インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いや賢い運用の仕方を解説!

老後資金の確保などを理由に投資を始めようと思っている方も多いのではないでしょうか?

投資の方法には色々ありますが、調べるうちに【インカムゲイン】【キャピタルゲイン】と言う言葉がよく出てきませんか?

また訳のわからない横文字が出てきたよ。
投資に関する用語って難しいんですよね。

などと頭を抱える方も多い事でしょう。

しかし、投資を行うにあたっては、インカムゲインキャピタルゲイン特徴を理解する必要があるのです。

この記事では、インカムゲイン・キャピタルゲインとは何かそれぞれのメリット・デメリット・リスク投資種別のインカムゲインとキャピタルゲイン等について解説します。

「インカムゲインとは」をザックリ言うと
  • インカムゲインは堅実な投資に向いている
  • キャピタルゲインは大きな利益を得るのに向いている
  • 投資方法によって狙いは変わる
  • インカムゲインとキャピタルゲインはどちらがおすすめ?

【相談無料!】「M&Aアドバイザー」に相談してみませんか?

  • 「M&Aの知識をイチから教えて欲しい。」
  • 「資金調達の事例も合わせて聞いてみたい。」
  • 「最短最速でM&Aを終わらせたい・最新事例が知りたい。」
  • 「M&Aを最後までしっかりサポートしてもらいたい。」

こうした疑問や悩みをお持ちの方に、M&Aアドバイザーでは、無料相談を実施中です。

M&Aアドバイザーでは、M&Aに関するプロがお相手探しから成約まで一気通貫でサポート致します。

そのため、交渉などにかかる時間が短縮でき、M&A全体をスピード感を持って推進することができます。

スピード感費用を重視されている経営者様は、ぜひ一度お問い合わせください。

M&Aアドバイザーが選ばれる理由とは?

全国でM&Aアドバイザーが選ばれる理由
  1. 完全成功報酬型・着手金無料
  2. 売り手・買い手双方のマッチングスピードの圧倒的な速さ
  3. マッチングから成約までM&Aのプロが徹底サポート

M&Aアドバイザーは、相談から成約完了まで、完全無料のM&A仲介会社です。

所属するM&Aアドバイザリーは、M&Aの豊富な知識や経験を積んでおり、経営者様にM&Aの知識がなくても安心してお任せいただけます。

まずは相談から無料で承っておりますので、下記のフォームから、ぜひお気軽にお問い合わせください。
今すぐM&Aのプロに無料相談!

    会社名(任意)
    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    ご興味のある内容必須


    ※ご相談は無料です。
    ※いつでも登録解除が可能です。
    ※現在譲渡側のみ相談を受け付けております。

    (お電話番号、メールアドレスは、お申し出に応じて、いつでも登録を解除致します。不要となりました際はご連絡ください。)

    インカムゲインとは

    インカムゲイン

    投資をはじめたいのですが、さすがに初心者なのでいろいろ知らなければいけないことは多いです。
    まずはインカムゲインとは何かを教えて下さい。

    こちらでは、インカムゲインの特徴について解説します。

    インカムゲインとは?

    インカムゲインとは

    インカムゲインとは、ご自身が資産を保有している間に取得できる利益をいいます。

    資産によって取得できる利益の種類は異なります。

    例えば、資産が株式・債券ならば配当金投資信託なら分配金不動産なら賃料収入が該当します。

    これらの資産を手放さなければ、利益を得られ続ける事をインカムゲインと言います。

    インカムゲインは、毎回受け取る利益はそこまで大きく無いものの、手堅く利益を享受したい方々に向いている投資方法と言えます。

    インカムゲインの特徴

    インカムゲイン_特徴

    インカムゲインに該当する商品は、保有してさえいれば定期的、不定期的な収入が期待できます。

    これらの商品は、投資元本が減りづらい特徴を持ち、安全性が比較的高く保たれます

    そのため、『短期間で大幅な利益を得なくても良いから、長期保有しつつ資産が増加させていきたい』ならば、インカムゲインの投資方法を選んだ方が良いでしょう。

    インカムゲインの中で、まずリスクのない金融商品はやはり【普通預金】【定期預金】となり、元本割れは外貨で運用しない限りありえませんが、バブル期の高金利は既に期待できず、普通預金の利息は限りなく0%に近いです。

    定期預金も一定期間引き出せない割に、利息は1%どころか0.1%に達しないものがほとんどです。

    リスクが無い分、大きな利益も出ないのが金融商品の現状と言えます。

    キャピタルゲイン

    キャピタルゲイン

    インカムゲイン、投資をしてもリスクを避けたい私には良い運用方法かもしれません。
    キャピタルゲインと言う言葉も聞いたことがあるので、キャピタルゲインについても教えて欲しいです。

    こちらでは、キャピタルゲインの特徴について解説します。

    キャピタルゲインとは?

    インカムゲイン_キャピタルゲインとは

    キャピタルゲインとは、ご自身が保有する資産を売却して取得できる利益をいいます。

    こちらも、資産と取得できる利益に当たるものはさまざまです。

    資産が、株式ならば株の売買による値上がり益投資信託なら売却益不動産なら売却価格が該当します。

    これらの資産を手放さすことで、短期に得る大きな利益をキャピタルゲインと言います。

    このようにキャピタルゲインは、1回で受け取る利益はかなり大きくなるものの、それ以後の売却した分の利益は見込めなくなる点に注意が必要です。

    キャピタルゲインの特徴

    インカムゲイン_キャピタルゲインの特徴

    そもそもキャピタル(capital)は、資本という意味で用いられていますが、資金・元金の意味もあります。

    キャピタルゲインに該当する商品は、安く買い、高く売ることで大きな利益を手に出来る商品です。

    キャピタルゲインによる利益を狙った場合、大きな利益を得られる可能性はありますが、投資する元本自体が減ってしまうので、損失を被るリスク・金額の大きいことが特徴です。

    この資産の売買で損失が発生してしまうことは、「キャピタルロス」と呼ばれています。

    たとえ、キャピタルゲインに該当する商品を売って、大きな利益を得られたとしても、課税される税金も高くなりますので注意が必要です。

    インカムゲインのメリット・デメリット

    インカムゲインのメリット・デメリット

    インカムゲインは堅実に利益を追求できるので、投資の方法として利用したいです。
    インカムゲインの利点や気を付けるべき点について教えてください。

    こちらでは、インカムゲインのメリット・デメリットについて解説します。

    インカムゲインのメリット

    インカムゲイン_メリット

    インカムゲインの場合、株の配当金のように半年~1年に1回など、定期的に利益を得られる機会がある点がメリットです。

    また不動産投資では、ご自身の所有するマンションに誰かが入居すれば、毎月の家賃収入を得ることが出来るので、入居者のいるマンションを所有し続ける事で継続的に利益を発生し続けられます。

    不動産投資の場合は、所有者がしなければいけない作業は特にありませんが、強いて言えば老朽化した建物のメンテナンス費用を負担するぐらいの支出は必要となります。

    とはいえ、インカムゲインによる収入は、資産を保有することで定期的に必ず収益の機会があるわけではありません。

    株式ならば業績悪化などで配当が出ないこともありますし、マンション経営なら空室分の家賃収入は得られません。

    MEMO

    定期的な利益を得られるが、不動産投資の場合はランニングコストも必要となる。

    インカムゲインのデメリット

    インカムゲイン_インカムゲインのデメリット

    インカムゲインは、長期的に資産を保有しなければ着実に利益を積み上げることは難しいです。

    そのため、1回で得られる利益は基本的に小さいものになる傾向があります。

    仮に現在の株価が2,000円と言う銘柄があり、1株当たりの配当金が100円に設定されている場合、この銘柄を200株購入して1年間保有した場合の配当金は20,000円になります。

    配当金額がこのままの状態なら、20年間保有すれば株式の購入金額(40万円分)を回収できます。

    このように、短期間に大きな利益が発生するわけではなく、事例のように数十年をかけて投資回収していくのがインカムゲインです。

    そのため、ハイリスクを承知でハイリターンを狙いたい方々には不向きと言えます。

    注意

    長期保有しなければ利益が出にくいので、ハイリスク・ハイリターンを狙う方には向かない。

    インカムゲインのリスク

    インカムゲイン_リスク

    インカムゲインの場合は次の2点のリスクに要注意です。

    • 元本が削られることも
    • 実は赤字になっていた

    元本が削られることも

    こちらのケースは毎月分配型の投資信託があげられます。

    毎月分配金が受け取れて、お得な投資信託といえますが、元本に関して定期的なチェックが必要です。

    毎月の分配金は、もちろん投資信託の運用収益で分配されます。

    元本の運用で得た収益が分配されるのであれば問題ないですが、投資信託である以上、運用成績がいまいちのケースも考えられ、運用収益よりも分配金額が上回ることもあります。

    その場合に受け取る分配金は「特別分配金」と呼ばれ、投資した元本を一部払い戻して対応します。

    分配金が順当にもらえて安心していたら、実は特別分配金として元本が削られたものだったと後から気付くこともあります。

    この仕組みだと最悪の場合、『元本がほとんどなくなっていた』という事態が起こり得ます。

    そのため、投資する金融商品の内容は良く把握しておく必要があります。

    注意

    投資信託で運用成績が悪く、運用益が分配金以下の場合は元本を充当する事があり、それが続くと元本がなくなる可能性がある。

    実は赤字になっていた

    不動産投資を行う際、気を付けるべきリスクです。

    不動産の賃料収入では、銀行口座へ毎月振込手数料等を差し引いた家賃収入が入金されます。

    空室や賃借人が滞納さえしなければ、確実に利益を得られますので、賃料収入が待ち遠しい大家さんも多いのではないでしょうか。

    安定した収入のため、よく不動産投資会社の宣伝では【賃料収入は個人年金代わり】【不動産投資は生命保険と一緒】などとアピールされています。

    しかし、不動産の運営には建物を維持するための更なる経費がかかり、地震や火災の発生で補修が必要等、突発的な支出の発生するケースもあります。

    もちろん、地震や火災被害なら地震保険・火災保険で何とか損害を補填できますが、保険金が下りるまではオーナーの負担で対応しなければいけません。

    そうすると、結果的に収支がマイナスになることも少なくないです。

    収益・経費が同じタイミングで発生し、銀行口座に振り込まれるのであれば把握は容易ですが、正確な収支のチェックにはほとんどの場合手間がかかります。

    インカムゲインでは、より慎重に収支管理をする必要もあるのです。

    注意

    不動産投資の場合は、施設の維持管理に掛かる費用が必要となり、災害などがあれば赤字になることもある。

    キャピタルゲインのメリット・デメリット

    キャピタルゲインのメリット・デメリット

    キャピタルゲインは売却のタイミングが良ければ、大きな利益が期待できそうですね。
    キャピタルゲインの利点や気を付けるべき点について教えてください。

    こちらでは、キャピタルゲインのメリット・デメリットについて解説します。

    キャピタルゲインのメリット

    インカムゲイン_キャピタルゲイン_メリット

    前述したインカムゲインの株価2,000円の銘柄を200株購入・1株当たりの配当金が100円に設定されている事例で解説してみましょう。

    株価2,000円の銘柄が現在2,400円にまでUPし、この時点で一気に売却をした場合、48万円を手に入れることができます。

    株価2,000円の銘柄を200株購入したときは、40万円の費用が掛かっていますが、売却する事で8万円得した事になります。

    インカムゲインの事例の配当金が2万円なので、4倍も得したことになります。

    このようにタイミングを慎重に見極めて売却すれば、キャピタルゲインの方が短期間で大きな利益を獲得できます。

    MEMO

    株式投資の場合は、株価が値上がりすれば、配当金よりも大きな利益が出ることがある。

    キャピタルゲインのデメリット

    インカムゲイン_キャピタルゲイン_デメリット

    それでは、同事例で株価2,000円の銘柄が1,800円にまで下落した場合を見てみましょう。

    株価が低迷している状態で無理に売却すれば、36万円しか手に入れる事しか出来ません。

    このケースでは、株価2,000円の銘柄を200株購入したときに支払った40万円より4万円も損をしています。

    急にまとまったお金が必要で売却したのなら止むを得ないものの、このような損失は避けたいものです。

    最終的に、ご自身の所有する資産の売却で利益を得るか、損失が出るかは、その時までわかりません。

    キャピタルゲインで損をしないためには、投資に対する戦略が必要なのです。

    注意

    株式投資のキャピタルゲインは、株価によって大きく左右されます。

    株価の動向を常にチェックする必要があると言えます。

    キャピタルゲインのリスク

    インカムゲイン_キャピタルゲイン_リスク

    キャピタルゲインで大きな利益を出せれば大喜びでしょう。

    しかし、大きな利益を出せば重い税負担が待っていますので、喜んでばかりもいられません。

    例えば、土地や建物を売った場合は印紙税・譲渡所得税・住民税が掛かり、売買の内容によっては40%近くに上る税金を支払う必要が出てきます。

    また、金融商品の一つである暗号資産(仮想通貨)の場合、ケースにより55%もの税金を支払う事態も想定されます。

    このような高額な税金を払ってまで、大きな利益を追求すべきかどうか、よく検討する必要があります。

    注意

    大きな利益が出れば、利益に応じた税金を支払わなければならない。

    投資種別のインカムゲインとキャピタルゲイン

    投資種別のインカムゲインとキャピタルゲイン

    投資の種類には、株式投資に投資信託、FX取引など様々な商品が出回っていますよね。
    そもそも投資の種類によって、インカムゲインとキャピタルゲインどちらが向いているのか知りたいです。

    こちらでは、投資種別の内容と、各投資商品を利用する場合にインカムゲインとキャピタルゲインどちらを重視すべきかについて解説します。

    7つの投資種類
    1. 株式投資
    2. 投資信託
    3. 預金
    4. 不動産投資
    5. ソーシャルレイディング
    6. 暗号資産(仮想通貨)
    7. FX取引

    株式投資

    インカムゲイン_投資の種類_株式投資

    企業が事業資金を集める方法の一つである【株式】を利用して資産を増やす方法です。

    株式を購入して株主になることで、発行会社の出資者(オーナー)の一員となります。

    株主は、企業に出資する対価として、株主総会で議決する権利(議決権)や、配当金・株主優待を受け取る権利などが取得できます。

    株式投資のインカムゲイン・キャピタルゲインは次の通りです。

    株式投資のインカムゲイン・キャピタルゲイン
    • インカムゲイン:配当金
    • キャピタルゲイン:売買による株の値上がり益

    株式投資のメリット・デメリット

    こちらでは株式投資に関する長所・短所をみてみましょう。

    株式投資のメリット
    • 値上がり益が期待できる
    • 配当金・株主優待を受け取るチャンスがある
    • 持分に応じて会社の意思決定に関与する権利を得られる
    株式投資のデメリット
    • 株価が値下がりする恐れがある
    • 発行者の破たんで多くの投資資金を失うリスクがある
    • 個別銘柄・相場状況により売買が出来ない場合がある
    • 外国株式等の場合、売却時の為替相場の状況で為替差損が生じるケースもある

    株式投資で有利なのはどちら?

    上記の株式投資のメリット・デメリットを踏まえると、大きな利益につながるのは【キャピタルゲイン】と言われています。

    株式投資のキャピタルゲインは株の値上がり益なので、銘柄を選んで投資できれば、株価が10倍以上に上昇するケースも少なくありません。

    また、株価の値下がりを回避するため、業績の伸びが続いている成長株を選ぶようにした方が利益を得る可能性が高まります。

    一方、株式投資のインカムゲインは配当金が該当し、利回りに換算すると数%にとどまりますので、なかなか資産は増えません。

    それに加え、必ず配当金がもらえる保証もありません。

    それでも、大きな資産を有している株主にはとても有益なのですが、これから資産を増やしたい株主には不向きと言えます。

    要点

    株式投資は、短期間での売買で利益が出やすいため【キャピタルゲイン】が向いている。

    投資信託

    インカムゲイン_投資の種類_投資信託

    投資家から集めたお金を運用のプロが株式・債券等に投資・運用し、その成果から生じた利益を投資家へ還元する仕組みです。

    投資信託商品にはたくさんの種類があり、どの対象へ投資し、どのような運用するかは投資信託ごとに異なります。

    投資信託には元本保証はなく、運用成績次第で利益が出ることもあれば、損失を被ることもあります。

    しかし、運用のプロが対応する以上、博打のような投資は絶対に行わないので安心と言えるでしょう。

    投資信託にいうインカムゲイン・キャピタルゲインは次の通りです。

    投資信託のインカムゲイン・キャピタルゲイン
    • インカムゲイン:分配金
    • キャピタルゲイン:売却益

    投資信託のメリット・デメリット

    こちらでは投資信託に関する長所・短所をみてみましょう。

    投資信託のメリット
    • 少ない金額(100円~)で投資ができる
    • 分散投資でリスク軽減
    • 投資の専門家にお任せ
    • 様々な国の株式や債券を組み入れて投資できる
    投資信託のデメリット
    • 手数料がかかる
    • 元本割れの可能性がある

    投資信託で有利なのはどちら?

    投資信託は多くの場合、インカムゲインに分類され長期保有が前提です。

    様々な国の株式や債券を組み入れ、分散投資でリスクを軽減し利益の向上に努めます。

    しかし、保有途中で売買するケースもあり、売買によって得た利益はキャピタルゲインとなります。

    インカムゲイン・キャピタルゲインのどちらが有利かは一概に断言できないものの、運用成績次第で途中で売買すれば大きな利益を得られるケースがあります。

    要点

    長期保有を前提とするため基本的にはインカムゲインとなりますが、運用実績次第ではキャピタルゲインが狙える。

    預金

    インカムゲイン_投資の種類_預金

    みなさんが日常的に利用している普通預金・定期預金も金融商品の一つです。

    『金融商品なんて複雑だし損するから利用したくないけれど預金なら安心』

    と思う方々が多いはずです。

    預金に関するインカムゲイン・キャピタルゲインは次の通りです。

    預金のインカムゲイン・キャピタルゲイン
    • インカムゲイン:預金の利子
    • キャピタルゲイン:外貨預金を利用した場合の、為替相場の差益

    預金のメリット・デメリット

    こちらでは預金に関する長所・短所をみてみましょう。

    預金のメリット
    • 基本的に元本割れのリスク無し
    • 定期預金なら若干利子は高い
    • コツコツお金を貯めたい人向き
    預金のデメリット
    • 普通預金の利子はまさしく0に等しい
    • インフレリスクに弱い
    • 外貨預金では元本割れのおそれも

    預金で有利なのはどちら?

    普通預金ではインカムゲインの利子が0円に等しく、まさしく「預けておくだけでメリットがない」と言えなくもありません。

    また、定期預金の利子も0.1%すら満たない商品ばかりです。

    そのため預金で利益を得たいなら、外貨預金を利用した場合の「為替相場の差益」に注目するべきです。

    円→外貨・外貨→円に換える作業は、外貨を売買している作業と同じでキャピタルゲインとなりますが、為替変動により損失を出すリスクもあるので注意は必要です。

    要点

    預金でインカムゲインを狙ってもメリットがないため、預金という方法を選ぶなら為替リスクはあるが外貨預金を考えるべき。

    不動産投資

    インカムゲイン_投資の種類_不動産投資

    不動産物件を購入して第三者へ貸し出し、家賃を利益として受け取る投資方法のことです。

    利便性の高いエリア(主に首都圏など)や、知名度が高いエリア(田園調布など)にある、収益性の高い物件で不動産投資をすれば大きな利益が見込めます

    不動産投資に関するインカムゲイン・キャピタルゲインは次の通りです。

    MEMO
    • インカムゲイン:家賃収入
    • キャピタルゲイン:不動産売買で得た利益

    不動産投資のメリット・デメリット

    こちらでは不動産投資に関する長所・短所をみてみましょう。

    不動産投資のメリット
    • 空室が無い限り家賃収入を生み続ける
    • 相続税対策として役立つ
    不動産投資のデメリット
    • 空室や家賃滞納で赤字経営も
    • 価格変動リスクで、物件の価格が購入時より大幅に低下
    • 物件を運営する費用がかさむ

    不動産投資で有利なのはどちら?

    不動産投資のインカムゲインは、毎月安定した家賃収入です。

    満室なら、これといってオーナーが何かをする必要もなく、潤沢な収入がえられますが、ローンの支払いや税金の負担は当然あります。

    また、修繕費などのメンテナンス費用も定期的に掛かります。

    一方、キャピタルゲインは不動産売買で得た利益です。

    不動産の売買で動く金額は非常に大きく、利益面で言えばインカムゲインよりキャピタルゲインでの利益額は大きいです。

    しかし、その分短期間での不動産売買は所得税等の負担が大きく、税制面で非常に不利となります。

    余程の大きなお金が必要とならない限り、安易な不動産売買は避けた方が無難です。

    要点

    インカムゲインもキャピタルゲインも狙えますが、不動産売買をすると大きなお金が動くことから税金面が不安材料になります。

    ソーシャルレンディング

    インカムゲイン_投資の種類_ソーシャルレンディング

    投資家の方々がソーシャルレンディング事業者へ投資し、ソーシャルレイディング事業者が企業に貸付して得た利息を今度は投資家に分配する方法です。

    ソーシャルレンディングでは、基本的に途中解約・売却ができないため、インカムゲインである分配金のみで利益を得ます。

    ソーシャルレンディングのメリット・デメリット

    こちらではソーシャルレンディングに関する長所・短所をみてみましょう。

    ソーシャルレンディングのメリット
    • 年5~10%の表面利回りを付けているものも多く、高い利回りが期待できる
    • 最低投資金額をごく少額(1万円~という運営会社が多い)で始められる
    • 一度運用が始まると、期間満了で償還を迎えるまで特にすることはなく手間いらず
    ソーシャルレンディングのデメリット
    • お金を借りた企業や個人が、利息と元本をしっかり返済してくれないことも
    • 原則として途中解約が出来ない

    ソーシャルレンディングで有利なのはどちら?

    そもそもキャピタルゲインにあたる利益がないため、インカムゲインである分配金のみとなります。

    ただしデメリットであげたように、分配金も必ず受け取れるわけではなく、元本保証がない点に注意するべきです。

    要点

    インカムゲインのみであり、分配金の受け取りや元本保証がない点に注意が必要。

    暗号資産(仮想通貨)

    インカムゲイン_投資の種類_暗号資産

    インターネットを通じ、不特定多数のユーザーとの間で物品やサービスの対価に使用、中央銀行等の公的発行主体・管理者が存在せず、専門の取引所を介して円・ドル・ユーロ・人民元等の通貨と交換できます。

    仮想通貨の種類は実に1,500種類以上あるといわれています。

    暗号資産(仮想通貨)に関するインカムゲイン・キャピタルゲインは次の通りです。

    暗号資産のインカムゲイン・キャピタルゲイン
    • インカムゲイン:ステーキング(新規にブロックを作成、報酬として仮想通貨を取得)、貸暗号資産(顧客が取引所販売所に貸し手数料を受け取る)
    • キャピタルゲイン:売買益

    暗号資産(仮想通貨)のメリット・デメリット

    こちらでは暗号資産(仮想通貨)に関する長所・短所をみてみましょう。

    暗号資産(仮想通貨)のメリット
    • 通常24時間365日取引が行えるため、購入・換金・投資・取引所の利用がいつでも可能
    • 海外への送金・決済が手軽かつ安価(無料の場合もあり)
    暗号資産(仮想通貨)のデメリット
    • インターネットにアクセス出来ないと注文も出来ない
    • 税率がほかの投資商品と比較して高い場合もある(仮想通貨;累進課税約15%〜55%)

    暗号資産(仮想通貨)で有利なのはどちら?

    暗号資産(仮想通貨)は、その利益を上げる方法が売買益であるため、基本的にキャピタルゲインが主流です。

    売買のタイミングが良ければ大きな利益を上げられるものの、税率が55%に達するケースもあるので注意しましょう。

    また、前述したステーキングや貸暗号資産という、新たなインカムゲインが登場しています。

    定期収入を見込むならば、これらのインカムゲインの活用も念頭に入れておきましょう。

    要点

    基本的にはキャピタルゲインが主流ではあるが、税率が非常に高い場合がある。

    ステーキングなど、新たなインカムゲインも登場している。

    FX取引

    インカムゲイン_投資の種類_FX取引

    正式名称は「Foreign Exchange」であり、外国為替証拠金取引のことを指します。

    外国為替取引とは、日本円と米ドルなど異なった2つの通貨を交換する取引のことです。

    そして証拠金取引とは証拠金を担保として、その何倍もの金額を運用する取引のことであり、FXは証拠金を元手に外国為替をレバレッジをかけて取引する商品です。

    FXに関するインカムゲイン・キャピタルゲインは次の通りです。

    FXのインカムゲイン・キャピタルゲイン
    • インカムゲイン:通貨の金利
    • キャピタルゲイン:売買差益、為替差益

    FXのメリット・デメリット

    こちらではFXに関する長所・短所をみてみましょう。

    FXのメリット
    • 少ない資金で資産運用できる
    • 金利差で利益を得ることができる
    • ペイオフ(預金保護)対象外で、預け入れに上限はない
    FXのデメリット
    • 為替変動で損失も
    • レバレッジリスクで小さい価格変動でも、口座状況が大きな影響を受ける場合も
    • 金利変動リスクで、スワップポイントの受け払い額の変動、受け払いが逆転する可能性も

    FXで有利なのはどちら?

    キャピタルゲインである売買差益、為替差益で利益を上げるなら、商品の値動きをチャンスと捉えて投資します。

    取引する金融商品によって大きな値動きをするものもあり、1度の取引で大きな利益を狙うことができます

    短期に大きな利益を上げたいならキャピタルゲインがやはり有利です。

    しかし、予想と反対の値動きをした場合はキャピタルロスが、1度の取引で大損失が発生することも考えられます。

    より安全な方法をとるなら、商品(通貨)を保有しているだけで、収益(利子)が積み上げられるインカムゲインの方法を検討するべきでしょう。

    要点

    1度で大きな取引が可能なため、基本的にはキャピタルゲインを狙える投資方法となりますが、リスクを負いたくない場合にはインカムゲインでも活用できる。

    インカムゲインとキャピタルゲイン狙うならどっち?

    インカムゲインとキャピタルゲイン狙うならどっち?

    インカムゲインとキャピタルゲイン、やはり一長一短はありますね。
    投資で利益を上げるにはどちらを選ぶ方がよいのでしょうか。

    こちらでは、理想的な利益の上げ方について解説します。

    理想的な利益の上げ方
    •  投資の初心者はインカムゲインでいく!
    • キャピタルゲインのリスクは戦略性でカバー
    • リスクに納得しての投資
    • 分散投資等を考える

    投資の初心者はインカムゲインでいく!

    インカムゲイン_投資初心者_おすすめ

    前述したソーシャルレンディングのように、そもそも分配金のみで利益を得る金融商品もあります。

    堅実にある程度リスクを軽減しつつ利益を得たいなら、インカムゲインで投資した方が無難と言えるでしょう。

    長期保有による安定感で、コツコツ利益を上げることが期待できます。

    また、投資を始めたばかりの方々は、安定した収益を得られるインカムゲインからスタートするした方が安全です。

    キャピタルゲインのリスクは戦略性でカバー

    インカムゲイン_キャピタルゲインのリスク_戦略でカバー

    もちろんハイリスク・ハイリターンでも構わない方々は、キャピタルゲインによる方法が最適と言えるでしょう。

    しかし、前述したように不動産売却で大きな利益が出れば税金も重くなりますが、不動産関連の売買には、いろいろな特例措置があり、条件が合えば大幅な減税措置も期待できます。

    売買の前に、税金が安くなる様々な制度を把握しておくことも有効な戦略の一つです。

    リスクに納得しての投資

    インカムゲイン_ポイント_リスクを確認

    投資を1種類だけ行うのは、やはり心許ないと思う方々が多いことでしょう。

    この1つの投資が失敗したら、ご自身の資産形成どころではなくなりますが、投資を行う以上、インカムゲインであっても、キャピタルゲインであっても、損失のリスクは伴うものです。

    • どうしても検討中の金融商品の仕組みがわからない
    • やはりリスクは避けたい

    上記の様なことを感じたら、無理に投資を行うべきではありません。

    更に「新型コロナウイルス感染症」の影響で、日本や世界経済がパニック状態にある中での投資は慎重にならざるを得ないのは当然です。

    分散投資等を考える

    インカムゲイン_ポイント_分散投資などを行う

    ただし、インカムゲイン・キャピタルゲインのリスクは、最小限に抑えることが出来るものでもあります。

    例えば、ご自身が損失の発生を事前に想定し、一定以上の損失が出ないよう【損切り】の条件設定を行うのは、リスクを抑える方法の一つです。

    その他、投資の際は同時期に複数の株式銘柄を購入する【分散投資】ならば、1つの銘柄で損失が発生しても、他の銘柄でカバーすることも可能です。

    さらに、株式の購入時期を一気にではなく、分散することで高値で投資するリスクを下げる方法など、リスクの分散には様々な方法があります。

    このような投資のリスク回避のための知識を深めていけば、いろいろなリスクへ慌てずに柔軟な対応ができるはずです。

    この様な柔軟な対応は投資経験を積んでいく内に身についていくものです。

    リスクの分散方法
    • 損切り
    • 分散投資
    • 株式の購入時期の分散

    M&Aのインカムゲインやキャピタルゲインについてよくある疑問2選

    M&A_インカムゲイン_疑問

    M&Aを行う中で、インカムゲインが関わってくるポイントはどこか?

    インカムゲイン_よくある質問_M&A

    M&Aを行う際に、実施の可否を決める時に関わってきます。

    インカムゲインは、広い意味で捉えると「会社の事業によって手に入れた利益」のことを指しているため、M&Aを行う際に大きく関わってくるのです。

    特に、将来手に入れることができるインカムゲインについて重視されます。

    会社売却の相場について気になる方はこちら

    会社売却の相場はどのくらい? 相場の計算方法から高く売るコツまで徹底解説

    M&Aとキャピタルゲインはどのような場面で関わっているのか?

    インカムゲイン_よくある質問_M&A_キャピタルゲイン

    M&Aを行うことによって、キャピタルゲインが得られる確率が上がります。

    なぜなら、多くの場合、M&Aを行うことで業績などの回復や株価が上がることが多いからです。

    したがってよりハイリターンなキャピタルゲインを得ることができるのです。

    しかし、M&Aについて知識があいまいだと利益どころか損をしてしまう可能性も十分あります。

    M&Aアドバイザーでは、無料相談受付中!

    M&Aを成功させるためには、M&Aに詳しいアドバイザリーや仲介会社に相談するのが一番おすすめです。

    「M&Aアドバイザー」では、M&Aの経験豊富なアドバイザリーが案件探しの段階から、成約までしっかりとサポート致します。

    無料相談も行っておりますので、どんな小さなことでもお気軽にご連絡ください。

    【お問い合わせ】

      会社名(任意)
      お名前必須
      電話番号必須
      メールアドレス必須
      ご興味のある内容必須

      \もっと詳しく知りたい方はこちら/

      M&Aアドバイザーへのお問い合わせはこちら【無料】

      インカムゲインとは|まとめ

      インカムゲインとは|まとめ

      インカムゲインは投資の初心者や、堅実に投資を行う対方々に最適の方法です。

      しかし、インカムゲインにも無視できないリスクは存在し、損害が全く出ない訳ではありません。

      金融商品の良い面ばかりではなく、デメリットも十分に把握する必要があります。

      そのため、特徴を理解しつつ、複数の金融商品を運用し、リスクの軽減に努めることが大切です。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)