ビットコイン(仮想通貨)の始め方〜やり方を初心者向けに簡単解説|誰でもわかる取引手順・おすすめ取引所

仮想通貨ってどうやって始めればいいの?
ビットコインを買ってみたいけど、やり方が分からない…

仮想通貨、特にビットコインの価格が下落傾向にある今、安値で買おうと仮想通貨を始める人が増えています。

でも、ぶっちゃけどうやって始めれば良いか分かりにくいですよね。

結論から言うと、仮想通貨投資は、スマホがあれば誰でも最短即日で最低1円から始めることができてしまうくらい簡単です。

この記事では仮想通貨の始め方からやり方まで初心者むけに徹底ガイドしています。

今日から仮想通貨投資を始めて億り人を目指したい人は、今すぐ一緒に始めてみましょう。

ビットコイン・仮想通貨の始め方
  • 仮想通貨の始め方は「口座開設」「入金」「購入」の3ステップ!
  • 仮想通貨は「仮想通貨取引所」で、500円もあれば余裕で購入できる。
  • 日本国内で大手の取引所は「bitFlyer」「Coincheck」「DMM Bitcoin」など。
  • 中でも「Coincheck」なら、東証一部上場企業「マネックスグループ」が親会社なので安心して取引できる。
  • Coincheckなら取引手数料が無料で、500円からビットコインを買うことができる!

ビットコイン_始め方_Coincheck

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の月間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

もくじ

仮想通貨・ビットコインを始める初心者におすすめな取引所の比較表

仮想通貨取引所名 特徴
Coincheck
ビットコイン_始め方_Coincheck
・取引手数料が無料!500円から仮想通貨を買うことができる
・東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、信頼性抜群
>>>公式サイトはこちら
LINE BITMAX
ビットコイン_始め方_LINE BITMAX
・SNSアプリLINEから手軽に取引を行うことができる
・LINE Payと連携することでより便利に
>>公式サイトはこちら
DMM Bitcoin
ビットコイン_始め方_DMM ビットコイン
・動画事業などを展開している「DMMグループ」を親会社に持っていて安心
取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料
>>>公式サイトはこちら
GMOコイン
ビットコイン_始め方_GMOコイン
・「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制
・「取引・出入金・送金手数料」が全て無料
>>公式サイトはこちら
bitFlyer
ビットコイン_始め方_ビットフライヤー
・2014年からサービスを展開しており、取引所の中では長い歴史を誇る
販売所手数料が無料で、販売所では1円からビットコインが購入できる
>>>公式サイトはこちら
SBI vc Trade
ビットコイン_始め方_SBI VCトレード
・初心者でも簡単にスマホで取引ができる
・仮想通貨レンディングサービスを利用できる
>>公式サイトはこちら

※スマホ表示の場合、表は横にスクロールできます。

今から仮想通貨を始めるなら、初心者に大人気の「Coincheck」がおすすめ。

取引手数料・入金手数料が無料な上に、500円から仮想通貨を購入できるので、初心者でも手軽にビットコイン投資をすることができます。

ビットコイン_始め方_Coincheck

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

【5分解説】ビットコイン・仮想通貨の始め方・買い方

仮想通貨_始め方_買い方

まずは、ビットコイン・仮想通貨の始め方を初心者でもわかりやすいように細かく解説していきます。

これを読みながら一緒に始めてみましょう!

仮想通貨・ビットコインの始め方①:口座開設に必要なものを準備する

仮想通貨_始め方_必要なもの

仮想通貨取引所に口座開設する前に、必要なものを準備しておきましょう。

口座開設に必要なものは以下の通りです。

仮想通貨を始めるのに必要なもの
  • 取引する端末(PC or スマホ)
  • 銀行口座
  • 本人確認書類(どれか1つ)
    ◆ 運転免許証
    ◆ マイナンバーカード
    ◆ パスポート
    ◆ 在留カード
    ◆ 特別永住者証明書※
    ◆ 住民基本台帳カード※

※取引所によっては範囲外のところもあります。

基本的に手元にあるものばかり。

本人確認書類は最新の情報になっているか確認しましょう。

仮想通貨・ビットコインの始め方②:仮想通貨取引所で口座開設する

仮想通貨_始め方_口座開設する

口座開設の準備ができたら実際に登録に進みましょう。

仮想通貨取引所:口座開設の流れ
  1. メールアドレスとパスワードを登録
  2. 二段階認証の設定をする
  3. 個人情報を入力
  4. 本人確認書類をアップロード
  5. 本人の顔写真を撮影
  6. 銀行口座を登録
  7. 審査完了のメールまたはハガキの郵送を待つ

以下では手順ごとの詳細を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

手順1:メールアドレスとパスワードを登録する

まず、取引所にメールアドレスとパスワードを登録し、アカウントを作成しましょう。

パスワードはなるべく強固なものにしておくのが望ましいです。

Coincheck公式サイトからメールアドレスを入力し、アカウントを作成します。

仮想通貨_始め方_Coincheck

仮想通貨_始め方_口座開設

メールアドレスの認証が完了したら、パスワードを設定しましょう。

アカウントを盗まれないように強固なパスワードを決めるのがおすすめです。

手順2:二段階認証の設定をする

仮想通貨_始め方_二段階認証

セキュリティを強化するために二段階認証の設定をします。

電話番号でのSMS認証をする場合が多いです。

bitFlyerでは、携帯電話SMS・認証アプリの他に、メールアドレスでも設定できます。

ただし、メールアドレスは非推奨とされています。

手順3:個人情報を入力する

住所や年齢などの個人情報を入力します。

登録した住所に本人確認のハガキが届く場合もあるので、正確な情報を記入しましょう。

名前や性別、住所を登録していきます。

手順4:本人確認書類をアップロードする

本人確認書類をアップロードします。

免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きの書類を用意してください。

「クイック本人確認」か「対面での本人確認」を選びます。

おすすめはスマホですぐに完結できる「クイック本人確認」です。

仮想通貨_始め方_クイック本人確認

手順5:顔写真を撮影して本人確認を行う

スマホで顔写真を撮影し、本人確認を行います。

取引所によっては本人確認書類と一緒に撮影することもあります。

手順6:銀行口座を登録する

入金するための銀行口座を登録しましょう。

本人名義の口座でないと登録できないため、注意が必要です。

また、取引所によっては登録できる銀行の種類が制限されている場合もあるので、事前に確認してください。

手順7:審査完了のメールまたはハガキの郵送を待つ

最後に、審査完了のメールを受け取るか、本人確認のハガキを受け取って口座開設は完了となります。

口座に入金すれば、自由に取引できます。

ビットコイン_始め方_Coincheck

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

仮想通貨・ビットコインの始め方③:日本円を入金する

仮想通貨_始め方_入金する

口座開設が完了したら、仮想通貨を買う元手となる日本円を入金しましょう。

ほとんどの仮想通貨取引所は、3通りの入金方法を用意しています。

一般的な入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金(Pay-easy決済)

銀行振込の手順

STEP.1
ログインして「入金」を選択

画面左のメニューバーで「ウォレット」>「日本円の入金」を選択します。
仮想通貨_始め方_Coincheck_メニューバー

STEP.2
銀行振込を選択し振込情報をメモ

「銀行振込」をクリックすると、キャプチャのように振込先の口座番号が表示されます。

「りそな銀行」や「往信SBIネット銀行」などがあります。

「往信SBIネット銀行」から振り込む方は「往信SBIネット銀行」を選択することで手数料が無料になります。

STEP.3
各種金融機関から振込

通常の銀行であれば、そのまま銀行やATMから振込を行います。

ネット銀行から振り込む場合は各サイトから振込の手続きを行ってください。

クイック入金の手順

STEP.1
ログインして「入金」を選択

画面左のメニューバーで「ウォレット」>「日本円の入金」を選択します。
仮想通貨_始め方_購入_Coincheck_メニューバー

STEP.2
クイック入金を選択し金額を入力

画面下の選択肢から「クイック入金」をクリックします。

画面下部の欄に入金額を入力します。

STEP.3
決済申請と支払い情報の確認

画面を下の方にある「決済申請」のボタンをクリックします。

すると、次のような支払い情報の確認が表示されます。
仮想通貨_始め方_決済

内容に間違いがないか確認しましょう。

問題なければ「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」をメモし、「完了」ボタンをクリックします。

STEP.4
金融機関のホームページからPay-easy入金

あとは自分の口座がある金融機関のホームページに行き、ペイジー入金の手続きをすればOK。

口座に入金が反映されるのを待ちましょう!

以上で仮想通貨購入用の日本円が完了!

仮想通貨・ビットコインの始め方④:ビットコイン・仮想通貨を買う

仮想通貨_始め方_購入する

取引所口座に入金ができたら、あとは仮想通貨を購入するだけです。

「販売所形式」と「取引所形式」という2種類の購入方法があります。

販売所と取引所の違い
  • 販売所:運営会社を相手に仮想通貨を売買する
  • 取引所:ユーザー同士で仮想通貨を売買する

仮想通貨を購入するのが初めての方は、金額を入力して「購入ボタン」を押すだけで購入できる販売所形式がおすすめ!

急いでいる時でも確実に購入でき、「日本円でいくら分の仮想通貨を購入するか」と考えればOK。

STEP.1
ログインして「コイン購入に進む」

ログインしたあと、左側のメニューから「コイン購入」に進みます。

仮想通貨_始め方_Coincheck

STEP.2
購入する仮想通貨を選択

仮想通貨の一覧の中から、購入したいものを選択しましょう。

STEP.3
購入数量の入力

購入数量を入力し、支払い金額を確認します。

「レート」の欄にはその時点でのビットコイン価格されます。
仮想通貨_始め方_Coincheckでの購入方法

STEP.4
購入完了!

内容に問題なければ「購入する」をクリックし、確認画面で「OK」選択すれば購入完了です。

STEP.5
購入した仮想通貨はウォレットで保管!

購入したコインは取引所側で保管してくれるので、ユーザー側は何もする必要はありません。

しかし、安全性を考えると仮想通貨専用のウォレットで保管するのがおすすめ!

今回ご紹介したビットコイン以外の仮想通貨も全く同じ手順で購入できます。

仮想通貨・ビットコインの始め方⑤:ビットコイン・仮想通貨を売却する

仮想通貨_始め方_売却する

仮想通貨を売却する流れは、購入方法とほとんど同じです。

まず、サイドメニューから「コイン売却」に進みます。

仮想通貨_売却
売りたいコインの種類を選択し、売却数量を入力。

「売却する」をクリックすれば完了です。

ビットコイン_始め方_Coincheck

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

ビットコイン・仮想通貨を始める初心者におすすめな人気取引所6選

仮想通貨_始め方_おすすめ取引所

仮想通貨で利益を出すためには、使いやすい取引所を選ぶことが必要不可欠です。

ここからは、仮想通貨を始めるのにおすすめな人気取引所をランキング形式でご紹介していきます。

仮想通貨取引所おすすめ6選
  1. 第1位:Coincheck
  2. 第2位:DMM Bitcoin
  3. 第3位:LINE BITMAX
  4. 第4位:GMOコイン
  5. 第5位:bitFlyer
  6. 第6位:SBI VC トレード

おすすめビットコイン・仮想通貨取引所①: Coincheck

仮想通貨_始め方_Coincheckのレーダーチャート画像

Coincheckのメリット
  • 500円からビットコイン・仮想通貨を購入できる
  • 17種類もの豊富な仮想通貨を取り扱っている
  • 470万DLを突破したスマホアプリは高機能で使いやすい

おすすめ仮想通貨取引所ランキング第1位は『Coincheck』です。

Coincheckの一番の魅力は、アプリやサイトが直感的に分かるように作られていることです。

Coincheck_アプリの画像

チャートは見やすく、取引がしやすいため、初心者でも迷わずかんたんに操作することができます。

また、ビットコインをはじめとして、国内最大級の『17種類』もの取り扱い通貨を誇っています。

さらに、最短『10秒』で『500円』からサクッと仮想通貨を買うことができるため、特に初めての方にピッタリの仮想通貨取引所です!

キャンペーン・特典情報
  • 本人確認&入金完了で2,500円分のビットコインがもらえる!

ビットコイン_始め方_Coincheck

 >>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

\取引手数料無料で使いやすい!/

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

Coincheckの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM/NEM)
  • ファクトム(FCT)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
ハッキング事件以前は、情報の機密性が高い「匿名通貨」の取り扱いもありました。 しかし「マネーロンダリング(資金洗浄)」などに使用されるリスクが懸念され、以下のような匿名通貨の上場は廃止されています。
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • モネロ(XMR)
  • ダッシュ(DASH)
  • オーガー(REP)
取引手数料 無料
入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770円~1,018円
クイック入金 770円~1,018円
出金手数料 407円
借入手数料 0.05%/円
スワップ手数料 ロングポジション 約定金額(円)×0.04%
ショートポジション 約定金額(円)×0.05%
Coincheck(コインチェック)では、取引手数料と入金手数料が無料です。 出金手数料に関しては一律で「400円」が取られますので、利益がまとまってから一度に出金をした方がおトクですね。
通貨名(通貨略称) 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 0.01ETH
リップル(XRP) 0.15XRP
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.001ETC
ネム(NEM/XEM) 0.5XEM
ファクトム(FCT) 0.1FCT
リスク(LSK)  0.1LSK
モナコイン(MONA) 0.001MONA
ステラルーメン(XLM) 0.01XLM
クアンタム(QTUM) 0.01QTUM
ベーシックアテンショントークン(BAT) 63.0BAT
アイオーエスティー(IOST) 1.0IOST
エンジンコイン(ENJ) 30.0ENJ
オーエムジー(OMG) 5.0OMG
パレットトークン(PLT) 72.0PLT
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)での資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • アカウントログイン時の2段階認証
  • SSL暗号化通信
他の国内取引所と比較しても、Coincheck(コインチェック)は抜群の使いやすさを誇っています。 スマホアプリの使いやすさに定評があり、スマホアプリのダウンロード数は470万を既に突破済。 ウィジェット機能を用いれば、スマホのロックを解除せずとも暗号資産の価格変動をチェックすることが可能です。
取引所形式 販売所形式 レバレッジ取引
ビットコイン ×
イーサリアム × ×
リップル × ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ × ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
リスク × ×
ファクトム × ×
モナコイン ×
ステラルーメン × ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン × ×
アイオーエスティー × ×
エンジンコイン × ×
オーエムジー × ×
パレットトークン × ×
Coincheckの取引形式は基本的に「販売所形式」となっています。 「取引所」でトレードを行うことができるのはビットコインやモナコインで、大半の通貨は販売所での購入になります。 また、パレットトークンに関しては、取引所のみでしか売買できません。

おすすめビットコイン・仮想通貨取引所②:DMM Bitcoin

仮想通貨_始め方_DMM Bitcoinのレーダーチャート画像

DMM Bitcoinのメリット
  • 15種類もの仮想通貨で「レバレッジ取引」が可能
  • 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 

※BitMatch手数料を除く

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められます

ビットコイン_始め方_DMMビットコイン_アプリ画像

DMM Bitcoin』は、数々の事業を展開する「DMM.comグループ」を親会社に持つ取引所。

「レバレッジ取引」に特化しており、15種類もの暗号資産でレバレッジ取引を行うことが可能です!

たくさんのアルトコインを取引できる他、なんと取引手数料に加えて「出入金手数料」や「送金手数料」まで全て無料。※BitMatch手数料を除く

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設完了で2,000円プレゼント!
※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

ビットコイン_始め方_DMMビットコイン

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで
仮想通貨を買ってみる

DMM Bitcoinの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XML)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料※BitMatch手数料を除く
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
DMM Bitcoinは、取引手数料・出金・入金・送金手数料まで、ほとんどの手数料が無料。 ※BitMatch手数料を除く ただし、レバレッジ取引を行う際には「レバレッジ手数料」が必要になりますので、注意しましょう。
  • オフラインウォレットでの顧客資産管理
  • 顧客資産と会社資産の分別
  • 2段階認証と生体認証の導入
  • 不正アクセスへの監視
  • マルチシグネチャ対応
  • SSL暗号化通信
※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号
DMM Bitcoinは、他の取引所と同様に取引用のスマホアプリをリリースしています。 iOSとアンドロイドの両方に対応しており、ブラウザを開かずとも、簡単に暗号資産のトレードを行うことが可能です。 また、DMM Bitcoinでは、以下のような様々な注文方法を用いて、暗号資産のトレードを行うことができます。
  • ストリーミング注文
  • 指値注文・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFD-OCO注文
販売所(現物) 取引所(現物) レバレッジ
ビットコイン ×
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン ×
ビットコインキャッシュ ×
ネム × ×
イーサリアムクラシック ×
ステラルーメン ×
モナコイン ×
クアンタム × ×
ベーシックアテンショントークン ×
オーエムジー ×
テゾス × ×
エンジンコイン ×
シンボル × ×
DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化している取引所ですが、主要通貨である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ステラルーメン」の現物取引にも対応しています。 現物取引とレバレッジ取引を並行して行うことができるので、使い勝手が非常に良いですね。

おすすめビットコイン・仮想通貨取引所③: LINE BITMAX

仮想通貨_始め方_LINE BITMAXのレーダーチャート画像

LINE BITMAXのメリット
  • LINEアプリから簡単に取引できる
  • LINE Payと連携できる
  • 仮想通貨の貸し出しサービスを利用できる

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

スマホから本人確認も含めて簡単に口座開設を行えるため、仮想通貨の未経験者でも使いやすい作りになっています。

有名通貨の取扱いはもちろんのこと、独自のトークン「リンク(LN)」の売買をすることができます。

キャンペーン・特典情報
  • 口座開設や入金、暗号資産の購入に応じて独自トークン「リンク(LN)」がもらえる!

LINEビットマックス_バナー

>>LINE BITMAXの公式サイトはこちら<<

\口座開設でリンク(LN)もらえる/

LINE BITMAXで
仮想通貨を買ってみる

LINE BITMAXの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LN)
取り扱い通貨数は6種類です。
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE Pay:110円(税込) 銀行口座:400円(税込)
取引手数料や入金手数料は無料ですが、出金手数料に関してはLINE Payを利用すると安く抑えられます。
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 資金の分散管理
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。 ハッキングにあうリスクを小さく抑えており、取引所が倒産した場合でも顧客の資産は守られる決まりになっています。
LINEのグループ会社が運営していることから、LINEやLINE Payを普段から利用している人にとって使いやすい特徴があります。 入出金や本人確認もスムーズにスマホから行えるので、口座開設は簡単にできます。
販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン ✖️ ✖️
イーサリアム ✖️ ✖️
リップル ✖️ ✖️
ビットコインキャッシュ ✖️ ✖️
ライトコイン ✖️ ✖️
リンク ✖️ ✖️
LINE BITMAX(ライン ビットマックス)では販売所形式での取引にのみ対応しています。

おすすめビットコイン・仮想通貨取引所④: GMOコイン

仮想通貨_始め方_GMOコインのレーダーチャート画像

GMOコインのメリット
  • 国内最多20種類の通貨を売買できる
  • 販売所だけでなく取引所も利用できる
  • 10種類の通貨の「レバレッジ取引」ができる

GMOコイン』は、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方が可能なため、取引形態の自由度が高いのが特徴です。

また、「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制や、抜け目のないセキュリティ対策も、注目すべきポイントです。

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

GMOコインは、レバレッジ取引の「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されています。
キャンペーン・特典情報
  • 暗号資産の購入で、毎日10名に現金1,000円が当たる!

ビットコイン_始め方_GMO

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで
仮想通貨を買ってみる

GMOコインの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日(建玉ごと)
GMOコインでは、取引手数料から出金・入金・送金手数料まで、ほとんどが無料になっています。 DMM Bitcoinと同様に、レバレッジ取引を行う場合のみ「レバレッジ手数料」が必要となります。 レバレッジ手数料を節約したい方は、日を跨ぐ前にポジションを一旦決済するように心がけましょう!
  • コールドウォレットでの資産管理
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • マルチシグネチャ
  • サイバー攻撃対策
  • システムの24時間365日監視
  • SSL暗号化通信
GMOグループが展開しているネット証券「GMOクリック証券」のセキュリティノウハウが導入されているので、安全性はバッチリです。 「コールドウォレット」「マルチシグ」などの基本的なセキュリティ対策に加え、「システム24時間監視」や「専門家による定期的なシステムの脆弱性診断」などが導入されています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
GMOコインは、現物取引専用のスマホアプリをリリースしています。 このアプリを使えば、暗号資産の購入・売却はもちろんのこと、暗号資産の送付やお知らせの確認まで行うことができるので、非常に便利です。 ウィジェット機能を用いれば、スマホを開かなくてもスライド1つでリアルタイムの価格を確認することができてしまいます! 24時間の価格変動が一目瞭然ですので、当日の相場観をパッと見て把握することが可能です。
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
ステラルーメン
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー ×
テゾス ×
クアンタム(QTUM) ×
エンジンコイン(ENJ) × ×
ポルカドット(DOT) × ×
コスモス(ATOM) × ×
シンボル(XYM) ×
モナコイン(MONA) ×
カルダノ(ADA) × ×
メイカー(MKR) × ×
ダイ(DAI) × ×
チェーンリンク(LINK) × ×
GMOコインは、20種類の暗号資産の現物・暗号資産FXに対応しています! 取引形態を制限されずにトレード可能なのは、GMOコインの大きな魅力。 現物取引に加え、ビットコイン・アルトコイン共に2倍レバレッジ取引にも対応しています。

おすすめビットコイン・仮想通貨取引所⑤: bitFlyer

仮想通貨_始め方_bitFlyerのレーダーチャート画像

bitFlyerのメリット
  • 販売所では1円から仮想通貨を購入できる
  • 合計で14種類もの仮想通貨を取り扱っている
  • ビットコインのレバレッジ取引にも対応

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

bitFlyerは、国内取引所の現物取引では唯一、4つの注文種別と5つの執行条件を選ぶことができます。

bitFlyerは、なんとビットコインの取引量が6年連続国内No.1!※ 取引量においては、他の取引所よりも大きく優っています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

販売所では、ビットコインを含めて「14種類」の仮想通貨を、なんと1円から購入することができます。

キャンペーン・特典情報
  • スマホアプリからのログインで、毎日抽選で最大 10 名に 1,000 円相当、 最大 3,000 名に 5 円相当のビットコインをプレゼント

ビットコイン_始め方_bitFlyer

>>> bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで
仮想通貨を買ってみる

bitFlyerの評価
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 無料
Lightning FX 約定数量×0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込 振込手数料のみ
クイック入金 無料
出金手数料 三井住友銀行 220円〜440円
その他銀行 550円〜770円
bitFlyer(ビットフライヤー)では、取引手数料と入金手数料が無料になっています。 また、送金手数料に関しては通貨ごとに異なり、以下の通りとなります。
暗号資産名 送金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0004 BTC
イーサリアム(ETH) 0.005 ETH
リップル(XRP) 無料
イーサリアムクラシック(ETC) 0.005 ETC
ライトコイン(LTC) 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0002 BCH
リスク(LSK) 0.1 LSK
モナコイン(MONA) 無料
ベーシックアテンショントークン(BAT) 5 BAT
ステラルーメン 無料
ネム 3 XEM
テゾス 0.1 XTZ
ポルカドット 0.1 DOT
チェーンリンク 1 LINK
  • SSL暗号化通信
  • SHA-2(SHA-256)の採用
  • FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
  • パスワードの強度チェック
  • アカウントロック機能
  • 2段階認証
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグネチャ
  • コールドウォレット
  • 顧客資産との分別管理
  • ウイルスチェックとハッキングテスト
bitFlyerも他の取引所と同様に、とても強固なセキュリティ対策を導入しています。 まずbitFlyerは「JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)」のプラチナメンバーに属しており、プラチナメンバーの基準もしっかりと満たしています。 基本的な対策である「2段階認証」や「マルチシグ」の導入に加え「顧客資産の分別管理」等も積極的に行っています。 ※暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号
bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産を管理するための専用ウォレットもリリースしています。 ビットコインの送金/受金はもちろんのこと、実店舗での決済まで、アプリから行うことができます! もちろん、スマホアプリからはとっても簡単にビットコインの取引を行うこともできます。 決済から取引まで、まさに超万能で便利なスマホアプリです!
販売所 取引所 レバレッジ
ビットコイン
イーサリアム ×
リップル ×
ライトコイン × ×
ビットコインキャッシュ ×
イーサリアムクラシック × ×
リスク × ×
モナコイン ×
ベーシックアテンション トークン × ×
ステラルーメン ×
ネム × ×
テゾス × ×
ポルカドット × ×
チェーンリンク × ×
bitFlyer(ビットフライヤー)は、主に現物取引(販売所)でのトレードに特化した取引所です。 ビットコインであれば、独自プラットフォーム「Lightning FX」を用いてレバレッジ取引を行うことも可能です。 販売所は「簡単に暗号資産を売買できる」という特徴がありますので、まさに初心者の方にぴったりな取引所であると言えますね!

おすすめビットコイン・仮想通貨取引所⑥: SBI VCトレード

ビットコイン_始め方_SBI VC Trade

SBIVCトレードの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
SBIVCトレードのメリット
  • 国内取引所「TAOTAO」を合併し、さらに勢いを増している
  • 取引手数料・入金手数料などが無料!
  • 現物だけでなく、レバレッジ取引にも対応
  • 今ならSBI FXトレード口座の利用でBTCなどがもらえるキャンペーン中!

第4位は、国内取引所「TAOTAO」と合併したことで話題になっている、SBI VCトレード。

さまざまなインターネット事業を展開する「SBIグループ」によって提供されている取引所ですので、やはり安心感が段違い。

「ビットコイン」や「リップル」などの主要通貨に加えて、「LINK」「DOT」など、これから成長を大きく期待できるアルトコインの取り扱いも開始!

「大手企業の取引所で、安心して取引したいな」という方にとって、SBI VCトレードはとってもおすすめな取引所です!

SBI VCトレードの口座開設はこちらから

SBI VCトレードで
キャンペーンに参加

業界初キャンペーン情報!

SBIのFX口座「SBI FXトレード」でFX取引を行うと、BTCなどの暗号資産やamazonギフト券がもらえるキャンペーンが期間限定で開催中!

仮想通貨_始め方_SBIVCトレードのキャンペーン情報

SBI FXトレードの口座を無料開設して取引するだけで暗号資産がもらえるお得なキャンペーンは4月16日までなので、絶対逃さないようにしましょう!

今なら「SBI FXトレード」で口座を開設してFX取引をした上で、SBI VCトレードで仮想通貨取引をすることで通常よりもお得に取引ができるので、まずはFX口座を開設することをおすすめします!

SBI FXトレードで
キャンペーンに参加

ビットコイン・仮想通貨を買うべき取引所の選び方

仮想通貨_始め方_取引所の選び方

仮想通貨を取引するには使いやすい取引所を選びことが重要です。

初心者の方でも使いやすい取引所を選ぶためには、次の3つのポイントに注目することが大切です。

仮想通貨取引所の選び方
  • セキュリティの高さ
  • 取引所ツールの使いやすさ
  • 手数料の安さ

選び方1:セキュリティの高さ

自分の大切な資産を預けることになるので、セキュリティの高い安全な仮想通貨取引所を選ぶのが賢明です。

強いセキュリティを実現するには、潤沢な予算と開発力が不可欠。

親会社が資金が潤沢な上場企業であったり、金融サービスを展開していたりする場合は、より信頼性が高いと言えるでしょう。

選び方2:取引所ツールの使いやすさ

特に初心者の方はスマホアプリで取引をすることが多いでしょう。

取引が直感的にでき、ツールがみやすい取引所を使うことをおすすめします。

取引ツールが使いやすいと評判の取引所は「Coincheck」や「bitFlyer」です。

選び方3:手数料の安さ

        . 取引所手数料 販売所手数料 レバレッジ手数料 入金手数料 出金手数料 送金手数料 初心者に易しい
ビットコイン_始め方_Coincheck 表画像
無料 無料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
407円 変動制 ★★★★★
ビットコイン_始め方_LINE BITMAX 表画像
無料 無料 銀行:400円
LINE Pay:110円
0.001 BTC ★★★★★
ビットコイン_始め方_DMM Bitcoin 表画像
無料 ポジション金額の
0.04%/1日
無料 ★★★☆☆
ビットコイン_始め方_GMOコイン 表画像
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料 ポジション金額の
0.04%/1日
無料 無料 無料 ★★★★☆
ビットコイン_始め方_bitFlyer
0.01~0.15% 無料 ポジション金額の
0.04%/1日
銀行振込:無料
クイック入金:330円
*住信SBIネット銀行
の場合は無料
220〜770円 0.0004BTC ★★★★★

仮想通貨を取引するのであれば、なるべく手数料を抑えてお得に取引したいですよね。

Coincheckは取引所手数料を無料に設定しているので、初心者から上級者まで多くのトレーダーが利用しています。

ビットコイン・仮想通貨を始めるときのポイント

仮想通貨_始め方_ポイント

ここでは、ビットコイン・仮想通貨を始める際に知っておくと良いポイントを5つ紹介します。

少額(500円)から始められる

仮想通貨_始め方_少額から始められる

仮想通貨は少額で始められる場合が多く、仮想通貨取引所では500円ほどから取引が可能です。

意外とハードルは低いので、仮想通貨を敬遠していた人もこれを機会に始めてみてはいかがでしょうか。

スマホアプリで簡単に取引できる

仮想通貨_始め方_スマホアプリで取引できる

トレードと聞くと、パソコンを何画面も使って必死に取引する姿をイメージするかもしれませんが、仮想通貨の売買はなんとスマホから簡単に行なうことができます。

各取引所はスマホアプリを用意しているため、アプリを使えば売買はワンタップでOK。

忙しい人でも、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間に仮想通貨の取引が可能です。

長期保有がおすすめ

仮想通貨_始め方_長期保有がおすすめ

どう取引したらいいか分からない初心者ほど、仮想通貨は長期保有(ガチホ)がおすすめです。

なぜなら仮想通貨は、その将来性からまだまだ伸びると言われており、特にビットコインなどの有名通貨はさらにバブルが来ると予想されているからです。

すぐには売らないと決めてしまえば、短期的な乱高下に一喜一憂することもなくなるでしょう。

また、有名通貨でなくても、マイナーな草コインを長期保有(ガチホ)することで、一発当たる可能性もありますね。

複数口座を持っておくと便利

仮想通貨_始め方_複数口座を持っておくと便利

仮想通貨を始める際は、複数の口座を持っておくのがおすすめです。

なぜなら、取引所を分散して使うことで、取引所の倒産やパスワードの紛失などの危機に対するリスクヘッジになるからです。

特に、パスワードを紛失して資産が引き出せなくなることはよくある事例なので、複数の取引所で資産を分割して持つようにするのが良いでしょう。

余剰資金で買う

仮想通貨_始め方_余剰資金で買う

仮想通貨初心者は、必ず余剰資金で始めるようにしましょう。

仮想通貨は一般的に、株やFXよりも値動きが激しいため、急激に暴落する可能性があります。

さらに、近年のロシア・ウクライナ危機などのように、世界情勢は何があるか分からないため、変動も予想通りになるとは限りません。

そのため、生活資金を切り崩してまで仮想通貨に投資する必要はないはずです。

ビットコイン_始め方_Coincheck

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

仮想通貨・ビットコインを始める際のリスク・注意点

仮想通貨_始め方_注意点

無計画に仮想通貨取引を始めてしまうと、思わぬ損失を出してしまう可能性があります。

仮想通貨を始めるときは、次のようなことに注意しましょう!

それぞれの注意点について詳しく確認していきましょう。

相場の変動が大きい

仮想通貨_始め方_相場の変動が大きい

仮想通貨は、株や為替市場に比べて相場が変動しやすいという特徴があります。

仮想通貨という概念自体が新しく、人々の間で「仮想通貨ってこれぐらいの価値だよね」という共通認識が固まっていないからです。

仮想通貨の価値が上がっていくポテンシャルがあると言い換えることもできますが、初心者にとっては厄介になることが多いでしょう。

解決策
  • 乱高下時は仮想通貨の購入(売却)を控える!
    初心者の方であればなおさら、仮想通貨の相場が乱高下している時は取引を控えるのが得策です。変動が大きい相場は大きく儲かるチャンスも増えますが、リスクも大きくなります。急な値動きに反応できず、損失が一気に膨らむ可能性があるからです。また、相場が乱高下していると、注文が殺到して取引が成立しにくくなることがあります。思った通りに注文できず、思わぬ損失を出してしまう可能性があるのです。なるべく、価格が落ち着いている時にトレードを行うように心がけましょう!
  • 複数の通貨に分散して投資する!
    より安全に仮想通貨に投資を行う場合、複数の通貨に分散して投資を行うことが重要です。例えば、10万円の元手資金を全てビットコインに集中投資し、ビットコイン価格が急落してしまった場合、資産金額は大幅に落ち込んでしまうことになります。複数の仮想通貨に分散投資しておけば、そのようなリスクを最小限にまで抑えることができ、バッチリリスクを回避できますよ!

サーバーダウン・システムトラブルのリスク

仮想通貨_始め方_サーバーダウン

上述の通り、相場が乱高下している時などはたくさんの人が仮想通貨取引所にアクセスします。

結果として注文を処理しきれず、回線が遅くなったり、サーバーがダウンする可能性があります。

また、仮想通貨取引所のメンテナンスの間は、一時的に取引できなくなります。

メンテナンスでたくさんの人が身動きできなくなるのを狙って、相場が大きな値動きを起こす場合もあるので注意しましょう。

解決策
  • 複数の取引所を使い分ける!
    投資の世界には、「タマゴは一つのカゴに盛るな」という名言があります。大切な資金をタマゴに例えて、リスク分散の大切さを表した言葉です。サーバーダウンやシステムトラブルのリスクを分散するため、複数の取引所で取引できるようにしておくのがおすすめです。いつもの取引所で問題が起きても、別の場所で仮想通貨を売買できる環境を整えておきましょう。

資産の盗難・ハッキングリスク

仮想通貨_始め方_資産の盗難

仮想通貨取引所にはたくさんのお金が集まるため、不正アクセスやハッキングの標的にされやすくなります。

もちろん各社セキュリティの向上に力を入れていますが、リスクをゼロにすることはできません。

実際に国内外でたくさんのハッキングによる資産流出被害が出ています。

ハッキングや不正アクセス仮想通貨が持つ宿命とも言える問題なのです。

解決策
  • 国内取引所を使用する!
    まず前提として、国内の取引所を使うようにしましょう。日本の金融庁は仮想通貨交換業者を選定するために高い基準を設けています。金融庁に認められた国内の仮想通貨取引所であれば、セキュリティ体制が比較的高いといえます。ハッキングなどで資産が流出した場合の保証制度なども、国内取引所の方が整っています。
  • 2段階認証を設定し、ID/PWは都度変更する!
    個人レベルでの被害を防ぐために、2段階認証は必ず設定するようにしましょう。2段階認証とは、ログイン時に「ID」「パスワード」に加え、数十秒で変わるワンタイムパスワードの入力を求めることです。外部からの不正ログインを防ぎ、セキュリティをさらに強化する効果があります。
  • 仮想通貨ウォレットで安全に保管する
    購入した仮想通貨をウォレットに保管するのも有効です。ウォレットとは、仮想通貨専用のお財布です。さまざまな種類がありますが、スマホやパソコンのアプリに保管するソフトウェアウォレットと、専用端末に保管するハードウェアウォレットが一般的です。ウォレットは、たくさんの人の資産が集まる仮想通貨取引所に比べて標的にされにくく、ハッキングへの耐性も高いです。少々面倒ですが、購入してしばらく保管する予定の仮想通貨はウォレットに移すのが確実です。

詐欺被害が増えている

仮想通貨_始め方_詐欺被害が増えている

仮想通貨の価格が上がるにつれて、詐欺が流行ってきています。

具体的に流行っている仮想通貨系の詐欺は、以下のようなものが挙げられます。

仮想通貨の詐欺
  • ICO (Initial Coin Offering) 詐欺
  • HYIP (High Yield Investment Program)  詐欺

ICO (Initial Coin Offering) は、仮想通貨を活用して資金調達を行う手法です。

仮想通貨を新たに発行するクラウドファンディング、と考えるとわかりやすいかもしれません。

仮想通貨バブルが起きた2018年1月にはICOが活発化し、多くの人・企業が通貨を発行して資金調達を行いました。

HYIP (High Yield Investment Program) は、高利回りを謳っている投資プログラムのことです。

月利20-30% などという高利回りを謳って、高額資金を支払わせて入会させるのが一般的です。

ICOアドバイザリーのレポートによると、ICOの8割は詐欺と判定されています。

HYIPについても同様で、基本的に運営側が儲かることだけを狙ったプロジェクトがほとんど。

資金を集めるだけ集めて、お金が集まった時点で運営側が飛んでしまった、という例は挙げればきりがありません。

解決策
  • うまい話に気をつける!安全な通貨だけ取引する
    ICOには参加せず、国内取引所に上場しているような信頼性の高い通貨を取引するのがおすすめです。もちろん、ICOで発行された仮想通貨の全てが詐欺なわけではありません。現在世界で二番目に流通しているイーサリアムも、最初はICOが行われました。しかし、星の数ほどのICOの中からイーサリアムのような優良なプロジェクトを見つけ出すのは至難の業。日本の取引所では、イーサリアムのように、ICO後も開発を続け、理念、技術、運営、信頼性が評価された通貨だけが取引されています。また、HYIPについても初めから利用しないのが無難です。

ハイレバレッジ取引で大きな損失を受ける可能性がある

仮想通貨_始め方_ハイレバレッジ取引

仮想通貨初心者にありがちなパターンとして、レバレッジ取引で大きな損失を受けるというものがあります。

レバレッジは元手の何倍もの仮想通貨を取引できるハイリスクハイリターンな仕組みです。

儲けも大きいですが、その分損失が元手を超え、資産がゼロになってしまう可能性もあります。

そればかりか不足分を入金が必要になる(追証が発生する)こともあるのです。

レバレッジ取引に特化した取引所「DMM Bitcoin」なら、国内最多の「15種類」もの通貨のレバレッジ取引に対応!

レバレッジ倍率は「2倍」と控えめなので、リスクを抑えつつ仮想通貨FXを楽しむことができます。

解決策
  • 現物取引を優先し、余剰資金で取引する!
    レバレッジ取引を始めるのは、通常の仮想通貨の売買(現物取引)でコンスタントに利益を出せるようになってからにしましょう。買い方、売り方をマスターしたうえで、余剰資金を用いて仮想通貨投資を行うようにしましょう。投資しても生活に支障をきたさないお金で仮想通貨を取引すれば、心に余裕が生まれて取引の視野も広がりますよ!

仮想通貨・ビットコインの始め方・買い方に関するQ&A

仮想通貨の始め方・買い方に関連する、よくある質問をまとめました!

仮想通貨取引を購入するうえで知っておきたい基礎知識や、気になる税金についても簡単に解説します!

仮想通貨(ビットコイン)を買うのに手数料ってかかるの?

仮想通貨を購入する際には、定額の手数料があるわけではありません。

そのかわり、スプレッドという「見えない手数料」が発生します。

仮想通貨_始め方_スプレッド

スプレッドとは?
仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のことです。

実質の業者への手数料になります。

スプレッドを知らずに取引を行なってしまうと、思わぬところで損してしまう可能性があります!

販売所形式と取引所形式は何が違うの?

販売所形式と取引所形式(おさらい)
  • 販売所形式:運営会社(Coincheck)を相手に仮想通貨を売買する
  • 取引所形式:ユーザー同士で仮想通貨を売買する
仮想通貨_始め方_購入_販売所_形式


販売所形式

仮想通貨_始め方_購入_取引所_形式


取引所形式

運営会社と売買する販売所形式の場合、業者が他から仮想通貨を仕入れているため中間コストがかかります。

そのため、一般的に販売所はスプレッドが広くなってしまいがちです。

その代わり、操作がシンプルで、いつでも好きな時に購入できるというメリットがあります。

ユーザー同士で売買する取引所形式の場合、業者は仲介取引を仲介するだけ。

そのため、一般的には取引所はスプレッドが狭いのです。

その反面、操作に慣れが必要で、取引が成立するのに時間がかかることがある、というデメリットがあります。

仮想通貨(ビットコイン)を購入したら税金がかかる?

ひとことでいうと、仮想通貨を購入したことでたくさん利益が出たら、税金がかかります。

仮想通貨の利益は雑所得に分類されます。利益が20万円を超える場合は確定申告が必要です。

また雑所得税は総合課税の対象で、給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まります。

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除額
-195万円 5% 0円
195-330万円 10% 97,500円
330-695万円 20% 427,500円
695-900万円 23% 636,000円
900-1,800万円 33% 1,536,000円
1,800-4,000万円 40% 2,796,000円
4,000万円- 45% 4,796,000円

参考:国税庁「所得税の税率

仮想通貨(ビットコイン)で借金することはある?

ネットなどで、

投資で失敗して借金地獄に…。

なんて話を見かけたことはありませんか?

考えただけでゾッとしますし、絶対にそんなことになりたくないですよね。

結論からいうと、現物取引だけであれば借金することはありません。

【関連記事】

仮想通貨(ビットコイン)投資で借金する可能性はある?その対策についても解説

仮想通貨(ビットコイン)をクレジットカードでも購入できる?

結論からいうと、国内取引所ではクレジットカードで仮想通貨を購入することはできません。(2022年5月時点)

しかし、海外取引所や、Changelly(チェンジリー)という仮想通貨両替サービスなどであれば、クレッジットカード購入に対応しているところがあります。

入金手続きが面倒な場合や、今すぐ仮想通貨を買いたいときには便利かもしれませんが、海外取引所はなにかと戸惑うこともあります。

よほどのことがない限りおすすめはしません。

そもそも仮想通貨、ビットコインってなに?

仮想通貨(暗号通貨)とは、分散型台帳(ブロックチェーン)という仕組みで管理されている電子的なお金のことです。

「日本円」「米ドル」は、各国が発行・管理・価値の保証を行なっています(法定通貨)。

仮想通貨は国家の代わりにブロックチェーンを介して発行・管理されています。

そして、その価値を信じる人たちの合意によって価格が決まっているのです。

仮想通貨にはイーサリアム、リップルなどたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。

その中で、原点にして現在最も普及しているのがビットコインというわけです。

投資だけじゃない!仮想通貨(ビットコイン)の用途は?

仮想通貨は、送金、決済など、投資以外にもいろいろな場面で活躍します。

さらに、送金速度や匿名性、拡張性など通貨によって特徴があります。

投資目的として購入するコインを選ぶと気には、価格だけでなく将来性の高さも考慮するのがおすすめです。

仮想通貨(ビットコイン)と電子マネーの違いって?

最大の違いは、管理者の存在や、管理の仕組みです。

両者の違い
  • 仮想通貨:発行主体を持たず、国家によって価値を保証されていない
  • 電子マネー:国によって発行された通貨を電子化したもの

先ほど紹介した通り、仮想通貨はブロックチェーンによって、分散的に発行・管理が行われています。

簡単にいうと、仮想通貨は一つの技術を共有して、みんなで運用している仕組みです。

電子マネーは、日本銀行などの中央銀行が発行した日本円(法定通貨)の価値を、電子情報に置き換えています。

SUICAなどの電子マネーは便利ですが、法定通貨を基準にしているため日本以外では基本的に使えません。

そのため、国境を超えて利用できる仮想通貨は「未来の通貨」といわれているんです。

今後仮想通貨決済が世界中で普及することで、ビットコインの価格がさらに上昇すると予想されています。

仮想通貨(ビットコイン)って今後上がるの?

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、これから価格上昇する可能性が高いです。

もちろん全ての通貨が価格上昇するとは限りません。

それでも、現時点で時価総額が高く、将来性のある通貨は今後さらに流通していくでしょう。

価格が上昇する通貨を見極めるためには、以下のポイントを意識しつつ投資する通貨を見定めましょう。

【関連記事】

仮想通貨ビットコイン(BTC)は今後どうなる?AIの価格予想や暴落の原因について解説

仮想通貨・ビットコインの始め方・買い方|まとめ

ここまで、仮想通貨の始め方・買い方について徹底的に解説してきました。

仮想通貨に興味があるなら、少しだけでも購入してみてはいかがでしょうか。

この記事で「なんとなーくわかった!」と思っている方も、実際に手順を踏むことで何倍も身につきます。

なんちゃって投資でも自分のレベルアップになりますし、もちろん儲けられるチャンスもあります。

どんな形であれ、革新的な技術に触れてみるのって楽しいですよ!

ビットコイン・仮想通貨の始め方
  • 仮想通貨の始め方は「口座開設」「入金」「購入」の3ステップ!
  • 仮想通貨は「仮想通貨取引所」で、500円もあれば余裕で購入できる。
  • 日本国内で大手の取引所は「bitFlyer」「Coincheck」「DMM Bitcoin」など。
  • 中でも「Coincheck」なら、東証一部上場企業「マネックスグループ」が親会社なので安心して取引できる。
  • Coincheckなら取引手数料が無料で、500円からビットコインを買うことができる!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで
仮想通貨を買ってみる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の月間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

この記事に登場した専門家

FX_始め方_中島翔

証券アナリスト・中島 翔 (Sho Nakashima)

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。

その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。

その後は、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。

さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。

仮想通貨トレードに関しても、仮想通貨取引所Coincheckにて、トレーディング業務に従事した経験を持ち、金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

【保有資格】証券アナリスト

この記事に登場した専門家

1級ファイナンシャルプラニング技能士未来が見えるね研究所 代表

小山英斗

1967年神奈川県生まれ。

2018年、未来が見えるね研究所を設立。神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、資産運用相談、保険相談、住宅建築相談サービス等を展開しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場からのお手伝いをさせていただいています。また、住宅購入にあたってはFPとしてだけでなく、住宅建築コーディネーターの立場としてもサポートにあたることがあります。

人生100年時代、『未来が見えるね研究所』では「100歳まで走り抜くためのマルチステージの生き方」を研究テーマに、多くの人と多くの未来を一緒に描いています。

得意分野:ライフプラン作成、資産運用、住宅建築、住宅ローン見直し、保険見直し、仮想通貨

資格:1級ファイナンシャルプラニング技能士(資産設計提案業務)、日本FP協会所属CFP®、住宅ローンアドバイザー住宅建築コーディネーター

座右の銘:虚静恬淡

好きなもの:旅行、建築、カフェ、散歩、今ここ

※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の情報に関しましては各取引所のホームページをご確認ください。

※お申込みにあたっては、各事業者のサイト、また利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。

※当社では、各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に、直接お問い合わせください。

※当サイトにて掲載している商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。

※本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。