ビットコインETFのメリットとは?日本での買い方や今後の見通しについて徹底解説!

  • ビットコインETFって何?日本でも買える?
  • ビットコインETFが承認されたらビットコインを購入するべき?

あなたは今、このようにお悩みではありませんか?

今回は、ビットコインETFの概要や特徴、メリット・デメリットを徹底解説します。

日本でビットコインETFを購入する方法今後の見通しについてまとめているので、これからの投資判断にお役立てください。

ビットコインETFとは、ビットコイン価格と連動した「上場投資信託」のことです。

2021年10月にアメリカの証券取引委員会がビットコインETFを承認したことにより、ビットコインは最高値を記録しました。

このようにビットコインETFの動向は、仮想通貨市場全体に大きな影響を与えるので、多くの投資家が注目しています。

ビットコインETFをざっくりと要約
  • 2022年8月時点では日本でビットコインETFを取り扱っていない
  • 「プロの専門家が運用」「ウォレットが不要」のため投資パフォーマンスが向上する
  • メリット:仮想通貨全体の信用度が上がり、機関投資家からの資産が流入する
  • デメリット:価格変動が激しいため大きな損失につながる可能性がある
  • 今後の見通し:米国で承認されたことをきっかけにビットコインETFの期待値が高まっている
  • 日本で取引が開始されるまでは「ビットコイン」で仮想通貨投資の経験を積むことが大切
  • 手数料無料で500円~投資をはじめられる取引所『CoinCheck』がおすすめ
コインチェック_キャンペーン画像

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインETFとは?

ビットコインETFとは?H2見出し直下の画像

ビットコインETFとは、ビットコインの値動きに連動したETF(上場投資信託)のことです。

投資信託の一種である「ETF」は、証券取引所に上場され、株と同様に証券取引所で売買できることが大きな特徴です。

米国では、2021年10月19日にビットコイン先物ETFがSEC(米国証券取引委員会)に承認され、ニューヨーク証券取引所で取引が行われました。

上場を果たしたのは、プロシェアーズ社のティッカーシンボル「BITO」です。

BITOの出来高は、初日で9.99億ドル(約1,100億円)を記録し、この影響に伴い、ビットコインが最高値733万円に到達しました。

このようにビットコインETFは、ビットコインとの連動性が高いので、両方の情報収集を行い、正しく理解することが大切です。

「ETF」と「一般的な投資信託」の違いとは?

「ETF」と「一般的な投資信託」の違いを知っておくと、ビットコインETFについて理解しやすくなります。

比較ETF一般投資信託
上場×
価格リアルタイムで変動する1日1回の基準価格
取得できる場所証券会社証券会社や銀行、郵便局

ビットコインETFが誕生した流れ

ビットコインETFは、2013年にウィンクルボス兄弟が申請したことで誕生しました。

ビットコインを大量に保有して知名度の高いウィンクルボス兄弟が「ウィンクルボス・ビットコイン・トラスト」というビットコインETFを米国証券取引委員会に対して申請しましたが、2013年7月に否決されました。

2013年は仮想通貨の情報が少なく、詐欺的なイメージが強いことから、価格操作が行われるのではないかという懸念から否決されたようです。

2018年にも再度申請していますが、これも同じ理由で否決され、これまで何度も繰り返し却下されています。

ウィンクルボス兄弟以外にも、資産運用会社のビットワイズが2019年1月にビットコインETFの申請をしています。

しかしこれも今までと同様の理由で却下されています。

今回ついにアメリカの証券取引所にビットコインETFが承認された理由は、取引システムの透明度の高さや顧客保護などのセキュリティ面が確立されたと判断されたからだと考えられます。

ビットコインETFが承認されている国

2022年8月現在、ビットコインETFが承認されている国は次の通りです。

ビットコインETFが承認されている国
  • 米国
  • カナダ
  • ブラジル
  • ドバイ(アラブ首長国連邦)
  • オーストラリア
  • バミューダ

2021年2月にカナダの資産運用会社「パーパス・インベストメンツ」が世界で初めてビットコインETFを承認して、その後バミューダ証券取引所でも承認されました。

2021年10月19日にアメリカ大手のプロシェアーズ社のビットコインETFがニューヨーク取引所の「Arca」に上場を果たしたことが大きな話題となりました。

ビットコインETFの特徴

ビットコインETFの特徴のH2見出し直下の画像

ビットコインETFとはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは次の2つの視点からビットコインETFの特徴について解説します。

ビットコインETFの特徴
  • プロの投資家が運用する金融商品
  • 仮想通貨ウォレットが不要

仮想通貨である「ビットコイン」との違いも含めて解説するので、知識を深めておきましょう。

プロの投資家が運用する金融商品

ビットコインETFは、仮想通貨のビットコインとは異なり、プロの投資家が運用する金融商品です。

Bitcoin ETF とはビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託です。

ETF とは、「Exchange Traded Funds」の略で、証券取引所に上場している投資信託を指します。証券取引所に上場しているので株の売買と同じように証券会社を通じて取引ができます。

投資信託とは投資家から集めたお金をひとつの資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券等に投資・運用する商品です。(引用:bitFlyer|用語集「Bitcoin ETF」

仮想通貨の取引で利益を得る場合、売買のタイミングは自分で判断する必要があります。

そのため、次のような知識が必須となり、常に新しい情報を追い、学び続ける姿勢でいなければベストな投資時期を見極めることが困難です。

仮想通貨投資で必要なこと
  • チャートの読み方を学ぶ
  • 売買のタイミングを決断するための情報収集を行う

一方、ビットコインETFは、プロの専門家が投資や運用を行うので、多くの知識がなくても投資パフォーマンスを高められます。

仮想通貨ウォレットが不要

ビットコインETFは、仮想通貨取引で必須と言える「ウォレット(財布のようなもの)」が不要です。

ウォレットとは、仮想通貨を保管しておくための専門口座のことです。

ビットコインETFは、ウォレットでビットコインを保有するのではなく、「証券」で取引をするため安全性が高いと言えるでしょう。

仮想通貨ウォレットは、乗っ取られたり、パスワード紛失のリスクがあるので、そのようなトラブルも回避できます。

【メリット】ビットコインETFが承認されたらどうなる?

ビットコインETFのメリットH2直下の画像

ビットコインETFが承認されたらどうなるのでしょうか。次の4つの視点からビットコインETFのメリットを解説します。

4つのメリット
  • 仮想通貨全体の信用度が高まる
  • 機関投資家の資金が流入する
  • 自分で資産を管理する必要がない
  • 税金面の負担が少なくなる

1. 仮想通貨全体の信用度が高まる

ビットコインETFが承認されると、多くの投資家に「公式な取引が行われる市場」だと判断され、仮想通貨全体の信用度が高まります。

とくに「米国証券取引委員会」にビットコインETFが承認されるということは、正式に金融商品として認められた証明になるでしょう。

仮想通貨は、ハッキングや投資詐欺が横行しており、不安定で投機的な商品というイメージがあるかもしれません。

しかし各国の証券市場管理局の厳しい審査をクリアした「ビットコインETF」なら、伝統的な資産に相当するものとして信頼が深まるはずです。

2. 機関投資家の資金が流入する

ビットコインETFが承認されることで、個人投資家や機関投資家など株式投資を行っている方が参入してきます。

証券口座で取引できるようになることで、個人投資家だけでなく大口の機関投資家がビットコイン市場に参入してきます。

機関投資家は、個人投資家とは比べ物にならない規模の資金を動かしており、彼らのポートフォリオの数%がビットコインに流入するだけでも市場に与えるインパクトは非常に大きいです。

また、個人投資家にとっても仮想通貨取引所に資金を移動することなくビットコインに連動するETFに投資できるので、管理リスクや手間を削減し、安心して投資できるようになります。

3. 自分で資産を管理する必要がない

ビットコインETFは、資産を自分で管理する必要がない点もメリットだと言えるでしょう。

仮想通貨の場合は、ハッキングや詐欺被害は後を絶たないので、不安視する投資家も多くいます。

それに対し、ビットコインETFは、運用のプロが管理してくれるので、ハッキングや詐欺などのリスクが少なく、安心して投資に専念できるのです。

4. 税金面の負担が少なくなる

ビットコインETFで得た利益の税率は、株や債券と同じように約20%です。

一方、仮想通貨で得た利益は雑所得に分類されるため、最大55%の税率が適用されます。

これまで税金面の負担が大きいことで仮想通貨への投資を見送っていた投資家も「ビットコインETF」なら参入する可能性が高くなるでしょう。

出典:国税庁|No.1463 株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税)

ビットコインETFのデメリット

ビットコインETFのデメリットH2直下の画像

メリットの方が大きい「ビットコインETF」ですが、次の4つのデメリットもあるので、事前に把握しておきましょう。

ビットコインETFのデメリット
  • 日本ではビットコインETFが承認されていない
  • 365日24時間売買できない
  • 大きな損失を出す可能性がある
  • 管理手数料が発生する

ビットコインETFの欠点を把握することで、正しい投資判断を行えるようになります。

1. 日本ではビットコインETFが承認されていない

現在、日本ではビットコインETFが承認されていません。

そもそも申請をしていないので、日本でビットコインETF取引が開始するのはまだ先のことだと言えます。

日本でビットコインETF取引行うには、次の2つの手段が考えられます。

日本でビットコインETFへの投資を行う方法
  • アメリカなどで承認されたビットコインETFの取り扱い開始を待つ
  • 日本独自のビットコインETFの承認を待つ

どちらも参入するまでに時間がかかるので、まずは仮想通貨である「ビットコイン」の取引経験を積み重ねるのも一つの手です。

ビットコインETFとビットコインは連動性が高いので、両方とも扱えるようになると投資パフォーマンスの向上につながります。

日本でビットコインへの投資を行うなら、取引手数料が無料の『Coincheck』がおすすめです。

コインチェック_キャンペーン画像

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

2. 365日24時間売買できない

ビットコインETFは、仮想通貨取引所のように365日24時間取引を行うことができません。

ビットコインETFの場合は、各国の証券取引所が営業している時間帯のみ取引を行えます。

各国の証券取引所が営業時間の画像
出典:NHK

上の図の通り、仮想通貨取引所は24時間・365日いつでも取引できるのに対し、ビットコインETFは4~6時間半と限られているので不便さを感じる人もいるでしょう。

3. 大きな損失を出す可能性がある

ビットコインETFは、価格変動が激しいため、大きな損失を出す可能性があります。

下の図は、2021年10月に上場したティッカーシンボル「BITO」の価格推移を示しており、2021年11月に最高値をつけたもののその後、急下降しました。

ティッカーシンボル「BITO」の価格推移を示した画像
出典:kabutan

ウクライナ情勢の悪化など仮想通貨全体にネガティブなニュースが続いたことが原因だと考えられます。

また、世界最大の「パーパス・ビットコインETF」は、2022年6月17日に2万4510ビットコインの払い戻しがあり、大きく下落したことで現在BITOがトップの座を奪いました。

BITOは、10月の販売開始以降2番目に大きな純流入を記録しており、運営資産残高は6億6800万ドルに達しています。(約3万1500ビットコインに相当する)

このようにビットコインETFは、ボラティリティが大きいので価格下落リスクを踏まえたうえで慎重に投資判断を行いましょう。

出典:CoinDesk|’Enormous Outflows’ From Largest Bitcoin ETF May Have Triggered BTC Crash

4. 管理手数料が発生する

ビットコインは、管理手数料が不要なのに対し、ビットコインETFはわずかな管理手数料が発生します。

さらに「売買」や「配当の受け取り」なども手数料がかかるので注意しましょう。

手数料は証券会社によって異なるので目論見書を確認し、どのくらいの手数料がかかるのか明確にしておくことが大切です。

【ビットコインETF】今後の見通し

ビットコインETFの今後の見通しH2直下の画像

ビットコインETFの今後の見通しについて、次の3つの視点から解説します。

ビットコインETFの今後の見通し
  • 新規参入者が増えて仮想通貨市場が拡大する
  • 米国でビットコイン先物ETFが上場
  • ビットコイン現物ETFの承認は未定

米国でビットコイン現物ETFが上場する可能性がある

「米国でビットコイン現物ETFが承認されるのは、時間の問題」といった見解を示す専門家もいます。

2022年2月15日に米SEC(証券取引委員会)の委員長Gary Gensler氏は、現物ETFを承認しない理由を問われ、「現物ETPを承認するためには、不正行為や市場操縦の防止を検討する必要がある」と回答しました。

しかし、Gensler委員長は「技術的には中立」であることを強調し、ビットコイン現物ETPに関する提案は引き続き、適切な法的な枠組みの下検討していくと主張しました。

ETP(上場取引型金融商品)とは、「上場投資信託(ETF)」「上場投資証券(ETN)」「コモディティ上場投資信託(ETC)」など金融商品の総称のことです。

また、書類を提出した議員のTom Emmer氏は、「この問題は最優先で解決するべき課題」だと述べています。

BTCスポットETFに関する21年11月3日の書簡に対して、SEC議長のGenslerから回答がありました。この問題は私たちにとって引き続き優先事項であり、公正で秩序ある市場を維持し、資本形成を促進するというSECの使命を引き続き監督します。(Google翻訳)

米SEC(証券取引委員会)は、ビットコインETFの承認に関して優先的に進めているので今後、先物ETFだけでなく現物ETFも承認され、上場を果たすことを期待できます。

新規参入者が増えて仮想通貨市場が拡大する

ビットコインETFの普及により、仮想通貨における新規参入者が増加し、仮想通貨市場全体の活発化が予想されています。

現在、ビットコインETFの承認国以外の国でも、ビットコインETFの申請が頻繁に行われています。

そのため、今後ビットコインETFの普及は大きく進むと予想できるでしょう。

ビットコインETFが承認されることで、仮想通貨取引に対する信頼度が高まり、参入するハードルが低くなるはずです。

これまで仮想通貨に関心を抱かなかった投資家が仮想通貨に目を向け、市場規模の拡大につながる可能性があるのです。

ビットコイン現物ETFの承認は未定

「ビットコインETFの将来は明るい」と言われていますが、現時点で現物ETFの承認は不透明です。

アメリカでは、先物ETFの承認が増加傾向にあるものの、現物ETFは申請されるたびに却下されています。

今後のビットコイン先物ETFの動向を追って、その状況次第で現物ETFの承認が決まるのかもしれません。

ビットコインETFは日本で買える?買い方を解説

ビットコインETFは、現在日本では購入できません。日本でビットコインETFに投資したい方は、海外の証券会社で口座を開設する必要があります。

海外の証券会社では、日本円を直接入金できないため複雑な手続きが必要です。そのため日本でビットコインETFの取り扱いが開始されるまでは、ビットコインへの投資を行い、知識や経験を身に付けることをおすすめします。

出典:金融庁|無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

ここでは、日本でビットコインを購入する方法について解説するので、参考にしてみてください。

ビットコインの購入方法
  1. 口座開設をする
  2. スマートフォンで本人確認を行う
  3. 入金完了後に取引を開始できる

1. 口座開設をする

日本の仮想通貨取引所での口座開設、取引手数料無料の『CoinCheck』がおすすめです。

CoinCheckの公式サイトを開き、「会員登録」をクリックします。アプリの場合は、アプリにログイン後、画面下の「会員登録」をタップしましょう。

ビットコインETF購入手順の画像
出典:CoinCheck

以下の2つを入力し、会員登録ボタンをクリックします。

会員登録
  • メールアドレス
  • パスワード

登録したメールアドレス宛にメールが届くので、本文に記載されているURLを開きましょう。

メールアドレスに相違ないことが確認できれば、アカウントの登録は完了です。

2. スマートフォンで本人確認を行う

スマートフォンで本人確認を行いましょう。

次の順に「必要事項の入力」や「本人確認」を行い、審査完了後に利用できるようになります。

必要事項の記入
  • 電話番号の入力
  • 必要情報の入力
  • 本人確認書類の提出

CoinCheck』は、セキュリティ面を強化するために「SMS」や「Googleの認証アプリ」による二段階認証を採用しているので必ず設定しましょう。

2段階認証の設定方法

3. 入金完了後に取引を開始できる

銀行振込で日本円を入金すると、取引を開始できます。

コインチェックのメニューにある「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して取引しましょう。

具体的な手順は、次の動画で解説されているので、「入金方法」や「売買方法」をチェックしながら進めましょう。

コインチェック_キャンペーン画像

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインETFにおすすめな国内取引所

ビットコインETFのおすすめの仮想通貨取引所のH2直下の画像

ビットコインETFは、現在日本では取り扱っていません。ビットコインETFへの投資を検討している人が今できる最善策として、仮想通貨「ビットコイン」で投資経験を積み重ねることをおすすめします。

ここでは、ビットコインの投資を行えるおすすめの仮想通貨取引所を5社に厳選しました。

仮想通貨取引所おすすめのポイント
Coincheck
Coincheck
17種類の暗号資産を500円から購入可能
国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
DMM Bitcoin
DMM Bitcoin
レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
高機能チャート!中級者~上級者も満足できる
LINE BITMAX
LINE
LINE上で口座開設~取引までが完結
LINE Payで日本円の入出金ができる
GMOコイン
GMOコイン
東証プライム上場企業のグループ会社運営で安心
「入出金手数料」「送金手数料」が無料
bitFlyer
bitFlyer
Tポイントからビットコインを交換できる
1円~購入できる

第1位 Coincheck

ビットコインETF_Coincheckのレーダーチャート画像
Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の通貨数を誇っています。

さらに、『500円』から気軽に仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!
Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 取引約定数量×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01 ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5 XEM
サンド(SAND) 21.0 SAND
リスク(LSK)  0.1 LSK
モナコイン(MONA) 0.001 MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01 XLM
クアンタム(QTUM) 0.01 QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0 BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0 IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0 ENJ
オーエムジー(OMG) 11.0 OMG
パレットトークン(PLT) 139.0 PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
サンド × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。
コインチェック_キャンペーン画像

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

第2位 DMM Bitcoin

ビットコインETF_DMM Bitcoinのレーダーチャート画像
DMM Bitcoinのメリット
  • 15種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます。

DMMビットコイン_アプリ画像

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、15種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと取引手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
トロン ×
ジパングコイン ×
カルダノ × ×
ポルカドット × ×
アイオーエスティー × ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。
DMM Bitcoin キャンペーン

手数料無料でお得に仮想通貨取引を始める

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ <<<

第3位 LINE BITMAX

ビットコインETF_LINE BITMAXのレーダーチャート画像
LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「リンク(LN)」がもらえる!
LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
  • リンク(LN)
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。
利益は最大8%の業界最高水準

LINEと連携して簡単に仮想通貨を購入!

>>> LINE BITMAXの公式サイトはコチラ <<<

第4位 GMOコイン

ビットコインETF_GMOコインのレーダーチャート画像
GMOコインのメリット
  • 国内最多20種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。

キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!
GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
FCRコイン(FCR) × ×
ドージコイン(DOGE) × ×
GMOコインは、22種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。
GMOコインキャンペーンバナー

取扱銘柄数No.1

>>> GMOコインの公式サイトはコチラ <<<

第5位 bitFlyer

ビットコインETF_bitFlyerのレーダーチャート画像
bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で15種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「15種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

キャンペーン・特典情報
  • スマホアプリからのログインで、毎日抽選で最大 10 名に 1,000 円相当、 最大 3,000 名に 5 円相当のビットコインをプレゼント
bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIネット銀行なら無料、住信SBIネット銀行以外なら330円(税込み)/件
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、住信SBIネット銀行ならクイック入金の入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
シンボル 2 XYM
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00003号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
シンボル × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

1円からビットコインを購入できる

>>> bitFlyerの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインETFに関するよくある質問

ビットコインETFのよくある質問H2直下の画像

ビットコインETFに関するよくある質問に対してQ&A形式で回答します。

〇〇の一覧
  • ビットコインETFを承認している国は?
  • ビットコインETFはいつ承認されるの?
  • ビットコインETFの速報はどこで確認できる?

気になる項目からチェックし、正しく理解したうえでビットコインETFへの投資を検討してくださいね。

ビットコインETFを承認している国は?

2022年8月現時点でビットコインETFを承認している国は、以下の通りです。

ビットコインETFの承認国
  • 米国
  • カナダ
  • ブラジル
  • ドバイ(アラブ首長国連邦)
  • オーストラリア
  • バミューダ

ビットコインETFは、最新テクノロジーや仮想通貨に理解のある国でなければ、簡単に承認されません。

米SEC(証券取引委員会)は2022年5月5日、仮想通貨運用企業Valkyrieが申請した2つ目のビットコイン先物ETFを承認したことで話題になりました。

アメリカでビットコインETFが承認されたことにより、今後、多くの国がビットコインETFを承認するのではないかと予想されています。

出典:SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION(SEC書類)

ビットコインETFはいつ承認されるの?

ビットコインETFが承認されるのは、2022年11月~2023年5月といった予想も見られました。

アメリカがビットコイン先物ETFを承認し始めているため「ほかの国で承認されるのは時間の問題」だと言われています。

しかしこれまでの経緯から「ビットコインETFの承認は難易度が高い」ということが見受けられるため、予想通りに進むのか誰も予測できない状態です。

出典:CoinDesk|Spot Bitcoin ETFs Could See Approvals by 2023: Bloomberg Intelligence

ビットコインETFの速報はどこで確認できる?

ビットコインETFの速報は、公式サイトや仮想通貨メディアやTwitterで確認できます。

おもに次の公式サイトやメディアは、情報収集に役立つので頻繁にチェックしてみてください。

ビットコインETF まとめ

ビットコインETFを再度おさらい
  • 2022年8月時点では日本でビットコインETFを取り扱っていない
  • 「プロの専門家が運用」「ウォレットが不要」のため投資パフォーマンスが向上する
  • メリット:仮想通貨全体の信用度が上がり、機関投資家からの資産が流入する
  • デメリット:価格変動が激しいため大きな損失につながる可能性がある
  • 今後の見通し:米国で承認されたことをきっかけにビットコインETFの期待値が高まっている
  • 日本で取引が開始されるまでは「ビットコイン」で仮想通貨投資の経験を積むことが大切
  • 手数料無料で500円~投資をはじめられる取引所『CoinCheck』がおすすめ
コインチェック_キャンペーン画像

最短5分で口座開設してBTCを無料で貰う

>>> Coincheckの公式サイトはコチラ <<<

ビットコインETFの概要や特徴、メリット・デメリット、今後の見通しについて解説しました。

2021年10月にビットコインETF先物ETFがアメリカで誕生したことにより、日本でもビットコインETFの上場が期待されています。

これまでにビットコインETFの動向は、仮想通貨市場全体に大きな影響を与えてきました。そのため、ビットコインETFの普及が広まると、それに伴いビットコインも大きく上昇すると予想できるでしょう。

ビットコインへの投資を検討している方は、500円~はじめられるCoinCheckで口座を開設しておきましょう。