サイト売買詐欺に騙されない!詐欺にあわないための気をつけるポイントや防止策を紹介

「サイト売買の詐欺、どのように防げばいいの?」
「収入が出ているサイトが売りに出されている。これって詐欺なの?」

サイト売買を検討していると、売買における詐欺について考えたことはないでしょうか?

サイト売買で多い詐欺は、売買の料金未納やサイト情報のみが抜き取られるケースなどが挙げられます。

しかし、それも無理のないことです。なぜなら、サイト上の売買ではこれら詐欺なのかどうか見分けがむずかしいからです。

サイト売買における詐欺は、共通点が多いため過去の事例を知っておくことで詐欺を未然に防げます。

本記事では、サイト売買における実際にあった詐欺事例とその防止策、さらにサイト売買の詐欺を防ぎながらオススメ売買方法をご紹介します。

まだまだサイト売買詐欺は横行しています。ぜひ対策に向けて本記事を参考にしてください。

サイト売買詐欺の内容をざっくり言うと....
  • サイト売買で実際に起こった事例と防止策がわかる
  • サイト売買における料金未払いを防ぐ方法とは
  • サイト売買詐欺ブラックハットとは
  • サイト売買における売り手が気をつけることは
  • 安全なサイト売買を行う方法とは

\M&Aの専門家に無料相談/

事業/会社売却の相手を探す!

サイト売買における詐欺事例と防止策

サイト売買詐欺_防止策

まず、サイト売買における詐欺とは一体どのような事例があるのか?

サイト売買上では、好条件で売買されている案件もあり、どこか疑いの目を持ってしまいます。

ですが、サイト売買は優良案件の場合もあれば、詐欺案件も横行している現状です。

この章では、実際にあった詐欺案件を紹介しその防止策をお伝えします。

ぜひ予備知識として持っておくことをオススメします。

サイトを持ち逃げされた

サイト売買における持ち逃げとは、料金を支払わず雲隠れしてしまう、もしくは料金を支払ったのにサイトが譲渡されず連絡が取れなくなる事例です。

ネット上において個人間で取引する際によく見られる事例で、これらは売主・買主どちらも起こりうる詐欺被害です。

より詳しく説明すると。

「売主側のリスク」:所有しているサイトを譲渡したが料金未払いで連絡が取れない。
「買主側のリスク」:料金振込したにもかかわらず、サイトも引き渡されず連絡も取れない。

このように先の入金やサイト譲渡したにもかかわらず、相手との連絡が取れない被害が発生しています。

【防止策】
サイト売買は高額金額がやり取りされるため、金銭的損失は計りしれません。

防止策としては売買取引契約書を交わす方法があります。しかし、それでも心配な場合は、第三者を交えて取引に入ってもらう方法ならばさらに安心できるでしょう。

たとえば、エスクローサービスを利用する方法があります。

エスクローとは、仲介業者が一時的に代金を預かり、サイトが納品された段階で売主へ売上金が渡るシステムです。

また、エスクローサービスの利用だけではなく、交渉を請け負ってくれるサイト売買仲介業者(サイトM&A仲介業者)に依頼するとさらに安心でしょう。

サイト運営情報やデータが違っていた

販売されているサイトが、実際のデータとは偽った上で取引されるケースがあります。

直接販売となれば売主の情報のみがすべてとなるため、データが真実なものかどうか判断しなければなりません。

その分、サイト情報を事前に精査するのはむずかしい作業になります。

【防止策】
サイト売買サービスを利用する方法があります。

売買サービスは審査が行われるため、データ改ざんが発覚した時点で掲載されることはありません。また、M&A仲介業者を利用すれば取引するサイト自体に調査が入るため、買主としては安心でしょう。

一方、直接取引であればZOOMで画面共有してもらい、サイトエビデンスの確認をさせてもらうといいでしょう。

また、アクセス状況を確認したい場合、Googleアナリティクスの閲覧権限をもらうとサイト情報が閲覧可能になります。

このように、直接取引である以上ご自身でサイト情報を確認することがあります。しかし、交渉が進んでいないと、売主から情報開示を断られることが難点です。

ブラックハットしているサイトだった

ブラックハットとはコピペしたコンテンツを作成したり、被リンクを意図的に集めたりなど、本質的ではない方法でGoogle検索上位を狙う方法です。

最近ではGoogleのアップデートにより、不正サイトを見る目は厳しくなっています。そのため、不正アクセスを集めているサイトはペナルティを受けるなどのリスクがはらんでいます。

しかしながら、ブラックハットを施したサイトは少なからず存在しており、もし購入してしまえば、突然売上やアクセスが減少してしまう厄介なサイトです。

【防止策】
ブラックハットを施したサイトは一見すると判断ができません。

防止策としては、売主にサイトの作成経緯の確認と、コピペチェックツールや、SEOツールなどを使って調べる方法があります。

まず、検討してサイトに気になる部分があれば売主に確認し、サイト作成経緯の確認が望ましいでしょう。

例えば…

サイト作成は売主なのか外注が行っているのか?
どのようなユーザー層をターゲットにしたサイトなのか?
使用されている画像はフリー素材なのか?有料素材なのか?
無断転用はしていないか?

など、質問に対し良い回答が得られない。または、人に任せているので内容がわからない。などの返答であれば警戒するべきです。

また、文章の転用についてはコピペチェックツールが有効でしょう。

ツールを使えばサイト自体コピペされていないか判断が可能です。

開示した情報が盗まれてしまう

開示した情報が盗まれるとは、サイトに興味があるフリをし、重要情報を抜き取られてしまうことをさします。

サイト売買において、記載にある情報通りに売られているかを確認するため、買主からさまざまな情報開示を求められます。

買主は主に、以下の情報を基にサイトの信憑性の確認をしようとします。

Googleサーチコンソールの確認
Googleアナリティクスの確認
サイトにおける集客方法や収益方法

これら情報は開示する範囲によっては、サイトの重要情報が流出する恐れがあります。

情報開示は取引する上で避けて通れない部分ですが、サイト自体どのように成果が出ているのか手の内を明かすのと変わりません。

また、情報開示と言っても、サイトに興味があって求められているのか?それとも、情報を抜き取るためなのか?などの見分けがむずかしいと言えます。

いずれにせよ、外部に情報開示することに変わりないため、売りに出されているサイトへのリスクは上がってしまいます。

【防止策】
この問題については、売買相手を見極める必要があります。

しかし売主側は、サイト情報開示をまったくせずにサイトを売ることは現実的ではありません。

その場合、どのようなオファーでも情報開示はせず相手を限定しましょう。

その上で、重要な情報に関してはサイト移行の段階で開示する方法が最適と言えます。

直接取引であればこの辺りの判断は非常にむずかしく、相手を見極める経験も必要になってきます。

事業/会社売却の相手を探す!

サイト売買で買い手が気をつけるポイント

サイト購入_ポイント

サイト売買ではさまざまなリスクがあります。

とくに買主の立場であれば、売られているサイトの見極めや移管手続きなど、知っておくとトラブルの回避にもつながることもあるのです。

ここでは買主がサイト購入時に気をつけたいポイントを紹介します。

十分な検収期間を設定する

検収期間とは、買主がサイト確認をし、問題がないか確認する作業です。検収に問題がなければ、売主に対し正式に入金される非常に重要な作業になります。

具体的に検収期間で譲渡されたサイトに問題がないか、売上やアクセスは事前情報とさほど変わりはないか、などサイト状況を確認する作業です。

もし、検収時点で情報と明らかな違いがあれば契約解消も可能です。そのため、検収にかける時間は1週間程度設けるように交渉する必要があるでしょう。その際の検収期間はしっかり使い切りましょう。

しかし、買主が検収を終え料金を支払い、仮にその後発覚した不具合を報告するとなると、立場上むずかしくなります。

また、事前に提供されたサイト情報は過去のものであることから、今後のサイト状況を保証するものではありません。よって、検収はサイト運営経験者や知見がある方に見てもらうといいでしょう。

売買契約書はすみずみまで確認する

サイトを購入する際の契約書はすみずみまで確認をしましょう。

その理由は、料金や譲渡に関わる内容の記載がないと、後々トラブルにつながる可能性があるからです。

また、売主がサイト売却後、同じようなサイトの立ち上げをしない条件(競業避止義務)を設定することも売買契約書へ記載可能です。

競業避止義務とは

サイト引き渡し後、競合の立ち上げや同一サイトの立ち上げを禁止する義務を締結することです。

サイト売買におけるリスクをおさえるため、平等な取引をするには売買契約書の確認は非常に重要です。ご自身を守るためにしっかり確認しましょう。

事前にサイトを分析してみる

収益が高いサイトは、分析ツールを使ってサイト内容を把握しておくことが重要です。

売主からサイト情報と一緒に、エビデンス情報がもらえる場合があります。もらった情報とご自身で分析ツールを使ってすり合わせをすれば情報に確信がもてるでしょう。

また、中にはエビデンスにかかわる情報をくれない売主もいます。その場合、仲介業者に依頼して分析してもらうのも方法のひとつです。

その際、サイト分析で獲得した情報は、サイト購入前の判断材料や、検収期間でサイト情報に差異がないかどうか確認することに使用できます。

個人間の取引は防衛策を徹底する

サイト売買における個人間のやりとりは、思わぬトラブルにつながる可能性があります。

ネット上で完結できるサイト売買。時にはやりとりが煩雑になることもあるでしょう。しかし、疑問や気になることは率先して売主に聞くなどをし、リスクをひとつずつ減らしていくほか方法はありません。

先にお伝えした「サイト売買で気をつけるポイント」を確実に実行していき、抜け漏れないチェックが重要です。

サイト売買は個人間で手軽に行えますが、ご自身を守るために防衛策を身につけてから取引するようにしましょう。

事業/会社売却の相手を探す!

サイト売買で売り手が気をつけるポイント

サイト売買_気をつける

サイトを売る立場でもある売主。一見気をつけるポイントは少ないように感じますが、サイト売買に慣れていない売主を狙う悪徳詐欺も存在します。

具体的な詐欺の例として、サイトに興味があると言い、サイト情報だけを盗み取るケース。また、とある会社名を名乗り、あなたのサイトを相場以上で買い取りたい。ともちかけサイトを狙うケースなどがあります。

この章では、サイト売主として事前に知っておきたい気をつけるポイントを紹介します。

予備知識を身につけることで、あなたのサイトや資産が守れますよ。

売買契約書を交わす

サイト売買における契約書は、ご自身を守るとても重要なものになります。

なぜなら、サイト売買で契約書を使うことで互いを守ることにつながるからです。

たとえば、サイト譲渡後の責任範囲や、交渉段階で結んだ約束事などが明記されることで、お互いの立ち位置が確認できます。

後々トラブルがあった場合、どちらに責任はあるのかを確認する上では、形式上契約書の締結は非常に有効です。

契約書については、サービス会社で提供されている雛形を使用するとトラブル回避に繋がりますが、条件が複雑な場合、専門家の指導のもと契約書の作成が望ましいでしょう。

情報開示を限定する

サイト売買上では、売主になるとサイト情報開示を求められます。

買主側は、購入するサイト内容はしっかり把握しておきたいと考え、情報開示を求めてくるでしょう。

しかしそこは、すべて言われるがままに情報開示してしまうのではなく、重要情報(サーチコンソール権限など)はできるだけ開示は限定しておくとリスクも減らせます。

ですが、あまりにも情報開示しないとサイトの売れ残りにつながります。

交渉を続け信頼関係を築くことも大切ですが、交渉が心配でしたら仲介業者への依頼も検討すると良いでしょう。

仲介業者であれば、買主と売主の情報を把握しているので安心して取引ができます。

誠実な対応をする

サイト売買において売主はとにかくサイトを売りたい。と考え、都合がよくない事実を買主に伝えないこともあります。

しかし、買主からすると「事実を隠すとは詐欺同然だ!」と思われることもあります。

たとえば、売っているサイトが過去に著作権トラブルがあったとしましょう。

売主側は、「すでに過去のこと伝える必要はない」と判断しサイトを譲渡、その後新しいオーナーが著作権トラブルで訴えられてしまうケース。

買主からすると、「このサイトは詐欺だった」と言われてもおかしくはありません。

事前に売主は誠実にその事実を伝え、価格面でも調整していればトラブルも防げていたでしょう。

買主に不誠実な対応をすると、信用問題もさることながら、契約解除ならびに賠償請求まで発展する恐れがあります。

サイトを売る側の誠実な対応は非常に大切なことです。

転売屋には惑わされない

アクセスが集まるサイトや収益が出ているサイトは、転売屋に狙われることもあります。

転売屋といっても実態は架空会社を名乗り、相場以上の買取価格を提示し、結果的に高額な値段で売りに出す手法です。

魅力的なサイトであればさまざまなオファーがくるでしょう。ですが、明らかに提示金額がおかしく、勧誘がしつこい場合は無視するのが基本です。

しかし、魅力的な金額を提示されたら、売主も少しは気になることもあると思います。

その場合、しっかりサイト売買の知識を持っているのか確認がオススメです。

たとえば、契約書の作成やすり合わせ、サーバーの移管手続きの方法をなどが挙げられます。

悪徳業者であれば、その点の知識が乏しかったり、手続きのすり合わせなど面倒と感じることがあると思います。

もし相手がサイト売買のプロであれば、スムーズな対応をしてくれるので気になる方はこの方法で確認してもいいでしょう。

事業/会社売却の相手を探す!

サイト売買で交渉開始前後でも要注意

サイト売買_交渉

サイト売買では交渉相手の見極めが困難です。

その理由は、ネット上特有でもある人柄が見えない部分が大きく影響しているからです。

では、サイト売買における交渉相手はどのようなところを注視すべきか?

ざっくり言うと以下の部分に集約されます。

・氏名や法人名の開示されている
・サイト購入希望者の背景がわかる
・的確な質問を投げかけてくる
・返信レスポンスよい
・サイト譲渡に慣れている

サイト売買では条件だけを確認するのではなく、交渉を進めても大丈夫なのか?と判断するには、交渉相手を知ることが詐欺やトラブル防止につながります。

事前に取引相手の情報は必ず確認しておきましょう。

事業/会社売却の相手を探す!

安全な取引ならサイト売買プラットフォームや仲介業者がオススメ!

サイト売買_オススメ_プラットフォーム

サイト売買で詐欺を防ぐには、サイト売買のプラットフォームの利用が最大の防衛策と言えるでしょう。

サイト売買は安価ではないので、個人でやりとりをすると損をしてしまう恐れがあります。

ですので、しっかりとした管理の下でサイト売買することがオススメです。

ではなぜ、サイト売買にプラットフォームがオススメなのか、その理由を解説します。

サイト売買プラットフォームを利用するメリット

結論からお話しすると、プラットフォームを利用するメリットは以下になります。

プラットフォームのメリット
  • 取引相手の情報が登録されている
  • 料金は第三者が管理するので未払いがない
  • 万が一のトラブルに弁護士や税理士と提携しているところも
  • サイトの価値評価算出をしてくれる
  • むずかしい交渉や契約書の作成を行ってくれる
  • トラブルや相談などすぐに相談できる

このようにプラットフォームを利用することで、先に紹介した詐欺やトラブルに対し事前回避できるようになるのです。

そのことから、結果的に仲介業者を利用した方が資産も損することなくサイト売買が進められるでしょう。

サイト売買(サイトM&A)が不安ならばM&A仲介業者がオススメ

前項ではプラットフォームの利用がオススメと紹介しました。ではどのような業者に依頼すれば良いのか?

結論から言うと、M&A仲介業者になります。

なぜなら、M&A仲介業者の利点はサイト売買に慣れていなくても、一からサポートを受けられるからです。

M&A仲介業者に依頼すれば、詐欺案件に出会うこともありません。

なぜなら、売却するサイトの価値評価算出や相場価格の判断、取引相手への交渉から契約書の作成など、売り買いどちらもプロ目線で判断されるからです。

具体的には、売主と買主の間に仲介業者が入ることになるので、どちらにとってもバランスよくサイト売買が行われます。

そのため、結果的に詐欺を防ぐ効果と後々のトラブル防止にもつながります。

詐欺やトラブルを避けてリスクをなくすことが、ご自身の時間や資産を守る手段と言えるでしょう。

事業/会社売却の相手を探す!

まとめ

サイト売買詐欺_まとめ

ここまで、サイト売買における詐欺について取り上げました。

本記事をまとめると以下のようになります。

本記事のまとめ
  • サイト売買の料金未納は売り買いどちらも起こりうる
  • 提示されている情報と中身が違う詐欺サイトが存在する
  • 偽装しているサイトの見極めに対し、サイトの情報開示を求める必要がある
  • サイトを購入した際は、検収期間をすべて使い切る
  • サイト売買に不安があるならM&A仲介業者も手段のひとつ

サイト売買を行う人が増える一方、残念ながら詐欺事例も少なからず発生しています。

そのようなサイト売買における詐欺を防ぐには、詐欺に対する知識と防止策を身につけておく必要があります。ですが、知識や防止策を身に付けたとはいえ、必ずしも詐欺にあわないとは言い切れません。

インターネットが当たり前になっている昨今、見えない相手とのやりとりこそ今後さまざまな手口も出てくるでしょう。

サイト売買で少しでも不安になることがあれば、あなたの資産を守るためにも専門家への相談はオススメです。

事業/会社売却の相手を探す!