株式譲渡とは?メリット・デメリットから見落としがちな注意点まで解説!

「株式譲渡って何?」

このように感じていませんか?

株式譲渡はM&Aについて調べていると出てくる言葉ですが、どのようなものなのかいまいち想像できませんよね。

そこで、この記事では株式譲渡の概要からメリット・デメリット、それから見落としがちな注意点まで詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「株式譲渡」ざっくり言うと
  • 株式譲渡は会社を売ったり買ったりするM&Aの手段として一般的な方法
  • 株式譲渡には公開買い付け、市場買い付け、相対取引の3種類がある
  • 株式譲渡のメリットは手続きがシンプルなことなど
  • 株式譲渡のデメリットは良くも悪くもすべての資産が移動すること

株式譲渡とは?

株式譲渡_とは

株式譲渡は会社を売ったり買ったりするM&Aの手段として一般的な方法です。

売り手側企業の株主が持っている株式を買い手側に譲渡することで会社を売却します。

株式譲渡は他の方法に比べて簡単に手続きを行えることから、M&Aではもっとも用いられている方法です。

次は似ている以下の2つの概念との違いを見ていきましょう。

事業譲渡との違い

株式譲渡_事業譲渡

事業譲渡とは、売り手企業の事業の一部や全部を買い手側に売却することです。

売り手側は株式譲渡と違って、何を他社に引き渡すか個別に選択できる点が便利です。

買い手側にとっては必ずしも売り手の債務まで引き継ぐ必要がない点がメリットと言えます。

ただ、事業譲渡は株式譲渡と比べて手続きが煩雑で税金の負担が大きい点がデメリットと言えます。

会社合併との違い

株式譲渡_会社合併

会社合併とは、2つ以上の会社を1つの会社に統合する手法です。

会社合併は大きな手間がかかりますが、事業シナジーを得やすいことなどがメリットと言えます。

株式譲渡では会社自体はM&Aで売却された後も残りますが、会社合併では2つの会社が1つになって、1つの会社が完全に消滅します。

株式譲渡の3つの種類

株式譲渡_種類

株式譲渡には以下の3つの種類があります。

それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

公開買い付け(TOB)

株式譲渡_TOB

公開買い付けとは、買い手が公開取引市場以外で株式を買い集める手法のことです。

買い手は買い付けを行う時に、どのくらいの株式をどのくらいの価格で、いつ買い付けるのか株主に通知し、株主が承諾した場合に成立します。

株主にメリットがないと成立しないため、買い付ける価格は市場価格よりも割高に設定されていることが多いです。

市場買い付け

株式譲渡_市場

市場買い付けは上場企業を買収する場合に用いられる手法で、市場で取引されている株式を買い集めて買収を行います。

市場ではある程度の株式が流通しているので短期間で株式を集めやすいです。

ただし、株式は大量に購入すると価格が上昇してしまうため、高くついてしまうことがデメリットです。

相対取引

株式譲渡_相対取引

相対取引は非上場企業を買収する時に用いられる取引方法です。

株主の合意を得た上で株式を買い取って会社を買収します。

オーナー社長が大半の株式を持っている場合は簡単な手続きで会社を買収しやすいでしょう。

一方、株主が分散している場合は多くの株主と交渉する必要があるため、手続きが煩雑になるのがデメリットです。

株式譲渡の5つのメリット(売り手側)

株式譲渡_メリット

株式譲渡は売り手ととって以下の5つのようなメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:手続きが比較的シンプル

株式譲渡_シンプル

株式譲渡の売り手側のメリットとしてまず挙げられるのは手続きが比較的シンプルなことです。

株式譲渡はただ株式を他社に売却するだけなので取引先・従業員などから個別に合意を取る必要がないのです。

ざっくり言うと、株式譲渡は株主総会などで承認を得て株主名簿を書き換えることで完了します。

メリット②:売却益を現金で受け取れる

株式譲渡_売却益

売り手にとっては売却益を現金で受け取れる点もメリットと言えます。

通常、非上場企業の株主は保有している株式をなかなか売却することができません。

しかし、株式譲渡が行われれば株式の売却益を現金で得ることができます。

メリット③:後継者問題を解決できる

株式譲渡_後継者問題

後継者問題を解決できる点も売り手のとってのメリットと言えます。

現在、経営者が高齢化して、後継者がいない企業が増えています。

しかし、株式譲渡を行えば、他社に事業を売却して会社を存続させることができるのです。

メリット④:買い手とのシナジーが期待できる

株式譲渡_シナジー

売り手にとっては買い手とのシナジーが期待できる点もメリットと言えます。

企業が株式譲渡で買収されれば、買い手側の企業のさまざまなリソースを活用できます。

そのため、買い手とのシナジーで事業をさらに成長させることができるのです。

メリット⑤:従業員の雇用を守れる

株式譲渡_従業員

従業員の雇用を守れる点も株式譲渡のメリットと言えます。

後継者がいない企業の場合、廃業してしまうと従業員を解雇しなくてはいけません。

一方、株式譲渡を行えば買い手企業が従業員を引き続き雇用し続けることになるので、従業員の雇用を守れるのです。

株式譲渡の3つのメリット(買い手側)

株式譲渡_メリット

株式譲渡のメリットは買い手側にとっては以下のとおりです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:手続きが比較的シンプル

株式譲渡_手続き

買い手にとって株式譲渡の最大のメリットは手続きが比較的シンプルなことです。

M&Aには複雑な手続きがつきものですが、株式譲渡の手続きは比較的簡単です。

たとえば、株式譲渡では他の方法と違って取引先や従業員と契約を結び直す必要がありません。

メリット②:許認可などの再申請をする必要がない

株式譲渡_許認可

許認可などの再申請をする必要がない点も売り手にとってメリットと言えます。

事業譲渡などその他のM&A手法では買い手が各種の許認可を取得し直す必要があるかもしれません。

一方、株式譲渡なら許認可も引き継がれるので、スムーズに事業を継続することができます。

メリット③:短時間で会社を買い取れる

株式譲渡_短時間

短時間で会社を買い取れる点も買い手側にとってメリットと言えます。

株式譲渡はすでに述べたとおり手続きがシンプルであることから、短い時間で買収が完了します。

短時間でM&Aが完了すれば比較的低コストでM&Aを完了させることができます。

株式譲渡の2つのデメリット(売り手側)

株式譲渡_デメリット

株式譲渡は売り手側にとっては以下のようなデメリットがあります。

株式譲渡の2つのデメリット(売り手側)

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:税金が発生する

株式譲渡_税金

売り手側にとっては、あえて言うなら税金が発生する点がデメリットと言えるでしょう。

個人の場合は所得税、法人の場合は法人税が課されます。

デメリット②:手続きしないとすべての資産が移動する

株式譲渡_資産

手続きをしないとすべての資産が買い手に移動してしまう点も売り手側にとってのデメリットと言えます。

そのため、個別に取っておきたい資産がある場合は、買い手企業と交渉して確保する必要があります。

株式譲渡の3つのデメリット(買い手側)

株式譲渡_デメリット

株式譲渡は買い手側にとっては以下の3つのデメリットがあります。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:売り手側の負の資産も受け継ぐ必要がある

株式譲渡_負の資産

買い手にとっては売り手側の負の資産も受け継ぐ必要がある点も株式譲渡のデメリットと言えます。

すでに述べたように、株式譲渡では売り手企業のすべての資産を分け隔てなく引き継ぎます。

そのため、金融機関からの借り入れなどの負の資産ももれなく引き継ぐ必要があるのです。

デメリット②:簿外債務が発生するリスクがある

株式譲渡_簿外債務

簿外債務が発生するリスクがある点も株式譲渡のデメリットと言えます。

簿外債務とは、帳簿に現れない債務のことです。

会社が業績の悪さを隠すために不正会計を行っていた場合などに発生します。

簿外債務のリスクを正しく判断するために、株式譲渡では綿密なデューデリジェンスを行うべきです。

デメリット③:多額の資金が必要

株式譲渡_多額

多額の資金が必要な点も株式譲渡のデメリットと言えます。

これは株式譲渡に限らずすべてのM&A手法に言えることですが、会社を買収する時には多額の資金が必要になります。

そのため、M&Aでは外部から借り入れを行うことが多いです。

株式譲渡の6つの注意点

株式譲渡_注意点

株式譲渡には以下のような6つの注意点があります。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:不明株主が発生する可能性がある

株式譲渡_不明株式

株式譲渡の注意点としてはまず不明株主が発生する可能性がある点が挙げられます。

不明株主とは、5年以上会社から送られる郵便物が届かず、配当金の受領も行っていない株主のことです。

このような不明株主は買い手企業にとってリスクと言えるため、できるだけ処分したいところです。

不明株主の条件を満たしている場合はスクイーズアウトという手法で強制的に株式を取得することができます。

注意点②:同族会社への株式譲渡でもきちんと手続きを踏む

株式譲渡_同族会社

株式譲渡は同族会社へ行われる場合もありますが、その場合でもきちんと手続きを取りましょう。

相手が親族だと譲渡金額の決定や譲渡手続きを簡単に済ませてしまうことが多いと思いますが、これでは後々トラブルになる場合があります。

きちんと正式な手続きを踏んで株式譲渡を行ったほうが無難と言えます。

注意点③:手続きには不備がないようにする

株式譲渡_手続き

株式譲渡では手続きに不備が起こりやすいので特に注意が必要です。

株式譲渡では法務局への申請手続きを行う必要がありません。

これは便利ですが、一方で書類の不備で差し戻されることもないため、書類の不備に気づきにくいのです。

書類に不備があって後々問題が起こらないようにするため、専門家に見てもらうなどチェックを厳重にしたほうが良いでしょう。

注意点④:非上場会社を譲渡した時の所得は損益通算できない

株式譲渡_非上場

非上場会社を譲渡した時の所得が損益通算できない点にも注意が必要です。

損益通算とは、一定の期間内の利益と損失を相殺できる制度です。

これを利用できないため、非上場会社を譲渡した時には税金を減らせません。

注意点⑤:上場企業特有の規制がある

株式譲渡_規制

上場企業を買収する場合、上場企業特有の規制がある場合があるので注意が必要です。

たとえば、上場企業では、TOBで多くの株式を取得する場合、一般の株主も買い付けの応募ができるように広告しなければならないという規制があります。

買収先の上場企業にはどのような規制がかかっているのか確認しておく必要があるでしょう。

注意点⑥:株式の譲渡制限がついている場合もある

株式譲渡_譲渡制限

株式の譲渡制限がついている場合がある点にも注意が必要です。

譲渡制限がついている場合、株主が他人に株式を譲渡する時には株主総会もしくは取締役会の承認を得る必要があります。

株式譲渡を行う5つの手順

株式譲渡_手順

株式譲渡は以下の5つの手順で行います。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:買い手が売り手から株式譲渡の承認を得る

株式譲渡_買い手

株式譲渡が行われる時には、まず買い手が売り手から株式譲渡の承認を得ます。

この手順は上場企業の場合は必要ありませんが、非上場企業の場合は株式譲渡制限がある場合が多いので承認が必要です。

承認が必要な場合には株主譲渡承認請求書に必要事項を記載して売り手企業に提出しましょう。

手順②:売り手が臨時株式総会を実施する

株式譲渡_臨時

次に、売り手が臨時株式総会を実施します。

この手続きも上場企業は通常必要ありません。

非上場企業の場合は臨時株式総会を開催し、そこで過半数以上の取締役の賛成を得る必要があります。

手順③:売り手と買い手が株式譲渡契約を締結する

株式譲渡_株式譲渡契約

次に、売り手と買い手が株主譲渡契約を締結します。

具体的には、あらかじめ作成しておいた株式譲渡契約書に双方がサインを行って締結します。

株式譲渡契約書には譲渡日、譲渡価額など必要事項を記載します。

手順④:売り手・買い手が会社に株主名簿の書き換えを請求する

株式譲渡_書き換え

次に、売り手と買い手が会社に株主名簿の書き換えを請求します。

売り手側の責任者と買い手側の責任者が買収される会社に対して請求を行うことになります。

そして、請求の通りに株主名簿の書き換えを行います。

手順⑤:売り手が買い手に株主名簿記載事項証明書の交付を請求する

株式譲渡_株主名簿記載事項証明書

最後に売り手に買い手が株主名簿記載事項証明書の交付を請求します。

株式譲渡の手続きに必要な書類

株式譲渡_書類

株式譲渡の手続きに必要な書類は以下の2つの場合で異なります。

それぞれの場合の必要書類について詳しく見ていきましょう。

取締役会を設置している場合

株式譲渡_取締役会

取締役会を設置している会社を買収する場合、必要になってくる書類は以下のとおりです。

必要書類
  • 株式譲渡承認請求書
  • 取締役会議事録
  • 株式譲渡承認通知書
  • 株式譲渡契約書
  • 株式名義書換請求書
  • 株主名簿
  • 株主名義記載事項証明書

下で説明する取締役会を設定していない場合と異なるのは、「取締役会議事録」が必要な点です。

取締役会を設置していない場合は、株式譲渡の承認決議は取締役会で行うからです。

取締役会を設置していない場合

株式譲渡_設置してない

取締役会を設置していない会社を買収する場合、必要になってくる書類は以下のとおりです。

必要書類
  • 株式譲渡承認請求書
  • 株主総会招集に関する取締役の決定書
  • 臨時株主総会招集通知
  • 臨時株主総会議事録
  • 株式譲渡承認通知書
  • 株式譲渡契約書
  • 株式名義書換請求書
  • 株主名簿
  • 株主名簿記載事項証明書交付請求書
  • 株主名簿記載事項証明書

取締役会を設置していない会社の場合は株式譲渡の承認決議を株主総会で取る必要があります。

そのため、株主総会に関する書類が必要になります。

株式譲渡する時の企業価値の算定方法

株式譲渡_算定方法

株式譲渡をする時の企業価値の算定方法には主に以下の3つがあります。

株式譲渡する時の企業価値の算定方法

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

方法①:純資産法

会社売却_メリット_純資産法

純資産法は一番簡単に会社の売却金額を算出できる計算方法です。

会社の帳簿に記載されている時価純資産額をそのまま売却金額にするからです。

ただ、これだけでは帳簿上に現れない技術力やブランド力などのいわゆる「のれん」が無視されてしまいます。

のれんの価値を考慮に入れるために、時価純資産額に営業利益3年分を足し合わせて売却金額にする場合もあります。

方法②:類似会社比較法

会社売却_メリット_類似

類似会社比較法とは、事業内容・もしくは事業規模が似ている会社と比較して会社の売却金額を決定する方法です。

上場企業では株価から会社の価値を求められますが、非上場企業ではそうもいきません。

そこで、同種の事業を行っている上場企業の何倍の価値があるかを計算して売却金額を決定するのです。

方法③:DCF法

会社売却_メリット_DCF

DCF法は会社の価値をもっとも正確に判断できると言われていますが、もっとも複雑な計算が必要になる方法です。

DCF法では将来的に会社が生み出すと考えられるキャッシュフローをもとに企業価値を算出します。

ざっくり言えば、企業がこれから生み出す価値で会社の売却金額を決定するという方法です。

株式譲渡でかかる税金

株式譲渡_税金

株式譲渡でかかる譲渡は売り手と買い手で異なります。

それぞれがかかる税金について詳しく見ていきましょう。

売り手側

株式譲渡_売り手

売り手側はもともとの株主に税金がかかります。

個人の場合、この時にかかる税金は株式の譲渡所得なので得られた利益の20.315%です。

一方、法人の場合は法人税がかかります。

買い手側

株式譲渡_買い手

第三者間で適切な価格で株式譲渡が行われた場合、買い手側に税金がかかることはありません。

ただし、親族の会社を株式譲渡で得て、その時にあまりにも安い金額で買い取った場合には税金が発生する可能性があるので注意しましょう。

株式譲渡の成功事例3選

株式譲渡_事例

株式譲渡の成功事例としては、主に以下の3つが挙げられます。

それぞれの事例について詳しく見ていきましょう。

セブン&アイ・ホールディングスによる米スピードウェイ買収

株式譲渡_セブン

セブン&アイ・ホールディングスによる米スピードウェイ買収は2020年に行われた株式譲渡の事例のひとつです。

セブン&アイ・ホールディングスはご存じのとおり日本のコンビニ業界で最大手の企業です。

一方、アメリカのスピードウェイ社はコンビニ事業と燃料小売事業を行っている会社です。

セブン&アイ・ホールディングスが運営するセブンイレブンは北米でも最大手なのですが、北米市場でさらなるコンビニ事業の拡大を目指すためにスピードウェイを買収しました。

セブン&アイ・ホールディングスの米国法人がスピードウェイの発行済み株式を取得することでM&Aを行いました。

ニトリホールディングスによる島忠へのTOB

株式譲渡_ニトリ

ニトリホールディングスによる島忠へのTOBは大手企業の間で争奪戦が行われた、TOB方式で行われた株式譲渡のひとつです。

島忠は中堅ホームセンターのひとつですが、ホームセンター大手のDCMホールディングスによるTOBが実施中でした。

しかし、ここにニトリホールディングスが現れ、2社での争奪戦になったのです。

結局、島忠はDCMのTOBへの同意を取り下げてニトリに買収されました。

ソフトバンクによる日本テレコム買収

株式譲渡_テレコム

ソフトバンクによる日本テレコム買収は大手企業が行った株式譲渡のひとつです。

日本テレコムは固定通信事業ややインターネットサービスプロバイダー事業を行っている会社です。

ソフトバンクはアメリカの投資会社の傘下だった日本テレコムを買収し、それから3年ほどで経営を立て直すことに成功しました。

株式譲渡について相談するのにおすすめのM&A会社3選

株式譲渡_会社

上でも述べましたが、株式譲渡の手順は複雑で専門知識が必要なので、M&Aの専門家、M&A会社に相談するのがおすすめです。

数あるM&A会社の中でも、特に株式譲渡について相談するのにおすすめの会社は以下の3つです。

株式譲渡について相談するのにおすすめのM&A会社3選

それぞれの会社について詳しく見ていきましょう。

山田コンサルティンググループ

MAコンサル_比較_山田

山田コンサルティンググループは専門的できめ細かいアドバイスを受けられるM&A会社です。

公認会計士や税理士など多くの専門家が在籍しているため、専門知識が豊富です。

山田コンサルティンググループにはこれまで1,200件以上のM&Aを成立させてきた実績もあります。

M&A総合研究所

会社売却_メリット_総研

M&A総合研究所は比較的低コストな完全成果報酬制を採用しているM&A会社です。

スピード感が魅力で、最短3ヶ月でM&Aを成立させた実績があります。

数千万円規模から数十億円規模まで幅広い範囲のM&A案件に対応しています。

中小企業M&Aサポート

会社売却_メリット_中小

中小企業M&Aサポートは小規模な会社でも相談しやすいのが魅力的なM&A会社です。

中小規模の会社のM&Aを中心に手がけています。

約80%の高い成約率を達成できているのも強みと言えます。

株式譲渡のまとめ

株式譲渡_まとめ

株式譲渡とは会社を売ったり買ったりするM&Aの手段として一般的な方法です。

株式譲渡には以下の3つの種類があります。

株式譲渡には売り手・買い手別に以下のようなメリットがあります。

一方、株式譲渡のデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

株式譲渡の2つのデメリット(売り手側)

株式譲渡には以下のような6つの注意点があります。

株式譲渡は以下の5手順で行います。

株式譲渡をする時の企業価値の算定方法には主に以下の3つがあります。

株式譲渡する時の企業価値の算定方法

株式譲渡について相談するのにおすすめのM&A会社は主に以下の3つです。

株式譲渡について相談するのにおすすめのM&A会社3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)