千葉銀行カードローンの評判や口コミは?審査基準や利用方法を解説

千葉銀行カードローンの評判

記事内に広告を含みます

「千葉銀行カードローンの口コミ評判はどう?」

「千葉銀行カードローンの審査はどうやって通ったの?」

本記事は千葉銀行カードローンの口コミ評判から特徴、審査基準や審査に通るポイント、利用方法まで徹底解説していきます。

千葉銀行カードローンは千葉銀行が運営しており、千葉県内で最大手の地方銀行です。

貸付条件は「融資上限額が最大800万円」「金利は年1.4%〜年14.8%」で、消費者金融カードローンよりも金利が低めで高額融資を受けることもできます

申し込みはWebから簡単に行え、パートやアルバイト、専業主婦の方でも利用することができます。

また、毎月の返済額は2,000円と少なく、自動返済の設定も行えるので返済し忘れの心配がいりません。

ただ、融資までには最短でも1営業日かかるので、今すぐお金が必要な方は即日融資にも対応しているおすすめのカードローンを利用しましょう。

この記事でわかること
  • 借り入れまでがスピーディー」という口コミが多数!
  • 自動返済してくれるので返済し忘れがなく安心!
  • 金利は年1.4%~年14.8%と銀行ならではの設定
  • 千葉銀行カードローンにしかない月々の返済額は2,000円からと少額なので安心
  • 50万円以下の借り入れは提出書類が少ないのでスピーディーに借り入れ可能
  • 消費者金融カードローンよりもおすすめな千葉銀行カードローン
  • 千葉銀行カードローンの審査に通過するのに不安な方は、10秒クイック診断を活用しよう!
  • 契約には千葉銀行の普通預金口座が必要なので注意
  • 千葉銀行カードローンの返済方法には「口座引き落とし」「ATM返済」の2種類
  • 千葉銀行カードローンは、来店不要で申し込むことができ、低金利で借りられるおすすめの地方大手銀行!

プロフィール背景画像
プロフィール画像

マネーグロース – カードローン部門

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、貸金業務取扱主任者を取得。メガバンクにて勤務後、金融情報について自身の経験や取材・電話調査から情報を執筆するWebライターとして活動。

千葉銀行カードローンの特徴

千葉銀行カードローンの特徴は以下の通りです。

商品名クイックパワー
金利年1.4%~年14.8%
審査時間翌営業日以上
融資スピード翌営業日以上
無利息期間なし
借入限度額10〜800万円
Web完結可能
申込条件・ご契約時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
・安定した収入のある方
・お住まい、またはお勤め先の所在地が千葉銀行カードローンの営業地域内にある方
・エム・ユー信用保証株式会社の保証を受けることができる方
・他にクイックパワー・クイックパワー<アドバンス>のカードローンを持っていない方
※外国籍の方は永住権の取得が必要です。
担保・保証人不要
運営会社株式会社千葉銀行
登録金融機関関東財務局長(登金)第39号
加入協会日本証券業協会一般社団法人金融先物取引業協会
千葉銀行カードローンの特徴
  • 年1.4%〜年14.8%と銀行ならではの金利
  • 融資スピード
  • サービス

千葉銀行カードローンは名前の通り千葉銀行が提供する銀行カードローンです。

千葉銀行は以下の3種類のカードローンを取り扱っています。

千葉銀行のカードローン
  1. クイックパワー(アドバンス)
  2. プレミアクラス
  3. マイワレット

それぞれのカードローンの貸付条件は以下の通りです。

クイックパワープレミアクラスマイワレット
金利年1.4%〜年14.8%年3.8%〜5.5%年8.8%〜年14.8%
融資上限額10万円〜800万円300万円〜500万円30万円〜200万円
担保・保証人エム・ユー信用保証ちばぎん保証・ジャックスのいずれか担保は不要
保証人はちばぎん保証(株)または(株)ジャックス
年収の条件特になし最低年収600万円以上申込者の年収と他金融機関からの借入額から審査
勤続年収の条件特になし同じ職場で3年以上の勤務非公表
※申込の際に勤続年数がわかる確認書類の写しが必要

どの商品も事業性資金や投機性資金以外であれば、資金使徒に制限はないので、借入先を一つにするおまとめローンとしても活用することもできます。

金利は銀行ならではの設定

千葉銀行カードローンの金利は年率1.4%〜14.8%です。

融資上限額は最大800万円までで、消費者金融カードローンよりも高額の融資が可能で、銀行ならではの金利設定という特徴があります。

より金利を抑えて借り入れをしたい方は、低金利なカードローンを確認しましょう。

融資スピード

千葉銀行カードローンは他の銀行カードローンと同じように、即日融資には対応していません。

前述の通り、千葉銀行カードローンではエム・ユー信用保証会社が仮審査を行ってから本審査を行います。

融資までは最短でも1営業日以上必要なため、今すぐにお金が必要な方は即日融資に対応しているカードローンを検討する必要があります。

また、契約には千葉銀行の普通預金口座が必要になるので、口座を開設していない方は、開設手続きを行う時間もかかります。

千葉銀行カードローンは平日しか審査を行っていないので、申し込む際は週末や金曜日ではなく、週初めに行うことをおすすめします。

なるべ早くお金を用意したい方は、融資速度に優れたおすすめの消費者金融を検討しましょう。

3種類のサービスを提供している

千葉銀行カードローンの3種類のサービスを解説します。

千葉銀行のカードローン
  1. クイックパワー(アドバンス)
  2. プレミアクラス
  3. マイワレット

千葉銀行カードローンの商品のなかでも、クイックパワーアドバンスは最もベーシックなサービスで、銀行カードローンならではの金利で、Webから申し込むことができます。

プレミアクラスは年収600万円以上かつ、同一勤務先に3年以上勤務していることが条件のワンランク上のサービスで、金利が年3.8%〜5.5%と非常に低い特徴があります。

マイワレットは利用限度額200万円までの比較的に少額融資を受けたい方向けサービスで、利用限度額は「30万円・50万円・100万円・200万円」の4種類から選ぶことができる。

千葉銀行カードローンでは融資希望額や自身の属性に合わせて、この3種類のサービスから最適なものに選ぶことができます。

千葉銀行カードローンの評判や口コミ

千葉銀行カードローンの評判や口コミを紹介します。

千葉銀の教育ローン。
とりあえず、使う予定なくても、保険として申し込むことをおすすめ!
カードローン型なら、借りない限り、コストは全くかからない。
しかも、600万以上の枠で設定すれば、金利が、キャンペーンで、1.6%で、国の教育ローンより安い。

引用:X公式

千葉銀行ではカードローン以外にも教育ローンなどの目的別ローンも提供しています。

カードローンの金利は消費者金融と比べて安く、借りない限り当然費用はかからないので、契約しておくといざという時に便利です。

千葉銀行のカードローンって最短即日融資で所得証明書一切不要なのか。
攻めてるなw

引用:X公式

以前は千葉銀行カードローンでも最短即日融資を行っていましたが、現在は即日融資に対応しておらず、50万円以上借入れる場合は収入証明書の提出が必要です。

収入証明書の取得は手間がかかるため、すぐにお金を借りる必要がある方は収入証明書不要のカードローンを検討しましょう。

その他にも、実際に確認できた千葉銀行カードローンに関する口コミ評判をご紹介します。

【審査スピード】申し込みから借入までネットで完結と表示していますが、実際には審査に時間がかかるのでネット以外の申し込みの場合と大差ないなと感じました

【借入金利】一般的なレベルだと思います

【サービスの質】さまざまな場面において対応が遅く、使い勝手は良く無いと感じました

【総評】申し込みや書類提出などはネットで可能ですが、そこからの対応は遅く、スピーディーとは感じません。ネット利用による迅速なサービスを期待している場合は、他のローンサービスを検討したほうが良いと思います

出典:価格.com

【審査スピード】 クイックパワーという名称ですが、Webでの申込みから実際の借り入れまでは一週間以上はかかりました。

【借入金利】 利用限度額100万円未満のため、金利は14.8%でした。他の銀行のカードローンと比べて、割りと低い方に位置しています。

【サービスの質】 すでに千葉銀行に口座を持っており、対応が丁寧だったこともあって、特に問題はなかったです。

【借入のしやすさ】 ウェブ上で申し込み、審査結果は電話連絡なので、忙しい人にも向いています。

【総評】 すでに銀行口座を持っている場合、ウェブ上で申込みが出来ますし、借り入れまで来店の必要はないので、便利だと感じました。

出典:価格.com

千葉銀行カードローンの評判は「即日融資に対応している!」という口コミも確認できましたが、現在では即日にキャッシングすることができないためお気をつけください。

結論、千葉銀行カードローンの口コミ評判を調査したところ、以下のような評価が多くみられました。

千葉銀行カードローンの口コミ評判
  • 銀行カードローンのなかではスタンダードな金利設定
  • 審査までに時間がかかる

千葉銀行カードローンの審査基準

千葉銀行カードローンは審査なしでお金を借りることができません。

そのため、千葉銀行カードローンへ申し込む先には、以下の審査基準をしっかりと満たしておく必要があります。

千葉銀行カードローンの審査基準
  • 契約時の年齢が満20歳以上65歳未満
  • 安定した収入があること
  • 千葉銀行の営業地域内に在住または在勤
  • 保証会社の保証を受けられること
  • クイックパワーまたはクイックパワーアドバンスに契約していない方

他の銀行カードローンと同じように、安定した収入があり、満20歳以上65歳未満の方しか契約できません。

カードローンの審査では、しっかりと返済できる能力があるかを1番に見ているので、安定した収入は必ず証明する必要があります。

収入が安定しているのであれば、アルバイトやパートでお金を借りることができます。

また、千葉銀行の営業地域内に在住または在勤している必要があります。

千葉銀行カードローンの利用可能エリアは東京・神奈川(横浜市・川崎市)・埼玉・千葉・茨城です。

他にも保証会社であるエム・ユー信用保証の保証を受けられることが条件になります。

エム・ユー信用保証は万が一利用者の返済が滞ったときに、代わりに銀行へ返済する業務を行っています。

審査に通るかどうかは公式サイトの「10秒クイック診断」を活用することで簡単に調べられるので試してみてください。

千葉銀行カードローンの審査に通るポイント

千葉銀行カードローンの審査に通るポイントは次の通りです。

10秒クイック診断を活用する

千葉銀行カードローンでは仮審査とは別に「10秒クイック診断」というお試し審査を受けることができます。

10秒クイック診断では年齢・年収・希望限度額・他社借入の年間総返済額の項目を入力することで、事前に借り入れでいるかどうか知ることができます

仮審査と本審査では審査の結果が異なる場合もありますが、事前に確認してみると審査落ちを防ぐことも可能です。

正確な情報を記入する

審査に落ちてしまう人の特徴として、申請した内容と提出した必要書類の内容が異なる場合です。

特に、年収は正確な情報を記入することが大切です。

年収は自己申告となり審査が進められますが、希望限度額が50万円を超える場合には収入証明書の提出が求められるので、情報に違いがあってはいけません。

年収が低いと審査に落ちてしまうのではないかという不安から、虚偽の年収を記入してしまう人もいるかもしれませんが、嘘がバレてしまうと信頼を失ってしまうので、正確な情報で申し込みを行ってください。

年収の3分の1を超えた借り入れを希望しないように注意する

千葉銀行カードローンは貸金業者ではないので、年収の3分の1までしか借りられない総量規制がありません。

しかし、借り入れは年収の3分の1を超えないようにしましょう。

なぜなら、銀行カードローンも独自のルールを設けていることが増えてきているからです。

高い金額を希望して審査に落ちることを防ぐためにも、借入額は年収の3分の1超えて希望しないようにしましょう。

また、カードローンの他社借入がある方も借入金額に気をつける必要があります。

総量規制の問題がなくても、希望する金額が高額になるほど審査ハードルは高くなるので、最初は必要最低限を希望して、必要によって後から増額申請行ってください。

千葉銀行カードローンの利用方法

千葉銀行カードローンの利用方法は次の通りです。

①申し込み

千葉銀行カードローンの申し込み方法は次の4種類です。

千葉銀行カードローンの申し込み方法
  1. Web
  2. 電話
  3. FAX
  4. 郵送

最も手軽で簡単な申し込み方法は、パソコンまたはスマートフォンを使ってWebから申し込む方法です。

千葉銀行カードローンの公式サイトにアクセスして「ネットでカンタンお申し込み」をクリックして申し込みを行いましょう。

②仮審査結果

「ネットでカンタンお申し込み」をクリックして、同意事項に同意し、申し込みフォームに必要情報を入力します。

この必要情報をもとに仮審査が行われます。

仮審査はエム・ユー信用保証が行い、審査結果は必要情報で入力した電話番号宛に連絡がきます。

電話で連絡がくる場合は仮審査に通った場合で、審査に落ちてしまった場合はメールまたは郵送での連絡となります。

③必要書類の提出

仮審査に通過したら、本審査を行うために必要書類を提出します。

必要書類は本人確認書類と場合によっては収入証明書の2つです。

本人確認書類(現住所の記載)・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
収入証明書・源泉徴収書
・住民税決定通知書
・給与明細書+賞与明細書
・確定申告書 第1表

本人確認書類は必要情報で入力した現住所が記載されたものが必要です。

借入限度額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

④正式審査結果発表

必要書類として提出した情報をもとに本審査が行われます。

申込内容と異なる部分や必要書類に不備が見つかった場合は、仮審査に通過した場合でも落ちてしまう可能性があります。

必要書類提出後に勤務先に在籍確認の電話連絡が実施されます。

職場は借り入れを内緒にしたい方は、電話連絡による在籍確認がないカードローンを検討しましょう。

基本的には仮審査で申し込んだ内容に間違いがなければ、本審査でも問題なく通過できる可能性があります。

正式審査結果も仮審査と同じように、電話もしくはメール・郵送で発表されます。

⑤契約&借入れ

正式な審査に通過したら契約を行い、借入れします。

後日郵送でローンカードが届くので、暗証番号の変更などを行ってからローンカードを利用して借入れを行います。

自宅へ郵送物が届くと困る方は、郵送物なしのカードローンを検討しましょう。

千葉銀行カードローンの返済方法

千葉銀行カードローンの返済方法には、次の2種類があります。

千葉銀行カードローンの返済方法
  1. 口座引き落とし
  2. ATM返済

千葉銀行カードローンでは口座引き落としにより毎月決まった日付で返済を行えます。

約定返済日は毎月1日と決められており、借入残高に応じて千葉銀行の指定預金口座から自動振替によって引き落としされます。

ATMで返済することも可能ですが、ATMでは約定返済とはならないので注意が必要です。

毎月1回は口座引き落としを行わないと、遅延損害金を取られてしまいます。

千葉銀行カードローンは借入額によって毎月の最低返済額が以下のように決まっています。

10万円以下2,000円
10万円超20万円以下4,000円
20万円超30万円以下6,000円
30万円超40万円以下8,000円
40万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超200万円以下30,000円
200万円超300万円以下40,000円
300万円超400万円以下50,000円
400万円超500万円以下60,000円
500万円超600万円以下70,000円
600万円超700万円以下80,000円
700万円超90,000円

毎月最低でもいくら返済しなければならないかは、借入れ前に確実に確認しておきましょう。

千葉銀行カードローンの増額申請

千葉銀行カードローンの増額方法には次の2種類の方法があります。

千葉銀行カードローンの増額方法
  • インターネット
  • 電話

電話で担当者に相談しながら申し込む方法もありますが、おすすめはインターネットから申し込む方法です。

公式ホームページに増額申請用のページが用意されているので、必要情報を入力して簡単に申し込みが可能です。

増額審査には多少の時間がかかり、即日対応はしていないので、日数に余裕を持って申し込みましょう。

増額審査の基準は次の通りです。

増額審査の基準
  • 返済遅延や滞納をしていない
  • 信用情報に問題がない
  • 他社借入が減少している
  • 新規申込時より収入が増えている
  • 希望限度額が増額できる範囲内
  • カードローンを利用している

増額審査に落ちてしまう場合は、信用情報に傷があったり、金融事故を起こしている、転職により年収が初回契約時よりも下がっている可能性があります。

千葉銀行カードローンの評判 まとめ

千葉銀行カードローンの利用を検討している方向けに、特徴や評判、審査基準、審査に通るポイント、利用方法を解説しました。

千葉銀行カードローンは銀行系カードローンでは珍しいWeb完結申し込みを行える特徴があり、10秒クイック診断を利用すれば来店不要で利用できるか確認できます。

消費者金融カードローンよりも低い金利で借りられる可能性があるので、この記事で解説した利用方法を参考に申込手続きを行ってみてください。

この記事の監修者

宮野茉莉子

1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許