ビットコインの半減期とは?仕組みや過去チャートを基に稼ぐ手法を紹介!

  • ビットコインは半減期で価格がどうなるの?
  • ビットコインの半減期はどんな投資をすれば稼げる?

ビットコインには4年に1度、マイニングで新規発行されるビットコインの枚数が半分になる「半減期」がありますが、訪れると価格がどうなるのか気になる方も多いでしょう。

本記事では、ビットコインの半減期と価格の関係性や次の半減期が訪れる時期を解説し、次に向けてどんな投資をしておけば稼げるのか、具体的な手法を2つ紹介します。

ビットコインの半減期-概要
  • コインの半減期とは?わかりやすく解説
  • ビットコインの半減期は価格にどんな影響を与える?
  • 2024年のビットコインの半減期では、価格はどうなる?
  • ビットコインの半減期で簡単に稼ぐには、積立投資がおすすめ
  • Coincheckなら自動積立機能が付いているため便利!
  • Coincheckと特別コラボキャンペーン!当サイトから新規口座開設をして購入した方全員にBTC3,000円分プレゼント

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

本記事を読み終えることでビットコインの半減期が訪れた際にお金を稼ぐチャンスを獲得でき、失敗しない仮想通貨投資ができるでしょう。

目次

ビットコイン(BTC)の半減期とは?わかりやすく解説

ビットコイン-半減期わかりやすく

ビットコインの半減期とは、ビットコインの新規発行枚数が通常の半分になることです。ビットコインの新規発行はマイナーによるマイニングによって行われますが、半減期が訪れると新規発行される枚数が半分になります。

ビットコインの半減期は4年に1度のペースで訪れ、すでに2012年から3回行われています。

半減期が3回訪れている2022年現在は、ビットコインの新規発行枚数が6.25BTCとなっており、1回目の半減期が訪れる2012年以前の50BTCと比べると大きく減少しているとわかるでしょう。

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決められていて、発行上限に達するには2140年頃が予想されているため、ゆっくりと供給量が減少します。

ビットコインの半減期と価格の関係

ビットコインは半減期が訪れると価格上昇しやすくなる仕組みになっており、過去の傾向を見てもすべて上昇しています。

ビットコインが半減期によって価格上昇する仕組みはマイナーが重要な要素になります。

マイナーとは、仮想通貨のマイニングをする人・企業。報酬をマイニングした仮想通貨がもらえ、マイニングにかかった費用-仮想通貨の売却益が利益になる。

マイナーは報酬として得た仮想通貨を売却することで収益を得ていますが、半減期が訪れるともらえる枚数が減るため収益が低下します。

もらえる枚数が減ると、今までよりマイナーの売り圧が低下するため価格は買いの方が優勢になり、半減期の後は価格上昇しやすくなるのです。

ビットコインの半減期と価格の関係をまとめると以下のようになります。

ビットコインの半減期と価格の関係
  1. ビットコインの半減期が訪れると新規発行枚数が半分になる
  2. 半分になると、マイナーの売り圧が低下する
  3. 売り圧が低下した分、買いが優勢して価格が上昇しやすくなる
  4. 価格が上昇すればマイナーの収益は±0になる可能性が高い

ビットコインは半減期の翌年に大きく価格上昇する

ビットコインは半減期の翌年に価格が上昇する傾向が強いです。実際に過去の半減期と価格上昇を見ると以下の通りです。

ビットコインの半減期と価格上昇
  • 2012年の半減期:12.35ドル→1000.63ドル
  • 2016年の半減期:643.24ドル→2487.61
  • 2020年の半減期:8821.42ドル→56.631ドル

過去3回の半減期はすべて桁を1つ増やすほど価格上昇しており、半減期の前にビットコインへ投資しておけば翌年に大きな利益を得られる可能性が高いでしょう。

次のビットコインの半減期は2024年?

次のビットコインの半減期は2024年に行われる予定です。マイニング報酬は6.25BTC→3.125BTCに減少し、2024年頃は2020年と比べてもビットコインの認知度や需要は増加していると予想されるため過去最大に買いが優勢となる可能性があります。

ただ、明確な時期はまだ決められていません。理由はビットコインの1ブロックの解読にかかる時間が難易度調整により変化するため、正確な日にちはまだ予想できないのです。

半減期による価格上昇は、半減期を終えてからじわじわと上昇基調が始まり、1年ほどかけて最高値へ向かう傾向があります。

そのため、投資タイミングとしては半減期が行われる1~2ヶ月前に投資しておくのがおすすめです。

半減期は回数を重ねるごとに影響が少なくなる

半減期はマイナーの売り圧が減少するため価格上昇しやすい仕組みができ、実際に過去の半減期後もビットコインは上昇しています。

しかし、今後の半減期は回数を重ねるごとに価格上昇しにくくなると予想されます。なぜなら、半減期は新規発行枚数が半分になる仕組みで、半分になればなるほどマイナーの収益への影響も小さくなります。

半減期とマイナーの収益(1BTC=100万円の場合)
  • 2012年:50BTC→25BTCに減少。収益は2500万円低下
  • 2016年:25BTC→12.5BTCに減少。収益は1250万円低下
  • 2020年:12.5BTC→6.25BTCに減少。収益は625万円低下

半減期の回数を重ねるごとに収益の低下も少なくなっているとわかります。

半減期は回数を重ねていくごとに価格への影響が小さくなるため、半減期による大きな価格上昇の恩恵を受けられるのは残りわずかと考えてもよいでしょう。

半減期はマイニング報酬が減るためマイナーが減る可能性がある

半減期が訪れるとマイニング報酬は減りますが、ビットコインのマイニングは競合が多いため、大手のマイニング企業以外は収益性が見合わず撤退してしまう恐れがあります。

マイナーが1つの地域や企業に集中してしまうと分散性が損なわれてしまうので、何かトラブルが遭った際に大きな損失を被る可能性があるでしょう。

ビットコイン-ハッシュレート
画像出典:Coinpost

ただ、2022年現在のハッシュレートは右肩上がりで上昇しており、大手マイナーは長期視点で強気に見ているため、大手マイナーがマイニング市場から撤退して市場を大きく動かす可能性は低いと見られます。

ビットコイン(BTC)の半減期が与える影響

ビットコイン-半減期-影響

ビットコインの半減期が与える影響を、ビットコイン価格とマイナーに分けて解説します。

ビットコインの価格に与える影響

半減期はビットコインの価格を上昇させる影響があります。過去の半減期を見ても桁が1つ増えるほど価格上昇しており、価格上昇は半減期の直後ではなく翌年に起きる傾向が強いです。

また、2020年の半減期の直前は価格が下落する傾向も見られており、2024年の半減期直前も下落する可能性があるため、安く購入できるチャンスになるでしょう。

マイナーに与える影響

ビットコインの半減期がマイナーに与える影響は、マイナーの報酬が半分になるためマイニング業者の競争がさらに激化します。

もらえるビットコインの枚数が半分になるためその分の価格上昇がなければ費用対効果が見合わなくなり、大手マイニング業者がより市場を独占する可能性が高くなります。

少なくとも個人でビットコインマイニングを行っている方は利益を出すのがほぼ不可能になります。

ビットコイン(BTC)の過去の半減期時のチャートと今後の予想

ビットコイン(BTC)の過去の半減期時のチャートと今後の予想

実際にビットコインは半減期が訪れるとチャートはどうなっていたのか、過去の半減期時のチャートを解説し、2024年の半減期の予想をします。

2012年のビットコインの半減期

ビットコイン-2012-半減期

ビットコインは2012年11月28日に1回目の半減期を迎えました。

2012年のビットコイン半減期
  • 半減期前のブロックあたりの報酬:50BTC
  • 半減期後のブロックあたりの報酬:25BTC
  • 半減日の価格:12.35ドル
  • 1年後の価格:1000.63ドル

2012年の半減期ではビットコイン価格が約100倍の上昇をしています。ただ、2012年はビットコインが誕生してから間もなく、投資家も少ない時代だったため今後の半減期とは比較対象にならないと考えてよいでしょう。

100倍の価格上昇をした背景は、1回目の半減期で50BTCから25BTCと大きく枚数が減少したため、マイナーによる売り圧が大きく低下したからと考えられます。

2016年のビットコインの半減期

ビットコイン-2016-半減期

ビットコインは2016年7月9日に2度目の半減期を迎えました。

2016年のビットコインの半減期
  • 半減期前のブロックあたりの報酬:25BTC
  • 半減期後のブロックあたりの報酬:12.5BTC
  • 半減日の価格:643.24ドル
  • 1年後の価格:2487.61ドル

2016年頃はビットコインの知名度や需要も徐々に増え始めましたが、半減期の直後には価格は下落しました。

2016年8月には底を付け、同年10月から価格上昇し始め、1年後には約30倍になっています。

半減期の翌年である2017年は仮想通貨市場がバブル相場だったこともあり、実態より高い価格で取引されていました。

ビットコインの半減期は仮想通貨市場をバブルにさせる働きもあるため、アルトコインを中心に取引している方にも良い影響を及ぼします

2020年のビットコインの半減期

2020年5月11日に3度目の半減期を迎えました。

2020年のビットコインの半減期
  • 半減期前のブロックあたりの報酬:12.5BTC
  • 半減期後のブロックあたりの報酬:6.25BTC
  • 半減日の価格:8821.42ドル
  • 1年後の価格:56.631ドル

2020年にはビットコインの3回目の半減期が訪れ、直後には価格はそこまで下落していません。同年3月には価格が大きく下落していますが、半減期の影響ではなくコロナショックの影響になります。

1年後の価格は過去の半減期よりも上昇幅は減少しているものの高騰しており、2021年も仮想通貨市場はバブル相場だったため、2021年11月まで価格は上昇し続けました。

2021年にバブル相場が訪れた理由はアメリカがコロナショックによる経済停滞を改善するため経済を押し上げる金融政策を行ったからです。

ビットコインが半減期によってバブル相場になるかどうかは、直近の経済状況もあわせて確認しておくとよいでしょう。

2024年のビットコインの半減期の価格はどうなる?

2024年のビットコインの半減期では、マイナーの報酬が6.25BTCから3.125BTCへ減少します。減少する枚数は当然少なくなっているため、過去の半減期と比べても価格の上昇幅は狭くなると予想されます。

また、2022年現在はコロナショックによる大規模な金融緩和によって世界的なインフレに悩まされており、2025年までに解決できるかも考えておく必要があるでしょう。

2024年の半減期で抑えておくべきポイントは以下の通りです。

2024年のビットコインの半減期
  • 過去よりも上昇幅は狭くなる
  • 経済状況をチェックしておく必要がある
  • ビットコインの知名度・需要は過去最も高い

ビットコインの半減期に備えたおすすめ投資方法2選

ビットコイン-半減期-投資方法

ビットコインの半減期で利益を出したいと考える方は多いでしょう。そこで、半減期に備えたおすすめの投資方法を2つ紹介します。

ビットコインの半減期に備えた投資方法2選
  • ドルコスト平均法でコツコツ枚数を増やす
  • 半減期の2ヵ月前に仕込み、翌年に売却する

ドルコスト平均法でコツコツ枚数を増やす

誰もが1番簡単に取り組める投資方法は、ドルコスト平均法でコツコツビットコインの枚数を増やしていくことです。

ドルコスト平均法とは、時期や価格を定めず一定額を定期的に買い続ける投資方法。

ドルコスト平均法は毎月〇日や毎週〇曜日など、自分で設定した一定の期間に沿って一定額を買い続ける投資方法で、ビットコインに限らず多くの金融商品のおすすめ投資方法とされています。

ドルコスト平均法でビットコインを買い続けるメリットは以下の通りです。

ドルコスト平均法でビットコインを買い続けるメリット
  • 価格が安いときを待たなくてよい
  • 自動で行ってくれる取引所もある
  • 相場が上昇・下降局面のどちらでも始められる

ドルコスト平均法は相場状況に関わらず積み立てる手法のため長期投資が前提となります。

長期投資は投資において最も簡単に利益を出せるので、ビットコインの半減期に向けてドルコスト平均法で買い続け、半減期の翌年の価格上昇時に売却するとよいでしょう。

半減期の2ヵ月前に仕込み、翌年に売却する

ビットコインの2016年の半減期時には、直前の2.3ヵ月前に価格が下落しています。今後の半減期時にも直前に価格が下落する可能性があり、安く購入できることを意味します。

翌年にはすべての半減期で価格上昇しているため、自然と「安く購入して高く売却する」が行えるのです。

また、半減期の翌年の上昇はバブル相場になる事例もあり、バブル相場が終わると価格は暴落します。

その際に購入すれば再び安く購入でき、次のバブル相場に備えて利益を最大化できるでしょう。

ビットコイン(BTC)投資におすすめ国内取引所

ビットコイン-取引所
おすすめの取引所
  • coincheck
  • bitFlyer
  • DMM bitcoin
  • GMOコイン
  • LINE BITMAX

第1位 Coincheck

ビットコインETF_Coincheckのレーダーチャート画像
Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、『500円』から気軽に仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 当サイトから申込をした人限定で3,000円分相当のBTCプレゼント!
Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

第2位 bitFlyer

ビットフライヤー_チャート_2位
bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で18種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「18種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

bitFlyerのキャンペーン
  • bitFlyer Lightning において ETH/BTC ペアの取引手数料が無料
bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
  • ポリゴン(MATIC)
  • メイカー(MKR)
  • ジパングコイン(ZPG)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
ポリゴン 19 MATIC
メイカー 0.02 MKR
ジパングコイン – ZPG
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
ポリゴン × ×
メイカー × ×
ジパングコイン × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

第3位 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのメリット
  • 15種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます。

DMMビットコイン_アプリ画像

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、15種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと取引手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分
DMM Bitcoinの評価
販売所
(現物)
取引所
(現物)
レバレッジ
BTC
ビットコイン
×
ETH
イーサリアム
×
XRP
リップル
×
MATIC
ポリゴン
×
LTC
ライトコイン
×
BCH
ビットコインキャッシュ
×
XEM
ネム
× ×
ETC
イーサクラシック
×
XLM
ステラルーメン
×
MONA
モナコイン
×
QTUM
クアンタム
× ×
BAT
ベーシックアテンション
トークン
×
OMG
オーエムジー
×
XTZ
テゾス
× ×
ENJ
エンジンコイン
×
XYM
シンボル
× ×
TRX
トロン
×
ADA
カルダノ
× ×
DOT
ポルカドット
× ×
IOST
アイオーエスティー
× ×
ZPG
ジパングコイン
×
AVAX
アバランチ
×
CHZ
チリーズ
×
MKR
メイカー
×
LINK
チェーンリンク
×
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
DMM Bitcoin キャンペーン

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

第4位 GMOコイン

ビットコインETF_GMOコインのレーダーチャート画像
GMOコインのメリット
  • 国内最多20種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。

キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!
GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

第5位 LINE BITMAX

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「リンク(LN)」がもらえる!
LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
  • リンク(LN)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。
利益は最大8%の業界最高水準

LINEと連携して簡単に仮想通貨を購入!

>>> LINE BITMAXの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインの半減期に関するよくあるQ&A

ビットコイン-半減期

ビットコインの半減期に関するよくある質問をまとめました。

ビットコインの半減期に関するよくある質問
  • 次のビットコインの半減期は2024年の何月に起こりますか?
  • ビットコインの半減期でビットコインはバブルになりますか?
  • ビットコインの半減期は経済状況が悪くても価格上昇しますか?
  • ビットコインの半減期で価格上昇したらいつ売却すれば1番稼げますか?

次のビットコインの半減期は2024年の何月に起こりますか?

次のビットコインの半減期は2024年に行われますが、何月に起こるか正確な日にちはまだ決められていません。

理由として、まずビットコインマイニングは10分に1ブロックを解読されるように設計されています。

しかし多くのマイナーがビットコインのマイニングを試みることにより、年々ブロックを解読する時間が短縮されています。

そのためマイニングの難易度を2週間に1回調整することにより、10分に1ブロック発見されるようにマイニングアルゴリズムが調整しています。

以上よりビットコインの1ブロックの解読にかかる時間は正確に10秒というわけではないので、正確な日時を予想することはできないのです。

ビットコインの半減期でビットコインはバブルになりますか?

ビットコインは次の半減期で確実にバブルになるとは言えません。しかし、過去3回の半減期を見ると翌年に必ずバブル相場となっているため、可能性としては高いでしょう。

ただ、バブル相場が訪れるには経済状況が良好であったり仮想通貨市場に世界的なニュースが発表されたりする必要があり、条件が揃わないと訪れません。

2021年のバブル相場もコロナショックによる経済停滞を緩和する取り組みによって起きた部分があるので、直近の相場でどんな材料が出ているか確認しておくとよいでしょう。

ビットコインの半減期は経済状況が悪くても価格上昇しますか?

ビットコインの半減期は過去すべて経済状況が良好であったため、経済状況が悪くても価格上昇した事例はありません。そのため、経済状況が悪いと半減期の翌年に価格が上昇しない可能性があります。

2022年現在は大規模な金融緩和によって高いインフレに悩まされており、著名投資家のドラッケン・ミラー氏は米国株が30年、価格上昇しない可能性があると発言しています。

ビットコインは米国株との相関関係が高いため、ビットコインも経済停滞によって価格上昇が妨げられる懸念もしておくと安全に投資できるでしょう。

ビットコインの半減期で価格上昇したらいつ売却すれば1番稼げますか?

ビットコインの半減期で価格上昇した際は、1年経過するまでは売却しなくとも価格上昇する必要がありますが、1年が経過して市場全体がバブルになっていると判断できるときはすぐに売却することをおすすめします。

もちろん最高値で売却するのが1番大きな利益を出せますが、最高値を予想するのはプロでも難しいです。

プロでも難しい予想を個人投資家が行うのは返って不利益を生むため、ある程度の利益が出ている場合は売却して撤退しておくのが安全な投資です。

ビットコインの半減期 まとめ

ビットコイン-半減期
ビットコインの半減期-まとめ
  • ビットコインの半減期はマイナーの報酬が半分になること
  • 半減期の翌年は過去すべて価格が高騰している
  • ビットコインの半減期は回数を重ねるごとに価格へ与える影響が少なくなる
  • ビットコインの半減期で利益を出すにはドルコスト平均法がおすすめ
  • Coincheckは自動でドルコスト平均法を行える機能がある
  • Coincheckと特別コラボキャンペーン!当サイトから新規口座開設をして購入した方全員にBTC3,000円分プレゼント

当サイトから口座開設してBTCをお得に貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインの半減期は4年に1度訪れ、半減期は翌年に価格上昇する傾向があります。ただ、半減期は回数を重ねるごとに価格へ与える影響が少なくなり、経済状況によっては価格が思うように上昇しない可能性があることも考慮しておきましょう。

半減期で簡単に利益を出すには定期的に定額を積立投資できる「ドルコスト平均法」がおすすめで、Coincheckは毎月自分の設定した日に定額購入してくれる機能があります。

半減期に備えて簡単に利益を最大化したい人は、Coincheckの自動積立機能を利用してみましょう。