過払い金の仕組みとは?リスク、対象者や無料相談におすすめの弁護士を徹底解説!

過払い金とは?

記事内に広告を含みます

行政書士_佐藤さん
行政書士_佐藤さん

過払い金は、法定金利を超えており支払う必要がない金利を、キャッシングなどで支払っていたお金のことです。

2010年6月18日の出資法改正により、上限金利が引き下げられましたが、それ以前に借り入れをしていた多くの方が「払い過ぎ」の対象となっています。

さて、この記事ではそんな過払い金について「誰に相談すべきか」「リスク」「費用」などをまとめてわかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • 過払い金とは「払い過ぎたお金」のこと
  • 過払い金の返還請求ができるのは、2010年6月17日以前にキャッシングをした方のみ
  • 過払い金返還請求すべき人はキャッシングの全額をすでに完済している方など
  • 過払い金返還請求が対象外になる人は銀行系のカードローン会社からの借り入れがある方など
  • 過払い金請求は返還までに3ヶ月〜8ヶ月がかかる
  • 過払い金請求でおすすめの法律事務所は「はたの法務事務所」

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

目次 閉じる


プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – 債務整理部門

行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。

※当コンテンツはマネーグロースが定めるコンテンツ制作ポリシー並びに広告掲載ポリシーに基づいて作成されています。

本記事を監修した専門家

佐藤 一清 / 行政書士公式サイト) 行政書士として、各種許認可業務、離婚協議書・遺言書・契約書・内容証明郵便等の各種書面作成、契約書個人・法人向けの法律相談やセミナーを行っている。 法律知識×SEOのノウハウを活かし、各種メディアへの執筆及び監修も担当する。 【保有資格】 ・行政書士 ・宅地建物取引士 ・相続診断士

過払い金請求とは?リスクを理解して実行しよう

過払い金とは、文字通り「貸金業者に払い過ぎたお金のことです。

2010年6月18日より、出資法の上限金利である「年29.2%」が利息制限法の上限金利と同じ「年20%」へと変更となりました。

行政書士_佐藤さん
行政書士_佐藤さん

長年長期間キャッシングで借金の返済を続けている方は過払い金が発生している可能性がありますので、一度相談してみることをおすすめします。

過払い金の仕組み

上限金利の変更により、過払い金は発生しなくなりました。

しかし、2010年6月17日以前の借入で改正後の上限金利を超える金利を支払っていた方は返還の対象になっています。

以下は、具体的な上限金利の変化です。

上限金利
2010年6月17日まで出資法の上限金利:年29.2
利息制限法の上限金利:年15~20%
2010年6月18日以降出資法の上限金利:年20%
利息制限法の上限金利:年15~20%

2010年6月18日以降は、次のような金利に統一されました。

貸付金額(元本)上限金利(出資法および利息制限法)
~99,999円年20.0%
100,000円~999,999円年18.0%(出資法では年20%)
1,000,000円以上年15.0%(出資法では年20%)

過去は一定の条件を満たした際には出資法の上限金利である「年29.2%」での貸付が認められていましたが、2010年6月18日以降はこの「グレーゾーン金利」が撤廃されました。

貸付金額(元本)上限金利(利息制限法)上限金利(出資法)グレーゾーン金利
~99,999円年20.0%年29.2%年9.2%
100,000円~999,999円年18.0%年29.2%年11.2%
1,000,000円以上年15.0%年29.2%年14.2%

このグレーゾーン金利にあたる部分が「過払い金」となります。

過払い金は出資法改正前のグレーゾーン金利と言われていた部分のことを指す

引用:上限金利について|日本貸金業協会

この項では、過払い金請求について以下3つの項目を深掘りします。

過払い金請求の対象者

過払い金請求の対象となる3つの条件

過払い金の返還請求をするためには、次の3つの条件に当てはまる必要があります。

過払い金の返還請求をするための3つの条件
  1. 2010年6月17日以前に借り入れをした人
  2. 完済日から10年以内の人
  3. グレーゾーン金利の貸金業者から借りていた人

それぞれの条件について詳しく解説します。

2010年6月17日以前に借り入れをした人

過払い金の返還請求ができるのは、2010年6月17日以前にキャッシングをした方です。

これは2010年6月18日以降のカードローンやキャッシングの場合には、グレーゾーン金利が撤廃された後の取引のため、基本的には過払い金が発生しないからです。

以下の表から、法改正後の利息とキャッシング残高をご覧ください。

仮にあなたが以下の金額よりも多く支払っているようなら、過払い金返還請求の対象者である可能性があります。

キャッシング残高上限金利(利息制限法)支払利息(月/30日)
300,000円18.0%およそ4,438円
400,000円18.0%およそ5,917円
500,000円18.0%およそ7,397円
600,000円18.0%およそ8,876円
700,000円18.0%およそ10,356円
800,000円18.0%およそ11,835円
900,000円18.0%およそ13,315円
1,000,000円18.0%およそ12,328円
元弁護士
元弁護士

実際には、消費者金融やクレジットカード会社の多くが、2006~2007年ころに金利を自主的に引き下げています。

そのため、過払い金が発生している可能性が高いのは、2007年以前に借入をした人です。

完済日から10年以内の人

過払い金の返還請求は『完済した日』または『最後に支払いを行った日』から数えて10年以内であれば可能です。

過払い金返還請求には10年の時効があり、完済日から10年を超えた時点で過払い金の請求は無効となります。

例えば
  • 2005年9月1日をキャッシングを行い、2015年8月31日に完済した場合
  • 2025年8月31日が過払い金返還請求の時効日となる
参考:消滅時効に関する判決

過払い金返還請求権の消滅時効に関する最高裁判決の概要について

→詳しくはこちら (金融庁公式サイト

元弁護士
元弁護士

完済から10年以上が経過していても、その後すぐに同じ業者から再び借りている場合は、過払い金返還請求ができる可能性があります。

このような場合には、完済前後の取引が一連のものと認められる可能性があるからです。

グレーゾーン金利の貸金業者から借りていた人

過払い金返還請求の対象となる貸金業者は、グレーゾーン金利を設定していた過去を持つ消費者金融信販会社・カード会社です。

なおかつ、その貸金業者が現存していることも重要な要素となります。

すでに倒産してしまった貸金業者相手の過払い金返還請求は認められません。

元弁護士
元弁護士

銀行カードローンは当初から利息制限法の上限を下回る金利を設定していたため、過払い金返還請求の対象にはなりません。

また、クレジットカードのショッピング枠には利息制限法が適用されないため、過払い金返還請求の対象にはなりません。

過払い金返還請求をする3つのメリット

過払い金返還請求には以下のメリットがあります。

過払い金返還請求のメリット
  1. お金が戻ってくることもある
  2. 完済後であれば信用情報の事故情報に記録されない
  3. 裁判所を通さない

お金が戻ってくることもある

過払い金返還請求の最大のメリットは、やはりお金が戻ってくることです。

特に、借り入れた金額が多い方は、過払い金も多い傾向にあるので、返ってくる金額も多くなります。

数十万円単位で過払い金が発生すれば、現在の借金額を上回っているケースも考えられるため、長期間返済を続けている場合は過払い金請求を試してみる価値があります。

元弁護士
元弁護士

お金が戻ってこない場合でも、払い過ぎた利息を元本に充当することで、借金を減らすことができます。

ただし、その場合は次にご説明するブラックリストに載るリスクがあることに注意が必要です。

完済後であれば信用情報の事故情報に記録されない

完済後であれば、過払い金返還請求を行ったとしても事故情報として記録されることはあり得ません。

事故情報(異動)が記録された場合、一定期間、新規のカードローンやクレジットカードの発行ができなくなる他、住宅ローンの設定や携帯電話の購入(分割払い)もできなくなります。

事故情報は(異動)は、一度記録されると、5年~10年間は抹消されません。

いわゆる「ブラックリスト」は存在しませんが、信用情報機関の事故情報の記載がそれにあたると捉えておくと良いかもしれません。

ちなみに事故情報(異動)となるのは次のケースです。

事故情報として登録されるケース
  • 延滞(2ヶ月以上)
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

完済後の過払い金請求なら、ブラックリストに載るリスクはないので、デメリットなしでお金が返ってくることになります。

元弁護士
元弁護士

過払い金の計算によって完済となる場合、業者の手違いによってブラックリストに登録されることもあります。

その場合は、信用情報の訂正を求める必要があります。困ったときは、弁護士や司法書士に相談しましょう。

裁判所を通さない

過払い金請求は会社や周囲にバレることなく、債務整理と比べて時間や手間がかかりません。

過払い金請求は、手続きの際に裁判所を通す必要がないからです。

また、過払い金返還請求を弁護士に依頼すると、待っているだけで手続きから交渉まですべてを進めてくれます。

元弁護士
元弁護士

ただし、過払い金返還請求では裁判をした方が、多くの金額を取り戻せる可能性が高まります。

なお、裁判をしたとしても、会社や周囲にバレることはほとんどありません。

過払い金請求をした人の口コミ・体験談

以下では、マネーグロース編集部が独自に実施したアンケート調査で、実際に過払い金をした方の体験談を紹介します。

アンケートによると、司法書士事務所に相談したという方が多いため、過払い金が気になる方は依頼コストが相場よりも低くて人気な『はたの法務事務所』への相談がおすすめです。

(50代/男性)

消費者金融6社で600万からいの借金がありました。返しては借りの繰り返しで残金は減らず、誰にも相談できない悩みを抱えまま10年くらい暮らしてきました。しかし、自分の将来を考えればこのままでは済まされないと思い、過払い金を確かめることにしました。好きで作った借金ではありませんが、過払い金を請求したらブラックリストになると思っていたので踏み出せずにいましたが、今はそんな心配はないと知り弁護士に頼む事となりました。結果、6社全てに過払い金があり、借金がなくなり手元に現金が残りました。過払い金請求はすべきです。

(40代/男性)

消費者金融会社で50万円借金しました。借入の際の金利が消費者金融ということもあって利息が高いと感じてました。そうした時にたまたまテレビで過払い金に関しての紹介している番組を見て、自分はまさにこれに当てはまるのではないかと思って自宅近くにある司法書士事務所に相談しに行きました。そうしたら過払い金請求できることを言われて、司法書士の先生に全てお任せして過払い金請求をしました。成功報酬は結構取られましたが過払い金を取り戻せました。司法書士に依頼したらトラブルなく過払い金を取り戻せますのでオススメです。

(40代/男性)

会社員で既婚者ですが、当時ギャンブルにハマってしまい消費者金融3社からトータル300万ほどの借金してしまいました。
妻もこの事実を知らないなか、自宅のローン含め段々月々の返済も厳しくなり、債務整理を検討しつつ弁護士へ相談させてもらいます。
すると今回弁護士への相談により、過払い金からの借金減額ということに繋がり一気に息を吹き返すことが出来ました。
借金が膨らみ何年も悩み続けていた自分でしたが、思い切って弁護士へ相談して良かったと考えています。

(40代/女性)

複数の金融機関で借入をしており、完済したものもあったので、過払い金があるか気になり司法書士事務所に相談しました。

借入した時期がうろ覚えであったり明細が残っていなかったりしたのできちんと審査が出来るのか不安でした。
実際に審査の面談をしてみて、やはり借入した時期はきちんと把握しておいた方が過払い金の調査もスムーズに出来ると感じました。
3社の金融機関について調査して頂きましたが、結局過払い金は発生しませんでした。しかし、ずっと過払い金について気になっていたので今回調査することが出来てすっきりしました。

元弁護士
元弁護士

過払い金が発生しているかどうかは、調査しないと分からないことも多いです。

無料で調査してくれる弁護士や司法書士の事務所もあるので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

過払い金請求をする5つのリスク

過払い金請求をする5つのリスク

過払い金請求には一定のリスクがあるため、必ず把握した上で手続きを行うかどうか判断しましょう。

ブラックリストに載る可能性がある

基本的に過払い金請求ではブラックリストに載りませんが、過払い金が借金より少なかった場合は債務整理扱いとなり、ブラックリストに載ってしまうため注意です。

例えば、借金が35万円、過払金が30万円だった場合は、過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまいます。

現状で借金をしている人は、できる限り返済してから過払い金請求を検討するのが無難です。

すでに完済している人は、ブラックリストに載る心配はありません。

元弁護士
元弁護士

ブラックリストに載る覚悟がある場合は、払い過ぎた利息を元本に充当して借金を減らすのもよいでしょう。

その場合は、任意整理の手続きをとることになります。

ローンの審査に通りにくくなる

もし過払い金請求によってブラックリストに載ってしまうと、ローンの審査に通りにくくなります。

理由として、金融機関からすると過去に金融事故を起こした人にお金を貸すのはリスクが大きいからです。

過払い金請求とはいえ、借金が残っている段階で行うと債務整理と同じ扱いで信用情報に傷が付いてしまいます。

ブラックリストに載る期間は、完済から5年間です。

例えば、過払い金請求をして2年後に完済した場合、7年間は新たな借り入れが難しくなってしまいます。

元弁護士
元弁護士

ブラックリストに載ることによるデメリットは、その他にもいろいろあります。

主に、携帯電話やスマートフォンの端末の分割購入ができなくなる、賃貸住宅の契約ができない場合が出てくる、保証人になれなくなる、などです。

クレジットカードが利用できなくなる

クレジットカードのキャッシングに対して過払い金請求をした場合、その会社のカードは使えなくなる可能性が高いでしょう。

なぜなら、過払い金請求の対象にした貸金業者等は、基本的に解約となるためです。

とはいえ、対応はクレジットカード会社によって異なります。過払い金請求をしていても、再度申し込めば審査結果次第でクレジットカードを作れる可能性があるでしょう。

元弁護士
元弁護士

クレジットカードだけでなく、過払い金返還請求をした業者のサービスは、基本的に利用できなくなります。

このことを俗に「社内ブラック」といいます。

生活保護が受けられなくなる

生活保護を受けている方は、過払い金請求を避けた方が良いでしょう。

生活保護は収入がない人を保護するための制度のため、過払い金を受け取ると収入があったとみなされ、生活保護が受けられなくなるケースも考えられます。

生活保護の申請をするにあたっては、原則として、氏名や住所又は居所、保護を受けようとする理由、資産及び収入の状況、その他保護の要否、種類、程度及び方法を決定するために必要な事項等を記載した申請書を福祉事務所に提出していただく必要があります。

出典:厚生労働省

また、福祉事務所に申告せずに過払い金を受け取ると不正受給の扱いとなり、今までに受け取った生活保護費の返還を求められるため弁護士に相談しつつ慎重に検討してください。

元弁護士
元弁護士

過払い金を取り戻したことによって生活保護が停止となっても、その後、生活に困窮すれば再開できます。

そのため、過払い金が発生している場合には積極的に請求を検討した方がよいでしょう。

借金がバレる可能性がある

過払い金請求の手続きにより、家族や職場の人に借金がバレる可能性があります。

過払い金請求を行うためには、取引履歴を確認するために貸金業者と連絡を取ったり、交渉したりする必要があるためです。

また、裁判所に出向かなければならないケースもあり、同居人にバレずに手続きを進めるのは難しいでしょう。

ただし、過払い金請求は弁護士・司法書士に依頼するのが一般的ですから、自力で手続きしない限りは問題ありません。

元弁護士
元弁護士

弁護士や司法書士に依頼すれば、過払い金返還請求の手続きを全面的に代行してもらえます。

依頼者のところには、借入先や裁判所からの連絡は来なくなります。

過払い金請求をしない3つのリスク

過払い金請求をしない3つのリスク

過払い金請求にはリスクがありますが、手続きを今すぐ実践しなかったとしても後悔することになる可能性があります。

具体的には、過払金を放置すると次のようなリスクが生じます。

時効により過払金が取り戻せなくなる

過払い金が発生している可能性があるにもかかわらず放置していると、時効により取り戻せなくなる可能性があります。

過払い金請求は、最後に取引した日から10年間が時効です。

取引とは「返済」が含まれるので実質的には「完済した時から10年間」と考えて良いでしょう。

もし過払い金請求の手続きが面倒だからと放置して、完済から10年間経ってしまうと1円も取り返せなくなってしまいます。

元弁護士
元弁護士

時効期間は、時々刻々と進行していきます。

過払い金に心当たりがある方は、早めに弁護士や司法書士に相談し、調査してもらうことをおすすめします。

貸金業者が倒産して取り戻せなくなる

時効でなくても、貸金業者が倒産してしまうと過払い金を取り戻せなくなります。

2007年に利息制限法が改正され、過払い金請求の事案が急増してから貸金業者の資金繰りが悪化し、倒産するケースが一気に増えました。

例えば、過去に知名度が高かった消費者金融「武富士」も2010年に倒産しています。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融ならともかく、小さな業者から借りていた場合、倒産するリスクは大きいでしょう。

元弁護士
元弁護士

借入先が倒産しなくても、経営状態が悪化すると、任意の交渉では過払い金を取り戻しにくくなります。

過払い金返還請求は、早めに行うのが得策です。

滞納している場合は遅延損害金が発生する

すでに借金の滞納を続けている場合、遅延損害金が発生して事態が悪化してしまいます。

過払い金請求をした上で借金が残っている場合、ブラックリストに載ってしまいますが、滞納を続けた場合でも状況は変わりません。

それどころか、時効や貸金業者の倒産により取り戻せなくなる可能性があります。

借金返済中で過払い金が発生している可能性があるなら、早めに弁護士・司法書士に相談した方が良いでしょう。

元弁護士
元弁護士

取引が継続している限り、過払い金返還請求権が時効にかかることはありません。

滞納している場合でも、払い過ぎた利息を元本に充当することで借金を減らせる可能性があります。

早めに弁護士または司法書士に相談してみましょう。

過払い金請求を自分でやる6つのリスク

過払い金請求を自分でやる6つのリスク

過払い金請求は自力でも不可能ではないですが、次のようなリスクがあるのでおすすめできません。

手続きに手間取ってしまう

弁護士や司法書士に支払う費用を減らしたいからと自力で手続きを行うと、想像以上に手続きに時間がかかり、時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

過払い金請求を行うには、貸金業者から取引履歴を取り寄せたり、自分で過払い金がいくら発生したのか計算したりする作業が必要になります。

また、最終的にはその道のプロと交渉しなければならないため、知識がないと苦戦は必至です。

繰り返しますが、過払い金請求の手続きは決して簡単ではありません。

元弁護士
元弁護士

自分で過払い金を計算すると、計算ミスにより本来の金額を請求できず、損することも多いです。

損をしないためにも、過払い金返還請求の手続きは全面的に専門家に任せた方がよいでしょう。

取引履歴を取り寄せられない

過払い金請求を行うには、証拠となる「取引履歴」を貸金業者から取り寄せる必要がありますが、その際にトラブルが発生するケースも考えられます。

もし取引履歴を請求した理由を「過払い金のため」と答えてしまうと、和解を提示され、交渉が進みにくくなるケースがあるためです。

取引履歴を自分で取り寄せるにしても、理由は言わない方が無難でしょう。

元弁護士
元弁護士

実際には、「過払い金の調査のため」と伝えても何ら問題ありません。

貸金業者も、快く取引履歴を送付してくれます。

過払い金返還請求権は正当な権利なのですから、正々堂々と取引履歴の開示を請求しましょう。

借金をしていたことが家族にバレてしまう

自分で取引手続きをすると、周りの人に借金がバレるリスクが高まります。

過払い金請求の際は、貸金業者に取引履歴を請求したり、過払い金の金額について交渉したりする必要があるためです。

自宅に電話がかかってきたり、取引履歴が郵送されてきたりして家族にバレてしまうケースがあるでしょう。

さらに、過払い金請求の際は平日に裁判所に行く必要があるので、周りの人に事情を聞かれたり怪しまれたりすることも考えられます。

元弁護士
元弁護士

弁護士や司法書士に過払い金返還請求の手続きを全面的に任せることで、家族などにバレるリスクを抑えることができます。

計算に失敗する

過払い金請求には「引き直し計算」が必須です。

引き直し計算とは、取引履歴からいくら過払金が発生しているか計算する作業のこと。

複数者から借りている場合、計算が複雑になって手間がかかってしまいます。

また、過払い金の金額が間違っていて受け取れる金額が少なくなる可能性があります。

引き直し計算には、グレーゾーン金利への理解も必須なので、プロに任せた方が安心です。

元弁護士
元弁護士

過払い金の計算は専用のツールを使えば単純な作業ですが、それでも入力ミスや金利の選択ミスが起こりがちです。

取引期間が長ければ作業量も膨大になるので、専門家に任せた方がよいでしょう。

交渉がうまくいかず丸め込まれてしまう

法律の素人では過払い金請求の交渉は困難です。

交渉にあたるのは法律のプロなので、専門知識のない人が交渉したとしても、過払い金をすべて返還してもらえる可能性は極めて低いでしょう。

一方、相手が弁護士・司法書士の場合は交渉がうまく進みやすく、結果的に弁護士費用を考えても戻ってくる過払い金が増える可能性があります。

元弁護士
元弁護士

裁判をする場合も、弁護士などに依頼すれば、複雑な手続きを一任できます。

嫌がらせを受ける

正規の貸金業者でない場合、嫌がらせを受けるケースもあります。

貸金業者の中には、貸金業法を守らずに貸付を行っている「闇金」も存在します。

もし相手が闇金と知らずに過払い金請求すると、悪質な嫌がらせを受けるリスクがあるので要注意です。

プロに任せれば、自身に直接危害が及ぶリスクはありません。

元弁護士
元弁護士

闇金に対しては、利息だけでなく支払ったお金の全額を返還請求できます。

ただし、最近の闇金は手口が巧妙化していることもあり、返金を受けることは難しくなっています。

闇金に対しては、弁護士や司法書士に依頼して「払わない」という方向で解決しましょう。

過払い金請求のリスクを抑えるには弁護士・司法書士に相談する

過払い金請求のリスクを抑えるには弁護士・司法書士に相談する必要がある

過払い金請求は弁護士司法書士に相談するのが一番です。

自力でやろうとすると、手続きに失敗したり交渉がうまくいかなかったりして結果的に戻ってくる金額が少なくなる可能性があります。

確かに、プロに依頼すると弁護士費用が発生しますが、費用以上に手間・金額的なリターンは大きいですし、相談も無料なのでまずは気軽に問い合わせてみましょう。

過払い金返還請求にかかる費用

過払い金が140万円以下であれば、認定司法書士に依頼することも可能です。

弁護士や認定司法書士に過払い金返還請求を依頼した場合には、過払い金の金額にもよりますが10万円以上が目安になると考えて良いでしょう。

費用の内訳費用の目安内容
相談料30分5,000円~弁護士や認定司法書士に相談する際に請求される費用
着手金10,000円~20,000円※貸金業者1社につき弁護士や認定司法書士が手続きを開始するための費用
解決報酬金~20,000円※貸金業者1社につき過払い金が返還された際に弁護士や認定司法書士が受け取る成功報酬
過払い金報酬交渉:返還過払い金の20%訴訟:返還過払い金の25%過払い金が返還された際に弁護士や認定司法書士が受け取る成功報酬
減額報酬金減額された金額の10%以下任意整理手続きが成立した場合に請求される費用※完済後の過払い金返還請求では発生しないケースもあります
実費など法律事務所ごとに異なる弁護士や認定司法書士への日当や書類作成にかかる費用
元弁護士
元弁護士

具体的な費用は事務所によって異なるので、様々な事務所の料金体系を比較して検討してみることをおすすめします。

基本的に、司法書士事務所・法務事務所に依頼をすると安くつきます。確実に140万円を超えないという方は、司法書士事務所に依頼をしましょう。

司法書士事務所に依頼をするなら『はたの法務事務所』が中でも低コストで依頼でき、相談実績も20万件以上で信頼できるためおすすめです。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

過払い金が戻ってくるまでの期間

結論、過払い金が戻ってくるまでには3〜8ヶ月かかると言われています。

過払い金返還請求は、貸金業者との任意交渉もしくは裁判のいずれかが選択されます。

任意交渉で和解した際には、3ヶ月から6ヶ月ほど。

貸金業者相手に訴訟を起こした場合には、4ヶ月から8ヶ月ほどの期間がかかると言われています。

元弁護士
元弁護士

任意交渉では、早期に取り戻せる一方で、取り戻せる金額は少なくなる傾向にあります。

裁判では、時間がかかる一方で、取り戻せる金額が多くなる傾向にあります。

弁護士や司法書士から見通しについてのアドバイスを受けて、検討するのがおすすめです。

過払い金返還請求の手順

過払い金返還請求の手順

ここからは、弁護士や司法書士などの専門家に依頼した際の流れを解説していきます。

自分一人で過払い金返還請求をしようと思っても、何から始めれば良いか分からなくなるため、基本的には弁護士などの専門家に相談しましょう。

過払い金請求の手順①:弁護士もしくは認定司法書士への相談

過払い金請求の手順①:弁護士もしくは認定司法書士への相談

まずは過払い金請求の実績が豊富な弁護士、もしくは認定司法書士への相談から始めます。

認定司法書士も土地や建物、会社などの登記を基本としつつ、債務整理や過払い金請求の実績を持つ方に依頼することで、過払い金が戻ってくる確率を高めることにつながるでしょう。

過払い金の総額依頼できる法律の専門家
140万円以下弁護士、認定司法書士
140万円超弁護士

過払い金の総額によって、依頼先が変わります。ご注意ください。

元弁護士
元弁護士

相談が有料か無料かも、事務所によって異なります。

必ず相談前に確認しておきましょう。

司法書士に依頼する場合は『はたの法務事務所』が最も低コストで信頼性が高いと評判です。

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

一方で、過払い金の総額が140万円を超える場合は弁護士に依頼する必要がありますが、その場合は『ベリーベスト』が最もおおすすめです。

弁護士事務所のためはたの法務事務所よりは費用が高めになりますが、24万人以上の人が依頼をしているという実績があるほか、万が一裁判になったとしても改めて弁護士を探す必要がありません。

過払い金請求の手順②:弁護士または認定司法書士への依頼と「受任通知」

過払い金請求の手順②:弁護士または認定司法書士への依頼と「受任通知」

弁護士または認定司法書士への相談後に「この方に任せたい」と感じら、依頼を申し込みます。

法律の専門家への依頼の決定後は、貸金業者に対して「受任通知」(介入通知)を送付。

借入金の返済が済んでいない場合には、この時点で支払の督促が停止されます。

つまり、貸金業者からの連絡や取り立てが一旦収まるということです。

元弁護士
元弁護士

依頼する時点で、原則として着手金の支払いが必要です。

ただし、分割払いや後払いが可能な事務所もあります。

着手金の一括払いが厳しい場合は、依頼前に支払い方法を相談してみましょう。

過払い金請求の手順③:貸金業者からの取引履歴の取得

過払い金請求の手順③:貸金業者からの取引履歴の取得

貸金業者が受任通知(介入通知)を弁護士や認定司法書士から受け取った時点で、取引履歴の取得が認められます。

取引履歴は、貸金業者の店舗受付や電話連絡、公式サイトからの請求が可能です。

取引履歴には、借入金額はもちろんのこと、返済状況が記載されています。

元弁護士
元弁護士

貸金業者には、取引履歴を開示すべき法律上の義務があるので、開示請求をすれば難なく送付してもらえます。

過払い金請求の手順④:過払い金の算出(引き直し計算)

過払い金請求の手順④:過払い金の算出(引き直し計算)

続いて、入手した取引履歴を参照しながらの過払い金の算出(引き直し計算)へと進みます。

当時の借入金額に適用されていた金利を、利息制限法の上限金利である年15~20%にて計算をし直す作業です。

貸付金額(元本)上限金利(利息制限法)上限金利(出資法)グレーゾーン金利
~99,999円年20.0%年29.2%年9.2%
100,000円~999,999円年18.0%年29.2%年11.2%
1,000,000円以上年15.0%年29.2%年14.2%

表のグレーゾーン金利の部分が、過払い金として戻ってくる可能性を持つお金と考えて良いでしょう。

過払い金として返還される可能性がある部分

引用:上限金利について|日本貸金業協会

元弁護士
元弁護士

過払い金を計算する際は、専用の利息計算ソフトを使いましょう。利息計算ソフトは、インターネットから無料でダウンロードできます。

過払い金請求の手順⑤:貸金業者への過払い金返還請求書の送付

過払い金請求の手順⑤:貸金業者への過払い金返還請求書の送付

引き直し計算によって過払い金が算出されたら、払い金返還請求書を貸金業者に内容証明郵便にて送付します。

内容証明郵便とは「いつ」「誰が」「どのような内容の」郵便物を送ったのかを、文字通り証明してくれる郵便物です。

内訳金額(税込)
内容証明料金440円
郵便料金84円
書留料金435円
書面追加費用(1枚につき)260円
配達証明320円

配達証明はオプションサービスですが、配達証明をプラスすることで、「きちんと配達されました」「相手が郵便物を受け取りました」と知らせてくれます。

元弁護士
元弁護士

過払い金返還請求書の様式に決まりはありませんが、請求内容を正確に記載する必要があります。

正確な書面を作成するためには、弁護士や司法書士への依頼がおすすめです。

過払い金請求の手順⑥:貸金業者との任意交渉

過払い金請求の手順⑥:貸金業者との任意交渉

貸金業者が過払い金返還請求書を受け取った後は、弁護士や認定司法書士と貸金業者との間での任意交渉に移ります。

この時点で過払い金返還請求書の内容を貸金業者が受け入れ、和解が成立するようなら、過払い金の返還請求はほぼほぼ完了です。

⑧:貸金業者からの過払い金の返還」へと進みます。

元弁護士
元弁護士

任意交渉で過払い金の全額を返還してもらえることは、まずありません。

全額返還にこだわる場合は、訴訟の提起が必要です。

過払い金請求の手順⑦:過払い金返還請求訴訟

過払い金請求の手順⑦:過払い金返還請求訴訟

貸金業者との任意交渉にて和解が成立しない場合には、裁判所にて過払い金返還請求訴訟を起こすことになります。

  • 過払い金が140万円以下⇒簡易裁判所
  • 過払い金が140万円超⇒地方裁判所

過払い金の総額によって、申立先が異なるのでご注意ください。

和解または判決によって過払い金の返還が決まります。

元弁護士
元弁護士

判決で過払い金の返還が認められた場合は、遅延損害金も加算されます。

判決を得るまでには手間がかかりますが、その分、多くの金額を取り戻すことが可能となるのです。

過払い金請求の手順⑧:貸金業者からの過払い金の返還

過払い金請求の手順⑧:貸金業者からの過払い金の返還

過払い金返還訴訟や任意交渉を経た後に、貸金業者から過払い金が金融機関の指定口座に入金(返還)されます。

過払い金請求の手順|おさらい
  1. 貸金業者が過払い金を弁護士または認定司法書士の指定口座に入金する
  2. 過払い金から弁護士や認定司法書士が必要経費や報酬を受け取る
  3. 残った金額を依頼者の指定口座に入金
  4. 過払い金の返還が完了
元弁護士
元弁護士

判決が確定したのに過払い金が返還されない場合は、貸金業者の財産を差し押さえることもできます。

差し押さえの手続きは複雑なので、引き続き弁護士に依頼した方がよいでしょう。

過払い金について相談できる司法書士・弁護士事務所の選び方

過払い金について相談できる司法書士・弁護士事務所の選び方

ここでは、過払い金請求を司法書士や弁護士へ相談する際に、知っておきたい事務所の選び方をご紹介します。

過払い金問題を得意としている

司法書士・弁護士を選ぶ際には「過払い金問題を得意としている」事務所を選びましょう。

実は事務所によって「債務整理」「離婚・不倫問題」など得意としている分野や実績が異なります。

専門外の分野だと依頼を引き受けてくれることも難しいです。

そのため、過払い金を相談する際は、過払い金請求に強い事務所を選びましょう。

元弁護士
元弁護士

過払い金返還請求が得意な事務所を見つけるためには、インターネットで検索するのがおすすめです。

ただし、ネット情報は玉石混交であり、詐欺業者に引っかからないように注意する必要もあります。

過払い金返還請求の費用

司法書士・弁護士を選ぶ際には「過払い金返還請求の費用」を確認しましょう。

過払い金請求を司法書士・弁護士に依頼する際は、1社あたり10万円が相場です。

費用を抑えたい方は、相場を意識して、相談料・着手金が無料の司法書士・弁護士弁護士事務所へ依頼しましょう。

元弁護士
元弁護士

依頼費用は事務所によって異なるだけでなく、事案の内容によっても異なります。実際の金額は、相談時に見積もりをとって確認するようにしましょう。

過払い金問題について無料で相談できる

司法書士・弁護士事務所は「過払い金問題について無料で相談できる」事務所を選びましょう。

事務所によっては、相談だけで料金が発生することもあるからです。

はたの法務事務所では、相談料だけでなく着手金も無料なので、コストを抑えて過払い金問題を解決できるのでおすすめ。

元弁護士
元弁護士

最近は無料相談に応じる事務所が増えてきましたが、どこまでが無料なのかは事務所によって異なります。

必ず事前に確認してから相談するようにしましょう。

過払い金返還請求に強いおすすめの弁護士・司法書士事務所

過払い金返還請求に強いおすすめの弁護士・司法書士事務所

過払い金返還請求を弁護士や認定司法書士に依頼する一番のメリットは、法律の知識はもちろんですが、やはり「交渉力の違い」です。

過払い金の引き直し計算や書類作成、裁判への対応などを代行してもらえるので、まずは過払い金請求の実績の豊富な法律事務所への相談から始めてみましょう。

過払い金請求の相談におすすめな法律事務所は主に以下の通りです。

【コストを抑えたい】はたの法務事務所

債務整理におすすめのはたの法務事務所

出典:https://hikari-hatano.com/

はたの法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4.5)
はたの法務事務所の特徴
  • 着手金が0円のため、失敗しても費用がかからない
  • 報奨金の分割もOKのため、相談がしやすい
  • 過払金・任意整理の実績や評価が高く、とにかくコストをかけずに債務整理がしたい人におすすめ
  • ただし、裁判まではできないため自己破産や個人再生など裁判が必要な場合は新たに弁護士を雇う必要があるため不向き

はたの法務事務所は、コストを抑えて債務整理手続きができることで当サイトでも人気No1の法務事務所です。

全国どこでも出張相談ができるほか、過払金調査費用も無料・初期費用となる着手金も無料と手厚いサポートが特徴と言えます。

リーガルさん
リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方にもおすすめです。

はたの法務事務所の詳細
はたの法務事務所の基本情報
事務所名業態
はたの法務事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-732-023任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
匿名相談
はたの法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
はたの法務事務所の費用
任意整理1社 22,000円〜
過払金成功報酬14.08%〜
自己破産330,000円
民事再生385,000円

\ みんなが選ぶ!当サイト人気No1 /

>> 0120-310-845 <<
【電話相談】平日 8:30~21:30 / 土日祝 8:30~21:00

◎お申込みをすると、はたの法務事務所から電話/メールが届きます。チェックをして相談を進めましょう!

【相談が何度でも無料】ひばり法律事務所

債務整理におすすめのひばり法律事務所

出典:https://www.hibari-law.net/

ひばり法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
ひばり法律事務所の特徴
  • 債務整理専門弁護士との相談が何度でも無料!
  • 累計1万件の債務整理対応という実績もあるので安心して相談できる。
  • 緊急性に応じて即レスするスピード対応なので、手続きに時間をかけたくない方におすすめ!
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合は、お断りする場合がある。

ひばり法律事務所は、債務整理の依頼を扱うことが多く、これまでに数多くの借金問題を解決してきています。

以前は「名村法律事務所」でしたが、業務を充実するために個人事務所から弁護士法人になり、名前をひばり法律事務所に変更しています。

さらに、ひばり法律事務所は、弁護士が在籍しているので金額の大小に関わらず債務整理の相談ができ、手続きを行ってくれます。

他の法律事務所で断られてしまって困った場合、諦める前にぜひひばり法律事務所に相談してみてください。

リーガルさん
リーガルさん

ひばり法律事務所なら、すべての借り入れをまとめて依頼できます。また、1つの債権者からの借金額が多い人も受け付けてくれます。

ひばり法律事務所の詳細
ひばり法律事務所の基本情報
事務所名業態
ひばり法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
050-3189-0296任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
ひばり法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:20,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
ひばり法律事務所の費用
任意整理20,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産200,000円〜
個人再生200,000円〜

【実績で選ぶなら】東京ロータス法律事務所

債務整理におすすめの東京ロータス法律事務所

出典:http://tokyo-lawtas.com/

東京ロータス法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
東京ロータス法律事務所の特徴
  • 1万件以上の相談実績があるので経験豊富な弁護士に相談したい方におすすめ
  • 債務整理の相談は何度でも無料!
  • 弁護士事務所の中でもトップクラスの料金体系なのでコストが心配な方も安心
  • ただし、債務整理不可とされる闇金からの借り入れの場合はお断りする場合がある

東京ロータス法律事務所は、債務整理が得意な料金最安値クラスの法律事務所です。

特に任意整理は一番安く設定されており、通常では5~10万円程度かかるところ、東京ロータス法律事務所は45,000円(税別)ほどです。

さらに、東京ロータス法律事務所は、過払金に関しての相談であれば何度でも無料相談できます。

悩みがある方は一度、東京ロータス法律事務所の無料相談を利用してみるのがおすすめです。

リーガルさん
リーガルさん

最近では「初回相談のみ無料」とする法律事務所も多くありますが、通常、弁護士との相談は30分で5000円程度という料金設定がされています。

東京ロータス法律事務所の詳細
東京ロータス法律事務所の基本情報
事務所名業態
東京ロータス法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-316-715任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
東京ロータス法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
東京ロータス法律事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産200,000円
個人再生300,000円

【消費者金融が恐る司法書士No.1】杉山事務所

債務整理におすすめの杉山事務所

出典:https://sugiyama-kabaraikin.com/

杉山事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
杉山事務所の特徴
  • 消費者金融が恐る司法書士No.1
  • 相談実績が月間3,000件以上
  • 無料で出張相談も可能
  • 初期費用(着手金)が0円

杉山事務所は、週刊ダイヤモンド誌が選ぶ「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選出された司法書士事務所です。

毎月3000件以上の相談があり、毎月の過払い金回収額は5億円を超えるという実績を持っています。

過払い金診断や相談は無料で行ってくれますし、着手金も無料で、過払い金を取り戻せた時にだけ報酬が発生する点も安心です。

リーガルさん
リーガルさん

杉山事務所に依頼すると相談料や着手金が発生しないのはメリットです。

杉山事務所の詳細
杉山事務所の基本情報
事務所名業態
杉山事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-066-018任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
匿名相談
杉山事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:0円
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
杉山事務所の費用
任意整理11,000円/件~
過払金成功報酬22%~
自己破産440,000円〜(1,000万円以下の場合)
個人再生440,000円〜

【経験で選ぶなら】渋谷法務総合事務所

債務整理におすすめの渋谷法務総合事務所

出典:https://www.shibuya-houmu.com

渋谷法務総合事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
渋谷法務総合事務所の特徴
  • 相談料は無料
  • 経験豊富なベテランが在籍
  • 土日祝日も対応可能

渋谷法務総合事務所は、認定司法書士が在籍している法務事務所です。

キャリア35年以上のベテラン司法書士が在籍しているので、問題解決の面では安心できるでしょう。

相談無料なので、費用面で不安があっても利用ができます。

しかし、認定司法書士なので、1社あたりの負債金額が140万円を超える場合は依頼ができないので、その場合は弁護士事務所に相談しましょう。

リーガルさん
リーガルさん

主張相談や借金専用窓口でも相談可能です。

渋谷法務総合事務所の詳細
渋谷法務総合事務所の基本情報
事務所名業態
渋谷法務総合事務所司法書士法人
電話番号対応業務
0120-553-052
【借金専用相談窓口】
0120-871-244
0120-355-005
任意整理
個人再生
自己破産
その他の業務(登記・相続関係)
匿名相談
渋谷法務総合事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
渋谷法務総合事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産220,000円
個人再生330,000円

【裁判で勝負するなら】アース法律事務所

債務整理におすすめのアース法律事務所

出典:http://earth-lawoffice.net/

アース法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (4.5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4)
アース法律事務所の特徴
  • 元裁判官も担当した30年以上のキャリアのある弁護士が担当するので安心!
  • 債務整理の受任実績は3,500件以上と豊富な経験から最適な方法を提案する。
  • 出張面談を行っているので全国どこからでも債務整理を依頼可能!
  • ただし、借金額や置かれている状況によっては、債務整理の方法が限られてしまう場合がある。

アース法律事務所は、裁判官の経験だけでなく弁護士としてのキャリアも30年以上で、様々な案件に関わってきた豊富な実績と経験を活かして債務整理に当たってくれます。

また、債務整理に関する近年の裁判の運用や現状などにもとても詳しく、手続きの進め方などもスムーズなので、アース法律事務所の特徴と言えます。

リーガルさん
リーガルさん

個人再生や自己破産をする場合、裁判所で手続きを行わなければいけません。そのため、裁判官としての経験がある弁護士なら依頼しやすいです。

アース法律事務所の詳細
アース法律事務所の基本情報
事務所名業態
アース法律事務所弁護士事務所
電話番号対応業務
03-6383-2430任意整理
過払金請求
個人再生(書類作成)
自己破産(書類作成)
身近な法律問題全般等
匿名相談
アース法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
アース法律事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬22%~
自己破産330,000円〜
個人再生330,000円〜

【何度でも相談無料】ライズ綜合法律事務所

過払い金請求_おすすめ弁護士・司法書士事務所_ライズ綜合法律事務所
ライズ綜合法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (4)
総合おすすめ度
 (4.5)
ライズ綜合法律事務所の特徴
  • 5万件以上の債務整理・過払金の実績があり、解決力がとにかく高い
  • 何度でも無料相談をすることができ、契約前から相談しやすい
  • 任意整理の完了後に借金返済の一本化ができ、返済管理を代行してもらえる
  • 弁護士への依頼のため費用は安くはないが、経験豊富な弁護士に任せたい人には非常におすすめ

ライズ綜合法律事務所は、債務整理や過払金請求問題の解決に長けている法律事務所です。

無料出張相談会を実施しているため、気軽に無料で相談できるほか、関東と関西どちらでも展開しているので、対面相談しやすいのがポイントです。

リーガルさん
リーガルさん

まずは相談からしてみたい人や、経験豊富な弁護士に任せたい人におすすめと言えます。

ライズ綜合法律事務所の詳細
ライズ綜合法律事務所の基本情報
事務所名業態
ライズ綜合法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-657-001任意整理
過払金請求
個人再生
自己破産
匿名相談
ライズ綜合法律事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金(1社あたり):55,000円〜
着手金(残債務のない債権の調査、過払い請求):0円
法律相談料:11,000円(1時間以内)、(30分ごとに5,500円)
出張相談費用:0円
ライズ綜合法律事務所の費用
任意整理1社 55,000円〜
過払金成功報酬22%〜
自己破産811,000円
民事再生618,000円

【電話での相談が何度でも無料】Hana法務事務所

債務整理におすすめのはなさく

出典:https://hana-legal.com

Hana法務事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (5)
総合おすすめ度
 (4.5)
Hana法務事務所の特徴
  • 電話・メールでの相談は何度でも無料
  • 全国3カ所に事務所がある
  • 周りに知られることなく借金問題解決
  • 対応後の支払いは分割払いでも可能

Hana法務事務所は大阪を中心に全国に3カ所に事務所を設けている法務事務所です。

電話・メールの場合何度でも相談無料なので、納得するまで相談することができます。

相談はまだ勇気がない方は匿名でできる借金減額診断もあるのでそちらをおすすめします。

リーガルさん
リーガルさん

何度でも相談無料なので気軽に話すことができます。

Hana法務事務所の詳細
Hana法務事務所の基本情報
事務所名業態
Hana法務事務所司法書士法人
電話番号対応業務
06-7777-4576任意整理
個人再生
自己破産
過払い金請求
その他
匿名相談
Hana法務務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金:22,000円/1社(任意整理の場合)
過払金調査費用:0円
法律相談料:0円
出張相談費用:0円
Hana法務事務所の費用
任意整理22,000円/件~
過払金成功報酬20%~
自己破産要問い合わせ
個人再生要問い合わせ

【相談のしやすさで選ぶなら】サンク法律事務所

債務整理におすすめのサンク法律事務所

出典:https://thank-law.jp

サンク法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (5)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4.5)
サンク法律事務所の特徴
  • 対応は年中無休
  • 費用負担が比較的軽い
  • 相談のしやすさ

サンク法律事務所は、業界の中でも低コストで依頼ができることで人気な法律事務所です。

債務整理だけでなく、法律に関する広い分野の案件を取り扱っているため、業界の知識に関してはトップクラスで信頼ができます。

また、女性弁護士がいるので、誰でも安心してご利用できます。

リーガルさん
リーガルさん

とにかくコストを抑えて債務整理がしたい方や、
初めての債務整理でコストが不安な方もおすすめです。

サンク法務事務所の詳細
サンク法務事務所の基本情報
事務所名業態
サンク総合法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-281-739任意整理
債務整理
個人再生
自己破産
過払い
匿名相談
サンク法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
サンク法務事務所の費用
任意整理着手金550,000円〜
報酬金11,000円〜
減額報酬11%
過払金成功報酬着手金0円
債権者1件につき21,780円
自己破産同時廃止
着手金330,000円〜
成功報酬110,000円〜
少額管財
着手金440,000円〜
成功報酬110,000円〜
個人再生住宅なし
着手金440,000円〜
報酬金110,000円〜
住宅あり
着手金550,000円〜
報酬金110,000円〜

【裁判まで一貫して依頼したい】ベリーベスト法律事務所

債務整理におすすめのベリーベスト法律事務所

出典:https://www.vbest.jp/

ベリーベスト法律事務所の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (5)
対応の速さ
 (3)
対応業務の広さ
 (5)
総合おすすめ度
 (4)
ベリーベスト法律事務所の特徴
  • 相談は24時間・365日いつでも対応可能
  • 1ヶ月に回収件数853件、回収金額21憶5556万円という豊富な実績
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点があるため地方の人でも安心
  • ただし、284人の弁護士数(国内6位)もの所属している故、弁護士には当たり外れがある

ベリーベスト法律事務所は、24時間365日対応なことが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、全国対応であることが挙げられます。

北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、住んでいる場所に関係なく気軽に相談が可能です。

また、この事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことも挙げられます。

2011年2月から2021年6月までで24万件以上の相談件数を誇る経験豊富なベテラン事務所なので、まずは相談してみるのがおすすめです。

リーガルさん
リーガルさん

過払い金の回収で多くの実績があるため、過払い金請求・債務整理の相談におすすめの弁護士事務所と言えます。

ベリーベスト法務事務所の詳細
ベリーベスト法務事務所の基本情報
事務所名業態
ベリーベスト法律事務所弁護士法人
電話番号対応業務
0120-666-694債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
ベリーベスト法務事務所の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
ベリーベスト法務事務所の費用
任意整理44,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬基本報酬:1社あたり4万円
成功報酬:20%
*別途事務手数料
自己破産基本報酬
⇒同時廃止の場合24万円
⇒少額管財の場合34万円
裁判所申立費用
⇒同時廃止の場合3万円
⇒少額管財の場合23万円
個人再生基本報酬
⇒住宅ローン条項ありの場合44万円
⇒住宅ローン条項なしの場合34万円
裁判所申立費用:3万円
成功報酬:なし

【何度でも相談無料】弁護士法人・響

債務整理におすすめの弁護士法人響
弁護士法人・響の評価
手数料・依頼料の手軽さ
 (4)
相談実績
 (4)
対応の速さ
 (4)
対応業務の広さ
 (3)
総合おすすめ度
 (4)
弁護士法人・響の特徴
  • 何度でも相談可能
  • 初期費用無料+分割払いOK
  • 24時間365日対応可能

弁護士法人 響は、債務整理だけでなく税理士・社労士・行政書士などあらゆるジャンルの専門家を束ねる『響グループ』が運営する、大手法律事務所です。

大手の法律事務所なので、弁護士+スタッフが専任で担当をしてくれるなど、手厚いサポートが人気です。

リーガルさん
リーガルさん

相談は何回でも無料なので、知識ゼロでも安心して依頼ができます。

弁護士法人・響の詳細
弁護士法人・響の基本情報
事務所名業態
弁護士法人・響弁護士法人
電話番号対応業務
0120-205-376債務整理
交通事故
B型肝炎給付金請求
離婚問題
刑事弁護
遺産相続
労働問題
債権回収
消費者被害
外国人のビザ申請
匿名相談
弁護士法人・響の初期費用
初回相談料初期費用
0円着手金・過払金調査費用:事案ごと
法律相談料:0円
弁護士法人・響の費用
任意整理55,000円/件~(金額により異なる)
過払金成功報酬22,000円
自己破産22万
個人再生住宅あり
33万円
住宅なし
22万円

過払い金とは?まとめ

ここまで、過払い金のお金が戻ってくる仕組みや、過払い金返還請求の3つのメリットと2つのデメリット。

過払い金返還請求の費用の目安や手順について紹介してきました。

過払い金返還請求は、弁護士や認定司法書士といった法律の専門家へ依頼することで、成功確率が大幅にアップする手続きです。

まずは信頼できるプロフェッショナルを見つけるためのお問い合わせや相談から始めてみることをおすすめします。