に合った保険を選ぼう

就業不能保険について解説をしましたが、いかがでしたでしょうか。

ストレス性疾患などの精神疾患に関する不安を抱えている方も多くなっています

こう言った背景から、まだまだ歴史の浅い生命保険である就業不能保険が注目を浴びています。

商品数も多くはありませんが、精神疾患による就業不能状態も保障する商品が主流となっていますので、働けなくなったときの不安を抱えている方は検討してみるのが良いでしょう。

この記事では以下のような内容について解説しました。

この記事でわかること
  • 就業不能保険は病気やケガにより働けなくなったときの保険
  • ストレス性疾病による長期療養など精神疾患による就業不能状態も保障される
  • 就業不能保険を選ぶ際には保障内容支払い条件をしっかりと確認する
  • 就業不能保険を比較検討するなら、無料で保険相談ができる保険見直しラボがおすすめです
  • 他にも無料でおすすめの保険相談を知りたい方はぜひこちらの記事もご確認ください!
保険見直しラボ

>>>就業不能保険の相談をしてみる<<<