【2021年最新】ETCカードおすすめ人気ランキング|ETCカードの作り方や使い方も解説

おすすめのETCカードが知りたい!

遠距離を移動するときに便利な高速道路ですが、利用するには料金を支払う必要があります。

料金は現金で支払うこともできますが、「ETCカード」を利用することでスムーズに料金所を通過することができます。

そこで今回は、おすすめのETCカードをランキング形式で紹介します。

他にも、ETCカードの作り方や使い方についても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

記事監修者紹介
fp監修_新井智美さん新井智美/トータルマネーコンサルタント公式サイト
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。

保有資格
・ファイナンシャルプランナー(CFP®)認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員

ETCカードとは

ETCカードとは

ETCカードとは、高速道路(有料道路)の料金所を車で通過するだけで、料金支払いが行えるカードのことです。

「ETC車載器」を車に取り付け、車載器にカードを挿入することで利用が可能になります。

ETCカードは大きく分けて以下の2種類に分けられます。

  • クレジットカード付帯型ETCカード
  • ETCパーソナルカード

クレジットカード付帯型ETCカード

クレジットカード付帯型ETCカードは、クレジットカードの追加カードとして発行されるETCカードです。

ETC料金はクレジットカードの料金と合算して支払います。

クレジット機能とETC機能を両方搭載した「一体型」とETC機能のみを搭載した「ETC専用」の2種類があります。

特段こだわりがない場合は、クレジットカード付帯型ETCカードを発行することをおすすめします。

おすすめのETCカードはこちら

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、クレジットカードを持っていなくても利用できるETCカードです。

MEMO
東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行しています。

利用金額として保証金(デポジット)を支払う必要があります。平均利用月額の4倍が保証金として設定され、利用実績に応じて増額することもあります。

また、年会費として1257円(税込)を支払う必要があります。

おすすめETCカード比較表

ここでは、当サイト厳選のおすすめETCカードを比較表にして分かりやすく紹介していきます。

この中から、気になるカードを見つけてみましょう。

各カードについては次章で詳しく紹介していきます。

クレジットカード名 JCB CARD W
JCB CARD W
三井住友カード(NL)

ライフカード
ライフカード
三井住友カードデビュープラス
三井住友カードデビュープラス
VIASOカード
VIASOカード
リクルートカード(JCB)
リクルートカード
楽天カード
楽天カード
エポスカード
エポスカード
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
dカード
dカード
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル
年会費 無料 無料 無料 1375円(税込)※ 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
ポイント還元率 1.0%~5.0% 0.5%~5.0% 0.5%~1.5% 1.0%~3.0% 0.5% 1.2%~4.2% 1.0%~3.0% 0.5% 1.0%~2.0% 1.0%~2.5% 0.5%~1.0% 0.5%
国際ブランド JCB Visa、Mastercard Visa、Mastercard、JCB Visa、Mastercard Mastercard JCB Visa、Mastercard、JCB、American Express Visa Mastercard、JCB Visa、Mastercard Visa、Mastercard、JCB Visa、Mastercard、JCB
申し込み対象 18歳~39歳 18歳以上 18歳以上 18歳~25歳 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上
ETCカード画像 JCB ETCカード 三井住友ETCカード ライフETCカード 三井住友ETCカード VIASOカード_ETC リクルートカード_ETCカード 楽天カード_ETC エポスETCカード オリコETCカード dカード ETC イオンカード_ETCカード セゾンETCカード
ETCカード年会費 無料 550円(税込)※ 無料 550円(税込)※ 無料 無料 550円(税込) 無料 無料 無料 無料 無料
ETCカード発行手数料 無料 無料 無料 無料 1100円(税込) 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 

スクロールできます

タップで非表示

※年1回以上の利用で無料

ETCカードおすすめ人気ランキング

では当サイト厳選のおすすめETCカードを詳しく紹介していきます。

クレジットカード申し込みの際に、追加カードとしてETCカードを発行することができます。


JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 18歳から39歳までが申し込み対象
  • 還元率が常に2倍で高還元
  • Amazonやスタバでポイントアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳

JCB CARD W18歳から39歳の方が申し込み対象のクレジットカードです。

ETCカードの年会費は無料で、ポイント還元率も1.0%と高還元となっています。

通常利用でもAmazonやスターバックスでポイントが上がり、非常に人気でお得な1枚となっています。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

三井住友カード(NL)

おすすめポイント

  • ナンバーレスでセキュリティ性能抜群
  • コンビニ3社とマックで還元率が5%
  • 申し込み後すぐにカードが使える!
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~5.0% 18歳以上

三井住友カード(NL)セキュリティ面が強い大人気のクレジットカードです。

カード情報が記載されていないデザインなので、紛失による不正利用の心配もありません。

機能面も優れており、コンビニ3社とマックで利用すると最大5%還元となります。

ETCカードは年1回以上の利用で無料ですので、実質無料と考えてよいでしょう。

  • ETCカード年会費:550円(税込)※年1回以上の利用で無料
  • ETCカード発行手数料:無料

ライフカード

ライフカード

おすすめポイント

  • 初年度ポイント1.5倍
  • 誕生日月はポイントが3倍
  • 年間の利用額に合わせて還元率がアップ
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~2.0% 18歳以上

ライフカードポイント加算特典が豊富なクレジットカードです。

例えば、誕生日月にポイント3倍や初年度ポイント1.5倍などの加算特典があります。

加算特典はETCカードにも適用されるので、嬉しいポイントです。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

おすすめポイント

  • 18歳~25歳専用のクレジットカード
  • 年会費は実質無料
  • いつでもポイント2倍で高還元
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 1.0%~3.0% 18歳~25歳

※初年度&年1回以上の利用で無料

三井住友カードデビュープラス18歳から25歳の方限定のクレジットカードです。

通常年会費は1375円(税込)ですが、年1回以上の利用で無料となります。

また、ETCカードも同様に年1回以上の利用で無料になるので、どちらの年会費も実質無料と考えてよいでしょう。

還元率も1.0%と高く、コンビニ3社とマックでポイントがアップするので、ポイントも貯まりやすくなっています。

  • ETCカード年会費:550円(税込)※年1回以上の利用で無料
  • ETCカード発行手数料:無料

VIASOカード

VIASOカード

おすすめポイント

  • オートキャッシュバック機能搭載
  • ETCや携帯電話料金の支払いで還元率が2倍
  • 最短翌営業日発行
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~1.0% 18歳以上

VIASOカードオートキャッシュバック機能が搭載されている年会費無料カードです。

利用額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円でキャッシュバックされます。※

※年間蓄積ポイントが1000ポイント以上の場合に限る

また、ETC料金の支払いで還元率が2倍になるので、頻繁に有料道路を利用する方にはおすすめです。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:1100円(税込)

リクルートカード(JCB)

リクルートカード

おすすめポイント

  • 業界最高水準の還元率
  • リクルート系列でポイントアップ
  • 手厚い付帯保険
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.2%~4.2% 18歳以上

リクルートカードポイント還元率が1.2%と非常に高いクレジットカードです。

通常利用でもポイントがザクザク貯まりますが、じゃらんやHOT PEPPERなどリクルート系列サービスの利用でさらにポイントが貯まります。

注意点として、JCB以外(Visa・Mastercard)を選択すると1100円(税込)の発行手数料がかかります。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

楽天カード

楽天カード

おすすめポイント

  • 12年連続顧客満足第1位
  • 楽天市場でポイントアップ
  • 貯まったポイントはそのまま使える
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~3.0% 18歳以上

楽天カード12年連続顧客満足度第1位の大人気クレジットカードです。

年会費無料かつポイント高還元で、ポイントの使い道も豊富なので、誰でも上手に使うことができます。

ETCカードの年会費は550円(税込)ですが、ゴールドカードにランクアップすることで無料になります。

  • ETCカード年会費:550円(税込)
  • ETCカード発行手数料:無料

エポスカード

エポスカード

おすすめポイント

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 10000以上の提携店舗から優待
  • 最短即日発行可能
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5% 18歳以上

エポスカードサービスが豊富で女性に人気のクレジットカードです。

全国10000以上の提携店舗で優待サービスを受けることができ、外出の多い方には特におすすめです。

また、最短即日発行が可能ですので、急いでいる方にもぴったりのカードです。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

おすすめポイント

  • 入会後6ヵ月間は還元率が2倍
  • iDとQUICPayをダブル搭載
  • オリコモールの利用で0.5%が特別加算
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~2.0% 18歳以上

Orico Card THE POINTポイント還元率が高いクレジットカードです。

通常還元率は1.0%で、入会後6ヵ月間は還元率が2倍になり、オリコモールの利用で0.5%が特別加算されます。

ETCカードの年会費は無料となっています。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

dカード

dカード

おすすめポイント

  • dカード特約店で還元率がアップ
  • 「d払い」の利用でdポイントが3重で貯まる
  • docomo利用料金の割引特典
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~2.5% 18歳以上

dカード非常に使いやすくポイント高還元のクレジットカードです。

スマホ決済アプリ「d払い」にdカードを登録して利用すると、ポイントの2重取りができます。

また、dカード特約店で利用するとさらにポイントがアップします。

貯まったポイントはローソンやファミリーマートでそのまま使えるので、ポイントの使い道に困ることもなく、非常に使いやすくお得なカードです。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

おすすめポイント

  • 電子マネー「WAON」が使える
  • イオングループでポイントアップ
  • 公共料金の支払いで毎月5WAONポイントが貰える
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~1,0% 18歳以上

イオンカードはイオングループでお得なクレジットカードです。

イオングループでの利用で還元率が2倍になり、「お客様感謝デー」ではさらにお得になります。

ETCカードは発行手数料・年会費ともに無料となっています。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

おすすめポイント

  • ポイントの有効期限がない
  • セゾン感謝デーに西友・LIVINで5%オフ
  • 最短即日発行可能
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 0.5% 18歳以上

セゾンカードインターナショナル即日発行が可能なクレジットカードです。

ネットで申し込み後、お近くのセゾンカウンターへ取りに行くことで、最短即日中にカードを受け取ることができます。

また、ポイントの有効期限がないので、自分のペースでポイントを使うことができます。

  • ETCカード年会費:無料
  • ETCカード発行手数料:無料

ETCカードのおすすめの選び方

ETCカードの選び方

ETCカードは多くの種類があり、どれを選べばいいのか悩んでいる方も多いと思います。

そこで、ETCカードのおすすめの選び方について解説していきます。

ETCカードの年会費が無料

多くの人にとって、ETCカードはクレジットカード以上に頻繁に使うものではないと思います。

大抵は週に1,2回程度しか使はないものですので、無駄な出費を避けるためにも、できるだけ年会費が無料のものをおすすめします。

また、三井住友ETCカードのように、年1回以上の利用で無料など、年会費が実質無料のものを選ぶのもありです。

ポイント還元率

ETCカードを利用すると、利用額に応じてカード会社のポイントが貯まります。

ポイント還元率は高ければ高いほどお得なので、できるだけポイント還元率の高いカードを選ぶと良いでしょう。

ETCカードの作り方

ETCカードの作り方

次にETCカードの作り方を解説していきます。

クレジットカード付帯型ETCカードに関しては、審査があるので、審査に落ちてしまうと発行ができないので注意しましょう。

クレジットカード付帯型ETCカードの作り方

クレジットカード付帯型ETCカードは、クレジットカードの申し込みと同時に追加カードとして作ることができます。

新規申し込みの場合は、まずクレジットカードを発行して、追加カードとしてETCカードを選択後に発行します。申し込み後、クレジットカードの審査に通過すると、本カードと共にETCカードが発行されます。

また、追加発行の場合は、お持ちのクレジットカードの公式サイトから、追加発行が可能です。

どちらも手元に届くまでの時間は、カード会社によって異なり、約3日~1週間程度で手元に届きます。

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードは申込書を郵送することで作ることができます。

申込書はETCパーソナルカードWebサービスやサービスエリアのインフォメーションで手に入れることができます。

申込書を記入後、運転免許証のコピーなど本人確認書類を添えて、事務局あてに郵送することで申し込みが完了します。

ETCパーソナルカードは、クレジットカードのように審査がありませんが、保証金と年会費を支払う必要があります。

ETCカードの使い方

ETCカードの使い方

ETCカードを発行しても、使い方が分からなければ意味がありません。

ここではETCカードの使い方を解説します。

ETCカードをETC車載器に挿入する

ETCカードが届いたら、まずはETC車載器に挿入しましょう。

もし車載器がない場合は、セットアップと呼ばれる作業が必要になります。

セットアップは自分で行うことはできず、専用の店舗で行う必要があります。

料金は約3000円程なので、もし車載器がない場合は、セットアップを行いましょう。

高速道路に設置されているETCレーンを通過する

ETCカードを車載器に挿入したら、いよいよETCカードを利用することができます。

ETCカードが車載器に挿入されている状態で、高速道路にあるETC専用レーンを通過することで、高速道路を利用できます。

ETC料金の支払いは、本カードの請求と同時に行われます。

また、利用の際にはきちんと車載器にETCカードが挿入されているかを確認しましょう。

ETCカードを発行するメリット

ETCカードのメリット

ここまでETCカードの概要について解説してきました。

では、ETCカードを作るメリットはどこにあるのでしょうか?

料金所をスムーズに通過できる

やはりETCカード最大のメリットは、料金所をスムーズに通過できる点です。

もし、ETCカードを持っていなかったら、高速道路の料金所を通過するたびに、一度停まって現金を支払う必要があります。

スムーズなドライブのためにもETCカードは欠かせません。

利用履歴が残る

ETCカードの利用履歴は、カード専用アプリや公式サイトの会員ページなどに残ります。

利用履歴が残ることで、いつどこでどのくらいの支払いをしたかが明確になります。そのため、家計管理がしやすくなり、節約に繋がります。

ポイントが貯まってお得

ETCカードは本カードと同じく、利用額に応じてポイントが貯まります。

そのため、ETCカードを使うだけで、間違いなく現金よりお得になります。

ポイント還元率が高ければ高いほどお得になるので、できるだけ還元率の高いカードを選ぶと良いでしょう。

ETCカードに関するQ&A

 

ETCカードとは?

ETCカードとは高速道路の料金所を通過するために利用するカードです。
「クレジットカード付帯型ETCカード」と「ETCパーソナルカード」に分別されます。


ETCカードはレンタカーでも使える?

ETCカードはレンタカーや他の人の車でも利用できます。
ETCカードは車載器に挿入するだけで利用可能なので、車載器のある車ではETCカードが利用できます。


デビットカードでETCカードは作れる?

残念ながら、デビットカードでETCカードは作れません。ETCカードはクレジットカードからしか作ることはできず、プリペイドカードからも作ることができません。
しかし、例外としてETCパーソナルカードという、クレジットカードとは別のETCカードを作ることはできます、ETCパーソナルカードは、デポジット(保証金)を支払うことで、利用できるETCカードです。


ETCレーンの入り口と出口でカードが違っても大丈夫?

ETCレーンの入り口と出口で違うカードを使った場合、ETCレーンのバーは開きません。
そのため、ETCレーンを通過したら、ETCカードの差し替えは行わないようにしましょう。

まとめ

今回はETCカードについて解説してきました。

普段から車を利用する方にとっては、ETCカードは必須のアイテムです。

また、たまにしか車に乗らないという方も、レンタカーなどを利用する際に便利なので、ぜひ作っておくと良いでしょう。

あなたにぴったりのETCカードを見つけて、カーライフがより良いものになるように願っています。

イオンカードポイント獲得の注意点

【ポイント対象外】

  • 対象カード*の内、30日間で6種類以上のカードを申込みした場合は、6種類目以降の申込みカードはポイント獲得の対象外
  • 家族カード
  • カード申込みから3ヶ月以内にカード発行に至らなかった場合
  • イオンカードの別券種から切替申込みされた場合
  • 対象カード*以外のカードを申込みされた場合
  • その他、著しく不正と判断される場合
  • *対象カード

イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ミッキーマウス)、イオンカードセレクト(トイ・ストーリー)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ミッキーマウス デザイン)、イオンカード(トイ・ストーリー デザイン)、イオンカード(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)、イオンカード(櫻坂46)、イオンカード(SKE48)、イオンJMBカード、イオンSuicaカード、イオンカード Kitaca、イオンSUGOCAカード、イオン首都高カード、イオン E-NEXCO passカード、イオン NEXCO中日本カード、イオンTHRU WAYカード、イオンNEXCO西日本カード、コスモ・ザ・カード・オーパス、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、マルエツカード、ナンバカード、日本点字図書館カード、ツルハドラッグカード、イオンサンデーカード、BE KOBEカード、三菱商事エネルギー・イオンカード、トイザらス・ベビーザらス・カード、JMB JQ SUGOCA、JQ SUGOCA、サンエックスカード(リラックマ)、シマムラ ミュージックカード、やまやカード、ワタミふれあいカード、KASUMIカード、コジマ×ビックカメラカード、ベネッセ・イオンカード、住友不動産ショッピングシティイオンカード、KNTカード、メイクマンカード、TOSHIBA STORE CARD、イオンスマートペイカード

【注意事項】

  • お問い合わせの際は、申込み完了メールに記載の識別番号(受付番号) を必ずご用意ください。
  • 他のポイントサイトからの入会を含め、同一人物による複数入会と判断された場合はポイント対象外となる可能性がございます。
  • ポイント付与前にカードを解約されると、ポイント付与されない可能性がございますのでご注意ください。
  • すでに同一カードをお持ちの方は、お申込み頂けません。
  • すでに家族カードをお持ちの方であっても、ご本人様名義で新たにお申込みされる場合は対象になります。