• 成立ローン総額 1,644億5,417万円
  • 登録ユーザー数 87,334人

Home >> マネー・ロンダリング及びテロ資金供与防止ポリシー

マネー・ロンダリング及びテロ資金供与防止ポリシー

maneoマーケットグループ(以下、「当グループ」という。)は、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止(以下「AML/CFT」という。)の重要性を認識し、当グループ経営における最重要課題の一つと位置づけ、経営陣の主体的かつ積極的な関与のもと全社的な態勢構築に取り組むと共に、方針を以下の通り定めます。

1.リスクベース・アプローチの実施

  • 当グループは、AML/CFTにおいて、リスクベース・アプローチの考え方に基づき、直面しているリスクを適時・適切に特定・評価し、リスクに見合う低減措置を行います。

2.取引時確認及び顧客管理

  • 当グループは、関係法令に基づいた取引時確認(本人確認)を実施し、適切な顧客管理を行うとともに、反社会的勢力を含む不適切な顧客との取引関係の排除に努めます。

3.取引及び顧客の継続的モニタリング及びフィルタリング

  • 当グループは、取引時確認及び取引中のモニタリングで異常の検知に努めるほか、顧客のフィルタリングを継続的に実施し、検知した疑わしい取引について、「疑わしい取引の届出」として速やかに当局に届出を行います。

4.経済制裁及び資産の凍結

  • 当グループは、国内外の規制等に基づいた制裁対象者との取引関係の排除、資産凍結等の措置を適切に実施してまいります。

5.役職員の研修

  • 当グループは、継続的な研修を通して、役職員のAML/CFTに対する知識・理解を深め、役職員の役割に応じた専門性・適合性を有するように努めてまいります。

6.継続的改善

  • 当グループはAML/CFTにおける態勢の有効性を、当グループ内全てにおいて定期的に検証し、その結果を踏まえ継続的な改善をしてまいります。

以上