【2022年最新】クレジットカードおすすめ人気ランキング!年会費や還元率を徹底比較

おすすめのクレジットカードが知りたい!

85%以上の大人が保有しており、世界中に1000枚以上ある「クレジットカード」。

そのため「種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からない」という方も多くいると思います。

そこで今回は、以下のポイントを踏まえ、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 国際ブランド
  • サービス・付帯保険
  • セキュリティ性

この記事を読めば、必ずあなたに合ったおすすめのクレジットカードが見つかるでしょう!

監修者紹介

新井智美/トータルマネーコンサルタント

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)やセミナーを行う。豊富な金融知識を活かし、メディアへの執筆及び監修もおこなう。1級ファイナンシャル・プランニング技能士CFP®資格保有。(公式サイト

柴沼直美/ファイナンシャルプランナー

コ大学卒業後、保険会社で2年弱営業に従事したのち渡米。MBA修得後帰国。外資系証券会社でアナリスト、ファンドマネジャーとして勤務。結婚、3人の子育てと親の介護を機にフリーへ。現在はFPとして個別家計相談や執筆と行うと同時に大学等で金融・英語の講師として活動。1級ファイナンシャル・プランニング技能士CFP®資格保有。(公式サイト

クレジットカードおすすめ人気ランキング

早速ですが、クレジットカードおすすめランキングを紹介します。

今回は数あるクレジットカードの中から10枚を厳選紹介していきますので、この中からあなたに合ったクレジットカードを探してみましょう。

 

スクロールできます

タップで非表示

年会費
還元率
国際ブランド
申し込み条件
公式サイト
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

三井住友カード(NL)

JCB CARD W

JCB CARD W

VIASOカード

VIASOカード

ライフカード

ライフカード

三井住友カード
デビュープラス
三井住友カード デビュープラス
三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)

楽天カード

楽天カード

MUFGカード
ゴールド
MUFGカードゴールド

リクルートカード

リクルートカード

dカード GOLD

dカード GOLD


無料

無料

無料

無料

1375円(実質無料)

5500円(税込)※

無料

2095円(税込)

無料

11000円(税込)

(0.5%~5%)

(1.0%~5.0%)

(0.5%~1.0%)

(0.5%~1.5%)

(1.0%~3.0%)

(0.5%~5.0%)

(1.0%~3.0%)

(0.5%)

(1.2%~4.2%)

(1.0%~10.0%)
visa
Mastecard
JCB
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
American Express
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
18歳以上
18歳~39歳
18歳以上
18歳以上
18歳~25歳
20歳以上
18歳以上
18歳以上
18歳以上
20歳以上

セキュリティ性能と使いやすさが抜群の「三井住友カードNL」

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

おすすめポイント

  • ナンバーレスでセキュリティ性能抜群
  • コンビニ3社とマクドナルドでポイント最大5%
  • カード情報はアプリで簡単に確認
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~5.0% 18歳以上

三井住友カード(NL)大手コンビニ3社とマクドナルドで利用すると最大5%還元されるクレジットカードです。

また、ナンバーレスでカード情報が記載されていないデザインなので、紛失や盗難による不正利用のリスクがほとんどありません。

ちなみに、クレジットカード情報は専用アプリで簡単に確認することができます。

最短5分で即日発行が可能なので今すぐクレジットカードが必要という方にもおすすめです。

新井智美

三井住友カードNLは、SBI証券で投資信託を積立購入することもできますので、これから資産運用を考えている方にもおすすめのカードといえます。

>>> 新規入会キャンペーン実施中<<<

三井住友カードNL
公式サイトはこちら

三井住友カード ナンバーレスの口コミ

(20代/男性/会社員)

入会特典が他社よりも多く、お得感満載でした!
また、還元率も高くVISAタッチをコンビニで利用すると還元率がアップするのでとてもおすすめです。
年会費も無料なので末永く持ち続けたい1枚です。

(30代/女性/会社員)

カード情報が記載されていない、「ナンバーレス」なデザインなので、万が一紛失した時にも安心です。
還元率も高く、年会費無料で何よりデザインがいいので気に入っています。

→三井住友カードNL詳細はこちら

  • ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
  • ※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

18歳から39歳が申し込み対象の高還元カード「JCB CARD W」

JCB CARD W

JCB CARD W

おすすめポイント

  • 申し込み対象は18歳~39歳
  • Amazonやスタバでポイントアップ
  • ポイントが常に2倍で高還元
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~5.0% 18歳~39歳

JCB CARD W18歳から39歳の方が申し込み対象のクレジットカードです。

還元率は1.0%とJCB一般カードの2倍で、提携店舗やOkiDokiランドで最大20倍まで還元率がアップします。

普段ネットショッピングをよく利用している方ならJCB CARD Wを利用するだけで勝手に多くのポイントが貯まることになります。

入会は39歳までですが、40歳以降も継続利用が可能なので、長く使いたい方にもおすすめです。

新井智美

JCBカードWはポイント還元率の高さを求めて、他のカードから乗り換える人もいるほど。また、年会費無料であるにもかかわらず、ショッピング保険が付帯している点も高評価といえます。

>>>キャッシュバック期間中<<<

JCB CARD W
公式サイトはこちら

JCB CARD Wの口コミ

(30代/男性/会社員)

年会費が無料で、39歳までしか作れないクレジットカードで、入会特典のポイントアップが
とても魅力に感じたので申込みをした、JCBブランドなのでスーパーやコンビニなど
国内での利用に強いと思う。実店舗、ネットショッピング含めて日常的に使って行きたいと思う。

(20代/男性/会社員)

ポイント還元、サービスでいうとそれぞれよりよいものがありますが、そういった還元率競争から降りたいという方に「丁度いい」カードです。
applePayとgooglePayの両方に登録でき、ETCも無料。このカード一枚ですべて完結します。
「あのカードは○○に使う」「このカードは△△専用」みたいなことに疲れた方にジャストフィットするのではないでしょうか。

→JCBカードWの詳細はこちら


オートキャッシュバックが便利な「VIASOカード」

VIASOカード

VIASOカード

おすすめポイント

  • オートキャッシュバック機能搭載
  • 携帯料金・ETC・プロバイダ料金の支払いでポイント2倍
  • 最短翌営業日発行ですぐ届く
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~1.0% 18歳以上

VIASOカードは三菱UFJ銀行が発行する年会費無料のクレジットカードです。

最大の特徴はオートキャッシュバック機能で、利用額に応じて現金が還元されます。※

※注意:1年間で1000ポイント以上貯める必要があります。

そのため、ポイントの有効期限を気にすることなく利用することができます。

また、最短翌営業日発行ですので「今すぐにクレジットカードが欲しい」という方にもおすすめのクレジットカードとなっています。

おすすめポイント
  • 貯まったポイントが口座に現金として還元
  • オートキャッシュバック機能でポイント失効の心配がない
  • ネット・スマホ料金をVIASOカード支払いにするとポイント還元率が2倍

柴沼直美

年会費無料に加え、手続き不要でオートキャッシュバックという点が魅力のクレジットカードです。クレカで買い物をすればポイントが貯まることはわかっていても、ポイントをほかのサービスに使えたり、キャッシュバックしたりする手続きが面倒で、気が付くと期限切れだったということはありませんか?VIASOカードではこういった心配は一切不要なので、大雑把な人や細かいことに気を遣いたくない人にぴったりです。

>>> 貯まったポイントが現金で受け取れる<<<

VIASOカード
公式サイトはこちら

VIASOカードの口コミ

(40代/男性/会社員)

キャンペーンに合わせて入会。オートキャッシュバックが非常に便利。発行日数も少なく、安心の三菱UFJ!

(60代/男性/会社員)

サブカードとして三井住友カードと共に作らさせていただきました
スタイリッシュな三井住友カードも良いのですがカジュアルな三菱VIASOカードのデザインも好きです
とりあえずスマホ2台の支払いをこの2枚で支払う事にしました。

→VIASOカードの詳細はこちら


ポイントアッププログラムが豊富でお得な「ライフカード」

ライフカード

ライフカード

おすすめポイント

  • 誕生月はポイント3倍
  • 年間のご利用額に応じてポイントアップ
  • 初年度はポイントが1.5倍
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
永年無料 0.5%~1.5% 18歳以上

ライフカードポイントプログラムが豊富なクレジットカードです。

通常還元率は0.5%ですが、誕生日月に3倍や初年度1.5倍などのサービスにより、ポイントが非常に貯まりやすくなっています。

また、「学生専用」や「旅行傷害保険付き」など、様々な種類があるのでニーズに合わせてカード選べる点が魅力です。

おすすめポイント
  •  ネットショッピングや旅行予約をL-Mall経由にするだけでポイントが25倍に!

柴沼直美

年会費が永年無料というだけでなく、上手に使えばポイントが早く貯まるところが魅力です。入会後1年間は通常の1.5倍年で、50万円利用すれば次年度もポイント1.5倍、さらに年150万円利用で次年度ポイント2倍と段階的にポイント還元率が上がっていきます。これだけの金額を使うのはハードルが高いと思う人は、誕生月に3倍になるしくみを利用しても予想以上にポイントはたまります。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

ライフカード
公式サイトはこちら

ライフカードの口コミ

(20代/男性/会社員)

お店で使えるqr決済や電子マネーの種類が増えてきて、メインカードが使えない時などに使っています。あとは誕生日月にポイントが多くなるので優先して使うようにしています。
自分には付帯サービスを使うことがないためあってもなくても気にならないです。

(30代/女性/会社員)

TV購入で利用しましたが、iDも登録でき
ポイントが誕生月3倍も嬉しい。
電気代等もライフカードに切り替えます

→ライフカードの詳細はこちら


若者限定の高還元で人気の「三井住友カードデビュープラス」

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

おすすめポイント

  • 18歳~25歳専用のクレジットカード
  • 年会費は実質無料
  • いつでもポイント2倍で高還元
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
1375円(税込)※ 1.0%~3.0% 18歳~25歳

※初年度&年1回以上の利用で無料

三井住友カードデビュープラス18歳から25歳の方限定のクレジットカードです。

ポイント還元率は1.0%と高還元で、コンビニやマックでさらにポイントが貯まります。

通常年会費は1375円(税込)ですが、初年度無料かつ年1回以上の利用で無料になるので、実質無料となっています。

26歳以降は「三井住友カードプライムゴールド」にランクアップするので、将来的にゴールドカードを持ちたいという方にもおすすめです。

柴沼直美

18歳~25歳限定ですが、クレカデビューの若い人を応援するうれしい特典が満載です。年会費は初年度のみ無料ですが、2年目以降も1,375円以上の利用で無料となります。最大の魅力はポイント還元率が1%と高いことです。特にセブン-イレブン・ローソン・ファミリーマートなどで利用する場合はいつでも3%と業界最高水準の還元率です。コンビニ愛用者にはうれしいですね。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

三井住友カードデビュープラス
公式サイトはこちら

三井住友カードデビュープラスの口コミ

(20代/男性/学生)

先日20歳の誕生日を迎えたためその日の午前1時頃に申し込みをした。すると昼過ぎには審査が通った旨のメールが来て、1週間以内にカードが届いた。Vpassアプリを用いた利用額の確認がしやすく、月々の収入と比較しての利用額の管理がしやすい。初めてのクレジットカードだったがとても良かった。

(20代/男性/会社員)

最初の1枚目を作成するなら、デビュープラスがおすすめです。
最近は妙な味付けのされたクレジットカードが多いので、こういうプレーンなカードはある意味貴重です。

年間100万円以上の利用で年会費が無料の「三井住友カードゴールド(NL)」

三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)

おすすめポイント

  • 年間100万円以上の利用で年会費永年無料
  • 毎年年間100万円の利用で10000ポイント還元
  • コンビニ3社とマクドナルドで最大5%還元
年会費 還元率 申し込み条件
5500円(税込)※ 0.5%~5.0% 20歳以上

※条件クリアで無料

三井住友カードゴールド(NL)は2021年7月に発行が開始された、新しいゴールドカードです。

こちらのカードは、年間100万円以上利用する方であれば、必ず持っておくべきゴールドカードです。

理由は、年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料になり、10000ポイントが還元されるからです。

年会費無料で、高ステータスのゴールドカードが持てるので、カード決済の機会が多い方は、発行をおすすめします。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

三井住友カード(NL)
公式サイトはこちら

三井住友カードゴールド(NL)の口コミ

(30代/男性/会社員)

年間100万円で翌年度以降の年会費が永年無料ということですが、家賃や光熱費など固定費を支払えばあっという間に達成できます。
また、コンビニやマックで5%還元、マツキヨなどでも1%還元かつ、ゴールドカードならではのサービスも付帯しているので、持っていて損はないカードです。

(40代/男性/会社員)

海外に行くことが多いので、いままでは高い年会費を渋々支払って違うゴールドカードを使用していましたが、ネット広告でこちらのカードを見つけてすぐさま発行しました。
年間100万円の利用はすぐに達成でき、年会費無料で保険の手厚いカードを持てたので満足です。
  • ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
  • ※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

楽天グループでの利用が特にお得な「楽天カード」

楽天カード

楽天カード

おすすめポイント

  • 12年連続顧客満足度第1位
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 貯まったポイントはそのまま使える
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
永年無料 1.0%~3.0% 18歳以上

楽天カードは老若男女問わず幅広い世代の方々が利用していうるクレジットカードです。

最大の特徴はその使いやすさにあります。

普段使いでもポイントが貯まりやすく、貯まったポイントはそのまま「楽天市場」や「楽天Edy」で使うことができます。

カードを使い続けることで、ポイントの有効期限も伸びるので、焦って使い道を探す必要もありません。

特に、クレジットカードを初めて使う方におすすめです。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

楽天カード
公式サイトはこちら

楽天カードの口コミ

(30代/女性/会社員)

ネットからの申し込みは簡単で、カードは2週間ぐらいで届きました。貯まったポイントが近所のドラッグストアやホームセンターで使えるので便利。
楽天市場でも時々買い物をするので、年間1万円分ぐらいは還元されています。

(30代/女性/主婦)

使い勝手のいい楽天ポイントが貯まるというのが最大の利点です。またITの機能が発達してます。

とにかく年会費が安い「MUFGカードゴールド」

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

おすすめポイント

  • 年会費が2095円(税込)と非常に持ちやすい
  • 初年度年会費が無料
  • 最短翌営業日発行ですぐ届く
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
2095円(税込)※ 0.5% 18歳以上(学生除く)

※初年度無料

MUFGカードゴールド年会費が非常に安く、持ちやすいゴールドカードです。

基本的にゴールドカードの年会費は1万~3万円ですが、こちらのカードはなんと2095円(税込)となります。

初年度年会費は無料かつ最低限のサービスは用意されているので、ゴールドカードを持ってみたいという方にはおすすめです。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

MUFGカード ゴールド
公式サイトはこちら

MUFGカードゴールドの口コミ

(30代/男性/会社員)

とりあえずお手頃年会費で見栄を張りたい人には良いカードです。
本カードはデュアルスタイルで持つことで価値があると思います。
楽天KOBO、ひかりTVブックのような電子書籍ストアはAMEX不可の場所もありますし、VISA/MasterをAMEXのサブでデュアル発行してセットで持ち歩くと、銀聯がデフォである中国以外では世界中で困る事余り無いのではと?

(20代/男性/会社員)

まだ(恐らく)普通のゴールドを作れる身分では無いので、作っておいて良かったと思っています。
せっかく年会費を払っているので、サービスを有効活用したいと思います。

年会費無料で常に高還元の「リクルートカード」

リクルートカード

リクルートカード

おすすめポイント

  • 業界最高水準の還元率
  • リクルート系列でポイントアップ
  • 手厚い付帯保険
年会費 還元率 申し込み条件
永年無料 1.2%~4.2% 18歳以上

リクルートカード通常還元率が1.2%と非常に高いクレジットカードです。

いつでもどこでも高還元ですので、家賃や公共料金の支払いに充ててもお得になります。

また、HOT PEPPERやじゃらんなどリクルート系列のサービスでも還元率がアップするので、美容やグルメ、旅行が好きな方にもおすすめです。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

リクルートカード
公式サイトはこちら

リクルートカードの口コミ

(20代/女性/会社員)

ポイント還元率が高い点と、当時のキャンペーンに惹かれて利用しました。
たた、カードの券面のデザインが好きになれず、現在は使っていません。
一般カードでステイタスが無いのはしょうがないですが、カードデザインのせいで余計にメインで使う気にならないのが残念な点です。
しかし、一般カードにしてはポイント還元率が高く、今でもいいカードだと思います。

(20代/男性/会社員)

正直なところ、楽天カードのように幅が広いわけではないが、リクルートカードのサイトに行って「この店ってよく使うなー」と思ったら検討の余地がある。私の場合はローソンで帰りに買い物をすることが多いので選択した。ポンタプラスもありだったかもしれないが、今のところは様子見。

ドコモ利用料金の支払いで10%還元の「dカード GOLD」

dカード GOLD

おすすめポイント

  • docomo料金の支払いで10%還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジが利用可能
年会費 ポイント還元率 申し込み条件
11000円(税込) 1.0%~10% 20歳以上

dカードGOLDは上記で紹介した「dカード」の上位ランクに当たるクレジットカードです。

こちらのカードもdocomoユーザーに特におすすめのゴールドカードとなっています。

なんとこちらのカードでドコモ携帯/ドコモ光料金を支払うとポイントが10%還元されます。

例えば、月々の支払料金が1万円の場合、1年で12000円分と年会費以上のポイントが返ってくることになります。

サービスや保険も非常に充実しており、年会費以上の価値があるゴールドカードです。

新井智美

年会費はかかるものの、携帯の料金や光回線の利用金額の10%程度がdポイントとして貯まっていくので、面白いようにポイントが貯まります。
ドコモユーザーであれば、毎月の携帯利用料で年会費相当のポイントを貯められますよ。

>>> カード詳細についてはこちら<<<

dカードゴールド
公式サイトはこちら

dカードGOLDの口コミ

(30代/女性/会社員)

ドコモ光を4月から開始したので再契約しました
ネットショップでこのカード使用は使えない店舗があり、全ては賄えません。
スカパーの光TVとひかり電話、Ahamoで月額1万中頃になるでしょうから、あとd払いを当分予定しています。
まだスタート段階ですが年会費分の価値があることを期待してます。

(30代/男性/会社員)

ポイント特典が楽天に並んで強いと思いますので、特典目当てで作っても良いとは思います。
ただ、近頃会員の急増に対応できないのか、サポートには全然つながりません。ゴールドカード専用ダイヤルでもそうです。
ここだけでも改善されればと思います。

クレジットカードのおすすめの選び方

クレジットカードのおすすめの選び方
クレジットカードには、カードランク、国際ブランド、発行会社などそれぞれに特色があり、一見比較が難しいように思われます。

カードランク 国際ブランド 発行会社
一般カード
ゴールドカード
プラチナカード
ブラックカード
Visa
Mastercard
JCB
American Express
Diners Club
銀行系
流通系
鉄道・航空系
消費者金融系

そこで、「ここだけは留意しておくべき!」という点を4つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 年会費
  2. ポイント還元率
  3. サービス・付帯保険
  4. セキュリティ性

これらの点を理解すれば、クレジットカードを選びやすくなります。

クレジットカードの年会費

年会費とは、クレジットカードを保有することによって発生する費用のことです。

年会費には以下の種類があります。

クレジットカード年会費の種類
  1. 年会費無料
  2. 初年度年会費無料
  3. 条件クリアで年会費無料or割引
  4. 年会費有料

できるだけ出費を抑えたい人や、初めてクレジットカードを作る人は年会費無料を選びましょう。

もしサービスや保険を重視するのであれば年会費有料のクレジットカードも考えてみていいかもしれません。

クレジットカードのポイント還元率

 ポイント還元率とは、クレジットカードの利用額に応じて返ってくるポイントの割合のことです。

例えば、100円の利用で1ポイント還元されるクレジットカードは、ポイント還元率が1.0%になります。※

※1ポイント=1円の場合

貯まったポイントは基本的に、マイルやギフト券に交換して使います。

中には、電子マネーや特定のショッピングサイトでそのまま使えるクレジットカードもあるので、ポイントの使い道はチェックしておきましょう。

一般的には1.0%以上から高還元と言われています。

注意点

ポイントの換算率はカード会社によって異なります。
例えば、1ポイントが1円換算のカード会社と1ポイントが5円換算のカード会社などが存在します。

クレジットカードのサービス・付帯保険

クレジットカードには、サービスや保険が付帯しています。

サービスの種類はクレジットカードごとに異なりますが、旅行に関するサービスや保険が多くあります。

特に海外旅行や出張が多い方は、サービスや保険に着目してクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

旅行関連のサービス・保険の例
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • 空港ラウンジサービス
  • 海外レンタカー
  • トラベルデスク
  • ホテル手配サービス
  • wi-fi貸し出しサービスなど

クレジットカードのセキュリティ性

クレジットカードは資産に関わるものですので、セキュリティ性は見過ごせません。

お気に入りのクレジットカードに、不正検知システム本人認証サービスなどが用意されているかは確認しましょう。

セキュリティに関するサービス
  • 不正検知システム
  • 3Dセキュア(本人認証サービス)
  • 第2パスワードなど

最近では、ナンバーレスで不正利用に強いクレジットカードも続々と登場しています。

クレジットカードの申し込みに必要なもの

クレジットカードの申し込みに必要なもの

クレジットカードを申し込む前に以下のものを用意しておきましょう。

  • 本人確認書類
  • 自分名義の口座

本人確認書類

クレジットカードを申し込む際には、本人確認書類が必須になります。

具体的には以下のものが本人確認書類となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カードなど

本人確認書類

基本的には顔写真付きのものが必要になります。

もし持っていない場合は、保険証や住民票と公共料金の領収書など、複数用意しなければならない場合もあります。

自分名義の口座

クレジットカードの利用料金を引き落とす口座も必須になります。

もし自分名義の口座を持っていない場合は、まず銀行窓口で口座を開設する必要があります。

 ネット申し込みでも口座開設は可能です。

クレジットカードの作り方

クレジットカードの作り方

クレジットカードの申し込みに必要な情報が分かったところで、次にクレジットカードの作り方について紹介していきます。

クレジットカードは3つのステップで簡単に作成することができます。

STEP.1
申し込み
 
STEP.2
審査
STEP.3
受け取り

それぞれのステップについて以下で詳しく解説していきます。

クレジットカードの申し込み

代表的なクレジットカードの申し込み方法は3つです。

ネット申し込み クレジットカードの公式サイトから申し込む方法
必要書類の写真を撮り提出するのが一般的
店頭申し込み 店頭でクレジットカードを申し込む方法
必要書類をあらかじめ用意しておくことで、審査が即日完了することがある
郵送申し込み 必要書類を郵送で提出する方法
郵送申し込みが必要なことと、審査が長めなことが多い

必要書類をクレジットカード会社に提出するという点が共通ですが、それぞれ提出方法と審査期間が異なります。

ネット申し込みでは、最後に申込番号が発行されるので、控えておきましょう。

申込番号は、クレジットカードの発送状況や審査状況を確認する際に必要になります。

クレジットカードの審査

クレジットカードを発行する上で審査は避けては通れません。

審査基準はクレジットカード会社ごとに異なりますが、主に以下の点をチェックしていると言われています。

審査のチェックポイント
  • 収入
  • 過去の取引履歴
  • 他社の借入状況
  • 職業
  • 属性

クレジットカードの審査は、申し込み者の返済能力を判断するために行われます。

クレジットカード決済は、カード会社と利用者間の信用取引あるため、カードを発行するには審査に通るのが必要不可欠になります。

クレジットカードの受け取り

審査を通過するとクレジットカードを受け取ることができます。

店頭での即日発行を除き、郵送で送られてくることがほとんどです。

クレジットカードを受け取る際には、本人確認書類が必要な場合があるので、あらかじめ用意しておくとスムーズに受け取ることができます。

 三井住友カード(NL)のように審査完了後すぐに、Apple Payやネットショッピング等で利用できるカードもあります。

クレジットカードの上手な活用法

クレジットカードの上手な活用法

この記事を読んでいる方の中には、クレジットカードを初めて使うという方も多くいると思います。

そこで、クレジットカードの上手な活用法について解説していきます。ぜひ参考にして、クレジットカードを上手に使ってみましょう。

用途によってカードを使い分ける

世の中には数多くのクレジットカードが存在しますが、カードごとにお得になる使い方があります。

 例えば、楽天カードは楽天市場でのお買い物でお得になり、三井住友カードはコンビニやマクドナルドでお得になります。

そのため、クレジットカードを最大限お得に使うためには、使い道によって利用するカードを変えるのが最適です。

ただ、何枚ものクレジットカードを管理するのは面倒という方もいると思います。

そんな方は、通常還元率が高いクレジットカードを選ぶと良いでしょう。通常還元率が高いと、どこで利用しても高還元ですので、1枚のカードで十分お得に活用することができます。

\ポイント高還元!/

おすすめクレジットカードはこちら

付帯保険やサービスも活用する

クレジットカードの中には、保険やサービスが付帯するものも多くあります。

そのため決済だけでなく、付帯保険やサービスを使うことで、さらにクレジットカードの恩恵を受けることができます。

カードによって、保険やサービスの内容は異なります。申し込み前に、どんな保険やサービスがあれば嬉しいかを明確にしたうえで、クレジットカードを選んでみましょう。

あらゆる支払いをカード払いにすることでさらにお得に

クレジットカードは利用額に応じて、カード会社独自のポイントが還元されます。

基本的には支払い対象が何であれ、ポイントは還元されるので、できるだけカードを使った方がお得になります。

お買い物だけでなく、公共料金など固定費の支払いもクレジットカードに設定することで、さらにポイントが貯まります。

クレジットカードを上手に活用するためにも、ありとあらゆる支払いをカードにしてみるとよいでしょう。

クレジットカードに関するQ&A

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、商品やサービスの決済時に使用する、後払い式のカードのことです。
基本的には、1か月分の利用額の合計を支払い日にまとめて支払います。
一括払いや分割払い、リボ払いなど、ライフスタイルに合わせて様々な支払い方法を選択できるのが強みの一つです。

クレジットカードの使い方は?

クレジットカード対応の店舗で、店員さんに「カード払いで」と伝えます。その後、暗証番号の入力またはサインの記入をするとカード払いは完了します。
ネットショッピングで使う場合は、クレジットカード番号や裏面に記載されたセキュリティコードを入力することで利用できます。


いつ料金が請求されるの?

クレジットカードによって、締め日と支払日が決められています。例えば15日締め・月末払いの場合は、先月16日から当月15日までのご利用料金の総額が、月末にまとめて引き落としされます。
もし、締め日までにお金が用意できない場合は、分割払いなどをうまく活用して延滞を回避しましょう。


クレジットカードのメリット・デメリットは?

クレジットカードのメリットは、決済が楽になることや大きなお買い物ができる点などです。反対にデメリットは、間違った使い方をすると借金の恐れがある点です。
基本的にはメリットが大きいですが、金銭管理が苦手な方はまずはデビットカードから始めてみましょう。


分割払い・リボ払いって何?

分割払いは3回以上の複数回にわたり、分割して支払う方法です。
高額商品を購入する際などに利用します。分割回数に応じて手数料がかかるので注意しましょう。
リボ払いは、あらかじめ設定しておいた金額を毎月支払っていく方法です。毎月の支払額が上下しても払う金額が変わらないので、家計管理がしやすくなります。しかし、こちらも手数料が発生します。

学生におすすめのクレジットカードはある?

学生には若年層向けのクレジットカードがおすすめです。例えば、「三井住友カードデビュープラス」は18歳~25歳専用のカードで、年会費実質無料かつポイント高還元で、学生でも使いやすいカードです。
さらに詳しく学生におすすめのクレジットカードが知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)