本サイトは口コミや評価を元にプロモーションを掲載しランキング付けしています

【2月最新】おすすめのNFT銘柄厳選5選!失敗しない選び方や買い方、注意点を解説

おすすめのNFT銘柄厳選

  • NFT銘柄をランキング形式で仮想通貨・株式に分けて紹介してほしい
  • NFT銘柄の今後の将来性や、伸びる銘柄の選び方を知りたい

NFT銘柄に投資したいと考えていますが、仮想通貨投資の中でも難易度が高く、銘柄選定をミスすると簡単に資金が0になるため、失敗しない銘柄を知りたい方も多いでしょう。

本記事では、NFT銘柄をランキング形式で紹介し、失敗しないNFT銘柄の選び方を3つ解説します。

また、NFT銘柄の今後の将来性についてもデータに基づいて分析しているので、そもそも投資するべきなのかも理解できます。

NFT市場は三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると、2021年の取引総額が世界全体で176.9億ドルとなり、2020年の8,250万ドルから215倍に拡大している成長市場です。

銘柄選定を間違えなければ大きなリターンを出すことも難しくないので、本記事のNFT銘柄ランキングを参考に投資してみましょう。

NFT銘柄ランキング-概要
  • NFT銘柄をランキング形式で紹介!
  • NFT銘柄の失敗しない選び方3選
  • NFT銘柄の今後の将来性はない?
  • NFT銘柄を購入するなら国内で購入できるCoincheckがおすすめ

\ 3年連続アプリDL数No.1! /

>> Coincheck公式サイト <<

※この記事では、金融庁からの認可を受けており、関東財務局長日本暗号資産取引業協会会員に登録されている仮想通貨取引所のみを紹介しています。

NFTおすすめ銘柄ランキング

nft銘柄ランキング
NFTおすすめ銘柄ランキング
  • 1位:サンドボックス(The Sandbox/SAND)
  • 2位:ディセントラランド(Decentraland/MANA)
  • 3位:エイプコイン(Apecoin/APE)
  • 4位:DUST
  • 5位:フロウ(FLOW)

1位:サンドボックス(The Sandbox/SAND)

サンドボックス(SAND)
プロジェクト名The Sandbox
通貨SAND
価格¥59
時価総額ランキング52位
公式サイト 公式HP
Twitter
購入できる取引所Coincheck

国内で購入できるNFT関連銘柄1つ目はザ・サンドボックス(SAND)です。

メタバースが話題になったことから、2021年11月に急騰、前年比の200倍以上の価格になりました。

SANDは国内取引所ではCoincheck、GMOコイン、DMM Bitcoinなどで購入することができます。

SANDは「The Sandbox」というメタバースゲーム内で利用することができる仮想通貨です。

「The Sandbox」ではメタバース上の土地「LAND」を購入し、そこでイベントを開催したり、NFTを販売したりすることができます。

メタバース上でのビジネス目的で「LAND」を購入する企業もあり、ゲームの垣根を超えて注目されています。

The Sandbox内のLAND所有者には数々の有名人や企業が参加しており、盛り上がりを見せています。

The Sandbox内のLAND所有者
  • GUCCI
  • adidas
  • ワナ―・ミュージック・グループ
  • 松浦勝人氏(音楽系国内最大手エイベックスの社長)
  • スヌープ・ドッグ氏(世界的人気ラッパー)

超有名企業・有名人がLANDを所有していることからも、将来性の高さがうかがえますよね。

Coincheck NFTでは、The Sandboxの土地「LAND」も購入することができます。

また、2022年9月9日には、東南アジア・シンガポール最大手の商業銀行であるDBS銀行と提携をしました。

世界の金融センターとも呼ばれるシンガポールの最大手銀行との提携はThe Sandboxがそれだけ信頼性や将来性があるプロジェクトと言えるため、Coincheckで購入してみるとよいでしょう。

\ 3年連続アプリDL数No.1! /

>> Coincheck公式サイト <<

2位:ディセントラランド(Decentraland/MANA)

Decentraland
プロジェクト名Decentraland
通貨MANA
価格¥54.24
時価総額ランキング57位
公式サイト公式サイト
Twitter
購入できる取引所bitbank

Decentralandはブロックチェーンを活用したNFT/メタバースプロジェクトで、世界の大手テクノロジー企業であるサムスンと提携しています。

Decentralandは2030年に78兆8,705億円まで市場規模が成長すると予測されているメタバースプロジェクトの中でも最大手のプロジェクトになるため長期投資する旨味が大きいと言えるでしょう。

参考:総務省

プロジェクトはThe Sandboxと同じようにメタバース上の土地をNFTとして販売したり土地上で何かをしたりする内容になっていて、幅広い体験ができるため世界から注目されています。

3位:エイプコイン(Apecoin/APE)

Apecoin
プロジェクト名Apecoin
通貨APE
価格¥257.68
時価総額ランキング59位
公式サイト公式HP
Twitter
購入できる取引所bitbank

Apecoinは、NFTプロジェクト最大手であるBAYCを運営している「Yuga Labs」という企業が利用すると発表しているトークンです。

BAYCはすべてのNFTプロジェクトの中でもトップ3位に入るほど取引されているプロジェクトで、すでに以下の用途を持つため将来性に期待できます。

参考:dappradar

Apecoinの用途
  • 米老舗ニュースマガジン「TIME(デジタル版)」の購読料の決済
  • 米著名ラッパーSnoop Dogg NFTの決済
  • OpenSeaの決済
  • CoinbeseがBAYCとApecoinを絡めた映画を制作

トークンの総供給量は10億枚になっており、配分についてもYuga Labが保有できる枚数は全体の24%しかないため、運営による突然の売り圧によって価格が押し下げられる心配もいらないでしょう。

すでにBinance、FTX、Coinbeseなど世界大手の取引所に上場しているので、今後はより取引高が増加すると予想できます。

ApeCoin公式サイト

4位:ダスト(DUST/UDST)

dust
プロジェクト名DUST
通貨DUST
価格¥331.34
時価総額ランキング388位
公式サイト公式サイト
購入できる取引所Bybit

DUSTは2022年8月に取引ボリュームが急上昇したプロジェクトで、NFTステーキングやDAOが用意されています。

2022年9月6日には700万ドルの資金調達をしており、FTX Ventures、Solana Venturesなど大手VCから出資を受けているため将来性に期待されているとわかります。

VCとはベンチャーキャピタルの略称で、高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行う企業のこと。

ロードマップが公開されていないので今後の方向性が不明ですが、NFTの保有者にはSolanaのfounderや大手NFTマーケットプレイスMagicEdenのfounderがピックアップされています。

他のプロジェクトと比べるとハイリスク・ハイリターンになりますが、数百倍の値上がりをする可能性もあるため注目です。

5位:フロウ(/FLOWFLOW)

FLOW
プロジェクト名FLOW
通貨FLOW
価格¥81.1
時価総額ランキング64位
公式サイト公式サイト
Twitter
購入できる取引所Binance

FLOWはさまざまなNFTプロジェクトを手掛けるDapper Labs社が運営しているブロックチェーンです。

イーサリアムが抱えるガス代の高騰を解決できる仕組みになっており、すでに以下のような有名プロジェクトがFLOWを使用しています。

FLOWを使用しているNFTプロジェクト
  • CryptoKitties
  • NBA TopShot
  • DapperWallet

また、大手テクノロジー会社のサムスン電子、大手ゲーム会社のUbisoft、総合格闘技のUFCなど、多くのエンターテインメント企業と提携していて、今後はFLOWチェーンを使用したプロジェクトが続々と誕生していくでしょう。

さまざまな場面でFLOWチェーンを使用したプロジェクトが誕生すると、自然と価格は上昇していくため、投資先として優秀と言えます。

NFTの株・米国株ランキング

nft-株式・米国株

NFT関連銘柄は仮想通貨だけでなく、NFT関連の事業を行う企業も当てはまります。NFT関連の事業を行うおすすめの株・米国株は以下の通りです。

NFTの株・米国株ランキング
  • Meta
  • NIKE
  • スクウェア・エニックス

Meta

Meta社はFacebookやInstagramを運営している世界的な大企業で、旧名は「Facebook社」でしたがNFT・メタバース事業に注力するため、Metaverseの「Meta」に改名しました。

Meta社はInstagram内にNFTを導入しており、Instagramは20億人以上のユーザーがいるためNFTが浸透すればMeta社の株価上昇に期待できます。

ただ、Meta社の2022年第2四半期の決算は3800億円の赤字になっており、短期間でNFT・メタバース事業を伸ばすのは難しいと予想されます。

CEOであるマークザッカーバーグ氏は決算説明会で将来的には「数千億の収益を解き放つことが可能だ」と主張しているので、長期投資を前提で投資するのがおすすめです。

NIKE

NIKE社は、2021年にバーチャル・スニーカー・デザインを手掛ける「RTFKT」を買収してNFT・メタバース事業へ参入しました。

NIKE社はRTFKT社と共にメタバース上で履けるスニーカーを制作しており、将来的にはThe SandboxやDecentralandなど、メタバースプラットフォーム上で活用できるようになる可能性があります。

すでにNIKEが販売しているスニーカーNFTは133,000ドルで落札された事例もあり、メタバースの市場規模が拡大すれば確実に恩恵を受けられる企業になるでしょう。

スクウェア・エニックス

国内大手ゲームメーカーの株式会社スクウェア・エニックスは、NFTを活用するブロックチェーンゲーム事業に取り組んでいきたいと発表しました。

ゲームはNFTと相性が良く、NFTで最も取引されているAxie Infinityもブロックチェーンゲームです。そのためジャンルとして将来性に期待できます。

スクウェア・エニックスはすでにゲームの特化ブロックチェーンOasysのバリデータとして参加しており、Oasys上でゲーム開発も模索しているようです。

バリデータとは、ブロックチェーンのネットワークに接続し、チェーン上の取引が正しいかを検証するコンピュータのこと。

スクウェア・エニックスは既存ゲームでドラゴンクエストやファイナルファンタジーなど、ヒット作品を生み続けている企業のため期待してよいでしょう。

ジャンル別のおすすめNFT銘柄

ジャンル別おすすめNFT銘柄

ジャンル別におすすめのNFT銘柄を紹介します。

ジャンル別おすすめNFT銘柄
  • NFTゲーム銘柄
  • NFTメタバース銘柄
  • NFTアート銘柄

NFTゲーム銘柄ならコレ!

NFTゲーム銘柄なら、The Sandboxがおすすめです。The Sandboxに投資するメリットは以下の通りです。

The Sandboxに投資するメリット
  • 国内取引所のCoincheckで気軽に取引できる
  • 多くの企業・著名人と提携していて将来性に期待できる
  • メタバース市場が成長すれば恩恵を受けられる

The SandboxはNFTゲーム銘柄の中でもトップクラスに時価総額やトークン価格が高く、世界中の投資家から期待されているとわかります。

また、The SandboxはNFTゲーム銘柄でありながらもメタバースとも親和性が高いため、メタバース市場が成長すればおのずと価格も上昇するでしょう。

NFTメタバース銘柄ならコレ!

NFTメタバース銘柄なら、Decentralandがおすすめです。Decentralandに投資するメリットは以下の通りです。

Decentralandに投資するメリット
  • 市場規模の拡大に期待できるメタバース関連の銘柄
  • 2015年から始動しているため知見・実績がある
  • プラットフォーム型のプロジェクトのため価格上昇しやすい

Decentralandは市場規模の拡大に期待できるメタバース関連の銘柄のため、The Sandboxと同じく成長に伴い恩恵を受けられます。

また、Decentralandはイーサリアムと同じプラットフォーム型のプロジェクトです。メリットとして、プラットフォーム上で展開されるプロジェクトが価格上昇すればプラットフォーム側もその恩恵を受けられることができ、効率よく価格上昇できます。

実際、イーサリアムも他の仮想通貨と比較して大きく価格上昇しているので、Decentralandも期待できるでしょう。

NFTアート銘柄ならコレ!

NFTアート銘柄に投資するなら、Apecoinがおすすめです。Apecoinに投資するメリットは以下の通りです。

Apecoinに投資するメリット
  • 世界1位のNFTアートプロジェクト「BAYC」の関連銘柄
  • すでに決済を始めとしたさまざまな用途を持っている
  • Animoca Brandsと提携している

Apecoinは世界1位のNFTアートプロジェクトBAYCの関連銘柄であり、NFTに関する知見を持つ企業が関わっているため将来性に期待できます。

また、将来性のある仮想通貨プロジェクトに投資する能力に長けているAnimoca Brandsとも提携しているため、一流の投資家からも期待されているとわかります。

BAYCは今後、アートだけでなく映画やゲームなどさまざまな分野に手を広げていくとされているので、それに伴いApecoinの用途も拡大するでしょう。

NFT関連銘柄の失敗しない選び方3選

NFT関連銘柄の選び方は、以下3つのポイントを意識すると失敗する確率が低くなります。

NFT関連銘柄の選び方
  • ブームが来ているジャンルを選ぶ
  • 大企業と提携している銘柄を選ぶ
  • 話題の銘柄の特徴を調べる

ブームが来ているジャンルを選ぶ

ブームが来ているジャンルの銘柄に投資すると、短期的に大きな価格上昇をする可能性が高く、ハイリスク・ハイリターンの投資ができます。

ブームは毎年1回以上のペースで来ており、2021年はAxie Infinity、2022年はSTEPNが挙げられるでしょう。

2年連続でゲーム感覚で楽しめる「〇〇 to Earn」分野のプロジェクトでブームが起きているため、今後も同じ分野の可能性があるでしょう。

また、Animoca Brandsのように将来への種まきが上手なVCや投資家がどのような分野に目を付けているか確認してみるのもおすすめです。

大企業と提携している銘柄を選ぶ

大企業と提携していることは、大企業が特定のプロジェクトを信頼し、将来性に賭けて共に活動していると捉えられます。

大企業は企業提携を結ぶ際に多くの審査を行った上で決断しているはずのため、他の投資家より情報に信頼性があります。

例えばGoogleCloudはAxie Infinityを手掛けるSky Mavis社と提携することを発表しており、今後はブロックチェーンのセキュリティ強化やよりクオリティの高いゲームを製作するようです。

参考:Googlecloud

大企業と提携すると、資金やノウハウなど、さまざまなメリットを受けられるため、プロジェクトが高い水準で進行しやすくなり価格にも良い影響を及ぼします。

話題の銘柄の特徴を調べる

すでに話題になっている銘柄の特徴を調べ、共通している他の銘柄に投資するのもおすすめの手法です。

話題になっている銘柄との共通点が多ければ将来的に話題になる可能性があり、価格上昇する前に見つけられれば大きなリターンに期待できます。

ただ、話題になっている銘柄と共通点は多いものの差別化要素がなければ埋もれてしまう恐れがあるので、銘柄選定は慎重に行う必要があります。

NFT関連銘柄を購入できるおすすめ取引所3選

nft銘柄を購入できる取引所
NFT関連銘柄を購入できる取引所
  • coincheck
  • LINE BITMAX
  • Bit Trade
  • Coincheck

GMOコイン

GMOコイン 説明画像
GMOコインのおすすめポイント
  • 入金・出金・送金手数料が無料
  • 取扱銘柄は26種類と豊富
  • 販売所・取引所・レバレッジに対応
  • ステーキングやレンディングなどの運用サービスが充実

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている、信頼性抜群の取引所です。

取扱通貨は全26種類、「現物取引」と「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方を行うことができます。

また、「取引・出入金・送金手数料」が全て無料と、コストの低さにおいて群を抜いています。

実際に利用したユーザーの声を調査すると、「取引所のスプレッドがかなり狭い」と好評なので、取引所をメインに利用したい方におすすめです。

さらに、つみたて暗号資産やステーキング、APIなどの幅広いサービスを提供しています。

取引以外のサービスも利用してみたい方は、GMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ソラナ(SOL)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ファイルコイン(FIL)
  • ザ・サンドボックス(SAND)
  • チリーズ(CHZ)
  • アスター(ASTR)
  • 計26種類
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) ×
コスモス(ATOM) ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) ×
メイカー(MKR) ×
ダイ(DAI) ×
チェーンリンク(LINK) ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) ×
ソラナ(SOL) ×
アスター(ASTR) × ×
ファイルコイン(FIL) × ×
ザ・サンドボックス(SAND) × ×
チリーズ(CHZ) × ×
GMOコインは、26種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

\ 手数料無料で安心のGMOグループ運営! /

>> GMOコイン公式サイト <<

LINE BITMAX

LINE BITMAXのメリット
  • スマホで簡単口座開設
  • LINE Payで簡単入金
  • LINE NFTに接続できる
  • 暗号資産貸出利率が最大8%と高利率で資産運用が可能

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行え、仮想通貨投資未経験者でも使いやすい作りになっています。

また、保有している仮想通貨を貸し出して利益を上げられるサービスを提供しており、頻繁に売買しなくても稼ぐことができます。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

\ LINEと連携で簡単に仮想通貨を購入! /

>> LINE BITMAX公式サイト <<

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • フィンシア(FNSA)
  • ステラルーメン(XLM)
取り扱い通貨数は7種類です。
  • フィンシア(FNSA)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
フィンシア ✖️
ステラルーメン ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式に対応しております。フィンシア(FNSA)のみ取引所形式にも対応。
利益は最大8%の業界最高水準

BitTrade

BitTradeのメリット
  • 旧Houbi JAPANがリニューアルした取引所
  • 2円から取引できる
  • 国内取扱い銘柄数No.1
  • セキュリティ世界最高水準
  • BTC/JPYの取引手数料は無料

国内最多の39種類の通貨を取引することができます。

BitTradeでしか購入できないコインもあり、珍しいコインがほしい方にもおすすめです。

1日の取引金額は5千億円を超えることもしばしばあり、流動性が高いと言えます。

BitTradeではビットコインイーサリアムといった想通貨の取引を2円から始める事ができるので、初心者も気軽に始める事ができます。

セキュリティは世界最高水準を誇っているので幅広い通貨に安全に投資する事ができます。

\ 銘柄数は国内No.1 /

>> BitTrade公式サイト <<

NFT関連銘柄の今後の将来性はない?

NFT銘柄-将来性

NFT関連銘柄の今後の将来性は明るいと思いますか?将来性を判断する上で、以下の要点を抑えておきましょう。

NFT関連銘柄の今後の将来性
  • 中国ではNFTの需要が高まりつつある
  • InstagramでNFTが利用可能になっている

中国ではNFTの需要が高まりつつある

中国はNFTマーケットプレイスを最も多く利用する国の1つとして、NFTの需要が高まりつつあります。中国は人口が世界トップクラスに多い国のため、中国ユーザーの増加はNFT市場全体にとって追い風となるでしょう。

中国-nft
画像出典:Coindesk

ただ、仮想通貨市場の不況時はユーザーが減少しているとのデータも併せて出ており、経済状況によっては一時的に需要の低下が見られる可能性があります。

中国は仮想通貨に対する規制が手厚く行われているため今後NFTに対しても規制が行われ、ユーザーが減少すると思われがちですが、中国人ユーザーのうち31%がVPNを使用してアクセスしているデータがあるので、影響は少ないでしょう。

InstagramでNFTが利用可能になっている

ユーザー数20億人を超えるInstagramでは、アプリ内でNFTが利用可能になっています。Instagramだけでなく、Facebookでも可能です。

InstagramとFacebookはNFT事業に力を入れているMeta社が運営しているため今後はより豊富な機能が追加される可能性が高く、世界中のユーザーにNFTが浸透するでしょう。

また、InstagramではFLOWチェーンを使用すると発表されているので、FLOWも今後の値上がりに期待できます。

参考:Meta

NFT銘柄に関するよくある質問3選

NFT銘柄ランキング

NFT銘柄に関するよくある質問をまとめました。

NFT銘柄に関するよくある質問
  • NFTとNFT銘柄はどっちを買うべき?
  • 国内のNFT銘柄のおすすめは?
  • 2022年の本命NFT銘柄は?

NFTとNFT銘柄はどっちを買うべき?

NFTとNFT銘柄は、NFT銘柄を買うべきです。なぜなら、NFTはまだ流動性が低く、ほとんどが高値で売却できないため、損失を出してしまう可能性が高いからです。

一方でNFT銘柄は取引所で常に売買されており、大手取引所なら一定の流動性も確保されているため売却できずに損をするという事態をNFTより避けやすくなります。

価格の観点から見てもNFTよりNFT銘柄の方が値上がりする数が多いので、NFT銘柄を購入しましょう。

国内のNFT銘柄のおすすめは?

国内のおすすめNFT銘柄は、The Sandbox (SAND)です。

The Sandboxは国内取引所のCoincheckで購入でき、NFTゲームやメタバースなど、将来性のある市場に関連しているため他の銘柄よりリターンに期待できます。

CoincheckはNFTマーケットプレイスも展開しており、The Sandboxの土地を売買できるのでNFTが欲しい方にもおすすめです。

2024年の本命NFT銘柄は?

2024年の本命NFT銘柄は以下の5つです。

2024年の本命NFT銘柄
  • サンドボックス(The Sandbox/SAND)
  • ディセントラランド(Decentraland/MANA)
  • エイプコイン(Apecoin/APE)
  • DUST
  • フロウ(FLOW)

上記2つの銘柄はNFT銘柄の中でも時価総額が高く、多くの企業と提携してプロジェクト開発を進めているので2022年中に良いニュースが見られる可能性があります。

NFT銘柄ランキングまとめ

NFT銘柄ランキング
NFT銘柄ランキング-まとめ
  • 国内で購入できるNFT関連銘柄おすすめNo.1はSAND
  • NFTの株・米国株の銘柄はMetaがおすすめ
  • NFT銘柄の選び方は大企業と提携していたりいブームが来ていたりする銘柄を選ぼう
  • NFT銘柄の今後の将来性は明るい
  • NFT銘柄の購入はThe Sandboxを購入できるCoincheckがおすすめ

NFT銘柄の今後の将来性は中国ユーザーの増加や世界的な大企業Meta社の参入など、良い材料が多く、ブロックチェーン技術も世界中から注目されているため市場はより拡大すると予想できます。

今後値上がりする銘柄を選定できれば大きなリターンを獲得できる可能性が高く、まずは国内取引所のCoincheckで気軽に購入できるThe Sandboxがおすすめです。