クチコミ
投稿

おすすめの家具買取業者の選び方と家具を高く買い取ってもらうコツを解説!

「家具を売りたいけどどこがいいのかわからない…」
「使わなくなった家具を高く売りたい」

模様替えや引っ越し、遺品整理などのタイミングで使わなくなった家具の扱いに困っていませんか?

特に、大型家具の場合は粗大ゴミに出すにしてもお金がかかってしまいます。

そんなときは、中古の家具を買い取ってくれる 家具買取サービスを利用してみましょう。

  • 家具の買取方法には「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の三種類がある
  • 家具買取サービスを選ぶときは「対象家具はどこまでか」「買取方法」「査定にかかる時間」「口コミ」などで選ぶ
  • 「家具の状態」「使用年数」「家具のブランド」は家具買取の前に確認 するべき
  • 家具を少しでも高く買い取ってもらうコツとして家具の汚れを落としておいたり、WEB査定で比較したり、説明書や保証書を一緒に揃えることなどがある

家具買取の方法をご紹介

家具買取方法の紹介家具の買取方法は、主に 3種類あります。

それぞれの特徴について、ご紹介していきたいと思います。

店頭買取

店頭買取店頭買取は、 自分でお店まで商品を持って行って買取をしてもらう方法です。

査定額がついたら その場ですぐにお金に替えることができるので、なるべく早くお金に替えたいという方におすすめです。

だし、 商品を自分で運ぶ手間がある上に、移動にかかる交通費は自己負担となります。

お店との距離が遠い場合や、大型家具を売りたい場合は違う買取方法を検討したほうが良いでしょう。

宅配買取

出張買取宅配買取は、 不要になったものを箱に詰めて送ることで、買取をしてもらえる方法です。

箱に入る分だけまとめて送れるので、 それぞれで査定に出す手間が省けます。

近所に買取店舗がない、車が無くて店頭まで持っていけない方にもおすすめです。

発送の際の 衝撃を抑えるための梱包は、自分でする必要があります。

また、業者によっては宅配買取の対応をしていない家具がある場合もあるので、しっかり確認してから利用するようにしましょう。

出張買取

出張買取出張買取は、 自宅まで買取業者が来てくれて、査定・買取・搬出を行ってくれるサービスです。

ソファーやベッドなど大型家具の場合は、梱包や持ち運びの手間がかからない出張買取がおすすめになります。

業者に来てもらう前には、あらかじめ家具の大きさを測っておくと買取のときスムーズに進むでしょう。

家具の運搬が不慣れな方が無理に車に積んだりしようとすると、 運ぶときに付いた傷が原因で査定価格が下がってしまうことがあります。

運搬の際の家具の落下や視界不良が原因で、 けがや事故に繋がる可能性もあり危険です。

業者によっては出張買取の対応をしていないエリアがある場合もあるので、事前に確認しましょう。

送料や、出張料の有無も一緒に確認しておくと良いです。

引っ越し業者に頼む

引越し業者に頼む店頭買取や宅配買取、出張買取のほか、 引っ越し業者で買取も行っている場合があります。

引っ越しと不用品の処分をまとめてできるので、引っ越しのときに家具買取をしてもらいたい場合はこちらのサービスも検討してみましょう。

引っ越しの時は、色んなところに連絡する必要があって忙しいですが、 引っ越し業者と買取業者が一緒であれば連絡のやりとりを簡略化できます。

また、 引っ越しの前日までは普段通り家具を使用できるのも大きなメリットです。

買取対象とならない家具は、別の業者に頼まないといけないこともあるので注意しましょう。

家具買取サービスの選び方

家具買取サービスの選び方家具買取サービスは多種多様で、それぞれ特徴があります。

複数の業者を比較して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ここでは、家具買取サービスを選ぶ際に注目したいポイントについてご紹介していきます。

対象家具はどこまで

対象家具はどこまで買取の対象となっている家具は、業者によって異なるので事前に確認するようにしましょう。

中には、特定の家具買取のみを行っている業者もあります。

売りたい家具の買取に力を入れている業者であれば、 他よりも高く買い取って貰える可能性があるのでおすすめです。

出張買取を行っている業者によっては、2階にある大型家具の搬出にクレーンの利用ができる場合もあります。

買取方法

買取方法買取方法も、出張買取に特化した業者、店頭宅配出張すべてに対応している業者などさまざまです。

家具の大きさなどによっても、適切な買取方法は変わってきます。

大型家具は 出張買取が基本となりますが、小型家具は 店頭または、 宅配がおすすめです。

小型家具の場合は運搬の手間と、買取店舗の近さを考慮して、店頭か宅配か選ぶと良いでしょう。

業者によっては「ホビー」「電気工具」「お酒」「食器」「服」など、小物類でも出張買取の対象としているところもあります。

大型家具と一緒に買取して欲しいものがある場合は、利用するのもありですね。

買取できない家具の無料回収をしているか

買取できない家具の無料回収をしているかどうか通常 買取できない家具は廃品回収をお願いすることになり、お金がかかってしまいます。

しかし、業者によっては、 無料で不用品回収をしてくれるところがあります。

整理をしてて不用品が多かったという方は、こちらのサービスもチェックしましょう。

査定にかかる時間

査定にかかる時間査定にどの程度時間がかかるかも把握できると、忙しい引っ越しのときに「思ったより時間がかかってしまった…」ということが起きにくいです。

写真や必要な情報の入力でWebで簡単な見積りが出せるところもあり、実際の査定の前に目安として利用するのもおすすめです。

また、査定に料金がかかるかも調べておきましょう。

査定が無料なところであれば、気軽に買取依頼しやすいですね。

24時間買取対応している業者であれば、忙しくて日中の都合がつかない方でも利用しやすくておすすめです。

住んでいる地域が対応しているエリアか

住んでいる地域が対応しているかどうか家具買取をお願いしたい業者が、自分の住んでいる地域で買取対応しているかどうかを確認しましょう。

全国で対応している業者も多いですが 、会社と距離があると対応してもらえない場合があります。

近くに家具買取の店舗がなく、出張買取をしてもらえない場合は、全国展開している業者を利用するようにしましょう。

全国に店舗を展開しているところであれば、 対応してもらえない可能性は低いです。

だし、 利用者が多いので対応に時間がかかったり、24時間対応は行っていなかったりするところが多いのがデメリットです。

地域密着型のサービスの場合は、対象外の地域がある反面、 独自のサービスがあったり細やかな対応が魅力です。

また、出張買取に来てもらう際に出張料などがかかるかも確認しておきましょう。

口コミ

口コミ口コミを事前に調べておくと、公式サイトでは分からなかった利用者の感想を知ることができます。

悪徳業者と気付かず利用してトラブルになるのを避けるためにも、口コミは大切です。

悪徳業者は、売りたいものではない商品を買い取ろうとしてきたり、何かと理由をつけて費用を請求したりします。

口コミの良い業者であれば、安心して利用できるでしょう。

見積りと実際の価格のギャップや、スタッフの対応など細かい情報も知れるとより参考になりますね。

家具買取の前に確認しておくこと

家具買取の前に確認しておくこと家具買取サービスの選び方についてご紹介してきましたが、商品となる家具のことはどの程度把握しているでしょうか。

ここからは、家具買取をお願いする前に確認しておきたい点についてご紹介していきます。

家具の状態

家具の状態家具の状態を把握しておくと、買取の際もスムーズです。

たとえば、汚れ・傷などはあるか、組み立て式家具の場合不足しているパーツはないかなどです。

汚れ、におい、傷などは、減額の対象となることがあります。

比較的新しい家具でも、 汚れやにおいがひどいと買取の対象外になってしまうこともあるので注意が必要です。

特に、 ソファは汚れやにおいがつきやすいので事前にしっかり確認しておきましょう。

自社で修理や修復をしている業者であれば、 多少の傷や汚れは外注する必要がないので減額されないこともあります。

組み立て式の家具の場合は、 パーツが揃っていないと正常に使用できず大幅減額の可能性があります。

「安く買い取ってもらった後に、パーツがみつかった!」という事態を避けるためにも、事前に確認しておくのが大切です。

使用年数

家具の使用年数家具を買ってからどのくらい経っているのか、使用年数を確認しましょう。

一般的な家具の場合、 購入して10年以上経っていると買取してもらえないことが多いです。

「使わなくなったからそのうち売ろう」と思って放置していると、 価値はどんどん下がっていってしまいます。

流行の移り変わりで購入時人気アイテムだったものが時間が経つと価値が落ちているということも多いです。

アンティークでない限り、使用年数が経過していない家具ほど高値で売れやすいので、家具を売りたいと思ったら なるべく早めに買取に出しましょう。

ブランド

家具のブランド買取の対象としているブランドは、公式サイトなどで確認しておきましょう。

デザイナーズ家具などがある場合は、 ブランド家具専用の買取サービスを利用しましょう。

専門的な知識を持ったスタッフによる査定をしてもらえるので、年数だけで判断され、安く買取されてしまったということを避けられます。

た、 人気のブランドであれば多少古いものでも高額買取してもらえることもあります。

カラフルで個性的なデザインのものよりも、ブラウン、ホワイト、ブラックなどの落ち着いた色の定番のデザインの方が高く買取してもらえる傾向です。

また、 大型店舗の大量生産の家具は、買取の対象外となることがあります。

買取業者の公式サイトだけでは買取対象のブランドが分からないときは、電話などで直接業者に確認しましょう。

家具買取業者の中でも「ネットオフ」、「バイセル」、「高く売れるドットコム」はブランド家具の高額査定が出やすいです。

家具を少しでも高く買取してもらうコツ

家具を高く買取してもらうコツせっかく家具を売るのであれば、なるべく高く買取してもらいたいですよね。

家具買取の相場価格は、 購入価格の10%前後であると言われています。

しかし、ものによって値段がつかなかったり、購入価格の20%以上で買取してもらえたりと状態によって異なります。

ここからは、 家具を少しでも高く買い取ってもらうためのコツについてご紹介していきたいと思います。

汚れを落しておく

汚れを落としておくほこりなどの汚れをあらかじめ落として掃除しておくと、保存状態が良いという評価がされやすくなります。

木製家具であれば、ハンディモップなどで表面のほこりをとった後に、固く絞ったタオルや雑巾で拭くようにしましょう。

汚れを頑張って落とそうとして強くこすったりすると、家具が傷んだり、傷になったりするので、 落とせる範囲に留めることを心がけてください

たばこや香水のにおいも、評価の対象となります。

臭いが強い場合買取不可となることもありますので、ソファやベッドなど臭いが付きやすい家具には無香料の消臭スプレーを掛けましょう。

スプレーのかけすぎでシミにならないように、やりすぎには注意です。

修理が必要そうな状態の場合でも、金額が大きく変わるわけではないのでわざわざ修理に出す必要はない場合が多いです。

Web査定で比較する

WEBサイトで比較する買取業者1社だけの査定だと、相場がわからず 低い金額で買取になっても気付かない可能性があります。

まずは、 複数の業者の査定をみて相場を把握しましょう。

Web上であれば、簡単に比較ができます。

状態や使用年数などを具体的に把握できていると、見積り額と実際の買取価格に差が生じにくいです。

業者ごとの査定基準や、在庫状況で、買取価格は異なってきます。

もし、Webで査定をして「高く買い取ってもらえる!」と思っても地域が対象外だったら買取はしてもらえません。

そのようなことがないように、対応している地域もしっかり調べてから利用するようにしましょう。

説明書や保証書を一緒に揃える

説明書や保証書を揃える購入時の説明書や保証書が揃っていると、 新品に近い評価になりやすく、高い買取価格を提示されることが多いです。

予備の部品などがある場合、それらも一緒にあるとさらに評価が高くなります。

説明書がある場合、同梱されているものの一覧が記載されていることが多いと思うので、そちらで確認するとわかりやすいです。

組み立て式家具のネジの予備や六角などは つい見落としがちなので、忘れずチェックしましょう。

季節の家具は使用時期の少し前に売る

季節の家具はシーズンの少し前に売る季節性のある家具は、 需要のある使用時期の少し前に売ると買取価格が高くなりやすいです。

反対に、シーズンの終わりに売ろうとすると価格が低くなりがちなので家具を売るタイミングにも気を付けましょう。

例を挙げると、新生活前の1〜2月には、 テーブル学習机が高く売れやすいです。

また、秋の寒くなる前であれば他の時期に売るよりも こたつが高く買い取ってもらいやすいです。

ソファーやハンガーラックなどあまり季節性のない家具は、タイミングを気にせずなるべく早めに査定や買取の申し込みをした方が買取価格が高くなりやすいです。

家具買取おすすめまとめ

家具買取おすすめのまとめ家具買取サービスの種類や選び方、家具買取の際に確認したいポイントについてご紹介しました。

使わなくなった家具は、処分するのにもお金がかかるので、 買い取ってもらった方がお得です。

自分の売りたい家具や、その状態に合わせて買取サービスを選んで少しでも高く買い取ってもらえるようにしていきましょう。